明古を休んだ金曜日

明治古典会の経営員になって6年弱。今日初めてお休みを頂いた。

昨日起きたメニエルのためである。もちろん、今日はほとんどその症状も出ていないのだけど、これ以上長引かせることは出来ず、早めに治しておく必要があったためである。そう何日も寝ていられない。

心配した母親は「家庭の医学」を開いていろいろと喋る。「根を詰めるとなるみたいだから注意しなきゃ」という。よく聞けばワタシの祖母も針仕事で根を詰めてメニエルにたびたびなったそうだ。
と、ここまで書いたところで電話が鳴った。Sさんからだった。「日記読みました。具合は大丈夫ですか?」ううう、恐縮です(^^;。今日は休ませて頂いてすいませんでした。もうほとんど大丈夫だとは思うんですけど、大事を取らせて頂きました。
お見舞いの電話、うれしかった。HIDEさんからも昨日のうちにお見舞いのメールをもらい、本当にありがたかった。

せっかく(?)休んだのだからゆっくりでも仕事をしよう。ぼちぼちとできる仕事として甘露通信の在庫をアップデートする作業をした。気が付けば3週間ぶりだ。「日本の古本屋」へは毎日のようにデータをアップしているから、なんとなく自分のページがおろそかになっていたようだ。まずいまずい(^^;。

今日からフレッツISDNが使えるようになった。月額3600円とプロバイダに400円。計4000円で繋ぎっ放ししてもいいのである。早速面白がって接続を切らずに書き込みをしている。
お客様からも2通お見舞いメールを頂いた。ありがたいです。ありがとうございます。早く治してまた明日からちゃんと仕事をしたいと思います!

2001-03-02 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事