雪の愛書会


大雪である。

昨夜神楽坂から帰宅して寝たのは3:00。それでも目覚ましは容赦なく鳴り響く。眠い目をこすりながら何とか起き出すと雪が降っていた。嗚呼、何という事か!これでは商売にならないじゃないか!「雪だ雪だー」とはしゃぐ子供たちをうらやましく思いながら、暗い足取りで電車に乗り込んだ。

案の定売上げは上がっていかず、お客様はまばらにしかいない。棚の本はほとんど動くことなく一日が過ぎていった。

去る1月18日に当店とリンクもさせていただいているG堂さんの前社長がお亡くなりになった、と知る。

2001-01-27 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事