「風立ちぬ」

宮崎駿監督作品「風立ちぬ」を観てきた。

ネタバレに気を付けながら、ちょっと感想を書いておこうかな、と。
実は、作品の公開後に放送された宣伝番組をいくつか観ていた。それでも見に行こうと思ったのは、やっぱり宮崎駿監督作品だから、なんだろうなぁ・・・。

夢の中で一人の少年が飛行機を操縦して空を飛ぶ。主人公の堀越二郎。おそらく監督は彼を中心に飛行機について描きたかったはず。夢の中で出会ったイタリアのカプローニは実に楽しそうに自ら設計した飛行機を飛ばしていた。二郎はカプローニに励まされて飛行機設計技師になることを志す。少年の心が決まりその前途が開き始める瞬間の描写には心を動かされた。

当時の日本で高性能の飛行機を作ろうと思ったら戦闘機を作る以外なかった、ということは観ているうちになんとなく理解できた。彼にとって美しい理想の飛行機は彼の夢の中にしか登場しない。現実となったのは零戦だった(描かれるのは九試単座戦闘機の開発過程)。非常に優れた性能を有する美しい機体。しかしそれは紛れもない兵器だった。

話は途中から菜穂子との恋愛が避暑地をバックに描かれる。このあたりは堀辰雄からの引用だろうか。堀越二郎と菜穂子は関東大震災発生時に運命的な出会いをして、後に再会する。再会するやいなや二人は結婚を決意する。
ちょっと前から思っていたことなんだけど、監督はいままでの作品で一度も恋愛を扱っていない。それは、間違っているかもしれないが、監督の中に描きたいと思う確固たる恋愛観のようなものがないからなんじゃなかろうか。主人公とヒロインが出てきたら二人は必然としてくっつくしかない、とか思ってないかしら・・・ネ。
描かなかった、というよりは、描けなかった、って気がしたのは、恋愛した時に喜びとともに胸の内にわいてくるなんともいえない不安に由来するネガティヴな感情が画面から漂ってこなかった、ように感じたから。
二人はあっけらかんとお互いに愛を告白し、ぐいぐい先へ進もうとする。そんな二人を周囲は一切反対しない。「主題は飛行機だから」と強弁したとしてもちょっと描き方が簡単すぎないか。

現実として描かれる場面と、夢の中として描かれる場面が交互に流れていく。監督の中で、あの時代はつらい「現実」として生きているのか、それとも、零戦という飛行機を生んだ「理想」としての夢なのか。迷っているんじゃないかなぁ。その、歴史観とか、戦争観とか、どうやって描こうか迷っている感じが出ちゃってるから、観ているこちらもどう観たらいいのかわかりづらい作品になった気がする。

絵はとにかく素晴らしいの一言。
12129歩 7.27km 108分 620.5kcal 20.9g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2013年8月14日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「定休日」です。

次のブログ記事は「臨時休業」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。