東京駅

晴れ。それほど暑くない。

今日は上野の博物館へ行く予定。朝飯を食べてからとりあえず仕事。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

終えたのは昼過ぎ。遅くなってしまった・・・。今日は博物館ムリだね。と、そういえばまだちゃんと見物してなかった東京駅に行ってみよう、ってことになった。娘は午後から学校があるらしく、女房と二人で出かけた。

東京駅下車。昼飯どうしようか。エキナカの売店で買った駅弁を手に和田倉噴水公園まで歩いた。日向は暑いが、日陰に入れば風が吹き抜けて結構涼しい。おまけに噴水風景を見れば見た目も涼しい。幸いにして公園はガラガラ。日陰に座って弁当を広げた。ん。さすがにおいしいねぇ。
この公園はそれこそできてまもなく息子を連れて遊びに来たことがあった。今から16年くらい前のこと。当時はじゃぶじゃぶ池みたいに子供たちが噴水の中に入って水遊びしていたものだけど、今は完全禁止になっている。
とはいえ、やはり親子連れが遊びに来ていて、楽しそうに追いかけっこしてたり、噴水を見て歓声をあげていたり、とても楽しそうだ。
過去に来て思い出のある場所は、それこそARとまではいかなくても、当時の思い出が”絵”になって現実風景にだぶって甦る。この場所にそんな思い出の”絵”が現実だった時間は今から16年も前か・・・。時間ってホントに淡々と流れていくなぁ。それは例えば結婚してもしなくても、子供を持っても持たなくても、容赦なく、誰の上にも、同じだけの時間が、淡々と、降り積もっては流れていく。

食べ終わって再び東京駅。女房はリニューアル後初めて見るらしい。丸ノ内北口の改札前ドームを見上げて「首が痛くなった・・・」と。
外に出て、駅舎が2階から3階建に復元されているが、「前の状態をあんまり覚えてない」からほとんど違和感ないそうで。ただ、解説プレートにある「擬石」という技術に感心していた。

KITTEはワタシも初めて。中には「インターメディアテク」という東大所蔵の学術標本を展示する展覧会が常設されている。これが面白かった。
実は以前東大120周年展として東大学内でこれと似た展覧会が開かれた際に見に行ったことがある。これまた今から16年前のことだ。一緒に連れていった息子がカムで動力を伝える模型を楽しそうにまわしていた姿を思い出す。その時展示されていたものもこの中に多数含まれていた。

屋上に上がって東京駅の駅舎を眺める。ここからは駅前広場だけじゃなくて、東京駅構内、新幹線ホームまでぐるりと一望できる。「新幹線ってなんかじっと見ちゃうんだよね」と女房。ん。たしかに日本中の新幹線がここを起点に走ってるんだよねぇ。
16時少し回った時間帯だったので日も傾いて涼しい風が吹き抜けた。眺めもいいから結構居心地のいい場所だった。
7016歩 4.20km 68分 342.9kcal 8.9g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2013年7月28日 23:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1日店」です。

次のブログ記事は「荷造り作業」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。