散歩

あれ?晴れてる。

朝飯を食べてからとりあえず仕事。終えてから出かける。昨日の疲れが出ているから、という理由で、ウチの女子たちは休養日。ワタシだけで散歩することになった。ひさしぶりに谷中あたりを歩いてみよう。

御徒町駅で降りてアメ横を歩く。ここの雑踏は本物。昼飯はクラウンエースでカツカレー。随分ひさしぶりだけど、ワタシはここのカレーが好き。
上野駅前の集合ビルはガラス張り仕様で建て替わっていた。以前の雰囲気はほとんど残していない。今は残念ながら完全に浮いてる印象しかないけど、いずれは目が慣れて溶けこむんだろうか。
坂を登って上野公園。ラファエロの看板を横目に西洋美術館の庭を歩いて通過し、科学博物館の前でホエールウオッチング。国立博物館の門を眺めてから博物館駅跡の建物へ。いつ見ても国会議事堂にそっくりだ。

芸大の通りを抜けて上野桜木。元風呂屋さんのギャラリー角を曲がって谷中エリアに突入。「寺鍵道」は公衆電話ボックスと共に健在。みかどパン屋さんところにあるヒマラヤ杉には今日も絵を書いている人が佇んでいた。
大名時計博物館前を通過し、三崎坂方面へ。ちょうど台地のキワの中腹に沿っている道を歩いて行くと夕焼けだんだん下に出た。手前のかき氷屋さんにものすごい行列アリ。
都内唯一、まだ富士山の見える「富士見坂」を登ってみたが、けむって富士山は見えなかった。諏方神社境内から西日暮里駅を見下ろした。ココを通る鉄道の群れったらすごい。

夕焼けだんだんまで戻り、谷中銀座を突っ切ってよみせ通りを三崎坂方面へ。印刷工場の三角屋根はまだ健在。蛇道(藍染川暗渠)を歩いて根津エリア。芋甚横の路地を歩いていく。このあたりもどんどん建て替えられている。曙ハウス跡にはちゃんと住宅が建っていた。

根津交差点から弥生坂を登り、本郷まで行かずに途中東大に沿ってダラダラ坂を降りていく。弥生美術館前を通過し池之端に出た。不忍池を眺めながらしばし足を休める。繁盛するボートを横目に弁天堂。階段を登って清水堂。廣重「月の松」が再現されていた。どんどん雲が厚くなってきた。

西郷さんの銅像を眺めてから「3153ビル」の階段を降りて再び上野駅前。ぐるっと歩道橋を渡ってから入谷口で改札をくぐる。時に16:10。発車する電車を知らせる電光板に「カシオペア」が16:20発と表示されていた。こいつはラッキーとばかり小走りで13番線へ向かう。はたして停車していた。本物だ。最後尾の車両にも人が乗っている。いいなぁ。いつか乗ってみたいなぁ。

店に戻って仕事の続き。夕食は4人で会食。
夜、雨。
15774歩 9.46km 145分 783.2kcal 20.6g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2013年5月19日 23:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「体育」です。

次のブログ記事は「霧雨」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。