新宿

朝から晴れ。

荷造り作業を終えてから3人で出かけた。今日は久しぶりに新宿御苑。毎年桜が満開の時期に行くことになっていたが、今年は木蓮が見頃の時期に合わせた。新築成った温室も見学したい。

新宿三丁目行に乗る。「渋谷行」も1時間に4本くらいあるらしい。東横線は昨日から渋谷駅が地下化。代官山駅を出てすぐにトンネルへ入っていく。もう地下に入ってしまうとどこを走っているんだか全くわからない(^^;。いつの間にか渋谷駅到着。もちろん、勝手がわからない。駅の案内板を見ながら地上目指して進むと案外最短でのれん街前に出た。ここでお弁当を買ってから行くことにしていた。のれん街もこの場所での営業は今月いっぱいで終了。来月からはマークシティに移動する。

JRで千駄ヶ谷。今日は千駄ヶ谷門から入る。ソメイヨシノはまだ咲いてない。かわりに枝垂れ桜が見頃になっていた。だいたい見頃を迎えた木の周りには人だかりがあるからわかりやすい。娘はソメイヨシノよりも枝垂れ桜のほうが好みだという。
女房は日本庭園にある樹齢130年あまりのハクモクレンが今日のメインだという。まだ晴れているうちに是非見たいというので先を急いだ。たまたま少し曇り気味の空になったが、ハクモクレンはちょうど見頃。日の当たりやすい上のほうがほぼ咲きそろい、下の方はまだつぼみという絶好のタイミング。久しぶりだったけど何度見てもイイ。

芝生に敷物を敷いてゆっくりお弁当を食べる。皆くつろいでいるなぁ。若い両親と小さな子どもが遊んでいる姿。あれは10年前のワタシたちの姿なんだよね。広くて静かで安全だからよく新宿御苑には遊びに来た。いつの間にか10年経っているわけで。

今日のワタシ的メインは新装された温室。行ってみると、以前に比べて規模は大幅に縮小。ちょうど夢の島にある植物園と同じくらいの大きさの温室になり、よく日があたって全体が明るい。人工の滝もあるが、なんだかツクリモノ感が強かった。前の温室の勝手に伸びました感一杯の植物たちが作り出す温室内の光と影が良かったんだけど、ちょっとそんなミステリアスな雰囲気は(まだ)なかった。ただただ明るかった。「そりゃできたばっかりだからだよ」と女房。よさげな雰囲気を帯びるのはこれから何年も経ってから、ってことだよね。
そうそう。この時期のたのしみだったヒスイカズラの展示はなかった。残念なり。

出口そばにある売店で桜アイスを食べてから、新宿門横のハクモクレンを見る。夕日を浴びてキレイだった。こちらはすでに全体が満開の散り始めだった。

新宿三丁目駅から副都心線。渋谷で降りて「ブ」へ寄ってから帰ってきた。渋谷駅の出口が変わり、今までそれほど人が居なかった山手線ガード下の人通りがものすごく増していた。渋谷の街はいつもどおり混雑していた。
渋谷駅はまだ方向感覚がわからない。なんだか気をつけていないと随分歩かされる印象。
9903歩 5.93km 96分 474.7kcal 12.4g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2013年3月17日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二日」です。

次のブログ記事は「1日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。