渋谷

明日から渋谷駅が変わる。

気にしないようにしていたけど結局気になっている。今日の交換会へ行くのもほとんど渋谷駅を見に行くために近い(^^;。

昼過ぎに出て東横線。渋谷駅は明日から地下5階にホームが移動する。ホームに電車が到着するたびに写真撮影する人が押し寄せるため、改札口手前で流れがツッカエルことになる。警備の人が大声で「立ち止まらないでください。立ち止まっての写真撮影はご遠慮ください」と叫び続けるが、効き目はゼロ。仕方ないとは思う。
なんとか改札口を出ても人は滞留していて歩きにくい。駅は人が流れること前提だから”写真撮りたくて”立ちどまる人が大勢になるともはやどうしようもなくなる。なんとか銀座線のホームへ続く階段を登った。神保町へ向かうときこの乗換え方法が便利だということに気付いてずっとこの方法を使っていたが、それも今日が最後になる。銀座線ホームが移動するのはもう少し先のようだけど、事実上もうほとんど使わなくなると思う。

入札を終えて昼飯。今日もやっぱりうどんだ。食べ終わって今度は帰り道。渋谷駅を使うのはこれが最後。バッグから持参していたSD15を取り出した。もちろんレンズは10−20mmF3.5付。とはいえ、そんなには撮影できないなぁ・・・。
やはり電車が到着するたびになんともいえない緊張が走る。ワッとカメラを持った人が電車のまわりに集まるからだ。まだ昼間だからこの程度で済んでいるとすれば、終電間際の深夜にはどうなっているんだろう。そんなことを思いながら、人の比較的少ないホーム先端の近くまで歩く。先端には警備員と写真撮影の順番待ちをする人たちが溜まっていて近寄れなかった。ホームでは絶え間なく警備の人のアナウンスが響きわたっている。事件現場みたいだ。

いや、これもある意味事件だろう。「85年のありがとう」とポスターに書いてある。85年間使っていた場所が今日で閉鎖になるってことだから。

もちろん、ワタシが生れたころにはすでに渋谷駅は今の形だった。物心ついて百貨店のオモチャ売り場や食堂での夕食。学生時代にQTOでアルバイトしていたことなど、思い出の風景も心の中にある。でもやはり、変化の時は来た。それはきっと、この場所がこれからも違った形で必要とされていることを意味している。ざっと見渡してみても、今東京で注目されている場所は何らかの形で再開発・リニューアルされているところが多い。東京は今現在もまだ”進化の途上”であって完成することはないのかもしれない。

電車に乗り込むとき、渋谷駅に小さな声でお別れを言った。
扉が閉まり電車が走りだすと、ホームから、路上から、橋の上から、山手線の歩道橋の上からもカメラを構えている人が鈴なりになっているのが見えた。たぶん、皆さんワタシと同じような気持ちだったと信じている。
6272歩 3.76km 59分 317.1kcal 8.2g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2013年3月15日 23:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「往復」です。

次のブログ記事は「二日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。