幕山

今日は少し早起きして3人クルマで出かけた。

そろそろ見頃を迎えるはずの湯河原・幕山公園を目指す。
東名高速の厚木から小田原厚木道路。途中、PAで休憩。地元野菜が売られていたのでネギとブロッコリー、みかんを買い込む。コーヒールンバを聴いてから出発。
スイスイと真鶴道路を通りぬけて湯河原到着。9時半すぎ。細い道の先に幕山公園の駐車場。すでに第一から第三まで満車。第四に停めて(500円)、川沿いに伸びていく公園を梅林まで歩いていく。いい雰囲気だ。
入場料(大人200円)を支払って中に入ると、梅は全体で三分咲き。早咲きの梅が七分くらい。満開になっている枝もあった。とはいえ、梅は蕾がまるくてかわいいので、すでに見頃と言ってもいいんじゃないかしら。幕山の斜面にパアーっと広がる梅の花のパノラマ。およそ4000本も植わっているらしい。
まだそれほど混んでいない園内。「散策路」と書かれたルートを登っていくと、前方には巨大な岩肌が露出しているところがあり、そこはロッククライミングの名所になっているらしい。何人もの人がよじ登っていた。
娘は階段を登ることが楽しくなってきたらしく、ひょいひょいと駆け上がっていく。こりゃ将来山ガールにでもなれるんじゃないの?
そう思って周りを見渡すと、明らかに梅見だけじゃないハイキング装備の人が一杯いた。このまま階段を登りきり、「幕山ハイキングコース」へと進んでいく人たちだろうね。
最初は遠くに見えたロッククライミングの岩を下に見る場所まで登ってきた所で「梅園最高地点」の看板有り。娘もようやく登るのはここまで、ということで下り始める。眼下には紅白の梅の花が広がっている。登ってきた時よりも人の数は随分多くなっていた。

昼飯にしよう、ということになり、特設の屋台村で買って食べることにした。炊き込みご飯と豚汁で600円。これがなかなかおいしかった。他にもいろいろと物産品が売っていて、梅のワインやらもろみ、かるかん、おからドーナツとか買い込んでしまった。おまけにもらったサービス券で甘酒とわらび餅をごちそうになった。

まだ12時前。帰るにはちょっと早いので、湯河原の温泉地へ向かった。観光会館前の駐車場にクルマを停めて万葉公園の渓流散策路を歩いて行く。千歳川沿いには旅館の露天風呂も張り出していたりして、なんとも温泉地な風情。道の尽きた所に「独歩の湯」が広がっていた。
10年くらい前に夏の家族旅行で来たことがあった。これで2度目。ちゃんとやっていてよかった。思っていたよりもお客が入っていて盛況だった。
用意されているサンダルを履いて入る。ぬるい湯もあれば熱い湯もあり、足裏を刺激する石が敷き詰めてある湯もあれば、底がスルスルと心地いい湯もあった。全部で9種類。それぞれ効能が書いてあったけど、まあ気持ちよければいいんじゃない?

13時半には出発したが、帰りの真鶴道路がまさかの大渋滞(^^;。ピクリとも動かない状態で通過に1時間くらいを要した。雨も落ちてくる。渋滞の原因は石橋ICの手前にある信号のない不自然な交差道路。あれを改良すればここまで混雑しないんじゃないだろうか。

石橋から先はガラガラ。大磯PAで休憩して帰りを急ぐ。厚木の混雑も普段ほどではなく、大和を過ぎれば快適に走り抜けた。

店に戻ってからは鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
9324歩 5.59km 94分 438.9kcal 11.3g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2013年3月 3日 23:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラジ」です。

次のブログ記事は「平日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。