2013年3月アーカイブ

昼寝

朝から天気悪い。しかも寒い。

昨夜からなんとなく体調不良につき、今日はお休みすることにした。

朝飯を食べてから荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。ひと通り終えて昼飯を食べたら横になった。こういう時は身体を休めようと思う。

目が覚めたら18時半。それから仕事の続きをして、夕食を食べて、再び仕事。休んだので幾分楽になった。夜電波を聴きながらだと気持ちもすこし軽い。

仕事は仕事を生む。身体も大事だけど、気持ちも大事。今日は借りてきたDVDで久しぶりに「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を観た。吉田大八監督。最初観た時は主人公に対するなんとも言えない嫌悪感のようなものが湧いてきたことを覚えているが、今日観たらそこまででもなかった。彼女は彼女なりの苦しさをそうとう抱えていたように見えた。むしろ、今回迫ってきたのは兄の奥さん(永作博美さん)の心の闇の部分。あの見た目ゾッとする人形作りと鼻歌ね・・・。
姉のキャラに恐れおののいていたはずの妹が、実はマンガのネタとして”おもしろく”観察していた、というシタタカサを見せたところが○。

それにしても、吉田大八監督作品に出てくる男性って弱かったり居なくなったり出てこなくなったり・・・。
503歩 0.30km 5分 23.7kcal 0.5g

土曜

曇空。雨が降りそう。

いよいよ3月も終わりだ。長かったような短かったような。結構苦しかった。途中から早く4月にならないかしら、って思っていた。

荷造り作業はほとんどなく、ツイートとニュースの編集など。本の整理は午後から。土曜日はなんだかPC前でやらなきゃならない仕事が積み上がる。ってよく考えたら”いつも”か・・・(^^;。

昨日お茶の水でベームのブラームスを買ったら、今日は通販で注文しておいたサヴァリッシュのブラームスが到着(^^;。とにかく安いので、輸入盤クラシックのCDは買っちゃおうって気になる。ただ、たまに音質の悪いハズレのCDもあるのが輸入盤の特徴。”ハズレ”のCDでよくあるのが録音マイクのそばに座っている人の”気配”が音として入っちゃってるもの(^^;。これは気になる。
ちゃんとした大手レコード会社から出たものならそういうことはほとんどないが、聞いたことのない名前の会社だとたまにそれがある。まさか、ホールにマイクを1本立ててそれだけで、ってことないよね?

店を開けている間はラジコでラジオ。シャッターを閉めてから今日到着のサヴァリッシュ指揮によるブラームスを通しで聴く。演奏はロンドン・フィル。キッチリした演奏はさすが。

夕食を挟んでオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
737歩 0.43km 7分 33.2kcal 0.7g

往復

晴れているような曇っているような。

今日も交換会へ向かう。車中では「城塞」の続き。まだ上巻の半ば。大阪対江戸の構図を描くための下準備的な描写が続いている。でも、江戸初期の加賀・前田家の立場とか、豊臣と共に滅びなかった家の決断など、なかなか興味深い。主家は豊臣だが、時の盟主は徳川、という説明。上方では豊臣人気がすごかった様子。関東に済んでいるワタシにはそういう感覚がなかったので、耳新しい気がした。

入札を終えて昼飯。昨日考えておいた乗換えルートを試してみようと、帰りは新御茶ノ水駅から地下鉄に乗った。で、そのまま明治神宮前駅で下車。ところが、副都心線までの乗換えで100mくらい歩くことになる。これだとあんまり意味がないなぁ・・・(^^;。やっぱり素直に渋谷駅で半蔵門線乗換えってことで落ち着きそう。車両のどのあたりに乗れば通路に近いのか、を把握すれば案外快適な乗換えにできるかもしれない。要は慣れだね。

お茶の水駅の前でふと思い出し、中古CD屋さんに寄った。少し前からA社のネット販売でクラシックCDを通販していたので、直接お店に寄ってみよう、と思っていた。平日の昼間。店内はガラガラだと思いきや、かなりお客さんが居た。しかも、皆さん棚に刺さっているCDを休みなく出しては引っ込め、出しては引っ込めを繰り返している。すごい。迫力だ。
店内はクラシックCDとレコードの専門フロア。実は同じCDが何枚も刺さっていたりするのだが、この広いフロアにあるCDがすべてクラシックのもの、と思うとクラクラした。
で、今日買ったのはカール・ベームのブラームス全集(ボックス・廉価版)。中古で盤面に少し傷があるということでさらに半額。演奏はウィーンフィルだし、グラモフォンだからおそらく何の問題もないだろう。

店に戻ってからツイート。荷造り作業の続き。いつもお買い上げありがとうございます。

仕事を終えてから早速ベームのブラームス。うん。1番が力強くていいねぇ。
4075歩 2.44km 38分 201.3kcal 5.0g

乗換

曇りから晴れ。暖かい。

今日は交換会へ向かう。そういえば、渋谷駅が地下化してから交換会へ行くのは今日が初めてだ。
まず、いつも乗っていた渋谷行が「石神井公園行」に変わっており、自由が丘で乗り換える特急電車が「和光市行」だった。お恥ずかしながら池袋から先がどうなっているのか、全然知らない(^^;。
特急は10両編成になり、昼間時間では完全にオーバースペック。おかげさまで車内はガラガラで快適だった。渋谷までは8分ということで、あっという間に到着する。
渋谷駅は、やはり地下5階になったことでだいぶ不便になった。上階に上がる通路が狭いので人が溜まってしまう。ホームドアがあるので安全だけど、ガラガラの特急到着でこの有様では、平日ラッシュ時はタイヘンなことになっているんではないか、と。
まあ、4月以降は定期を変更して渋谷駅からJR線に乗り換えるルートを取らない人が増えると思うね。人の流れない駅ホームはとにかく危険。渋谷駅での乗換えをしない人が増えそう。ワタシも副都心線の明治神宮前で千代田線に乗り換えて新御茶ノ水駅から古書会館へ行くルートに変更しようかしら、ってちょっと思った。

入札を終えてから昼飯は今日もうどん。せっかく晴れているので九段まで歩くことにした。九段下ビルは更地化していた。九段会館は閉まったまま。昭和館から武道館方面を見ると、桜が満開の様子。今年も変わらず桜が咲いている。坂を登っていく。大変な人出。千鳥ヶ淵にはボート。笑顔笑顔笑顔。来てよかった。

九段下駅から半蔵門線。ホームの壁がなくなって都営新宿線のホームと地続きになっていた。驚いた。たった壁一枚外したら向こう側に並行して地下鉄が走っていたなんて。そんなことまったく気が付かなかった。まだまだ地下鉄には公開されていない秘密がたくさんありそうだね。

店に戻って仕事の続き。はかどらなかった(^^;。
12022歩 7.21km 107分 615.0kcal 18.4g

平場

朝から雨。寒い。

日曜日に桜坂を散歩してきたので、もう今年の桜は見られなくてもいいや、と気持ちは落ち着いている。そりゃ見てきていいよ、と言われれば行きたいけど、そうもいかない。

あんまり長いことH2ブロッカーを飲み続けるのは良くないので、どうにかキャベジンに切り替えた。最初しばらくは鈍痛が続いたが、次第次第にキャベジンが効いてきた。H2ブロッカーは単に胃液を止める効能なので、痛むときに短時間でスッと痛みは引いてくれるけど、胃液分泌再開したあとに胃壁が痛んでたらまた痛みが復活してしまう。胃壁修復をうたうキャベジンにはその点の解決を期待している。
そんなに痛むなら医者に行けばいいんじゃないの?というご意見ごもっとも。でも、処方されるのはいつもH2ブロッカー薬。二言目には「一度胃カメラを飲んでみたらいかがです?」と勧められる(^^;。正直そんなもの飲みたくないので。

荷造り作業を終えてツイートとニュースの編集。昼過ぎに「Yahooオークション」の表示が「ヤフオク!」に変わっていることに気がついた。あれ?昨日の電話ではそんなこと一言も言ってなかったな。しばらくしたらその件に関するメールが届いた。名称もロゴも変更になるのでご協力を、という趣旨。ふーん。評判はどうだろう?と思い、Twitterで検索をかけてみる。んー。やっぱりそう思うよねぇ(^^;。

昨日ヤフオクに要望した「個人情報」云々というのは、もちろん発送に必要な宛先のこと。以前から宛先を知らせてくれない方が多く、ご送金はあっても宛先がわからなくて発送できない荷物が積み上がってしまうことがよくある。事情はいろいろあるようで、普段からメールで個人情報のやり取りはしないように決めている方はもちろんだが、何の悪意もなく単に忘れている方もいたり、メールが”調子悪く”て送れない、という方もかなり。他の理由の方もいらっしゃるが、微妙な話なのでここに書くのはちょっと・・・(^^;。
逆に早々と宛先だけお知らせがあってその後ご送金がないって方もいるので、ホントに対応がタイヘン(^^;。削除しないと課金だけされてしまう。かといってヘタに即削除的な対応をすると”報復”される。それで心置きなく”削除”できるしくみにしてほしいって趣旨の要望をしたって話。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
仕事をしてたら娘が降りてきて靴に穴があいた話(^^;。新学期になる前に買ったらいかが?
775歩 0.46km 7分 40.0kcal 0.8g

定休

お店は定休日。でも仕事は休みなし。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
子供たちは春休みでウチに居る。が、午後から息子は教習所へ。娘は学校で部活。少し早めの昼飯を食べたら出かけていった。

荷造り作業を終えてからツイートとニュースの編集とメルマガの編集。といっても、今週のメルマガは新着の紹介なし(^^;。いったい何のためのメルマガなんだか・・・。

ヤフオクからお電話。セールへの取り組みについていろいろとご意見を頂いた。「ほかに何かございましたらどうぞ」と言われたので、日頃思っていたことを二点ほど伝えた。一つは他のショッピングサイトのように一度サイトに登録した個人情報を落札決定後に売主側へ知らせるようにしてほしい、ということ。二つ目は落札したのに全く連絡が取れない人対策。”落札者都合”で削除すると”悪い”の評価が付くのだけど、そんなことで報復評価されないようにしてほしいってこと。ぜひよろしくです。

シャッターは閉まっていても、子供たちの出入りがあったり、買取の件で持ち込みがあったり、と、むしろ火曜日の方が忙しい(^^;。結局店があると1日だって休めないんだよね、事実上。
いや、忙しいうちが花ってことはわかってます。

夕食を食べながらビブリア古書堂の最終回。そうだねぇ。やっぱり紹介される本の内容の”再現ドラマ”がもう少し各所にあるともっと本の世界に入り込めるはずなんだよね。乱歩が自筆草稿をトイレに破り捨てる場面以外にも再現ドラマで内容を描くとTVドラマとして強くなったはず。初回のころはそういう場面も多かったような気がするんだけど・・・。
途中から登場した栞子母のキャラがすごく立っていて、どうしてこの人がこれだけ本が好きになったのか、を描いてほしいんですが。

仕事を終えてからウォーキング。
9923歩 5.95km 85分 529.5kcal 16.9g

平場

雨。

桜を散らすほどではないが、まあ、最長で今週いっぱいってところだろうねぇ。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昨日・今日の二日間で結構な量を荷造りした。少しだけ棚の本も減った。もしも、すべて一斉にご入金があったらとてもじゃないが一日では対応しきれないが、おそらくそういうことは起きないだろうと思う・・・。

昨夜寝込んでいた女房は今朝からいつもどおり。ヨカッタ。娘は今日が終業式。いよいよ4月から受験生だ。早いなぁ。

ツイートとニュースの編集を終えた頃に昼飯。4人が食卓に揃うのはもはや珍しいが、春休みとなると話は別かも。明日からはしばらく”珍しい”状態が続くはず。いただいた4人分のラーメンがあるのだけど、揃わないから食べられないでいる。いい機会になるかも。
って、ラーメンを食べるタイミングが難しいって、これ、イマドキの家族って感じだよね(^^;。

午後は本の整理開始。最近は明らかにオヤジと母親の仕事するペースが落ちてきており、それはまあ年齢を考えれば当然のことだとは思いつつ、時代にあわせて仕事の合理化・効率化なんてことを一切考慮しない二人の様子は浮世離れして見えてしまう。やっぱりこうしてワタシの仕事はどんどん増えていくんだな、って実感する。それはもちろん、”ある一定の水準”を維持したいと思うからそうなっていくので、ワタシも”年齢”を理由に無理しなくなればそりゃ際限なくどんどん落ちて行く。でも、それはできない。あと10年くらいは。
実際は仕事の自然増を工夫して効率的に回していければ乗り越えられる、って課題なはずなので、結局ワタシの考えが足りてないってところに話は落ち着く(^^;。でも、10年前を振り返ればもう随分遠いところまで来てしまった気がしている。これから更に上がれと要求されるなら、それなりの勇気と”おカネ”が必要になっていく(^^;。見えてないわけじゃないんだけど、うまくいく自信がない。
相手のある仕事だからなぁ。うまくいくかどうかなんてやってみなきゃわからない。そんなことをウダウダ言ってるうちに寿命が尽きてしまうんじゃないだろうか・・・(^^;。

さて、いつ、飛び降りるか、だ。その勇気はあるか?
944歩 0.56km 9分 46.4kcal 0.8g

桜坂

曇空。

朝飯を食べて仕事。女房が「頭痛い」というのでお出かけは中止。ちょうど荷造り作業も多めなので仕事に専念。

昼飯を食べる。ずっと横になっていた女房が「寝てればだいじょうぶ」のようなのでそのへんを散歩してくることにした。

多摩川を渡って丸子橋の際を流れる用水跡。ずっと桜並木になっている。流れている水は意外とキレイで、鯉が何匹も悠然と泳いでいたりする。そぞろ歩きする人も多い。桜並木が切れるあたりの十字路を左に折れるとゆるゆるとした坂道を登って行った先に「桜坂」がある。
あの福山雅治さんの名曲の舞台。この道は旧中原街道だったらしい。桜はほとんど満開だったのでたくさんの見物人がいた。ワタシは以前桜の季節にこのあたりへ買取に来たことがあった。その時は終わりかけの桜吹雪があたり一面に舞っていてとてもキレイだった。が、クルマに乗っていたので一瞬で通り過ぎた。こうして「桜坂」を歩いて通るのは初めて。

「桜坂」のPVを観てみると、この風景を”感じて”この詩を書けるなんて、さすが福山さんだなぁ、って思った。たくさんの人たちに囲まれてこの坂のいちばん輝くとき。

さくら坂下交差点から横道を歩いて行く。いつも大通りしか歩いてないのでちょっとした横道がどこへ繋がっていくのかそういえばよく知らない。このあたりはちょうど国分寺崖線のキワキワなのでそこら中が坂ばかり。距離的にあのあたりに向かって行くはず、と思っても「道」として繋がっていないこともある。

ガスト前に出た。そのまま直進する。まさに高級住宅街の真ん中だが、かつてあった多摩川園の大山リフト山頂のあたりだろうか。そこから公園に入り下に伸びる階段があったので下っていく。旧多摩川園のどまんなかへと繋がっていた。
多摩川駅から多摩川台公園。桜はまだ満開のちょっと手前。川風が直接あたるので他の場所よりも咲き始めが少し遅れるのがココの桜の特徴。10年くらい前に家族と一緒に花見しに来た時には所狭しとシートがひかれて足のふみ場もないくらい人出があったが、今日はそれほどでもない。もちろんたくさんの人出なんだけど、雰囲気が落ち着いているというか、おとなしく桜を観ている人ばかり。かつては通るだけで酒臭かったこともあったけど、今年はそれもなし。変われば変わるものだ・・・。

多摩川台公園の一番奥まで行ってから河川敷に出て引き返す。釣りをしてる人も少ないし、バーベキューしてる人も居なかった。いいことだ。

店に戻ってしばらく仕事。夕食はスーパーでうどんを買ってきて作ったりして。
11170歩 6.69km 107分 538.5kcal 14.5g

週末

交換会へ行かない週は変化がないねぇ・・・。

昨日「やられたよ」と言っていたオヤジだが、ネットで確認したら落札品があり、今日引取りに行くことになった。「午後からね」とのこと。まあ、昼飯を食べてからってことだろうね。

荷造り作業はほとんどなく、ツイートとニュースの編集を終えたら本の整理開始。本は棚にうなっているんだけど、なかなか発送できないなぁ・・・。今夜も置ききれなくなるのは確実だ。

昼飯を食べながらタモリ倶楽部を見る。渋谷駅の第二弾。風呂場は入ったことないが、その手前にあるトイレをバイトしてたころは日常的に使っていたことを思い出す。うーん、やっぱり渋谷駅はワタシの若い頃の思い出で大きな部分を占めていたんだねぇ。いろんな学校のいろんな人が働いていたから、バイトしてなきゃ絶対喋らない人とかとも喋ることができた。あれは今思えばいい財産になってる気がする。
あまりに日常的につかっていたから、今あの場所が使われていないことがまだ実感できていない。地下に移動したからといっても脳裏にはまだまだ地上駅の印象が強く残っている。

昼飯を食べ終わってから出かけたオヤジはお茶の時間くらいに戻ってきた。手で持って帰れるくらいの落札量なら毎週通ってもいいんじゃないの?

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
932歩 0.55km 10分 40.6kcal 0.8g

夜桜

快晴。今週は交換会へ行かない週。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

終えてツイートなど。と、そこにFAXが一枚届く。見るなりオヤジがそわそわし始めた。やがて「今日は行ってくるよ」と言い出した。もちろん、交換会のこと。ある作家の旧蔵書がドーンと出品されるというお知らせだった。無理もない。いってらっしゃいと送り出した。繰り返すがワタシは今週交換会には行かない(行けない(^^;)。

午後は本の整理。ひたすらに。あまりはかどらなかったが。ラジオでは繰り返し「東京の桜が満開」と言っていた。明日はお花見日和なんだねぇ。

オヤジは15時半すぎには帰ってきた。あれ?ちょっと早くない?「やられたよ」とだけオヤジ。もし落札してたら取りにいかなきゃならないんだけど、どうかしら。

夕食後、ふと思いたち、夜桜でも見に行くか、と出た。と言っても近所。丸子橋を渡って昨日見た多摩川園のあたり。福山雅治さんの「桜坂」まで歩いてもよかったけど、なんとなくやめておいた。

帰り際にビデオ屋さんで「羊たちの沈黙」を借りて観た。もう23年前に公開された作品なのね。ケータイが出てこない映画の最後期かもねぇ。ジョディ・フォスターが若い。アンソニー・ホプキンスに尽きる映画だけども。
4233歩 2.53km 37分 227.1kcal 6.3g

平場

晴れ。昨日よりは少し気温が低い。

年度末感が漂うここ数週間。はやく4月になればいいのにって思ったりする(^^;。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてツイート、ニュースの編集。

先日終わった愛書会展の目録から数点ご注文をいただく。オヤジは少しタイヘンそうに積み上がったダンボール箱をひとつづつ開けて当該書籍を探していた。
もちろん会期中にご注文いただく方がうれしいんだけど、在庫があれば会期後でもOKですのでどうぞ。

今週はちょっと交換会には行けない。昼飯はアジフライ。なんだかまたちょっと胃が痛む。

午後は本の整理。少しははかどったかしら。

仕事を終えてからウォーキング。これをしないとほとんど運動してないことになってしまうため。多摩川園あたりの桜は案外咲いていて、明日はちゃんとしたカメラを持って見に行ってみようかしら。
7768歩 4.65km 67分 410.8kcal 12.6g

定休

晴れ。暖かい。

彼岸の中日。女房と娘は朝一番でぼたもち(おはぎ)作りに出かけた。おつかれ。
ワタシは朝飯の茶漬けを食べてから仕事開始。祝日の割に件数はあった。いつもお買い上げありがとうございます。

二人は作り終えて10時半には帰ってきた。作るの早くなったねぇ。ウチの母親が漬けたきゅうりと大根の漬物もタッパーに一杯もらってきた。
昼飯はぼたもちを食べる。おいしいねぇ。漬物は「夕食まで足りるかしら」と母親は言ったそうだが、昼飯で全部食べちゃったよ。みんな好きで食べるから(^^;。

今日も定休日なので、店はシャッターを閉めたままだが、中では仕事。ツイートとニュースの編集。そして本の整理。録音しておいた福山雅治さんのラジオを2本。そのあと、某動画サイトで宇多丸さんのラジオから「桐島」関係の内容のものを選んで続けざまに聴いた。やっぱり桐島はちょうど我々世代に刺さる作り方になってるんだな、って改めて思う。町山さんのキレっぷりがすごかった。「傷ついた分、失った分を補おうとして人は何かを作り出す」って話は沁みた。それはつまり、傷つかない人、満足している人は何も作れないってことなわけで。

仕事を終えてからやっぱり「桐島」を観てしまった。これでいったい何回目だろう・・・。まだ飽きない。「また見てんの?桐島でしょ?」と娘には呆れられた(^^;。
417歩 0.24km 4分 19.9kcal 0.0g

定休

快晴。昨日の雨がウソのよう。

暖かい。春を実感する。そりゃ桜も咲くよなぁ。

朝飯を食べてから仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終わらない終わらない。昼飯を挟んで延々続行。

途中、ツイートとニュースの編集。今週は忘れずにメルマガを出した(^^;。いつもはオークションの出品一覧を後に出して”サンプル”としてまぐまぐのページに掲出しているんだけど、今回から日記と新着を載せた方を残すことにしてみる。何かが変わるかしら。
情報は生のままだと誰も見ないことがわかってきた。やはり編集は大事。何をどう見せるのか。そこにすべてがかかっている。

昼飯を食べながらビブリア古書堂を観た。江戸川乱歩の本が登場。少し前から思っていたことだけど、本を介した人と人の話なので、本そのもののエピソードを作中であまり深く掘り下げることはない。ビブリア古書堂の母子が出会っていたけど、どうして失踪したのか、いままでどうしていたのか、そういう話が一切描かれなかったのは、当然最終回で語るからだよね?あの”本のためなら手段を選ばない”母親の物語には興味がある。
高橋克実さんが演じるセドリの存在感が曖昧になってしまったのはちょっともったいない。本を売りたいという人が居ることは描いてもお客が買いにくる様子はほぼ描かれない(^^;これ心配。
ビブリア古書堂はセットだけど、ヒトリ書房の舞台は鎌倉に実在する古本屋さんってのは、観てる人は当然知ってるよね?
9412歩 5.64km 81分 497.9kcal 15.2g

1日

晴れ。夜は雨が降るらしい。

WBCの中継が始まっていた。いよいよ準決勝。日本対プエルトリコ戦。今日は勝てるのかしらん。
仕事開始。晴れたり曇ったり。しばらくして運送屋さんが愛書会展と交換会の落札品を運んできてくれた。雨が降る前でありがたい。本が積み上がった。

ラジコでWBCの中継をずっと聴きながら仕事。なかなか打てない。打っても後続が続かない。そのうちにプエルトリコ打線が調子づいてきた。3点取られるのは仕方ないと思うけど、3点取れるのかなぁ。
そうこうしているうちに8階裏。タイムリーヒットで1点返したあとに世紀のボーンヘッド発生。あっという間にイキオイは終了。そのままゲームセットとなった。残念ながら日本は敗れた。

荷造り作業を一段落したらツイートとニュースの編集。買ってきた本の整理開始。

雨が降り始めたのは閉店後。なんとか1日もったねぇ。パシャパシャと雨の降る音を聴きながら仕事を続けた。これで明日の朝には雨が抜けていくらしい。なんともお行儀のよいことで・・・。
798歩 0.47km 8分 38.5kcal 0.4g

新宿

朝から晴れ。

荷造り作業を終えてから3人で出かけた。今日は久しぶりに新宿御苑。毎年桜が満開の時期に行くことになっていたが、今年は木蓮が見頃の時期に合わせた。新築成った温室も見学したい。

新宿三丁目行に乗る。「渋谷行」も1時間に4本くらいあるらしい。東横線は昨日から渋谷駅が地下化。代官山駅を出てすぐにトンネルへ入っていく。もう地下に入ってしまうとどこを走っているんだか全くわからない(^^;。いつの間にか渋谷駅到着。もちろん、勝手がわからない。駅の案内板を見ながら地上目指して進むと案外最短でのれん街前に出た。ここでお弁当を買ってから行くことにしていた。のれん街もこの場所での営業は今月いっぱいで終了。来月からはマークシティに移動する。

JRで千駄ヶ谷。今日は千駄ヶ谷門から入る。ソメイヨシノはまだ咲いてない。かわりに枝垂れ桜が見頃になっていた。だいたい見頃を迎えた木の周りには人だかりがあるからわかりやすい。娘はソメイヨシノよりも枝垂れ桜のほうが好みだという。
女房は日本庭園にある樹齢130年あまりのハクモクレンが今日のメインだという。まだ晴れているうちに是非見たいというので先を急いだ。たまたま少し曇り気味の空になったが、ハクモクレンはちょうど見頃。日の当たりやすい上のほうがほぼ咲きそろい、下の方はまだつぼみという絶好のタイミング。久しぶりだったけど何度見てもイイ。

芝生に敷物を敷いてゆっくりお弁当を食べる。皆くつろいでいるなぁ。若い両親と小さな子どもが遊んでいる姿。あれは10年前のワタシたちの姿なんだよね。広くて静かで安全だからよく新宿御苑には遊びに来た。いつの間にか10年経っているわけで。

今日のワタシ的メインは新装された温室。行ってみると、以前に比べて規模は大幅に縮小。ちょうど夢の島にある植物園と同じくらいの大きさの温室になり、よく日があたって全体が明るい。人工の滝もあるが、なんだかツクリモノ感が強かった。前の温室の勝手に伸びました感一杯の植物たちが作り出す温室内の光と影が良かったんだけど、ちょっとそんなミステリアスな雰囲気は(まだ)なかった。ただただ明るかった。「そりゃできたばっかりだからだよ」と女房。よさげな雰囲気を帯びるのはこれから何年も経ってから、ってことだよね。
そうそう。この時期のたのしみだったヒスイカズラの展示はなかった。残念なり。

出口そばにある売店で桜アイスを食べてから、新宿門横のハクモクレンを見る。夕日を浴びてキレイだった。こちらはすでに全体が満開の散り始めだった。

新宿三丁目駅から副都心線。渋谷で降りて「ブ」へ寄ってから帰ってきた。渋谷駅の出口が変わり、今までそれほど人が居なかった山手線ガード下の人通りがものすごく増していた。渋谷の街はいつもどおり混雑していた。
渋谷駅はまだ方向感覚がわからない。なんだか気をつけていないと随分歩かされる印象。
9903歩 5.93km 96分 474.7kcal 12.4g

二日

快晴。少しは暖かい。

愛書会展は二日目。ワタシは店で仕事の1日。
オヤジは昨夜、少し早めに帰ってきたので渋谷駅通過は特に混乱もなく帰ってこれたらしい。今朝はどうだったかな。

荷造り作業をいくつか終えてからニュースの編集とツイート。本の整理は午後から。

女房がスーパーで買ってきた渋谷駅85年記念弁当を昼飯に食べる。録画しておいたタモリ倶楽部を見たら渋谷駅特集だった。元住吉から9000系の臨時列車で渋谷駅まで行くという豪華な企画。途中、新丸子駅に珍しいポイントがあるって紹介されていた。今度見ておかなきゃ。
渋谷駅のドトールだった場所はその前は東急電鉄直営のQTOというコーヒーショップだった。ワタシは大学生だったころの2年間だけそこでバイトしていた。駅長室はちょうど真正面の2階で、駅長室に来客があるとコーヒーの注文が入る。懐かしいね。でも、駅長室に入ったことはなかったね。
あの頃はまだ自動改札もなかったんじゃないかしら。そのあたりもう記憶が曖昧になっている。バイトを束ねる社員さんは当然東急電鉄所属の人だった。
ワタシは主に朝のラッシュ時のシフトに入っていた。なんとなく大忙しの雰囲気が好きだった。わ〜っと働いているうちにあっという間に時間が過ぎたから。のんびりした時間は無駄話もできない立場上、長く感じるもの。早番を終えてから大学へ行くってパターン。

午後は本の整理。途中、母親が古書会館まで愛書会展の片付けに出かけた。

で、19時頃に母親が戻ってきて、渋谷駅の様子をあれこれと語る。乗り換えは意外と時間がかかるらしい。ま、たぶんそれは慣れだろうね。最初横浜駅が地下に切り替わった時はどこまで潜るんだ、って思ったけどいつの間にか慣れた。東横線から半蔵門線の乗り換えは近いから特に苦にもならないだろう。ラッシュじゃなければネ。

オークションのメール書きを始めようと思ったころ、オヤジが帰ってきた。なんだか嬉しそう。今回は成績が良かったらしい。そりゃおめでとう。
760歩 0.45km 8分 35.9kcal 0.8g

渋谷

明日から渋谷駅が変わる。

気にしないようにしていたけど結局気になっている。今日の交換会へ行くのもほとんど渋谷駅を見に行くために近い(^^;。

昼過ぎに出て東横線。渋谷駅は明日から地下5階にホームが移動する。ホームに電車が到着するたびに写真撮影する人が押し寄せるため、改札口手前で流れがツッカエルことになる。警備の人が大声で「立ち止まらないでください。立ち止まっての写真撮影はご遠慮ください」と叫び続けるが、効き目はゼロ。仕方ないとは思う。
なんとか改札口を出ても人は滞留していて歩きにくい。駅は人が流れること前提だから”写真撮りたくて”立ちどまる人が大勢になるともはやどうしようもなくなる。なんとか銀座線のホームへ続く階段を登った。神保町へ向かうときこの乗換え方法が便利だということに気付いてずっとこの方法を使っていたが、それも今日が最後になる。銀座線ホームが移動するのはもう少し先のようだけど、事実上もうほとんど使わなくなると思う。

入札を終えて昼飯。今日もやっぱりうどんだ。食べ終わって今度は帰り道。渋谷駅を使うのはこれが最後。バッグから持参していたSD15を取り出した。もちろんレンズは10−20mmF3.5付。とはいえ、そんなには撮影できないなぁ・・・。
やはり電車が到着するたびになんともいえない緊張が走る。ワッとカメラを持った人が電車のまわりに集まるからだ。まだ昼間だからこの程度で済んでいるとすれば、終電間際の深夜にはどうなっているんだろう。そんなことを思いながら、人の比較的少ないホーム先端の近くまで歩く。先端には警備員と写真撮影の順番待ちをする人たちが溜まっていて近寄れなかった。ホームでは絶え間なく警備の人のアナウンスが響きわたっている。事件現場みたいだ。

いや、これもある意味事件だろう。「85年のありがとう」とポスターに書いてある。85年間使っていた場所が今日で閉鎖になるってことだから。

もちろん、ワタシが生れたころにはすでに渋谷駅は今の形だった。物心ついて百貨店のオモチャ売り場や食堂での夕食。学生時代にQTOでアルバイトしていたことなど、思い出の風景も心の中にある。でもやはり、変化の時は来た。それはきっと、この場所がこれからも違った形で必要とされていることを意味している。ざっと見渡してみても、今東京で注目されている場所は何らかの形で再開発・リニューアルされているところが多い。東京は今現在もまだ”進化の途上”であって完成することはないのかもしれない。

電車に乗り込むとき、渋谷駅に小さな声でお別れを言った。
扉が閉まり電車が走りだすと、ホームから、路上から、橋の上から、山手線の歩道橋の上からもカメラを構えている人が鈴なりになっているのが見えた。たぶん、皆さんワタシと同じような気持ちだったと信じている。
6272歩 3.76km 59分 317.1kcal 8.2g

往復

曇空。寒い。

昨日までの高気温がウソのように寒い。もっとも、昨日は強風で大変だったが。

荷造り作業を終えてから今日は交換会へ向かう。車中で漱石の「こころ」を読み終わった。本文の半分以上を占める先生の「手紙」はあんまり手紙っぽくないが、口語体で書かれているので読むのに苦労しない。いつ頃から手紙は文語で書かれなくなったのかしら。手紙として書かれているので描写は基本主観的。先生のこころの動きをひだひだまで克明に描く一方で、あまり客観的な時代を表す事柄は書かれてないが、最後に明治天皇の崩御と乃木希典大将の殉死について触れている。もちろんそれが先生の自殺に直接結びついているわけじゃなかったが、ひとつの「時代」の区切りを先生が感じて自殺の引き金になったことを匂わせる。
やはり今回も読んでみてなんで先生が自殺したのか、理解はできなかった。自殺するには理由が弱いって思う。それはたぶん、ワタシがまだ死ぬわけにいかない、と日々強く思っているからだろう。

入札を終えて昼飯は今日もうどん。味玉の天ぷらにはまっている。

帰りの渋谷駅。半蔵門線ホームを降りたら階段を上に昇るわけだけど、これが来週からは下に降りることとなる。東横線の渋谷駅が地上2階にあるのは明日の金曜まで。
今日が3月14日だったことを唐突に思い出し、のれん街でチョコを買った。もうすぐ閉鎖・移転となるだけに、お買い物の人でごった返していた。特に男性客が多かったのはワタシと同じ理由だろうね。

で、東横線の渋谷駅。日に日に混雑が激しくなっている。といっても、写真を撮る人ばかり。電車の中はガラガラ(^^;。ホームは警備員の注意喚起する声が常に響き渡っている。電車運行の支障になるからフラッシュは焚いちゃダメよ。今日も数枚撮ったがどこにカメラを向けても写真を撮っている人ばかりだった。いよいよ明日が渋谷駅の最終日。終電は発車できないんじゃないの(^^;?
若いお父さんとお母さん、それに3歳くらいの男の子の3人が記念撮影していた。そこまではいいんだけど「もう1枚!」とお父さんが声をかけた瞬間、男の子が「もうイヤ!」と大声をあげて写されることを拒否ってた(^^;。そりゃ、子どもにしてみたらまだ電車に思い出なんてないからなぁ・・・。

帰りの車中から司馬遼太郎「城塞」を読み始める。どうやら大坂夏の陣についての物語らしい。そういえば「国取り物語」もいずれ読まないとなぁ。

オヤジと母親は明日から始まる愛書会展の準備で神保町へ。ワタシは店に戻って店番。
11847歩 7.10km 103分 621.0kcal 22.8g

物忘

晴れ。南風が強い。

昨日はメルマガを発行するのを忘れていた(^^;。
まあ、メルマガは出さなくてもあんまり影響はないか、と思いつつ、ニュースの編集を始めてハタと気がついた。昨日はニュースも出してないじゃんか・・・(!)。
悪いことは重なるもの。さすがにニュースを忘れるのはマズイ。でも、こちらが思っているほど影響はないんだよね、たぶん(^^;。
オヤジが開口一番「忘れてるよ」と言った。最初なんのことか気が付かなかったが、愛書会展の荷物をドア口まで運んでおくのを忘れていた(^^;。昨日から今日にかけてなんだか変だ。いろんなことを忘れている。

荷造り作業を始めようとして、某銀行のネット口座を開こうとしたらログインのパスワードが違っているらしくて弾かれた。ん?思い出せない。2回くらい間違えた。途端にパスワード変更手続きも受け付けてもらえなくなり、カスタマーセンターに電話しろ、と画面で指示された。
セキュリティの強さと使い勝手は反比例の関係。ほとんど使ってない口座だからたまにログインしようとしてパスワードを間違えるわけなんで、思い切って口座解約するのも手なんだよね。思い切っちゃうかなぁ・・・(!)。
幸い、電話をしたらすぐにカスタマーセンターに通じて最悪の事態は免れたものの、パスワード騒ぎの収束まで30分ほどかかった。手数料は取られないものの、時間は盗られたわけで。こんなクダラナイことで。

こういうことって重なるねぇ。

昼飯までに荷造り作業とニュースの編集は追いついた。その後は順調。午後は本の整理。お茶の時間に食べた箱根土産のくるみあんが入ったもなかがおいしかった。

夕食後、雨が落ちてきた。仕事を終えてから仕事を継ぐ。BGMはコバケンのブラームスとサヴァリッシュのモーツァルト。
837歩 0.50km 8分 38.7kcal 0.8g

定休

晴れ。

お店は定休日。仕事は休まない。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯のころに追いついた。
録音しておいたラジオを聴きながら作業。ロケショー、にち10。夜電波はお休みだった。もしかして3月いっぱいで終わりなのかしら。

先日買ってきたCDも聴いている。アバドのベートーヴェンは名盤の誉高いクライバーのベートーヴェンと収録されている曲も同じならオケまで同じ。どちらも5番と7番。そしてウィーンフィルだ。聴いていて知らず知らずのうちにクライバーの演奏とくらべていた。結局、クライバーが最高なのかもなぁ・・・。
もう一枚はサヴァリッシュ指揮・チェコ・フィル演奏のモーツァルト40番と41番。キビキビとメリハリの効いたいい演奏だった。演奏は1980年。デジタル録音が導入される直前のADD版。40番と41番は好きなのでいろいろな人のCDを持っているが、結構耳新しく聴こえる。え?ここでホルンが聴こえてたっけ?みたいな所があったりする。録音がいいのかも。
追悼番組でN響とのベートーヴェン7番を聴いたが、演奏とともに指揮っぷりにも目を奪われた。ご高齢で椅子に座りながらだった。壮年の時のような大きな振りではなかったが、目の表情や微妙な腕の動き、そして時に大きな腕の振りを使い分けて的確に指示を与えていた。長年の信頼関係があったことが伺えて興味深かった。
オケをコントロールするタイプだったようだが、N響の皆さんはマエストロを先生と呼んで常に尊敬を以って指示をあおいでいるようだった。派手さは感じないがきちんとした演奏。

あ。メルマガ出すの忘れた・・・。
9720歩 5.82km 81分 531.0kcal 21.7g

二年

快晴。たしか2年前もこんな天気だった。

ラジオは特別編成で2年前を振り返りつつ、現在とこれからを展望する内容を放送中だった。
2年前のあの時。ワタシは店に居た。あの日は金曜日だったので本の在庫状況によっては神保町に居たかもしれなかった。あの時店に居たのは今考えても幸いだった。ワタシが居なかったら対応出来ていないことがいくつもあった。
ラジコでラジオを聴いていたから、緊急地震速報も入らなかった。ガタガタと縦揺れが始まったと思ったらすぐに大きな横揺れが押し寄せた。地震がおさまらないうちに停電した。非常灯のオレンジ色を見たのは店を新築したとき以来のことではなかったか。
棚にはつっかえ棒をいくつも張っていた。これはオヤジの判断だった。随分オオゲサだな、と工事が終わった直後は思っていた。ところが、この工事のおかげで店の棚は全く倒れなかった。本も一部落下しただけでほとんど無事だった。
停電となり、夜に備えて近所を走り回ったがそのことは詳しく書かない。息子は地震の瞬間お友達と自分の部屋に居た。娘もしばらくして学校から帰ってきた。電池式のラジオをつけっぱなしにしていたが、放送内容はほとんど耳に入ってこなかったから、翌日になって大津波の報道に接した。すぐにラジオに切り替えた。津波の映像は見ていて耐えられなかった。
当日は真っ暗な中で夕食を食べた。あれから2年経つ。この日から5日後に娘は小学校を卒業していた。なぜか地震と卒業という2つの事柄が記憶の中で分断されている。娘の卒業はもう数年前の出来事みたいに思える。

あの日からはっきり変わったことの一つが、交換会の落札品の運搬を運送屋さんにお願いすることにした、ってこと。直後に東日本全体が極度のガソリン不足となり、それならプロに頼んじゃおう、って単純な発想だったけど、震度3くらいの地震が頻発していたから怖くてクルマを走らせたくなかった。もうあれからクルマで落札品を引取りに行くこともなくなった。その時間は仕事に充てたいから。

両親は震災特別編成のラジオを聴きながらもピンとこない様子。あまり詳しくは覚えていないのかしら。14時46分が来ても普通に喋っていた。それも”老人力”といえばそうかもね。でも、2年前の今日も愛書会展を翌週に控えている時期だったはずなのよん。

ワタシが貸した「桐島」のDVDを見た両親。驚いたことにオヤジは「全くわからなかった」という。母親はかろうじて「どの世界でも当てはまる人間関係が描かれてるわよね」って感想は持ったらしい。ワタシがあれこれと話すと「そうそう。私も観ててそう思ったのよ」とか喋りたがるから、少なくとも心のどこかには刺さっているみたいだ。
「ゾンビがリアルだったね」と言ったのはオヤジ。まさに「見た目」だけにしか反応してない(^^;。;。「バレー部の強い奴さ、あいつはイヤな奴だったよね」って3回くらい言っていたから、そこは印象に残っているんだね。「でさ、どのへんがアカデミー賞だったの?」とも聞かれた(^^;。もうメンドクサイから答えないでおいた。
「とにかく共学じゃないからわかんないよね」ってオヤジも母親も言ってて、たしかに母親は高校を女子校に、オヤジは中高と男子校に通っていた。「こういうメンドクサイ想いを高校生の頃にしなくて済んだ」ヨカッタヨカッタ的にまとめていた。なんだそれ。

仕事を終えてから「桐島」を観てしまった。これでいったい何回観ただろう。10回以上観てるのは間違いない。
332歩 0.19km 3分 15.1kcal 0.0g

煙霧

晴れ。

荷造り作業を終えてから3人で出かけた。よく晴れて暖かい。いよいよ最後の週末を迎えた渋谷駅へとりあえず行ってみる。んー。やはりすごい人の数だ・・・。もうホームの至る所にカメラを持った人が居る。たしかに鉄道ファンじゃなくても写真の一枚撮っておきたくなるのは人情。警備員も普段より多め。おつかれさまです。

特になんの感慨もないらしいウチの女子二人は改札口へ急ぐ。昼飯はこれまた思い出消費で百貨店の9階へ。レストランコビーはもう何年も前になくなっていたが、ワタシが小さい頃のおでかけ飯といえばココだった。東館も3月末で営業終了ということだったので、とりあえず食べておきたかった。とはいえ、結構高いなぁ・・・(^^;。
いつも食べているうどん屋さんで釜玉うどん。娘はずっとうどんを食べられなかったが、ここにきてようやく食べられるようになったみたいだ。ただし「好きじゃない」んだって(^^;。うどんのどこが嫌いってんだろうなぁ。

南館の屋上から空を眺める。そろそろこの場所も消えるんだろうね。風が強くなってきた。

山手線に乗って品川駅。今日はここから高輪まで散歩することにしていた。ところが、駅を出るなり空が黄色く染まっていた。猛烈に強い風と砂埃でとても歩いていられない。これは黄砂じゃないのかな。すぐ駅に引っ返した。やれやれまいったね。そういえば品川の東口を見たことなかったので、線路を跨いで東側へ移動。うーん。これといって見るべき場所もなさそう。本屋さんをみつけた娘に引っ張られてビルの中へ。

再び渋谷駅。風はやんでいたので、娘のたっての希望もあって「ブ」へ。またクラシックのCDを買ってしまった。アバドのベートーヴェンとサヴァリッシュのモーツァルト。

店に戻ってツイッターを見たら、今日のは黄砂じゃなくて「煙霧」というらしい。砂は中国から来たわけじゃなくて関東の砂なんだって。

北風が猛烈に強く、気温はどんどん下がっていく。
7845歩 4.70km 75分 377.0kcal 10.2g

平場

晴れ。

急に暖かくなってまだ身体が慣れてない感じ。

朝飯を食べて仕事開始。今日は荷造り作業はほとんどなく、ツイートとニュースの編集をしたらあとは本の整理。
交換会で落札した本を運送屋さんが運んできてくれた。新車慣れました?
ざっとカーゴ1台弱。これくらいの量を毎週補充できるとちょうどいいペースで仕事ができると思うんだけど・・・(^^;。そう都合よくいかないのよね。

先日ポチっとした小林研一郎指揮・日本フィル演奏のブラームス3,4番のCDが到着。早速再生してみた。んー。いいねぇ。なんていうか、優雅に聴こえるんだよなぁ。この人の演奏は。ただ、ここぞというクライマックスには唸りが入っていた。これが入らないとコバケンじゃないって思うファンもいらっしゃるんだろうなぁ。ワタシはもう少し控えめにしてほしいと思うクチ(^^;。

「桐島」がアカデミー賞の主要部門を三つ取ったことで、オヤジたちが見たいと言い出した。どうかなぁ。このノリ、わかるんだろうか。ポカーンで終わる可能性もあるよ、と言ってから貸し出した。見たらきっと感想をくれるはず。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。

昨夜のWBCの試合後の様子を動画サイトで見た。ラジコで聴いていたので、そういうセレモニーがあったことを知らなかったんだけど、台湾の選手がマウンド上に集まって観客に挨拶していた。これには感動した・・・。スポーツの試合は常にこうであってほしいものだと思う。
781歩 0.46km 8分 35.0kcal 0.8g

南風

晴れ。

荷造り作業を終えて今日も交換会へ向かう。車中では漱石の「こころ」を読む。15年ぶりくらいかしら。

今日は南風が吹いて気温が高い。昨日上着を着て来て後悔したので、今日は上着を置いてきた。それでも少し暑かった(^^;。なんて陽気だ。

入札を終えて昼飯。食べ終わってかるく歩くことにした。工事中の日大病院の横からアキバ方面に。お茶の水駅東口・幽霊坂のあたりはビル工事がほぼ終了したが、周辺の再開発と合わせてまるっきり様子も雰囲気も変わってしまった。郵便局前のエリアと渡り廊下で繋がり、一帯が”幽霊坂ヒルズ”になっていた。巨大プロジェクトになったのね。

風向きのためだろうか、あたりは焦げ臭い。昌平橋から見える総武線の跨線橋も梱包アートされている。秋葉原駅周辺、淡路町交差点、万世橋交通博物館跡とあわせて大規模かつ一体的に施設が更新されている印象がある。まあ、コンクリートの寿命は80年くらいと云われているので、このあたりの重要街路が当時一斉に工事が行われていたってことかもねぇ。

今日も地下鉄渋谷駅経由で帰ってくる。駅構内をこうして通るのもあとわずか。そして、銀座線渋谷駅を利用するのもあとわずかになった。渋谷駅地下化によっておそらく山手線を使うときは目黒線に乗って目黒駅で乗り換えることになるだろう。銀座線の渋谷駅は使う意味がなくなってしまう。接続が変わることで全く使わなくなる、もしくは行かなくなる場所ができることってある。たとえば、東横線が桜木町駅まで走っていたころはあれだけ毎週のように行っていたのに、廃線になってからは一度も行ってない(^^;。東横線も地上線が廃止になり、たぶんそういうことがこれから起きるんだと思う。

車中で読む漱石の「こころ」が面白い。ちょっと前に「三四郎」を読んでいたが、ピンとくるものがなくて途中で読むのをやめてしまった。漱石の小説は人間の内面を描いているので、描かれている背景が明治時代であるのに全く古さを感じない。かつ、年月を経て再び読みなおすと、登場人物の年齢と自分の年齢が重なって、以前読んだ時と刺さる部分が違ってきたりする。以前読んだ時はおそらく主人公の「私」でしかなかったが、今の年齢だと「先生」にも感情移入できる。そういう年齢になってきたってことだね。

今日も渋谷駅は撮影する人で混んでいた。おそらく廃止されるまで続くんだろうなぁ。
5895歩 3.53km 54分 295.6kcal 7.6g

花粉

晴れてるような曇ってるような。

明らかに気温が高くなった。春の到来か。急だね。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
ツイートを終えてから東横線。今日はひさしぶりの交換会へ。そういえば大市会以来かも(^^;。

いよいよ東横線の渋谷駅が地上2階から地下5階に移る日が近づいた。来週の土曜からだ。渋谷駅のホームにはカメラを持った人が大勢。ホームの行き先案内板を撮ったり、駅構内を撮ったり、ダイヤ改正と同時に引退する9000系の電車を撮ったり。皆さん楽しそう。確かに「渋谷行」の電車は無くなるわけで。
ホームが変わると、半蔵門線との乗り換えが楽になるはずだけど、実際にはどうかなぁ。移動経路が細いと混乱しそう。実際、すでにJRに乗り換えする人がどう動くかでラッシュ時には混乱が予想されているらしい。当初のねらいどおり副都心線をそのまま使って移動する人が増えたらいいんだけども。

交換会。入札してたら制服姿の高校生が20人くらい会場に。どうやら見学会みたい。職員さんに説明を受けながら会場を逍遥していた。皆さんお行儀よく見学されていた。古本、お好きですか?やはり若い人が入ってくると雰囲気が華やいでいい。

昼飯を食べて店に戻る。荷造り作業の続きと本の整理。早く未整理の本に仕事をかけてやらないと。目がシパシパするのは外で花粉が飛びまくってるから(^^;?

夕食を食べながら怒り新党。先日引退された高見盛関の相撲。やっぱり一生懸命頑張っている人の姿を見るのはいいね。自分も頑張ろうって気持ちになれるから。
11528歩 6.91km 102分 592.8kcal 21.3g

1日

店で仕事の予定。

快晴。これは春の晴れなのか、まだ冬の晴れなのか。

朝飯を食べて仕事開始、の前に一ヶ月ぶりの歯医者へ。親知らずの後ろ側に少し磨き残しがあった、とのこと。まだ1本だけ残してあるんだけど、今更抜くのもなんだし・・・。
親知らずは学生の頃に一気に伸びてきて、歯茎に当って痛みが酷かったからその時に3本抜いた。それきり痛まなくなった。今も痛くない。だから抜く理由がない。

店に戻って荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。数はそれほど多くならなかった。

荷造り作業をしながら、ふと思ったこと。本は単独じゃなくて複数冊組み合わせるとそれなりに文脈のようなものが生まれるような気がする。お客様が何を思いつつご注文したのか、っていうことが、1冊ピンポイントだと気にとめることもないが、複数冊だとニュアンスが伝わってくる。たくさんある中から選びだす妙、とでもいったらいいか。
複数冊でもつながりを感じないことももちろんあるのだけど(^^;。

オヤジが「花粉症にかかった」といいながら鼻をかむ頻度が高い。たしかに、今日は花粉が多く飛んでいるのかもしれない。歯医者の往復をしただけだが、なんとなく目がかゆい気がする。今年は去年の2倍以上飛んでいるというから発症する人も多いのかしら。

夕食後はオークション落札品のメール書き。
1273歩 0.76km 11分 67.3kcal 1.7g

定休

快晴。今日の晴れ方は冬晴れっぽい。

朝飯を食べて荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。今日は定休日なのでシャッターは半開き。巻きダンボールやら郵便やら、届くものが多いので閉めていられない。

火曜日は録音しておいたラジオを聴く。ロケショー、にち10、不毛な議論。夜電波は裏送りだった。あとでポッドキャストを聴かなきゃ・・・。

夕食を食べながらビブリア古書堂を見る。今回は交換会風景が描かれた。物語の舞台が鎌倉なので「鎌倉古書会館」が登場したが、もちろん実在しない。実在するのは横浜・反町にある「神奈川古書会館」。交換会は一般には非公開の形で週2回開かれる。
魚市場や青果市場などがあるので交換会をつい「市場」と言ってしまうのだけど、本当は「交換会」が正しい。文字通り、本を持ち寄って”交換”することが目的。それ以上でもそれ以下でもない。ドラマ中では会場にたくさん本が集まり、入札に来ている方もたくさんでかなり盛況の様子だった。
入札方法や本の配置方法などはさすが東京組合さんの監修によるものでほとんど実際のまんま。経営員さんがエプロン姿なのも一緒だった。取引が成立しなかった口を”ボー”と呼ぶのは業界用語。封筒に”棒を引く”ところから来ているはずだけど、ちがったかな?
交換会に並べるときの本の縛り方は横に2回が基本。今回ドラマで縛りが十字だったのは、おそらく実際の交換会ではないので別の場所から運送して並べるだけだったから、じゃないかしら。少なくともウチはお客様宅からの買取りで本を縛るときは運送中の荷崩れを防ぐために十字で縛ることにしている。
・・・広報の一貫として、例えば月に一度くらいの頻度で”交換会見学ツアー”みたいなものを一般の方向けにやってみるとウケるんじゃないかしら。築地市場は見学ツアーが話題(ニュース)になって大きなイメージアップに繋がったとワタシは思うので。
”事件手帖”だからやっぱり事件が起きるんだけど、”本”の”事件”って盗った盗られた話になるのは仕方ないのかねぇ・・・(^^;。

仕事を終えてからウォーキング。某外車のテールランプが日野日出志先生の描くキャラの血走った眼に見えて仕方ない(^^;。
7872歩 4.71km 67分 420.0kcal 14.9g

平日

曇空。

朝飯を食べて仕事開始。鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
少し多め。昼過ぎに一旦追いついた。ツイート。昼飯。荷造り作業の続きとニュースの編集。

外は、晴れているような曇っているような。外出する予定もないので天気さえいまいちわからない(^^;。
荷造り作業が進み、巻きダンボールがみるみる減っていく。発注しとこ・・・。

荷造り作業が進んだ分だけ本の整理が進まない。こりゃ今週も交換会へ行くのは無理かしら(^^;。なんとかしたいなぁ。

愛書会展が来週の週末となってきたが、まだほとんどご注文が入らずオヤジがボヤきはじめた。気にしないようにしているんだが、オヤジはワタシに聞いてほしいみたいだ(^^;。リアクションはできないよ。オヤジの話にはからみづらいんだよー。

昨日湯河原で買ってきたきゃらぶきや、PAで買ったネギとブロッコリー。次々食卓にのぼってくる。どれもおいしい。
お茶の時間にはかるかんを食べた。ちゃんと山芋の香りがした。皮がホロホロっと口の中でくずれてあんこと交じり合う。おいしいねぇ。

オヤジは地図を取り出してしきりに真鶴道路の様子を調べている。ボヤくわりには気持ちに余裕があるみたいだ。明日は幕山かな?

夕食後はオークション落札品のメール書き。
610歩 0.36km 6分 27.7kcal 0.6g

幕山

今日は少し早起きして3人クルマで出かけた。

そろそろ見頃を迎えるはずの湯河原・幕山公園を目指す。
東名高速の厚木から小田原厚木道路。途中、PAで休憩。地元野菜が売られていたのでネギとブロッコリー、みかんを買い込む。コーヒールンバを聴いてから出発。
スイスイと真鶴道路を通りぬけて湯河原到着。9時半すぎ。細い道の先に幕山公園の駐車場。すでに第一から第三まで満車。第四に停めて(500円)、川沿いに伸びていく公園を梅林まで歩いていく。いい雰囲気だ。
入場料(大人200円)を支払って中に入ると、梅は全体で三分咲き。早咲きの梅が七分くらい。満開になっている枝もあった。とはいえ、梅は蕾がまるくてかわいいので、すでに見頃と言ってもいいんじゃないかしら。幕山の斜面にパアーっと広がる梅の花のパノラマ。およそ4000本も植わっているらしい。
まだそれほど混んでいない園内。「散策路」と書かれたルートを登っていくと、前方には巨大な岩肌が露出しているところがあり、そこはロッククライミングの名所になっているらしい。何人もの人がよじ登っていた。
娘は階段を登ることが楽しくなってきたらしく、ひょいひょいと駆け上がっていく。こりゃ将来山ガールにでもなれるんじゃないの?
そう思って周りを見渡すと、明らかに梅見だけじゃないハイキング装備の人が一杯いた。このまま階段を登りきり、「幕山ハイキングコース」へと進んでいく人たちだろうね。
最初は遠くに見えたロッククライミングの岩を下に見る場所まで登ってきた所で「梅園最高地点」の看板有り。娘もようやく登るのはここまで、ということで下り始める。眼下には紅白の梅の花が広がっている。登ってきた時よりも人の数は随分多くなっていた。

昼飯にしよう、ということになり、特設の屋台村で買って食べることにした。炊き込みご飯と豚汁で600円。これがなかなかおいしかった。他にもいろいろと物産品が売っていて、梅のワインやらもろみ、かるかん、おからドーナツとか買い込んでしまった。おまけにもらったサービス券で甘酒とわらび餅をごちそうになった。

まだ12時前。帰るにはちょっと早いので、湯河原の温泉地へ向かった。観光会館前の駐車場にクルマを停めて万葉公園の渓流散策路を歩いて行く。千歳川沿いには旅館の露天風呂も張り出していたりして、なんとも温泉地な風情。道の尽きた所に「独歩の湯」が広がっていた。
10年くらい前に夏の家族旅行で来たことがあった。これで2度目。ちゃんとやっていてよかった。思っていたよりもお客が入っていて盛況だった。
用意されているサンダルを履いて入る。ぬるい湯もあれば熱い湯もあり、足裏を刺激する石が敷き詰めてある湯もあれば、底がスルスルと心地いい湯もあった。全部で9種類。それぞれ効能が書いてあったけど、まあ気持ちよければいいんじゃない?

13時半には出発したが、帰りの真鶴道路がまさかの大渋滞(^^;。ピクリとも動かない状態で通過に1時間くらいを要した。雨も落ちてくる。渋滞の原因は石橋ICの手前にある信号のない不自然な交差道路。あれを改良すればここまで混雑しないんじゃないだろうか。

石橋から先はガラガラ。大磯PAで休憩して帰りを急ぐ。厚木の混雑も普段ほどではなく、大和を過ぎれば快適に走り抜けた。

店に戻ってからは鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
9324歩 5.59km 94分 438.9kcal 11.3g

ラジ

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業をいくつか。いつもお買い上げありがとうございます。

結局2週交換会へ行ってないので、大市会での落札品の整理を急ぐ。なんとしても来週は行きたい。

仕事をしながらラジオ。聴いているような聴いていないような。平日と休日でプログラムに違いがあるのは、やはり仕事をしながらなのかそうでないのか、を考えているからだろう。でも、案外土日休みじゃない人もいるよねぇ。
結局、ガッツリと聴く内容すぎても仕事の手が止まってしまうので、半分以上聴き流せる内容がちょうどよかったりする。選曲は聴く聴かないを選ぶ要素としてやっぱり大きいかも。あまりにも知っている曲が流れると手が止まる(^^;。

店を閉めてからは録音しておいたラジオに切り替える。福山雅治さんの魂ラジにしたら市川猿之助さんがゲスト。ホントに学生時代の猿之助さんが福山さんのラジオを聴いていたのが交流のきっかけだったらしい。そーなんだ(!)。
ワタシが中学生になったころ、英語教材のテープを聴くため、という口実のもと、ラジカセを買ってもらったのがワタシのラジオ事始めだったなぁ。夜9時台のAMラジオに始まり、オールナイトニッポンも録音して聴いてた。当時のパーソナリティは今思えば豪華だった。高校受験前や大学受験前にもラジオは聴いていた。

今日もネットを使ってラジオを聴きながらオークション落札品のメール書きを続けた。結局、30年前とやってることはあんまり変わってないのかな・・・(^^;。
573歩 0.34km 6分 27.7kcal 0.5g

弥生

という名の会計ソフトを買ったわけで。

朝から曇空。今日から3月。早速暖かい。花粉とかあるからいろいろと想いはあると思うけど、ワタシは春が一番好きだ。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。今日は大量。お昼すぎまでかかった。今週は交換会に行かない(行けない)週のため、おとなしく仕事する1日。

ツイートして本の整理開始。こちらははかどらず(^^;。

夕方になって雨が降りだした。夕食の頃にはザーザーと。こういう雨の音を聞くのはひさしぶりだな。

仕事を終えてから、昨日借りてきたDVDでタランティーノ監督の「キル・ビル」1を観た。「桐島」の劇中で前田くんがタランティーノを連呼してたから見てみる気になった。でも、よく考えたらタランティーノって「パルプフィクション」くらいしか観てないんだよな・・・(^^;。

見始める。うわっ・・・(^^;。こういう映画かぁ。殺し屋から足を洗った女性が結婚式で元の組織に襲撃される。で、その復讐をする、というストーリー。
ただ冒頭から病院シーンまでにあった全体から漂う緊張感が、舞台が沖縄に移ったあたりからいきなり変化する。千葉真一さんが出てきて日本刀を造ることになっていたり、復讐のための武器が日本刀に決められていたり(?)。それとなんで”日本刀”で沖縄なの?
その後、舞台は東京に移る。って東京のはずなんだけど、もちろんこんな東京はない。ロケ地はお台場とレインボーブリッジ、新宿。日本刀を使った殺陣はそれなりに迫力はあるんだけど、全体的に”変”な感じになるわけ。ワイヤーアクションとか使ってカンフーが入っているし(^^;。アメリカ人が描く日本っていつも”変”だねぇ。
アクションは”大量”の斬られ役が出てきたり、用心棒としてセーラー服姿の栗山千明さんがゴーゴーボールをぶん回してウマ・サーマンをぶっ飛ばしたりするんだけど、手足が飛んで血が吹き出すシーン多め。アクションばっかり見せられてもストーリーがペラッペラではさすがにツライ。まあ、日本人が観て面白いと思う映画には作ってないんだろうね、キッと。
エンディング・テーマが梶芽衣子さん。そこでハタと気がつく。そうか。これがタランティーノ監督作品なんだ、って。
464歩 0.27km 4分 21.9kcal 0.0g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。