買取

火曜日は店舗定休日。仕事は休まない。ややこしい(^^;?

店を開ける≠仕事をする ってことになって随分経つ。本屋としての営業から店舗という形態が必然ではなくなって10年以上経った。もちろんワタシの感触にすぎない話だが。
それまでは年中無休で店舗を開けていた。今は開けない方が省エネにもなるしなぁ・・・(^^;。

店を閉めておくと気持ちが楽。仕事もスムーズに進む。荷造り作業を終えてからツイートとニュースの編集とメルマガ。終えてから昼飯。食べ終えてからご近所まで買取に出かけた。

評価のうえ、買い取らせていただいた。ありがとうございました。
それこそ10年前なら買い取れた本がたくさんあった。今は残念ながら難しい・・・。
ご近所だったし、二本口で収まったので両手でぶら下げて店まで。持っているうちに両手がだるくなった。指を圧迫して血流が滞っていたかららしい。そうか、軍手を使えばいいや。幾分やわらいだ。

発送荷物を送り出し、本の整理開始。仕事をしながら今日も録音しておいたラジオ番組を次々聴いていく。ロケショーは昨夜聴き終わっていたので、今日は福山雅治さんのラジオを二週間分。伊東のストリップ小屋の話がすごかった。木更津キャッツアイかと思った(^^;。ま。森下愛子さんなら何も問題ないけどね。
にち10聴いてから夜電波。テーブルにドンと置かれる波立つスープと土下座店長の話。シュールなカフェ風景。
エージングを兼ねて今日も大音量。よく鳴る。曲がかかるたびにイイ音でハッとする。

夕食を食べながらビブリア古書堂。宮沢賢治の『春と修羅』のお話。面白かった。古書会館で7月に開催される入札会でたまに出品されることがあり、今年はこうして話題になれば出てくるかも・・・?
1311歩 0.78km 11分 69.5kcal 1.4g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2013年2月 5日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「均一」です。

次のブログ記事は「買取」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。