定休

快晴。

今日は定休日なのでシャッターを閉めたまま仕事を始める。
荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

お昼ごろに荷物が到着する。発注しておいたスピーカーのエンクロージャー・キットだった。先日の自作スピーカーが良かったので、エンクロージャー(スピーカーの”箱”のことを指す)を変えてみたらまた違った響きになるんじゃないか、と思い、ヤフオクに出品されていたキットをついポチッとした。
オプションでバッファ径の変更とターミナルの穴あけ、ターミナルとスピーカーコード、吸音材のセットも同時発注。これは便利。早速開梱して組立て始める。こりゃ木工用ボンドがものすごい量減りそうだ・・・。
ダボなどはないため、一つ一つパーツを貼りあわせ、そのたびに重石を載せて慎重に圧着する。最初は快調だったが、途中で板の組み合わせ的に2回ほど大変な箇所があって、下駄を履かせて位置をキープさせたりしてちょっと苦労した。油断すると歪んだりずれたりしたまま接着されてしまう。
丁寧な説明書や原寸大の設計図もつけてもらっていたので、時間はかかるものの組立てができないということにはならない。ただ、多少の工夫は必要だった。
貼りあわせた箇所が乾くのに小一時間かかるので、その合間に店の仕事を進める。どうにか今日中に組み上げたい。
箱の内側の天井と壁一面残して吸音材を切って貼り付ける。ニードルフェルトというらしい。布団の中身のような素材。半分使ったがあと半分が残った。ほかに使い道がないなぁ・・・(^^;。
最後の板(8枚目)を貼り付けて圧着態勢。2つを重ねてその上に本を積み上げた。で、夕食。

あとの作業は仕事を終えてから。本当は2,3日十分接着剤を乾燥させてからの方がいいらしいんだけど、スピーカーユニットを装着してみた。スピーカーコードにはファストン端子を別に買って付けた。
で、真空管アンプに接続。せっかくだから最初はカルロス・クライバーのベートーヴェンを選曲。鳴り出した。うぉっ。誰にでもわかるほど低音が強化されている。やっぱり箱が大きいと低音がよく響くようになるみたいだ。かなり音に迫力が増した。やっぱりいいスピーカーを使うと音がぜんぜん変わるんだねぇ。

今日が期限のDVDを返しに行ってきた。目の前をスーッと横滑りしていく人が居てドキッとしたら、スケボーくんだった(^^;。
1391歩 0.83km 13分 68.2kcal 1.7g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2013年1月29日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「住基」です。

次のブログ記事は「対応」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。