写真

月曜日。いつもとちょっと違う。

昨日、仕事用に買ったコンデジが1日遅れで到着した。早速セットアップして今日から仕事に就いてもらった。いままで使っていたリコーのR4はお役御免。お疲れ様。

実は、仕事用にわざわざコンデジを新調するのははじめて。今まではワタシが普段持ち用に使うデジカメを買うたびにお下がりとして今までのものを仕事用に使うことにしていた。
今、オヤジたちが出かけるときに持ち出すコンデジは同じCASIO製。なんでも「その3倍の値段したんだけどね」とのこと。おそらく、この3倍の価格がする機種でもその1/3で買える機種でも、撮像素子のサイズが同じなら上がってくる絵はそれほど変わらないんじゃなかろうか。

新たにデジカメを買うとき「新機能」に目が行きがちかもしれないが、もうワタシには「新機能」がほとんど使わない機能であることに気がついてしまい、その売り文句には反応できなくなってしまった。今なら心くすぐられるのは特殊な撮像素子を使っているSIGMA社の新製品くらい。画素数の多さにもあまり反応できなくなった。そりゃ多ければ多いほど高画質なんだろうけど、その分だけ写真1枚あたりのメモリ消費が大きくなってしまう。ある程度以上の高画質は保存しておくHDDの数が増えるだけって話になる。つまりオーバースペック。

今回導入したカメラも汎用型なので、取り立てて特別なことをやらせなければ取説を全く読まなくても操作はかんたんにできる。ところが、主に使う母親はあれもわからないこれもわからないと困っている様子(^^;。機械に弱いのかカメラによわいのか。それとも年齢に起因するものなのか、世代的なものなのか。あれだけ毎日コンデジを仕事で使っていても全く慣れてないところが逆にすごい。それは他にも、結婚して44年以上本屋として本に関わっていながら、「本」そのものに関する知識を全く持っていないことにも通じる。商売についてはプロだが、本に関してはほとんど素人同然。ワタシにしてみれば驚異としか言いようがないが、ご本人はそれでいいのよとケロリとしている。女性ってたくましいよね。

仕事を終えてから、先日来観ているインディ・ジョーンズのDVD。じつは10年前にDVD−BOXが出た時に買ったもの。観るのも10年ぶりだ(^^;。当時は面白いと思って観ていたけど、今だとだいぶアレだな、と思うようになった。よくここまで実写アクション映画をマンガっぽい展開にしているものだ、と思う。
ワタシもそれなりの年齢になってしまったってことだろうか・・・。

外は雨の様子。雪にならないことを願う。
442歩 0.26km 4分 21.4kcal 0.0g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2013年1月21日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「青空」です。

次のブログ記事は「初音」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。