1日店

朝からくもり空。雨が降り始める。結構強い。夏も中休みか。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

夏休みもしばらく経ち、子どもたちも休んでいる。この間に何をするかで差はついてきそうだけど、何をしたらベストなのか、はワタシにもよくわからない(^^;。ただ、大学生はバイトをするのがいいと思うよ。学生だから勉強、ってのもわかるけど、バイトすることで学べることも多い。一番は金銭感覚かしら。いかにお金を稼ぐことが大変か、ってことが肌身で感じられるはず。これって実は貴重なこと。
ワタシも大学に入ってすぐのころは「勉強をする」ってことに妙な魅力と義務感を感じていたけど、途中からバイトに精を出すのが楽しくなった。良く言えば働くってことに目覚めたってなるか。悪く言えば勉強から逃げた(^^;。まあ、ちゃんと4年で卒業したんだから逃げたことにはならないけどね。
でも、立派な社会人になるために勉強しているんだとしたら、最後は働いてお金を得ることにつなげて行かなきゃならない。今風に言えばマネタイズ。その基礎中の基礎な金銭感覚をワタシは学生時代のバイトで得たつもりでいる。夏休みは社会人になるための勉強をバイトでしようゼ。おカネももらえるんだよ♪

昨日のコンサート。開演までの待ち時間の間、イベントスペースでストリートダンスのコンテストが開かれていた。ダンスチームが次々と出てきて得意のダンスを披露する。みんな衣装も凝っていて、動きもキッチリあわせてなかなかのもの。・・・でワタシが気になったのはダンスのことじゃなくて、ダンスをするために流れていた音楽。でかいスピーカーからビート中心の音がドッドッドッと低音を響かせていたのだけど、そのドッドッドッ音が変に神経を刺激してその場所にいたたまれなくなってしまった。サンプリングされた音だろうか。でも電気的にでかい音になるまで増幅されていたはず。あの人工的な感じが身体になじまなかった。
その直後。コンサートで鳴り響いてた銅鑼や大太鼓の爆音を聴いてもそういう気分になることはない。生音の刺激と電気的に増幅されたアタック音。同じ「音」でも身体は別なものとして反応するみたいだった。もはやDJ機材を「楽器」として評価するのが今風のようだけど、やっぱり厳然と違いはあるって思っている。

昼間は結構長いこと雨が降っていた。
8289歩 4.97km 71分 431.5kcal 17.4g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2012年8月 6日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏休みコンサート」です。

次のブログ記事は「定休日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。