1日店

曇空。

朝飯を食べて仕事開始。月曜日なので荷造り作業がいつもより少しだけ多め。お買い上げありがとうございます。

娘は今日から中間テスト。お昼過ぎに帰ってきた。昼飯を食べながら清盛を見る。保元の乱の後始末。権力やら政治やらの話。肉親を斬るという事態に追い込まれて清盛と義朝で違いを描いていた。斬った方に未来がある、というストーリーか。厳しいねぇ。
そりゃストーリーはわかりにくいかもしれないけど、この世界を見ていたいという気持ちにはならないのかしら。出てくる人みんな熱演してると思うがなぁ。

午後も荷造り作業。終えてから本の整理。全集がいくつか入荷したので、その出品など。

夕食をたべながららららを見る。ギュンター・ヴァントのベートーヴェン5番を全曲フルで。まるでN饗アワーが帰ってきたかのような構成だった。何年の録画だろう。そういう表示はなかったのだが、音の聞こえ方に広がりを感じられなかった。おそらく録音の方法がいまと違うのが原因だろう。演奏がどうのと言ってるわけじゃないので、念のため。
やっぱり交響曲を全曲通しで聴かせてもらえるのはイイ。この時間帯の番組はN饗アワーが終わってから演奏を細切れにしてしまう構成を取り、それはそれでいろいろな音楽に触れられるという良い点もあるとはいえ、作曲家・演奏家の意図を音楽そのものから受け取ることができないようになっていた。こうして全楽章の演奏を聴かせてもらわなければ「ギュンター・ヴァントは作曲者重視で演奏している」と解説されても全く納得出来ないところだった。
全部、とは言わないが、たまには全曲通しの演奏も聴かせてほしい。

仕事を終えてから、借りてきたDVDで「まほろ駅前多田便利軒」を見た。瑛太・松田龍平主演。まほろ駅って町田なのね。東京なのに川崎に突き刺さってるって言ってた。たしかにそうだ。
便利屋さん。いろんな人が出てくる。うちの前を通ってるバスが間引き運転してないか確かめてくれ、という人。チワワを預かってくれ、という人。その二つがからみ合って、便利屋さんは中学生の頃の友人と再会する。
まあ、なんていうか。ありそうでなさそうなお話。いろんな境遇を背負った人が出てくるが、主役二人の背負っている過去が実は誰よりも重かったりして、なるほど、そういう重力で話が回っているんだな、と。
それぞれ違いはあるけれど、それぞれがそれぞれに何かを背負って生きている。そんな映画。
794歩 0.47km 8分 37.2kcal 0.7g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2012年6月11日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「散歩」です。

次のブログ記事は「定休日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。