金環日食の日

朝は6時に目が覚めた。

起きて外の様子を見てみる。うーん。曇空だね・・・。
今日はいよいよ金環日食の当日。娘の通う中学校の校庭で日食観察会が開かれることになっていた。
「朝7時に集合してください」と書いてあったので、ワタシと女房は朝飯を後回しにし、娘と息子のみに食べさせる。
雨の降る中6時45分頃に出発。ワタシの母校でもあるので、それこそ30年前にはこの道を毎日通ったものだ・・・。

通勤する人の駅に向かう流れに逆らい進む。学校が近づくに連れて、観察会に参加する様子の親子連れが増えてきた。久しぶりに母校の校庭に立つ。すでに結構人は集まっていて、皆それぞれ太陽グラスを持って太陽の方向へ顔を向けていた。時折雲間から欠け始めた太陽が覗くとそのたびにドヨっと低周波な歓声が上がる。ウチも女房が用意してくれた太陽グラスを取り出した。

金環食の時間までは30分ほどあった。徐々にながらも確実に太陽は欠けていく。雲は常に流れていて、その厚さは薄くなったり厚くなったり。でも雨はいつの間にか上がっていた。
息子は後から遅れて来たが、ちょうど金環食の始まる時間ギリギリだった。最大食になった頃、今まで太陽を覆っていた大きな雲がサーッと動き、月に隠れてリング状になった太陽が姿を現した(!)。オオーッと歓声が上がる。むしろピーカンの空よりも空に凹凸が出来てよりドラマチックになったんじゃないだろうか。太陽が輪っかになるという現実とは思えない光景が眼前に広がった。およそ4分ほどで金環状態は終了し、再び太陽は元の姿に戻り始めた。

いやあ、いいものを見せてもらった。パブリック・ビューイングのようで来てよかったな、と思った。

娘はそのまま学校。今週はずっと体育祭の準備期間になるらしい。息子は大学へ向かった。

ワタシと女房は店に戻り朝飯を食べる。急に眠くなり始めた(^^;。釣りに行って早起きした時も、だいたい眠くなるのは9時くらいなのよね。でも、ここは丹沢の釣り場じゃないし、亀山湖のボートの上でもない(^^;。

非現実的な光景を見た後に日常へとスイッチするのがこんなにタイヘンだったとは・・・。
12626歩 7.57km 108分 672.2kcal 23.0g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2012年5月21日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「横浜散歩」です。

次のブログ記事は「臨時営業」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。