城ヶ島

朝は7時前に目が覚めた。 8時過ぎに出かける。今日はいつもの3人で城ヶ島までドライブ。第三京浜、横浜新道、横横道路。途中、横須賀PAで一度休憩を入れて、衣笠ICから三浦縦貫道路。城ヶ島到着は9時半少し前。 駐車場が有料になっていて、そのためか空いていた。いつもの商店街を抜けて城ヶ島灯台の方向へ。京急ホテルの前の岩場でしばらく散策。娘はこういう凸凹した場所が大好きみたいだ。西の空にぽっかりと富士山が浮かんでいた。 岩場の潮だまりには小さい魚が居て、中には河豚がピロピロと泳いでいたりする。ありゃいざとなればちゃんと逃げられるのかしら。たくさんの釣り人がいるけど、見ている間に釣り上げた人は見つけられなかった。 近くにシーカヤックに釣り船やわかめ漁の船。遠くタンカーの手前に、あれば潜水艦じゃないの?双眼鏡を取り出して確認したら、やっぱりそうだった。壮観だねぇ。 昼飯は京急ホテルの食堂。ワタシはサザエのつぼ焼き定食を食べた。娘は未だに刺身が苦手で「チャーハンがいい」そうだ。ま。別にそれでいいなら。 食べ終わってから城ヶ島灯台を見物してから、再び岩場を歩いて馬の背洞門を目指す。途中、右手に岩場、左手に草の山の風景が続く。その先に馬の背洞門があった。柔らかい地層を海の流れが削り、自然が創りだした大きな穴だ。向こう側をゆっくりタンカーが通過していく。 そこから急に階段を上がり、ちょっとした山道をしばらく歩く。その先はうみう生息地を見学するために遊歩道が整備されていた。断崖絶壁が続く。 女房と娘は疲れたというので、城ヶ島公園のベンチで休んでもらい、ワタシだけ公園の先にある燈台を見学しに歩いた。安房埼灯台という無人燈台だが、このデザインがしゅっとしてロケットみたいにかっこいい。磯の岩場の荒々しい風景の先にヌッと建っているので、ミスマッチというか、シュールというか。 写真を撮りまくってから公園の入り口へ戻った。 駐車場へ戻る道すがら、白秋の詩碑を見学。ドーンと建った碑の向こう側に城ヶ島大橋が横切っている。なかなかいい風景。たしか教科書にも載っていたはず。 おみやげにカマスとアジと金目鯛のひものを買ったらおまけに三浦キャベツをいただいた。「今スーパーで1個300円もするから助かる!」と女房は大喜び。駐車券までもらって助かっちゃった。 帰り道は横横道路までが結構渋滞していたが、高速はガラガラ。横須賀PAでコーヒールンバのコーヒーを飲んで、海軍カレーパンをおやつで食べて帰宅。 12402歩 7.44km 122分 596.0kcal 15.7g 20120513.jpg

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2012年5月13日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1日店」です。

次のブログ記事は「1日店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。