鎌倉

快晴。ひさしぶりなんじゃなかろうか。

息子は寝坊。娘は朝からクラブ活動で学校へ。荷造り作業をひと通り終えてから女房と二人で久しぶりに出かけることにした。冬のあいだは「寒い」という理由で出かけることを渋っていた女房もようやく暖かくなって出る気になってくれた。

娘の弁当を作ったついでにワタシたちの分も弁当を用意してくれた。お昼前に出て東横線を横浜方面へ。これまたひさしぶりの鎌倉散歩をしようと思い。
別にどこを歩いてもいいと思っている。天園ハイキングもいいなぁ、なんて思ってもいた。でも、雨のあとだし、あまりそういう場所へ行くのも、と女房に意見されていた。北鎌倉駅を降りて建長寺方面へただただ歩いて行く。もうすぐモクレンも咲くらしい。ミツマタが満開だったり、遅咲きの梅がまだ咲いていたり。空はいつの間にか曇り、ポチポチと雨が落ちてきた。なんで?
亀ヶ谷坂を上がって降りて。横須賀線の架道橋をくぐったら化粧坂。ここは雨水も滴る結構滑りそうな岩がむき出しになっている。「ほら、雨のあとはこんな感じになってて歩きにくいよっていったじゃーん」と女房。たしかにそのとーり。
地層が斜めに傾いてむき出しに。よく見ると足元の層には細かく砕かれた貝の破片が。このあたりは大昔海だったんだよ、って言説は実はほとんど日本中で言える話なんじゃなかろうか・・・(^^;。

源氏山公園で弁当を食べることにした。案外ベンチなどがなくて、随分と階段を登らされた先の広場にあった。子ども会?と思われる団体さんが楽しそうにドッジボール大会をしている横で弁当を広げた。食べながらドッジボールの様子を眺めた。ああ。もうワタシらはあの年代を卒業しかかっている・・・。ウチの子供たちにも幼稚園生やら小学生の頃が確かにあった。けど、もうその時期もこうして過ぎようとしている。長いようで過ごしてしまえばあっという間。こと時間に関する感覚の不確かさたるや、もはやどうしようもない。

銭洗弁天へ。境内を一回り。休憩所が新設されていた。「お金から不浄を取り除くために洗う」のが銭洗の趣旨らしい。それって、マネー・ロン・・・ちょっとちがうよね(^^;。
鎌倉観光の拠点の一つなので大勢の観光客。茶店で甘酒を飲んだ。おいしかった。

佐助隧道を抜けて御成町。踏切を渡って小町通りへ。うわ。なんだこの混雑は・・・。まるで原宿竹下通りか浅草仲見世か。並ぶ商店街もいつの間にかどんどん観光地のそれらしいお店ばかりになって、かつてこの商店街に存在していた生活感はほとんど消えていた。なんていうかな。情報化が進んで観光地はより観光地らしく変貌していくのだろうね。とはいえ、この先さらに観光地としての先鋭化が進んだとしたら、この商店街は一体どんな通りになってしまうんだろう・・・。「鎌倉らしさ」って何だろう?

小町通りの雑踏に脱力させられたまま八幡宮へ。ぼたんが見頃らしい。舞殿では舞が披露されていた。銀杏はこれから葉が出てくるんだろうか。復活して欲しいものだ。

若宮大路の途中にある天然酵母のパン屋さんでパンを買い、娘のリクエストだった鳩サブレをお土産に買ってから鎌倉駅へ。お疲れ様。横須賀線に乗った。それにしても、鎌倉駅も横浜駅も人がいっぱいだねぇ・・・。

店に戻って仕事の続き。ビデオ屋さんが半額セールだったので、ジョン・カーペンター監督の「遊星からの物体X」を借りてきて見た。これは文句なく名作。
12684歩 7.60km 125分 595.5kcal 15.6g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2012年3月25日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1日店」です。

次のブログ記事は「1日店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。