1日店

朝起きて新聞を開く。昨日各地で行われた震災関係の出来事が掲載されていた。

でも、そういう雰囲気はここまで。昨日まであれだけラジオから流れていた震災関連のお話は消えていた。なんだか不思議な気持ち。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。今日はおかげ様で量も嵩も充分に発送。棚がすこしだけすいた。

今回の愛書会展では会場の棚を増やす、とオヤジ。先日来交換会へ行ってはせっせと買ってきた本を売るためだという。それはそれで結構な取り組みだと思うけど・・・。まあ、結果待ちといったところ。棚を増やせばそれだけ売れるという単純な時代じゃない、とワタシは思っているので。もちろん、棚を増やせば棚賃が増えるし、運送代も増える。その諸経費との兼ね合いを見つめないと。
・・・なんか、夢のない話だなぁ(^^;。

自分で買ってきた本は自分で仕事をかけて売るというのがウチの原則。いや、これは商売上大事なことじゃないかしら。自分で売る値段を念頭に交換会で入札をするわけだから、買った値段以上で売らないと、これは商売じゃなくなってしまう。一生勉強とは言うけど、ある程度は勉強よりも儲けが出ないといけない。次の仕入れができなくなるから。儲けが出ないと続かない。続けないと勉強さえできなくなる。

買うのはそれほど難しくない。売るのが難しい。今はそういう時代。だから、オヤジには「今」本を売ることの難しさを知ってもらいたい。その経験を入札に反映させて欲しい。「この本は昔高かったんだよ」というセリフはもう聞きたくない。その本の「今」を見てあげて!
大市会に行っては下札で大買いしてくる比較的高額な本(ウチとしては)のほとんどが売れていない。それは単純に高く入れ過ぎてるってことなのよ。

だから、オヤジの買った本をワタシが売ってあげないことにしているんだけど、母親が意地悪するなって怒るんだよね・・・(^^;。これでワタシがオヤジの本を売ってあげたらますます(昔の相場で)買ってきちゃうじゃないの!

仕事を終えてからランニング。こういう時は走るに限る。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2012年3月12日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「節目」です。

次のブログ記事は「定休日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。