朝から雨。

あれから1年経った。日付の上ではあと2日あるというが、忘れもしないあの日は金曜日だった。日付よりも曜日で動いている今の生活の感覚から言ったら、今日で1年経ったと勝手に思っている。

別に、だから、というわけでもないが、今年の今日も交換会には行かず、店で仕事をしていた。去年の今日も店で仕事をしていたら大きく揺れた。揺れの最中に停電したから、TVもネットも見ることができず、ラジオしか聞いて居なかった。ラジオではその時に何を放送していただろう。あまり覚えていない。
とりあえず懐中電灯の電池を調達しに走ったことと、夕食の弁当を買いに行ったことは覚えている。停電は6時間ほど続き、22時近くになってようやく回復した。

あの日からしばらくは大小の揺れが頻発し、震度4くらいの揺れでは驚かなくなっていたが、そういう状況はいつの間にか過ぎ、現在は震度1とか2でも揺れるとビックリするようになった。大きく揺れる地震の起こる頻度は明らかに減少しているが、あれから1年ということもあってか、報道によってむしろ大きな地震が”これから起こりそうな予感”だけが増幅されている気がする。
1年経つ、という節目だからある程度しかたないような気がするけど、M9もの世界史上でも稀な地震の予知ができなかったのに、東京湾北部地震が起こることは正確に予想できるのかしら。よくわからない。
結局はその時が来るまでよくわからないまま、結果だけは引き受けなければならないことになるようだ・・・。
こんなことを書いていたら、茨城県北部で大きな地震あり。余震なのか予震なのか。

荷造り作業と本の整理で1日過ぎた。

雨の日セールということだったので、ビデオ屋さんで借りてきた「カプリコン・1」を見た。名前だけは知っていたけど、見てなかったんだね。NASAの協力を得て撮影したんだけど、途中から協力を拒否されたいわくつきの映画。有人火星探査に出発する宇宙飛行士たちを打ち上げ直前にロケットから引きずりおろして隔離し、使っていない陸軍基地に用意されたセットで火星着陸後の様子を撮影するというお話。噂には聞いていたが、なるほど、こりゃすごいね。
お話はそれだけで終わらない。無人のまま火星までグルッと回ってきた着陸船が地球帰還の再突入に失敗して炎上してしまった。地上に居る宇宙飛行士の運命は・・・。
途中から少し停滞するものの、全体としては面白かった。ラストもなかなかよかった。
667歩 0.40km 6分 34.2kcal 0.8g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2012年3月 9日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「天気がよくない」です。

次のブログ記事は「1日店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。