中目黒から渋谷まで散歩

晴れ。風が強くて寒い。

今日は寒くて出たくないという女房を置いて、「途中ブに寄るという条件付き」ながらワタシと娘で散歩に出かけた。中目黒駅下車。昼過ぎだったので、何食べる?と娘に聞いてみると、「え?かんたんなものでいいよ。牛丼とか」と言ったので、駅前の牛丼屋さんに入った。たまたまセール中。二人で並盛を食べて卵と味噌汁を頼んでも1000円でお釣りがくる。店内は結構混んでいた。

さて、ブに寄るかい?と娘に聞いてみたら、「寄らなくていいよ。渋谷で行くんなら」という返事。どうやらせっかく入ったらちょっと長めに本を選びたいらしかった。了解。すぐに目黒川沿いの道へ向かう。
人通りは多いような少ないような。こんな寒い日の割には多いのかもしれない。いまや目黒川沿いのこのあたりは代官山のようなハイセンスなお店が集まっている界隈になった。西郷山公園に向かう途中に1軒古本屋さんがあった。やっぱりおしゃれにしてるなぁ・・・。

坂を上がって西郷山公園到着。台地の際。ここからズドーンと目黒川で削られている状態。眺めがイイ。
旧山手通りを渡ると王様のレストラン。外壁が塗り直されてキレイになっていた。その先には話題の蔦屋書店があった。写真で見ると一つの建物だけのように紹介されていたが、実際にはもっと規模が大きかった。サラっと見学させてもらった。長居はしなかった。芸術・趣味・美術関係の棚が異常に充実している。特筆すべきは古本が「Vintage」商品として新本と混ぜて棚に挿してあること。つけてある値段は、まあ、商売上のことなのでノーコメントとしますけど(^^;。
お店の規模と立地。外観そして内装。こだわりの棚に品揃え。店内に漂う高級感と落ち着き。どれを取ってもおしゃれな本屋さんの理想形だと思う。通常の開架式書店でこれ以上の正解を「実現する」ことはもう不可能じゃないかしら。
究極と思える本屋が現実にできた、と直感的に思った。としても、このお店でも満足しない、というお方はいらっしゃるのかもしれない。でも、それはもうないものねだりの領域に入っているんじゃないかなぁ・・・。いや、意見には個人差があるとは思うけどね(^^;。

代官山駅から坂を降りて東横線のガードをくぐり、山手線の線路際を歩いて渋谷駅。晴れているのに風が強くてずっと寒かった。渋谷駅のそばまで近寄らないとお店がほとんどないってのも夜とか怖いだろうなぁ。

東急百貨店。もうすぐ大規模再開発が始まるらしい。一度屋上風景を見ておきたくて上った。ここはワタシが小さい頃からプレイランドになっていて、子どもたちも連れてきて遊ばせた思い出の場所だ。子どもはふたりとも大きくなり、もうこういう場所で遊ぶこともなくなった。そんな色あせた感覚で眺めてみることになったが、今でもここで小さい子たちが遊んでいる姿を見ることができる。
娘がリクエストしたHOTはちみつレモンと缶コーヒーを買って飲んだ。

センター街を歩いてブを目指す。途中、デモの列に遭遇した。時代はどんどん動いているなぁ・・・。
13061歩 7.83km 125分 628.5kcal 17.0g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2012年1月29日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1日店」です。

次のブログ記事は「ほぼ1日店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。