1日店

快晴なので布団を干す。

昨夜遅くまでYouTubeで見ていたYMOの映像。やっぱり面白かったわけだけど、1979年にLAで演奏したライブ映像に付いていたコメントも面白かった。それは「テクノっていうけど、めっちゃ職人技じゃないか!」というもの。
よく「新しくなきゃダメ」とは聞くが、新しいって一体なんだろう?と思う。自分の可視範囲内で(限定的に)経験していない新たな事柄に触れるのを”新しい”と云うのであれば、自分が生まれる前に起こった事柄に触れたときには”古い”と感想を言わないとイケナイのかしら?
今やミュージシャンは機器の発達によってレコードを回すことでも成立するらしい。もちろんそんな簡単なことじゃないにしても、昨日見たYMOのライブでの細野さんのベースも坂本龍一さんのキーボードも高橋幸宏さんの軽快でタイトなドラムも、まさに職人技と云うにふさわしいプレイで素晴らしかった。現代のミュージシャンはYMOのライブを”古い”と切り捨てることができるのだろうか。
”古い=ダメ”というニュアンスはどーなんだろうね、と思う。

さっき夕食の時に見ていた古代遺跡を紹介する3時間スペシャルのTV。これなんて3時間も”古い話”ばっかりしてるわけで・・・(^^;。まあ、どれだけの人が見てるのかって問題はあるけど、でも、エジプトのピラミッドが”古い”から”ダメ”って話にはならない。古さもあれだけ古くなれば逆に新しい。古い遺跡を掘って”新発見”してるくらいなんだから。
先日菊地成孔さんのラジオで近田春夫さんが”フレッシュ”至上の話をしていたけど、とてもパーソナルな価値観でのみ成立する話だな、と感じた。新しいか古いかで良し悪しの判断はやっぱりできない。「新しい方が好き」って話なら別にかまわないが。

もちろん、音楽も最終的には好きか嫌いか、の判断。今のYMOも枯れた感じがイイけど、やっぱり’79のライブで魅せた弾けるくらいイキオイのある演奏の方がワタシは好きだな・・・。

さて、これから昨日借りてきたDVDで「ソーシャル・ネットワーク」を見てみますか・・・。うぉっ。監督はデビッド・フィンチャーなんだね。
403歩 0.24km 4分 19.2kcal 0.4g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2012年1月 5日 23:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日から」です。

次のブログ記事は「今日も1日店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。