坂の上

快晴。

朝飯を食べながら「坂の上の雲」を見始める。昼飯の時と2回に分けて見た。旅順要塞攻略戦は続いていた。要塞の正面を突撃の繰り返しで突破しようとする日本軍は消耗していった。要塞の背後にある203高地を占領すれば頂上から旅順港が丸見えとなって正確な砲撃が可能になる。そういう”正解”はかなり前からあった。ところが参謀長が正面突破にこだわった。基本的に司令官は参謀長の立案した作戦に承認を与えるだけで、軍の統率が仕事。とうとう攻撃目標が203高地に変更されたが、突撃戦は変わらなかった。消耗は続いていた。
実は日露戦における陸軍の主戦場は満州だった。大軍が満州平野でロシア軍と対峙している。バルチック艦隊が回航を始めたことで旅順攻略のリミットが切られた。児玉源太郎が動いた。
このくだりは原作でも一つのハイライトになっており、読んでいていつも力の入る箇所だ。満州から鉄道で移動した児玉源太郎は乃木希典司令官と旅順で会談し、司令権を預かった。児玉源太郎が大きな作戦変更の命令を下す。中でも203高地占領のために28サンチ榴弾砲による援護射撃を実施する旨。これが一番大きかった。近代戦は火力の勝負だった。作戦変更によって一気に戦況は動き、203高地占領・旅順港砲撃・旅順艦隊撃沈、と描写が続いた。
すでに勝てる要素はそこにすべて揃っていた。順序と使い方の問題だった。その正しい使い方を決めるプロセスがそれまでなかった。ここでは児玉源太郎が一人でやってのけたことになっている。なんということ!
専門家の合議で決まる方法が必ずしも正解とは限らない、ということの見本のようなエピソードだと思った。「わしゃ砲撃に関しては素人じゃが」と児玉源太郎は言った。素人だからこそ、28サンチ榴弾砲の使い方について専門家とは違う(新しい?)使い方に気がついた。
道具はかならずしも新発明である必要はない。新しい使い方を思いつくのであれば、ネ。

このドラマもいよいよ終盤にさしかかったが、ロシア側の描写が極端に少なくなったと思う。それこそ、なぜロシアは日本と戦争をしているのか、も、なんとなくボヤあっとしている気がする(^^;。
原作ではバルチック艦隊の大航海もひとつのドラマとしてキッチリ描いてある。ここで日英同盟が日本側に有利に働いていた。一つは英国炭の件。煙の少ない英国炭を使うと海戦の際敵の視認が遅れるために有利となる。ロシアは英国炭が使えないため、仕方なく質の悪い泥炭を使用したので黒々とした煙が上がった。もう一つは、世界一の海軍力を持つ英国のニラミが効いてバルチック艦隊は寄港する回数が大幅に減らされることになった。思うように補給ができないことで艦隊の士気は上がらなかった。
・・・このあたりは来週描写するのかしら?

ドラマを見ていて女房。28サンチ砲による攻撃が始まった時、要塞の中で司令官以下作戦会議に参加している人が「砲撃されてる一大事なのに、あんなにズラッと座っていて慌てて出ていったのが一人だけってどういうこと?」と言った。ロシア側の描写が断片しか描かれず圧倒的に足りないということ。

発送件数の多い月曜日。昼飯をまたいで15時ころまで荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。その後、本の整理。なかなか進まず。

夕食を食べながら「南極大陸」。お話が進まない(気がする)。犬たちが演技しているように見えるけど、撮影にものすごく時間をかけたのだろうか。

仕事を終えてランニング。ひさしぶりに長原まで。
11140歩 6.68km 87分 639.0kcal 26.4g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2011年12月12日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「六本木」です。

次のブログ記事は「定休日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。