谷中散歩

晴れ。

荷造り作業を終えて昼過ぎに出かける。上野駅下車。公園口から出て混雑する動物園入口横にある手作りピザのお店で昼飯。パン生地でなかなか美味。銀杏が黄葉していて見頃。桜はほとんど散っていた。中央の噴水周辺は工事のために囲われていて入れない。都美術館は来年まで閉館中。なんだか”可動域”がずいぶん減っているような印象だ。公園を抜けて芸大の前を通過し上野桜木。吉田屋本店の前、カバヤコーヒーは繁盛していた。
岡埜栄泉、愛玉子を通過し、スカイ・ザ・バスハウスの角を曲ってお寺街へ。急に空が開ける。都会の真ん中と思えない。これが谷中マジック。ヒマラヤ杉のY字路から先へ行くと大名時計博物館と根津への下り坂。坂の途中には猫のお店。へび道を歩くと三崎坂に千代紙のいせ辰。芋甚で昭和焼きを食べて、根津駅まで路地伝いに歩いて行く。ずいぶんと街並みも変わった気がする。郵便受けにデビルマン。曙ハウスはコインパーキングになっていた。

さすがに娘もいろいろと目が開けてきたようで、へび道にも興味があるようだった。高低差のない川は迷って蛇行するらしい。たしかに藍染川。川は現在暗渠になって山側が台東区谷中、道(藍染川)を挟んで反対側が文京区千駄木。「あー、めっちゃクネクネしてるね」と娘。
今回は時間がなくて都内唯一富士山が見える富士見坂は行けなかった。
昭和焼きは表面がカリッとキレイに焼けていて美味。店内にはたくさんのお客さんが入っていた。
路地が多くて坂道が多い。娘はこういう場所が好きなようだったが、宿題をやる時間がほしいから「早く帰りたい」と言い出した(^^;。まあ、中学生だと親と一緒の散歩たってそろそろ限界かもねぇ・・・。

行き帰りの車中では「梟の城」の続きを読み続ける。もう物語は後半に入っているが、まだワタシの中では盛り上がってない・・・(^^;。

夕食を食べながら録画しておいた「生さだ」を見て、そのあとは半額セールで借りてきたDVDで「武士の家計簿」を見る。森田芳光監督。ちょっと堅すぎた。
7803歩 4.68km 77分 360.2kcal 9.2g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2011年11月27日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「寒くなった」です。

次のブログ記事は「ほぼ1日店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。