買取有り

くもり空。予報では今夜から天気が崩れてくるという。

朝飯を食べながら録画しておいた「深夜食堂」を見る。歌舞伎町ならではって話だった。よく「実家を継ぐ」から故郷に帰る、って話があるけど、それってどんな業種でも成り立つ話なのかしら。なんて思いながら見た。たとえば、ウチの家業は古本屋さんだけど、もしワタシが会社勤めをしていて急に母親から「おとーさんが!」って電話がかかってきたとして、明日から古本屋さんをやることにしました、ってことにはならない。
だれもがやりたい仕事は”仕事”にならない。だれもやりたくない(もしくはだれにもできない)仕事は”仕事”になる。そんな仕事観がワタシにはある。

早昼を食べてから買取りに出た。空はあいかわらずどんよりと曇っていたが雨は降らないみたいで助かった。もし明日だったら気が気じゃない気分だっただろう。
評価のうえ買い取らせていただいた。ありがとうございました。
店に戻って本を降ろし、駐車場にクルマを戻して仕事を再開。

荷造り作業は少なめだった。その分本の整理が進めばいいのだけど・・・。

仕事を終えてから昨日ビデオ屋さんで借りてきた「チャイナ・シンドローム」を見る。1978年公開作品。ジェーン・フォンダ主演、ジャック・レモン、マイケル・ダグラス。見るとね、30年前の映画に思えないよ。それはもちろん、今年が2011年だから。もし去年にこのタイトルが棚にあったとしても手に取らなかったと思う。それくらい”タイムリー”な映画。
1910歩 1.14km 17分 99.4kcal 2.6g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2011年11月10日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ほぼ1日店」です。

次のブログ記事は「1日雨」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。