愛書会展

晴れて良かった。今日は愛書会展初日。

荷造り作業は多め。昨日が祝日だったため。決済システムは動かしておいて欲しいのだが・・・。

昼過ぎに電車に乗って交換会へ向かう。車中では「燃えよ剣」の続き。史実がからむエピソードは極力淡白に描かれ、西郷隆盛も大久保一蔵も、坂本龍馬も触れてあるだけで物語に登場しない。あくまでも土方歳三の人間性を描くことに主題が置かれ、新選組のエピソードも時に添え物のような扱いになる。鉄腸な決心に裏打ちされた土方の行動がつづくなか、ふと沖田総司との会話がでてくると和んだりする。
伊東甲子太郎の加盟と分裂・対決。文庫本下巻に入り、幕府大政奉還。そろそろ鳥羽伏見の戦い。新選組は関東へ落ちていく。

入札を終えて昼飯。秋葉原まで散歩。定期的に行ってみることにしている。ここと渋谷駅周辺はワタシの定点観測場所。いままで電器屋さんが入ってダメだった場所がカフェになって集客に成功していた。ガンダムとAKBね。もはやモノを売る時代ではなくなっていることを実感する。

店に戻って荷造り作業の続き。延々終わらない。いつもありがとうございます。

終わったのは閉店時間。あとは明日だね。子供たちは留守だったので、女房と二人でマヤ文明TVを見ながら夕食。
荷造り作業の続きをしてたらオヤジが帰ってきた。お疲れ様でした。

仕事を終えてから「SP革命篇」を見た。なぜ「革命」で国会議事堂が舞台になるのかよくわからないが(^^;(それは革命じゃないだろ)、TVシリーズ時代から連続してきたエピソードの続編という統一感があった気がする。面白かった。惜しむらくは、クセの強いいい味出してる脇役陣の登場がほとんどなかったこと・か。「肉食う」の女性と「SPは動く盾になっていればいいんです」と言い切る課長さん。
アクションはかっこよかった。そうか射撃の選手だったんだよな、とか、病院でダイハードやったエピソードを思い出したり。
ラストでの、「あの二人が兄弟?!」って設定には驚きましたワ。
6138歩 3.68km 58分 301.4kcal 7.7g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2011年11月 4日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1日店」です。

次のブログ記事は「ほぼ1日店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。