1日店

曇空だが、晴れ間も。

朝飯を食べながらヨシヒコを見る。そろそろ最終回も近い。魔王の城は東京だったという設定。なるほどね。これで並行世界として描かれていたゲーム世界と現実がリンクした。ゲーム世界から見た現実と、現実から見たゲーム世界の対決。これ、勝負になるのかな?

荷造り作業は殆ど無く、本の整理を開始。昨日ドカンと積み増された在庫。早く整理を進めたい。昨夜は少し早めに寝たので、仕事は案外はかどった。

昼飯を食べながらタモリ倶楽部。クラシックネタは面白いんだが、ちょっと地味に見えるネ(^^;。タモクラで一番盛り上がるのはやはり鉄道ネタだろうね。かつてあった今や伝説のトマソン的東京散歩ネタはブラタモリを待つ方が早いか・・・(^^;。

午後も本の整理を続行。眠くなることもなく、仕事ははかどった。

先日、借りてきたDVDで「13人の刺客」を見た。時代劇だが活劇だった。導入部はおどろおどろしい雰囲気で映画感たっぷりだったが、途中からハリウッド色が強くなっていく。13人の剣豪が集まって暴君を暗殺する話なのだけど、”大名行列”を宿場に引き寄せて殺りまくるという流れ。なんていうか、そのやりっ放し感(^^;。徳川300年は日本人にそういうことをするメンタリティがなかったから続いたんじゃないのかなぁ・・・。なんて思ったり。
ロケ地がヨシヒコも撮影された庄内映画村オープンセットで、山田孝之さんも主要出演者だから見ていて世界観がダブったりする。
それにしても、あれだけの大立回りを演じるには集められた剣豪たちの戦う動機が足りない、と思う。たとえ暴君を倒したという”功”があったとして、その功は時代を啓いたのだろうか・・・。やはり何かが足りない気がした。三池崇史監督作品。ヤッターマンに忍たま乱太郎か。なんでもやる方なんだなぁ・・・。
877歩 0.52km 9分 40.4kcal 0.9g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2011年9月17日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「買取有り」です。

次のブログ記事は「散歩」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。