市ヶ谷釣り堀

晴れているのに涼しい。

外を見れば北風が吹いている。南海上に停滞している台風の影響(恩恵?)だろう。そのまま東へ進んでいってくれればいいのだが、天気予報を見るとそうもいかないらしい。月末頃に台風が接近するようだ。

せっかく晴れたし出かけたい。娘は明日から始まる学校の宿題で急がしそう。娘が出かけなきゃ女房も出かけない。んじゃ一人で釣りだ。こういう日に限ってクルマがない(^^;。選択肢は市ヶ谷しかなかった。

お昼前に出て目黒線から南北線。車中では今日も宮崎駿著「出発点」を読む。ずっと読んでいるようだが、580ページもある本のため。一昨日に続き作品論を続けて読んでいる。
『となりのトトロ』には本当は絵コンテまで切ったシーンがほかにあったことがわかった。台風が接近して家がガタガタする、という場面が構想されていたが実現しなかったらしい。トトロもネコバスもキャラが強いから印象を残しているけれど、実際にはサツキとメイの心の動きや動作を描くことに実際は監督の動機があったこと、など。
インタビュアーとの対話で、映画の中ではそれこそ一瞬で過ぎていくシーンに事細かく説明をする監督の様子は楽しそうだ。写っているのはたしかに一瞬でも、決定的な印象を残すことはあると思う。映像であればなおさらだろう。
監督は自分の作品を繰り返し見るな、と言う。トトロを見た子どもがこれをきっかけに野山をかけまわるようになってくれたらいいな、と制作の動機を語る。・・・むずかしいよね。繰り返し見てしまう子も確実に出るでしょ。影響ってどういう形で出るか制作時には予想ができないから・・・(^^;。

市ヶ谷駅の地下は複雑怪奇で大通りが一本通っていたりする。当初は大回りしてJRの駅側の入口から出たりしたが、今回も市谷田町の出口(ソニー側)から出ることができた。寿司屋さんでランチを食べてから釣り堀へ。真夏なので前回よりはすいていた。短竿を借りて2時間の予定で釣り開始。じっと座ってみるとやはり腕がジリジリし始めた。出かけるときに「日焼け止め塗ってったら」と女房に勧められるまま塗っておいたのがよかった。あとでタイヘンなことになるところだった。
今日は家族連れが結構たくさんで、それに混じって釣り上げる。かかってもバラしてしてまうこと多数。あまり大物でも結局寄せられない(^^;。まあ、貸竿じゃむずかしいよね。
6匹くらい釣ったがみんな小さかったらしく、重さは3.5kgだった。

16時半。このまま帰るには気持ちいい風が吹き始めたので、いつものように四谷まで外濠を歩くことにする。っと。あっという間に到着してしまった。じゃしょうがない。新宿まで行くか・・・。そのまま新宿通りを歩き出した。途中、荒木町を一回り。日曜は営業しているお店もほとんどない。ここの高低差はいつ来てもスゴイなぁ。

新宿駅が近づくと人が大勢。これだけたくさんの人たちはどこへ向かって歩いているんだろう。いつも思う。アルタ前から西口の高層ビル街を写そうと思ったら全然見えなかった。なんとなく見えるんじゃないかな、と思い込んでいた。

そのままJR線に乗って帰ってきた。
9637歩 5.77km 87分 484.8kcal 13.0g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2011年8月28日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デジカメ壊れた」です。

次のブログ記事は「1日店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。