交換会へ

お盆が近づいている。

今日は交換会へ行くことにした。最近はなかなか月曜日に行くことも少なくなっていたが、行くと決めたら行くのよね。
荷造り作業を終えてから東横線に乗った。車中では東浩紀著「ゲーム的リアリズムの誕生・動物化するポストモダン2」を読む。いわゆる”大きな物語”が消滅したのが1995年。それ以降は完全に日本はポストモダン状態に移行したという前提。いろいろな著書やラジオ番組でも語られる1995年は阪神淡路大震災、オウム事件が起こった年であると同時にインターネット普及元年でもあった。
モダン(発展)が止まったことにより、世の中が一斉に一方向に進まなくなった。価値観の多様性が起こる。情報が溢れ出しはじめた。何かを選ぶことは何かを切り捨てることになり、選択肢が多くなりすぎて何も選べなくなる事態。
そういう世の中になってきた時、物語ははじめからさいごまで一直線に進む話だけで収まらなくなった。出てくるキャラクターに読者の興味が集まり、ストーリー以上に意味を持ち始める。キャラ立ちしたキャラクターは全く別の環境に放り込まれることで別の物語を演じ始めた。それは必ずしも著作者がするものではなく、読者(ユーザー)が同人誌という形で発表することも一般化した。・・・なるほどなぁ・・・。
いろいろ思い当たることがある。たしかに”面白いストーリー”に注目するよりも、出てくるキャラクターにどれだけユーザーが感情移入できるか、が現代では重視されている気がする。ストーリーはもはや添え物程度になっている。イラストが添えられるライトノベルはキャラクターが重視されている良い例。

入札を終えて昼飯。月曜日は本当に久しぶりだけど、むしろ他の曜日より「こんにちはー」とご挨拶した方が多かったような気がした。これってもしかして皆さんアウェイな気分になっていたからじゃないかなぁ・・・。

帰りの電車でも本を読み続けた。交換会へ行くと本が読めていい。

荷造り作業と本の整理を平行して。今日は暑い日なのでお茶の時間のアイスがおいしかった。けっこう汗が引く。

仕事を終えてからひさしぶりにランニング。この時間になると外は風が吹いて涼しい。この夜の外の涼しさを何かに使えないものかしら。
11940歩 7.16km 100分 644.0kcal 26.2g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2011年8月 8日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「実相寺昭雄展」です。

次のブログ記事は「定休日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。