小田原小旅行

「小田原へ行ってみたいと思ってるんだよね。」と女房が言ったのはしばらく前。

せっかくの夏休み。今回は4人連れ。クルマで出かけてみることにした。朝は5時起き(^^;。距離に対して早すぎるのは承知の上。これをあと1時間遅らせると途端に渋滞発生でスケジュールがタイトになってくる(はず)。

東名・小田原厚木道路とスムーズに走行。あっという間に小田原東IC。ちょうど裏側から小田原城を見る。曇空。山には低く雲がたなびいている。時にまだ8時前。到着が早すぎた。とはいえ駐車場の位置や市街の様子を見てまわるのも悪くない。開いていないことを承知でお城前へ。その後、あちこちをグルグル巡っているうちに疲れてきてしまい、ファミレスに入って休むことにした。朝食時間。案外こういうところで朝飯を摂るって珍しいから旅気分になれる。予報では雨だったが、急に雲が切れて快晴の空に。

朝飯を食べ終わって9時過ぎ。お城の駐車場に停めて中へ。小田原のシンボルになっている小田原城は天守閣を中心に復元作業が続けられているようで、説明によれば銅門、馬出門も近年復元されている。なるほどキレイに見えるわけだ。真っ白で青空に映えていた。常盤木門をくぐると本丸エリア。天守閣を昇る。

いろいろな展示を見ながら階段を上がっていくと、地上5階相当の高さ。眼前に相模湾。いい眺めだった。風も吹いてきもちいい。しばらく佇んで吹き出してくる汗を飛ばした。息子と娘はお友達におみやげを幾つか買っていた。「戦国バサラから戦国武将を覚えたりしてるよ」と娘。その興味から発展させたらもっと面白いのに・・・。

クルマで石垣山一夜城を見に行く。ルート近辺を通っているらしくナビ登録するとターンパイクへ誘導されそうになる(^^;。道に設置されている案内看板に従って走ったら、急坂を一気に上がっていく場所にあった。観光で来ている人はほとんどいなかった。

たしかに石垣が積み上げられているが、土と草とまぜこぜになっていた。二の丸があったとされる場所は芝生公園のように整備されていたが、本丸の方はまるで古墳のような佇まい。ちょっと歴史的スケールが違うけど。太閤殿下は実際にこの道を歩いたのかしら、と思いを馳せる。案内には瓢箪。小田原城下は北条一色だが、こちらは太閤仕様。

急坂を駆け下りる。昼飯を食べなきゃいけない。駅前の駐車場に停めて「漁師割烹」と書いてあるお店に入った。まだランチをやっていたのでお安く済んだ。刺身と煮魚の定食。美味しかった。
かまぼこ屋さんで揚げかまぼことわさび漬けを買い、外郎でういろうをお土産に。外郎はお城のような店構え。八棟造りというらしい。もともとは薬局だったんだって。

15時が近づいたので帰路。小田原厚木道路から東名と全く混んでなかったので、川崎ICの一つ前で降りてお墓参りへ。思いつきだったから何の用意もしてないが行かないよりはマシ。
このクルマで、4人で、いろんなところへ出かけたなぁ・・・。このクルマではおそらく最後になるが、最後まで走りはスムーズで満点だった。もちろん無事故。お世話になりました。
10514歩 6.30km 108分 480.3kcal 12.7g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2011年8月 5日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日も1日店」です。

次のブログ記事は「ういらう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。