定休日

今朝も涼しかった。

熱帯夜は台風が通過してから一度もない。日本の東海上に低気圧があると擬似的な西高東低型になるからかしら。昼間に晴れると徐々に気温もあがってしまうのだけど。

店舗は定休日。息子は学校へ行ったが娘は夏休み。昨日プールに行って日焼けしたのがキいたらしく、あちこちが痛いと言っている(^^;。まあ、薬を塗っとけばいずれ治るでしょ。

朝飯を食べながら佐藤江梨子さんの読書TV。読書を極めるってどういうシリーズになるのかしら?と思って見始めたが、最終回は本棚を作る、という話に。もちろん、トンカチ持って本棚を自作するんじゃなくて、どういう本をどういう配置で棚に収めるとステキか、という話。
彼女の場合は過去に読んで影響をうけた本と、今興味のある本。そして、ブックコーディネーターさんにセレクトしてもらった”これからの佐藤江梨子に必要な本”がコーナー配置されて収められた。
第一回が本屋さんでの本のセレクト・出会い。第二回が速読術。第三回が古本屋めぐり。第四回が本棚作り。なるほど、と思う一方で、やはり読書はその人の内面に深くアクセスしないと必要なものがわからないという前提があるため、外からの働きかけには限界があるなぁ、と思った。いくら外からあれはどうですか、こちらはいかがですか、とおすすめされても、本当に必要な本は読む人の内面にしか存在しない。読む人の内面を深く抉り出さないと読書について語ることが難しくなってしまう。
・・・なんて言い出したら何も番組を組めなくなるのよね(^^;。
本そのものへの興味を喚起するにはこういう形で描く以上はできなかったのかもしれない。
ひとつ印象的だったのは、これだけ巷で話題になっている電子書籍についてシリーズを通して全く触れていなかったこと。となると、電子書籍を必要としているユーザーというのはいったいどんな人なんだろう・・・。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。ドカドカっと積み上がった。

本の整理は比較的早めに始めたものの、はかどらなかった。今日は早めに寝ないとな・・・(^^;。

仕事を終えてから、先日セールで安かったためにレンタルDVDを借りてきた。「アマルフィ」。イタリアを舞台にした誘拐事件とその結末。大掛かりなお話でなかなか楽しめた。織田裕二さんの抑えた演技がちょっと新鮮に見えた。いつか脇役で出る織田さんを見てみたい気もする。できれば何かの犯人役で。
サラ・ブライトマンの歌声は奇跡的。
755歩 0.45km 8分 33.7kcal 0.0g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2011年7月26日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1日店」です。

次のブログ記事は「交換会へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。