有楽町まで

午前中は荷造り作業。

午後一番で買取に出る。ドーンと本が追加され、店の通路に積み上がった。ありがとうございました。

午後は本の整理をおとなしく粛々と。仕事を終えてから有楽町へ向かった。久しぶりのメンバーで飲み会。
有楽町駅を降りて目の前の書店で待ち合わせ。店内には行列が。なにかと思ったら某作家先生のサイン会だった。人気があるんだなぁ・・・。
大型書店に来ると、つい店内をぐるぐるめぐってしまう。悪いくせとは思うがやめられない。本屋のサガかもなぁ。何がどんなふうに置いてあるか、ということよりも、ワタシが取り扱いたいと思っている本が店内のどういう場所に置かれ、どんなかたがその棚の前にいらっしゃるか、を注視する。そのお店の場所によって棚の配置もお客さんの層も変わってくるから、そのあたりはアバウトではあるのだけど。
ただ、平日普段の19時に書店をうろつくことはここ最近絶えてないので、参考にはなった。お客さんの入りはけっこう良かった。

飲み会はガード下を目指す。ところが、ホントのガード下は風が通らずにやきとりのけむりがモクモクでとても長い時間居られない雰囲気だった。たまらず通り沿いに出るとビールのケースを積み上げて即席のテーブル席があり、風も通ってなかなかいい感じ。そこで飲み始める。
ずっと喋りっぱなし。この会が1年ぶりだったので、喋ることが溜まっていたみたい・・・。

今日も磯子行の終電に乗る。ところが、先日はうまく連絡してくれた川崎駅で南武線の終電がすでに発車したあとだった(!)。まさにはしごを外された感じ。ああ、蒲田駅で多摩川線に乗っておけばよかったか。いや、もっと言えば有楽町から三田線に乗ればこんなことにはならなかった・・・。などなど。

結局川崎駅でJRに放り出され、タクシー乗り場は長蛇の列。しばらく深夜の散歩を楽しんだ。南幸町から国道一号に出て、神明町のドンキ前あたりでタクシー。帰宅。
9627保 5.77km 87分 488.3kcal 13.1g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2011年7月 8日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日も1日店」です。

次のブログ記事は「1日店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。