2011年3月アーカイブ

交換会へ

快晴。暖かい。

娘が「たまに無性に読みたくなるんだよね」と枕元に置いてある本は「風の谷のナウシカ」だった。ワタシもつい読みたくなり、昨夜は一気に第一巻を読みきった。結構久しぶりだが覚えているものだ。
かつて高度な文明があり、それが”火の七日間戦争”の勃発によって滅んだあとの物語。巨神兵という名の兵器が国土を焼き尽くした。その大半は”腐海”と呼ばれる毒素を出す木々に飲み込まれ、腐海には王蟲などの虫たちが跋扈して人間の侵入を寄せ付けなかった。人びとは腐海の毒に怯えながら数少ない国土をめぐって争っていた。
・・・明らかに核戦争後の世界を念頭に描かれている。そこで”腐海”と”蟲”という存在を出してくるところが宮崎駿さんのオリジナリティ。当初は人間の世界が滅んで蟲たちが新たに”地球の盟主”となるのか、と思わせるストーリー展開だが、途中から徐々に変化し、最後にはドーンとひっくり返される(!)。
思えば「未来少年コナン」の舞台も巨神兵の代わりに超磁力兵器が使われて世界が滅びているし、ラピュタもまた強大な兵器を駆使して君臨したラピュタ帝国が滅んだあとの話になっている。
バベルの塔を思い起こさせるね・・・。バビル二世じゃないよ。

荷造り作業を終えてから神保町へ向かった。今日は交換会へ行くつもり。車中では「徳川慶喜」の続き。久しぶりに読んだがつながった。この中で再三出てくるのは、慶喜公はいろいろな事に”通じすぎる”ために疎んじられたというエピソード。

渋谷駅も神保町駅も節電で薄暗い。が、地上に出て靖国通りは春の陽が明るかった。そうそう。もう桜が咲く季節なのだった。
入札を終えて昼飯を食べてからかるく一回り。地震後初めてかもしれない。淡路町から新坂、幽霊坂、ニコライ堂とぐるっとまわって御茶の水駅まで。聖橋の上から秋葉方向をボケッと眺めた。
新御茶の水駅から地下鉄に乗って帰る。あとは荷造り作業とオークション出品作業。

今日はランニングに行かなかったが、雨は降らなかった。
4980歩 km2.98 46分 250.2kcal 6.2g

定休日

晴れ。

今日は店舗定休日。シャッターは閉めていても中では作業中。

子供たちも現在は正真正銘の春休み中。でも、11日以来実質おやすみになっているから随分と長期に渡っている。息子の学校は春休みに5日間の日程で伊豆まで勉強合宿へ行く予定がまるまるキャンセルになった。宿泊・出先が難しいなら学校の教室で”通い”でやっても良かったのでは?なんて単純に思ったが、そうもいかないらしい。
娘は塾の春期講習期間中だけど、1日2時間ほどしか行ってない。ワタシが中学生の頃は朝から夕方までビッシリ叩き込まれたものだがなぁ・・・。

食事の間などに高校野球を見ている。鳴り物禁止のため、スタンドの声や選手の声が割とハッキリ聞こえる。それともう一つ。カラスの鳴き声(^^;。なんだかアルプスの声援に合わせてカーカー鳴いているとしか聞こえない時があって、そうなると野球よりもそっちが気になったりする。九官鳥が人の声真似をするようにカラスも人の声真似をすることがあるらしいから、案外カラスの心に響くものがあるんだろうね(?)。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
現在、東北地方全域でゆうメールの引き受けが停止しています。再開次第発送します。

今日は仕事をしながら録音しておいたラジオを順に聴いていく。文化系ラジオはメディアの話。安住アナの日10ではハクモクレンの話。大船駅の自販機に900円のお釣りを忘れてきた話(^^;。林原めぐみさんのラジオでは卒業式の話。ロケショーはTVの話。テーマはこう書くとそれぞれ違うみたいだけど、やっぱり話は自然に震災の話へとスライドしていく。

仕事を終えてからランニング。走りながら福山雅治さんのタマラジを聴いた。ん。ワタシもふんばらないとね。本業で。
9558歩 5.73km 73分 556.5kcal 25.1g

1日店

朝から快晴。

朝飯を食べる。なんだか食欲がない。どうやら胃痛が再発したようだ。ま。ワタシ的にはそろそろ来るかなとは思っていたが、それで済ませられる話でもない。
午前中は荷造り作業。終えた頃に胃痛はムムム、と唸るほどの状況。とりあえず持っていた胃薬を飲んで横になることに。昼飯はパスした。白湯をすすりながら「江」を見た。そのまま布団をかけて横になる。

3時間ほど寝てから仕事を再開。母親は「今日一日くらい寝てたらいいのに」と言うが、そんな状況じゃないでしょ・・・(^^;。
薬が効いて楽になっていた。結局はストレスからくる胃酸過多ってことだ。もう5年くらい前からコイツとは仲がいい・・・(^^;。

GLZを聴きながら仕事を続ける。ラジオはもうずいぶん前から通常モードになっていてありがたい。TVをつけると「現実」を突きつけられてしまうから、せめて仕事をしている間くらいは3.11.前に似た状況に身を置いていたいものだ。現実逃避と思ってもらって構わない。人には許容範囲というものがある。いくら気を張っても、それを支える身体が弱ってはいけない。

早めに寝て身体を休ませよう・・・。
408歩 0.24km 4分 19.7kcal 0.0g

多摩川

9時起き。

ゆっくり寝た。甲子園を見ながら朝飯。いい試合してる。食べ終わって荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
「今日はおやすみなんだから遊んでくれば?」と母親。そうも行かないんだよね・・・気分的に。

結局、昼飯の時間までかかってしまい、食べているうちに14時を過ぎた。このまま1日家でグダグダしてしまうのも悔しいので、散歩がてら多摩川へ行ってみることにした。ひさしぶりに多摩川で竿を振ってみよう。

録音しておいたラジオをイヤホンで聴きながら多摩川のほとり。そういえばここへ釣りに来るのはホントにひさしぶり。ただ、残念なことに釣れる潮ではなかった。まさに干潮へ向かって水位が下がっていく状況。満潮に向かって水位が上がっていくのがワタシにはいいパターンなわけで・・・。
1時間ほどやったが当然のように釣果なし。ふしぎだったのは、ワタシとほぼ同時間にワタシの両側へ釣り人が入ったこと。釣れないでしょ?この潮じゃ(^^;。

もうすぐ4月だというのに肌寒い。河川敷には大型DJ機材を持ち込んでパーティ中の団体が居たりして、なんとなく春な雰囲気だったが、ちょっと無理気味。桜もなかなか咲かないし、春が待ち遠しいなぁ。

戻ってからDVDで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見始める。ずいぶん久しぶりで細かいところはほとんど忘れていた。なんと、タイムマシン・デロリアンはプルトニウム(!)を燃料に動くとある。ドクはそれをリビアの過激派(!)から掠め取ったことになっていた。なんだこの変なシンクロ感は・・・。
塾から帰ってきた娘も途中から見始める。こういう話、好きらしい。この歳になって見ると、アメリカ製アニメを実写化した映画のように見える(^^;。オッサン化したからだろうね。

観終わってしばらく仕事をして夕食。録画しておいた「Taroの塔」第三話。第一話からずっと密度が濃くて、見始めるとあっという間に終わる感じ。「岡本太郎著」となっている本のほとんどは、岡本敏子さんによって編集されていたみたいだね。「戦友」に納得。
3407歩 2.04km 30分 173.0kcal 4.4g

1日店

よく晴れた。

なんとなく気乗りしない気分のまま仕事開始。こんなことではイカン!と途中なんどか気合を入れ直す。

”世の中の進むスピードが早くなった”と感じ始めたのはいつごろからだったろう。ネットが一般化したのは奇しくも1995年のウィンドウズ95が発売された年だった。その年には関西で大地震があり、数ヵ月後には地下鉄で大事件も起きた。たしかエヴァンゲリオンが放送されたのも1995年だった。
ワタシが大学生の頃にはケータイもなかったから、どこかのんびりしていた。社会人になってからもしばらくはケータイなんてなかった。交換会の経営員になってしばらくしてからワタシ以外の方が数人持っているのを見ることになった。
情報の行き交うスピードが上がったから時間とか世の中のスピードが早くなったのかもしれなかった。が、それが理由と言い切るにはちょっと違和感がある。
やはり、情報量の増大が原因じゃないだろうか、と思う。もはや一人の人間では抱えきれないほどの情報が常に溢れていて、どう接したらいいかそれさえわからない。追い始めたらキリがない。でも、追わずにいたら命に関わってくるようなこともここ数日平気で起きている。
追っていたつもりが実は追いかけられていて、でもそれって実は自分が周回遅れになっているんじゃなかろうか、という気付きも(^^;。

明日は休んだほうがいいのかな・・・。
680歩 0.40km 6分 31.4kcal 0.7g

あれから2週間

晴れ。

甲子園を見ながら朝飯を食べる。いい試合だがどこか迫ってくるものがないなぁ、と思ったら、鳴り物禁止の影響らしい。ブラバン、復活して欲しい。

荷造り作業。終えてオークション出品作業。月曜日に仕入れた本があるので、今週は追加仕入れしなかった。

あの日から2週間経った。街の風景は変わらないのに、いろいろな事がガラリと変わった。”情報”に対する接し方を考えさせられる2週間でもあった。たとえば、電車。現在は落ち着いてきたが、当初は出かけたら最後帰ってくることができないような運行状況だった。たとえば、停電。実施されるグループ分けや実施時間など、知らないといきなり電気が落ちて大変なことになる。
どちらも喫緊の問題だったが、電車の運行状況も停電も情報の取り方次第でよくわからない状況に追い込まれていたと思う。ネットがある、とか、TVで流れている、と言われればそれはそのとおりだったかもしれないが、その情報を得るためにTVから流れ続ける「映像」を繰り返し見なければならなくなる。
「もしワタシが出先にいたら」なんて考えるだけで恐ろしい。出先のワタシにそれだけの情報収集能力・状況対応能力があったのか、ということだけでなく、ワタシが居なかった場合に家族の対応力がどうだったのかを考えてしまった。あの時”たまたま交換会に行かなかった”自分は店に居た。本当にたまたまのこと。でもそれだけでワタシは直後から動き続けることができた。それとも、ワタシが居なきゃ居ないなりに息子とかがちゃんと動いてくれたんだろうか・・・。今となってはもうわからないが。

あれから2週間。長かったようなあっという間だったような。
今でも店を離れるのが心配なのは変わっていない。
1468歩 0.88km 14分 73.3kcal 1.6g

1日店

曇空。結構寒い。

3月がこれほど低温なのも珍しい気がする。先日の日曜でも桜は開花せず、ニュースでも開花の知らせは関東ではないみたいだ。

朝飯を食べて仕事開始。鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。厳密に言えば今でも東北地方には郵便物を発送できない。いつごろ復旧するのだろうか。

昼飯を食べながら高校野球。地元神奈川の出場校は劣勢。荷造り作業を終えて午後からオークション出品作業。

そんな1日。

仕事を終えてからランニングに出た。街は節電モード。スーパーは21時には閉店。コンビニは営業中だけど棚はすいている。で、ファミレスもファストフードもコンビニも眼にしたお店はすべて看板を消灯していた。中の照明は対応がまちまちで、間引きしているお店もあれば、全開で点灯しているお店もあった。んー、すでに電力消費ピーク時刻を過ぎているんだがなぁ・・・。で、自販機ではキレイに”水”が売り切れていた。
8118保 4.87km 62分 470.8kcal 13.3g

定休日2

朝は晴れ間。

今日も店は定休日。シャッターは閉めているものの、中では作業。要はオヤジたちが休みの日が定休日になっている。ただそれだけのこと。
今日はお墓参りに行っているはず。

朝飯を食べながら高校野球。今日から始まるみたい。ちょうど開会式の選手宣誓だった。ん。落ち着いていていい宣誓だった。ちょっと元気が出た。
応援に鳴り物が禁止されたり、時間短縮の為にノックの時間が短縮されたり。大変そうだけど、一生懸命なプレーは励みになるので頑張ってほしい。

早速荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。ゆうパックとゆうメールが条件付きながら全国受付が再開されて、いよいよ本格回復してきた。

そんな時、報道で「東京の水道から放射性物質」の文字が。みなさんの反応が過敏で、これで収まりかけた”殺到”が復活してしまうのでは、とか思う。乳児のミルク用に水・・・か。ホントに思いもかけないところから飛んでくるものなんだね。
原子炉は電源復活で冷却装置が動きそうになってる。

荷造りが終わってオークション出品作業。はかどらず。クラシックを聴いていたが、途中から録りためたラジオに切り替える。安住アナの日10では合唱の話をしていて、最近よく歌われる卒業式定番ソングがいくつかかかった。発送の手続き作業を進めながら聴いていた女房も「旅立ちの日に」が掛かると「これ知ってる」。「ビリーブ」がかかったら「これも知ってる」と高反応。ワタシは安住アナの思い出(?)の「大地讃頌」バス・パートの再現が完璧だったことに共感していた(^^;。そうそう。歌うには面白くないんだよね。

夕食を食べながら「江」を見る。

なんだかきりきり舞いしているうちに3月もあと1週間になっている。
396歩 0.23km 4分 18.2kcal 0.4g

定休日

店舗定休日。朝から雨。

三連休明け。鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

愛書会展の荷物と交換会で買った本を運送屋さんが運んできてくれた。ありがたい。もうそろそろガソリンが通常通り店頭で補充できるらしいので、特別体制も今回限りで済みそう。

平日となったので、今日から計画停電が再開。一方で新聞によればウチのあたりは停電実施区域から除外されたとなっている。本当だろうか。とりあえず今日は停電してもいい体制にしてから予定時刻を迎えたいと思う。18時半から22時まで。

さすがに今日は荷造り作業が多く、昼飯を挟んで作業続行となったため、オークション出品作業はあまりできなかった。

朝飯、昼飯を食べながら「スタジオ・ジブリ物語」を見た。ハイジからあとは「全部見てたと思う、アタシ」と女房。そーかー。ずいぶん前から宮崎駿という名前なしで選んでたんだね。
劇場で見たわけじゃないけど、宮崎駿という名前を意識したのは「ラピュタ」からだった気がする。ワタシが高校生の頃。でも、今思えばルパン三世とかもともと好きだったし、未来少年コナンも見てた。「ナウシカ」はTVで放映されたのを見てマンガ原作を買って読んでいた。今ウチにあるナウシカの単行本はリアルタイムで買い揃えていたもの。「原作がない作品を映画化できない」という当時の事情があったとはねぇ・・・。それにしても、マンガと映画ではストーリーも趣旨も違っているところが興味深い。制作順を考えたら映画版がむしろ”原作”で、マンガ版は二次創作とも言えそうだけど、どちらも作者はあくまで宮崎駿ご本人。ま。全く同じものを映画とマンガでやっても意味ないってのはわかる。・・・が、マンガのラストで腐海の謎が語られる場面は読んでいて衝撃的だった。だってこれじゃあ映画版ナウシカの立場がないでしょう(!)。

計画停電の時間になったが電気は落ちなかった。仕事を続けた。

夕食後。仕事を終えてから今日は久しぶりにランニングに出た。地震後初だった。
7970歩 4.78km 62分 463.5kcal 15.0g

交換会

震災発生後、交換会が開催を中止していた。

いよいよ今日から再開されるということで、とりあえず行ってみることにした。すでに2週間ほど行っていなかった。買っておいた本もほぼカラになっている。

午前中は荷造り作業とオークション出品作業。昼飯はお手製のぼたもち。餡とウグイスとゴマ。甘さひかえめ。「ちょっと大きくつくりすぎちゃった」との言葉通りボリューム感がある。添えられたきゅうりと大根のぬか漬けは子供たちにも好評。ガス釜で炊いたというもち米は5合半もあったらしいが、皆で食べてしまえばあっという間(^^;。

電車に乗る。車中では「最後の将軍」司馬遼太郎著を読み始める。中間小説といった長さ。徳川慶喜の人物像や周辺について比較的詳しく書いてあるが、それ以外はかなりはしょってある。安政の大獄や桜田門外の変などの大事件も触れる程度。

雨の中、神保町。古書会館へ。道が空いているとおもったら、今日は祝日だった。今頃気がついた(^^;。交換会会場。入札しながら聞こえてくる声はほとんどが地震のことだった。みなさん大量の本を抱えているからそれだけで大変だったみたい・・・。入札を終えて再び雨の神保町。駿河台下交差点際ではすでに早咲きの桜が散り始め。

街中が節電モード。渋谷駅のホームに出た時に改札口の向こう側がぼんやり暗くて早朝と勘違いするほど。Bカメラも照明などは半分で開店準備中みたいな雰囲気になっている。
これが普通なんだろうか。いままでが明るすぎたのだろうか。

たとえば、これをいいきっかけに、大型の店舗などを構える大口需要者は看板などを消費電力の少ないLED化したらいいのでは?と思う。そして、今回計画停電で停電されてみて思うことは、太陽光発電ってどれくらいの費用がかかるものなのかなぁ、ってこと。例えば毎月払っている電気代くらいの支払いで済むローンが組めるなら、各家庭に太陽光発電装置を設置できる気がする。自分のウチの電気は自分のウチでまかない、雨や曇りの日だけは東電から電気を買う、なんてことになれば理想的。
・・・んー。太陽光発電に対する基本的な知識が全然ないな・・・。

店に戻ってオークション出品作業。息子にも娘にもお友達が来ていて、住んでいる自分たちではわからない居心地の良さがあるようだ、とちょっと信じられない気持ち。

夜までずっと雨。
4072歩 2.44km 38分 205.2kcal 5.3g

散歩

朝起きて晴れ。

よく寝た。朝飯を食べてから鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

連休中に計画停電は実施されないとのこと。とはいえ、節電は続行中。午前中の店は電気を半分にして営業する。

午後。まだ繁華街に出かけるのはよした方がいい、という女房の意見もあり、3人で徒歩圏内の散歩に出かけることとする。「元住吉に行ってみよっか」と娘。行ってみましょう。

小杉駅界隈は節電モードながら店舗は営業中。人の流れも多く、スーパーなどに商品も多い。駅の南側へ向かって歩く。商店街はほとんど営業中。普段の日曜日と何ら変りない。ただ、トイパはなかった。二ヶ領用水の側道に植えられた桜のつぼみはまだ固いようだ。
娘はこのあたりの細道や折れ曲がった道を見つけるたびに「ここって川だったんじゃない?」と”土地の記憶”探しを楽しんでいる。”高低差”とか言い出すまでもう少しかもしれない。

しゃべりながら歩いているうちに元住吉到着。驚くほど人が居る。ブレーメン通りは市下最大級の商店街だが、業種が偏らずに食べ物屋から物販店までいろいろなお店があるのが特徴。スーパーは何軒もあって商品は店頭にまであふれるように普通に並んでいる。道行く人は多くて浅草の仲見世並。そのわりに買う人の行列もない。
まさに巨大な”日常”だった。街頭で募金活動をしている人がいなければ地震の前とほとんど何もかわらない。ま。トイパは見当たらなかったけど。

「お米は明日の9時に入荷します」と書かれた張り紙のあるお米屋さんのおにぎりと、魚屋さんのお寿司と書かれたお店のパック寿司。そしてお肉屋さんのコロッケを買って通り一本裏にある公園で食べた。砂場で砂遊びする子供たち。ブランコに乗る小学生。軟式テニスをしている中学生。日常だった。安心する。コロッケもお寿司もおにぎりも美味しかった。

東横線を渡って元住吉駅。エスカレーターでかなりの高さまで上がると、眼下には高架化した東横線と小杉の高層ビル街が見える。ここで娘のリクエストがありワッフルを買う。当初はここから電車に乗って帰ろうか、と思っていたが、綱島街道に沿って歩くことにした。

その道々、ついでに寄ったスーパーでとうとうトイパと出会った(!)。もうそろそろ大丈夫になっていくんじゃなかろうか、と。
11218歩 6.73km 107分 536.2kcal 14.9g

卒業式

朝起きたときは曇空だった。

今日は娘の卒業式だ。ワタシのようなオッサンにとっての6年なんてあっという間だが、小学生の6年間は卒業に値する。軽くないなぁ・・・。

ずっと、卒業式の服を買ってやるけど、と娘には言い続けたが「たった1回しか着ないんだからいいよ。中学の制服で行く」と頑として自分を曲げなかった。結局、中学の制服を着て登校時間に学校へ向かった。
ワタシと女房はそれなりの格好をして集合時間よりすこし早く到着。すでに60人の行列が出来ていた。

理科室が父兄の控え室。渡された整理券の順番で座って式を待つ。いよいよ娘も小学校を卒業する。ワタシもワタシのオヤジも卒業した小学校だ。

体育館の父兄席へ案内される。すでに在校生は淡々と席についていた。皆おとなしい。むしろカメラを用意したりする父兄席の方がざわついていた(^^;。しばらくして式が始まる。開式の言葉のあとに君が代斉唱があり、すぐ卒業証書授与へ続く。壇上に上がり、名前を呼ばれた生徒は一人ひとり将来の自分について一言語ることになっている。たとえば「サッカー選手になります」とか。バスケの選手、マンガ家、イラストレーター、水族館の館長。「農業をやりたいです」と言った男子の時、おおーっと低く感嘆の声。
小学生の頃からやりたいことがあるなんて羨ましい、と思った30年前の卒業生(^^;ワタシ。
娘の言った言葉は、まるでワタシの祖父が言いそうな言葉だったのでちょっとびっくりした。ちゃんと娘は娘なりにしっかり考えているみたいだ。

校長先生の言葉、PTA会長さんの言葉に続き、卒業生が雛壇に整列しての歌。1,2年生が途中から入場しての合唱。卒業生がしっかりしているのは当然としても、在校生が結構長い式次第なのに私語もせずにピシッとしていて素晴らしいと思った。最後に歌った校歌はワタシも歌えた。30年前の記憶が蘇っていた。体育館に今もある校歌板はワタシたちの代が彫って残したものだった。

卒業生が一旦退場したあと、在校生が粛々とイスの片付けをする。終わったら一旦教室に戻っていった。卒業生が体育館に戻ってきて父兄と共に記念撮影。そのあとは校庭で在校生の作ったアーチを歩いて見送ってもらった。空はいつの間にか眩しい快晴の空。ハクモクレンが満開だった。
お友達同士、先生を囲んであちこちで記念撮影大会。はしゃぐ笑顔。みなさん、おめでとう。
807歩 0.48km 8分 37.2kcal 0.9g(持ち出し忘れ)

この1週間

セカイがひっくり返ってから1週間経った。

余震も減ってきた。今日は晴れて暖かい。もしや計画停電は中止か、と期待したが無駄だった。残念ながら今日で閉店となるお隣りのたい焼きを食べ終わったころ、15時半に電気が落ちた。

こうなると仕事ができない。よし、それなら、と、一回り歩いて来ることにした。大地震以来ランニングにも行っていないから運動不足解消のためにも。

新丸子駅西口。ここはウチと同じ計画停電中のはずだが、昨夜同様通電していて、店舗はほとんど営業中。たまにいつ落ちるかわからない状態では混乱すると判断してのことか「計画停電のために閉店中」と張り紙をしている店舗も散見したが、停電しているわけではなさそう。

丸子通に出て普段ランニングしている丸子橋へ向かう。綱島街道はいつもどおりの交通量。みなさんどこでガソリンを補給してるんだろう。橋から見た河川敷風景。西に傾いてきた日差しと青空。コンクリートと鉄の構造物。川の流れと泳ぐコイ。何も普段と変わらなかった。時折通り過ぎる電車はガラガラ。その割に次から次へと走っている。

GSは品切れ閉店中。ファミレスは営業中。どうやらウチの周辺ではウチのあたり一角だけが停電しているらしいことがわかった(^^;。信号の関係だろうか。

南武線跨線橋を渡って武蔵小杉エリアへ。タワーマンションは停電中(?)。これは一体どういう判断基準なのかなぁ・・・。小杉駅周辺へ移動すると、普段通りの光景が広がっていた。スーパーにも生鮮品が並んでいる。日常がもどってきているのかもしれない、と思った。まあ、節電モードでしたけど。

店に戻って昼寝。眼が覚めたら直後に通電が再開した。早速仕事の続き。鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。今日は荷造り作業しかやってません(^^;。

そんなこんなでセカイがひっくり返って一週間経った。気がつけば明日は娘の卒業式だった。
夕食を食べながらぴったんこカン・カン。具志堅さんのボケっぷりに癒された。「座右の銘は:右2.0、左1.5」(左右の目?)(笑)
8277歩 4.96km 74分 418.5kcal 11.6g
そーいえば明日来ていく服をチェックしてないや・・・(^^;。

今日も送り出す

朝から快晴。気温が下がってくる。

そのためか、朝から節電の話がTLにもラジオにも。ポータルサイトには「計画停電予定通り実施」の文字。どうやら気温の低下とともに暖房需要が上がっているらしい。
スーパーでの買い溜めが起きているという。駅前のスーパーの様子を見ていると、徐々に落ち着きを取り戻している気もする。今大変なのはガソリンの不足だろう。ウチは地震発生後クルマに乗ってない。バッテリーが切れてやしないかがちょっと心配(^^;。軽油は比較的確保できている、とラジオ。それなら交換会で買った本の運送は運送屋さんに頼めるかもしれない。ワタシの一生懸命は本を動かすこと。それに集中できるよう踏ん張ります。

明日から愛書会展。オヤジと母親は朝から神保町へ電車で向かった。途中特に連絡がなかったので様子はわからなかったが、古書会館での様子は帰ってから聴くことができた。同人のみなさんは棚が倒れたりして大変だったらしい。床にぶちまけられた本ほどガッカリするものはありませんわ・・・。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
その後はオークション出品作業をするものの、こちらはそれほどはかどらなかった。

今日の停電は予定通り行われ、用心の為にノートPCで作業しているときに落ちた。店には停電時に点灯する非常灯が備え付けてあるので、真っ暗にはならなかった。案外これだけでも気持ちが楽。
もちろん作業は中断。傍らにあった懐中電灯を照らし、ブレーカーを下げに行く。通電後のことを考えて、PCと電気ストーブのコンセントは抜いておいた。

11日以来の真っ暗な中での夕食。こういう経験って案外一度経験することで慣れるものだな、と実感。LEDが光るこの懐中電灯は、レバーをずらすとテーブルをぼんやり照らしてくれる。ちょうどDランドのブルー・バイ・ユーレストランみたいなもの(^^;。
若い頃、女房と初めてDランドへ行ったときは、あの暗がりの中でクリスマスディナーを食べた思い出が・・・。昼間入るとメニューが全く見えないんだよね。
TVもないから会話が弾む。みんなでしゃべりながら過ごしていたらあっという間に2時間経った。コミュニケーション復活は計画停電から(?)。

外がわずかに明るくなっているのに気づいた。ブレーカーを上げようとしたら地震(!)。最初電気が通ってめまいでもしたのかと思った(^^;。
1417歩 0.84km 15分 65.4kcal 1.0g
あと心配は運動不足だね。

送り出す

快晴の空。

今週末は愛書会展。今日は荷物を搬出する日。昨夜のうちにダンボール箱を出口付近に積み上げておいた。

オヤジは9時には店に来て、早速準備開始。早いね。「だって今日はお昼から停電だから」って、午後の予定は”もしかしたら”ってなってたよ(^^;。
昨日から何度か説明しているんだけど、なかなか理解してくれん。

娘は学校へ。息子は学校休み。ワタシは仕事開始。いつもお買い上げありがとうございます。女房は11時からスーパーへ買い物。
行列は昨日より短かったけど、やっぱり混んでいたようだ。母親が「ワカメだけ買いに行ってくる」と出かけたが、塩蔵ワカメは売り切れ。生わかめだけゴロンとあった、と帰ってきた。「納豆なんてもう全然ないの!」まだ続いているのね・・・。

しばらくして運送屋さんのトラックが到着。荷物を積み込んだ。道中はすいてましたか?と聞いたら、「ええ、すいてましたね。で、角にあるGSにクルマが行列してましたよ。品切れで開いてませんでしたけど」と。まだまだ続いているのね(^^;。
しばらく交換会で買った荷物は運送屋さんに頼もうと決める。

あの日以来、外出もほとんどしていない。外出する理由がなくなってしまった。唯一あるとすれば運動だけど、なんだかそういう気分にない。こんなことで大丈夫なのか、と思ったら、ちょっと腰が痛みはじめた・・・(^^;。慌てて腰痛体操などして身体をほぐす。

ツイッター。覗いているとよく伝わってくるのだが、会話がすこしずつすさんできている。そんなタイミングで今日のGLZ。いい内容だった。やっぱりプロの本気はスゴい。

夕食を食べながら「笑ってコラえて」を見る。海老芋のきぬかつぎ。画面に笑顔が溢れていた。
981歩 0.58km 10分 47.0kcal 0.1g
現状は淡々とテキストで把握するように努める。

定休日

曇空。

早朝の地震で揺り起こされた。震源地は東京湾だったらしい。どーりで揺れかたが今までと違うと思った。

停電の心配や早朝の地震など、いろいろと折り重なっている。まだなんとかなっているのは、やっぱりアドレナリンが出ているからだろうか。

娘は今日から学校がある。息子の通う高校はしばらく休校になった。やむなしと言ったところか・・・。

今日の計画停電の予定は午前中だったので、それまでに荷造り作業を急いで行う。いつもお買い上げありがとうございます。3月11日以降に発送した荷物も順調に到着しているようで一安心。ありがたいことです。

予定時間になったが特に停まらない。よかった。作業を続けた。

駅前のスーパーは計画停電の時間からずらして14時開店予定。ただ、この”予告”は効果絶大だったようだ(^^;。女房が夕飯の買い物の為に14時ちょうどで行ってみると、ずらり100mくらいの行列が出来ており、入場待ちをさせられた、という。未だかつてスーパーに並ばないと入れないなんてことはない。そういう空気が今はある・・・。

あの日以来、街の外観は変わっていないのに、その中に居る人がそっくり変わってしまったような気がする・・・。地震の衝撃で鏡の向こう側だったセカイと現実が入れ替わっていたりして・・・。

もっとも、今はどっちが本当だったのか(本当であるべきだったのか)、という話にまで行っているみたいだ。連日ツイッターを覗いての感想。

崩れた本の山から発見された”帯”だけが1本。これが付いていた本はどこへ消えたのか。やっぱり衝撃で異次元へ飛ばされたかな?とか女房と冗談を言いあってたら、果たして今日発見された。・・・でもね。3階に置いてあったのに2階からでてきたんだよ(^^;。
1154歩 0.68km 12分 53.5kcal 0.5g
そーいや、あの日以来走ってないや。

近況

大地震後初の平日。

今日から計画停電が始まることになっている。ウチは13:50−17:30なのだそうだ。やはり最初はなんでも身構えてしまう。自分でもビックリするくらい緊張していたらしい。朝は4時過ぎに眼が覚めた(^^;。さすがに体力が無理だろうと思い、5時半までゴロゴロしながらアタマの中で今日1日の予定を組み立てていた。

明るくなってきたので起き上がる。サッと着替えてPCを立ち上げた。荷造り作業がいくつかあったのでとりあえず仕事。あとはツイッターでTLを遡って読んだりする。案外これだけで今現在の状況がおおよそつかめるのがスゴイ。新聞はむしろ確定した情報の裏打ちや詳しい解説として読んでいる。
途中から全く見なくなったのはTV。理由は書かないでおきますか(^^;。TV東京の英断は素晴らしかった、とだけ。

朝は立て続けにメールが入り、息子の高校も娘の小学校も休校になるとのことだった。ゴミ出しをして早速朝飯。食べ終わったら早速子どもたちに仕事を頼むことにする。実はトイレットペーパーが残り2個しかなくなっていた。そこでこの大地震。店頭からすぐにペーパーが消滅して補充できないでいた(^^;。
10時から駅前のスーパーが開店。12時まで営業して一旦閉めるのだという。女房は大行列に並んでレジをくぐりぬけたという。お疲れ様。
子どもたちは近所のドラッグストアに入荷したばかりのトイレットペーパーを並んで買ってきてくれた。ありがとう。これで2週間くらいはトイレの心配がなくなったね・・・。

仕事中はずっとラジオを聴いていた。今日のGLZがどんな構成になるのか、ずっと期待していた。
お店はオヤジたちが8時半には来て開けた。とはいえ、ヤシマ作戦中。暖房は最低限。蛍光灯は半分で。
計画停電の時間になっても停電されなかった。ありがたい。仕事をずっと続けることができた。集荷までにご入金いただいた分はすべて発送することができた。いつもお買い上げありがとうございます。

今週一週間は交換会が休会になった。今週末は愛書会展が予定されている。オヤジは電話で数回話をしていたが、どうやら今のところ予定通りやって見る方向のようだ。

駅前のスーパーは17時半から夜の部が開店。ちらっと棚を見たが潤沢に商品が並んでいてホッとした。明日からは一息つけるといいな。

さすがに睡眠時間が足りず、19時から30分だけ仮眠。それから夕食。録画しておいた「スジナシ」を見た。
1818歩 1.09km 18分 88.3kcal 2.0g

始まり・・・かも

昨夜は遅くまで仕事になった。

とてもありがたいことに、オークション落札品は普段と変わらない量だった。ありがとうございました。

朝起きて暖かい晴れ。TVさえつけなければいつもと同じ日曜日、のように思える。
朝飯を食べてからPCをあけて荷造り作業開始。オヤジたちは店で愛書会展の準備をはじめていた。ラジオは通常編成に戻っていて、いつもの人がしゃべっている。荷造り作業が一区切りしたころでちょうど昼飯の時間。4人でゆっくり食べた。ここ数日の話も合わせてしゃべりだしたら、息子は息子でネットの情報を巡回していていろんな事を知っていて驚いた。もうほとんど大人の会話ができるんだね。

だが、いつもの日曜日はここまで。
先日の地震で散乱した荷物の整理に入る。店の棚は無事だったが、住居エリアの棚が倒れて暫定的にモノを積み上げていただけだったので、この際だから、と、居る物要らない物に分類を始めた。時間がかかるんじゃないか、と思っていたが、案外それほどでもなく、要らない物と保存するものと処分するものに分けることができた。倒れる前はパンパンだった棚がかなり空いた。

日常の大きな変化に気づいたのは、スーパーに行った時。商品棚がスカスカだった。金曜の午後に起こった震災だから、明日からは順次品物が入ってくるのだろうか。それが不透明。その不透明さがこういう状態を起こしているのだろうね。
そして、夕食後にTVを見ていたとき。「輪番停電」の文字が目に入った。TV画面に釘付けになる。テロップが流れていく。第一から第五グループに分けられている。ウチはどこに入るのか。・・・わからない。正直慌てた。Gで検索するも要領を得ない。困ったときのツイッター。覗いてみたらすぐに分かった。第四グループだった。13:50−17:30の間の3時間程度停電することになっていた。これは毎日ってことだろう(推測)。こうなったら仕方ない。その時間になるまで突っ走って、停電してから昼飯というシフトにしよう。それしかない。・・・シエスタと考えて停電中は寝てよーかな・・・(^^;。

輪番停電で気が引き締まった。とにかく非常事態だ。やるしかない。
1981歩 1.18km 19分 93.8kcal 2.2g

その後

9時起き。

朝飯を食べて仕事を始める。TVは被災地の映像をこれでもか、と流し続けている。現実逃避と言われても仕方ないが、人には許容量というものがある。流しっぱなしは良くない。
仕事をしながらラジオ。こういう時はラジオがいい。音楽も流れる。間合いがある。TVのように緊張がずっと続くのは神経に障る。

ツイッターも仕事の合間に覗いた。できるだけ自分がつぶやくのはやめた。他の本当に必要としている方のツイートを優先してもらおうと思った。
とはいえ、仕事はあまりはかどらなかった。

16時半には店のシャッターをおろし、節電することにした。お店にお客はこなかった。夕食を食べてからオークション落札品のメール書き開始。ずっとラジオを聴きながら作業した。
やはりこういう時はしゃべり言葉が合う。ツイッターも書かれた文言によっては強すぎに感じることがあるし、TVは映像が鋭利で危険だった。
語りかけるしゃべりと音楽。ロケショーが内容の変更がありながらも通常放送してくれていたのはよかった。そういう放送もないと困ります。
1335歩 0.80km 13分 66.3kcal 1.5g

大地震

交換会へたまたま行かなかった金曜日。

14時46分に激しく揺れだした。その時、店に居た。目の前のPCが切れた。照明も落ちた。停電だった。まだ激しく揺れ続けていた。席から立ち上がって周囲の棚を手で押さえた。でも、それくらいしかできなかった。

本棚は4年前に耐震補強工事を施してあった。当時はこんなに必要ないんじゃないの?と思うほど筋交いを通した。でも、こうして地震が起こってみればその効果の絶大だったことが証明された。もちろん棚は倒れない。本も思ったほどには落下しなかった。

ところが、階段部分に積み上げていたモノがほとんど落下した。住居エリアの棚が倒れた。当然、中にあったものはすべてぶちまけられた。
ガスはメーターが地震で自動的にシャットアウトしてくれた。水道は無事だった。停電だけが続いた。

階段にモノがぶちまけられていた。女房は一人で作業中だった。余震は続いていた。地震が苦手な女房は相当恐かっただろうと思った。とりあえず通路を確保するために脇へ寄せた。棚も立て直した。息子は試験の後で学校が休みだった。女房は小学校まで娘を迎えに行った。全員怪我もせずに無事だった。でもなかなか電気は復旧しなかった。

食事の確保を思い外に出た。ウチのあるエリア一帯が駅前のスーパーも含めて停電中。でも、停電は部分的のようで、駅の向こう側は停電もなく普通に営業中だった。コンビニへ。パンと弁当を買って戻り、暗くなってきたところで懐中電灯の為に電池を買いに出た。おそらく、停電が一部だけで済んでいたからそれほどの混乱も起こっていないのだろう。駅前は電車が動いていないので人だかりができていた。駅前広場では保育園の先生が子供たちに絵本を読んで聞かせていた。絵本を見つめている子供たちの表情にちょっとホロっときた。
郵便局は機能していた。たまに救急車の音が遠くに聞こえたが、街は比較的平成だったんじゃなかろうか・・・。

結局電気が停まっていると何も出来ないことに気付かされる。徐々に暗くなっていく部屋の中で、さっき買ってきた弁当で夕食を済ませた。ラジオを聴くしか術がなかった。徐々に大変な被害が出ていることが分かってきた。

22時すこし前。ラジオの音声が突然乱れたと思ったら、電気が復旧した。おおーっと歓声が上がった。電気のありがたさを実感した。

明日はどうしよう。
3438歩 2.06km 32分 171.9kcal 4.2g

今日も1日店

晴れ。今週は交換会に行けない。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

外は寒いようだけど、ほとんど店から出ることもなかったので実際にはよくわからず(^^;。うーん、よくないなぁ。

飯の時間にツギハギで何度かに分けて二夜連続「SP」を観終わった。大好きなTVシリーズの直接の続編として映画・野望篇は制作されているはずなのだけど、直接の続編として見る側が受け取れなかった気がする。意図的にそうしているのかどうかはわからないが、全体から立ち上がってくるトーンが全く違った。TVシリーズはSPの設定や行動様式などを細かく丁寧に描写していたので、見るたびに発見のある面白いドラマに仕上がっていたが、今回の映画は映画として派手に見せる必要があったのか、仕掛けも設定も大きくなっていた(気がする)。
こういう時はSPってどうやって行動するんだろう、的なトリビアっぽい興味深さは殆ど無く、ひたすら映画的大掛かり派手アクションの描写へとストーリーも演出も傾いていく。TVシリーズは「知られざる仕事・SP」への純粋な興味と憧れの対象としても見ることができた。
セカイは有限だから、それぞれのセカイを大きく膨らませていくと、別の映画で描いたセカイと重なってしまうことも起きる気がする。つまり、似てくる。
TVシリーズ「SP」との辻褄も尾形の言動・立ち位置からして微妙に狂ってきている気がするし、このエピソードは「SP」として描かなくてもよかったんじゃないかしら、とまで思ってしまった(^^;。言いすぎかしら。すんません。

もっと頑張らないといけない仕事のほうはそれほどはかどらず・・・(^^;。
522歩 0.31km 5分 24.9kcal 0.5g

1日店

晴れ。

先週交換会へ行ったので、今週は行かない予定。歯医者さんも一段落したので、ひさしぶりにちょっとゆっくりスタートができた水曜日。

季節の変わり目。花粉とは関係なく、ちょっと体調がすぐれない。疲れだろうか、身体が変調する時期なのか。昨夜はランニングとかしておいてどうなのよ・・・(^^;。
今日は早めに寝よう、とか朝から考えてるって、高校生かいな。

昼飯を食べながら二夜連続「SP」の続き。なんと二日目は劇場版だった。アクション主体の印象。話は組織内でのゴタゴタとも取れる感じ。「SP」という題からするとどうだろうなぁ。主人公と直属の上司との関係もまるっきり変わってしまい、それも違和感のもと。まだ半分も見てないが、話はどこへ転がっていくのかなぁ。
やはり一度完結した作品の続編を造るのって相当むずかしい作業になるみたいだ。エヴァンゲリオンの時に語られた話だけど”原作者による二次創作”という言い方がピタリな気がする。
難しいよね。

先週買ってきた本をひたすら整理。愛書会展のご注文も断続的にいただく。ありがとうございます。
オヤジはお茶の時間の後にお通夜へ出かけた。

全然関係ない話だけど、「蟾酥(センソ)」って知ってますか?ガマの油で生薬なのよ。
さ、今日は早く休みましょ。
951歩 0.57km 9分 47.5kcal 0.7g

届いた

晴れ。

店舗は定休日。でも、朝からFAXが度々唸る。愛書会展のご注文。ありがとうございます。

朝飯を食べて仕事開始。鋭意荷造り作業。午前中いっぱいかかる。昼飯を食べながら、先日放送された二夜連続「SP」をすこしづつ。基本的にTVシリーズのダイジェスト。ただし、何カ所かTVで欠けていた部分を描写している箇所があった。んー、でもこのバランスは正直言って微妙かも。アクションもすごかったけど、実はアクション以外の情報量と描写の緻密さ(辻褄含む)がよかったと思っていただけに、そのあたりがゴッソリとカットされていた(^^;。この分だと映画版はさらにアクション重視で緻密さがおろそかになってるんじゃないか、と思ってしまう。「野望篇」は結局見に行ってない。
市ヶ谷の釣り堀がチラッと写った、とか、装着している時計はG−SHOCKの5600シリーズ、とか、そーいうちょっとした所に見る者は感情移入しちゃうもんです。

そうこうしているうちに、昨日改めてポチっとしたWX10が到着。早かった。先行して買っておいたSDカードを装着して早速試しどり。一番試したかったスイングパノラマ機能を試す。なるほど、スイングで撮れる。これがズームレンズの全焦点距離でできたりすると理想的だな、と思ったが、さすがにそれはできない。それと、レンズがパノラマ撮影用に切り替わって、普通の撮影モードよりも直線が歪む描写になる。まだいろいろ制約が多いみたいだ。スイングを一定の動きでなめらかにしないと、画面にそのままでこぼことして残ってしまうから、本気で撮影するには三脚を使わなければだめかもしれない。
今まで使っていたR8より一回り小さい。その上でスペックは格段に上がっている。この3年でデジカメはものすごく進化していたようだ。
替えのバッテリーを買わないとイケナイな・・・。

夕食後はオークション落札品のメール書き。終えてひさしぶりにランニング。
9842歩 5.90km 75分 580.3kcal 20.5g

1日店

昨夜は体調を崩した。晩飯もろくに食べられなかった。

そのため、23時過ぎには寝た。今朝は9時に起きた。体調はどうにか戻っていた。どうやら寝不足だったみたい(^^;。

朝飯を食べながら「TAROの塔」を見た。すこし元気が出た。そのまま仕事に突入。鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

すでに愛書会展のご注文も断続的にいただいており、オヤジは都度電話を取って受注していた。なんだか嬉しそうだ。もちろん、ワタシも嬉しい。とにかくタイヘンな金額の元手と経費を突っ込んでいるわけで・・・。売れてくれないと困るんです(^^;。

外は雪。落ち着いて仕事ができる。なかなかペースは上がらなかったが、出品作業もひと通りできた。発送荷物は山のように積み上がった。

夕食後はロケショーを聴きながらメール書き。出張フニオチコンテストを聴く。面白かった。なんていうか、出てきてしゃべる人のパワーを感じた。こうやって聴いてみると、出てくる人出てくる人みんな個性があって面白い。しゃべる内容はもちろん、喋り方も佇まいも違う。それだけでも十分面白い上に、ふかわさんのツッコミが冴えてる。今度イベントがあったときは観に行ってもいいかもなぁ・・・。
607歩 0.36km 6分 28.0kcal 0.6g

憧れの釣り堀

起きたのは9時過ぎ。

朝飯を食べて、荷造り作業をして。いつもお買い上げありがとうございます。

娘が足をくじいたらしく、「今日は出かけないよ」ということだったので、ワタシ一人で出ることにした。飯田橋駅で降りて神楽坂。坂を上がると毘沙門天。ずいぶん久しぶりに来た気がする。正面の路地に入って、大行列のカフェを横目に料亭街を抜けていく。行先はブラタモリで紹介された筑土八幡神社脇の坂・通称ゴミザカだ。御殿坂を登っていくと向こう側に坂は下っていく。よく坂の横に区で立てた案内があるのだけど、ここにはなし。そういえば以前ここに来たことがあるな。TVの影響は全くなし。人っ子ひとりいない。
御殿坂の横をさらに上がっていくと台地の平坦な場所になる。白銀公園の横を通ってそのまま早稲田通りへ出る。神楽坂上交差点から大久保通り。その先に袖摺坂があった。ここも五味坂の表示はなし。まあ、そりゃそうだろうね。
横寺町、箪笥町と歩いて市ヶ谷方向へ歩く。外濠と総武線が見えた。

時間はまだ3時半。よし、思い切って市ヶ谷の釣り堀に入ってみよう、という気持ちになった。坂を降りていくとすぐに受付。2時間分の料金でエサ・竿付1490円。短竿を持って池全体が見渡せる場所に座った。

ありゃ。ウキの位置が結構上の位置にあるな、と思い調整。ところがこれが間違いだった。まったくアタリ無し。周りで釣れている人のタナを観察すると、ほとんど底にベタっと落としていた。すこしづつ調整していったら、結局最初のウキの位置になった(^^;。
と、そこでいきなりアタリ有り。ウキが消しこんだ。サッと合わせると乗った(!)。もちろんスレ針だけど、ラインのテンションを緩めなければ大丈夫。タモ網で掬い上げる・・・。っととと。入れた入れた。釣れました(^^)。
結局はタナの勝負。周りの様子を見ていると場所に関わらず釣れていた。その後もちょうどいい間隔でウキが明確に消し込むアタリが続く。17時過ぎにエサがなくなったので納竿。タモ網には大きな7匹のコイが暴れもせずに顔を寄せ合っていた。

帰り仕度をしてコイの入った網を持っていくと、重さを量ってくれる。それに応じたサービス券を呉れた。「次回1時間無料」とあった。ただし有効期間は3ヶ月。今度は何時来れるかな・・・。

実は夕間詰めのこれから1時間が最大の釣れ釣れタイムなんだけどなぁ・・・。とはいえいい余韻に浸りながら帰ってきた。
7674歩 4.60km 75分 363.2kcal 9.6g

1日店

朝から快晴。こういう日に出かけたいなぁ・・・。

朝飯を食べながらタモリ倶楽部。バスの運賃箱。そりゃ運賃箱の変遷もすごかったけど、やはりタモリさんの運転手芸が面白かった。乗り物ってやっぱり盛り上がるよねー。

荷造り作業は殆ど無く、午前中からオークション出品作業。没頭というわけにもいかなかった。なぜなら、眠いから(^^;。昼飯を挟んで作業続行。

今週はずっと交換会へ通ったので、出品作業の時間が先週よりも少なめだった。それは仕方ないのだけど、その分も今日は仕事を進めておかなければならず、なかなか席を立てない時間帯が続いた。あー、なんか、こういうのって健康に悪そう・・・(^^;。

夕食を食べながら科学くん。流氷の話はなかなか興味ふかい。川から栄養が流れてくるんだねぇ。クリオネのバッカルコーンが見たかった・・・。

夕食後はコーヒーを飲んでからオークション落札品のメール書き開始。大量!いつもお買い上げありがとうございます。
録音しておいたラジオを聞きつつ作業をしているうちにタマラジが始まり、ロケショーが始まった。ようやく書き終えて日記書きをしていたら、がさごそと朝刊が届けられた・・・(^^;。
1080歩 0.64km 11分 51.1kcal 1.0g

二往復

今日も交換会へ行くつもり。

晴れている。荷造り作業を終えてツイートも終えてから電車で神保町へ。連日一口が出て交換会は盛り上がっている。

車中では今日も「ニッポンの思想」を読む。蓮実重彦と柄谷行人。そして福田和也についての項を読む。ここまで読んで一つわかったことは、その人の発表した著書を批判して乗り越えることで時代は区切られていく、ということ。批判の批判だったり、論を組み立てているうちにいつの間にか現実と乖離を始めてしまう論も出たとかでなかったとか。
本書でも「ポストモダン」についての記述があり、先日読んだ「動物化するポストモダン」にも言及していた。本書では全体を俯瞰する立場で「ポストモダン」の定義には様々ある、と解説している。なるほど、あまりアツく狭く考えるのはかえってよくないかも。

入札。メールで予告を見ていたけど実際にはスゴイ質と量だった。札を書きながらも、これは落札できないだろうなと弱気になる。昼飯を食べて店に戻った。

荷造りをして、お茶をしているうちに時間。クルマで再び神保町へ向かう。果たして、ドーンとカーゴ1台分の落札品が・・・。水曜日からの荷物と合わせてカーゴ2台分を粛々と積み込んで帰路。お世話様でした。
車中では録音しておいたラジオ。小島慶子さんっていい声してるねぇ・・・。

夕食を食べながら、娘がやたら楽しみにしている「フラクタル」を見る。夕食後は誕生日のケーキを。おいしい!
夕食後は走りにも行かずに愛書会展の目録をアップするなど。
6830歩 4.09km 63分 340.3kcal 8.6g

今日も交換会へ

快晴。寒い。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

今日はひな祭りということで、母親は桜餅の予約をしてから店にきた様子。「さっき行ったら12時頃にできますって」とのこと。地元にずっとある和菓子屋さん。

荷造り作業を終えて、今日も電車で交換会へ向かう。大市会で買った本が少なめだったようだ(^^;。来週仕事をかける本がない。

車中では佐々木敦著「ニッポンの思想」を読み始める。著者がリアルタイムで思想に触れた1980年代から現在までの思想的状況について書かれている。面白いと思ったのは、書かれた本だけでなく、その思想家の振る舞いについても言及がなされていること。たしかにメディアへ登場して喋ったりすればそれで本が売れていく事実があるかぎり、振る舞いも一体で考えるべきかもしれない。いかにすごい思想でもそれを受容するのは常に読者なので。
で、この本は浅田彰「構造と力」と中沢新一「チベットのモーツァルト」が取り上げられるところから始まっている。どちらも1983年の刊行。朝日新聞で「ニューアカデミズム」として紹介され、「構造と力」は15万部(!)売れたという。なるほどそうだったか。たしかに「構造と力」は何度も何度も入荷してはその都度必ず売れて行った。
本文の引用もしつつ、すごく丁寧に著者はこの本の内容についても解説を加える。その一方で、この本を買った人が内容を理解して読んでいたかどうかについて訝っている。ともあれ、「ニューアカ」は「思想」と「かっこよさ」と結びつけた戦後はじめての現象だった、と続けている。

入札を終えてから歩きたくなりアキバまで。いつも好きで昌平橋を渡るコースを選ぶ。今日はスケッチしている集団が居た。
昼飯を食べてからWX10を触りにYカメラ。すでに実機が陳列されていた。かなり小さいボディと機敏な動作。なかなかいい感触。今回目玉と思っている機能のパノラマ撮影を試すとあっけなく成功。それはもうビックリするくらい簡単。大画面でスイングパノラマがデジカメでも実現されていた。実際に外で撮影してみないとなんとも言えない所は残すものの、ホライズンと比べてどうなるかなぁ・・・。デジタルってすごいな、と思った。

店に戻ってお茶の時間。桜餅のおいしいこと(!)。あっという間に食べてしまった。もう1回くらい食べる機会はあるかしらん。
5512歩 3.30km 51分 278.5kcal 7.5g

交換会へ

店舗定休日。

朝から歯医者へ。ようやく歯が入った・・・。これでマトモにものが食べられる。「シール側は絶対使わないでくださいね」と先週の治療後に言われてから逆側のみ使うように噛んでいたため、食事がタイヘンだった。

店に戻って荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてから今日は交換会へ向かう。
車中では東浩紀著「動物化するポストモダン」の続きを読む。面白い。ポストモダンを近代の後とするなら、著者は1914年からその萌芽が見られ、1989年の東西冷戦集結で近代は終焉を迎える、とする。それ以後は完全なポストモダンと図示している。
モダン(近代)とは国家という単位で成長を目指す物語を共有している状態を指す。成長がピークを過ぎてポストモダンに至り、成長という物語を失ったあと、何を縁に人間は生きていくのか、というのが本書の主題だと思う。
そこで端的に登場するのが本書で詳述されるサブカルチャーとオタク。なるほどなー。そーいえば漠然としたイメージしか持っていないかも・・・。サブカルの捉え方(消費方法)は本書によれば世代間で違っているらしい。上の世代は物語消費していたが、ポストモダン世代になると物語は半ばどうでもよく、”キャラ萌え”にその価値を見出すという。ちょっとビックリしたのは、例えば「エヴァンゲリオン」を見たとき、ワタシはそのストーリーや設定、世界観を理解することにある種の面白さを感じていたが、”キャラ萌え”となればそんなことはどーでもよく、レイとアスカのどちらに萌えるか、ということが主題になるらしい。なるほどフィギュアの価値観にはそういう裏打ちがあったのか・・・(!)。
もっと言えば、”萌え要素”として挙げられる、ねこみみ、動物、天使、メイド、めがね、などを組み合わせてキャラ萌え、となる・・・。
このキャラ萌えは「物語消費」に対して「データベース消費」と著者は名付ける。・・・とにかく情報量の多い論理的な本なので、要約するのが難しい。おそらく正しく要約出来てない(^^;。
続きを読むのが楽しみだ。

入札を終えて昼飯。すぐに店に戻った。空は曇天と思っていたら雨になった。

夕食を食べながら「スジナシ」を見る。斉藤由貴さんの回。2002年放送の再放送らしいけど、久しぶりに見たなぁ・・・。
夕食の頃には雨は上がり、気温はぐんぐん下がりだす。仕事を終えてから走ったけど、真冬よりも寒い気がした。
12700歩 7.61km 101分 724.1kcal 24.6g

臨時営業

曇空。

普段なら今日は定休日だが臨時営業。午後から雨が降り出したりして、開けておく意味はほぼ消え去ったが(^^;。

息子は近づいた期末テストの勉強で、朝からお友達と一緒に部屋にこもっている。娘はいつもどおり学校だけど、3月ともなると卒業式関連の予定が結構入ってくるらしい。卒業式まであと3週間ほど。

朝飯を食べながら「TAROの塔」を見た。松尾スズキさんが岡本太郎を演じている。70年万博で太陽の塔を立てることになる経緯と、少年時代から育ってきた半生をうまく絡めながら並行して描いている。
見る前はちょっと不安な気持ちだったが、いざ見てみればかなり面白かった。松尾さん、どうやって似せているのかわからないけど、あまり違和感ないと思った。そして、驚いたのは岡本かの子を演じた寺島しのぶさんの鬼気迫る表情。岡本太郎の物語を描くとき、その芸術性の”源泉”たる岡本かの子が凄くなければならないだろうな、と思っていたが、文句なく凄かった。「燃えている」のも「血だらけ」なのも赤。チャックの付いた森の怪物も赤。
やはりあれくらい突き抜けてないと残らないだろうな、と思う。誰が何と言おうと自分を貫き通すなんて、普通は無理。普通じゃないんだ。それくらいはわかる。
続きが楽しみだ。

夕食を食べながら「スジナシ」を見た。山下真司さんの回。おもしろいなぁ。今回はじめてわかったが、山下さんは天然だった。やっぱりこういう即興劇(というかバラエティ)に出るとわかっちゃうもんだね。

仕事を終えても雨。”ブ”で買ってきた東浩紀著「動物化するポストモダン」を読み始めた。
1148歩 0.68km 19分 59.9kcal 0.8g

月末

雨の月末。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。延々終わらず、昼飯を挟んで15時ころに追いついた。

昨夜見た「インセプション」。長い映画だったが見始めたら最後まで一気に見てしまった。「夢」で仕切られた次元を行き来する主人公たち。夢の中で起こる出来事は見ている人の自由なので、現実では考えられないようなことも起きる。夢の中で夢を見る夢。さらにその夢の中で・・・、とまるで合わせ鏡のように「自分」が何層もの「夢」の中で平行して存在する。
主人公は産業スパイ(ディカプリオ)。渡辺謙の演じる社長からライバル会社をつぶしてほしいと依頼される。継いだライバル息子の潜在意識に働きかけて会社をつぶすように即すという内容だった。具体的には「夢」に介入することで、本人にもどうしてそう思ったのかわからないようにする・・・。それをインセプションと呼ぶらしい。
派手なアクションと夢の中で起こる現実にはあり得ない現象。視覚効果を見るだけでも充分楽しめる。夢の中で見る夢の時間は実際の時間よりもゆっくりと過ぎる、などの”ルール”があるようで、そのまた夢の中ではさらにゆっくりとなるらしい。誰がそんなこと決めたのか?みたいな想いが見ていて浮かんだ。劇中、夢の中で派手にアクションを決めながら「あと3分」とかタイミングを見計らっている描写もある。・・・これってひょっとして・・・そうなっていることを知っているんじゃなくて、そうなるように”決めている”のでは(?。
やっぱり「マトリックス」を思い出す。夢と現実を行ったり来たり。ただし、夢は見ている人が世界を「構築」できるが、マトリックスではすでに「造られた世界」だった。
やはり、最後にどんでん返しが来る(!)。仕事を成し遂げた主人公は家に帰ることになるのだが・・・。
どうやら論争があるようだけど、ワタシは夢だと思った。だって、そうじゃないとストーリー的に納得できないよ。まあ、見てみればわかること。ドラえもんでもやらなかった、このハリウッド大作が放つ堂々の”夢オチ”に拍手だ!

仕事を終えたころには雨がやんでいた。ランニングにも行ってきた。
9237歩 5.54km 72分 531.9kcal 19.4g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。