2007年4月アーカイブ

多摩川散歩

朝から快晴。絶好の行楽日和。

となれば、何処へ出かけても人でいっぱいのはずだ(^^;。こういうときは地元で静かにしているのが得策。昼過ぎに近所を散歩することにして3人で出かけた。息子は午後から部活へ行った。

多摩川河川敷。やはり駐車場は満車で通路に縦列駐車の行列も出来ている。すでに飽和状態だ。お約束のバーベキューがそこかしこで。皆さんマメですねぇ。
川側に遊歩道が出来ていて、そこを伝って歩いていこうということになった。よく早朝の釣りに来ていた場所は最近水位が上がらず釣りにくそう。今日はバーベキュー場になっている。調布取水堰はアユの遡上期間中のために堰を解放しており、その上流の水位もがたんと下がっている。堰の手前にはどこから来たのか鵜が数羽。時たま潜っては獲りたてのアユをぴちぴちと踊り食いしていた。
釣りをしている人もいるが、とても釣れる時間帯ではない。隣で子供たちが石投げをしていたりする(^^;。お気の毒。娘も投げていた。

遊歩道を歩く。河原ハウスが立ち並ぶ一角。今日みたいに晴れた春の日は気持ちいいだろうが、冬の風の日はどんなだろうなぁ・・・。河川敷は野球場に整備されていて、少年野球から草野球まで練習やら試合やら。ワタシも30年前にはあの輪の中にいたわけで・・・。

等々力の手前にあるベンチに腰かけておにぎりの昼食。食べ終わってから等々力緑地へ。娘が遊具で一渡り遊んでからトイレをお借りして多摩川散歩を継続する。

第三京浜の手前で野球場が切れてゴルフ場になっている場所があり、川べりの遊歩道はここで途切れていた。あとは土手側の道路を歩いて行く。両側にユキヤナギが植えられていて、ひと月前にはきれいだったはずだ。ウチらのようにウォーキングしている人や、ジョギングしている人多数。

河川敷の野球など見ながら歩いているうちにいつの間にやら二子橋に到着。橋を渡って二子玉川方面に。田園都市線橋脚下にはバーベキュー隊が丸子橋際よりも密集して肉を焼く焼く・・・。祭りか?

娘が疲れて元気がなくなっていたので、ドーナツを買って河川敷で食べる。クランベリーチーズなどみな期間限定の商品で、なかなか美味。風が結構強く、川の流れも早い。少し傾きかけた日がキラキラと川面を照らした。

もうすぐ誕生日の娘のリクエストで夕食は近所のDへ。さすがGWのファミレスは大混雑だった。
15635歩 10.16km 151分 794.8kcal 21.8g

GW

今日から世間はGW。

いつもどおり仕事の予定のみ。昨日交換会で買ってきた荷物が再び店に積み上がっている。なんとかGW期間中にこれを解消しておきたい(という希望)。

朝飯後、毎日飲んでいる滋養強壮剤。リキッドタイプなのでカプセルにスポイトで注入して飲むのだが、うっかりカプセルの容器を倒してしまった(^^;。運悪く流しに落ちたもの多数。濡れると使い物にならない。様子を見た娘は「ちょっと食べていい?」といいながら食べ始めた・・・。なにやってんのかなぁ。オブラートを物珍しく感じるのと同じ類か。
「落としたカプセルどうした?」と薬を飲みながら聞く女房。食べてるよ、とワタシが言ったら含んでいた水を笑って噴き出した(!)。流しへ移動する間にパソコンをしていた息子の上にも・・・。大惨事じゃないかよー。

荷造り作業後、オークション出品作業を始める。本をセレクトして積み上げる。掃除して写真撮影。午後からデータアップを始める。
息子は午後から部活。娘はプールがあるので少し早目に出て商店街のお祭りを覗いて行くそうだ。うまいことGWだからって出かけなくても済むような感じになっている。出たくないよ、GWは。

夕食後、オークション落札品のメール書きをしながらビジネスラジオ。今日は新規参入したケータイ電話会社の社長さんが出て、今後のケータイについて熱く語っていた。曰く、世界のケータイ電話はどの国へ持っていっても使える共通規格になっているが、日本のケータイは日本でしか使えない。これは逆にいえば外国人がいつも使っている携帯電話を日本に持ってくると使えなくなることを意味する。そんな内向きの業界でいいのか、と力説されている。現在日本国内のケータイは9兆円の売上をたった3社でシェアしている超閉鎖的な産業になっており、それが内向きの経営を支えてしまっているらしい。世界では標準となっているインターネット電話のスカイプもなぜか日本では普及しない。料金がかからないという構造を持つため、参入を許すまじという勢力に抑え込まれているかららしい。いわゆる既得権てやつだ。そのため、日本人は世界標準からすればとんでもなく高い通話料を支払わされているのが実態らしい。
この社長さんはすでに還暦を超えられたらしいが、閉鎖的な業界体質をもっとオープンにしなければ健全な成長は見込めない、との信念を持って”体制”にぶつかっていくつもりらしい。「かっこいいですね」とMC。たしかに。
7950歩 5.16km 68分 458.5kcal 14.9g

二往復と少し

朝から晴れ。布団干し。

荷造り作業を一生懸命。いつもお買い上げありがとうございます。作りきらないうちに明古へ行く時間となる。
ダダダっと本屋に駆け込んで「食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉」を買う。さおだけやは読んでいないが、ある方のブログに古本屋が例題に出てると聞いたもので。何かのハウツー本のように軽い書きっぷり。なるほど売れる本とはこういうものか。数字をうまく使うと主張にメリハリを付けられるとは確かにそのとおりだ。神保町へ着くまでに半分以上読んでいた。文字が大きくて行間が広いため(^^;。
帰りの電車で読み切ってしまった。物事は多角的に見なさい、ということがいろいろなパターンで繰り返し書かれていた。ただ、古本屋は名簿を扱ってもうけている、という記述は正しくない。これは訂正してもらいたいね。

入札を終えてお昼ごはんを食べてから店に戻る。昨日アマゾンに発注しておいた細野晴臣「S・F・X」が届いていたので、さっそくipodに取り込んで荷物を取りに行くクルマの中で聴き始めた。
先日YMO本を読んで以来、ずっとYMOの周辺を遡る旅を続けている。この細野さんのアルバムの発売はなんと1984年12月(^^;。じつに22年以上前になる。ワタシが高校生のころだった。当時はまだCDも出始めで、これは当時レコードで購入していた。テープに録音して買ったばかりのウォークマンで聴きまわす。そんな高校生だった。
おおよそ20年ぶりに聴くこのアルバムには懐かしさと新鮮さが詰まっていた。細野さんは22年前に”現在という名の未来”を表現していた。全6曲のうちの第5曲目は「第三の選択」。例のあの深夜に放送されて話題になった「地球温暖化によって火星移住する計画」のアレだ。レトロ・フューチャーであるが、今聴いてゾッとするということは、タイムカプセルだったのかもしれないな・・・。
YMO散開直後に発表されたメンバー3人のソロアルバムは、YMOのその後の展開を暗示していたようで今も聴けるアルバムだ。坂本龍一「音楽図鑑」:セルフ・ポートレイトが秀逸。高橋幸宏「WILD & MOODY」:WALKING TO THE BEATは繰り返し聴いた。

夕食後、荷造り作業。終えてから雪谷まで往復。
13434歩 8.72km 118分 757.2kcal 21.0g

ほぼ1日店

朝からいい天気。なんだか久しぶりな気がする。

ずっと花粉のことがあって干せなかった布団。今日は息子のを干した。何か月ぶりだろうか。
TVでは植林についてやっていた。興味深く見る。曰く、日本にはその土地その土地にもともと自然に形成された森があったが、人間活動のために伐採され、そのあとには経済的に優る杉や桧が植えられた。たとえば関東地方はタブの木という広葉樹の森が広がっていた。広葉樹は一般的に根が深くまで伸びるので、土地の保持力が強い。また葉が分厚く広いので保水力も高いため、防火の役割も担う。針葉樹は確かにまっすぐのびるので建材に最適だが、根が浅いため倒れやすく土地の保持力は弱い。山間地の土砂崩れが増えたのはその土地になじまない針葉樹の森にしたことが主な原因という。建材の確保と引き換えに安全を手放した形だ。
森は管理しないとダメになる、という話があるが、それはその土地に合わない針葉樹を植えるから起こる現象で、もともと適している広葉樹を植えれば特に管理をしなくても強い森に育つという。強い本物の森は豊かな生態系の基礎となる。戦後の経済優先の考えは花粉症をはじめ悪い影響ばかり与えているのだろうか・・・。
日本の代表的な広葉樹だったタブの木は関東平野一面に森を作っていたが、開発によりほとんどが伐採され、現在は浜離宮庭園でしか見られないとのこと。

夕食後、オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。その後、夜の散歩に出る。北風が強くて結構寒い。石川台まで往復。ケータイ屋さんの窓から仲間由紀恵ネエさんがニッコリしていたり、25時まで営業の手打ちうどん屋さんがあったり、大通りの向こう側からカレーのいい匂いが漂って来ていたり・・・(^^;。街を歩くといろいろな刺激を受ける。24時近くの新丸子駅はまるでラッシュ時間かと思わせるほどの人が出てくる。先日のビジネスラジオを聴いていたら、飲食店を300店舗経営する社長さんは「街が先生です」と言いきった。いろいろなコトを見るのが一番いいようだ。無論その根底には好奇心が必要だけどね・・・。そんなこと知ってるよ、では役に立たない。だからこうしてるよ、が必要なんだなぁ。

明日からGWが始まり6日まで休む人がいる、ということを知り、軽くショックを受ける(^^;。
9139歩 5.93km 76分 541.0kcal 18.2g

歩きながら

天気が良くない。

3月だったはずの菜種梅雨が4月の終わりに振替えとなっているようだ。
朝飯を食べながらドラマ「わたしたちの教科書」の第二回を見る。現実を描いているわけではないだろうが、もし今の学校がこれと似たような状況だとすれば恐ろしいことだ。

午前中から午後にかけて荷造り作業に専念。いつもお買い上げありがとうございます。
昼飯を食べたあと、女房と娘の二人がかりで端午の節句の兜を飾っていた。taro鯉のぼりも添えてあった。

いまさら無駄と思いながらホームページのリニューアルを考えていて、その実現のために新しいホームページ作成ソフトを買ったりしている。ただ、レイアウトをどうするか、という一番重要な問題をずっと積み残したままだった。ここのところずっとそのことがグルグルとアタマの中を回っているのだけど、日常の業務に忙殺されてうまくまとまらない。おまけにここ数日は特に忙しかった(^^;。

いつも行く夜の散歩。今日は天気が良くて気分もいい。雪谷の先の石川台まで歩いた。折り返し点近くのコンビニで野菜ジュースを飲む。やっぱりカゴメのが一番うまいね。セロリの香りが効いている(^^)。
再び歩き出す。ふと、ホームページのコンテンツとレイアウトの構成が浮かんだ。歩いて身体がほぐれるとひょいといい考えが出てくることもあるんだな・・・。まだしばらく忙しいのと、新しいソフトの使い方に慣れるまで時間がかかりそうだが、いずれ成しますのでお楽しみに。
9321歩 6.05km 76分 550.9kcal 18.3g

ほぼ1日店

朝から曇り空。

万歩計の電池が切れたので取り換える。できるだけ毎日歩くことにしているが、どうしても歩けない日も出る。雨の日か土曜日。これからの課題。

朝飯を食べながら録画しておいたドラマ「わたしたちの教科書」の第一回を見る。志田未来さんが主役か、と思うほどの存在感。安定してるねぇ。今の学校をとりまく問題について、がテーマ。今のところノーコメントで。とにかく重い話。

荷造り作業。昼飯を挟んで続行。件数は多かった。いつもお買い上げありがとうございます。

江戸博物学のTVは3回目。江戸時代の百科事典を編纂した人の話。天然色で精密に描かれた動物たち。すでに絶滅してしまった種も載っているとか。
それまでの百科事典である「和漢三才図会」には蛇の横に龍が載っているとか、鳳凰や麒麟など、空想上の動物と実在の動物が同列に扱われていて、日本人の動物の捉え方がよく表れている。たとえばカラスといえば神の使い。熊野でカラスが三羽死ぬ、という落語もあるよね。鶴や亀は長寿やめでたいことのシンボル。狐は稲荷神社。龍は為政者が善政を行うと現れる、など、それぞれの動物には役割のようなものが与えられ、現在の博物学とは異なったとらえ方だった。
享保以降、それらとは違い、学問的に動物をとらえる見方が出てきて、百科事典の様相もガラリと変わったのだそうだ。
基本にあるのはやはり好奇心。よく物事を見ること。これがすべての学問の基本となる。

午後いっぱいかけてオークション出品作業。昨日の落札品がドカっとありそうなので、今のうちに整理を進めておきたい。女房はデータベース入力作業。

夕食後、オークション落札品のメール書きを終えてから雪谷まで散歩。途中から霧雨が普通の雨に変わる。まいったなぁ・・・。傘をさして歩き続けた。
7531歩 4.89km 62分 448.7kcal 12.4g

往復

曇り空。

朝飯を食べながら「冗談じゃない!」を見る。毒のないドラマなのである意意味気楽に見る。日曜の夜って確かにこんなノリのドラマがいいんだろうね。前クールの「華麗なる・・」は異色だった。

江戸の博物学についてTVでやっていて、今日は二回目。人魚のミイラ登場。これは以前川崎市民ミュージアムで開催された「日本の幻獣」展を思い出した。暑いのに見に行ったなぁ。
で、この人魚のミイラは、専門の職人さんが作った偽物なんだそうだ。顔は紙で作ったハリボテで、もちろん骨格はなくて針金と木の切れ端を組み合わせてあるという。ちゃんとエックス線写真も出たが、中身はスカスカだった。ちなみに鱗はコイのを貼り付けたという。
当時見世物小屋でこれを見た外国人が、日本には人魚が居る、ということでその偽物を持って帰り、日本に生息する「人魚」として絵入で文献に紹介したというからたいしたものだ(^^;。もしかしてディズニーの人魚姫はこのミイラがルーツなのでは?
牛の身体に人の顔。これを「件(くだん)」と呼ぶ。たしかに人と牛という漢字でできている。この不思議な生物は天候不良などで人々が不安な気持ちを抱くような時に登場し、飢饉や疫病が起こることを予言する。件の剥製が出てきた。オッサン然とした顔の牛。これも作りものじゃないかと思ったが、どうやら偽物ではないらしい。稀に生まれる奇形の子牛ではないか、ということだった。

江戸時代になって博物学が大流行した背景には、何でも見てやろう、という好奇心があった。それはもちろん世の中が安定して豊かになったことも前提だろう。顕微鏡が西洋から入ってきて、拡大された蚊や蝿の姿を見た人はその化け物のような形に驚愕し、我々には見る能力が足りないから見えていないことがまだたくさんあるに違いない、と思った。妖怪の種類が爆発的に増えたのもこの時期と一致するらしい。わからないことをわかりたい好奇心。それは今も昔も変わらない。

昼過ぎに交換会へ向かう。入札を終えてから昼飯。いつも行くそば屋で、”セール!エビが1本おまけ”に釣られてつい天丼を頼んでしまった。あとから後悔。こんなところで天丼を食べちゃならないんだった・・・(^^;。

店に戻って荷造り作業の続き。今日中に発送できる荷物を作る。いつもお買い上げありがとうございます。今日も大量に発送。

夕食後、オークション落札品のメール書き。終えてから夜の散歩。途中雨が落ちてきたのであわてて引き返す。
9834歩 6.38km 88分 562.2kcal 16.5g

藤城清治光と影の世界展

あまり天気が良くないと予報。

それなら、ということで、横浜のそごう美術館で開催中の「藤城清治光と影の世界展」を見に行くことにした。すぐに電車では運動にならないので、日吉まで散歩することにした。法政通り商店街は「初めて歩いた」と女房。このあたりはなぜか高校生のころによく通った道だ。おもにラーメン屋に来た記憶。女房は前向きに歩いてくれるのだけど、娘は途中でへたってしまい、元住吉あたりで「でんしゃにのろうよー」と弱音を吐く。なんとか気持ちを鼓舞して日吉までたどり着いた。大戸屋行列(^^;。昼飯。食べ終わって出るころには行列の長さは伸びていた。

ひさしぶりのそごう。ちょうど14時で、入口の仕掛け時計を見る。TDLを思い出す。6階のそごう美術館。入口にはそれほど人は居なかったが、中に入ったらたくさんの人が。見渡すと夢見る少女に元少女、かつて少女だった方々(失礼(^^;)。やっぱり女性が多い。もちろん今日来たのは女房のリクエスト。文学少女だったころ、藤城先生の挿絵が入った絵本を繰り返し読んでいた。

過去の展覧会も何度か見ていたが、今回は最大規模。リストを見たら160点もある(!)。油絵を書き始めたころの作品から始まって、モノクロの影絵、カラー影絵。近作のとても繊細なタッチで描かれた影絵まで。ビデオで影絵の制作風景が流れていたが、下絵を書いた紙を剃刀で切り抜いて行く作業は、完成した作品から考えたらとんでもない手間に思える。でも、そうして丁寧に制作されるからだろう、この作品群の存在感は圧倒的だ。

会場を出たところにはミュージアムショップ。今回の展覧会図録も売っていたが、影絵の印刷化はやはり難しいという印象。あれこそ実物を一度見てしまえば再現しようもない表現だということがわかる。オリジナルを見る価値のある展覧会でした。女房はかつて持っていた絵本の新版が出ていることに気が付き、1冊買っていた。

屋上で一休み。ものすごく風が強い。岡本太郎作「太陽」がにょっきりと立っていた。娘はちょっとした遊具で遊びまわっている。よく疲れないなぁ。そごうを出ると16時。再びからくり時計を見物。それから西口のYカメラで買い物をして帰ってくる。
10805歩 7.02km 108分 550.5kcal 14.5g

1日店

晴れたが風が強い。

そろそろ連休が近づいてきて、皆さん気もそぞろでいらっしゃるのでは・・・。ウチは、ですね、自営業なので連休なんて一切関係なしです(^^;。この間に店内を整理できたらいいな、くらいなもの。交換会に行かずにずっと座っていれば徐々に減っていってくれるのでしょうが、それじゃワタシの気持ちがおさまらないんでして・・・。で、結局、連休前に買いこんでしまえってんで、札を書く手が滑ってまた本の山が増えてしまう、なんてオチがつく・・・ならいいな、と(^^;。最初から減らそうという気がないんだから困ります。

昨日買ってきた本が加わって幾分本の山が増えているので、今日は朝からオークション出品作業。土曜日はワタシが専門的に扱っている本を中心に出すことにしている。量を絶やさないことが基本にあって、それに+アルファな味を出せたらいいな、の土曜日です。

息子は昼前から塾の実力テスト。少し早目の昼飯を食べて出かけて行った。午後も引き続き仕事。夕方になって町会費の集金が完了する。これで来週振り込めます。
娘のプールがあるので女房と一緒に出かけて行った。息子はお茶の時間ころに帰ってくる。出来はどうだった?「まあできたよ」いつも会話が短いな(^^;。

少し早目の夕食後、息子は再び塾へ。残った3人でのだめのアニメ。オークション出品作業をギリギリまでやってから落札品のメール書き開始。今日は強烈に大量だったので、桑田さんのラジオを聴きながら鋭意進めた。日付が変わるころにやっと終了。いつもありがとうございます。

それから日記書き開始。
1510歩 0.97km 15分 81.4kcal 1.8g

二往復+アルファ

晴れ。

ここ数日は冬のような寒さが続き、厚着をして仕事をしていた。幾分気温も上がってきたかしら。

仕事を一渡りして明古へ向かう。車中「核武装論」を(やっと)読み終わった。あえて感想は書かず。もう一度読んでおきたい。世論と輿論の違いを指摘されて唸る。

新丸子駅にちびまる子ちゃんのポスター。よく見ると写真は新丸子駅で撮影されている。なるほど、ドラマでまる子ちゃん役の女の子が変わったからか。それで、新まる子、ね(^^)。一昨日は1日駅長を務めたらしい。

入札を終えてからお昼ごはん。食べ終わってからまっすぐ店に戻る。息子のお友達5人、娘のお友達1人。女房は少し小さくなりながら仕事をしていた。よくこんな狭い部屋に集まるよなぁ・・・(^^;。ま。地域に貢献できるからいいんだけど。

お茶を飲んでからクルマで神保町へ。最近道がすいているので助かる。今日も本は高くてほとんど落札できず。めげずに通うことが大事。来週もがんばります。

録画しておいた「時効警察」を見た。一応刑事ドラマの体裁を取っているけど、すべては時効になってからなので普通の刑事ドラマのような緊張感がない(^^;。代わりに小ネタがツメツメで見逃せない。「猿罪」ってなによ・・・(^^;。オダギリジョーがシリアスのかけらもない演技でブッちぎれている。そういう風に見せるためのご苦労もありそうだが。
昨日寅さんの冒頭に出てくる夢の場面を見ていて、いわゆる劇中劇で”芝居臭い演技”に見せるのって技術が要りそうだな、とちょっと思った。

店に戻ってから仕事に専念。途中夕食を挟んで続行。いつもお買い上げありがとうございます。明日確実に発送いたします。

仕事に区切りがついたので雪谷まで散歩往復。ちょっとやりすぎた(^^;疲れました。
14359歩 9.33km 124分 840.3kcal 25.1g

ほぼ1日店

朝から晴れ間。でも寒い。

寅さんの映画を細切れで見ている。リリーさんはシリーズ中のマドンナ役で一番出演が多かったと聞いているが、確かにキャラが立っていていい感じだ。見ていると人情話の落語を聴いているような気分になるが、落語にはサゲがあるけど寅さんにはない。だから続くんだけどね。

荷造り作業をしているうちに昼飯の時間。食べながら録画しておいた「冗談じゃない!」を見る。フランスのニースまでロケに行ったらしい。ドタバタ系のラブコメ。織田裕二さんもオトコの顔になりましたね。樹里っぺはたまにのだめが出てるヨ(^^;。

午後いっぱいオークション出品作業。夕方になって町会費の集金に出るも、お留守が1件。あとここだけです。終われば振り込んで完了。

夕食時、娘が食べ終わってからTVを見る。ジャポニカロゴス。「バス」と「切手」が実は略語だって知ってました(^^;?シラナカッタ・・・。

オークション落札品のメール書きを終えてから夜の散歩。丸子橋を登っていくと東京側の空が明るい。雲に明かりが反射しているようだ。不夜城だねぇ。東京の闇は絶滅したのだろうか。
8707歩 5.65km 76分 504.9kcal 15.9g

今日も1日雨

朝は曇り空。

ここ数日天気が悪いなぁ。朝飯を食べながら借りてきた寅さんのDVDを見る。いよいよリリーさんの登場。

午後、仕事の合間をぬって町会の仕事。今年度町会費の集金に出る。全部で8軒だからそれほど大変ではないが、雨が降り始めていて気持ち的にちょっと出鼻をくじかれる。前回は6年前で理事と兼任だった。だいぶ町並みも変わりましたね。それでも商店ばかりなので集金はやりやすい。

夕食は少し早目。女房のPTA仕事が19時からあるため。大変だなぁ。夕食も食べきらないうちにあわてて出かけて行った。なんとなくTVを見る気がせず。TVを見ないと娘の食事時間は大幅に短縮される。うーん、やっぱり見ながら食べるのって良くない習慣だよね・・・。

昨日映画「東京タワー」を見てきた母親から話を聞く。同じ母親として心に響くところがあったらしい。話はほとんどが気分的には受け止めておきますよ、という程度のものだったが、「おカネが空っぽになっても子供たちの教育だけはしっかりやっておきな」ということだけは覚えておこうかな、と思った。
大学に入ってからずっとさぼっている主人公だったらしいけど、死ぬ間際のオカンが大事そうに卒業証書の入った額を拭いている姿に号泣したのだとか。

夕食後も仕事を続ける。オークション落札品のメール書きを終えたのは22時半。それから気持ちに余裕があったので甘露PHOTO日記を1本書く。
雨が降り続いていたので散歩は中止。
1489歩 0.96km 14分 79.7kcal 1.6g

今日も雨

朝から雨が降る。客商売には辛い天気。

朝飯を食べながら女房と「県庁の星」を見る。仕事を一生懸命やっていられることの幸せを語る映画だね。仕事にはルーティンとクリエイティブの両方が必要ということも描かれていた。

機械化が進めばそれだけ仕事が合理化されて人員削減につながる、という話を聞いたことがあるが、たぶんそれは成り立たない話。合理化がうまくいって便利になると、働いている人も利用する人もうまく回り出す。そうなればより多くのお客が集まってくるのでその対応をする人員が必要になってくる。あくまでも人員削減は売上低下や事業縮小の際に取られる措置だろう。人は仕事を呼び、仕事は人を呼ぶ。
だから人が減り始めた組織はやばいということになる。ま。アタリマエの話ですね(^^;。

今年度は町会の班長になったので、先週町会の総会に出席してきた。町会費の集金をしなければならないのだが、この雨で断念。わざわざ雨の日にまわることもないだろう。明日雨が降らなかったら行こうかな。でも今週はずっと雨らしい。

午後まで荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。いつも使っている巻き段ボール50mがおおよそ1週間で無くなるため、気を付けて次の段ボールを発注しないと大変なことになる。セロテープとクラフトテープは必需品。裁ちバサミとカッターも無くてはならない。あとはネットとパソコンですかね。ワタシの本屋七つ道具です。

夜、今使っているプロバイダーから電話がかかってきて、料金が安くなるADSLプランに乗り換えませんか、と勧められる。今のままでも別段不足はないのだが、これからずっとの料金が下がるならその方がいいか、とお願いすることにした。ちょっと切り替えの手間がかかるものの、新しいルーター内蔵タイプのモデムがタダで送られてくるらしい。今使っているモデムだっていつ壊れるか分からない。今回の切り替えにはそういう意味もあるわけで。

夕食後、オークション落札品のメール書きを終えてから雪谷まで散歩。雨上がりだからか、丸子橋を歩いている人は皆無。一人占めしているようでちょっと気分がいい(^^)。
7462歩 4.84km 63分 446.1kcal 15.4g

1日雨

朝起きて曇り空。と思っていたら雨が降り出した。

先週の土曜日に買ってきた荷物で店は満杯。今週も月曜日の交換会に行けず(^^;。すべてはワタシの仕事が遅いことが原因。もっとテキパキと発送作業ができたらなぁ・・・。
仕入れた荷物が増えるとそれだけ作業は増えていく。ただし、ウチの売りは量なので、量をして質に変える方針である以上は店に本が積み上がるのも仕方がない。常に品物の入荷を続けて棚の鮮度を保ちたい。毎日仕入れて毎日売り切る八百屋さんや魚屋さんが理想です。

朝飯を食べながら女房と二人で「間宮兄弟」を見る。昼飯の時間と分けて見終えた。最初ほどの衝撃はなかったものの、胸チラiPodに隠された裏の意味にとてつもないブラックを感じる。女房はワタシがヒリヒリと感じていたこの映画のブラックな部分をほとんど感じず、気楽に見ることができたようだ。やっぱり男性と女性とでは受け止め方が違うみたい。・・・ワタシゃ美人不信に陥りそうですワ(^^;。

月曜日は発送作業が多く、昼飯を挟んで14時過ぎまで。その後もちょくちょく追加があり、郵便局には2回集荷に来ていただいた。今日も大変な量を出荷できた。お買い上げありがとうございます。

雨は降り続く。今週はずっと雨らしい。店の売上はゼロ。

夕食を食べながらのだめのアニメ。連弾ラフマニノフ。雨のため散歩中止。
1055歩 0.68km 11分 55.2kcal 0.0g

ちょっとそこまで

昨夜は遅くまで借りてきたDVD「県庁の星」を見る。

それなりに面白かったが、織田裕二さんはどーしてもヒーローキャラだし、柴咲コウさんはやっぱり気難し屋さんなのだった。

朝は少し早目に起きてクルマで「こどもの国」へ。息子は午後から部活。娘のリクエストだった。少し早目に出たのは駐車場がいっぱいになってしまうことを心配して。桜の季節で人出は多いはずだった。
ところが、10時ごろに到着するもまだクルマはそれほど入っておらず、入場口にもあまり人が居ない。ま。それはそれでOKなのだけど。
娘はまだ小学生なので大型遊具で遊びたいさかりらしい。たくさんの子供たちが遊びに来ていた。

園内をゆっくり歩いて白鳥池のボートに乗る。娘が漕ぐと言ってうるさいのでやらせてみる。ボートが揺れるたびに女房が怖がっていた(^^;。いたるところに八重桜。ボッテリとした花は花びらも大きくて豪華に見える。時折吹き通る風。あたり一面桜吹雪。

夏は大混雑のじゃぶじゃぶ池もまだ涼しいので人は閑散としている。おにぎりの弁当を食べたあと、牧場に移動。牛とひつじにえさをやってうれしそうな娘。子羊の押しのけて大きな羊が割り込んでくる。こんな小さな世界にもヒエラルキーが・・・。

何度も書いていることだけど、ここは旧日本陸軍の弾薬製造・装填所だった場所。現在のこどもの国線は弾薬の輸送ルートだった。厚木基地を挙げるまでもなく、相模原一帯は当時の国防最前線だった。そもそも戦前に開通していた鉄道はおおよそ軍事的ルート色が色濃い。東横線も新丸子あたりは桃畑の中を走っているような状況だったらしいが、日吉に重要軍事拠点があった。

お約束のソフトクリームを食べてからサイクリング。八重桜前で記念写真。そろそろ帰ろうか、というころになって、出口付近にある食堂で牛乳ラーメンを食べる。これがなかなかうまい。以前まだ現在の多目的広場に食堂があったころ、冷やし牛乳ラーメンを食べたことを思い出した。夏の夕方、ひぐらしが鳴いていたからどこか山奥に来たような気分になったのだった。

帰り道の途中でお墓参り。帰って来てビデオ屋で「UDON」を借りる。晩飯のスパゲッティを食べながら見る。こちらの期待が大きすぎたか、登場人物が多すぎてとっちらかりちょっと印象が薄いかんじ。でもうどんを食べたくなるね(^^)。

そーいえば最近見た映画には全部佐々木蔵之介さんが出てるんだよね。
8269歩 5.37km 85分 417.4kcal 10.5g

間宮兄弟

昨夜遅くにDVDで間宮兄弟を見た。ビデオ屋は半額セール中。

森田芳光監督・脚本、原作は江國香織。兄弟で独身の二人暮らし。たぶん40歳手前。二人の生活を軸に話が展開する。当初は仲のいい兄弟っぷりを描いているほのぼの系か、と思っていたが、さすがに森田監督、途中からものすごく暗い気持ちに落とされた(^^;。
決してエリートというわけではないが、キチンと仕事もするし、家族とも良好な関係を築ける。それこそ趣味は多彩で、TVでの野球観戦、DVD鑑賞。読書に音楽鑑賞。ボードゲームにも詳しいし、料理だってちゃんとできる。そんな男性が結婚をせずに兄弟二人で暮らしている。でも決して女性に興味がないというわけではない。

出てくる女性たち。沢尻エリカさんを筆頭に皆さん美形。間宮兄弟が憧れる彼女たちにはちゃんとそれぞれ彼氏がいる、が、彼が自分に対して本気なのか不安を抱えている。「こんないい女をほっておくのか」と沢尻さんのセリフ。そのほっておく彼はマスターこと佐藤隆太。野球に夢中なところまでマスターしてたりする(^^;。

ビデオ屋でバイトしている彼女を誘う口実に自宅でのカレーパーティーに招待したりする。ほっとかれてさびしい彼女たちは気まぐれに付き合う。誠実にコトに当たる間宮兄弟。でも結果は・・・(^^;。

まずね、弟役の塚地さんの趣味がことごとくワタシに似ていて、紙飛行機が出てきたときには”これは自分だ”と思わされた(^^;。まああれほど整理整頓はできないけど。
で、次に出てくる彼女たちの性格。結局彼女たちの間宮兄弟に向けられた目は「いい人だけど恋愛対象じゃない」という言葉に集約される。つまり、美人にとってはもともと対象外だったわけだ。だからこそ平気で話ができたということだ。演じている彼女たちが美形だけに余計腹が立つ。沢尻姉妹と戸田菜穂さんをいわゆる同系列の美形で揃えているというキャスティングの凝りようにも凹む。監督の仕掛けた穴にまんまと落とされましたよ(^^;。

別に彼らがマイナスな印象になるような趣味を積み上げているとは思えない。いろいろと物事も知っているし、決定的な粗相もしない。でも、女性にしてみればもともと対象外なんだから仕方ない、となるのだろうな・・・。いい人と好きな人の間には海よりも深い溝がある。

結局女性をあきらめて日々の小さな喜びを求める生活に戻っていく兄弟。女性って残酷な生き物だねぇ・・・。凹む。
2829歩 1.83km 25分 160.1kcal 3.9g

二往復

晴れ。

荷造りを終えてから明古へ向かう。東横線車中では今日も「核武装論」の続きを読む。交換会で入札を終えてから先週の売上をいただいた。ありがとうございます。

昼飯は久し振りに錦華通りの讃岐うどん。春になったので月見に丸天。でも丸天はかけの方が似合うね(^^;。
食べ終わってから散歩がてら歩くことにした。古書会館が建て替え中に交換会で使っていた中小企業センターは改装されていた。以前よりも周辺に人が多くいる気がする。神田橋の交差点に出て大手町。読売新聞社の角を左に曲がる。箱根駅伝のゴールはここ。正面にはアップになる線路のガードが見える。
大手町から東京駅にかけてはここ数年で官も民も建物の建て替えが進んだ。同時期に一斉に、という印象だが、それには理由がありそうだね(^^;マタカヨの声がキコエル。
新丸ビルはオープン間近。東京駅もあと少しで復元工事に入る。八重洲側には何本も背の高いビルが立ち上がった。一時期(といっても30年以上前)には皇居前には暗黙の高さ制限があったはずだが、代が変わってそんなことは消えたらしいな。

有楽町のBカメラへ。金曜日だからか、店内はごった返していた。かのマイケル・ジャクソン氏御用達の店。今日はいろいろ試聴した上でヘッドホンを買った。たしかに売値の高いモデルは音がいい。でも買ったのは普及機(^^;。
このビルの直下にある有楽町駅から永田町。南北線で帰ってきた。少し荷造りをしてから再びクルマに乗り、荷物の引き取りに。今日はほとんど買えなかったなぁ・・・。帰りに五反田の入札会にも寄る。

夕食後、今日はしばらく仕事をする。散歩は昼間したので夜は出ず。
10224歩 6.64km 90分 594.8kcal 15.8g

ほぼ1日店

朝は晴れ。

もうすぐ春の連続ドラマが一斉に始まるが、今日あたりからなので、飯のときに見るものがない。朝飯を食べながら「STMB」の特典ディスクを今日も見る。今日も女房たびたび爆笑。中身が濃いので何度でも見られるね。出演者がしみじみ言っていた「あの合宿からはじまったんだよね」という言葉が印象的だった。
せーの、で集合していきなり旧知の仲な芝居をしろ、と言われても難しい。コミュニケーションが取れていないと簡単にセリフがかぶったりする。普通の会話ならそれでもいいが、芝居となるとダメだ。本広監督はクランクインの1か月前に河口湖で合宿を敢行。特別講師として原作舞台を持つヨーロッパ企画のメンバーとリーダーを呼んだり、升毅さんに稽古を付けてもらったり。特典ディスクにはそのあたりの様子が収録されていて、映画の裏側を肉付ける。
本編ではなんでもないシーンに見えても、それを撮影するときには、演出から芝居からスタッフから総出で作っていることがこのディスクからわかる。逆にいえば、青春時代を描いた軽いノリの映画に見せるために、実に綿密緻密な仕掛けを施しているというわけだ。個人の軽いノリだけでは成立しない世界なんだな、と思う。面白く見てもらうってのは大変なことだ。

今日も午前・午後と仕事。オヤジはまだ別の仕事にかかりっきりなので、女房が担当する仕事が積み上がっていない。今日もオークション出品する荷物の整理と写真撮りをお願いした。

夕食時、所さんの笑ってこらえての続きを見る。後半は航空自衛隊の救助隊の活動について放送していた。この間から自衛隊のCMが流れている、とラジオでやっていた。志願者が減少しているかららしい。今回の番組も広報活動の一環だろう。海上保安庁が”担当できない”ほど荒れた海で座礁した船から乗組員を救助する仕事、など。誰もが尻込みするんだけど誰かがやらなくちゃならない仕事だった。

オークション落札品のメール書きを終えてから夜の散歩。今日は雪谷の先の石川台交差点まで往復する。
8947歩 5.8km 78分 514.3kcal 15.1g

1日店

晴れた。

朝飯を食べながら女房と「STMB」の特典ディスクを見る。女房たびたび爆笑。この映画の「青春なかんじ」は誰もが学校で通過してきた経験のはず。それだけに共感を得やすいと思う。それにしても一体何度この映画を見たことになるのだろう・・・(!)。傑作ですわ。はやく「UDON」が見たいよー。

お昼前、女房のお友達でワタシの先輩にあたる方がお店にいらっしゃって本を買っていただいた。どうもありがとうございます。あとでおみやげまでいただいたことを女房から聞く。なんだかかえってすみません(^^;。

今日も昼飯を挟んで延々荷造り作業に没頭。いつもお買い上げありがとうございます。ようやく追いついたころには「お茶の時間よー」と母親。先ほどおみやげにいただいたドーナツをおいしく頂きました(^^)。

オヤジがここ数日本の整理に当たれず、女房が担当している日本の古本屋に登録する本のデータ入力作業ができなくなっていた。仕方ないのでオークション出品する本の掃除と写真撮りをしてもらう。まだ女房は本に関する知識が浅く、ワタシの指示通りにしか仕事ができない。もう少ししたら徐々にノウハウ的なことも教えていかなきゃな、と思っている。たとえば、表紙がビリビリに破れていたり、本がシミてヨレヨレになっていたら商品にならないこと、など。考えようによってはそんなことアタリマエと言われるようなことなんだけど、世の中にはアタリマエが人の数だけあるからねぇ・・・。

いつの間にか外は雨。今年は菜種梅雨がなかったから、その代わりによく降る。ペルー沖ではラニーニャ現象が起きているというから、今年の夏は猛暑かも。

夕食時、おまちかねの「笑ってこらえて」を見る。夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。散歩に行きたかったが雨なので中止。
1408歩 0.91km 14分 76kcal 1.9g

教育の話

晴れ。

先日放送された教育に関する特集TVをやっと見た。二部構成になっていて、第一部で各地から現在の現場の状況についてレポートされ、後半の第二部で教育関係者を集めての討論会、という内容だった。一通り見た上での率直な感想は、見事に「踊る」のままだった。つまり、「教育は会議室で行うもんじゃない。現場で行っているんだ!」ということ(^^;。上の人は現場の努力が足りないと繰り返す。現場は人も時間も足りないと訴える。全く論点が噛み合わない。というか、上の人が意識的に論点をずらしていくのだ。こんな討論会ならいくらやっても無駄だが、上の人の意識はよーく分かった。

前政権で公務員を一律○%カットする、というまるで冗談のような政策を本当に行ったらしく、行財政改革の旗の下、教育の現場からも人が居なくなった状況が読み取れた。学校の先生は言わずもがな、公務員さんである。
上の人たちから人もおカネも時間も取り上げられた上で、「現場の努力が足りない」という言葉を浴びせかけられるなんて、ほとんどパワハラに近い。これで教育再生を標榜するなんてどうかしている。今回の選挙で現職知事が軒並み当選していたが、教育問題を危急の課題と言っていた人をワタシは知らない。候補者の名前しか聞こえてこなかった。どんどん削られていく教育予算。我々は今回の選挙でその政策を信任してしまったことになる。
教育とは国家百年の計。その言葉を何度も上の人から聞いた。でも、それは考えていますよ、というポーズだけで、実際には何もしたくないという考えの表明でもあるように思う。

「子供と触れ合える時間が足りません」という現場の声。学校週休二日制を廃止することであっという間に解決する問題だが、景気対策として三連休を増やすために祝日を動かしてしまった国である。絶望的と言わざるを得ない。きっと経済界から猛反対が来るんだろう。目先の景気と引き換えに子供たちの将来を売るなんてなぁ・・・。どーかしてるぜ。

これからは教育予算を増やすと言わない人には絶対に投票しません。

荷造り作業とオークション出品作業。女房はPTAの仕事で新一年生の集団下校の付き添いに出る。最初が肝心だからねぇ。
今日は記念日なので夕食後にケーキ。うまいねぇ。オークション落札品のメール書きを終えてから雪谷まで往復。
7652歩 4.97km 65分 456.5kcal 14.0g

ほぼ1日店

曇りがち。

朝から荷造り作業に追われる。いつもお買い上げありがとうございます。今日ご送金いただいた分は今日中に発送できるよう心がける。意外に大変なんですよ、そういうアタリマエの実現って。

神田の玉英堂さんからウチの名前が載っている文章がありました、ということでその記事をお送りいただいた。どうもありがとうございます。
文章の題名は「早稲田古書店・今昔散歩」。たぶん早稲田大学で発行の機関誌に掲載された文章なのではないか、と推測。早稲田古書店街について書かれた文章にどうしてウチの名前が?と思ったが、早稲田の古書店各店の紹介をしていくなかで、たぶんちょっとした筆の勢いから、玉英堂さんに三島由紀夫の稀覯本を、近代文学関係を甘露書房に本を手渡したと書かれていた。もちろんワタシのオヤジに、ということだ。率直にオヤジは愛書家の方にも信頼していただいているんだなぁ、と感じられてうれしくなった。ありがたいことです。

オヤジはずっと文学書一筋で本屋をやってきた。ワタシはオヤジとは違って文学書ではない別の本に興味が行っている。たぶん文学書を扱うことはないだろう。本の世界は本当に広く、奥が深い。これだけ広範な世界を目の前にして、オヤジがやっていたから、という理由だけで自分の進む道を決めてしまうのはいかにも惜しい。そして何より、ワタシには好きな分野がある。とても専門化することはできないが、交換会に行けばその周辺に自然と目が向いている。続けようという気持ちさえあれば、たぶんなんとかなってくれるはず(^^;。甘いかな。まあ、なんたって甘露ですからね・・・。

荷造り作業は昼飯を挟んでも全然終わらず、なんとか15時すぎにやっと追いついた。オークション出品作業はそれからぼちぼちと始める。この荷造り作業をしている間にだれかが仕事してくれていれば店の通路に本は溜まらないはずなんだけど・・・。叶わぬ夢であります。
外は雷と大雨。

夕食後、雨が止んでいたので雪谷まで往復する。
8291歩 5.38km 71分 490.6kcal 14.5g

麻布から散歩

いい天気。

今日は統一地方選挙がある。11時ごろに投票へ。桜はすっかり散り果てた。女房と娘はそのまま渋谷の児童会館へ。息子は部活。ワタシも昼飯を食べてから出かけることにした。

目黒線で麻布十番。商店街を少し逍遥。お釈迦様の誕生日ということで稚児行列があるという。広場には象の像。豆源でおのろけ豆を買う。鳥居坂下から坂を上がっていくと、いかにも元お屋敷街の風情。各国大使館なども散見。そのまま六本木エリアに出る。ここで右に折れて東京タワー方面へ歩きだす。いつも交換会の荷物を取りに来るときに走る道。
東京タワーに到着。駐車場は満車表示。展望台のチケット売り場には長蛇の列。驚いた。ドラマの宣伝効果か。一人で行列に並ぶ趣味はないので、フットタウンと言われる足下のビルだけにする。水族館も蝋人形館もちゃんと営業中。数年前に訪れた時にはかなり年季の入った佇まいを見せていた2階フロアが全面改装され、妙に小奇麗な感じに。カレーを食べたかったが、我慢する(^^;。出口でノッポン(弟)を目撃。

飯倉の交差点を右に折れてオランダヒルズの正面の路地に入っていく。まるでここが東京のど真ん中と思えないような静けさ。いかにも今後大規模再開発されそうな感じだ。
首都高をくぐってそのまま直進。急な坂を下りると不思議な光景にぶつかった。谷底に駐車場。でもこんな目立たない場所にあってどうやって入ってくるんだろう・・・?隣には広大な墓地。ちょうどドンキの裏あたり。いずれこのあたりは道路になってしまうはずだから、見るなら今のうちです。それにしても六本木って結構混沌とした街だったんだねぇ。

ミッドタウンまで歩いてみる。歩道のあちこちにゴミが散乱(^^;。なんとかなりませんかね。

果たして到着するものの、取りつく島のない感じ(^^;。人は一杯居る。どこにでもあるスタバに大行列が出来ていたりする。それって逆に何もないことの裏返しなのでは・・・?

六本木通りの一つ裏道を歩いて行く。今日は初めて歩くところばかりだ。飲食店が多い街には残念ながら長居できないタチ。そのまま六本木通りをしばらく歩いて西麻布、高樹町から骨董通り。この道はいずれ拡幅する予定らしく、両側の建物に高さ制限がある。唐突に246にぶつかって途切れているが、ちょっと妙だ。

宮益坂を下りて渋谷駅。女房と子供たちと待ち合わせして、マークシティにあるお店で夕食。ああ、よく歩いた(^^)。
19782歩 12.85km 189分 1049.8kcal 27.9g

1日店

晴れている・・・か。

連日うるさかった選挙運動も今日まで。毎朝街宣の声で起こされた(^^;。駅前に住んでいるのも良し悪しだ。
各候補者の演説やら街宣の文句を聞くともなしに聞いてしまったが、結局はほとんど名前の連呼で終わっていた。日本の選挙っていつからこういう形式なんだろう・・・。投じられる「白票」が年々増えている、と新聞。その気分、よくわかる。今回は地方選挙なので国政選挙よりは暮らしに密着しているはずだが、候補者の主張に違いを見出しにくいのは確か。誰にするか迷った時、ワタシはひとつ選ぶ基準をはっきりと決めている。まあここには書かないけど、ね。

女房は朝飯を食べてから出かけて行った。小学校のPTA役員になってしまったらしい。クジ運が強いのか弱いのか(^^;。いずれにしろ、来年の3月まではあれこれとお仕事を仰せつかるとのこと。会議に出ることもありそうだ。

部活に行っていた息子も帰って来たが、女房がなかなか帰ってこない(^^;。もう13:15。子どもたちもお腹がすいているに違いない。スーパーのパン屋さんで昼飯を娘と一緒に買ってくる。戻ったら女房がメンチカツを買って帰って来ていた。ある意味絶妙なタイミング(^^;。今まで飯も抜きでお仕事だったそうだ。PTAって大変なんだねぇ・・・。

今日は土曜なので午後いっぱい仕事に精を出す。お茶の時間に沖縄土産のパイナップルパイをいただく。いかにも沖縄の味でうまかった。

夕食後、オークション落札品のメール書きをしながらビジネスラジオ。4月新年度なので新社会人に向けてか、仕事に対する心構え的な内容。その中で興味深かったのは、いわゆるルーティン・ワークとそれ以外のクリエイティブな仕事についての話。頑張って取り組めばいつか解決するのがルーティン・ワーク(もちろん重要な仕事)とすれば、もしかしたら答えがないかもしれない仕事がクリエイティブだとか。組織が前に進むためにはもちろんクリエイティブ的な発想は欠かせない。そこに必要なものはなにか・・・。
「簡単に言えば人の倍仕事をすることです」と、若いリスナーに向けた言葉。沁みるワ・・・(^^;。

桑田さんのラジオ(下ネタ全開!)を聴きつつ仕事を仕上げ、荷造り作業をしているうちに25時を過ぎた。あわてて日記を書き始めた。仕事に追われて散歩にも出られなかったなぁ・・・。
894歩 0.58km 9分 48.5kcal 0.6g

二往復

金曜日は明古へ。

連日どうも寝るのが遅くなり、起きるのも遅くなる(^^;。今日も起きたのは息子が学校へ出かけたあとだった。

荷造り作業。現時点で可能な分を終わらせてから出かける。今日はオヤジも行くと張り切っている。沖縄へ行って勢いがついたのかしら。
電車に乗る前に本屋に駆け込み、今日読む本を買う。「核武装論」西部邁著。あまり感想を書くのもなんなのだが、国際社会の常識という意味でごく当たり前のことが書いてある、とだけ。

神保町。入札を終えてからお昼ごはん。散歩がてら秋葉まで。もちろん何も買うものなし。駅前にはメイドさんがずらりと並んでビラを配っていた。異常な光景だと思うけど、それが当たり前になったところが秋葉たるゆえん。

帰りの電車でも「核武装論」の続きを読む。店に戻ったのは16時過ぎ。お茶をいただいてからすぐにクルマで神保町へ向かう。道は今日もガラガラ。途中数か所混んだものの、あっさりと古書会館へ到着した。買える本と買えない本。オヤジは「高い高い」と嘆いていた(^^;。確かに高い。ワタシが買えた本はほんの数点。尋常とは思えない。出品した本はほとんど売れてくれました。ありがとうございました。

買った本と引き荷を積み込んで帰路。行きよりももっとガラガラで35分ほどで丸子橋の手前まで。せっかく早かったからガソリンを入れた。少し安くなったと言ってもリッター120円だ。新車の販売が良くないらしいが、当然ガス代の高騰が原因だろう。
店に本を積み上げると倉庫然とした風景に。もうこの状態が甘露書房の普通になりつつある。悪いこととは思わない。

夕食後もなんとなくコマゴマとやらなければならない仕事が出てきて、DVDも見ることができなかった。
9148歩 5.94km 84分 507.1kcal 13.3g

往復

朝から晴れ。

今日から子供たちは学校がある。息子は部活があるからか、今日から弁当を持って出た(らしい:まだ寝てた(^^;)。
朝飯を食べながら、なんと再び「サマー・タイムマシン・ブルース」を見る。ワタシがやたら面白いというものだから、女房も見る気になったようだ。
登場人物が多くてセリフもツメツメ。時間軸も一定でなかったりするから、一瞬を見逃すと後が繋がりにくい。それだけ描かれている情報量が多いのだ。情報量の多い映画はカルト的な解釈を生む。一粒で二度、もしくは、噛めば噛むほど系だね。もちろん好みの問題なんだろうけど(^^;。

午前中いっぱい荷造り作業。午後は買ってきた本の整理などしているうちに出かける時間になる。今日は明日の交換会に出品する品物があった。
クルマを取りに行く道で、息子と同じ制服を着た集団。胸にはリボンが付いている。そうか今日が入学式か。息子の後輩であると同時に、実はワタシの後輩でもあるわけだ。うーん、四次元的だ(^^;。

道はすいていて順調に北上。都心に入って16時半過ぎに桜田門から内堀通りへ曲がった。とたんになぜか大渋滞。原因はすぐにわかった。目の前の信号がずっと赤のままなのだ。なーにやってんだろうなぁ、と思っていたらやおら「馬」が交差点に進入してきた・・・。あっけにとられる。おお、何かのパレードかしら、と身を乗り出すと白馬が次々通過し、二頭立ての馬車がブルルといいながら3台も皇居へと走って行った。あれにはどなたがお乗りなのでありましょう・・・。”非日常”が目の前をゆっくりと通過し、しばらくしてから信号は青に変わった。

出品を済ませて帰り道。ガラガラだった。まだ完全に夕陽が落ちないうちに店に戻ってきた。思えば昼間が長くなりました。

夕食後、オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。終わらせてから夜の散歩に出る。1時間ほど歩いて帰ってきた。途中折り返し点のコンビニでトマトジュースを飲むのがひそかな楽しみになっていたりして。
8940歩 5.8km 77分 525.5kcal 16.7g

1日店

晴れたり曇ったりの天気。

朝、ワタシが仕事を始めてしばらくしてからオヤジが店を開けに来る。いつもと変わらない甘露書房の風景に戻った。店頭には昨日引き取ってきた本が山と積み上げられていたが(^^;。

荷造り作業に集中。子どもたちはやっと明日から学校が始まる。今日までの辛抱ではあるのだが、息子は今日もゲーム三昧だ(^^;。気になってしょうがない。子どもたちからクリエイティブを奪っているんじゃないか、と現代の完全レディメイドなゲームに思う。”経験”を擬似体験することは絶対にできないし、そもそもゲーム世界の経験には何の意味もない。

CGアニメは別だが、実写とCGを融合させた映画を見る気がしなくなったのには何か意味があるんじゃないか、と思っている。今回ハマった「サマー・タイムマシン・ブルース」は人気舞台の映画化で、味付けとしてCGも多少使っているが、映画の核心部分ではない。あくまでもアナログな役者さんの演技を見せてくれている。そして見ている観客(ワタシ)はその演技を楽しんでいる。お借りしたDVDがプレミアムボックスセットだったので、メイキングから何から全部見てしまった。

本広監督といえば「踊る」シリーズで超有名だが、その超有名な「踊る」の映画は残念ながらあまり繰り返して見られるような内容ではなかった。いろいろ組織的なことが絡んできて作りたい映画に仕上げられなかったのではなかったか。そんなふうに思ったのは、この「サマー・タイムマシン・ブルース」の出来がかなり良かったからだ。もともと監督はこういう作品を作りたかったんだな、と思えた。出身地である四国の風景を使ったアナログ的な映画ということからも思い入れが伝わってくる。

前にも書いたけど、デジタルはアナログのコピーでしかない。全く新しいものは常にアナログ的な姿で我々の目の前に現れる。デジタルはアナログを切ったり貼ったりして応用する技術だ。だから子供たちにはもっとアナログな経験を積んでほしいんだがなぁ・・・。

荷造りした本を店に降ろすたびに母親から沖縄旅行の土産話がほとばしる。よほど楽しかったらしい。全く違った文化に触れるとそれだけでいろいろな示唆を得られるということか。行く前とは、なんていうか、目の色が違っていた(^^;。

お土産に琉球グラスでできた魔除けのシーサー。ちょっとピグモン似だ。
1139歩 0.73km 12分 58.4kcal 0.0g

今日も往復

春の臨時休業も3日目。

もちろんお休みは店舗のみ。ウラではバリバリ仕事をしているわけです(^^;。
今日は急に気温が下がり、朝から雨。花冷えってことですかねぇ。オヤジたちの旅行は今日が最終日。のはず(^^;。沖縄があんまりにも良くて、もう帰ってこないんじゃないだろか、などと考えたり・・・。旅行中は一度も電話がかかってこない。便りのないのは良い便り。無事のはずだが。

荷造り作業を一渡り。もうすぐ新学期で息子も部活がなく、朝からお友達とゲームをしている。まあ雨だししょうがないか。荷造り作業を終えてからオークション出品作業開始。

17時少し前になって雨も上がり、昨日の交換会で落札した荷物を引き取りに行ってくることにした。ネットで確認したらカーゴ1台以上はあるはずだった。明日やる仕事を取りに行く感じ。
道はガラガラ。都心に入って渋滞する。結局到着まで1時間。積み終わるまで15分ほどかかる。結構な量になった。写真集も最終にあった2冊が落札できていた。どっちも前は1万円くらいで売ってた本なんだけどなぁ・・・(^^;。

夕食後、オヤジから電話あり。もう羽田に到着したとのこと。これで明日から店を開けられます(^^;。
今日はずっと雨が降ったりやんだり。深夜の散歩にも出かけられず。
2968歩 1.92km 27分 166.9kcal 4.1g

往復など

どんよりと曇り空。明け方は雨が降ったらしい。

今にも降りそうで降らない。今日は月曜日だが、店舗は臨時休業の二日目。ご迷惑をおかけしております。朝から鋭意荷造り作業。終わらせてから交換会へ出かけた。通常市会だったが量はかなりなもの。入札を楽しませてもらった。

店に戻る途中、渋谷のBカメラに昨日撮影したフィルムを出す。迂闊なことに昨日はたまたまトライXを装填したばかりのLXを持って出てしまったため、桜風景をカラーで撮影できず(^^;。何やってんだろう。ま、K10Dでカラーを撮影できたからいいのだけどね。ただ、K10DとLXを比べてしまうと、明らかにLXの方がフォルムがしまっていてカッコいいんだよなぁ。

店に戻る。荷造り作業の続きをしながらラジオ。今日出すべき分はすべて発送できた。よかった。それから紙目録の印刷作業。Vista機がドライバの関係でまだプリンターを動かせないので、仕方なくXP機を駆使。これまた何やってんだろうな感じだ。なぜかWMPもDVD関係が再生できないのでVistaにした意味をほとんど感じられないでいる。唯一の救いはメモリ不足で動作が遅くなることがなくなったってことくらいかな・・・。
それにしても、人間の目の慣れは恐ろしい。22型ワイドの液晶パネルがだんだん普通サイズに見えてきた(^^;。もうノートパソコンには戻れそうもない。

18時半に目録原稿がすべて用意できたので、とりあえずエクスパックに入れて隣駅にある集配局へ持ち込んだ。明日印刷屋さんに届けば納期が早まる。
帰り道に隣駅のビデオ屋に寄ると、新丸子にはないCDがいくつか入っていた。つい当日返却で借りてしまった。iTunesに入れる。

夕食後、オークション落札品のメール書き。終えてからCDを返しに再び隣駅まで。さっき入れた曲をiPodで聴きながら深夜の散歩。
10713歩 6.95km 98分 600.8kcal 15.9g

桜・桜・桜

朝から晴れ。

息子は部活で居ない。昼前に出てお花見へ行くことにした。渋谷で花見弁当を買いこみ、千駄ヶ谷駅から新宿御苑へ。11時半過ぎだったが、券売機はほとんど並んでいなかった。
でも、中はものすごい人の数。それもそのはず。ソメイヨシノが満開から散り始めという時期だった。少し斜面になっている場所に敷物を敷いて早速昼飯。気温は上がって体感的には25度を超えている。娘はTシャツ1枚に(^^;。食べ終わってから苑内を散策。人は徐々に増えてきている様子。どこへ行っても桜があり、どこへ行っても人がたくさん居る。トイレには例外なく長い行列。途中の売店で娘がアイスを所望。ワタシはビールを飲む。
鬱金という緑色をした桜が咲き始め。めずらしい。

千駄ヶ谷門から出て渋谷駅。目黒川の桜を見に行くことにした。あまり歩数を稼げなかったので、渋谷から歩くことにする。JRの線路際を歩いているうちに代官山到着。歩いている人はみんなおしゃれなカッコをしているなぁ。コンビニ前のベンチで一休み。悪いので店内でエビセンを買って食べる。かなりおいしくて好評。
代官山アドレスを抜けてヒルサイドテラス横の坂を下りていくと目黒川の桜が見えてきた。すごくボリューム感のある桜。そしてすごい人の数(^^;。川には落ちた桜の花びらが流れていく。特に座る場所があるわけじゃないので、桜のトンネルを歩きながら楽しむ。時折橋がかかっていて、そこには人だかり。シャッタースポットだ。
いつも目黒川の桜は東横線に乗りながら見るだけだった。下から見たのは初めてだ。皆さんが褒める理由がよくわかった。
咲くだけでこれだけたくさんの人が集まるということ。たくさんの人が同時に桜を見て同じ経験をするということ。桜にはそれだけのパワーがあるということだ。

桜が季節を意識させてくれる。あのとき見たあの桜・・・。とても四次元的な存在だと思う。

店に戻ってからは仕事をしばし。
9300歩 6.04km 93分 478.2kcal 12.1g

年度末

出かける予定なし。

朝から曇り空。昨日よりもだいぶ気温は低いようだ。皆さんお花見かな・・・。相変わらず店はひまひま(^^;。

オークション出品作業を昨日からやっていたので、今日はかなり仕事を進めることができた。皆さん年度末とお花見でお忙しいでしょうから、来週に期待を込めて・・・(^^;。

オヤジたちは明日から沖縄旅行へ出発する。ずっと天気予報とにらめっこしているらしい。昨日の天気予報ではどうだった、とか、朝刊では晴れと書いてあったのに夕刊では雨になってる、とか、まあいろいろと(^^;。空港までクルマで送っていこうか、とも言ったのだが、電車で行けるから大丈夫と強がっている。今回は本島の観光旅行に絞ったので、そりゃ晴れるに越したことはないだろうけど、あまり天候を気にしなくてもよくなった。まあ、せっかく楽しみで旅行に行くんだから、あまりいろいろと気にしないように。これからはどんどん行ってきてください。

夜になって桜散らしの強風と雨。明日の天気はどうなるだろう。
562歩 0.36km 6分 31.1kcal 0.0g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このアーカイブについて

このページには、2007年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年3月です。

次のアーカイブは2007年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。