Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2009年10月

■甘露日記 2009年10月

■2009/10/31 (土) 仕入れが立て続けに

快晴。

昨日娘が無事に帰ってきて日常が戻る。
荷造り作業を終えてからオークション出品作業。土曜日なのでできるだけ数をかせぎたい。とにかくがんばる。
母親に出品する本の写真を撮影してもらうのだが、内容をちらちら見てしまうのでなかなか作業がスムーズに進まないようだ。まあ、気持ちはわかるけど。

娘は自然教室でゴンドラ使用の入笠山登山をしたという。入笠山なら何度も行っているというオヤジと母親が高反応。「八ヶ岳っていうから入笠山とは思わなかった」のだとか。位置関係がよくわからないからワタシはポカーンだし、実際に山頂まで行った娘もまた、連れて行ってもらっただけなので、ポカーンだった(^^;。まあ、小学生じゃ仕方ないよね。

午後はラジオをとめてPCに格納してあるクラシックを聴く。ここ数日聴きまくっているブラバンの曲はやっぱり勢いがあっていい。
CDによっては、”吹奏楽団”に当たる英語として”ミリタリー・バンド”と書いてある。軍隊に行進曲は必需。やはり弦楽器中心の楽団では行進しながらの演奏はできない。そこでマーチは吹奏楽:ミリタリー・バンドがバッチリとなるのだろうね。
組曲「惑星」で著名なG.ホルスト作曲の吹奏楽のための第一組曲は、全体的には軽快な印象だが、冒頭のシャコンヌが出だし重厚なためにむしろ印象に残る曲だ。後のアメリカ製マーチではアト打ちが入るのに対し、ホルストは入らない。アト打ちとはホルンやスネアドラムが、前拍で入るチューバやバスドラムの後拍を打つことを言う。ホルストの曲は音数が整理されてスッキリ聴こえる。

17時からラジオに戻る。グルメ漫画の話。言われてみれば、なぜかグルメ漫画って対決する形式が多い。そうしないと漫画として弱くなってしまうからかしらん。

閉店間際の時間になって本の買取が連続で。ドーンと店内の通路がふさがった。

整理に追われているうちに夕食の時間。食べ終わったらすぐにオークション落札品のメール書き。大量。終わらない終わらない。日付が変わっても、全然終わらない・・・。
1532歩 0.91km 16分 66.7kcal 1.6g

■2009/10/30 (金) 秋の日は釣瓶落とし

朝は曇り空。

朝飯を食べてから荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。昼過ぎに東横線に乗った。今日は交換会へ向かう。車中では筒井康隆全集の続き。ちょうど文庫本「にぎやかな未来」に収録されていたショートショートが連続している。極端な状況設定の中にポンと普通の人間が放り込まれたときにどうなるか、が描かれている。その「極端な状況」を作るのにSFという手法が扱われているだけなので、この作風を純粋にSFと言っていいのかどうか、と思うなぁ。

神保町下車。地上に出ると、晴れて暑い(!)。もう霜月だというのにこの暑さは何だろう。
入札を終えて昼飯。森山大道さんのオリジナルプリントや蜉蝣が久しぶりに出ていた。入札したけどどうせ落ちやしないので、じっくりと見てきた。

昼飯を食べて地下鉄。車中では再び筒井康隆。さっき書いた「にぎやかな未来」では、機械が仕事をこなすので人間の仕事が減り、人々は政府から支給された物資で生活を送っている世界が描かれる。お金がなくてもさして生活に困らない社会。代わりに1日中”広告”に囲まれた生活を送ることになる。
「人口九千九百億」では、火星の国の大使が人口爆発した地球を訪れるお話。設定は極端だが主人公は普通人なので、そういう設定・場所を探検する気分にもなれる。どうやって九千九百億もの人口を地球上に収めているのか、がミソ(^^;。ただ、食料はどうやって調達しているのか、とか、屎尿処理はどうなっているのか、みたいな現実的ディテール描写はない。それも筒井康隆的ミソだ。

店に戻って荷造り作業を再び。終えてからクルマで神保町へ向かう。17時を過ぎるともうあたりは真っ暗。たしかに11月が目の前らしいが、この気温はいったいどうなっているんだろう。ラジオは「最高気温24度」と言っていた(^^;。

落札品は2日分でカーゴ1台半。落札品を載せて帰路。上りで溜池から駿河台下までは混んでいた道も、下りはガラガラ。帰り道は40分ほどで店に戻れた。荷物を降ろすと通路がふさがった。明日からまたがんばらなきゃ。

娘は無事に八ヶ岳から帰ってきた。ちょうど週末。いい休養になるだろう。
8667歩 5.19km 80分 412.2kcal 11.0g

■2009/10/29 (木) 散髪したり

晴れ。

朝飯を食べてから仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。今日は交換会がないので出かけずに1日店で仕事となる。

荷造り作業は昼飯までで一段落。午後からオークションの出品作業、と思っていたが、そうだ、2ヶ月以上散髪していなかった。近所のとこやさんへ向かった。サービス券がいっぱいになったので今回は無料でやってもらえる。
ちょっと虎刈りぎみだけど、まあ無料だししょうがないか(^^;。

店に戻ってからオークション出品作業開始。明日はまったくできないのでラジオを聴きながらがんばる。ここ最近は平均出品点数を伸ばすことができている。女房が出品作業に加わってくれているためだ。まだ1日10点ほどのペースだが、慣れてくればもう少し伸びてくれるはず。がんばってねー。

お茶の時間。「今度の日曜日はどうしようか」と女房。なんか天気悪いらしいけど。「え?そうなの?新聞には晴れって書いてあったけど」さっきネットで見たんだよ。「映画の日だし、見に行ってもいいかと思うんだけど」見たい映画あったかなぁ。「ATOMってまだやってたっけ」
とまあ、そんな会話。
アトムから話はロボットの話へ。すでに原作では2003年に10万馬力のアトムが誕生している(ことになっている)。が、現実はそうならなかった。ロボット=力が強いというイメージはやはりアトムが原形なんだろうか。
2019年にはロサンゼルスに人間以上の知能を持ったレプリカントが宇宙から地球に戻ってくる。こちらも「人間以上」がキーワード。
ガンダムのような巨大ロボットもエヴァンゲリオンも人間以上の能力を持ったキャラクターで、空想上のロボットにはそんなイメージの共通がある。
TVでロボット開発の話をやるときは子供たちも好きなので大体見るし、数年前に上野で開催されたロボット展も見に行ったのだけど、工業用ロボットで正確無比な動きをするものを除くとかなり華奢なイメージのものが多かった。全く動かなかった空缶回収ロボットの実演展示には驚いた(^^;。
人間にどれだけ近づけることができるか、がロボット開発の今らしい。人間に近いロボットを量産してそれが社会で担当する仕事ってなんだろう。これだけ人間がたくさんいるのに・・・。なんて。

仕事を終えてからランニング。走りながら、そういえば日本製のファンタジーはアニメで語られることが多いな、と気がついた。
ひと目でフィクションとわかるからかな。
10165歩 6.09km 79分 553.5kcal 22.4g

■2009/10/28 (水) 神保町の賑わい

快晴。

朝起きて、よし、今日は交換会へ行くぞ、と思い立つ。
朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。しばらくしてシャッターが開く。母親だった。今日はお休みのはずでは。「日曜日に合唱を聞きに行ったでしょ?その代わりに今日は仕事するわ」とのこと。あ、そうすか。
荷造り作業が一段落したところで12時過ぎ。東横線に乗った。

今日から娘は学校の自然教室で八ヶ岳へ行っている。インフルはどうにか収まったのだろうか。決行された。多量の荷物を持っていくらしいので、ワタシのデイパックを貸した。あと、「班長になったから」時計も必要らしい。ワタシの腕時計も貸した。娘には大きいかもしれないな。

神保町。昨日から開催中の青空古本祭り。通称:青展(あおてん)。靖国通りしか見なかったが、たくさんの人でにぎわっている。お店の前の歩道にワゴンがズラリと並んで人だかり。すごい迫力だ。店舗内にも人がぎっしりいらして、さすが神保町の底力だっ。

交換会で入札を済ませ、昼飯を食べてから地下鉄で帰ってきた。荷造り作業をしばし。それからオークション出品作業。はかどらず(^^;。

先日「アルメニアン・ダンス」を聴いていたら、スミス「フェスティバル・バリエーション」も聴きたくなり、ネットで検索をかけるとちゃんと収録されたCDがバチっと一発で出てきた。値段も手ごろだったのでポチっとしておいたものが今日届き、早速PCに取り込んで聴きはじめる。
大学3年生のときのメイン曲だった。楽譜上でホルンの音域が広くて16分音符がたくさん出てくる超難曲という評判だった。A・B・A形式の曲で、途中のテンポが落ちたときのピッチが合っているのかどうかあやしいところもあったが(^^;、さすがプロのブラバンはしっかり最後まとめていたなぁ・・・。
1年生の時のメインがA.リードの「アルメニアン・ダンス」で、2年生の時がチャイコフスキーの「1812年」。3年生でこの「フェスティバル・バリエーション」と、ドヴォルザークの交響曲9番の4楽章だけ。4年生の時は何を演ったんだっけ・・・(^^;。忘れちった。
ブラバンを聴き始めたら仕事のペースが少し上がった(^^)。
12419歩 7.44km 99分 668.8kcal 27.5g

■2009/10/27 (火) とにかく

連日忙しい(^^;。

読書の秋。連日たくさんの本が売れて荷造りを待っている。買い人を待つばかりの本もバックヤードで準備万端だ。
朝飯を食べたあとに荷造り作業を始めて、やっぱり今日もお昼までに終わらず14時過ぎまでたっぷりかかった。昨日ほど嵩はなかったが、点数は昨日以上。店舗定休日は女房に荷造りした本の集計作業をやってもらうのだけど、「やってもやっても終わらないと思ったら40点以上あったよ」とのこと。いつもお買い上げありがとうございます。

昼飯を食べながらTV。山ちゃんが出ていた。今放送中の新・三銃士で何役もこなしている名声優。「まいうー」と喋るおさるさんも声は山寺さんだった。学生時代は落語研究会に入っていたという。やはり皆さん人前に立つそういう前史があるんですねぇ。
チャップリンの無声映画にアフレコする、なんていう離れ業も披露。ものすごい早い喋りで登場人物何役も声色を変えて声を当てる(!)。なかなか面白いことを考えるなぁ。これってまた別の方が声を当てたら全然違った印象のフィルムになるんじゃないかしら。
凄味のある二枚目から名犬チーズまでこなすその幅の広さ。まさに職人の域。これからもがんばってほしいなぁ。

オークション出品作業は、荷造り作業に押されてここ数日停滞気味。決してサボっているわけじゃないです(^^;。

仕事を終えてから晴れたので久しぶりにランニング。長原まで走って帰り道、丸子橋の上に低く下弦の月が白く輝いていた。まるで夜空が笑っているようだ。

きっと明日も晴れるのだろう。
10284歩 6.16km 79分 567.7kcal 20.6g

■2009/10/26 (月) ずっと雨

朝から雨。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。どーんと積み上がる。終わらない終わらない。昼飯を挟んで荷造り作業を続行の巻。

作業をしながら母親と昨日の演奏会の話。コンサートに誘ってくれたお友達(合唱での出演者)に電話をして今日の感想を伝えておこうかしら、と思っていたら、お友達から電話がかかってきたのだとか。よかった、と思った点を思いつくままに伝える母親。たとえば、ソプラノの方がすごくよかった、とか、男声合唱は人数がそれほど多くないにもかかわらずしっかりと力強い印象だった、とか。
2時間を越える大曲だったが、吹奏楽団とソロ、合唱全体でのリハーサルは3回だった、とのこと。それであそこまでまとめたのだからすごい。
「あなたも入ったら?」と誘われた母親は、興味はあるものの、「仕事が忙しいから」と断っているらしい。週に2日休んでいてそれはないんじゃない(^^;? 行きたかったら行ったほうがいいと思うよ。時間と暇は自分で作るもんです。

夕方になっても雨は降り止まず。どうやら台風が絡んでいる雨のようだ。

いつものラジオを聴きながら、オークション出品作業のペースを徐々に上げていく。とはいえ、数的にはかどらなかった・・・。

夕食後はオークション落札品のメール書き。ラジオではドラムの話をやっていた。久しぶりに最後まで聴いた。即興ドラムはすごかったし、ドラム演奏が突き抜けてる曲の紹介もよかった。日本人と西洋人で持っているリズムが違うなんて話も興味深かった。打楽器って民族性が直接出るのかもな。

なぜか急に「アルメニアン・ダンス」が聴きたくなり、かつて買ったCD棚をまさぐった。あった。ワタシが大学に入って吹奏楽のサークルでドラムを始めて最初の演奏会のメイン曲。当時の演奏ではないけど、いろんな感情が湧き上がってきた。本当に名曲。
当時は練習しながら長い曲だな、と思っていたが、今聞くとあっという間に盛り上がって終わってしまう印象。もちろん曲は変わっていない。そう感じるワタシが変わったのだ。一体ワタシの何が変わってしまったんだろうか・・・ネ。
1143歩 0.68km 11分 51.8kcal 1.1g

■2009/10/25 (日) ハイドン・オラトリオ四季

雨。

母親のお友達が合唱団に入っていて、今日が定期演奏会だというので聴きに行くことになっていた。会場はミューザ川崎シンフォニーホール。
荷造り作業をしているうちに出かける時間となる。母親は少し前に会場へ向かっていた。雨は上がっていた。

ミューザは川崎駅から歩いて3分。開場時間が過ぎていたからか、ゾロゾロと歩いて向かう人の足どりも早い気がする。年配の方が多かった。全席自由。あいている席を探すと、舞台正面の3階席。座ってパンフレットを読んでいたら階下から手招きされた。母親だった。「席取ってあるわよ」とのこと。移動。2階席の向かって右側。このあたりが最良の位置かもしれないね。

演目はハイドン作曲「オラトリオ四季」。パンフレットには2時間以上の大曲とある。管弦楽団とソプラノ、テノール、バリトンのソロも入るらしい。まず合唱団の定期演奏会の域を超えていると思った。

開演時間。舞台袖から合唱の皆さんが入場。続いて管弦楽団。ソロの方々と指揮者が順に位置に付き、演奏が始まった。

「四季」の名のとおり、春・夏・秋・冬の4部構成。オラトリオは舞台背景のない音楽劇といわれる形式らしい。合唱団の皆さんは民族衣装っぽい服装でいるのはそのためかも。
歌詞がすべて独語なので、訳詞が舞台向こう側に立っているLEDの掲示板にシンクロ表示される。すごいな。ドイツ語で聴くと格調高く聞こえる歌詞も、訳詞を読むと、農村の風景や農民の自然や神に対する畏敬や尊敬の念が素朴に歌われていることがわかる。やはりソロの3人によって演じられる劇に、村人として歌う合唱団、という位置づけか。

演奏はもちろんすばらしく、各曲はチェンバロに導かれるように歌うソロで始まる。4部それぞれのフィナーレでは合唱も含めて盛り上がる曲なので、とても豪華な雰囲気だった。秋の収穫や狩りの様子を描いた演奏では合唱とホルンとトロンボーンが交互にバリバリ吼えはじめて迫力があったなぁ・・・。

演奏会が終わって母親はすぐに店に戻っていった。ワタシは駅前のKに寄ってビールを1杯飲んでから改札を通る。南武線折際にあるスタンドラーメン屋さんが目に入り、たまには食べてみることにした。すっきりしたしょうゆ味の東京ラーメンだった。

選挙の投票を済ませて店に戻る。荷造り作業の続き。いつもお買い上げありがとうございます。
夕食は・・・ラーメンだった(^^;。
5649歩 3.38km 53分 264.3kcal 6.8g

■2009/10/24 (土) 雨が降っている

結局昨夜は届いたばかりのウィンドウズ7のアップデート作業をすることにした。

初物に手を出して痛い目にあったVista導入時の反省はどこへやら(^^;。ただ、今回はMSもVistaの失敗から互換性を重視した上でのバージョンアップにしてくれたらしい。アップデート作業に踏み切る前に書店に走り、導入ガイド(7種類くらいあった)を1冊買ってきて一通り読んだ。すると、どうやらVistaで今動いているソフトは問題なく動くようだった。
アップデート作業も時間はかかるものの、作業上特段に注意する点もなさそうだった。全部自動でお任せできるらしい。日記を書き終えて、HPをアップし終えてからウィンドウズ7のディスクを挿入した。
いくつかのダイアログを済ませると、あとはひたすら待つだけ。ここまでで寝ることにした。

朝起きてPCの様子を見てみると、プロダクトキーの入力画面になっている。問題なく作業が終わったらしい。早速タイプしてエンター。無事にウィンドウズが立ち上がった。

若干Vistaと使い心地が違う。XPからVista、今回の7と移ってきて、MSとしては使い心地をMSなりに忖度し向上させようとしているみたいだけど、やはりそれはMSなりの方針でしかなく、ワタシの思う作業の向上とは違うようだ(^^;。画面下のタスクバーから「デスクトップ表示」がなくなったことが不便。よく使うファイルをいちいち探すのが面倒だったので、デスクトップにフォルダ分けして置いているのだが、そこへの直感的アクセスがしにくくなった。

あとは、導入書を買って読んだから対応できたが、デジカメ写真の取り込み・管理ソフトが7には付いておらず、ウィンドウズ・Liveからセットでダウンロードする仕様になっていた。アカウントを忘れていたので、この導入作業に手間取ったりする(^^;。

とまあ、いくつか導入に際して気になったこともあったけど、おおむねVistaと大差なく、デバイスも過不足なく動いている。
ただ、「軽くてサクサク動く」という前評判に期待しすぎないほうがいいかもしれない(^^;。Vistaと大して変わらないので。

早速、午後からのオークション出品作業を7でこなす。普段どおりに作業が進んだ。夕食後のオークション落札品・メール書きも、いろんな意味で以前と変わらない。エクセルデータをアウトルックに貼り付ける作業が早くなってくれていると助かったんだけど、変わってなかった(^^;。
1103歩 0.66km 11分 49.1kcal 1.2g

■2009/10/23 (金) 本の回収

晴れ。娘のクラスは今日まで学級閉鎖。来週から通常通り。

朝飯を食べながらブラ・タモリ、銀座編。銀座は埋め立て地、と単純に思っていたが、思い違いだった。実際には江戸・前島と呼ばれる半島状に突き出た丘のような形状だったらしい。その真ん中に日本橋から伸びてきた東海道(銀座通り)が突っ切る。日比谷から新橋あたり(日比谷入江)が埋め立てられて、東海道を南へと繋いでいた。なるほど。
番組当初「高低差がない」から「興味ない」と言っていたタモリさんも、前島によってできたわずかな坂に興味を持って、晴海通りの数寄屋橋から向こう側、銀座通りの新橋側を眺めていた。へー。
続いて路地探検。神楽坂の路地が大好きな娘としては、すぐにでも行ってみたいくらいの高反応(^^;。まあ、気持ちはわかるよ。ワタシも行きたいもの。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。愛書会展のご注文電話とFAXも交互にかかってくる。幸先いいねえ、とオヤジに水を向けると、「途中からパタッと来なくなっちゃうんだよなぁ」とボヤいている。来てるんだから素直に喜べばいいのにね。

午前中いっぱい荷造り作業。午後からオークション出品作業。昨日・一昨日でそれなりの量が買えたようなので、今日は交換会を欠席して少しでも仕事をすることにした。

荷物が届く。見事なリンゴがひと箱。ありがとうございます。

16時半過ぎにクルマで出る。本の回収に向かった。車中ではいつものラジオ。17時を過ぎるとあたりが急に暗くなった。もう10月もおわろうとしている・・・(^^;。連日暑いから気がつかなかった。季節感を感じにくいねぇ。
カーゴ1台分を積みこんで帰路。店に戻ると、PCのメーカーからウィンドウズ7のアップグレードCDが届いていた。
12191歩 7.31km 97分 659.3kcal 27.0g

■2009/10/22 (木) 愛書会展目録受注開始

晴れ。

娘は学級閉鎖中。朝からゲーム機。いいのか?それで。
朝飯をすませて荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。お昼過ぎにようやく一段落。おもむろにバックをひっつかみ、東横線に乗った。今日も交換会へ出撃。

車中では筒井康隆全集の続き。「ベトナム観光公社」。SFでありながら時事への皮肉が込められていたため、さすがに時代が出る。作中、近未来世界では安全で楽しめる観光地を地球上で見つけるのが困難になり、”穴場”として現在でも戦争が継続中のベトナム観光を旅行会社が勧める、という話。すでに戦争は疑似イベント化し、始まった経緯は誰にもわからない。戦っている南ベトナム軍兵士もベトコンも応募で集まってきた人たちで、観光客が居ないと戦わない(^^;。観光で来た主人公はひょんなことからその戦闘に巻き込まれる。疑似イベントとわかっていながらも、自分の近くで爆弾が炸裂する状況そのものに人生のリアルを感じてしまう、というお話。「48億の妄想」とちょっと似ている。当時の著者は現実と空想の区別をことさら意識し、その狭間を行ったり来たりしていたようだ。
実際、現実と空想の間にある”壁”が何かと言えば、究極自分の意識しかない。自分が「現実」と思えばどんな空想だってそれは現実となるし、現実を「空想」と区別してしまえばどんな現実もその人にとって現実とはならない(ちょっと強引だけど)。現に、筒井作品を読んでいると「これは嘘だ。現実じゃない!」とか「お前を否定する!」と主人公が叫び吠える場面にちょくちょく出くわす。中学生の頃にはそのセリフ・その状況のリアル感がワタシにはいまひとつ分からなかったが、このトシになると、そういう感覚も少し理解できる気がする。
この概念の恐ろしさは、空想が現実に取って代わる可能性を秘めている、ということだ。筒井康隆は「48億の妄想」の中でTVというメディアの”可能性”を描いたんだと思う。ここを「そんなばかな」と思える人にはおそらく筒井康隆ワールドはバカバカしくてフィットしないはずだ。

入札を終えて昼飯。すぐに店に戻る。荷造り作業の続きをやっているうちに16時半。電話が鳴るとオヤジが取っている。今日から愛書会展の受注が始まった様子。今回もどうかよろしくお願いします。

ありがとうございます。
3788歩 2.26km 35分 180.5kcal 4.0g

■2009/10/21 (水) 交換会往復

快晴。布団干し。

朝飯を食べて充電完了。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
よく晴れたので(?)、今日は交換会に行こうと思い立つ。思えば二週間ぶりとなる。ちょうど二週間前の交換会でカーゴ2台買ったあと、オヤジの仕入れがあったり、オヤジが店から本を引っこ抜いて積み上げたりしたために、仕事がワタシのペースで回らなかった。遠回りしたとも言えなくないが、そもそもどれもワタシがやるべき仕事だったと思えば何も問題はない。何事も一時に集中してワタシのキャパを超えた時がイケナイ。
ただ、スキルはそういう自分の限界を超えた時にこそ積み上がるものだ。なんでも自分のキャパの範囲内で済ませていると、失敗はしないが成長もしない。限界をどう意識するかでその先が決まってくる。

昨日から新型インフルエンザで学級閉鎖となった娘のクラス。担任の先生が回ってこられて娘の様子を尋ねられた。来週から娘の学年は八ヶ岳へ課外授業に出る。その直前の学級閉鎖なので、生徒たちの健康状態の把握に努められているようだった。一応、娘も罹っていないかどうか、小児科に連れていくことにした。

荷造り作業を終えてから東横線に乗った。神保町到着。晴れて暑い。もうすぐ11月だというのにこの暑さはなんだ。

入札。交換会会場はたくさんの人が居た。ここで舞い上がってしまうと大変なことになる(^^;。本との対話。どの本と対話できるか、は、自分のスキルそのものだ。

入札を終えて昼飯。今日も錦華通りのうどん屋さん。食べ終わってすぐに地下鉄に乗って帰ってくる。途中、渋谷に寄る。日曜日にM6で撮ったフィルムを回収した。

荷造り作業の続き。発送作業を終えてからオークション出品作業を鋭意。やはり、はかどらず(^^;。

仕事を終えてからランニング。相変わらず走っている人が多い。多摩川の河川敷に敷物を敷いて空を見上げている家族がポツポツと。今日はオリオン座流星群だ、とラジオで言っていたっけ。
でも、流星って、明け方に流れるものなんですよ・・・。

あなたの願いがかないますように。
13496歩 8.09km 112分 704.7kcal 25.5g

■2009/10/20 (火) 学級閉鎖

晴れ。布団干し。

火曜日はなんとなくのんびりと1日が始まる。店舗が定休日であることが実は大きいのかもしれない。

朝飯を食べながら、「救命病棟24時」の続き。まだ夏が終わっていない気分になる(^^;。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。一段落したころに昼飯。食べ終わって仕事を始めると、娘が帰ってきた。あれ?早くないか?
聞けば、新型インフルによる学級閉鎖になったという。いよいよ足元にまでインフルエンザが忍び寄ってきた。娘は今のところ無事だが、もしかしたらもう半年以上前に新型に罹っていたのかもしれないな。
ただ、本当に新型であれば免疫を持たない我々大人も無関係ではいられないはずだが、一向にかかる気配がない。もしかして、過去に罹ったインフルに型が類似していたりして、免疫で対応してくれているのかもしれない(あくまで推測)。
学校からメールで正式に学級閉鎖の連絡がまわってきた。うーん、今更かもしれないが、秋休みなんてやっている場合じゃなかったね・・・。

仕事ははかどらず。夕食後のメール書きも少なめで、ランニングの時間が確保できた。東京マラソンの抽選が発表されたからか、夜走っている人の数が確実に増えている気がする。
10156歩 6.08km 74分 584.4kcal 19.7g

■2009/10/19 (月) 積み上げる

快晴。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。月曜日なので量も多め。積み上がる。

一段落したところでオークション出品作業へ移行。先週の土曜日にオヤジたちが仕入れてきた本を中心に。当然オヤジによるより分けあり。ただ、思い切ってまとめて一気に出す方が思わぬ好結果をもたらすことを、ワタシはお客様から身をもって教えていただいた。そんな思いを残しつつ、眠い目をこすりながら仕事を続けた。

部屋の棚の奥からCDがまとめてごそっと出てきた。懐かしい。ワタシが大学生だった頃に買ったものだ。ブラスバンドのサークルに入っていたから、その頃演奏した曲の収録されたものが多かったが、そこから興味が派生して買ったクラシックCDも数枚ある。案外興味を持つ対象がぶれていない。広がっていないとも言えるが(^^;。
たとえば、ボレットがピアノでリッカルド・シャイー指揮、ベルリン放送交響楽団のグリーグ・ピアノ協奏曲とか、ドホナーニ指揮・クリーヴランド管弦楽団演奏のドヴォルザーク8番、9番とか。84年ごろの演奏なので、すでにデジタル録音されている。ドホナーニのドヴォルザークは、一時聴きこんだカラヤン・ウィーンフィルの演奏と手法が似ていて、続けて聴いても違和感がほとんどない。むしろ、同じカラヤンがベルリンフィルと演奏したドヴォルザーク9番が全然違って聞こえてびっくりした覚えがある。やはり楽団が違ったり、演奏時期が変わると、同じ指揮者でも曲の解釈が変わるものなのだろうか。
早速PCに取り込んで聴いている。ボレットがピアノでシャルル・デュトワ指揮のラフマニノフとチャイコフスキーの協奏曲は、ゆっくりとした盛り上げ方に驚かされたりして、曲の解釈って本当にいろいろあるんだなぁ、と。

夕食を食べながら三銃士。三銃士がそろって新展開、と思いきや、まずは生活感丸出しのお話(^^;。これって「王様のレストラン」っぽいな。三谷節炸裂ってことかしらん。
1633歩 0.97km 17分 73.1kcal 1.6g

■2009/10/18 (日) 荒川遊園

すでに15時半。

光はオレンジ色を帯びている。駅から5分ほど歩くと荒川遊園のゲートと観覧車が見えてきた。
入園料は200円。のりものは大人200円、子供100円均一。良心的だと思う。あと1時間で閉園時間だというのに、場内はまだまだ混雑していた。随分盛り上がっているじゃないの。
遊具はゆるーい感じのものが多くて、ジェットコースターまで怖くないゆっくり走るコースターがスリルの限界。女房は娘とコーヒーカップに乗った。規模が小さいので、カップを回転させると余計早く回ったように感じるらしい(^^;。娘は楽しそうにケラケラ笑っていた。

あともうひとつ。観覧車に二人で乗ってくれば?と思ったが、娘のリクエストは断然ファミリーコースター。えー? でも行列ができてるよ。それもワタシと乗りたいという。しょーがないなぁ。並ぶか。
横浜のこどもの国にあるものと似たタイプ。あれよりも場所が狭いのでコースを2階建てにして折りたたんである。それを2周まわるらしい。ちょっとしたお得感。もちろん絶叫とは程遠いが、親子で楽しく乗るにはこれくらいがちょうどいいのかも。

乗り終わって娘も満足した様子。閉園時間まであと15分ほどとなり、退園した。まだまだ人は多かったから追い出されるまでいるつもりらしいね。親子連れが圧倒的に多かったが、案外大学生くらいの男女がデートで来ていたりする。ゆるーいレトロ感を楽しんでいるんだろうか。なかなか、やる。

当初は三ノ輪橋まで行くつもりだったが、時間も時間だったので王子駅前に戻って南北線に乗ることとなった。あちこちまわって初めて来た場所を大冒険したようなつもりだったが、驚いたことにウチの最寄り駅まで直通電車があり、座って帰れるのだ(^^;。

今日のコース:渋谷から副都心線で雑司ヶ谷駅。直上に都電鬼子母神駅。都電庚申塚と三田線巣鴨駅。南北線王子駅と都電王子駅前。そして、都電三ノ輪橋と日比谷線三ノ輪駅。新丸子駅と繋がる地下鉄線すべてが都電と(ほぼ)接続しているのは、単なる偶然なのだろうか、ネ。
12228歩 7.33km 119分 554.5kcal 14.1g

■2009/10/18 (日) 巣鴨地蔵通り

快晴。

「都電に1日乗車券があるらしいよ」と娘。先週行ったばっかりじゃんか。娘のたっての希望で今週も荒川線探訪となった。
昼前に出て渋谷から副都心線。西早稲田で降りて馬場口を右折した。早稲田通りは学生街らしくラーメン屋さんがズラリ。随分街並みが変わったなぁ。古本屋さんはお休みだった。
西早稲田交差点から坂道を下りていくと都電のある通りに出る。このあたりから娘のテンションが上がった。先導して歩いて行く。「神田川の電灯も見に行こうよ」と積極的。案外わかりやすい性格だな。
しばし神田川の風景を眺めてから先週同様にモスで昼飯。すぐに都電乗車。運転士さんに申し出ると、持っているPASMOがそのまま1日乗車券になる。早速ゴトゴトと走り出す。明治通り沿い。途中で分かれて大塚駅。イベント開催中だった。庚申塚で降りる。巣鴨地蔵通り商店街。初めて来た。魅力的な飲食店があるなぁ。しまった。ここで食べればよかった。
元気なガモーナさん(ってまだ言うの?)たちがいっぱいだけど、原宿ほど混んでないな。とはいえ、赤パンツのお店は迫力があった。「巣鴨地蔵通商店街」のアーチ看板は独特の押しがあって妙。観音像には行列。線香のにおい。歩行者専用道になっていて安心して歩ける散歩道だ。
女房と娘はなぜかビーズ細工に引っかかっている(^^;。そういう細かいの好きだねぇ・・・(^^;。
おやつがわりに和菓子をちょっと。いま流行の白いたい焼きを初めて食べた。もちもちで形は確かにたいだが、これをたい焼きと呼んでいいのかどうか。

再び庚申塚駅から都電。飛鳥山駅で降りて、明治通りを走る都電の姿を眺める。都電か、と思ったら都バスだったり、都バスか、と思ったら都電だったり。案外似てるね。

また都電に乗る。飛鳥山の坂を下りれば、あとは下町の平坦な場所が続く。荒川車庫前で降りる。都電車両がズラリ。一角が都電ふれあい広場として開放されており、過去の車両が2両だけ乗れるようになっていた。案外たくさんの子供たちが楽しそうに乗ったり降りたりしていた。

そろそろ日が傾いてきたが、娘は「荒川遊園に行きたい」らしかった。それなら先を急ぐぞ。再び都電に乗って一駅先の「荒川遊園地前」で降りた。5、6分間隔で運行されているから待つストレスは全くない。それにしても、1日乗車券を持っているから、と、わざと乗り降りを繰り返しているねぇ・・・(^^;。

■2009/10/17 (土) 買い入れ(オヤジが)

朝からくもり空。夜には雨の予報。

夜のランニングで脱出する以外は新丸子から出られない状態が続いている(^^;オオゲサ。
出るには目の前の仕事を片付ける以外ない。だからやる。今はそれだけ。

先週、以前から呼んでいただいているお客様からお電話があり、本の買い入れに行くこととなった。ただし、オヤジが。仕事の肉体労働的には1.5人分の仕事だが、ワタシが付いて行ってしまうと店に積み上がっている仕事をする人間がいなくなる。今やワタシが仕事をしないほうがヤバイことになる以上(オオゲサ)、母親に付き添いしてもらうことになった。少し早目の昼飯を食べて二人で仲良く出かけて行った。気をつけてネ。

クラシック音楽を音量少しあげて聴きながら、なんとか気持を奮い立たせて仕事に臨む。それなりの量を確保できたが、どこかでもっとできたはずだったのに、という想いが残る。だったら好きなだけもっとやればいいじゃんか、と言われそうだが、同じ仕事を長時間続けるには何かが足りない気がするんだよなぁ・・・。人間ってのは厄介にできてます。

18時前から雨がぱらつき始める。最近はよく天気予報が当たると思う。お店に持ち込まれた本の買い入れ作業を終えた頃、オヤジたちがクルマで帰ってきた。荷降ろしを手伝う。まあ、母親にはちょうどいいドライブになったんじゃなかろうか。

夕食にパスタを食べながら、先週のぴったんこ・カンカンを見る。東京の江戸をめぐる、がテーマ。神保町の老舗・和本専門店が映る。きれいな状態の「解体新書」だったなぁ・・・。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。日付がかわるまで。
1163歩 0.69km 12分 49.4kcal 1.2g

■2009/10/16 (金) 1日店

結局、今週は交換会に行けなかった(^^;。

なんで仕事が思った通り進まないのかなぁ・・・。なんて思う。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。発送作業を終えてからオークション出品作業へ移行。とにかくやるしかない。一歩一歩でも進めていくしかない。

夕食を食べながらブラ・タモリ。二子玉川の巻。近年、再開発が著しい二子玉川界隈だが、昭和44年に玉川高島屋がオープンするまでは田園風景が広がっていたらしい。二子玉川で思い出すことと言えば、アルバムに家族で二子玉川園に出かけた時の写真が貼ってあったことかなぁ。ウルトラマンかウルトラセブンの怪獣展をやっていた。場所は現在超高層ビルが建設中のあたり。二子玉川園が閉園後は(たしか)ナムコ・ワンダーエッグとして使われていた。新丸子駅の隣には多摩川園という遊園地があったので、ワタシ中の思い出は二子玉川園よりも多摩川園の方が多い。
番組は、遊園地について全く触れることなく、玉電の解説と砧線の廃線跡をたどる散歩になっていた。玉電の敷設された理由として多摩川の砂利運搬が挙げられていた。都心で作られたコンクリートビルは多摩川の砂利が使われているのかもしれない。

そのあと、連続して三銃士。国王をめぐって二大勢力の対立構図。枢機卿・ロシュフォール・ミレディーの三人対三銃士・ダルタニアン。役者はそろったようだ。
7273歩 4.35km 57分 395.6kcal 12.7g

■2009/10/15 (木) 今日も1日店

快晴。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

今日は交換会へ行こうかどうしようか迷った。天気もいいしねぇ・・・。でもやっぱり、先週買った口がほとんど手つかずになっていることに押された。グッと我慢して仕事の1日。いや、交換会に行くことも仕事なんだけどね、一応。

夕食を食べながら今日も三銃士。20分の放送なので、あっという間に終わってしまう。それって面白いってことか。女房と娘は図書館から原作本を借りてきて読んでいる。案外原作とは設定が違うようだけど、”脚色”されているわけだから。

仕事を終えてからランニング。帰ってきてネットに接続すると、Nikeの集計ページがリニューアルされていた。アバターとか設定できるようになっている。別に必要ねーのになー、とか思いながらモンタージュしたら、結構面白かったりして(^^;。
8685歩 5.21km 72分 453.9kcal 15.6g

■2009/10/14 (水) 1日店

くもり空。

録音しておいたラジオを聴きながら仕事。月一放送の文化系ラジオでは「居場所」がテーマだった。居場所についてはとらえ方の違いから居場所の定義そのものを確定させることさえなかなか難しい。リアル社会における自分の身の置き所から始まって、最後は聴いているラジオ番組が自分の居場所、という話にまで。ネット上にも居場所が設定されることもある、など、それこそ自分が”居場所”と決めた場所こそが居場所という話になる。
どうしてこういう話がテーマになったのか、ということだが、社会の合理化が進んで社会的組織が整理されてしまったことによる社会の包摂性(セーフティネットのことか)の低下が問題視されているから、のようだ。
これは何か別のラジオで聞いてゾッとした話だが、社会全体は年に2%合理化されていく、という統計結果があるらしい。言い換えると、去年まで100人でやっていた仕事が今年は98人でできるようになる、という話だ。仕事を意図的に増やす必然性はこういうところにあるのかも・・・。

昼飯を食べながらTVを見ていたら川上未映子さんがしゃべっていた。初めてお姿を見た、と思う。しゃべっている内容、というか、感性がずば抜けて面白い。手で足を触った時、手が触っているのか、足が触っているのか。触っている・触られているの感覚を逆にとらえるとどうなるか。とか、子供の頃デパートの屋上遊園にあった大きなロボコンの乗り物に乗り、おかあちゃんに手を振ってもおかあちゃんから自分は見えず、自分なのにロボコンになっていることにびっくりして慌てて飛び出て、飛び出た後に自分自身もまた”脱げない”からだをまとっている、事に気づいたり・・・。
普通なかなかそういう感覚を持つことはない、はず。やはり詩を書ける人って俗世間の常識から解放されて、感性から生まれる感覚が体中を駆け巡っているのだろうか・・・。

仕事ははかどったようなはかどっていないような。
走りに行こうかと思ったら雷雨で中止。
1536歩 0.91km 15分 72.1kcal 1.7g

■2009/10/13 (火) 今日も1日店

朝から快晴。布団干し。

三連休明け。がんばって荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼前までには終わらず。

昼飯を食べながらTVを見ていると國村隼さんが出ていた。名脇役。それだけにいろんな映画・ドラマに出演されている。語り口は穏やかで滑らか。決して大きな声ではないが、話は聞いているこちら側に全部スっと入ってくる。説得力があるなぁ。大きな目が印象的だ。
話は「パコと魔法の絵本」で演じた中年オカマの役に。そこで”役作り”について語られる。ご本人曰く、自分の中にある引き出しから演技を出してくるわけじゃなく、あくまでも”感じる”ことにしている、のだとか。たとえば、衣装を着けてみれば自然に肩が下がるとか、ボブのウィッグを着けてメイクをしたら自然に湧いてくる感情を出してみる、とか。頭で考えるよりも感じて出す方法。
聞いていたらドラマ「HR」の中で八木田さんを演じていた國村さんのセリフを思い出した。劇中、クリスマス会のだしものでシェイクスピア劇のハムレット役をオーディションすることになり、生瀬勝久さん演じるホイさんに対抗する役として八木田さんが「感じてみなよ」と稽古をつけていた。脚本を書いた三谷さんが國村さんということであて書きしたのかもなぁ。
映画出演2作目がリドリー・スコット監督「ブラック・レイン」。出演第一作目の邦画の総製作費が1000万円だったのに対して「ブラック・レイン」は60億円(!)という桁違いの金額だったが、いざ劇場のスクリーンに上映されてみれば、どちらも映画としてちゃんと面白い。その方法論の違いがとても興味深い、と語られる。なるほどねぇ。
他に、趣味の渓流釣りの魅力まで語ってくれて、いずれも話の描写が丁寧で、聞いていて絵が浮かんでくる気がした。
数々の役をこなされていずれは映画のディレクションをされるのではなかろうか。

荷造り作業は16時までかかる。それからオークションの出品作業を開始。はかどらず(^^;。

夕食時、今日も三銃士。劇中で描かれる宮殿の外観がおどろおどろしくて、まるで宮殿に見えなかったりするが・・・。
9025歩 5.41km 73分 477.2kcal 21.0g

■2009/10/12 (月) 1日店

晴れ。

ええと、今日は何で休みなんだっけか・・・。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。以前は2週間に1度の回数で巻き段ボールを発注していたが、ある工夫をしたことで3週間から4週間に1度の発注で済むようになった。変更したのはそれこそちょっとしたことなのだけど、量が多くなってくるとそのちょっとしたことの効果が大きく増幅される。日々、努力です。

先日来、TVで人形劇が始まるということで、そのPR番組を連日放送していた。女房は興味津津の様子。「新・三銃士」で脚色を三谷幸喜さんが担当。さながら大河ドラマの再現か、と思わせるような力の入れよう。
人形劇が世界中で上演されている、という状況を紹介したうえで、日本には人形浄瑠璃・文楽がある、と映像が流れる。
今日が本編の放送第一回。夕食を食べながら見た。確かに人形劇だが、カメラの撮り方が格段に進化していて、かなり迫力がある。途中に挟まれるアニメを使った解説もわかりやすい。息子はすぐに席を立ったが、ワタシを含め女房と娘は面白く見た。
放映直前のPR番組を後から見ると、人形劇の舞台裏の紹介があった。その中で驚いたことが一つ。アニメーション映画の場合は先に絵があって、そこに声優さんが声を当てる作業になるが、人形劇は全く逆だった。先に声優さんの声の演技を録音。その声に合わせて人形を操作していた。なるほどねぇ。
平日毎日の放送だという。欠かさず見ることになりそうだな・・・。
9923歩 5.94km 76分 552.6kcal 21.6g

■2009/10/11 (日) 車窓から

朝は9時起き。

ウルトラマリンの空。女房は先日TDLへ行ったので今日仕事。昼前に娘と出た。「今日は出かけたくないなー」と娘はしぶしぶの様子。
地下鉄を乗り継いで江戸川橋駅下車。目の前に神田川と首都高高架橋。江戸川橋を渡って江戸川公園に入る。ここはずっと桜並木になっており、春にぜひ歩きたいと思わせる場所。右手が高台で左手が神田川。
結構切り立った高台があるため、脇から湧水あり。娘が手を突っ込むと「冷たいー」らしい。その先に遊具のある公園があり、しばし鉄棒やらブランコやら。案外こういう場所に満足する娘。
さらに川沿いを歩いて行くと右手が椿山荘の敷地になる。中を散策できるらしいが、また来た時のために温存。それよりも胸突坂へ向かう。

娘が「ここかなぁ」と様子を見に行った右手に見事な坂あり。関口芭蕉庵と神社の間の緑に囲まれながらひょろーっと胸突坂が伸びていた。坂を登り切ると、右手に古い日本家屋。左手に永青文庫。明治時代にスリップしたかのような雰囲気だった。ちなみに永青文庫は肥後熊本の細川家江戸屋敷跡。細川家ゆかりの資料・美術品が収蔵されているらしい。これからもこのあたりの雰囲気は保存されるようでよかった。

水神社にお参りしてから再び川沿いの道。ブラ・タモリのネタになった豊島区と新宿区の区界に立つ街灯を発見する。TVで見た風景が目の前にあることに娘はテンション高状態(^^;。クリーニング屋さんはお休みだった。

昼飯を食べよう、と大通りに出ると、目の前に都電・荒川線の早稲田駅があった(!)。
近くのモスで昼飯を済ませて早速乗車。なんと、終点三ノ輪橋駅まで160円で行けるらしい。大通りを渡る時には信号を守って止まるかわいらしさ。バスよりも一回り大きいだけだが、本数が結構あるので利用者は多かった。JRと接続する大塚駅ではドッと人が乗ってきて満員状態になったり、飛鳥山から王子駅までの下り坂にしびれたり、終点・三ノ輪橋駅前商店街の佇まいに感激したり、見どころ満載の路線なのだった。
思ってたよりも軌道は道路上を走っていなかった。これって路線廃止されなかった別の理由も想起させるけど、まあ、それはそれとして。

大関横町交差点から地下鉄に乗って帰る。1時間ほど横になってから仕事。「今日はどうだった?」と女房に聞かれ、「うん、楽しかったよ」と娘。そりゃよかった・・・。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。5851歩 3.50km 59分 258.9kcal 6.3g

■2009/10/10 (土) おかえり

朝はくもり空。

朝飯を食べながらタモリ倶楽部。ジャケ弁ってシャケ弁の誤植かと思った(^^;。空耳のカニカマ、カニカマ、ツナはすごいな。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。作業をしているうちに郵便物。修理に出しておいたPCが帰ってきた。思っていたよりも早かった。最初は明日ゆっくり復旧作業をやればいいや、と思っていたが、昼前でちょっと仕事が途切れたこともあって、つい電源をONしてしまった(^^;。再立ち上げとソフトインストール作業開始。アップデートを繰り返すのでなかなか前に進まないものの、3時間ほどで作業は全部終了した。以前は軽く1日かかっていた事を思うと我ながら早くなった。って、こういうことに慣れても誰もほめちゃくれないが(^^;。
iTunes、HPソフト、メール設定、GIMP、FFFTP、ソフト自体はこれくらい。あとはプリンタのデバイスやメールのデータ移行に一番手間を取られる。

再立ち上げが済んだので午後の仕事は全部新PCでこなした。画面が大きいというだけでこうまで快適に作業ができるものか。一度デスクトップPCの大画面に慣れるとノートPCには戻りたくなくなるね。

故障の原因と推定されるデスクの「揺れ」から退避させるため、周辺の棚を片付けて据え付ける。さらにブックエンドを噛ませて簡単に落下しないようにした。朝一番の電源ON以外はほとんど本体に触れる機会もないのでこれで充分だろう。なんで今までPCにこれくらいの気遣いができなかったのか・・・。

「実は今日なのよ」と母親。オヤジと二人してファンの秋川雅史のコンサート。川崎公演のチケット発売日なのだという。ネットで予約をかける。さすがに今日発売だっただけに最良の席が予約できた。さっそくチケットの受け取りのため近所のコンビニまで散歩がてら。
すっかり晴れ上がった。湿度の少ない秋晴れの空だ。コンビニの端末を操作すると、べロンと長めのレシートが出てくる。それをレジに持っていくとチケットを発行してくれた。手数料がちょっと高いと思うけど。まあ、予約した席を確認できるという特典があるから仕方ないか。
店に戻って母親に渡す。結構高価なチケットだからなくさないようにね。実際の公演は来年の2月らしい。鬼よ、笑え。

夕食後、オークション落札品のメール書き。作業がスムーズに進む。おかえり、と実感を込めて思った。
2638歩 1.58km 24分 127.0kcal 3.2g

■2009/10/09 (金) 今日も1日店

快晴。昨夜も遅かった目に眩しい青空。

現在娘が秋休み中。個人的にはSWもあったことだし秋休みなんて全く必要ないと思うけど、学校がやるというんだからしょうがない。女房はこれをいい機会とばかり、娘と一緒にTDLに行ってくるという。
行くとなれば早起きして行くのが我が家のTDL。普段なかなか起きない娘もすんなり起きて、二人でそそくさと7時前に出て行った(早い)。
女房たちが出かけるときに息子を起こして行ったようで、ワタシの目覚ましが鳴った後に息子の様子を見に行くとすでに起きて身支度を始めていた。安心してもう一度布団に入ったが、寝られるわけもない(^^;。息子が8時前に学校へ出かけたあと、なぜかオヤジが8時半に店にやってきた。

聞けば、今日は頼んでおいたふすま張替の工事が入る日だったようで、8時過ぎに職人さんたちが入れば家でのんびりしている場所はないのだった。

やれやれ、あわただしい(^^;。

完全に自分のペースで今日が始まらず、どうにかコーヒーを淹れてグイっとこっちへ引き寄せようとするも無駄だった。ズルズルと仕事を始め、荷造り作業が終わってしまった頃に眠くなり始めた(イカン)。
だから、というわけではなかったが、通路が先日買ってきた本で完全にふさがっている時に、仕事をほっぽり出して明古に行くわけにはいかなかった。
大人しく眠い目のままだらだらと仕事を続けていくことになった。
オヤジもペースを乱されて眠いのかなんとなく機嫌が悪い。工事のこともあって店と自宅を行ったり来たりの母親も落ち着かない。仕方なくラジオを無言で聴きながらただ黙々と仕事を続けた。

オヤジは18時に店を閉めて帰った。ワタシはそれから残っていた仕事をどーにか片付けるなり机につっぷして居眠り(^^;。もう我慢の限界よー。

ガラガラとシャッターの開く音。女房と娘がニコニコしながら帰ってきた。そうだ、夕食は息子と一緒に買い弁だった。息子にひとっ走り買いに行ってもらう。女房たちは途中で夕食を済ませてきたようだ。

食べながらブラ・タモリ。上野の巻。まずは暗闇坂に行って「謎の洋館」のたたずまいを見てみたいな・・・。
なんだか、坂ばっかりに興味が行っている気がする。
10093歩 6.05km 81分 539.6kcal 18.5g

■2009/10/08 (木) 1日店

台風は関東地方に直撃せず、北をかすめた。午前中から快晴となった。

オヤジたちは昨日仕事をしたので、今日は「台風だから休むね」とのこと。

昨夜からの雨もそれほど降らず、関東では風台風だったようだ。息子は学校からメールで授業の有無について連絡があった。朝6時の時点では通常通り授業を行う旨書いてあった。息子は定時に出かけた。東急線は動いていた。
朝飯を食べながらTVを見てみると、なんと、首都圏の主要JR線がすべて止まっていた(!)。息子の学校からはその後に何度もメールが届き、自由登校に変更する旨書いてあった。通常授業するという判断についての抗議が保護者からあったことも書いてあった。そりゃそうだろう。電車が動いていないのに登校はできない。登校しても登校しなくても全員を出席扱いするということらしい。
昼過ぎに息子は帰ってきた。どうだったか聞いてみると「自習だったよ」とのことだった。

故障したPCは風が吹きすさぶなか、回収に来てくれた宅配便によってセンター送りとなった。早ければ土曜日に帰ってくる予定。まあ、復旧作業は日曜日にやることとなるかな・・・。
故障原因をあれこれ考えていたが、やはりワタシが仕事しているデスクの上に置いてあるのがよくないんじゃないか、と思う。扱っているのが本だから、知らず知らずのうちに微細なものから強力なものまで”振動”が本体に悪影響を与えていたと思う。少しデスク周辺を整理してPC本体はデスクから退避させてみよう。

昼過ぎ。店を開けて昼飯を食べていたら電話が鳴った。「雨がやんだから仕事するけどいいかな」オヤジだった。いいも何も、仕事したいって言っている人をワタシが止めるわけないじゃんか(^^;。どんどん仕事してよ。昨日カーゴ2台買ってきて店が大変なことになってんだから・・・。
オヤジはいままでとあまり変わらず本を買う(買いたい)割に自分の休日を増やしてしまった(^^;。その本は自分で当然やりたいらしく、ワタシが触ることを嫌がる。そのためワタシにとってアンタッチャブルなオヤジの本ばっかりが店に溜まっていくことになる。買うばっかりで売らなきゃ本は片付きませんぜ。アタリマエの話。

仕事を終えて長原までランニング。一週間ぶりかな。
11042歩 6.62km 84分 613.6kcal 22.4g

■2009/10/07 (水) 二往復

朝から雨。台風接近中。

PC故障の件。とりあえずサポートセンターに電話する。リカバリCDに入っているハードウェアツールで「メモリ」の所にfailと出たことを話すと、2個装着してあるうちのどちらかがエラーになっている可能性がある、という回答。もし、2個のうち1個が生きていれば、その生きている1個だけでウィンドウズは動きます。と、なるほどな答えをもらう。一旦電話を切って、PCの蓋をあけてメモリを一つ一つ取ってみてハードウェアツールに掛けてみた。最初の1枚がfailと出る。なるほど、それならもう一つが生きているかな、とメモリを差し替えてツールを走らせる。・・・果たして、こちらもfailと出た(^^;。結局ダメか・・・。
再びサポートセンターに電話。明日、台風直撃の最中に引き取りに来てくれることになった。むろん、無償修理。

とはいえ、これでデスクトップPCは2回導入して2回とも故障してしまったことになる。ワタシの使い方が悪いのだろうかネ。ちなみにノートPCは過去に何度も購入しているが、一度もこういうことは起きていない。

さて、修理行きが決定となればあとは気持ちを切り替えるしかない。交換会に行ってくることに決める。車中では筒井康隆全集3「馬の首風雲録」を読み始めるが、純SF長編特有の長いカタカナ固有名詞が目にうるさくて読み進められない。結局最初の5ページで挫折する。そのまま巻後半の短編を読むことにした。「最高級有機質肥料」とは何のことでしょう・・・(^^;。

入札を終えて昼飯は久しぶりにうどん。雨で行列なし。野菜天盛りの茄子がうまかった。

店に戻り、荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてから交換会落札品を引き取りにクルマで出る。道は雨ですいていた。
カーゴ2台弱分で荷台はいっぱい。ゆっくり走って帰ってくる。

台風は明日朝に関東地方最接近とラジオ。嵐の前の静けさなのか、荷物を店に運び込む時にはほとんど雨は降っていなかった。

この日記を書いている今も雨・風とも静かだ。これで明日朝は暴風雨なのだろうか・・・。
7499歩 4.49km 72分 348.2kcal 8.7g

■2009/10/06 (火) 今日も1日店

今日も朝から雨。

8月中に放送していたドラマ「救命病棟24時」が録ったままになっていたので、昼飯を食べながら連続して見ている。救命救急の継続がむずかしくなっている現状(は現実にあるのだろうか)を描いている。それでもがんばる進藤先生と、このままでは組織が持たないと組織改革に取り組む医局長の対立がテーマ。
以前読んだコミック「ブラックジャックによろしく」でもこういう状況が描かれていたなぁ・・・。
ここ最近は見なきゃと思っている番組を増えるに任せていたので、見る順番が押せ押せになってきている。「救命病棟24時」も第一回から全く見ずに過ごしてきた(^^;。だったら見なきゃいいのに、と思いつつ、見てみれば結構な迫力で見入ってしまった。

今日は店舗定休日。午前中は発送作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてからオークション出品作業。はかどらず。

18時過ぎ。オークション出品作業をしていたところ、いきなりPCが再起動を始めた。明らかにおかしい。その後、何度か再起動したが回復しない。夕食を挟んで復旧作業。マニュアルとディスクを引っ張りだしてきて、システムチェックできるCDを走らせる。すると、ハードウェアに一か所エラーが検出された。ううむ、これは復元とかしてもうまくいかないはずだ。この時点で自力回復を諦め、セーフモードでメールデータや写真データの避難を始めた。
明日、修理に出すことになると思う。

外はしつこく雨。
863歩 0.51km 8分 38.5kcal 0.5g

■2009/10/05 (月) 1日店

朝から雨。

結局昨夜も遅くまで起きており(^^;、朝は9時起き。それも女房に起こしてもらう体たらく。よくないなぁ。

朝飯を食べて荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
そういえば、昨日の今頃は丹沢で釣りをしていたんだったなぁ、と、昨日のことがずっと前のことのような気分あり。なんでだろう?

午前中いっぱいで荷造り作業も一段落し、オークション出品作業に切り替える。とはいえ、はかどらず(^^;。意識の根っこの方に寝不足が引っ掛かっているらしい。やはり仕事を順調にこなすには規則正しい生活が一番良いようで。(アタリマエだろ)

昨日の夜も、今日の仕事が終わった後も、HPリニューアル作業を続ける。今のところ楽しんでやっているが、いずれ”面倒”が顔を出し始めないかちょっと不安。何せ10年以上かけて積み上げたコンテンツがゴロンと横たわっている(^^;。たとえば、それを一度全部読みなおそうとしただけで1週間以上軽くかかるんじゃないか、と思わせる量だ・・・。それを再構築しようっていうんだから、どれだけかかるものやら。息子に手伝ってもらえば少しは早く作業が進むだろうか(^^;。って結局は人頼みかよ。

このソフトはPC2台まで導入可能なライセンスが付いている。ここ数日の息子との会話はもっぱらHP更新話ばかり。息子は息子でHPを一つ運営している。前のバージョンに比べてここがいいよね、あそこが便利になっていた、などが親子の会話。
娘の通学路の途中に喫茶店があり、ここ数日は通行人に協力を求めるような大規模ロケ撮影が入っている。雨の中、学校から帰ってきた娘はロケ撮影の様子をあれこれ説明してくれた。ワタシが小さい頃からある喫茶店だが、絵的にいかにも、という感じが受けているのかも。この間は堤真一さんやユースケ・サンタマリアさんが来ていたみたいだよ。「だれ?それ」 娘とはそんな会話を。

しばらく雨が続くようだし、夜な夜なHP更新作業でPCの前に座っている時間が長くなりそうだ。
760歩 0.45km 8分 33.2kcal 0.0g

■2009/10/04 (日) 丹沢

朝は4時起き。

実に6月末に行って以来。行きたいと思っていてもなかなか行けなかった。たまたまスケジュールに余裕が出来、天気もよさげだったので思い切った。こういうタイミングって実はなかなかない。

ラジオを聴きながら高速道を走り、大井松田で降りる。出発してわずか1時間ほどで到着。8月の家族旅行で来ている場所だが、あの時はエサ釣りだった。今日はフライ釣り。ウェーダーを履いて川を渡る。

まだワタシのほかにはずっと向こうの方にルアー釣りの人が一人だけ。ほぼ貸切り状態。フライを投げるのも久しぶりだが、気温が落ち着いているためか、さっき放流されたためか、魚の反応はいい。よくフライを追っかけてくれる。アイドルタイムもなく、20cmほどのニジマスとサクラマスが次々釣れる。この調子とばかりドライフライを投げはじめるとこれにも高反応。いわゆるトップ・ウォーター。バス釣り時代から憧れの釣りだった。サクラマスが次々かかる。

場所を移す。川幅の広い滝下に大きなプールが広がっていて、先日の大雨・渓相の復旧作業などもあって流れ筋に変化あり。浅瀬の向こう側にある少し流れの淀んだ溜まりにマラブー(オリーブ)が入って行った瞬間に手ごたえあり。遠くでビッタンビッタンと大きな水音。こりゃデカイ!。さすがに力強く抵抗してなかなか近くへ寄ってこなかったが、どうにか浅瀬に引っ張り込んだ。見事なレインボー。メジャーで測ってみた。40cmあった(!)。

その後も、合わせた後の逃げ方がニジマスと違うな、と思っていたら鼻のやや曲がったヤマメ(キレイな婚姻色のピンク)だったりして、大満足(^^)。

途中、釣りをしながらものすごく眠くなる。昼飯は携帯食で済ませたからか、14時を過ぎたあたりでスタミナ切れが起き疲れてきた。魚は依然としてフライを追っかけていたが、それならもうこのくらいで満足するべきだろうと納竿した。数にもサイズにも恵まれ、ヤマメにも2回会えた。

中井PAで昼飯にうどん。大和トンネル手前の事故渋滞が伸びて18kmを通過に1時間。ウチに戻って昼寝。夕食後は仕事。
4770歩 2.85km 49分 210.6kcal 5.2g

■2009/10/03 (土) 1日店

昨夜は遅くまでホームページリニューアル作業。

と言っても、再構築しなければならないコンテンツが多すぎて(^^;、まだトップページのデザインをこねくり回しているだけ。
以前、「これならできるかもしれない」と思って買ったソフトでやろうと思ったところ不調に終わったが、今回バージョンアップして編集機能が格段に向上。ワタシでも出来そうなくらいになっていた。
実際、始めてみたところが思った以上に調子よく仕事が進む。ついおもしろくて遅くまでかかってしまった、というわけ。

天気は晴れたり降ったり。雨が降っていたと思ったら晴れ上がり、気が付けば雲が広がっていたりして(^^;。

昨日買ってきた本に仕事をかけ始める。作業は眠さもあって順調とはいかず、はかどらない。とはいえ休まずに続けた。とにかく続けることが大事。

昼飯を食べながら「スジナシ」を見る。金田明夫さんの回。やはり舞台出身の方の演技はすごい。いろいろな作品にご出演の名脇役。存在感を主張しすぎないのに「場」を作る意思がものすごく強い。ぺらぺらぺらぺらと次から次へセリフがよどみなく出てくるが、不思議と全部聞きとれて、しかもすんなり中身を飲み込めている。セリフによって状況がグイグイ次々進められているのに、見ているこちら側は決して置いていかれない。これって実は凄いことだと思う。
さすが「しょってますから」ネ(^^)。
918歩 0.54km 9分 40.3kcal 0.3g

■2009/10/02 (金) 往復

雨模様。

以前は9月中に秋雨が降って10月は晴れていた。ここ数年は10月に入ってから秋雨になる。半月も時期が後ろにずれたね・・・。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
作業が一段落した頃に昼飯。今日は久しぶりにインスタントラーメン。野菜炒めがたっぷり載せてあってなかなか。

午後も荷造り作業があり、その後にオークション出品作業をするもののはかどらなかった(^^;。

16時半を過ぎた頃に雨の中、クルマに乗って神保町へ向かう。昨日開催された大市会での落札品の引き取りに。結構たくさん札を書いたものの、やっぱりほとんど落札かなわず(^^;。いつものことですが・・・。

車中ではいつものラジオ。渋谷を引き払って六本木からの放送になっているが、聴いている限りは以前と変わりない。その調子でお願いします。

神保町到着。すっかり場内はきれいに片づけてあって、ウチの荷物は全部カーゴに載せていただいていた。ありがとうございます。ちょうどカーゴ1台分。載せ終えてそそくさと帰路。再び雨。
19時に店到着。荷物を降ろす。明日はこの荷物にかかりっきりになるだろうなぁ。

夕食を食べながらブラ・タモリ。レギュラー化された第一回。早稲田あたりを歩いていた。神田川が蛇行していた当時の区境が今も生きているという話。胸突坂は今度歩きに行きたいな。

夕食後はホームページ・リニューアル作業。いよいよ開始。
・・・っても、見た目の向上”ダケ”目指します(^^;。
3446歩 2.06km 33分 159.6kcal 4.1g

■2009/10/01 (木) 1日店

晴れ。結構涼しい。

今日から10月。今年もあと3カ月。早いなぁ。

大市会が開催中のため、店で1日仕事。オヤジたちは晴れたとばかり出かけたらしい。まあ、昨日が出扱いなので今日はただの代休なのだけど。

荷造り作業が一段落してから甘露通信の在庫データを3か月ぶりに更新。以前は1カ月ごとに行っていたが、特に見ている人もいないようだったので回数を減らした。いずれ表示自体をなくしてしまっても大きな影響はなさそうだと思っているが、まだ続けてみようかな・・・。

鯨文化TVの最終回を見た。この番組が繰り返し主張して来たことに、日本は鯨の肉を食べてきた、という事実がある。戦後の食糧不足の時、南氷洋捕鯨から帰還した捕鯨船は大歓迎を受けていた。貴重なタンパク源だった。ある年代から上の方々には特別な思い出もあるのでは。
昭和37年以降、IWCは南氷洋捕鯨の総量規制を始めた。どんどん減らされ、日本以外の捕鯨国(イギリス・オランダ)は鯨油の採算割れによって捕鯨から撤退した。結局日本以外の捕鯨国には鯨肉を食べる文化はなかったようだ。その後、IWCの総会で捕鯨国だったイギリス・オランダは鯨が哺乳類だから倫理的に捕ってはいけないと主張を始めた。
日本は昭和62年に商業捕鯨から撤退。長年捕鯨船の船長を務められた方は、戦後すぐの頃は食料調達の使命感を帯びて仕事をしていたが、30年経ったら早くやめてくれないか、と言われて哀しかったと仰っていた。
現在日本は調査捕鯨を継続して鯨の適正な生息数の把握に努めているが、反捕鯨国はその調査捕鯨の中止を求めているという。状況は厳しそうだ。
このシリーズを見て日本と鯨の関係について知らないことが沢山あった、ということに気づかされた。いい番組だったと思う。

オークション出品作業。はかどらず。ブログパーツにオークション出品物を表示できるものがあったので早速導入してみた。もしやホームページにも有効か、と思って張り付けてみたが、やっぱりダメだった。

仕事が終わった後、久しぶりにランニング。
10793歩 6.47km 77分 630.8kcal 22.0g

2009年09月 < > 2009年11月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター