Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2009年03月

■甘露日記 2009年03月

■2009/03/30 (月) 花見

日曜日の代休をもらう。

天気も悪くなさそうなので、花見へ行ってみようか。
朝はいつもどおり起きて朝飯。そのあと、今日発送できる荷物を出来るだけ荷造りする。いつもお買い上げありがとうございます。出かける11時ころまで続けたら、いつの間にかドーンと積み上がっていた。

3人で東横線に乗る。途中渋谷でお弁当を買い、せっかくだからちょっとだけ日本酒も買う。千駄ヶ谷門から中に入ると、ソメイヨシノはまだ満開ではなかった。さっそく花見弁当。桜おこわがおいしい。
桜の園をしばらく逍遥する。あいにくくもりがちだったが、大島桜の白さがむしろ強調されていて面白いと思った。

枝垂れ桜スポットには人だかり。いつもソメイヨシノに時期を合わせると、ここの枝垂れは終わってしまっているのだが、今日はちょうど見ごろだった。滝のように空から桜が流れてくるようだった。まるでナイアガラだね。

売店でみたらし団子と桜道明寺を食べて一休み。ここのお団子はやわらかくておいしいねぇ。それなりの値段だけれども(^^;。

で、次は思い切って上野へ行ってみようか、ということになった。珍しくハシゴ桜だ。千駄ヶ谷から秋葉原。山手線で上野駅。改札口はものすごい人の数。今日は平日だからまだこれで済んでいるのかな。休日の状況を想像するとゲンナリしそうだ。

桜並木はまだ満開ではなかったが、広い歩道は人でいっぱい。恒例の青シートが敷かれて場所取りの人が昼寝していたり、ガッツリと昼宴会している人たちが居たり。それぞれ思い思いの春を楽しんでいる様子だった。さすが国際都市の上野。聞こえてくる言葉は日本語以外の言語も数多かった。

娘が疲れてきて機嫌が悪くなっていたので、ABABの店頭でクレープを食べることにする。なかなかの人気でひとだかり。注文してから焼き始めるので食べるまで20分程度待つことになった。待った甲斐のある味。生クリームとチョコの大好きな娘は、これを食べて機嫌を直した。

店に戻ってから息子と二人で隣駅まで。高校に入るとき、と約束していたケータイを買いに。気に入ったモデルは最新型で、値段が5万円くらいだったからあきらめてもらい、新規0円の機種から選ぶように言う。やはりワタシとは微妙に趣味が違った。へぇー、こういうのを選ぶんだ・・・。

夕食は久しぶりの外食。近所のDへ。帰ってからも仕事仕事仕事。
10001歩 6.00km 100分 438.7kcal 12.0g

■2009/03/30 (月) 往復

朝は6時過ぎに起きる。

土曜日に入院したオヤジの今日が手術日。母親が付き添うことになっている。

ワタシは昨日お客様からお預かりした荷物を出品しに神保町までクルマを転がす。道中は気分を紛らすためにポッドキャストを聴く。ばかばかしいのがいいな。「安住紳一郎の日曜天国」を選んだ。局アナとは思えない突っ込んだ攻めのトーク。読まれるハガキ職人さんはGLやロケショーにも投稿している人がいらっしゃる。まるで「こちらをご購入されたお客様はこちらもご購入されております」のような・・・(^^;。
安住アナには醤油という研究テーマがあるようで、やたら詳しい。日本各地に醤油醸造所が1500ヵ所存在し、この数字は日本酒の醸造所よりも多いのだそうだ。出張のたびに各地でお国の醤油を買って味の違いを楽しんでいるとか。ワインよろしく、ラベルを丁寧にはがしてノートに貼り付けたコレクションは5年間で150種類。このペースで日本全国1500か所を制覇するには85歳までかかるんです、と笑った。

8時20分ごろに古書会館到着。すでに荷捌き場は満車で、みなさん出品作業をしておられる。さすがに早いなぁ・・・。さっそくカーゴに荷物を積み上げると、ちょうど1台分だった。登録してさっさと帰路についた。

9時半頃には店に戻れた。朝飯も食べてしまったし、店を開けても仕方ない。荷造り作業もまだ少なかったので、オークション出品作業をのろのろと始めた。土曜日から日曜日、そして今日まで、ありがたいことにずっと仕事まみれで忙しくしていたため、何も考えずに居られたが、フッと仕事が途切れると、やはりオヤジの手術が心配になってくるのだった。

11時過ぎになって母親が病院から帰ってくる。別段緊急連絡をしてこなかったから、手術は無事に終わったのだろう。母親は開口一番「無事に終わったわよ」。ああよかった。しばらく母親の話を聴き続ける。

無事だと分かると、何となく気持ちが吹っ切れて、仕事も順調に回り出した。荷造り仕事も月曜日らしく積み上がる。いつもお買い上げありがとうございます。
母親は何となく不安になるのか、似たような話を繰り返したり、明日の段取りを何度も確認したり。うんうん、そうかそうか、そりゃ大変だ、と話を合わせた。

夕方になってオヤジから電話が入る。声に張りがあった。何よりもう電話のある所まで歩いてきたの? 明日持ってきてほしいものの指定だった。もう大丈夫だろう。
11051歩 6.63km 84分 615.6kcal 27.0g

■2009/03/29 (日) 仕入れあり

朝は早起き。

昨日お伺いしたお客様に追加の本が出たというお話を頂き、今日も買い入れに出かけた。
春休みでヒマそうだった息子をつかまえて、手伝うか?バイト代出すけど、と話してみる。「え、ああ、うん。」という返事があったので、連れて行くことにした。一人で充分な仕事量なのだけど、部屋でゴロゴロしているだけならたまには親の仕事を見せておくのもいいことだろうと思って。

道中はおよそ1時間。あれこれと喋る。普段は口数が少ない息子だが、こうして喋れる機会があるときには喋る話題を持っている。ほとんどがPC関係の話だったけど。ま。ワタシも高校生になったころには買ったばかりのPCに夢中だった。そういう意味ではワタシと何も変わっていないのかもしれない。息子が投げてきた話のボリュームを数倍に広げて濃くして返しておいた。

お客様宅へ到着。息子には本の大きさと高さを揃えてヒモで縛る作業をしてもらう。とはいえ、昨日と違って微妙に駐車場に余裕がなく、運んだ本にすべてヒモをからげる前に出発することになった(^^;。

店に戻る道中もずっと喋り続けた。PCに何をやらせるのか、という話。何かを増設したいと思っても、意外と何も買うものがない、みたいな話を息子が振ってくる。PCにパワーがあって、ディスプレイが大型で、ネットが光なら、HDD以外にもう買うべきモノって実はほとんどない。なぜか「何かを買いたい」という話にすり替わりがちだが、どうして買うのか、と問うてみれば、「何をやらせたいのか」に話が戻ってくる。PC環境はあくまでもやりたいことのための手段なのだ。まあ、アタリマエの話なんだけど(^^;。・・・となると、自分の身の回りにあるものって、自分の内面を映す鏡のようなものだね。

店に戻って本を降ろす。しばらく店を開けずに本の仕分け作業。息子に本の種類を分けさせて、山に積み上げてもらい、最後は本を縛ってもらった。ワタシはその内容を点検しながら本口に封筒を付けて明細を書く。案外息子の仕事に助けられた。
全部終わったところで昼飯。はい、バイト代。お疲れ様。

しばらくして多摩川台公園までお花見に行っていた女房と娘が帰ってきた。

連日少し早目に起きて仕事をしたため、午後は陽気も手伝って少し眠い。それでもノロノロと仕事を続けた。荷造り・発送作業も休まず。いつもお買い上げありがとうございます。

代わりにランニングを休んでしまった(^^;。
2725歩 1.63km 26分 123.7kcal 2.8g

■2009/03/28 (土) 仕入れあり

少し早起き。

今日は仕入れがある。それほど混んでいない道をひた走り、1時間と少しで到着。今回は御相談のうえお預かりして交換会に出品することになっていた。運び出した荷物をクルマで仕分けして縛り、封筒を付けて明細書き。30分ほどで終了した。出発。そのまま古書会館へ直行しようか、と思っていたのだが、上りの首都高が大渋滞(^^;。仕方なく、大回りして一般道を走っていこうと決心。
ところが、環状道路はそれほど混んでいないものの、放射道路は混み気味で、下から行って正解だったのかどうかは微妙(^^;。ま。道路代が浮いたから良しとしますか。

とはいえ、途中のコンビニで買ったサンドイッチをほおばりながらのドライブは退屈ということもなく、持参したipodでポッドキャスト三昧なのだった。
古書会館に到着し、出品作業を終えて落札品を回収する。クルマってのは便利な道具だなぁ。帰り道はすいていた。午後は結構あたたかだったから、桜の開花は進んだかもしれない。

店に戻って荷物を降ろす。それからが恐ろしいほど忙しい時間が続く。12日からシステムトラブルで受注メールが全く入らなかったアマゾンから突然4本受注メールが入っていた。

ばたばたと発送荷物を荷造りして発送する。仕事って本当に集中するものだなぁ(^^;。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。日付が変わっても終わらない・・・(^^;。

オヤジ入院。
4113歩 2.46km 38分 192.5kcal 4.8g

■2009/03/27 (金) 往復

晴れ。桜の開花は進むだろうか。

今日も交換会へ向かう。昼過ぎに東横線に乗った。車中では今日も「竜馬がゆく」の続き。長州征伐が始まろうかというところ。竜馬は神戸の海軍を幕府から解散させられ、勝海舟と別れて長崎へ移動する決心。いよいよ竜馬の歴史上に顔を出す活躍が始まる。

昨夜聴いていたポッドキャストの話を思い出す。ニュースは”事件”を拾っていくので、それだけ繋げて並べれば何ともネガティブな印象の”歴史”が出来上がるけど、実際には報道されていない”不断の努力”がしっかり社会を支えている。ただしこれは”歴史”として残りにくい、と。
竜馬はポッ出て長崎で亀山社中を立ち上げイキナリ幕末の風雲児となったわけではなく、ここに至るまでにはしっかりと前史がある。それこそ「竜馬がゆく」なら文庫全8冊のうち5冊は”日本史”では取り上げられない前史が占めている。
ポッドキャスト番組中、パネリストのおひとりが「仕事って20年くらい続けてやらなきゃ一人前にはなれないよ」と軽い感じでしゃべっていた。そーなんだろうねー、きっと。つーか、古本屋の場合にはそれ以上かかるんじゃないか、とも思うなぁ。いや、ワタシの場合だけか(^^;。
これからも倦まず腐らず不断の努力を続けていかなければ・・・ネ。

神保町駅。靖国通りでは古本ワゴンセール中。駿河台下交差点では桜が咲いていた。いよいよ春だなぁ。
先週が祝日でお休みだったからか、今週の明古は大量出品。しかもいい本がたくさん(!)。入札に参加しているご同業もものすごく多くて、一時通路で身動きできない時間帯があった(^^;。迫力だ。入れたけど落ちないだろうなぁ・・・。まあ、いつものことだけど。倦まず腐らずで。

昼飯にスタンドカレーを食べていると、外人さんが3人。結構大きな声で喋っている。自然耳に入ってくる会話を聴いても全然わからない。あ。これ英語じゃないね。

桜の開花状況はどうだろうか、と思い、九段下まで歩いてみる。遠く見える千鳥ヶ淵の桜はまだほとんど開花していなかった。結局満開は4月にずれ込みそうだね。でもそれって平年並みじゃないの?

地下鉄に乗って再び本を開く。徐々に物語に没入していく。半蔵門駅に停車してドアが開く瞬間に「竜馬がゆく、か」と誰かが言う声が聞こえた。ワタシの目の前に立っていた人が電車を降りるときに一言つぶやいて行ったのだった。後姿しか見ていないが、ワタシよりも少し年上の人のようだった。
5323歩 3.19km 50分 250.4kcal 6.4g

■2009/03/26 (木) 往復

曇り空。のち晴れ。

朝飯を食べて仕事開始。今日は交換会へ行く予定。
荷造り作業を終えて東横線に乗る。なんだか久し振りなかんじ。ついつい読書タイムは吊革につかまりながら、な習慣になってしまい、久し振りの「竜馬がゆく」となる(^^;。だが、物語がちょうど禁門の変へと進み、竜馬の出番よりも勝海舟や西郷隆盛の話が多い。幕末において勝海舟の存在は大きく、坂本竜馬と西郷隆盛を会わせたことなどは後の世に繋がる画期になっている。幕臣という立場に居ながら、身分に発想を縛られない人物が勝海舟だった。
・・・毎晩のようにワタシが走っている洗足池際にかつて勝海舟の別邸があり、洗足池公園には墓がある。本に書いてあることをまるで別世界の話のように読みながらも、歴史的現実として身近で繋がっているというのも不思議なことだねぇ。

靖国通りはM大の学生さんが晴れ着を着て大挙歩いていた。おそらく武道館で卒業式があったのだろう。思いだすねぇ。ワタシも18年前の昨日は武道館で卒業式だったですよ(^^;。
皆さん表情が晴れやかだった。何よりですな。

入札を終えて昼飯はうどん屋さん。食べ終わって出ると錦華小の桜はまだほとんど咲いていなかった。そういえば、たねものが一部値下げしていた。
帰りに渋谷でフライ用品をいくつか購入する。桜が終わったころにまた丹沢へ出かけようと思う。

店に戻って荷造り作業の続き。いつもお買い上げありがとうございます。GLを聴きながらオークション出品作業。夕食を食べながら所さんの「笑ってコラえて」のスペシャルを見る。時計職人さんの話。面白かった。

ポッドキャストで就活についてのトーク番組を聴く。大卒の学生さんが話の中心になっていた。ワタシはオヤジがお世話になっていた古本屋さんで働かせてもらえることが決まっていて、就活は一切しなかった。入るときよりも、出るときにあれこれと考えた気がする。店に戻ると同時に新築した店のローンを背負わされたから、ちゃんと働かなければ、という焦りと実力のなさが噛み合わずに空回りばかりしていた覚えがある。よくあんな状況で何とかなっていたな、なんて思うほどだが、まだまだオヤジが頑張って稼いでくれていたのかもな、としておこう。
就職にもいろいろと道はあると思うのだけど、まだ大学生じゃそこまで見えないんじゃないかしら。
まず市場があって、そこにどうフィットさせていくのか、が仕事だ、と説いていた。
14513歩 8.70km 109分 819.0kcal 34.7g

■2009/03/25 (水) 1日店

朝からくもり空。結構寒い。

桜が東京で開花してから4日経ったけど、まともに咲いてる枝をまだ見てないなぁ。夜のランニングで旗の台付近の小学校で咲始めの枝があったけど、ここ数日全く開花が進んでない。
朝飯を食べて仕事を始める。いつの間にか雨が降り出す。

荷造り作業を終えてオークション出品作業へ移行。昨日のようにはかどらない。1日おきじゃ困るんだけど・・・(^^;。とはいえ、在庫の本にほぼ仕事をかけ終わった。明日は交換会へ行けそうだ。

昼飯のころ、娘は雨に濡れながら学校から帰ってきた。それほど強い雨じゃなかったが、結構濡れていた。にしては表情が明るい。今日が終業式だからだろうか。それとも、通知表に書いてあることに自信があるからだろうか・・・(^^;。
学力に関しては、自分がそうだから言うわけじゃないけど(^^;、常に上には上が居る以上、進路に困らない程度を保持してくれていればOKと思っている。知識欲は経験が積み上がる段階で自然に噴き出してくるものだから、今はごく普通に人とコミュニケーションが取れるようになってくれていれば後からだってどうにでもなる、はず。
先のことを考えすぎると自ずと暗くなるから、今をよりよく前向きにとらえてくれるような人になってほしいな>娘。

息子は長い春休みが続いている。PCとイラスト書きの日々のようだ。今日もフラッと「コピック買ってくる」と言って蒲田まで出かけた。ワタシが目にしたことないようなモノやコトを身に付けてくれれば大したもの。高校へ行くと世界が一気に広がるよ。楽しみだねぇ。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。ランニングは息子に負けじと旗の台まで往復。
12534歩 7.51km 85分 750.5kcal 38.5g

■2009/03/24 (火) 今日も1日店

朝起きてそわそわ。

ええと、WBCは何時からだったか。10時半からのようだ。店が定休日なのをいいことに、最初から最後まで見てしまおうか、などと良からぬことを考えたりする(^^;。

仕事をしながらも気になる。ネットでたびたび確認。昼飯の時間となり、待ってましたとばかり、TVの前へ。食べながら見始めれば、これはまれに見る好ゲームだった。延長戦にまでもつれ込むほど、両チームの実力は伯仲。岩隈投手はよく抑えたなぁ。そして運命の延長10回。イチローがタイムリーヒットで2点を取って試合を決めた。今日は4安打の大当たり。やっぱりスゴイね。
結局15時くらいまでTVの前から離れられなかった。国際試合ということもあったけど、抜きつ抜かれつなゲームで両チームの作戦や技術に魅せられた。これがまさに野球の面白さなのだねぇ。
イチロー選手も引退する前の1シーズンは日本でプレイしてほしいな。

荷造り作業を終えてオークション出品作業を鋭意。ちょっと作業もはかどったりする。
夕食時、TVをつけたら、たまたまぴったんこかんかんをやっていて、つい見てしまう。クイズ番組かとおもったら、紀行バラエティに変わっていた。と、思ったら、突如申し訳程度のクイズが出題される(^^;。安住アナウンサーの存在感が際立つ演出だった。

なんだかTVばっかり見てしまったわ(^^;。
9842歩 5.90km 67分 593.0kcal 28.2g

■2009/03/23 (月) 1日店

朝から快晴。強風。

朝からTVでWBC。いよいよ準決勝の米国戦。日本にとって長く憧れだった大リーグという存在。日本人選手が活躍するようになってからTV中継も増えて、徐々に徐々に雲の上の存在ではなくなってきた。
で、この試合。先頭打者にHRを打たれたときはどうなるのか、と思った松坂投手だが、当の本人が一番落ち着いていた。キャッチャーの構えたところになかなかボールが行かなかったので、おそらく調子が良くなかったのだろうが、とにかく落ち着いていた。点を取られても動じなかった。たぶんそれが良かったのだろう。堂々としていた。気持ちですでに米国を圧倒していたのかもしれない。
2順目のクリーンナップで米国を捕まえた。得意の連打で大量点。これで決まったかな、と思い、仕事場へ降りた。2点差まで追い上げられたが、すぐに3点取って突き放していた。決勝進出が決まった。5度目の韓国戦になる。
どうして同じ国と5回も対戦しなければならなかったのか、という疑問。・・・主催国の意向があったとかなかったとか(^^;。今や野球はアジアが本場なのかもね。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。先週の土曜日終了のオークションが少なかったため、今日の荷造り作業も少なめ。午後はまるまるオークション出品作業。今在庫している本に出来るだけ仕事をかけて、今週こそは交換会へ行きたいな。

夕食後にも仕事。終えてからランニング。なんだか調子よく走っていたら、13kmを越えていた。
11347km 6.80km 87分 628.4kcal 34.1g

■2009/03/22 (日) 羽田空港

曇り空。

少し早起き。今日は3人で川崎にあるボーリング場へ行こうか、ということになっていた。朝8時から9時までなら3ゲームでなんと700円(!)。7時半に起きてどうにか9時ギリギリでボーリング場へ駆け込む。すると、やる気のなさそーな店員さんが「10時から予約が入ってますんでー、あと1時間でやめてもらうんですけどいいですかー」と言う。今レーンは空いてるんですか?と聞くと「あいてないっすねー」と返された(^^;。言外に「今頃来て何言ってんのオッサン」と言われたようなもの。諦めておとなしく出た。娘はがっかり。

駅までの道すがら、そうだ、羽田空港でも行ってみようか、と提案。女房はそれで行こう、と即答。いつまでもグズグズと「行きたくないよ」と文句を言う娘。彼女は基本的に食わず嫌いな所がある。

京急に乗って羽田空港までは400円。地下ホームに降りて、第一ターミナルビルへ。6階の展望デッキに登ると人は少なかった。海側の滑走路をメインに使用しており、第二ターミナルビルの向こう側で飛行機は離陸していた。大きな旅客機が次々に飛び立ち、鈍い雲の中に消えていく。ダイナミックな光景だった。次第に強風に雨が混じるようになってきたので、一旦ビルの中に入り、第二ターミナルビルの展望デッキへ行こうということになった。娘は間近で飛行機の離陸が見たかったようだ。

エスカレーターを降りて行くとカレーの香り。今日は早起きしたから腹が減っていた。10時半。思い切って昼飯にした。フードコートで娘はオムライス、女房はカルボナーラ、ワタシはカツカレーと生ビール。なんだか気分だけはちょっとした旅行にきた気分。やっすいけど(^^;。

地下道を通って第二ビルへ移動。エスカレーターを使って5階展望デッキへ。やはり今はこっちがメインのようで、たくさんの人がいた。ところが、来たとたんに離陸は第一側の滑走路からに移ってしまい、さっきまで離陸専門だった海側滑走路は着陸専用に変わっていた。何なんだろう(^^;。娘はたまらず「もう一回向こうへ行こう」と来てすぐに言い出す始末。再度第一に移動したら、今度はまたも海側に離陸機が移動していた。避けられている。ボーリングもそうだったし(^^;。

川崎へ移動。女房と娘はお約束の「ブ」へ。ワタシはハンズへ。1時間後に落ち合って帰る。WBCを見て昼寝。夕食後、ロケショーを聴きながらちょっと仕事。

外は雨。
12657歩 7.59km 122分 585.6kcal 15.5g

■2009/03/21 (土) 1日店

世間は三連休中。

先週の土曜日は思わぬことで丸1日仕事ができなかった。そのため、今日終了するオークションをほとんど出品できず、三連休の中日という絶好の機会を逃したのは残念だった(^^;。ま、しょーがないけど。

朝飯を食べて早速仕事開始。荷造り作業はほとんどなかったので、すぐにオークション出品作業を始める。先週の分も取り戻さなければならない。出品点数の維持はとても大事なのだ。

先日読んだ経済の本。未曾有の経済危機に対する処方箋まで書いてあった。お金を経済における血液にたとえていた。血液の届かない部分は壊死を起こす。そのため、届いていないところへ優先的に血液を送ることが必要だった。
従来の経済対策は上から下へお金を流そうとした。ところが、上がほとんどを取ってしまい、下までは流れていかなかった。いくら金額を増やしても、上が肥えるだけで下までは流れなかった。
著者は発想を変えなければうまくいかない、と提言する。上から流してダメなら下から流せばいい。そこで登場する概念が「地域通貨」だ。かつて地域振興券というお金が配られたことがあった。有効期限付きの地域でしか使用できない商品券だった。あれは一度使った時点で回収されてしまったが、使うごとに価値を減価償却させながらそのまま流通させる構造を作ることが必要だ、と説いていた。使うときに印紙を買って貼ることで何度も流通させる。印紙はもちろん有料なので、少しずつ価値を減じていく。つまり、お金(血液)を”流通させる”ことに最大の主眼を置く。お金の流通量が増えれば経済活動は当然活発化する。
今回の定額給付金は現金を振り込むことになっているため、貯蓄される可能性が大きい。となると、流通しにくい。流通させることが目的のはずが、流通しなければ経済浮揚効果は期待しにくい。
お金の概念について、毎日目にしていながら知らなかったことがいろいろと書いてあり、これは一読の価値がある。安部芳裕「日本人が知らない恐るべき真実」という本。タイトルを見ただけではとても手に取るものではないのだが(^^;、かといって「経済の仕組みがわかる本」とか書かれても手に取らないだろう。つまり、経済って最も身近にありながら誰もその正体を知らないというとても厄介な存在なのだった。

アタマがこんがらがった時には走るのが一番。旗の台まで往復12km。
11760歩 7.05km 84分 681.4kcal 34.6g

■2009/03/20 (金) 今日も1日店

朝から真っ暗(^^;。雨。

時折強く降るなぁ、と思っていた頃にオヤジが店にやってくる。登山用雨合羽まで羽織っている。ずいぶん厳重だね。
ラジオを聴くと、交通情報では各地の大渋滞を伝えている。そうか、世間は三連休の初日なんだ。こんな天気でも皆さん頑張って出かけるんだなぁ。

今日がお彼岸中日なので、女房と娘は母親と一緒にぼたもちづくり。

荷造り作業は午前中で終了。今日は祝日だし、少ないのも当たり前。昼飯のできたてぼたもちを食べながらWBCを見始める。あんこが3つにうぐいすと胡麻。うまいうまい(^^)。空はいつしか快晴になっていた。
それにしても、WBC。同じチームと何度も何度も対戦するのって、どーなのよ(^^;。総当たりリーグ戦だと面白いと思うけど、さすがに選手たちが疲れちゃうかな。今日は原監督の采配が非常にすぐれていた。思いきった代打策。当たりまくりで勝ち越し連打。すばらしい。

息子は今日正式リリースされたIEを早速バージョンアップした、という。ついでにG社のブラウザもバージョンアップしてみたらしい。それぞれに性能が上がっていたようだ。やってみようかしら。

母親が毎回見ているという「ためしてガッテン」の本(雑誌)が出たから買ってきてほしい、とリクエストされた。ネットで書影を確かめてから近所の書店に行った。えーっと、どこの棚に置いてあるのかな。女性誌のコーナーじゃないし、ファッションでもない。料理とも違うようだし、生活でもなかった。そうか、NHK関連の棚があったな、と行ってみたが、やっぱりなし。店内をぐるぐると2回ほど歩きまわって見つからない。よっぽど店員さんに聞いてしまおうか、と思ったけど、内心では自分が本屋であるという気持ちがあるため、何となく聞きづらかった。
で、結局、ありました。健康のコーナーだった(^^;。普段あんまり感心を持ってない分野にはヒラメキが起きにくいね・・・。ネットならすぐに出るんだけどなぁ。

店に戻る。ネットでWBCの結果を見る。勝って2次リーグ1位通過だとか。

午後はずっとオークション出品作業。夕食に手巻き寿司。木更津の海苔がうまいのなんの。また買おう。
夕食後は宇多田ヒカルのラジオを聴きながら仕事の続き。
1088歩 0.65km 11分 48.6kcal 1.1g

■2009/03/19 (木) 1日店

朝から晴れ。

ウチの前のスーパーは、毎月19日に20円引きシールの10枚綴りを配布する。つまり、10品買って200円引きとなる。朝10時から限定200枚なので、ワタシがちょっと行ってもらってくることになった。
朝から暖かい。10時10分過ぎに入口へ行くと、店員さんがシールを配っていた。まだしばらく余裕がありそうだったが、次から次へとお客さんが取りに来る。そして、店内は買い物客でごった返していた。
ワタシは買い物をせず、シールは女房に渡すつもりだったので、そのまま野菜売り場を通過してウチの目の前の出口から出ようと思ったが、野菜を買いながらカートを押す主婦の皆さんが動かず、なかなか辿りつけないということになっちまった(^^;。迫力だなぁ。
ある意味、一人たった200円の割引でこれだけの集客ができるなら安い、と思った。しかも、1枚20円のシールだから200円全額割引してもらおうと思ったら、お客は最低10品も商品を買わなければならない。うまいことを考えたものだなぁ・・・。

朝飯を食べ終わり、仕事開始。しばらくして母親が店に来る。その後、1時間ほどでオヤジがやってきた。今日は病院でCTを撮ったらしい。社会人になってからは一度も健康診断なるものを受けたことがないオヤジは、病院での精密検査はほとんど初体験。いろいろ検査をしたが、血圧に始まり、あらゆる数値は正常だったと自慢モード。
早く治るといいねぇ・・・。

昼飯を食べながらWBCを見る。キューバ戦。日本のチャンスにキューバが外野フライをエラー(!)。結果的にこれが決勝点となる。イチローの調子が徐々に上がってきたようだし、明日の韓国戦はちょっと楽しみだね。

午後も荷造り作業と並行してオークション出品作業。

明日は交換会がないので、1日店で仕事の予定。ランニングから帰ってから「月面で何があったのか?」の続きを見てしまった。
8991歩 5.39km 65分 520.7kcal 22.2g

■2009/03/18 (水) 今日も1日店

今日も晴れ。暖かい。

春が来たという陽気。布団を干す。あ。花粉は大丈夫だったっけか?・・・そうか、カフンな息子は部屋が別なのだった。安心して布団が干せる(^^)。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。息子は新学期までずっと家だ(^^;。毎日家族3人で朝飯を食べる春。珍しいかもな。

午後早くに娘が帰ってくる。終業式は来週だがもう給食はない。平日に家族4人で昼飯を食べる春。珍しいかもね・・・(^^;。
食べながら、先日見たNASAの話をする。月着陸は本当にできたのかを検証する番組がネットで流れてるよ、と話した。
見たい?と聞くと、女房と娘は「見たくない!」と即答する(^^;。ウチの女子ってさ、そーいうめんどーな話がキライだよね・・・。

午後、約三か月ぶりに散髪。ラジオではWBCが流れていた。日本対韓国。何となくこの大会のルールがわからない。敗者復活があるから、一度勝っても次に負けても、もう一回対戦したりして・・・。試合が終わらないうちに出る。さっぱりした。太陽が高い。そして、あたたかい。

店に戻って作業を再開。荷造り作業とオークション出品作業。仕事をかけた荷物をストック場所へ持って行く。息子はネットでアポロの検証番組を見ていた。早いな。

夕食時、食べながらアポロの話をすると、息子は「あれは(月まで)行ってないでしょ」と一言。地球を取り巻くヴァン・アレン帯という名の放射能帯の存在が大きくて、生物はそこを通過することができない。通過したパイロットは致死量の放射能を浴びてしまうのだ。しかもそのヴァン・アレン帯を通過した後には、太陽から出る強烈な放射能風が待っている。宇宙は人間の進出を拒んでいた。人間は地球の上にいるからこそ生存を許されている存在にすぎない、ということなんだね。ソリャソーカ。

件の番組は「月面で何があったのか?」と検索すると出てきます。長いぜ~。

オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。旗の台往復。
13242歩 7.94km 95分 769.1kcal 39.6g

■2009/03/17 (火) 1日店

店舗定休日。

朝飯を食べてから仕事。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。ストック棚が少し見やすくなった。

今日から給食のない娘は昼過ぎに帰ってきた。昼飯。食べながら、先日見終えられなかったNASA50周年TVの続きを見る。
NASA50周年。え?確か今年はアポロ11号の月着陸から40周年と言われていなかったか。とすると、月着陸はNASAが発足してからたった10年で達成したということなのか???

発射されたロケットがバランスを崩して爆発する衝撃映像。息子も娘も興味深そうに見ている。やはり映像の力は強い。初めて映像として見ると無批判に受け入れてしまうのは仕方ないことだろう。

で、この番組。前半はスペースシャトルでの活動に焦点が当てられ、後半はほとんどがアポロ計画についてだった。10年で人間を月に着陸させる。まして帰還させる(!)。その物語が実写映像を交えながら描かれたが、どんなもんだろうねぇ。長いマエフリがあり、誰が最初に月へ降り立つのか、を決める過程なんて話を延々再現ドラマにまでしていたが、肝心要の月面活動の実写とされる映像の放送時間は異常に短かかった。再現ドラマなんて要らないでしょ。どうして月面での映像をあまり長く放送しなかったのか。ワタシはものすごく気になった。何か都合の悪いことでもあったのかしらん?
その後のアポロ計画では月面をクルマで移動した、なんてこともあったはずだけど、全く触れなかった。なんでだろうなぁ・・・。
そして、このアポロ計画が目的としていた本当の動機は語られなかった。

息子は途中で席を立って現実へと戻っていったが、娘は最後まで見続けた。
番組提供は日本を代表する映像機器会社というところが興味深い。重工系ではないわけね。あくまでも映像勝負ということで。

なんだか、木曜スペシャルが懐かしい。矢追さんのUFOものは好きだったなぁ。あれも同じTV局だったね。

荷造り作業を終えてオークション出品作業。はかどらず(^^;。

夕方のラジオ・GLは史香さんがお休みで代打にロケットマン。ロケショーとGLの融合というなんともゼータクな時間だった。面白かった(^^)。またお願いしますね。

万歩計電池切れ(^^;。

■2009/03/16 (月) 会議

朝から快晴。

オヤジは午前中病院へ。今日の午後は横浜で会議がある。ほとんど仕事ができないはずなので、土曜日に続いてダブルパンチを食らった気分(^^;。それでも前向きに。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
愛書会展の荷物が戻ってきたので、母親と二人で荷受けする。もちろんワタシ一人で出来る作業量なのだけど、こういうときの母親はなぜかハリキリたいモードだったりする(^^;。別に拒否しない。降ろし終わって運送屋さんの車が出て行ったころ、苦虫をかみつぶしたような顔をしてオヤジが病院から帰ってきた。しばし荷造り作業の手を休めることなく、オヤジの話を聞く。
途中昼飯を15分で食べ終わり、仕事を続行。神奈川古書会館集合14時の予定ギリギリまで荷造り作業を継続し、電車に乗った。車中、会議の資料を熟読する。

会議の内容をここには書くことができません。

16時過ぎに会議は終わり、電車に乗る。読んでいた「オバマ・ショック」を読み終わる。なぜオバマ大統領の就任が「ショック」と形容されるのか。それを知るには、30年タームで保守とリベラルが交代しているアメリカの歴史を知る必要があった。題名は「オバマ・ショック」だが、アメリカの文化・歴史を分かりやすく解説してくれている。先日読んだ経済の本と合わせると、今世界で起きていることが大づかみながらも分かるようになる。あくまでも大づかみだが、すべて知る必要はない。
で、ここで注意したいことは、新聞を読んでもこういう知識を得ることができない、という事だ。全く同じ理由でTVを見ていても分からなくなるようになっている。それは、新聞もTVも企業の出稿する広告によって成り立っているために起こる。言葉にしてみれば、”そんなのアタリマエだろ”と言われそうだが、立ち止まって良く噛み砕いて考えると、その恐ろしさが透けてくる。我々はいつの間にか”本当のこと”を知りにくい場所に立たされているわけだ。

店に戻る。オヤジはまだ店にいた。荷造り作業の続き。ラジオはGL。18時過ぎに追いつき、少量ながらもオークション出品作業に取り掛かる。

夕食をはさんでオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。終えてから旗の台まで往復12km。i-morleyのポッドキャストを聴きながらゆっくりと走り切る。
12771歩 7.65km 99分 705.9kcal 33.7g

■2009/03/15 (日) 渋谷川下り

朝は遅く起きる。快晴。

朝飯を食べてまずは仕事。昼過ぎまで荷造り作業。オヤジは昨日医者に行ったらしいが、見当違いだった模様。明日また別の病院へ行くという。

3人で出かける。今日は渋谷川下りの第2回。広尾駅で下車する。「おなかすいた」という娘に押されて、まずは食べてから歩くことにする。駅前のパン屋さんで買って、有栖川宮公園で食べようということになる。ワタシがさっさと買ったあと、しばらく女房と娘は出てこなかった。何を買うか吟味しているらしい。待っている間、耳に入ってくる言語がほとんど日本語じゃなかった。日本人の方が少ない街らしい(^^;。街角カフェの店頭には外人さんがズラリ。
ビールを買おうと思い、ナショナルスーパーに入ると、ここも日本じゃないような雰囲気。輸入食材、輸入洗剤などがズラリと並び、食べ物に日本語が書いていないことで手が出せなくなる気分になることを実感する。輸入ビールがズラリと並ぶ。迷ったが結局エビスビールを買う。

公園はのんびりまったり。ベンチに座って昼飯。目の前の池には釣り人がずらっと並んで釣り糸を垂れている。何が釣れるんですか?こういうときに釣れた瞬間をなかなか見られないが。
食べ終わってボーっと様子を見ていたら、いきなり正面に座っていた人の竿が弧を描いた。釣れた(!)。初めて見た。釣ったおじさんは網で魚を掬い上げるわけでもなく、座ったまま長さの長い針外しではずしていた。一切席を立たないのか・・・。

さて、渋谷川。天現寺橋の下で目黒区に入り、古川に名前が変わる。天現寺橋の袂にアムロさん。川幅は少し広がる。五の橋、四の橋、三の橋、二の橋と架かる橋の名前の付け方が面白い。途中、ところどころに公園があり、川の際まで親水出来る階段が付いている。古川に名前が変わった直後から首都高が頭上を覆い始める。
古川橋まで来ると見慣れた風景に。いつも古書会館へ向かうときに通る道だ。その大通りから1本入った裏道を歩く。公園が見つかると娘が反応する。本人は「公園センサー反応!」とか言って走っていく。楽しそうだ。

で、一の橋。麻布十番に至る。ここで流れ込む下水が浄化されておらず、ここから先はいかにも汚い都市河川になってしまっていた(^^;。
駅前のバーガー屋さんに入っておやつ。南北線で帰ってきた。たいして歩いていないのに結構疲れた。昼寝しているうちに夕食。たこ焼き。

NASA50周年TVを見る。
7811歩 4.68km 78分 351.1kcal 9.1g

■2009/03/14 (土) 愛書会展

朝から雨。

今日はオヤジに代わって愛書会展の店番をしに行くことになった。オヤジが足を痛めて歩きにくくなっているから、ということ。朝一番で行くつもりだった五反田の市会もキャンセルとなり、何より今日しなければならない仕事も全部できなくなった(^^;。まあ、こういうときもあります。焦るな(!)。

相と決まれば、スイッチを切り替える。先日買った「オバマ・ショック」という本を持って東横線に乗った。雨の土曜日。車内はすいていた。

神保町駅。出てすぐにのど飴を買う。雨の靖国通り。まだ本屋さんはほとんど開いていない。人通りも少ない。古書会館到着。地下の会場へ。何年ぶりだろうか(^^;。
神奈川組合の理事になったと同時にワタシは土曜日の古書展店番に行かなくなった。それまでは古書展当日の出席はワタシの仕事だった。ここ数年でワタシとオヤジの立場は完全に逆転した。てゆーか、愛書会展はオヤジの仕事なので、そもそもオヤジが出るのがスジなのだ(と強弁してみる(^^;)。

システムは変わっていないようでいて少し変わっていた。ワタシが忘れていただけなのかもしれないが。帳場の店番は1時間交代。レジには座らなかったが、レジの機械が新しくなっていた。そしてなにより、防犯カメラが設置されていた。

午前中はまったりとした時間が流れていく。外は雨が降り続いてるようだ。昼飯は近所までそばを食いに。Oさんと。食べ終わって古書会館の談話室。雨は小降りになっていた。缶コーヒーを飲みながら世間話をして帳場に戻る。これから晴れる予報なのだけどなぁ。幾分忙しさが増していたレジ。どうかこの調子で。

札の計算。お茶の時間。前回よりも全体の売り上げは上がっている、と。ありがとうございます。良かったよかった。

17時に閉場となり、荷物の片づけに入る。ゴーッという低周波音がずっと鳴っている。粛々と作業は進む。ウチはすでに最少の持ち出し量しかないので、段ボール箱に養生を施しながら詰めていってもすぐに終わった。量を持ってきた方は作業量が多くて大変そうだ。

運送屋さんに荷物を引き渡し、再び売上げの計算に取りかかる。今日の売上げ分を頂いて帰路。

途中、渋谷で何か買って帰ろう、とのれん街。すごい混雑だった。ホワイトデー。皆さんちゃんと買って帰るんだねぇ。

店に戻って夕食。のち、オークション落札品のメール書き開始。いつもお買い上げありがとうございます。
6098歩 3.65km 60分 279.3kcal 7.2g

■2009/03/13 (金) 往復

朝は晴れ。愛書会展初日。

昼過ぎから曇ってくる。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。区切りを付けてから電車に乗った。今日は明古の日。

車中では先日読み始めた経済のことが書かれた本を読む。いままで何となくもやもやしてわからなかったことがバチっと書いてある。おカネの起源は物々交換に始まって、みたいな話から、貝、金属、金、と行って、ニクソンショックに至り、という詳しい遷移が。夢中になって読んでしまった。あっという間に神保町へ到着。現在、世界には兌換通貨が一つもない、という事を知る。

入札を終えて昼飯はカレー。食べながら本読みの続き。食べ終わっても読みたかったので、すぐに地下鉄に乗る。続きを読み続けているうちに新丸子まであっという間に到着。

荷造り作業の続き。終えてオークション出品作業。
今日は隣でお食事会。仕事を終えてオヤジが帰ってきた。今日はどうでしたか。
3713歩 2.22km 35分 176.1kcal 4.4g

■2009/03/12 (木) 今日も1日店

朝から晴れ。

朝飯を食べながら、所さんの「笑ってコラえて」を見る。家族4人がヨットでロンドンまで。すごい経験だ。

今日は愛書会展搬入日。オヤジは昼過ぎに出かけた。荷造り作業を終えて、オークション出品作業へ移行。今日もはかどらず(お約束(^^;)。

ロボットのTVを見終えた。最後にはロボットを研究・製作されている博士そっくりに作られたロボットが登場し、博士とツーショット。悪いが笑ってしまった。そして、悪趣味だ、と思った。
自分に姿形がそっくりの動くロボットを作る、というのは、すでに趣味の世界。よっぽどご自分がお好きなのですね、という話でしかないと思う。
もし、自分の分身をロボットで作る、ということを大真面目でやろうという話なら、ちょっと待ってよ、と言いたい(^^;。一体そのロボットに何をやらせようというのか。

ニセ札が厳重に取締られるのはなぜか。本物と同じ偽物が現れたとき、本物の価値がなくなってしまうからだ。
本物そっくりのニセ札は見方によっては芸術品にも譬えられる。本物以上に精巧に作る技術がなければ作ることができないともされている。しかし、取り締まられる。人間そっくりのロボットが現れたときに何が起きるのか。人間の価値がなくなってしまうのではないか。

このシリーズの語り手だった博士は、手塚治虫の「火の鳥」に出てくるロボット「チヒロ」の物語を読んでロボット作りを志したのだという。
同じ「火の鳥」の中に大量生産されたクローン人間を銃で撃ち殺すエピソードもあったが、それは読まれなかったのだろうか。たくさんの”ニセモノ”の中に混じった”本物”を人は区別できなかった。

知恵の実を食べた人間は神に楽園を追い出された。楽園にある生命の木を取られたとき、人間が神と同じ万能の存在になってしまうからだ。
技術はひとりでに進んでいく。それは人間が知恵の実を食べたからだ。そしていまや、技術は生命をいじるところまで進んでしまっている。生命の木に手が届きそうなのかもしれない。阻止する使徒は居ないのだろうか。

人間が人間そっくりのニセモノを作った時が生命の木を手に入れた瞬間となるのかも。その時、人間の価値はニセモノと同等に落ち崩壊する。究極の進化は死、という命題とも一致している。アァ、コーリャコリャだね(^^;

長原往復。iTunes起動せず。
12282歩 7.36km 84分 732.1kcal 38.3g

■2009/03/11 (水) 1日店

晴れ。

息子は今日から学校なし。娘は風邪が治って元気に学校へ。
朝飯を食べながらロボットに関するTVのシリーズ。全7回のうち6回を見終わった。ロボットというとホンダのアシモを想像する。あれが最前線だと思っていたら、そうではなかった。研究室では次世代ロボットの開発が進められていた。アシモは基本的に人間が事前にプログラムしたとおりにしか動かない。からくり人形の非常に精巧に作られた現代版といえばいいか。
今回紹介されたのは、自ら見て、自ら考えて、自ら判断して行動するロボット、の開発風景。つまり、人間と似た機能を持ったロボットを作ろう、というプロジェクトだった。

どうやってロボットに”判断”までさせるのか。その方法論はほかでもない人間の成長過程が参考にされていた。人間の赤ちゃんが成長する過程をロボットで再現していく研究の積み重ねこそが、人間そっくりのロボット頭脳を作る過程に反映されていた。
人間は基本的に”真似”をすることで身体の機能と脳の判断力を獲得していく。具体的には、目の前に居る母親の顔の表情や動きを見て、自分の表情を獲得し、自分の身体の範囲や機能まで認識するようになる。手本を見て自分も真似ることを繰り返して自分をとりまく環境を認識し、かつ、それに対比するものとして”自分”を獲得していく。番組中でははっきり述べていなかったが、生まれたばかりの赤ちゃんを隔絶された部屋に一人ぼっちにしておいた場合、おそらく”人間”として成長できない、はずである。

経験を繰り返すことで行動を学習し、自ら判断できるようにする。人間が成長するプロセスをロボットの思考としてプログラムしていた。ただこれは、最先端の技術のようでいて、人間誰もが当たり前に身に付けてきたやり方だ。

その技術を組み込んだロボットを実験的に動かす。まさに赤ん坊のようにしか動けない。人間なら成長の過程で一瞬のうちに身に付けてしまうような”機能”を実現させるために、気の遠くなるような長い時間と技術をつぎ込むことに論理矛盾を感じるのはワタシだけだろうか・・・(^^;。
シリーズを通じて出演された博士は、人間により近いロボットを作ることが目標だ、と目を輝かせた。その研究過程で人間の内面の成長を研究することが良い成果になるとは思うが、世界の人口爆発が懸念される将来において、より人間に近いロボットの存在意義とは何だろうか、と思った。

夢がないスか?ワタシ(^^;。
9953歩 5.96km 66分 600.6kcal 28.9g

■2009/03/10 (火) 卒業式

晴れ。

今日は息子の中学校が卒業式。急に娘が発熱して学校を休む。女房が連絡帳を小学校まで出しに行ったりして忙しそう。女房は皆の朝飯の用意をして、息子を送り出す。しばらくしてから女房が卒業式出席の格好をして出かけた。行ってらっしゃい。大忙しだ。

代わりにワタシはのんびりと。もう二人で出席するべきではないだろう。娘は医者に連れて行くほどの熱ではなかったので、とりあえずおとなしく寝かせておく。少し早目に仕事開始。荷造り作業はそれほど多くない。オークション出品作業も並行して始める。

昼前に女房が、少し遅れて息子が帰ってくる。息子から卒業にあたってワタシたち宛ての手紙をもらう。昼飯は4人で食べる。今日が平日じゃないような錯覚。

先日修理に出したコンデジと、木更津の海苔と、「日本鉄道旅行地図帳」が相次いで宅配便で届く。普段の買い物をネットで頼む比率が上がっている。海苔は焼き海苔ではなくて乾海苔。実はこっちが本物の海苔だが、最近は焼き海苔しか売ってない店ばかりになってしまった。食べる前に火で炙る。なぜわざわざ乾海苔を”本物”と言っているのか、は、食べてみればわかります。鉄道地図はシリーズになっていて、関東の1、2と、東京の3冊を買ってみた。廃線・廃駅まで掲載されていて興味深い。武蔵小杉駅の少し南側に「工業都市」駅がかつてあり、そこを避けるように新幹線がありえないRを描いて南下している。なぜ新幹線がその場所を無理矢理避けたのかを考えると面白い。現在高層マンションが林立するあたりのこと。こういう地図って面白くていつまでも眺めてしまう。

仕事をしていたら呼び鈴が鳴った。シャッターを開けると、小学生の男の子が二人。少し緊張してこわばった表情で立っていた。娘の同級生だった。学校からの連絡帳を届けてくれた。ワタシはなるべくやわらかい表情で応対したつもりだったが、用意していた(と思われる)言葉を少しつっかえながら話したあと、連絡帳を手渡してくれた。この間の学習発表会でイキイキと舞台で跳ねまわっていた二人を見ているだけに、やっぱり知らない大人と相対するのは子供にとって大変なんだな、なんて思った。おそらく、お店が開いてないこと、お母さんじゃなくてオヤジが出てきたこと、が、想定外だったんじゃあるまいか(^^;。ありがとうございました。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
10860歩 6.51km 78分 629.9kcal 31.5g

■2009/03/09 (月) 1日店

朝からくもり空。春近しの天気が続く。

朝飯を食べながら大河。跡目争いの続き。そのやりとり。神経戦。「義」よりも「金銀」が物を言う、とは、現代の反映か(^^;。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。気合いを入れて午前中いっぱい作り続ける。

昼飯を食べながら録画しておいた「タモリ倶楽部」を見る。シミ抜きの話。内容はジミだったが、カレーのシミも取れるとは驚き。前回は多摩川流域の「崖」の話をしていて、面白かった。国分寺から繋がっているということで、国分寺崖線と呼称するらしい。等々力渓谷は谷沢川が少しずつ崖線を侵食していき、九品仏川の流れを奪ってしまった、なんていう話も。なるほど渓谷は下流から上流へ向かって滝が崩れていく過程なんだな、と。地層の断面が、という話で等々力不動尊の不動の滝も写る。また散歩しに行きたくなった。

午後はオークション出品作業。もちろん、はかどらず(^^;。

夕食後、オークション落札品のメールを書き終えてランニング。走り始めた直後に雨が落ち始めた(^^;。間が悪いなぁ、と思いながらも長原まで往復。
9946歩 5.96km 69分 588.3kcal 27.7g

■2009/03/08 (日) 丹沢

朝は早起き。

5時過ぎに出て丹沢へ向かう。久しぶりの釣行。亀山湖にはまだ2か月ほど早いので、今日は丹沢でマス釣り。丹沢での釣りは今回が3度目。

途中海老名SAで休憩。別に休憩も必要ないくらい丹沢は近いのだけど、眠気覚ましのコーヒーなど。大井松田で降りて一般道を山道8km。広大な駐車場。到着してからSAで買ったサンドイッチを食べる。

ウェーダー(ズボン状のゴム長靴)を装着。竿を付けて川を渡る。流れは早い。ついこの間大雨が降ったからかな。
受付を済ませて釣行開始。先週になって急に思いついた予定だったので、釣り道具が揃っていたかどうかのチェックが甘かった(^^;。フライが少し少ない。帰ったら注文しないと。

受付下のプール。ここはいつもどおりの水量に見える。魚も居る。早速1匹釣れた。どうやらコンディションはそれほど変化ないようだ。あとは水温と水勢がどうかだね。

亀山湖と違って、水の流れがあり、底が丸見えなくらい水がきれい。マスが泳いでいるのがすぐに分かる。かといって、食い気があるかどうかは別問題。まして、どのフライが合うのかもワタシはまだよくわかっていない。
過去2回は11月に来た。今日はその時よりも気温が低かった。活性は低め。やはりもう少し暖かくならないと入れ食い状態にはならないのかも。

それでも、比較的流れの緩やかな場所やちょっとした流れのよどみに突っ込むと、そこに潜んでいた魚が反応する。25cmクラスが何匹もかかる。ワタシはだいたい上流から下流に向けてフライを流す釣り方なので、ヒットすると魚は流れに逆らってワタシの方に引き寄せられる。前回よりも”引き”が強かったように感じたのは、魚が大きかったのか、川の流れが早かったのか。

ウェーダーがあるので、ずっと川の中に立ち込んで居ても基本的には平気。立ちっぱなしのわりには疲れないし、腹もそれほど減らない。持ってきた携帯食料で済ませた。昼過ぎには空の雲が割れて青空になった。暖かくなった。鳥が鳴いていた。

15時過ぎに再び曇り空。谷間の太陽は早く翳る。急に風が吹いて寒くなってきた。ティペットも少なくなり、釣れるフライもなくなってきた。そろそろ終わりにしようかな。受付前の瀬で立て続けに3匹釣ってから終了。今日も結局数えきれないくらい釣れた。よかった。

帰りの高速はガラガラ。海老名で休憩してから帰る。18時前には店に戻ることが出来た。上々。
5541歩 3.32km 55分 252.9kcal 6.4g

■2009/03/07 (土) 1日店

朝から快晴。

荷造り作業もそれほどなく、朝からオークション出品作業開始。やはり作業の遅さからくる在庫量の増加があり、店の中が混乱しかかってきている。それをかろうじて防いでくれているのは、オヤジがこまめに入荷した本を移動してくれているから。
実際にはアウトプットにもっと重点を置いてほしいところなのだけど、現実問題としてPCが扱えないオヤジとしては二か月に一度の古書展がほとんど唯一のアウトプット手段となっている。忸怩たる想いがあるとは思う。
ワタシとしては、PCを扱えるようになってそれを乗り越えてほしいと思っている。

息子は高校進学が決まった時点で、自分用PCを買った。昨日届いたので、早速PC漬けになっている(^^;。まあ、購入当初はそれも仕方ないと思うけど、実際にはまだ高校生だから、PCの前に座った時間が効果に比例することはあまりない。もちろん後の影響まで断言はできないのだけど。

論壇系ポッドキャストの過去の回を聴きなおしていたとき「あの時ああしておけば良かった」と思ったところで、タイムマシンがないんだから思うだけ無駄、という話があった。さらに、である以上は、過去の出来事はすべて良かった、と思うしかない、という意見もあった。これは確かにそのとおりの話で、どこに成果を求めるかによって変化してしまう問題でありつつも、次々押し寄せてくる”未来”に対抗するためには、過去をウダウダ考えているヒマなどはない、という話になる。反省はアリでも、後悔はムダ、ということだ。
そんなの精神的に強くないとムリじゃね?とも考えたけど、これは自分の内面で済む問題である以上、自分が内面を変えてしまえば解決する話で、他者を説得して状況を変える話よりずっと簡単なことだったりする。誰に迷惑をかける話でもない。
この回は「失敗」がテーマだった。失敗とは、自分がそれを失敗と思えばすべて失敗になる。すべてが成功だったと思えば、失敗は消える。内面の問題じゃないか。という意見がパネリストの大半を占めた。

息子はいつの間にかポーカーフェイスを身に付けている。あまり感情を表に出さない分だけこちらは彼をつかみかねて不安になったりするが、それはむしろ彼が身につけ始めた社会との向き合い方のスタイルなのかもしれない。
まだわからない。見守っていきたい。っつーか、見守るしかできない(^^;。
ほとんど丸一日PCの前に座っていた息子を見て。
1107歩 0.65km 11分 48.3kcal 0.9g

■2009/03/06 (金) 二往復

朝から雨。春雨・・・にしては強いかも。

荷造り作業半ばだったが、交換会へ出かける時間となってしまい、電車に乗った。ダイヤが乱れていた。車中では買ったばかりの安部 芳裕著「日本人が知らない恐るべき真実 マネーがわかれば世界がわかる」を読み始める。打ちのめされたような気持ちになった。

入札を終えて昼飯は今日もうどん屋さん。昨日隣の人が食べていたカレーうどんを注文してみた。うん。なかなかおいしい。おいしいけど、わざわざここでカレーうどんじゃなくてもいいかもね。やっぱりワタシ的には月見うどんにちくわ天がベストな組み合わせかもなぁ。

雨が強いので、あきらめてすぐ店に戻る。途中だった荷造り作業を続行する。16時半を過ぎたので、クルマで神保町へ向かった。しつこく雨。そのおかげか、道路はすいていた。昨日の分と一緒に荷物を回収して帰路。お世話になりました。ありがとうございました。

車中ではずっとラジオ。GLはせっかちな話。BGMが全部早回しになっていて笑わせる(^^)。店に戻ると珍しくオヤジたちがまだ居て、荷降ろしを手伝ってくれた。夕食を食べてからちょっとだけ仕事。雨が上がっていた。

仕事を終えてからランニング。今日はとうとう旗の台まで往復した。復路の洗足池は鈍い月明かりに照らされた雲がたなびいてなかなかの風情だった。走りつつ横目で眺めた。せわしない(^^;。
15712歩 9.42km 119分 881.8kcal 38.5g

■2009/03/05 (木) 往復

ちょっと用事があったので、今日は交換会へ向かう。

車中では「竜馬がゆく」の続き。池田屋事件前夜。京都に集った倒幕を目指していた浪人たちは暴発直前で新選組に潰されてしまった。
久しぶりの神保町。晴れてよかった。入札を終えて昼飯は讃岐うどん。先月に大市会で来て以来か。その後、アキバへ移動。息子に頼まれていたカードリーダーを買う。あるサイトでBTOするときに4100円と言われて買うのをやめていた経緯があった。ここなら1/4以下で済んだ。

その後、地下鉄で銀座へ移動。先日保証修理してもらったコンデジが写らなくなった件。修理故障した箇所を治してもらうためだ。2度目なので機種名まで書かせてもらう。RICOHのR8だ。以前GRでも保証期間内に2度修理ということになった。今回もそうなった。他社のコンデジもいろいろ使ってきたが、保証期間中に要修理(しかもそれぞれ2度)となったのはこの会社の製品だけだ。これは動かしがたい事実。ワタシに反省が足りなかったのだろうなぁ(^^;。
サービスセンターに持ち込むと、修理完了品は宅配で送ってくれることになった(無料)。こういう対応は大変丁寧でありがたいが、そもそもここに何度も来なきゃいけない状況ってのが、ね(^^;。

渋谷に寄って2月中に出したフィルムを引き取る。で、店に帰ってきた。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。さっそく息子にカードリーダーを渡すと喜んでいた。
女房に「あれ?買ってきてないの?」と言われた。ああ、忘れた(^^;。昨日電気ストーブが壊れたから買ってきてと頼まれていたのだった・・・。なんだか久しぶりの外出でいろいろな用事を帯びていたからコロっと忘れちまったよ。代わりに、店の隅っこで佇んでいるハロゲンヒーターを借りた。今年はあまり寒くなかったので出番がなかった。点けるとウワっと熱いよー。

オークション出品作業は数を稼げず。
17210歩 10.32km 139分 920.6kcal 34.3g

■2009/03/04 (水) 1日店

朝からくもり空。

今日も息子は学校休み。でも熱は下がった。まあ仕方ない。

先日見学した小学校の学習発表会のあと、1/2成人式という行事も合わせて行われた。卒業式にも似た形式で10年(20歳の半分)を振り返り、未来への決意表明する会だった。そういえば、ついこの間、娘が「0歳の時の写真が欲しいんだけど」と言ってたっけ。
4年生全員が体育館のひな壇に整列して、スクリーンに映し出される写真とともにそれぞれが短く思い出を語る。もちろん、練習した上での発表だから人によってはセリフ棒読み的な喋り方ではあったけど、喋る内容は生徒が自分で考えたものだっただけにリアルだった。
生まれたばかりのころの話。当然自分では覚えていない。自分のことなのに自分だけでは自分の始まりがわからない。自分のことを覚えていてくれる人から自分の始まりを聴けるということは、ちょっと考えれば幸せなことだと思う。まだ子供たちにはそこまで実感として理解できていないだろうけど。
幼稚園、小学校入学、と徐々に現在へと繋がっていく。大人にとっての10年なんてあっという間だが、子供にとっては生まれてからの歴史そのものだったりする。スケールギャップを思った。実は人が生きている時間なんてものすごく短いのかもしれない。

KIROROの「未来へ」を合唱するころには、まわりのお母さんたちは皆さん感動で泣いていた。子供たちから「感謝」なんて言われると、そんなつもりで育てているわけじゃないから望外にうれしいんだと思う。やっぱり子育てって母親の持つ母性が主役なんだね。つくづくそう思った。
父性担当であるワタシは、感動に涙しているお母さんたちの様子を見て泣きそうになった(^^;。
娘から緑色した紙に包まれた巻紙を手渡された。10歳までの自分史年表だった。全部手書きで、お母さんから聞き書きした内容も合わせてかなりのボリュームだ。その時その時の写真も貼ってあるので、20歳になった時に再び渡してやればいい記録になるはずだ。自分の生きてきた道は、そのまま未来の自分への贈り物になる。
良い行事だと思った。

店は定休日。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

仕事を終えた後にランニング。長原往復で12km。走り終わって自販機前でポカリを飲んでたら、後ろから湯気。振り返ると、ワタシの肩から立ち上っていた(^^;。ほかほかだったらしい。カイロ並み。
10224歩 6.13km 82分 546.7kcal 24.4g

■2009/03/03 (火) 夜雪

朝起きてくもり空。

息子は今日も学校を休んでいる。熱は少し下がった。朝飯を食べながら「ありふれた奇跡」を見る。徐々に人間関係が複雑になってきた。お父さん同士が繋がっているってどこで?

仕事をしながら論壇系ポッドキャスト。「草食系男子」の回を最後まで聴いた。草食系をアリなのかナシなのかがたびたび論じられながら、これはやはりイマドキの女子の話じゃないのか、と流れは収斂していく。AV監督氏は長年”現場”で女子たちを間近に見てきた立場から、現代を生きる女子の生きにくさを思いやる。キレイでなきゃいけない。仕事が出来なきゃいけない。結婚しなきゃいけない。子供をつくらなきゃいけない。子供を育てなきゃいけない・・・。さまざまな”課題”がロールモデルとして女子に次々覆いかぶさってくる。それに比べれば、男子はどこかに逃げ道がある、という主張だった。つまり、「その上、男子まで口説かなきゃいけないなんて」という気持ちが、モテるくせにめんどくさがって女子を口説かない男子へと向かっていく。それが「草食系」という呼称に繋がった、らしかった。
つーか、ワタシのよーなチキン男子だって大変なんだけどねっ。ボソっ(^^;。

SEXは男子と女子とのコミュニケーション方法の一つ。男子が”男性”として、女子が”女性”として相互に承認してもらえる大きな機会でもある。承認の積み重ねは人が社会へと漕ぎ出して行くための大事なプロセスだ。だが、その構造自体崩れてしまったのが現代なのかもしれない。
「自己愛」という指摘もあった。他者と交わることで自らが(もしくは自らをとりまく環境が)変化してしまうことを恐れているのでは、という話。
放送では、結論のようなものを出すことを意識的に避けていた。が、聴いていて考えさせられることも多かった。前回放送のテーマ「未知との遭遇」にも通じていたように思う。また、誰よりも”男女の現場”近くで仕事をしているAV監督氏の洞察力に驚いた。聴いてみればわかりますよ。

昨夜は借りてきた「ダークナイト」を遅くまで見た。傑作という評判を聞いていたから見たのだが、正義と悪の対決という、アメリカ映画らしい単純二項対立映画だった。正義を標榜して悪と戦っているつもりが、いつの間にか悪と全く同じことをしている自分に気が付くバットマン(^^;。それってアメリカという国そのものじゃんか・・・。だから”承認しろ”と言いたいのだろうか(^^;?。ムリだろ。
542歩 0.32km 5分 23.8kcal 0.0g

■2009/03/02 (月) 学習発表会

朝起きると、息子が熱を出していた。

学校は休み。それはいいのだけど、今日は朝から娘の小学校で学習発表会が開催される。少し前に娘から大そうな自作招待状をもらっていた。行かないわけにはいかない。息子の看病と高校入学の手続きなどで女房は行けないということになり、急遽ワタシが学習発表会を見に行くことになった。

朝飯を食べて、とりあえず出かけた。体育館に入ると、父兄席が中央にあり、それより前列に3年生が体育座りしていた。横にはこれから出演する4年生。ワタシは父兄席の一番後ろに座った。
多摩川のガサガサ探検について、クラスごとに生徒たちが発表する。多摩川の魅力についてから話は始まり、棲んでいる魚の種類やその特性について、江戸時代から現在までの多摩川の歴史までを劇形式で紹介してくれた。
ガサガサ探検とは、実際に多摩川へ行って、ライフジャケットを着用して流れのゆるい入り江に入り、網で川底をガサガサしてみる探検を指す。最初は泥の匂いがしたり足にぬるぬるしたものが付いたりしておっかなびっくりだった生徒たちも、ドジョウやアブラハヤなどが網にかかると楽しくなって、皆多摩川が好きになったそうだ。子供らしくてよろしい(^^)。
実際にガサガサ探検で先生や生徒たちと一緒になって多摩川に行ってくださったのは俳優の中本賢さん。今日はわざわざ会場までいらして、生徒たちの発表を聴いてくださっていた。
「多摩川は身近にありながら子供たちにとって遠い存在になっていました」と挨拶の中で中本さんは言う。現在、小学校では子供たちだけで多摩川に近づくことを禁止している。もちろん安全上の理由からだが、せっかく身近にある格好の自然環境から遠ざけられているのはどう考えてももったいない。
娘の通う小学校は川崎市内でも他校に先駆けて”多摩川を故郷と思ってもらいたい”という考えから多摩川の学習を加えたのだという。すばらしい。これがきっかけになって環境を考えてくれるようになってほしい。

店に戻る。昼飯を食べ終わってから、息子をクルマで病院へ搬送する。歩けば3分の距離だが、それさえ無理な状態。クルマに乗せたら座っていられないほど。
息子の診察が終わって再びクルマで搬送。大した作業ではないが、荷造りが発送に間に合うかが心配だった。がんばって発送を間に合わせる。終わったらドっと力が抜けた。今日は忙しかったなぁ。オークション出品作業ははかどらなかった(コレバッカ(^^;)。
11546歩 6.92km 88分 642.7kcal 27.2g

■2009/03/01 (日) バイキング

朝はゆっくり起きる。

朝飯は食パンを半分だけ。なぜか。これから大食い(^^;をしに行くため。
たしか去年も今頃だったと思う。横浜駅から歩いて5分の場所にあるホテルのバイキング。たまにはおいしいものをおなかいっぱい食べたい、という家族の食欲に応えるのと、息子の進学祝いも兼ねた。そう考えると急に安上がり感が出てくるかも・・・な。

12時過ぎに現地到着。そういえば息子と一緒に出かけたのは半年ぶりくらいか。最近はほとんど一緒に行動することもない。受付に「13時ころでしたらお席が確保できますが」と言われる。じゃあ、それでお願いします。と、一旦ホテルを出た。近所にハンズがあったので中に入ってみた。息子が最近コっているというイラスト描きのペンを見てみた。コピックというペンで、なるほど面白そうな道具があるものだ。「ニコニコ(動画)にすげえ技を使って描いてるのがあるよ」と息子。あまり勉強は好きじゃないようだが、パソコン関係とか趣味関係の知識はワタシよりも持っている。
店内を逍遥していたら、あっという間に13時が近づいた。レストランへ戻る。すぐに座れた。
ローストビーフ、ブイヤベース、リゾット、パスタ、オムレツ、グラタン、白身魚のフリット、サラダ数種類、デザート、ソフトドリンク。飲み放題食べ放題。といっても、それほど量を食べられるものでもない。できれば全種類を制覇したいので、各料理を意識して少しずつ皿に盛る。・・・すでに結構な量だな。我ながら以前よりも小食になったかもね。
制限時間は1時間半と言われたものの、1時間食べ続ければもう充分。食べ始める前は喉から手が出そうなくらいお腹が空いていたのにねぇ。
それにしても、ローストビーフってのはおいしいなぁ(^^)。

息子はそのまま一人電車で帰った。いつもの3人は歩くのも少し億劫になりながら、みなとみらいにある「三菱みなとみらい技術館」へ。中に入ると、宇宙、海洋、交通で働く三菱の技術、というコンセプトで展示が。中でも「しんかい6500」の紹介が面白かった。深海は地球の中にある宇宙のようなもので、しんかいに搭載されたコックピットはチタン合金製の球体。”人差し指の上に象を一頭載せる”くらいかかる重水圧に耐える。
他は大人には物足りない展示内容。娘もパソコンを使ったゲームばかりに熱中し、展示はほとんど見ていない(^^;。まだまだ子供だ。

UでGパンを買って帰ってきた。
20442歩 12.25km 172分 1060.7kcal 44.6g

2009年02月 < > 2009年04月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター