Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2008年11月

■甘露日記 2008年11月

■2008/11/30 (日) スカイデッキ

朝から快晴。今日も3人で出かけるつもり。

招待券をもらったのでギロッポンへ行くことにした。ただ行くだけじゃつまらないのでプチ散歩付き。日比谷線で広尾駅下車。ここで降りるのは初めて。外苑西通り前に出た。すぐ裏は細くてくねくねした道が多く、坂も多い。有栖川記念公園前のいかにもなスーパー。公園の池で釣りしている人多数。銀杏も紅葉も見ごろ。中央図書館が意外と最新の施設っぽい。
愛育病院前を突っ切って進むと、警察官の厳重な警備。目の前にはぶっとい六本木ヒルズが。もうちょっと道に迷ってみたかったが、あんなでかいビルを見失うことは良く考えれば無理。娘の「おなか減った」も始まっていたからちょうどよかったかも。
昼飯はヒルズを避けて六本木通りの向こう側にあるファミレスへ。ゆっくり食べてから再びヒルズ展望台を目指す。まずは森美術館。インドアート展を開催中。伝統インドではなくて、現代インドアート。基本的にアジアなんだけども、その向こう側にはアルファベットが並んでいるような、そんなイメージの作品が並ぶ。赤と黄色が印象的。もちろん作品は絵だけにとどまらない。女房は言った「この間のトリエンナーレみたいだね。」 それってどっちに取ったらいいの(^^;?

スカイデッキへ。風で飛ばされないようカメラ以外はロッカーに仕舞っておくように指導される。エレベーターで屋上へ。さすがに風が強い。ものすごく空気が澄んでおり、東京風景をガラス越しではなく生で感じ取ることができる。これはなかなかできない体験だと思った。なぜか遠近感が圧縮され、すごく遠いイメージのある場所に建つ建物が意外と近く見える。たとえばお台場や新宿など。すごく近い。距離と道のりの違いは思った以上に大きいということか。光と風のステージ。女房も娘も「寒い寒い」と言い出したが、ワタシは暗くなるまで長く居たかったねぇ・・・。

展望室も一回り。もう何度目だろうな。今回はクリスマス時期ということで、各所に花で出来たツリーがかかっていたり、夜景を楽しむためのバーが出来ていたり。人はそれほど混んでいなかった。夜になってから混むのかしら。

下に降りるとドイツフェア開催中。小腹がすいていたので、ドイツビールとソーセージ。どちらも秀逸。随分高級なおやつになった(^^;。

店に戻ってしばらく仕事。夕食後は借りてきたDVD「嫌われ松子の一生」を見た。中谷美紀さんの気合い。
10212歩 6.12km 106分 442.9kcal 11.4g

■2008/11/29 (土) 1日店

朝から快晴。

荷造り作業は少なめ。発送作業を終わらせてオークション出品作業。今日は土曜日なので少し気合いを入れて。もう12月も目の前。年末までペースを上げて行きたいところ。

女房は娘と朝から買い物に出た。娘の上履きが小さくなってしまったという。最近は食べる量も増えたし、成長の速度が早くなってきたかな。息子は朝からお友達と遊んでいる。明日は模試じゃなかったか(^^;?

土壇場に立たされた時、こなくそ、と踏ん張るのか、どうせオレなんて、と折れるのか、には大きな開きがある。踏ん張るには自信なり努力なり何らかの裏付けが必要だが、折れるには何も要らない。つまり、折れるのは芸がない。まして土壇場で本当に折れてしまえばそれっきりだ。誰も助けてくれない。そういうキビシサのようなものが現実にキッチリあることを、少年たちにどうやって伝えればいいのかな・・・。
「涼宮ハルヒの憂鬱」が学者先生からいわゆるセカイ系と評されるには、何か理由があるような気がする。自分ではない誰かがこの土壇場を解決してくれる、というような。もしくは、アニメ「時をかける少女」で記憶はそのままにもう一度昨日をやり直せる能力を持つ、というような。イマの気分。
失敗できないというプレッシャーが現実のオオモトにある。その裏返しとして、物語には自分以外の人が問題を解決してくれたり、もう一度最初からやり直せたりするストーリーが願望として映像作品に投影されている。
そこまではいい。でも、そういう物語にドップリして、そういう現実もありかな、と仮想と現実をゴッチャにしてしまうことはどうだろう。

世代の違いはある。世代は時代とも言い換えられる。でも、計られるモノサシは30年前も今も大して変わっていなかったりする。そういう危機感を本当は世の中から感じ取ってほしいのだけど、言葉で言っても伝えにくいなぁ・・・。

寝るなー!寝たら死んでしまうぞー! っていう気分なんだけどネ(^^;。

ずっと仕事。少し嵩は減らせたけど、点数は思ったほど伸ばせなかった。
1220歩 0.73km 12分 56.7kcal 1.4g

■2008/11/28 (金) 往復

朝はくもり空。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。まだ先週買ってきた本の大半が未整理にもかかわらず、昨日の交換会でカーゴ1台分買ってしまったこともあり、今日は交換会に行けなくなってしまった(^^;。
すべてはワタシの仕事が遅いためだ。もう一段突き破るにはどうしたらいいだろう・・・。なかなかバージョンアップできない自分が居る。

昼飯を食べながら「横尾忠則」TV。氏の生い立ちからをご本人が語る。ご両親が少しお年を召してからの一人っ子。溺愛してもらった、という自覚が横尾少年にはあったという。何をしても大抵は怒られない。その理由を氏は高校生になってから知ることになる。
絵を描くことは小さい頃から好きで、特に大好きな絵を模写することに執心した。幼児がよく描く、下に地面があって空に太陽と雲があって、というような絵は全く描いた覚えがないそうだ。5歳の時に描いた絵が残っていた。武蔵と小次郎の決闘シーン。5歳が描いたとは思えない構図だと思ったら、絵本に使われていた絵の模写だった。絵を描くというよりも模写することに興味があった、と横尾氏。特異な才能だったかもしれない。
高校生のころ、東京から来たという美術の先生の勧めもあって油絵を始める。その結果メキメキと頭角をあらわし、コンクール荒らしと呼ばれるほどいろいろな賞を取る。横尾少年の夢は郵便配達することだったが、担任の先生は東京の美術学校へ進学することを熱心に勧めた。ご本人もご両親も乗り気ではなかったところを説得され、受験することになった。東京に戻っていた美術の先生の家に下宿してデッサンの練習などして試験に備えていたが、その試験の前日になって先生から「君は受験をせずに家に帰りなさい」と言われたという(!)。
時に真剣に、時に笑顔を交えながら学生時代までを語る横尾氏の表情。”絵”というキーワードは小さい頃から確立していたものの、「画家になるぞ」という確固たる信念を持って進路を選んできたという様子には見えなかった。どこか飄々と人任せにしている感がある。
東京から戻った横尾少年が次に何をしたのか、は次回らしい。楽しみ。

荷造り作業が一段落し、オークション出品作業をしばらくしてから、昨日の交換会で落札した荷物を引き取りに出る。もう空は晴れていた。
11321歩 6.79km 82分 650.8kcal 27.0g

■2008/11/27 (木) 往復

朝から天気悪い。

仕事をしているとFAX有。今日の交換会で一口出るというお知らせだった。今日はゆっくりと店で仕事、と思っていたのだけど、オヤジが「行ってきたら?」ということだったので行くことにした。
昼過ぎまで荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

古書会館到着は13時過ぎ。入札してから昼飯。今日は讃岐うどん。パラパラと雨が降っているので、おとなしく帰ることにした。途中渋谷で現像したフィルムを回収。知らぬ間に現像料金が250円から373円に上がっていた(!)。DVDプレーヤー用のリモコンが安売りしていたので買う。さすがに5年も使っていると特定のボタンが利かなくなっていた。

店に戻って仕事の続き。オークション出品作業を鋭意。お茶の時間にお土産に貰った銚子電鉄のぬれせんべいを食べる。これがなかなかうまい。
昨日オヤジたちは(たまたま)快晴の空の下、銚子へのバスツアーに行ってきた。鯛の刺身食べ放題の昼食や銚子電鉄の乗車、醤油工場の見学など、いろいろと楽しんできたようだ。

夕食は常夜鍋。お土産にもらった銚子のさつま揚げが添えてあった。これもまたうまかった。

外は雨。ランニングは中止。よし、と思いきって「涼宮ハルヒの憂鬱」の残り3話分を一気に見た。これでアニメ版を全話貫徹。放送された順に見たが、DVDでは時系列で収録されているらしい。こういう凝った構成になったのはシリーズ構成を担当した人の考えらしいのだけど、原作を読んだ人はアニメの順番で少し混乱するようだ。ワタシは原作を読んでいないから、意外にすんなりのみこめた。
放送順での最終回では、ハルヒの憂鬱によって世界が閉鎖空間に飲み込まれそうになるが、”白雪姫”によって回避される。
各回でいろいろ張られていた伏線が一気に繋がっているが、息子も指摘していた「3年前」の秘密はとうとう描かれなかった。原作にはあるらしいから、いずれアニメ版として日の目を見ることもあるだろう。たぶん。

背後にある大きな設定にはSFがあるものの、各回のストーリーは基本的に萌え系学園もの。ワタシのようなオッサンが見るには少し無理がある。それでも全話見てしまったのは、ワタシもかつて高校生だったことがあるから、かな(^^;。
作中ハルヒは”つまらない日常”を憂う。それなら、”面白い日常”とはなんだろうか。答えは常に自分の中にある。
4492歩 2.69km 42分 213.7kcal 5.0g

■2008/11/26 (水) 1日店

朝から快晴。店舗定休日。

朝飯を食べながら録画しておいた「夢をかなえるゾウ」を見る。生瀬勝久さんが出てきて信長役。なんとなく「HR」というドラマを思い出す。あの時は古田新太さんと直接共演したんだっけか。少し抑え気味の信長演技だったが、カクテル飲んで酔っ払ってオヤジ狩りに遭っていた(^^;。あいかわらず、なんで信長なのかはいまいち不明だけど、あらゆる場面で可能性を取捨選択し一番やりたいことに真っすぐだったのが信長、という趣旨らしい。たしかに、本人にとって一番やりたいこと、が自分の中で明確でなければ何一つ選択はできない。はっきりせい、というガネーシャの教えらしい。ふむ。

午前中いっぱい荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。午後の仕事の準備をしているうちに昼飯。食べながら録画しておいた阿久悠TV。語り手は秋元康氏。数々のヒット曲を手掛け、現在もアイドルグループを直接プロデュースしている秋元氏をして、史上最高の作詞家と言わしめた阿久悠さん。アイデアを出して、よし、これで行こう、とやってみると、実はずっと以前に阿久先生がやっていたことだった、なんてことばかり、と語る。
ドラマや映画で語る物語を、4分間の歌謡曲の中に盛り込むことができるのではないか、という考えが阿久悠にはあった、という。ジュリーの「勝手にしやがれ」の冒頭で描かれる情景「壁ぎわに寝返り打って背中で聞いている やっぱりお前は出てゆくんだな」や、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」の冒頭「上野発の夜行列車降りたときから 青森駅は雪の中」など、聴いている者の頭の中には歌われている情景が直接浮かんでくる。それはもちろん、「物語」の中に引き込まれたことを意味した。
阿久悠の「物語」はTVから、街頭放送から流れ、人々の心に沁みた。そういう時代に変化が起きたのは、ヘッドフォンステレオの普及だったという。各々が各々好きな楽曲を一人で聴くスタイルが普通となり、”誰もが知っている曲”は激減した。それも時代だったのだろうか。
8862歩 5.31km 62分 519.8kcal 21.8g

■2008/11/25 (火) 今日も1日店

朝起きて快晴。

昨夜は雨でランニングに行けなかった。仕方なく、更新の滞っていた釣りページをアップした。マス釣りの場合、バス釣りと違ってかなりの頻度で釣れるため、写真はあってもなくてもあまり意味のない気がした。もしかして、バス釣りは釣れないことが前提にあるから釣れた時の喜びも大きいのかもしれない。
別に文句をいう筋合いのことではないが、マスは釣れ過ぎる(^^;。それだけバスよりもマスの食糧事情が厳しいんだろうね。

今日から学校あり。なんとなく普段の平日が戻ってきたかんじ。三連休というのはあらゆる意味でリズムを狂わされる。
荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。午後遅くまで追加があり、総数は40個を越えた。

昼飯を食べながら「流星の絆」を見る。少しコメディー路線は抑え気味で原作に沿ったストーリーを描いているはず。まだあと数話あるはずだけど、犯人がわかってしまっている。どうやって確証を得るのか。そして、本当に復讐を果たすのか・・・。兄妹に横たわる”温度差”のようなものが強調されていくようだ。そりゃもう大人だものなぁ。
それにしても、コーヒーと紅茶とトコロテンしかない喫茶店て(^^;。

夕食後、女房と息子は塾へ。進学相談してきた。もう11月も終わる。泣いても笑っても、暖かくなるころにはすべてが決まっているはずだ。
10249歩 6.14km 76分 582.4kcal 26.0g

■2008/11/24 (月) 1日店

朝はくもり空。

昨日移動の電車内では「封印作品の闇」を読んでいた。すでに単行本で読んでいたが、いつの間にか図版大幅増の文庫版が出版されていた。久しぶりに読んだような気がしたが、読みはじめればまた引き込まれた。文庫化するにあたって、「オバQ」のその後がわずかながら加筆されていた。なんと「新オバケのQ太郎」が一部だけ復刻されているということだった。そんなこともあるんだね。ちょっとだけ明るい気持ちになれた。

三連休の最終日。子供たちは休みでウチに居る。今回は代休なので仕方ないが、これだけ三連休が増えるのもどうかと思う。三連休のある時は週の半分を休んでいることになる。大人はともかく、子供たちに対してそれでいいんだろうかねぇ、と心配だ。

三連休なのでラジオも特別番組。これは特別に何かをやる、というよりも、祝日だからレギュラースタッフを休ませる、という意味合いが強いんじゃないか、と最近思い始めた(^^;。帯番組と特別番組では、なんていうか、聞いていて力の入れ具合が違って聞こえるのだ。ゆるーい雰囲気の特別番組を聴きながら、眠くなりがちの午後を少し我慢気味に過ごした。

普段の月曜日なら”ちょっとここまではムリ”、というくらいの出品数を確保できた。気分がいい(^^)。外は雨になっていたが、晴れていても別に変化のない店なので気にならない。むしろ外に気持ちが逃げていかない分だけ平日は雨の方が良いと云えるかもしれん。

夕食時、息子と涼宮ハルヒのことでしばし会話。アニメ版とマンガ版と小説版。やはり小説で読まないと「全部がわからないよ」と言われる(^^;。息子は小説も全部読んだらしい。「アニメはね、肝心な所を描いてないんだよ」とまで。気になるなぁー。
887歩 0.52km 9分 40.1kcal 0.2g

■2008/11/23 (日) 新宿散歩

朝起きて快晴。

昼まで仕事。12時過ぎに出かけることになった。今日は新宿散歩。といっても、いつも歩いていない場所を目指そうということになっている。

新宿駅アルタ前。ポテチの試供品を頂く。ホコ天実施中。おなかが減っていたので昼飯を、と思ったが、ワタシたちの入りたいと思うくらい安いお店はどこもいっぱい(^^;。そのまま靖国通りを歩き、ゴールデン街横にある旧都電軌道の遊歩道へ入る。道なりに歩いていくと妙に幅員の広い道路に出る。そのまま新宿六丁目交差点を突っ切って新宿文化センターの通りへ。道は次第に細くなりながら、緩い弧を描きつつ、抜弁天前の大通りに出た。おそらくここまでずっと都電の軌道が走っていたはずだ。

昼飯を交差点際にある洋食屋さんで食べることにした。もちろん初めてのお店。どんな料理がどれくらいの値段なのか。店先にメニューはない。中に入ってみる。なあに、命を取られるようなことはないでしょ(^^;。
思ったよりもリーズナブルなお値段で、注文を受けてから厨房の中のご主人が料理を始めた。娘の注文したオムライスに入れるため玉ねぎを刻んで鶏肉を切ってケチャップライスを作っていたし、女房の注文したハンバーグもこね始めた。・・・当たり前なのかもしれないけど(^^;。3人で「今焼いてるよ」とかひそひそ話する。付け合わせの大根が印象に残る。もちろん料理もおいしかった。ワタシはポークジンジャーを食べた。

実は箱根山を目指していた。抜弁天前から北は見事な路地道。もしもクルマで来たらとても脱出できないような仕掛け。細い道とアップダウン。複雑に入り組んだ谷と山を階段と坂が繋いでいる。路傍にのんびりと猫。クルマに脅かされることもないのだろうな。

大久保通りに出た。廃校になった中学校前の歩道橋を渡るといよいよ戸山公園に入る。散策路には落ち葉が積もって妙に秋が深まった感じ。空は相変わらず青い。こっちでいいのかな、としばらく歩いていくと、ポッコリと山が見つかった。ここだろう。標高44.6m。あっという間に山頂へ着いた。案内看板に尾張徳川家屋敷の庭園の築山として造られたとある。

戸山地区を中心として公園や大学・公共性の高い国立の施設が周辺に広がっている。なるほど、かつてここには陸軍の演習施設や兵学校があったようだ。

早稲田駅へ抜ける。ブでしばし買い物をしてから帰ってきた。
10815歩 6.48km 108分 479.2kcal 12.3g

■2008/11/22 (土) 1日店

朝から快晴。

今朝はまた息子の高校見学があるというので、朝飯を食べて女房と息子は急いで出かけた。ワタシと娘で朝飯を食べた。コーヒーがうまい。

荷造り作業は少なめ。昨日買ってきた本が山積み。さっそく仕事をかけ始める。とにかくどんどん進めていかないとせっかく交換会に行けるサイクルに入ったというのに生かせない。行けば買わなくちゃならないが、買うと行きにくくなるっちゅう・・(^^;。難しいもんです。

女房たちは昼過ぎに帰ってきた。

昨夜は日記を書き終わってからも「涼宮ハルヒの憂鬱」の続きを見ていた。話は必ずしも一直線で進んでいかないようなシリーズ構成になっていて、日常を描いていながら実は異世界に通じていたりする、という設定が顔を出す。どうやら本題らしい。最初はなんだ?と思ったが、ああ、これっていわゆるセカイ系と呼ばれる展開じゃないか、と合点する。
つまり、主人公に特別な力があり、その戦い方(振る舞い)ひとつで世界が救われたり存亡の危機に立たされたりする話。オマケの設定として、その主人公は美少女で、物語の語り手である”私”をなぜか好きだったりする・・・。
”セカイ系”という言葉を初めて聞いたのは、昨年9月にエヴァの映画版公開にあたって竹熊健太郎氏と宮台信司氏が対談している中で出てきた時。エヴァがセカイ系の元祖と評価する人もいるらしい。確かにラストではシンジの考えひとつで世界の形が決められた。

現実世界は複雑だから一人の人間の考えひとつで世界が滅亡するようなことはない、という常識がある。その前提に立った時、こういうストーリー展開は周囲を極限られた範囲に区切ってしか世界を見ない人間の考える話、と切り捨てる意味でカタカナで”セカイ系”と呼んでいるようだ。

その一方、某国では先の選挙で次期大統領が選ばれただけで世界が変わるというムードが発生しているし、今日は次期財務長官が決まっただけで株価が大幅に上げている。一人の決定が世界に影響を与える事例は意外に多くなってきている。それだけ現実世界の複雑さがきれいにほどけて単純化を始めているんじゃないか、と不安になったりする。

センシティブな中高生をとらえる日本で生まれたそうしたストーリーは、こういう世界の”セカイ化”を先取りしたものではなかっただろうか。なんて思う。ただの印象だけで書いているが(^^;。

夕食後も仕事。オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
923歩 0.55km 9分 41.9kcal 0.8g

■2008/11/21 (金) 二往復

今日も快晴。気分がいい。

朝飯を食べながら「夢をかなえるゾウ」を見る。ガネーシャは面白いなぁ。顔マジックで「ちぃーらしぃー」にハマる(^^;。ベタなギャグもドラマで使うっていう手もあるんだね。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。今日も交換会へ向かう。車中では「封印作品の憂鬱」の続き。「涼宮ハルヒの憂鬱」について。まだ最近の作品で封印? 少し不思議に思いながら読み始めたが、経緯・結論と今後の展開についても「ふーん」って感じでそれほどのことはなかった。どちらかといえばどうでもいい感じ。ただ、今流行のライトノベルが原作で、マンガ、アニメとメディアミックスされて売れている作品として見てみると多少の興味が湧いた。この本の筆者も内容が面白いと感想を述べている。

入札してから昼飯。今日は餃子屋さんで定食を食べた。かなり久し振りだ。あつあつでうまかったな。

渋谷駅周辺をホライズンで撮影してから釣具屋さんでフライを買う。夕日に照らされて渋谷駅のたそがれ。

店に戻って荷造り作業の続き。その後、神保町を往復する。帰ってから夕食。食べ終わってからふと思い立ち、「涼宮ハルヒの憂鬱」を某動画サイトで見てみる。第一話。妙に堅い語り口調のナレーション(これが主人公のキョンというキャラらしいのだが)に説明されながら、不機嫌な顔をした目の大きいいわゆる萌え系の女の子が登場する。彼女の名前が涼宮ハルヒ。普通の人じゃつまらないから、宇宙人、未来人、異世界人が居たら来なさい、と言ってのける(^^;。そのまま第一話を見終えたが、うーむ、こういうのが面白いっていうのかな・・・と率直な感想。動画はものすごくクオリティが高い。美少女系の女の子が登場すること以外に何が中高生を惹きつけているのか。
息子にそのあたりを聞いてみた。すると”当然”のように全話見終わっており、この作品の世界観まで語ってのけた(^^;。な・な・な・・・なんかすげえじゃん・・・。
やっぱりワタシのようなオジサンにはわからない作品なのかもね・・・。とりあえず続きを見てみますが。
16490歩 9.89km 132分 889.9kcal 28.4g

■2008/11/20 (木) 往復

快晴。

もーそろそろ普段に戻りたい(^^;。今日は交換会に行くことにした。そーと決まれば午前中に仕事をどんどん進める。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えたころ昼過ぎ。電車に乗った。

車中では「封印作品の憂鬱」の続きを読む。ドラえもんの項を読み終わった。別に封印なんてされてないじゃん、と言われるのはごもっとも。実は現在のアニメの前に半年間放映されていたアニメのドラえもんがあるんです。
そのままウルトラマンの話へ移行。これまた全体としては封印されてないよね・・・。こちらは映画版でちょっと変わった作品が制作されていて、これが現在は見ることができなくなっているという。詳しくは本を読んでください。すっげー興味深い話です。

交換会で入札を済ませて、久し振りに讃岐うどんの昼飯。しばらく裏通りを歩きまわる。あの建物もこの建物もなくなっている・・・。映画「転々」で今東京の”思い出”はほとんどがコインパーキングになってんじゃないか? と言う場面があったが、まさにそんな感じ。実際にはその後まとめてビルに建て替わるはずだけど、それまでの数年間はまるで駐車場にするためにあの”思い出”を潰したのか、なんて思う日が続く。これも内需拡大・資本主義の必然っすね。

店に戻って仕事を続ける。オヤジはとうとう電気ストーブをつけはじめた。でもカイロはまだ始めていないらしい。先にカイロじゃないのかい?カイロやっておくとストーブするまで時間を稼げるよ。

夕食は湯豆腐。先日釣りに行った帰りの海老名SAで買ってきた金山寺味噌とわさび味噌を付けて食べるとバリウマだった。これからの定番土産になりそう。
12113歩 7.26km 99分 646.5kcal 23.5g

■2008/11/19 (水) 今日も1日店

朝から快晴。布団干し。

朝は冷えた。それだけにぐっすりと眠れた。寝坊(^^;。女房に起こされた。

朝飯を食べながら「流星の絆」を見る。話は15年前の事件の犯人がわかったことで急展開を始める。それでもいつものように途中で挿入される「妄想ドラマ」にウケる。このテンションは貴重だよなぁ。

今日も店舗定休日。仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終わったころに昼飯の時間。

先日見た「転々」が面白かったので、昼飯を食べながら女房と二人で見始める。うん、やっぱり独特の空気が漂っている映画だ。コレというストーリーもないのだけど、実はプロットがものすごくよく練られていて、途中途中でマエフリがあってからそれに絡むエピソードが起きる。「いままで出したことのない声を出していた」には笑った(^^)。たんたんと描いているようでいて、実に練られた緻密な構成が光る。

オークション出品作業を鋭意。なかなかスムーズに進まなかったが、あと少し、もう少し、と、頑張った。

夕食後、オークション落札品のメール書き。終えてからランニングに出る。快晴の空と凛と冷えた空気。すっかり冬の星座に変わっている。オリオンが涼しげに東の空に輝いていた。

店に戻ってからDVD「ヒトラーの贋札」を見る。
8590歩 5.15km 60分 506.7kcal 21.6g

■2008/11/18 (火) 1日店

朝から快晴。店舗定休日。

朝飯は少し遅く食べながら録画してもらった「篤姫」を見る。事態は急激に倒幕へと傾いていた。それにしても、政治的な要素をかなり省略して描いているところがすごい(^^;。公武合体で和宮降嫁により朝廷と幕府が一体化してからそれほど年月が経っていないにもかかわらず、薩摩軍に錦の御旗がひるがえり幕府が朝敵となっている。孝明天皇が崩御された瞬間から何かが変わったが、そのことについてドラマはまったく触れていない。それでは物語の背景にある「時代」を読みとれないはずだが、それでも進んで行ってしまう割り切りに覚悟を感じる。小難しい歴史の理屈よりも篤姫の困難に立ち向かう表情をもっと見たい(見せたい)ということだろう。こういう描き方も「あり」ということね。

歯医者へ。右の奥歯上に磨き残しあり。気をつけます(^^;。

息子はテストが終了し、昼過ぎに帰宅。どうだった? 昼飯を食べる。

午後は早速息子のお友達がいらっしゃる。仲いいねぇ。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。何よりお早いご入金が助かります。午後はそのままオークション出品作業へ移行。

夜になってお通夜へ出かける。帰ってから夕食。食べ終わってからのだめを見る。オークション落札品のメール書きを終えてラジオを聴きながらランニング。「生きる」がテーマ。寿命を縮める要素の第一位は、第二位「喫煙」を抑えて「独身でいること」なのだとか。

そーいえば最近走っている人が増えたなぁ。
10863歩 6.51km 84分 596.6kcal 22.6g

■2008/11/17 (月) 横浜へ

昨夜は結局25時半まで仕事(^^;。

今朝は7時に起きて息子を起こし、朝飯の準備。女房と娘は東京DSへ。土曜日にあった文化祭の代休日。
パンを焼いてコーヒーを淹れて。息子はパン2枚のうち1枚に黒ゴマのスプレッド、コーヒーはミルクなし。学校へ出かけた。今日から後期中間テスト。実質ここで高校受験の内申が決定する。

息子を送り出したら一人。コーヒーを飲んだから目が冴えた。そのまま仕事に突入する。今日は午後から横浜で会議があるため、仕事は少しでも多く進めておきたかった。
とにかく荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。10時過ぎにオヤジが店を開けにくる。ワタシはそのまま仕事を続行する。

お昼過ぎに息子が戻ってくる。どうだったのかねぇ。もちろん応援しているけど、結果はどうあれ自分の納得できる選択をしてほしいものだ。今の日本では自己責任の名の下、自らでした選択には後で有無を言わさぬ雰囲気がある。それだけに、ね。

昼飯は息子が自分で買って食べることになっていたため、ワタシは一人分の昼飯を買ってきて、再びコーヒーを飲んで眠気を抑えることにした。13時を過ぎたので横浜へ向かった。車中ではAで買った「封印作品の憂鬱」を読む。封印シリーズ三部作の大トリ。「ドラえもん」「ウルトラマン」「涼宮ハルヒ」とある。早く読みたい。続きが気になる。反町駅で降りて、エスカレーターを昇りながら、歩道を歩きながら、反町公園を歩きながらずっと読み続ける・・・ってニノミヤかよっ(^^;。

会議は14時から16時過ぎまで。内容は例によってこんなところには書けません。

店に戻る途中、先日娘が受けた学力テストの結果を受け取りにとある塾へ寄る。17時だと小学生クラスの授業があるようで、パーテーションで仕切られた教室のドアの向こう側から先生の声が結構な音量で聞こえてくる。あんなふうにハキハキしてたかな?ワタシも塾に通わせてもらっていたが、ここまで予備校チックではなかった記憶がある。

店に戻って荷造り作業の続きをしばし。しばらくして、息子が塾へ行く時間が近づいたので、息子に夕食の弁当を買ってきてもらった。ワタシはお茶を淹れる。やっぱり女房が居てくれないといろいろと行き届かないなぁ・・・(^^;。
息子と一緒に食べる。すぐに塾へ出かけた。明日もテストなのだ。とにかく、人並みに経験しておけ、と、今はそれだけ。
女房と娘は20時に帰宅。楽しかった?
10503歩 6.30km 85分 562.0kcal 21.1g

■2008/11/16 (日) 丹沢

朝は4時半起き。

二週間ぶりに丹沢へ向かう。ニジマス釣り。天気予報は雨。
車中ではラジオ。普段は土曜深夜から日曜早朝にかけての4時間分をPCで録音設定して出かけるが、今日は最後の5時半から6時までの30分間を東名高速の上で聴いた。アメリカでこれから起こるであろう大変革を前に「あなたは」どう行動しますか?とパーソナリティが問いかける。考えるラジオだ。
この時間帯のラジオ番組が面白いことに気付いたのは、日曜の早朝に釣りへ行く途中ラジオを聴いていたから。何か行動すると、たとえそれが釣りという遊びであっても、次の行動へと繋がっていく実感。何もしないと、たしかに失敗はしないだろうけど、そのあとに何も起こらない(アタリマエ(^^;)。もちろん次へも繋がらない。そこで終わる。

6時過ぎ。海老名SAで休憩。一体今何時なんだ?というくらいの大混雑(^^;。観光バスからたくさんの人が降りてくる。雨が降り始めた。大井松田で降りて丹沢の寄に到着は7時。紅葉は雨で煙っていた。

受付を済ませ早速釣り開始。天気のためもあるだろうが、今日はものすごく人が少ない。持っているフライを順にローテしながら釣り続ける。ちょっとした川底の窪みや、石の陰、淀んでいる場所に魚は潜んでいる。プレッシャーが低いためか、そういう場所へうまくフライが入っていくと入れ食いになることがある。みえみえのプールには確かにニジマスの魚影が濃いけど、その分だけ高プレッシャーなのでスレている。なかなか釣れるものではない。
とか何とか言いながら、フライをローテしながら大型みえみえマスも釣り続けた。

さすがに同じ場所ばかりで飽きたので、午後からは川を少し下ってみることにした。時折雨が強く降る。なんでもない水深の浅いゴロタ石の瀬に何気なくフライを投げ込みながら流していくと時折釣れる。ほんの20cmくらいの水深でも居るときには居る。しかも狙われていないので入れ食い状態だったりする。へぇー、新発見。
今日は人が本当に少なくて移動が自由だったことが幸いし、川の中に立ちこんでフライを流して釣ったり、15m先のプールへ遠投して釣ったり、といろいろと試せた。楽しめた(^^)。でも、基本的に釣りは魚が一番エライんだよね・・・。釣り人がワタシのようなヘボでもこうして数えきれないほど釣らせてくれるんだから。

暗くなってきたので16時に納竿。途中東名が渋滞。ウチに帰ってきたのは19時ちょうどだった。
5337歩 3.19km 52分 244.4kcal 6.1g

■2008/11/15 (土) 転々

昨夜はDVDで「転々」を借りて見た。

「時効警察」で見たコンビ:オダギリジョーと三木聡監督。ロードムービーというジャンルがあるのかって思ったが、確かに街を歩いている。それも東京の何でもない場所を歩いてる・・・。
幼い頃両親に捨てられた孤独な青年をオダギリジョーが演じる。大学8年生ということだが、見た目はもっとモッサりした感じ(^^;。いつの間にか84万円もの借金を抱えていて、アパートまで押しかけて来た借金取りに返済を迫られる。そんな大金返せるあてもない。あくる日、その借金取りからいきなり変な提案を持ちかけられる。吉祥寺から霞ヶ関まで一緒に散歩するだけで借金をチャラにしてくれる、というものだった。
なんでそんなことでチャラに?という話は映画のオチにもなっているから書かないけど、歩く間にいろいろな人や出来事にぶつかる。思い出の場所を歩こうと思えば、それほど思い出がなかったり。
岸部一徳を見るとその日は幸せになれる、という都市伝説。「時効警察」からのゲスト出演。街の時計屋さんはどうやって暮らしているのか。自首する前に食べておきたい食べ物は。など、散歩しているうちにころころと話題が転がっていく。次第に二人の間にあった借金取りと借金している人という間柄は崩れていく。
小さい頃に親と別れた主人公。小さい頃子供を亡くしたと語る借金取り。浅草花やしきのローラーコースター。去りゆく時間を惜しむかのようだ。実は本当の親子なんじゃないか?という雰囲気を漂わせつつ、借金取りは彼の元から去ってゆく。一人で過ごした少年の日々の寂しさを埋めるために、父はこの数日間をつきっきりで過ごしてくれたのだろうか。

今朝は少しだけ早起きして、娘の通う小学校の文化祭へ。クラスで取り組んだ学習の発表会があるということだった。バリアフリーとユニバーサルデザインについて。パソコンを駆使し、パワーポイントで作成されたパネルをプロジェクターで映写。デジカメで撮影した写真も交えながら、車椅子の障害になりそうな街の光景などを指摘してくれたり。
シャンプーの容器にギザギザが入っているのはユニバーサルデザインの発想とか。誰でも区別なく快適に使えるように工夫されたデザインを指す。
娘も発表者の一人として言い淀むこともなく発表できていた。内容は結構高度だったけど、こちら側によく分かる説明にまとめられていた。素晴らしい。
あとはどうしてこの件を調べようと思ったのか教えてほしかったネ。
3174歩 1.90km 31分 145.5kcal 3.7g

■2008/11/14 (金) 今日も1日店

朝から快晴。布団干し。

ここのところ急にコーヒー好きになり、昼飯時などにマグカップへ直接ドリップする形式のレギュラーコーヒーを飲んでいたのだが、毎回それなりのゴミが発生することが気になっていた。そんなこともあって、ドリッパーとコーヒー豆を買って淹れてみることにした。ドリッパーは思うところがあって、紙フィルター不要(金属製のフィルター)が売りのものを使ってみる。早速1杯分10gの豆を量ってドリップ開始。ふーん、かなりいい香りだ。飲んでみたら随分すっきりとしていい味だった。セールで1g1円の豆だったのだけど、焙煎と粉ひきを発送当日に行うお店だったので、品質はそれなりに良さそうだ。後味まですっきり。
送料無料で送ってもらう金額にするため、豆は500g入りを二袋買ってしまったが、すでに粉状態だから早く使いきるのが理想。母親がそのうちの半分を実費で引き取ってくれた。明日から淹れてみると言っていた。
今度は豆のまま買ってミルで挽いてみるか・・・。でもなんだか余計な仕事を増やしているような気もする。
ドリッパーを見て女房は、「これ誰が洗うと思ってんのよー」と冗談交じりに言う(^^;。スイマセンねぇ。よろしくお願いしますよ。
で、コーヒーを楽しんだ後、このドリッパーの売りである金属フィルターにくっ付いたダシガラコーヒー豆をゴミ箱に捨てようとしたがなかなか取れないの巻。やっぱり紙フィルターを使った方がポイっと処理出来てイーのかもしれないね。
でも、それじゃあこのドリッパーにした意味がないってことに・・・(自爆)。

午前中いっぱい荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。午後はオークション出品作業。

オヤジが自宅倉庫から在庫品をクルマで運んできた。これで全部?いやいや、まだまだあるらしい。この様子だと来週も交換会へ行けなくなりそうだけど、ちょっと待ってよ(^^;。

息子はもうすぐ高校受験の内申書資料となる後期中間テストを迎える。とうとう最後の追い込みだけど、ちゃんとがんばってやってくれよー。
1408歩 0.84km 14分 64.4kcal 1.5g

■2008/11/13 (木) 1日店

朝から快晴。一週間ぶりらしい。布団を干す。

朝飯を食べながら録画しておいた「笑ってコラえて」を見る。いつものゆるいペースで番組は始まり、イタリアでの立ち話から幼稚園生の好き嫌い、ときて、車椅子でマラソンに参加するお父さんの話まで。ひな壇にゲストの方が座っているけど、ほとんどVTR中にワイプで抜くためにだけに居る存在だ。なんかもったいない気がするなぁ。特別ゲストに「レポーターとして立ち話を取材してきてもらいましたー」でV、みたいな企画がたまにはあってもいいのでは(^^;。
あと、吹奏楽の旅を復活させてほしいなぁ、個人的に楽しみにしてたので。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼前に一段落。午後はオークション出品作業を中心に。今週は交換会がないので、店の本にできるだけ仕事をかけておきたい。

昼飯のときに「夢をかなえるゾウ」の続きを見る。エンディングのシーモの歌はいいなぁ。午後も仕事を続ける。

夕食時、ある所から頂いたリンゴを食べる。娘はなぜかリンゴが好きではないらしい。なんで?? うどんもダメとか言っているが、ちょっと理解不能な好き嫌いを言う。対照的に息子はトマトのサラダ以外はあまり強く好き嫌いを言うことがない。まあ、もう少し時間が経てば自然に解消していくことなのかもしれないけど。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
8526歩 5.11km 60分 500.4kcal 20.8g

■2008/11/12 (水) 辻堂まで

朝起きてどんよりくもり空。

こういう天気が続く間に随分寒くなった。カイロも開始したし、布団も真冬仕様。寒いのはあまり好きではなくなったが、夜よく眠れるのだけはいい。

朝飯を食べながら女房と二人で「夢をかなえるゾウ」を見る。ワタシは2回目だが、やっぱり面白い。もてるための課題としてガネーシャの言っていることがそれほど無茶に聞こえないのは、今の人の感覚が逆に振り切ってしまっているということなのかしら・・・(^^;。
確かに「アイツとは違う」と内心思っていながら、実は横並びが安心ってよくありそーだ。それじゃ埋没しちゃうでしょってことを言ってる気がするね。水川あさみさんの振り切ってる演技も改めてすごい。美人が美人の演技をやってても埋没してしまうってことだろーか。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯をはさんでオークション出品作業へ移行。

夕方になって黒い服を着て電車に乗った。辻堂まで。お通夜に出席する。お清めの席がなんだか別の席のようになっていたが、まあそれはそれで。情報交換など。

店に戻ってオークション落札品のメール書きを鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
10742歩 6.44km 81分 603.1kcal 22.9g

■2008/11/11 (火) 今日も1日店

朝からくもり空。

寒い。とうとうハクキンカイロの出番となった。今年の春に仕舞ってから約半年。さて、ちゃんと働いてくれるかしらん。
ハクキンカイロはベンジンの揮発する性質を利用し、白金を触媒に化学反応させて熱を抽出する。燃やしているわけではない。火口という部品に入っている白金の成分が劣化すると触媒としての機能を果たせなくなるため、「1年に一度交換してください」と説明書きにある。さて、ちゃんと温まるだろうか。
久しぶりに仕舞っておいた「ハクキンカイロ専用ベンジン」を取り出し、専用カップで量ってカイロ本体に注入する。2回入れると満タンになり、24時間持つ。ワタシはいつも1回分だけ入れて半日分とする。火口をセットしてライターで火口を炙った。蓋をして専用のケースに入れる。ストラップで首から吊るすと、ちょうどヘソの位置にカイロが当たるようになる。しばらくして反応が始まり、温まってきた。どうやらまだ火口を取り換えなくても良さそうだ(^^)。

急に寒くなってきたのでドラッグストアではどこでも使い捨てのカイロが店頭に並んでいる。あれはあれで結構だけど、やはりここはハクキンカイロがよろしかろう。火口さえ取り換えれば半永久的に使えて経済的だし、ゴミも燃料の容器以外は出ない。最近ではアウトドア用品を売っている店や、ジッポライター取扱店(Yカメラなど)でジッポのロゴが入ったOEM製品を売っていて入手しやすくなっている。ジッポ用オイルは使用時の匂いがほとんど出ないので、本家の専用ベンジンよりも使用感がいいからオススメだ。

ワタシが子供のころ、冬になると甘露書房の店頭には毎朝ハクキンカイロがベンジンの匂いをプンプンさせていた。初代が愛用していたのだ。そのカイロそのものはもうどこへ行ったかわからないが、久し振りに火入れしたときにはそのことを思い出した。時代は移ってもこういうところは受け継いでいるのかねぇ・・・。血ってのは意識しないところでひょいと顔を出すものだ、と思う。

去年の冬、オヤジと母親にはひとつづつこのカイロをプレゼントした。この冬も暖かく乗り切ってください。
7893歩 4.73km 57分 458.1kcal 19.2g

■2008/11/10 (月) 1日店

朝からどんよりくもり空。

今朝はこの冬一番の寒さだったらしい。そう、すでに立冬を過ぎているから冬なのだ(!)。今年は冬の到来がいつもより早い気がする。

朝から荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。月曜日は毎週毎週他の曜日よりも多め。昼過ぎまで作業して40個余りの荷物を発送する。棚が少しだけすいたので助かる。

先週は釣り後の事故大渋滞はまりでヘロヘロだったから出品作業までたどり着けなかったが、今日は落ち着いて作業を続行。それなりの量に仕事をかけることができた。まずまず。

午後、お茶を飲んでいる時間。外で消防車のサイレンの音。なんだか急に近付いてきてそばで止まった。息子も娘もウチに帰ってきていたので、4人で窓から顔を出す。新丸子駅前に停まっていた。どうやらホームで何かが起きたらしい。なんとまあ。

ラジオを聴きながら仕事続行。あくまでも自分のペースでいいから続けること。絶対に途中でやめないこと。これが仕事では一番大事。1回きりなら無理をすればできないことはない。でも、1回だけではたいした効果は得られない。続けること。それは、考え続けることでもある。
仕事もそう。ランニングもそう。日記もそう。そして何より、生きることもそう。
8384歩 5.02km 60分 485.2kcal 19.8g

■2008/11/09 (日) 三渓園

朝からどんよりくもり空。

女房の「トリエンナーレのチケットで入れるよ」という提案で本牧三渓園に行くことになった。実際に会場として一部を使用しているらしい。まあ、この天気じゃあどこへ行っても同じだから、と昼前に出かけた。

東横線車中では久しぶりに「胡蝶の夢」の続きを読む。長崎でオランダ医ポンぺの講義を中心とした医学伝習所と病院が出来てからのことがいろいろと。

横浜駅からバスに乗り換え。そごう下にあるターミナルで待っていると、急行が来て30分ほどで三渓園前のバス停に到着する。バスを降りた瞬間から雨が落ち始めた(^^;。パン屋さんで適当に買って昼飯にする。

入場。雨は次第に勢いを増す。池に落ちる雨の波紋がより一層雨降りを強調する。菊花展を開催中で、スケッチ大会なども開かれているようだったが、この雨で台無し(^^;。皆さん藤棚下に集まってさてどーしましょうか、などと話をしていた。

食べ終わってから内苑を歩く。雨のためにガラガラ。ここは戦後になって一般開放された場所らしい。お茶会が開かれている建物が多かった。なるほどねぇ。

トリエンナーレの作品展示は4つほど。そのうち一つはメンテナンスでお休み。娘が気に入ったのは、竹林を背景にミスト(霧)を滝のように発生させる作品。意外に広範囲に霧が広がって、辺りは幻想的な雰囲気に。娘は「おもしろーい」を連発し、トリエンナーレの中で一番だ、としきりに言う。うん。確かにそうかもね。今年の作品にはあまり気分を高揚させるようなものがなかっただけに、こういう単純な発想や仕掛けがむしろ目立つ気がする。霧だけに風景にもうまく溶けて、何となく空気もひんやりと清浄に感じられるところが不思議だった。

合掌造りの古民家の中では、男女のダンサーが畳の上でお互いの身体を絡み合わせるパフォーマンスアートが披露されていたが、ほとんどの人は見て見ぬふり(^^;。中には家族づれで「あんなの子供に見せちゃいかんぞ」と怒っているお父さんも居た。その気持ちはわからないでもない。
今回は全体的に鑑賞する側を選ぶ作品が多かった。血がドバーっとみたいな作品もいくつかあった。それだけ内容が挑戦的だったとも云えるが、こんな大規模なアート展でやるべきだったかどうかは別問題かもしれないね。

結局ずっと雨。バスで横浜駅に戻り、Yカメラでいくつか買い物をしてから帰ってくる。
9158歩 5.49km 96分 389.6kcal 10.2g

■2008/11/08 (土) 今日も1日店

愛書会展2日目。

ワタシは1日店で仕事の予定。一時組合の理事をすることになった時点で、愛書会展には顔を出せなくなり、理事を辞めた今も顔を出せなくなっている(^^;。何が原因か、と考えれば、店でワタシにしかできない仕事が増え過ぎた、となるか。
ワタシが古本屋になりたてのころは、オヤジが店に張り付いてワタシは毎日のように交換会へ出かけていたものだが、今は立場が逆転しているのかもしれない。
ワタシが中学生から高校生になるころは学校が楽しくてウチの状況を省みることもほとんどなかったが、思えばあの頃のオヤジはたったひとりで店も家族も支えていた。オヤジにとって重荷だった(かもしれない)要素はひとつ、またひとつと時間が経つにつれて減っていったが、その役割がそろそろワタシに移って来ていることを実感する。”その時期”が来たのだろう。ちょうど息子が高校へ上がろうとしているという時期までも一致する。

オヤジはあの頃も今も、そういう話についてはワタシに何も言わない。おそらく、言わなくても分かるだろう、くらいに思っているのかもしれない。ワタシもあえてそういうことは聞かない。言われなくても分かるから。

てーか、愛書会展でオヤジが居ない今日1日は、一緒に店番をしている母親とそういう話ばっかり話していたりするんだ・・・(^^;。
オヤジはどちらかというと口べた。にもかかわらず理路整然と喋ろうと無理をするから、喋っているうちにどんどん脱線して何を話したかったのか自分でもわからなくなる傾向がある。一方、母親は言いたいことを取りとめもなくいつでも頭に浮かんだまましゃべるので、話はまとまらないものの、言いたかったことだけはどんどんと積み上がる。ワタシから見てちょうどいいコンビに見えるな。
ワタシの学生時代にはワタシの進路について毎晩のようにオヤジと喧嘩手前の激論を交わしていたと母親は言うが、オヤジからそういう話は聞いたことがない。やっぱりいいコンビなんだよね(^^)。

とまあ、そんな1日を過ごしながら、今日はオークション出品作業もはかどった。店の通路に積み上がった本に集中的に仕事をかけてかなり嵩を減らした。

昼飯は近所のパン屋さん半額セール品。心なしか小さいと思ったが、気のせいだろうね(^^;。
1536歩 0.92km 16分 70.5kcal 0.0g

■2008/11/07 (金) 1日店

朝はくもり空。

途中から晴れてきた。今日は愛書会展の初日。オヤジは朝から東京古書会館へ出かけた。ワタシは少し寝坊気味に起きて、昨日仕入れた本の整理に1日を充てる。今週は荷造り作業を優先したため、出品作業が遅れがちだ。その追いつきも図る。無理か(^^;。

これまた亀山湖へ行く時にたまたま深夜に聴いたラジオがポッドキャストにもあると知り、先日から登録して聴いている。月一の放送なので、それほど頻繁ではないのだけど、社会学者を中心に主に若者をとりまく周辺についてトークしている。今回のテーマは「失敗」。世の中がいろいろと大変なことになってきており、最近はあちこちでちょっと深刻な話題として語られている。
ただ、ラジオでこうしてしゃべっている人が語る「失敗」とは果たして失敗になるのだろうか、とも思う。本当に失敗した人にはそういう場は与えられないのが現実(リアル)なのでは。
とはいえ、そう言ってしまってはこういうラジオの番組は成立しないね(^^;。失敗と思えば失敗だけど、失敗と思わなければ失敗にはならないとも思うのだがな。

この中で、映画「スカイ・クロラ」について言及があったので、書きとめておきたい。キルドレは死んでも生き返って再び同じ任務に就く、という設定があったようだ。ただし、記憶は消される。映画の冒頭で戦争遂行会社の基地に赴任してきたパイロットの彼は、おそらくティーチャーに撃墜されて再び生き返ってきていたわけだ。そして、映画の最後にはまた再びティーチャーに向かって撃墜される。この永遠の繰り返し。
押井監督は、この無限ループの中にも何かしらの楽しみを見つけていくのが人生だ、と公式にはコメントを付けているらしいのだが、そう考えてこの映画を作ったとは到底思えない。生きることも、生きる目的も、死ぬことの自由さえ奪われて、永遠に教師(ティーチャー)の決めたルールの中をさまよう若者を描いた救いようのないストーリーだ。

ああ。思いだしてしまった・・・(^^;。

ランニングから帰ってきてふと思い立ち、ドラマ「夢をかなえるゾウ」を見た。ガネーシャ最高。古田新太さんはやっぱすげえ。水川あさみさんは「のだめ」、「ラスト・フレンズ」と、もてない役が続き、今回ももてない役。その覚悟に拍手。すっげーおもしろい。
7889歩 4.73km 56分 457.8kcal 19.3g

■2008/11/06 (木) 仕入れあり

いい天気。

早起きしてすぐに朝飯。今日は午前中から仕入れの予定。クルマに乗ってイザ。
第三京浜から横浜新道へ。途中保土ヶ谷PAで休憩してから横横道路。到着はお約束の時間5分前。ベスト。
評価の上、買い取らせていただきました。ありがとうございました。
荷台に本が満ちてクルマは少々重たげながらも、帰りの高速もスムーズに走ってくれた。
途中、都筑PAに寄る。敷地はかなーり広いんだけど、ここはなぜがいつ来ても駐車スペースに全く空きがない。やっと停めて中にあるつづき亭でみそラーメンの昼食。TVではオバマ氏大統領選勝利に沸く小浜市の話題。タナボタ的な経済効果だね。でも、これからアメリカは財政赤字解消のために日本人の財布を狙ってくるよ。ゆうちょが狙われないだろうか。

店に戻ってまずは荷造り作業を鋭意。発送できる荷物をすべて郵便局へ持ち込んだ。

それからオークション出品作業開始。今日はどうしても少なめになってしまったが仕方ない。しばらくして愛書会展の陳列に行っていたオヤジが帰ってくる。
今日は初代の命日。それで、というわけじゃないけど、お食事会など。
13033歩 7.81km 101分 718.1kcal 24.1g

■2008/11/05 (水) 今日も1日店

朝はくもり空。

まあったく、行けると思ったら行けなくなるものだ。そーすると、行けないと思っていたら行けるようになるのかしら・・・(^^;。
もちろん交換会の話。あとからあとから仕事が出てきて、結局今日も行けなくなった(^^;。もっとも、それだけ積み上がっている仕事を置いて出かけるのもどーかと思うから、それはそれで仕方ない。今、目の前にある仕事をまずやるのが優先順位。

気分をすっきりさせるために、録画しておいたタモリ倶楽部を見る。地図の達人が8人出てきて、の巻。それぞれ編集されている地図雑誌を持ち寄って紹介するという内容。地図に関していろいろな角度から雑誌を編めるというのは含まれている情報量からすればむしろ当然かもしれないが、それはそれで楽しい。
ただ、地図ってのはそもそも国家機密に属する情報だ。紛争地域の地図は普通一般には販売されない。日本ではいろいろな角度から地図に関する情報がこうして雑誌として刊行されている。紛争地域ではないと考えていい、ということだろうか。
番組では触れていなかったが、日本でも戦前の地図には情報の書き換え(改描と言うらしい)が行われていた。民間は地図の発行を禁止されており、軍事情報として厳重に管理されていた。たとえば国会議事堂のある場所が一面桑畑に書き換えられている地図があった。今でも世界には地図の書き換えを行っている国があると聞く。
今Gのストリートビューがプライバシーの面から話題になっているけど、もっと手前の「地図になった時点」でマズイと思っている国がきっとあるはずなのだが。

仕事開始。今日は愛書会展直前なので、臨時に店を開けてオヤジが仕事をしている。

発送作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。オークション出品作業に移行。しばらくはかどらない日が続いていたが、今日はまあまあ。復活の兆し。この調子で行きたいものだが。
7280歩 4.36km 52分 426.4kcal 16.4g

■2008/11/04 (火) 1日店

朝から晴れ。店舗定休日。

朝飯を食べて仕事開始。今日は3連休明けなので荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。大量のために昼飯をはさんで午後まで。

やはり釣りに行った週は生活習慣が変わるので、しばらく疲れを引きずる(^^;。以前はそんなこともなかったんだけど、やっぱり歳を取ったのかねぇ・・・。オークション出品作業に移行してからはデスクで居眠りなど。いかんいかん。結局はかどらず。

ラジオの音を大きめにして聴きながら仕事を続けたが途切れがち。まあ、こんな日もあるということで。

932歩 0.55km 9分 43.2kcal 0.8g

■2008/11/03 (月) 往復

昨日の話。

16時15分に釣りを終えて、ウェーダーを脱いでロッドをたたみ、帰る準備ができたのは16時40分すぎ。それから大井松田ICまで山道を降りていく間に17時を過ぎた。
いつもの綾瀬を先頭に渋滞しているというので、中井SAでとりあえず休憩を取る。売店で缶コーヒーを買って飲んでいるうちになぜか本線の渋滞がひどくなっている。上り線にいるトラックの屋根が全く動いていない(!)。そんなに渋滞がひどいのか。昼寝もしていなかったから、仮眠を取ってゆっくり帰ってもよかったのだけど、さっきコーヒーを飲んでしまったことだし、思い切って渋滞に突っ込んでいった。
ところが、SAから出るにも大渋滞している状況(^^;。これは異常事態だ。そこで初めてハイウェイラジオを聴いた。すると、この先5kmの地点で乗用車数台が絡む事故がつい10分前に発生したとアナウンス。やれやれ、やっちまった(^^;。時に17時55分。そこから事故発生地点まで1時間半くらい時間がかかってしまった。その5km走る間に細かい追突事故が次々発生しており、事故が事故を呼ぶ負のスパイラル。運転には細心の注意を!
川崎ICを降りたのは20時13分。通勤割引が適用されなかった。ひどい。ウチに帰りついたのは21時。釣り場から4時間の長い長い帰り道になった。それから仕事を開始する。日記を書き終えたのは25時だった。

今日は3連休の最終日。曇り空だ。

子供たちは休みだが、娘が力試しの模擬試験に朝から出かけた。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。今日は発送作業を休まずいたします。娘は昼飯の前に帰ってきた。4人そろって昼飯を食べる。

今日から交換会へ行こうと決めたばかりだというのに、ショパンの事情により急きょ中止(^^;。入札ではなく、金曜日の荷物を回収しにだけクルマで神保町へ向かった。大岡山で上り線を1車線ふさいで道路工事。大渋滞。昨日の苦い思い出がよみがえる。それ以外はガラガラの都心。渋滞したのに往復1時間半で帰ってこれた。

オークション出品作業ははかどらず(^^;。
9609歩 5.76km 72分 543.6kcal 21.5g

■2008/11/02 (日) ニジマス

朝は4時起き。

もう亀山湖はシーズンオフなので、今日は丹沢へニジマス釣りに行くことにした。もちろんフライで。
東名で大井松田まで。比較的ICからも近いと案内にあったが、やはり山登りの道を4kmほど走る。246から分かれて登っていくと、山間に広がる集落の一部に釣り場が設置されていた。
7時からということで、それまでにウェーダーを履いてロッドを立てて。受付までは2度渓流を横切らないと行けないようになっており、もうここから渓流釣りは始まっている。気分も盛り上がる。
自然渓流と人工的に作られた渓流のミックスだが、下流部に行くとほとんど自然のまま。逆に受付に近い場所は砂利と砂で盛り土され、大岩も配置されるなどしてプールになっており、そこに放流された魚が固まって泳いでいる。フライとルアーのミックス。ほかにテンカラ釣りの人もいる。朝はまだあまり人もいなかったが、徐々に増えてくる。

ワタシが釣り始めると、しばらくして養魚場の方が軽トラで乗りつけてニジマスを放流。このあいだの日原に似たようなシチュエーションだった。まだその場にはワタシしかいなかったため、早速そこへフライを投げ込んだ。
・・・しばらく、釣れない。フライを変えてみる。ものの本にはフライも色でローテーションするべし、とあった。赤と緑と黄色とナチュラルでローテ。しばらくして、ググッと手ごたえ。やっとかかった。どうやら虫の動きをするようなフライが良いようだった。

いつの間にか釣り人が増えて魚のいるプールそれぞれに何人か人が付いて釣っている。フライじゃなくて結構スプーンでも釣っているようだ。すごいね。スプーンでよければ亀山湖で使わなくなったものがたくさんあるな・・・。今度はスプーンを投げにくるか。

皆さん結構釣り上げている。魚影は放流されているためかかなり濃い。受付棟の前にあるプールの魚が一時入れ食い状態になり、とっかえひっかえ次々に釣れた。当初は全く釣れないかもしれない、と弱気だったが、最後は釣れ過ぎて数も数えていられないほどになった。おおよそ20~30cmで、引きはロッドが中調子のためもあるだろうが、かなり強く感じた。サイズ30cmクラスになるとなかなか寄ってきません(^^)。バスよりいい引きだった。

自然渓流を使った釣り堀とも言えるが、釣りに行って釣れないよりはいい。昼過ぎからはハッチした蜉蝣がワタシの横をゆっくりと飛んでいたりして優雅な時間だった。
5797歩 3.47km 58分 261.4kcal 6.8g

■2008/11/01 (土) 1日店

朝から快晴。

冬型の気圧配置となり、木枯らし1号が吹いたらしい。例年よりも2週間ほど早いという。今年の冬は駆け足で近付いている。

土曜日で子供たちは学校が休み。代わりに息子は午後からある高校の進学説明会へ行くことになっている。

荷造り作業を終えてオークション出品作業へ移行。なかなかはかどらず。さすがに1か月間も交換会へ行かなかったので、そろそろ在庫が払拭しかかっている。来週からはしばらく足しげく交換会へ行けそうだ。よかった。

ラジオを聴いていると連続して工藤静香さんが出演。オヤジはしきりに「いい声してるなぁ」と連発(^^;。こういう声が好きなんだ・・・。

息子と女房が学校説明会から帰ってくる。詳しい話は夕食のときに聴いた。曰く、週休2日制を廃止して授業時間を大幅に増やしたこと、生徒数が多いこと、そして何より、息子が積極的に説明を聴いていたこと、などなど。
ワタシは公立の高校へ通ったが、まあ、こんなものだろうと思っていた。進学校と云われていても、授業のレベルが高かった印象はない。むしろ、いい大学へ現役合格したワタシの友達は授業を全く聞いていなかった(^^;。受験科目ではない授業の最中には英語を集中的にやっていた姿を覚えている。
こんな経験が高校選びでのワタシの基準になっていたりする(^^;。公立高校には授業料が(格段に)安いという強みがあるので、生徒が居なくなることはない。私立はどうしても授業料が公立に比べれば高いと思われるから、その授業料に見合った何かを保護者たちに示そうとする。この学校の場合、それが授業時間の大幅増、ということだろうか。塾へ行かなくても大学受験できるレベルまで教えます、とも言っていたそうだ。女房にもかなり魅力的に映ったらしい。

まだほかに学校説明会へ行く予定があるらしいから、まあ、ゆっくり落ち着いて。とりあえず全部見て来てから考えたらいいじゃない(^^)。
1106歩 0.66km 11分 52.1kcal 1.3g

2008年10月 < > 2008年12月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター