Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2008年02月

■甘露日記 2008年02月

■2008/02/29 (金) 二往復

昨夜は日記を書き終わってから遅くまで今敏監督作品「パプリカ」を見た。原作は筒井康隆。

いやあ、面白かったなぁ。物語は、DCミニという名の”夢を他人と共有できる装置”が開発され、この装置を付けた人の夢が見られるようになる、という設定が根幹にある。サイコセラピストの主人公:千葉敦子はDCミニを使ってクライアントの夢の中に入り込み、精神的な障害の治療を行う。その時の姿が”パプリカ”と呼ばれる少女だ。そのDCミニが未完成のうちに盗まれ、悪用され始める。
悪用された者は「悪夢」に取り込まれ、どこまでも続く”有象無象の行進”の一部にされてしまう。いったいこの誇大妄想的悪夢は誰の夢なのか。パプリカは夢の中を走り回り、とうとうその悪夢の主を探し当てる。
最後は悪夢の主が暴走し、夢と現実が混ざり合って現実が侵食されていく、という展開に進んでいくのだけど、特筆すべきはやはりその演出技術。夢と現実が曖昧になっていく過程を、カギになる映像を何度か繰り返し描くことで無理なく見せている。
「悪夢」として表現される有象無象の行進のカラフルなことといったら・・・。一見楽しそうであるためにどこまでも連れて行かれそうでおそろしい。あの行進はいったいどこへ向かって歩いていたのだろうか・・・。
小さい頃、連れて行ってもらった遊園地に居たキグルミを恐ろしく思っていたクチです、ワタシ(^^;。そんなトラウマからか、Dランドのパレードもちょっと怖いんだよね、ホントは。
「イノセンス」も人間の内面への旅を描いていた。アプローチは違うがこの作品も素材として人間の内面があたかもネット世界のように描いてある。やはり人間の興味は最終的に人間という存在そのものへと向かっていくのだろう。

明古は特選市会。大量の荷物が2フロアを埋め尽くしていた。札は書いたけど、さて、どれだけ落ちてくれるかな。

昼飯を食べた後、東京駅まで散歩する。ホライズンで工事中の駅舎を撮影。駅舎の復元工事をするようだけど、本当の目的はそれじゃないんだろうな、と思えた。駅舎からかなり離れた場所にコンクリート注入用のでかいドラムが据え付けてあった。どこに注入するのか。それがカギだ。

店に戻ってからお茶を飲んでクルマで再び神保町。昨日落札した本がカーゴ1台あったので、今日の分と合わせて荷台はいっぱいに。これでまたしばらく市会には来れないなぁ・・・。

夕食後、荷造り作業をしばらくしてから雪谷往復する。
19557歩 11.73km 160分 1039.0kcal 30.6g

■2008/02/28 (木) 往復

朝から快晴。

明け方は冷え込んだようだが、さすがに日中は暖かい。気が付けば3月。太陽の光もかなり強くなってきている。大好きな季節・春はもう目の前だ。

朝飯を食べながら京都映画の歴史のTV。マキノ省三氏に始まる日本映画の歴史。最初期は当然無声映画。コマ数も少ないので人間の動きがチョコマカとややコミカルな調子になる。セリフもない、動きもしっかり捉えられない、カメラも固定、といろいろ制約のある中でも、当時のクリエイター諸氏はしっかりと映像表現を確立していた、とやら。焼けて現存しないフィルムも多く、現在では当時の全貌を知ることは難しくなっているようだ。

荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。昼前に東横線に乗った。今日は一新会。オヤジも「あとで行くよ」とのこと。
車中では「翔ぶが如く」の続き。明治初年は結局太政官政府と旧士族が対決する内乱状態だった、と云えるようだ。ここまでの一連の流れがペリー来航に端を発しているとすれば、「格差」という問題が一国全体を揺るがす大問題であることがよくわかる。太政官政府は旧体制をとことんまで破壊しようとした。軍隊も徴兵制とし、旧士族を頼らなかったばかりか、旧士族から特権と権威を奪い去った。当然そうしなければ社会は変わらなかった。
旧士族の不満は各地で頻発した反乱によって察することができるが、それぞれが情報を共有するべく連絡していなかったことが最終的な勝敗を分けた。神風連の乱が起きたことを合図に萩の乱が起こるが、伝えられた情報が断片的に過ぎて、前原一誠の準備不足も重なり萩の乱はあっけなく鎮圧される。
翌年、薩摩の桐野利秋が総司令となり、西南戦争が勃発するが、神風連の乱のとき熊本鎮台の守備が甘かったという断片の情報が伝わり、桐野の判断を鈍らせたのではないか、と司馬遼太郎は書く。徴兵された鎮台の兵隊は士族ではなかったため、少々甘く見られることがあったようだ。

入札を終えて昼飯のうどん。食べ終わって地下鉄。もちろん続きを読み続けた。

店に戻ったらお茶の時間だった。母親が隣のたい焼き屋で今日から発売のさくら餡を買ってきた。少々値段は高かったが、食べてみたらその理由がわかった。すっげーうまかった(^^)。

昨夜遅かったからか、眠気あり。うつらうつらしているうちに夕食の時間となり、仕事もはかどらず。ダメだなぁ。
6160歩 3.69km 58分 291.5kcal 7.1g

■2008/02/27 (水) 1日店

お店は定休日。

朝飯を食べながら録画しておいた所さんの「笑ってコラえて」を見る。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。ご送金いただいた件はなんとか当日中に発送できるように心がけていますが、午後に入ると微妙です(^^;。翌日の発送になることがありますが、どうかご容赦のほどを。

昼飯はカキフライカレー。フライはスーパーのお惣菜売り場で売ってるものだけど、十分おいしい。フライって実はウチで作るとあとで出る油の処理がこまりもの。一旦揚げ油として使ったものは酸化してしまうので、本当はもう使わないのが身体にはベスト。となると、(おそらく)毎日油を取り換えているであろうプロの揚げたフライを買って食べた方がいいような気がする。ま。ただの気休めかもしれんが。

午後も荷造り作業と並行してオークション出品作業を断続的に。昨日と違い、嵩も点数も少なくなってしまった(^^;。仕事ってはかどらない日が多いな・・・。

夕食は通販で買った伊勢うどん。あの伊勢神宮横のおかげ横丁でも有名なコシのないうどんです。以前伊勢・志摩へ連れて行っていただいたときに食べた味を思い出しながら食べた。真っ黒なタレをかけて食べる。娘の口には合わなかったらしいね(^^;。モチモチしたかんじでおいしかった。伊勢に行きたくなったなぁ。

夕食後、オークション落札品のメール書き。風呂からあがってきた女房に、息子の誕生日の食事会は本人の希望でどこかのバイキングがいいらしい、と聞かされる。なんとなく気になってネットで検索をかけているうちにランニングへ行かなければならない時間になった(^^;。でも1か所見つけたよ。ランチだけど。
6551歩 3.92km 57分 327.5kcal 9.5g

■2008/02/26 (火) 今日も1日店

くもり空。

朝飯を食べながら金八先生。いよいよ受験シーズンですな。ウチの息子も来年は受験なので、今からちょっとドキドキしたりして。自分も確かに高校受験という道を通ったはずなんだけど、気がつけばあれから25年(!)も経っており、実感としてはほとんど覚えていない。こうしてTVで”再現映像”を見せてもらうことで雰囲気だけ思い出す程度。
当事者としてその時期を過ごしているときは何がなんだか無我夢中で過ごしてしまうが、あとでこういうドラマを見たりすると、あの時は周りに仲間が一杯いたんだよなぁ、と不可逆な時間の流れを恨んだりする(^^;。学生って今思えば最高の身分だった。その時には気づかないのだけれど。
歳をとるにつれてどんどん世間が狭くなってくる。ネットの普及がそれに拍車をかける。気をつけないと・・・なァ。

二か月ぶりに散髪へ。店内で流れているラジオはAM。児玉清さんのラジオ人生相談。つい聞き入ってしまう。

昼飯を食べていたら息子が帰ってくる。今日でテストはおしまい。昼飯を食べ終わるなりPCに向かっていった。それほど好きかね(^^;。PCなんてこれからイヤでも付き合わなきゃならなくなるんだゼ。ほどほどにしておけばいいのに、と思うのは、通り過ぎてきた者だからこそわかることなんだろうね・・・。
昼過ぎからオークション出品作業開始。今日は幾分調子よく進む。嵩もそれなりにこなした。

夕食のころから雨が降り出す。今日のランニングは中止。仕方ないので甘露PHOTO日記を1本。HORIZONの写真をアップした。
1741歩 1.04km 17分 79.7kcal 1.8g

■2008/02/25 (月) 1日店

朝から快晴。

昨日よりずっと風が弱い。今日は暖かくなりそうだ。
朝飯を食べながら「あしたの、喜多善男」を見る。ええと、これは何回目だろうな。宵町しのぶの誘拐事件が解決して、指を噛んでほしいと懇願するおじさんが出てきた(^^;。最初の方の回で生瀬さんがモノマネしていたワケもわかった。よくよく考えると登場人物がかなり多いね・・・。主役がかすみそうなくらいキャラの濃い人がどんどん出てくるけど、そこはやはり毎回「ネガティヴ善男」が出てきて話を締めてくれている。ドッペルゲンガー現象という解釈でいいのか、と思いきや、他人には見えないようだから、ちょっとだけひねってある。とにかく、今期の連続ドラマの中ではこれが一番面白い。音楽もいい。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼過ぎには一段落。今日からテストが始まった息子が帰ってきたので昼飯。最近になって英語が得意になったらしい。

本がまだ積み上がっているので、今日は交換会へは行かずにオークション出品作業に専念する。そのわりに点数は稼げなかった(^^;コレバッカ。

夜の19時から町内会の仕事で夜回り。戻ってから夕食。ラジオを聴きながらオークション落札品のメール書き。今日のテーマはお風呂。パラダイス山元さんがゲスト。この人のしゃべりは面白いから好き。入浴剤の本を出しているらしい。ほかにも餃子にくわしかったり、乗り物全般にも詳しく、特に飛行機のマイルに関して以前も同じ番組でしゃべっていた。なんでも詳しい人っているものだなぁ・・・。あ。この方の本業はマンボ奏者ね。
4365歩 2.61km 42分 193.8kcal 5.3g

■2008/02/24 (日) 昔のくらし・今のくらし

企画展示室2で開催している「昔のくらし・今のくらし」展は、ちょうど娘の授業で受けている内容に対応しているのだという。

「写真ゲーム」展を見終わってから行ってみた。大昔(縄文時代)からついこの間使っていた道具まで、きれいに並べて解説のカードが付いている。ちょうど学芸員さんの解説が始まるというので、説明を聴くことにした。

昭和30年代になってTVに代表される電化製品が本格的に普及を始めるが、それまでの日本人の生活は今とはまったく違っていた。基本的にはかなりエコだったと云えるだろう。水道がないので水は汲みに行くもの。下水道がないので汲み取り(肥料化)なこと。酒屋はすべて量り売りでとっくりを貸し出していたこと。冷蔵庫も氷を入れて冷やすものだった。燃料は炭か薪。明かりも電気が来ていなければロウソクの行燈しかない。
電化製品が普及し、燃料も石油に置き換わった。スイッチひとつでなんでも出来るようになった分だけエネルギーが必要になった。

展示で印象的だったのは、たとえば煮炊きに使う道具の果たす機能は縄文時代からほとんど変わっていないということ。鍋を火にかけて加熱するための道具は最後には電化されたが、たとえば炊飯ジャーを見ても米を炊くという機能そのものは変わっていない。人間の生活に必要な仕事を電気仕掛けに”置き換えた”のが電化の基本的な姿だ。

電化が進むと、ラジオ、TV、ワープロ、パソコン、と”人間生活”とは直接関係ないものが次々に登場する。これらの道具が人間の目の前に現われてまだ100年ほどしか経っていない。その割には、これらが今目の前から姿を消したとしたら、現代人は1日を過ごせなくなってしまっていないだろうか・・・。

展示の最後にダイヤル式の黒電話を実際に操作する体験があったり、白黒TVのスイッチを入れたりして楽しませてもらった。今の電話はダイヤルを回すこともないし、TVのチャンネルも回さない。我々昭和世代にはアタリマエだったことも、平成人には大昔のことに思えるんだろうなぁ・・・(^^;。
白黒画面で見ると、今の番組なのに50年前の番組が映っているような錯覚を起こした。

店に戻ったのは17時過ぎ。夕食を食べてから雪谷までランニング。風が強くて寒かった(^^;。
15710歩 9.42km 133分 804.4kcal 23.7g

■2008/02/24 (日) 少女マンガパワー!

朝から快晴。今日も風強し。

クルマで遠出をしたいな、と思わないでもなかったが、女房が行きたいとリクエストした「少女マンガパワー!」展を見に等々力まで出かけることにした。
昼少し前に出て徒歩で等々力まで。風がものすごく強くて目が半開きになり、半身の態勢で少しづつ進む(^^;
娘のたっての希望で緑地前にある100円回転寿司に入った。意外とガラガラ。まあその理由はあとでいわしを食べたときにわかるんだけど。ま、あまり書くと○○だろうからこの辺で。でも、いわしだけはやめときなー。

市民ミュージアム到着。展示されている作家は23人。「リスト見るとさ、3人以外は全部知ってるんだよねぇ」と女房。さすが元文学少女だね(^^;。とはいえ、ワタシでも知っている方は多い。展示の冒頭はマンガの神様手塚治虫だった。続いて松本零士、石ノ森章太郎、ちばてつや、とワタシでも知っている作家が続く。水野英子という方はワタシは存じなかったが、少女マンガの先駆的存在なのだそうだ。この展覧会のポスターにもなっている絵はこの方のもの。初期(1950年代)から最近作まで絵が展示されていたが、そのタッチの変遷がものすごい。大きく真っ黒な目の中心に大きく堂々と十字の白いアイキャッチが入っていて、こ、これがカワイイ女の子の瞳の表現なのか・・・とただただ驚いた。人の”カワイイ”という概念は年(歳?)とともに変化していくもののようだ。興味深いことだと思った。

娘は展示されている原稿や表紙原画には興味がないようで、会場中心に据えられた臨時”少女マンガ図書館”から1冊選んで読みふけっていた。それずいぶん分厚いね。何読んでたの?「これ?」と見せられたのは松本零士の少女マンガだった。
場内はさすがに女性の姿が多かったが、男性が一人で、という方も意外に多く、たしかに”少女マンガ”として描かれているもののワタシも繰り返し読んだ「ガラスの仮面」や「日出処の天子」を女子だけのものにしてほしくはないね。

隣の会場で開催中の「写真ゲーム」も見た。写真におけるゲーム的要素が現代写真の先端に多様な形で現われている、と説明にある。確かに展示を見ていくと写真にはそれぞれ作家による仕掛けが施されていて、それが表現になっていたりする。まじまじと見つめてしまったのは北野謙という方の作品群。日の出から日没までシャッターを開けて定着した風景。朝とも昼とも夕方とも云えるような空の下で、影だけになった人間が蠢いていた。

■2008/02/23 (土) 春一番

朝から快晴。

昨日に引き続き暖かい。朝は少し寝坊気味。ちょっと遅めの朝飯を食べたが、すぐに仕事を始めたので寝坊は帳消し。

荷造り作業は少なく、午前中からオークション出品作業開始。さて、今日はどこまで仕事を進められるだろうか。

女房と娘は午前中は図書館へ。息子は美容室へ髪を切りに。ワタシもそろそろ行かないといけないね(^^;。

午後になって強い北風に変わり、ラジオでは春一番とアナウンス。なんとなく北風の印象が強いので、春一番のイメージではないけどね。最大瞬間風速は30mにも達し、電車は停まるは、工事現場の足場は崩れるは、で大変だった模様。

昼飯をはさんでワタシは作業の続き。女房と娘はプールに出かけ、息子はテスト勉強・・・のはずだけど(^^;。超然としているなぁ。でもやるときはやれよな。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。量がいつもより少しだけ少なかったので日付が変わる前に終えることができた。
731歩 0.43km 7分 32.0kcal 0.0g

■2008/02/22 (金) 二往復

2.22.

今日も晴れて暖かい。朝飯を食べながら「薔薇のない花屋」の5回目。なんか唐突に「好き」レベルに気持ちが移っている。主人公の心の動きについて描きが足りないような・・・(^^;。恋愛におカネを絡ませるってのもかなりなまなましい感じがする。主題は強調されるのかもしれないが。

今日は交換会へ行くことにした。現時点で発送できる荷物を荷造りし終えてから東横線に乗る。車内では今日も「翔ぶが如く」の続き。熊本の話が続く。熊本・神風連の乱が起きたのち、萩の乱が続いて起こることになる。東京から離れた場所で乱が起こっていることに作者は注目する。特に神風連の乱は太政官政府が出した廃刀令が引き金になっているようだ。都市部では徐々に廃刀が進んでいたのに対し、尊王攘夷を掲げる勤王派はあくまでも帯刀にこだわっていた。その帯刀を禁止され刀を持つことが罪になるに及び、禁止した政府に反乱を起こす、という流れになった。
抑えきれる小さな反乱はむしろ政府組織を強化することになる。廃刀令はそういった意味でまさに絶妙のタイミングで発せられた。翌年、いよいよ薩摩が立ち、西南戦争が勃発する。佐賀の乱、神風連の乱、萩の乱がなければ、太政官政府は薩摩を倒せなかっただろう、とは司馬遼太郎の分析だ。

入札を終えてから昼飯。そのまま秋葉へ向かう。巻き上げで切ってしまったフィルムを現像に出していたYカメラへ回収に向かった。果たして、最後のコマだけが切れていたが、他は無事だった。昌平橋の立体交差などバッチリ写っている。なかなかスキャンしてアップする時間が取れないなぁ・・・(^^;。

店に戻り、クルマで再び神保町。道中比較的すいていた。今日はほとんど落札できず。最終台に載っていたプリントもきっと高かったんだろうねぇ・・・。
10275歩 6.16km 93分 498.0kcal 12.9g

■2008/02/21 (木) 1日店

大市で買った本が店に積み上がっている。

今日は交換会どころじゃないね(^^;。1日店で仕事の予定。よく晴れているんだけどなぁ・・・。ってそれは違うだろ。

朝飯を食べながら金八先生。ずいぶん軽い話をやってるなぁ。年々深刻な話をやる傾向が強かった金八先生だけど、何かが切れたのかな。

3年使った財布が壊れたので、ネットで新しいのを発注した。壊れたのは牛革と書いてあったが、妙に値段が安かった。壊れるときにその理由が判明する。そう、肝心な部分を接着剤で貼り付けていた。そこが剥がれたのだ。おそらく高い品物はこういう仕上げにはしないはずだ。まあ、3年も使えたので別段不満なわけじゃないのだけど。安いものにはそれなりに安い理由があるということで。今回買ったのは5500円の財布。高くはないけどワタシにしたら安くない(^^;。昨日発注したら今日届いた。素晴らしい。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。午後からオークション出品作業開始。オヤジも大市で買った本をどんどん整理し始めた。仕入れた本はなるべく早くお売りするのが本屋の仕事。本は本屋が長く持つべきではない、とワタシは思う。売るつもりのないマイブックは別だけどね(^^;。

夕食後、久し振りに雪谷ランニング。まだ少し咳も出るんだけど、今日は比較的暖かだったので。外にでるとほわーんとしていた。空には朧月の満月。久し振りなのでなまっているかと思いきや、むしろ休養充分といった調子で難なく走ってきた。やっぱり運動すると気分がいい(^^)。
7047歩 4.22km 56分 383.1kcal 11.4g

■2008/02/20 (水) 往復

朝から快晴。

9時半から歯医者の予約。無事終えてからクルマに乗って神保町まで。大市会荷物の回収へ。道はすいていて、11時前には到着。荷捌き場にもすぐにクルマを停められた。
荷物は嵩でちょうどカーゴ1台満載くらい。点数は多くなかったが、オヤジが大口を落札していたため。オヤジが買った本はなかなか減っていかないのが特徴(^^;。最近どんどん仕事する時間を削っているからなぁ・・・。

積み込んで帰路。ラジオを聴いているうちにすぐ帰ってきてしまった。店に降ろすと開いていた棚が埋まってしまった。もっとちゃんとストック棚として機能させたいなぁ。店の模様替えを急がなきゃならんね。

昼飯のカレーを食べながら宮城まり子さんのTV。お名前は前から聞いていたが、この方の言葉には初めて触れた。音楽・絵の教え方が素晴らしい。子どもたちの感性の引き出し方が独特。たとえば花の香りをかがせたり、たとえばスイカを食べさせてから絵を書かせたり。テクニックは教えない。絵の本質はうまいへたではない。どれだけ自分を出せるか。どれだけ自分と向き合えるか。それが絵を描くことの意味だ。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。オークション出品作業は今日もはかどらず(^^;。毎日やることが多すぎて・・・。

夕食後、オークション落札品のメール書きを終えてから、意を決してe-taxで電子申告を完了する。どうにか終えた率直な感想は”全然簡単じゃない”ということになろうか(^^;。申告書の作成まではスムーズだったけど、それをどうやって電子申告するのか、とか、どうやって支払するのか、について、なかなか簡潔にマニュアル説明するのは難しいようだ。手続きも電子証明書との絡みもあって複雑極まりない。ほかに「くわしくはこちらをご参照ください」と書かれたリンク先が切れている個所もあったりして、そういう細かいところにヌケがあるとワタシのような初心者は混乱する。ちょっとおススメはできませんねぇ(^^;。
窓口へ行くのとどっちが早いだろうか・・・。
1484歩 0.88km 14分 68.9kcal 1.3g

■2008/02/19 (火) 今日も1日店

店は定休日。

空は快晴。昨夜のうちに飾られたお雛様が目の前に鎮座している。子供たちは元気に学校へ。

朝飯を食べながら「あしたの、喜多善男」の第5回を見る。二週くらい遅れているが、ドラマなら別段困ることもなし。アイドルの宵町しのぶ役で出ている女の子ががんばってるなぁ。

仕事開始。荷造り作業を昼過ぎまで。いつもお買い上げありがとうございます。市会の幹事さんから電話あり。昨日の大市会の荷物について。明日引き取りに伺います、と返事。ふと経営員をしていた頃を思い出す。もうあれから4年以上経つのか・・・(^^;。もう無理だろうね。

荷造り作業が終わったのが14時過ぎ。発送作業は女房にお願いして、ワタシはオークション出品作業を始める。今回の本は内容はいいのだけど、書き込みのある本が混じっていて、手間がかかってしまった。あまり量を出せず。

15時過ぎに娘が帰ってくる。今日は学校で生田緑地の日本民家園まで行ってきたらしい。ちゃんと連れて行くんだね。登戸駅から歩いたというから、去年の夏に行ったときとまったく同じ行程だ。「いつまで歩くの?」とネを上げたお友達に「この先すぐだよ」と娘は答えたのだとか。

すぐに息子も帰ってくる。期末テストが近いらしい。勉強しとけよー。

夕食のカレーを食べてからも出品作業を続ける。21時からメール書き開始。

風邪がまだ治りきっていないので、もう1週間ほど夜のランニングを休んでいる。早く走れるようになりたいなぁ・・・。
1216歩 0.72km 13分 55.0kcal 0.6g

■2008/02/18 (月) 1日店

朝から快晴。

今日は出かける予定もない。大市会は今日が開札日。結果はネットで確認できるので、落ち着いて今日の仕事を始める。

朝から荷造り作業を鋭意。毎週月曜日は量も多い。いつもお買い上げありがとうございます。土曜日には山のように積み上がっていた本も荷造り作業が進むにつれて嵩が減り始めた。昼飯のあとも荷造り作業続行。お茶の時間も過ぎてから今日の出品作業を始める。
晴れて暖かな午後になった。

大市会の結果をネットで見る。うん。まあちょうどいい感じかな・・・(^^;。ってちょっと負け惜しみが入っているが。量は確保できなかったが、金額が高くなっては何もならないので、今回はこの結果でよしとすべきだろうね。それよりもまず店に積み上がっている本を片付けてしまわないと・・・。

夕食後、女房はがんばってお雛様の飾りつけ。昼間は仕事で忙しいから暗くなってからだ。おつかれさん。気がつけばあと2週間でひな祭りだね。もう3月か・・・。

仕事を終えてから国税庁のホームページへ。e-taxのための準備をしておこうと思って。HPの記事を見ながらICカードリーダのセットアップをしたり、HPに記載の必要な申請などを一通り。簡単簡単とどこかに書いてあったけど、意外と手間がかかるし複雑だ(^^;。ゆっくり落ち着いてやらないといけない。
HP上に各項目の数字を入力していくと申告書が完成するようになっているので、源泉徴収票を手許に置いて首っ引きでマス目を埋めていく。どうやら入力が終わったのは25時過ぎ。続きは明日だね(^^;。
1521歩 0.90km 16分 69.6kcal 1.7g

■2008/02/17 (日) 大市会

朝から快晴。

朝飯を食べながら東京マラソンの中継を見る。おお、神保町も通るのか。出かけるころには先頭集団はちょうど神保町付近を通過している。

今日は中央市会大市会の下見日。朝から出かけた。車中では「翔ぶが如く」の続き。萩の乱が起こる。このころ各地で旧士族による反乱が起きているが、なぜそういう流れが生じていたのかについて繰り返し詳細な解説が入る。一言で言えば封建制が廃止になり旧士族の収入がなくなったことが原因。明治政府は維新戦で戦った者たちには何の手当てもしなかったらしい。反乱が起こるのも当然だったのではないか。
それが原因で世間に不満が溜まり、西郷隆盛は征韓論を打った。ただし、西郷隆盛の主張は「自分を朝鮮に使者として派遣させてくれ」ということであって、攻め込もうと言ったわけではない。岩倉具視と大久保利通によって西郷の主張は結果的に退けられた。世界史を見ても、革命後の政権は戦う相手を失ったことの反動で、しばらく対外戦争を仕掛ける例(たとえばフランス)があるようだ。戦さがなくなることで困る人も出るということだろう。

神保町駅。専修大学方面の出口から地上へ。目の前の靖国通りが通行止めとなり、専大前通りが東京マラソンのコースになっていた。沿道には応援する人がたくさん居る。一般ランナーの人たちがゆっくりゆっくりと走って行く。のどかでいいなぁ。風もなく、日向は結構あたたかだが、日陰は震えるほど寒い。冬って結構走りにくい季節だとワタシは思う。主要幹線道路が通行止めになっているため、通行止めになっていない白山通りなどもクルマがほとんど走っていなかった。こんな光景もマラソンの日ならでは。

古書会館。入札に小一時間ほど。最終台には「記録」の5冊揃いが(!)。手に取ってゆっくりと見せてもらった。古本屋の役得だなぁ・・・。
入札を終えてから再び靖国通り。通行止めは解除されていた。昼飯を食べて地下鉄に乗る。渋谷駅で途中下車し、センター街を歩いてハンズまで。カイロの燃料を買ってBカメラへ移動。先週ホライズンで撮影したトライX4本の現像が上がっていた。よく撮れてます。

店に戻って荷造り作業開始。いつもお買い上げありがとうございます。発送を終わらせてからオークション出品作業を始めるものの、やはりはかどらず(^^;。
7486歩 4.48km 72分 347.6kcal 8.5g

■2008/02/16 (土) 1日店

朝から快晴。

今日はヤフオクの出品作業ができないため、休みに充てることにした。とはいえ、風邪をひいていることだし、出かけられるわけでもない。1日ウチでおとなしくしていることにした(^^;。

朝飯を食べ終わってから発送作業を一通り。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯まで娘のたっての希望で「人生ゲーム」をやる。2回やったが、最初は娘がボロ勝ちしたものの、2回目はボロ負けしていた。人生ってなかなか思うとおりに行かないものだよねぇ・・・。なぜか2回とも「無謀運転で事故を起こす」というマスに止まって自動車保険まで没収された(^^;。気をつけろってお告げだろうか。

昼飯を食べながら「所さんの笑ってコラえて」を見る。相変わらず内容が濃い。全体の雰囲気はゆるいように見せているが、実際はそうじゃないんだよね。ただ撮ってきただけのように見せているところもかなり計算した上での演出と見た。まあ、アタリマエのことだけど。

先日来、PCの動作に不安定さがあり、何が原因かと思ってよく観察していたところ、どうやらウィルスソフトであることがわかって取り換えた。問題を起こしていたのは「更新料ゼロ」が売りの製品。あえて製品名は伏せる。Bカメラ店員さんおススメの「ウイルスバスター」にしたら動作は軽いし、更新もスムーズ。何といってもウィルス検索の速度がとんでもなく早かった(!)。やはり安かろう悪かろうだったなぁ・・・。年に4000円ほどのウィルスソフト代をケチろうとしたらかえって高くつく羽目になってしまった。

午後は仕事ができないので、ホライズンのページを作ろうとスキャナーを引っ張り出してきてあれこれと操作する。夕食までになんとか4ページ作ったが、パノラマ写真を載せるのって結構大変だった。従来通りのサイズだとパノラマ感が薄れてしまうのだ(^^;。レイアウトが崩れてしまわないように気を使いながら、横800ピクセルが限界かな、と。詳しくはカメラページを参照ください。

夕食後はラジオを聴きながらオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。延々終わらず、日付が変わってもまだ終わらない・・・。
860歩 0.51km 9分 38.9kcal 0.3g

■2008/02/15 (金) 医者まで

今日も朝から快晴。

「そろそろ花粉が飛ぶから布団は干さないでね」と女房。まだ大丈夫なんじゃないかなぁ・・・、とワタシ。

朝飯を食べながら「薔薇のない花屋」の第4話。主人公が自分の過去を語り始め、ヒロインの素の気持ちが徐々に表れだす。ちょっと興味が出てきた。

10時過ぎに医者へ行く。季節が季節だけに混んでいるんじゃないか、と思っていたが、意外にもすいていた。本を読んでいるうちに順番になった。症状は喉が痛くて咳が出ること。熱を計ると微熱あり。診察では喉を見せて聴診器。抗生剤の処方はなく、喉の痛みと熱を下げる薬を中心に出してもらう。毎食後3回。早く治るといいな。

店に戻って荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。オヤジは先日お亡くなりになった川村二郎先生の告別式へ行っている。定期的に先生のお宅まで本の買い取りにうかがっていた。もう20年来お付き合いさせていただいた。ワタシも数度オヤジに付き添ってお宅までお邪魔し、お会いしたことがあった。お話される言葉はごく少なかったが、こちらが話す言葉もよくお聞きになり、むしろその話からいろいろなことをひきだしてしまおう、というようにも見えた。きりりと引き締まったお顔の表情がとても印象に残っている。お悔やみを申し上げます。

昼飯を食べて早速もらってきた薬を飲む。早く良くなるといいな。
午後はずっとオークション出品作業。

昼飯を食べながらチェ・ゲバラのTVを見た。キューバ革命を進めている最中、カストロ議長はソビエトと結んだ協定に従い、工業化を断念してサトウキビ生産を専業とする決定を下した。ゲバラが進めようとしてきた工業化への道はここで途絶えた。大国の都合に翻弄されるキューバの運命。ゲバラは国の代表として国際会議でスピーチをする。それがソビエトを批判する内容だったため、帰国後にソビエトから圧力がかけられ、ゲバラは自ら政府での地位を捨てて国外へ去った。
アフリカのコンゴで革命運動を起こすものの1年で断念。その後、南米のボリビアで再び革命運動を開始する。ところが、キューバで成功したやり方が通じない。追い詰められ、最後は政府軍に捕らえられ、翌日には処刑されてしまった。
革命運動の中に生きたゲバラ。ジョン・レノンに「世界で一番格好良い男」と言われていたらしい。

夕食はきりたんぽ鍋。娘と女房が二人でごはんを突いて作ってくれたらしい。うまかった(^^)。
1879歩 1.12km 19分 86.3km 2.2g

■2008/02/14 (木) 今日も1日店

朝から快晴。寒い。

先日来ずっと喉が痛い。徐々に良くなっていくどころか、一向におさまらないので、これは病院へ行くべきだろうか、と思い始めている。抗生物質がどうのと言っていられない。

朝飯を食べながら「金八先生」。謝り方と許し方。当事者同士だけでは済まない問題ってあるものだ。だからこそ話は大きくなるのだが。

朝から荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。一段落して店に降ろすと、昨日組合の支部会へ行ってきたオヤジから、「話がある」と。なんでもワタシが組合の理事をしていたころの状況を「たっぷり聞いてきた」のだとか。どんな話を聞いてきたんでしょうねぇ・・・(^^;。ずいぶんと心に響いたことがあったようで、オヤジから感状のようなものをいただきましたよ。もともと身内を誉めるのがヘタクソな人なので、オヤジにしてみればずいぶん無理した行動だったはず。まあ、どんな言葉であれ認めてくれたことはうれしかったけど。

昼飯を食べながらチェ・ゲバラについてのTV。キューバ革命に関連して名前だけはものすごく有名だけど、実際にどんなことをした人なのかは詳しく知らなかった。アルゼンチンの中産階級の比較的裕福な家庭に育ち、大学に通って医者を志す。そのあと南米をバイクでめぐる旅に出て、貧困という現実に直面する。メキシコでキューバ人カストロと出会い、キューバでの革命運動に参加。軍事政権を倒して革命政権を打ち立てる。キューバ国立銀行総裁、工業大臣を歴任し、世界各国を視察。日本にも12日間滞在している。どこへ行くにも愛用のニコンを手放さず、自らシャッターを切っていた。たっての希望で広島の平和公園を訪れ、「アメリカにこんな目に遭わされておきながら、あなたたちはなおアメリカの言いなりになるのか」と案内人に語ったのだとか(『Wikipedia』より)。
続きはまた明日。

午後からはオークション出品作業を続ける。お茶の時間、昨日いただいてきたというナボナとバレンタインのチョコレートを食べる。

女房は19時からPTAの仕事があるので、少し早目の夕食。オークション落札品のメール書きを終えてから、いつもならランニングへ行くところだけど、喉の痛みを思い、今日は中止する。明日医者に行きます。

代わりにホライズンで撮影したネガをスキャンしたりして。なかなか作品が溜まってきません(^^;
1427歩 0.85km 15分 61.9kcal 1.1g

■2008/02/13 (水) 1日店

今週は月曜日にお休みを取ったため、曜日が1日ずれている錯覚を起こしている(^^;。

今日がなんとなく火曜日のような気がしていたが、すでに水曜日だ。思ったほど仕事が進んでおらず、焦り始めた。店の本はまだほとんど片付いていない。

先日軽く熱を出して以来喉がいがらっぽくなっていて、まだ風邪の菌が喉に残っているらしい。1日に何度もうがいをするがあまり効果もなく、ずるずると痛い。医者に行っても抗生物質と風邪薬を処方されておしまいなので、それはそれでやった方がいいのかもしれないが、抗生物質が気持ちにひっかかっている。まあ、早く寝てしまうのが一番いいのだろうけど(^^;。

1日店で仕事。その割に成果は積み上がらず。こんな日もあります。

早く寝よう。
752歩 0.44km 7分 33.0kcal 0.0g

■2008/02/12 (火) 隣駅まで

朝から雨。

お店はお休みだが、作業は休まない。朝飯を食べてから荷造り開始。いつも梱包資材をネットで調達しているのだけど、三連休の影響なのか「発送しました」とお知らせが来てから4日経っても届かない(^^;。早め早めに発注しているのだが、さすがに4日遅れは想定外。とうとうなくなってしまった。困っていると運送会社から電話があり、12時までには届けます、とのことで一安心。実際に届いたのは12時25分。やっぱり遅れた(^^;。
それから釈迦力で荷造り作業。三連休明けは荷物も多め。いつもお買い上げありがとうございます。

作業が一段落した15時過ぎに隣駅まで出かける。区役所へ住民基本台帳カードを作りにいくためだ。何のために?もちろん確定申告のためです。
今年からe-taxという制度が始まり、ネットを使って確定申告ができるようになった。今年と来年は5000円のキャッシュバックがあるので、導入費用分が戻ってくる。これを使えば税務署まで行かなくても済む。
申請書を書いて窓口へ。三連休明けだが雨なのですいていた。すぐに職員の方が対応してくれた。受付専門の方と、説明してくれた方と発行してくれた方が別で、つごう3人の職員さんに作業してもらうというなんともコミイッタ発行手順だった。こりゃ混んでいるときだと時間がかかりそうだ。パスワードの設定を2回行って、クライアントソフトをもらっておしまい。費用は1000円。ICカードリーダはすでにBカメラで買ってある。さて、実際の作業はどんな感じだろうね・・・。

夕食までオークション出品作業を鋭意。夕食をはさんで21時まで続行。オークション落札品のメール書きのあと、雨がやんでいたので雪谷往復。風呂に入ってから日記書き。外は北風が暴風ってる。さては猫バスか(^^;?
10088歩 6.04km 83分 530.6kcal 16.3g

■2008/02/11 (月) 銀座~月島~清澄

朝起きて晴れ。

今日は別行動の日。お昼前に目黒線に乗った。溜池山王で降りて、国会議事堂前駅まで歩く。まるで地下要塞のような内部で、妙に広い場所があったり、なんでここで一度降りるんだろう?という場所があったりする。複雑ですな。
丸ノ内線で銀座まで。和光前で12時の鐘。ホコ天になるらしく、係の方が大勢でベンチを出したり、交通を遮断したり。お疲れ様です。そのまま晴海通りを歩く。天丼を食べてから築地を通過。勝鬨橋を渡って月島西仲通り商店街:もんじゃストリートを歩く。混んでいる店とすいている店。どこに違いがあるのか未だわからず。
そのまま大通りを渡って佃島へ。船溜まりの公園。久し振りに来たなぁ。ホライズンで撮るとリバーシティの高層マンションが全部入った。
大川端に出て中央大橋を渡る。隅田川テラスをずっと歩いて行く。振り返ればよくTVのCMでも出てくるおなじみの光景。川っぷちと高層マンションの光景は確かに迫力がある。時折観光船が通過していく。後ろにはカモメが群がっていた。

永代橋をくぐって豊海橋を渡る。このあたりは10年位前交換会の帰りによく歩いた。やってることが10年前と変わっていないということか・・・(^^;。
隅田川大橋をくぐって清洲橋を渡る。美しい橋だ。ここまで来たらせっかくだから、と、芭蕉の像を見に行くことにした。萬年橋を渡って芭蕉稲荷を横目に川っぷちに立つ芭蕉像の前へ。ここから見る清洲橋もいい。

橋の袂にケーキ工場があり、その一角で直営店が営業していた。「コーヒー1杯50円」という看板に釣られて中に入った。デニッシュのパンを買ってコーヒー(自販機)で一休み。前の道は工場街のようで人通りはほとんどないが、このお店目当ての方だろうか、ぽつりぽつりと入ってくるので人が途切れない。お値段はそれなりにするケーキを「これを5個とこれを5個」なんて6000円くらいまとめ買いしていくマダムがいらっしゃる。パンはおいしかった。

清澄公園を通り、清澄庭園を横目に清澄白河駅から半蔵門線。帰路についた。今日はほとんどホライズンで撮影。トライX4本消費。

店に戻ったのは17時少し前。夕食後はいつものようにオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。

先週のうちに届くはずの梱包用段ボールが今日になっても届かない(^^;。明日の発送作業ができないなぁ・・・。困った。
15156歩 9.08km 139分 725.9kcal 19.0g

■2008/02/10 (日) 1日店

女房たちが明日休むというので、ワタシも明日休むことになった。

今日は1日店で仕事の予定。昨夜の雪は夜半には上がり、朝から晴れている。残雪もなし。よかった。
朝飯を食べてから荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。ワタシが出かけないときにはたとえ日曜だろうが発送作業は休みません。

午前中からオークション出品作業開始。昨日いまいち数を稼げなかったので追加する。その後も明日出品分の本を入力作業。午後も延々と続けるものの、ペースは上がらなかった(^^;コレバッカ。

夕食を食べながら平成教育委員会予備校を見る。そのままジャンクスポーツ。見終わってから仕事の続き。しばらくして雪谷ランニングに出る。

休日は歩いている人が少ないので走りやすい。ペースを保てるのでエネルギーロスが少なかったのだろうか。帰りの丸子橋を渡り切ってもまだ走れる感覚だったので橋をもう一往復する。なんだか気分良かった(^^)。
ワタシも走る前は”走るのってツラそうで大変なんじゃないかな”と思っていたクチだったが、一度走ってしまえば楽しくて楽しくて(^^)。
夜の散歩を始めたのが2006年の12月。その延長でランニングを始めたのが2007年の8月。1回約3kmを週3日のペースで走っていたら半年で15kg体重が落ちた。
ジムに行く必要もない。節食も必要ない。まして、ダイエット食品なんて全く必要ない。走ればいいんです。すこしずつ自然に適正体重に近づいていきますから。
7593歩 4.55km 55分 436.4kcal 16.0g

■2008/02/09 (土) 往復

朝からくもり空。

今日は午後から雪の予報だ(^^;。なんだか毎週雪だね。そろそろ飽きました。

起きたのが遅かったのだけど、朝飯がお茶漬けだったのでかっ込んでいつもどおりに仕事開始。荷造り作業が少なめで午前中からオークション出品作業開始。息子はお昼前にお友達と映画を見に出かけた。いいなぁ。そういえば最近映画館に行ってないな・・・。

昼飯後、女房たちはプールへ出かけた。今日は黙々と出品作業を続ける。お茶を飲んだあと、五反田まで落札品を取りにクルマで往復する。道中はガラガラだったが、帰り道の大岡山付近でロードペイントしていて環七から渋滞していた(^^;。作業は夜中にやってほしいね。

本を店に降ろすとさすがにいっぱいになってきた感じ。3日間買うばかりで出品をおろそかにしたのが原因。来週は市会へは行かずに仕事を詰めていきたい。大市も迫っている。

クルマでの行き帰りから、店での作業中もずっとラジオ。15時からの番組に出ていたSUPERFLYの隠れファンだったりする。3月にアルバムが出るようなので楽しみだ。「愛と感謝」はとにかく詩が秀逸。こういう歌を若い女の子が歌ってくれるのがうれしい。

五反田から戻ってしばらくして雨が降り始めた。すぐに雪まじり。夕食のころには盛大に降っている。それでも積もりそうにない。助かった。もう雪はいいです。

夕食後、オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。ビジネスラジオには代ゼミのカリスマ講師。「壁にぶつかったと思ったときが成長のチャンス」なのだ、と。

最近は、「成長」は必ずしも必要ない、と環境問題に絡めて論じる人が出てきたが、これはきっと経済に関する成長を言っているのだろう。経済発展は環境破壊に直結することが一般常識になりつつある。
人間としての「成長」まで経済的なことと結び付けられがちだけど、これは戦後教育の影響が大きい。「心」の成長は死ぬまで続く。その際、カネの話は別に考える必要があるだろう、ね。人間にとって一番大事なのは「愛と感謝」です。
2854歩 1.71km 27分 132.1kcal 2.7g。

■2008/02/08 (金) 二往復

快晴。

せっかく晴れてるのになぁ・・・という気分。朝飯を食べながら月9の続き。なんと渋谷ロケだ。真昼間のスクランブル交差点が写る(^^;。すげえ。どうやって撮影したんだろう。東横線改札口のシーンは夜だったから、これは終電の後に撮影したことは容易に想像できるが・・・。
未だストーリーに入り込めない月9の展開。おそらく応援したくなるようなキャラクターが一人も出てきていないからではないか、と思う。言い方を変えるなら、登場人物の人物像が未だ漠としてつかめない、とでも云えるだろうか。たぶん意図的にそう演出しているはずだけど、それが必ずしもストーリーの強さにはつながっていない気がする。

現時点で発送できるすべての荷造りを終えてから明古へ向かう。車中では今日も「翔ぶが如く」の続き。台湾での事件は収束に向かい、国内的には大久保利通の専制体制が整えられつつある。というよりも、大久保利通以上の実力者は当時太政官内には居なかった。ここに至り、権力者側の代表が大久保利通で、在野の対抗勢力の代表が西郷隆盛という世論がおおよそ出来上がってくる。反権力を掲げる者たちは西郷隆盛のもとへ集まるという流れがいよいよ生まれようとしていた。
この物語の終着点は何処だろう。西南戦争で西郷隆盛が闘死するところまでか。それとも大久保利通が暗殺されるところまでだろうか・・・。
いろいろな立場の人たちが登場し、それぞれの立場から国家を考え、行動する姿がこと細かく描写されており、実際の身の振り方など参考になるところも多く、非常に興味深く読み進めている。

入札を終えて昼飯。一度店に戻ってからクルマで神保町を目指す。三連休前なので混雑すると思っていたがガラガラだった。助かった。昨日と今日の分を回収して帰路。ラジオはグルーヴ・ライン。焼肉かぁ・・・(^^;。

夕食後も仕事です。明日はまた雪が降るとか。
6950歩 4.16km 63分 342.3kcal 8.7g

■2008/02/07 (木) 往復

昨日、ただならぬFAXが交換会から届いた。

「カーゴ400台分入荷!」そりゃすごい(!)。入りきらないんじゃないか?明日はいったいどうなっているだろう。とにかく行かなければ。そんなことを思いながら寝た。

今朝、再びFAX。「400箱でした」。あ。やっぱり(^^;。それでも400箱はすごい量だ。早めに仕事を仕上げて早昼を食べて東横線に乗った。
車中では「翔ぶが如く」の続き。台湾出兵のその後についての記述。琉球人が台湾に漂着した際、漢民族と間違われて虐殺された。その征伐として西郷従道は三千の兵を率いて台湾に出兵した。大久保利通はその戦後処理をしに北京へ渡り、清国政府と延々交渉を続けた。そのやりとりが詳述されている。清国は台湾を自国の領地と主張する。大久保はそのような事実はない、と主張する。交渉は延々と平行線をたどるうち、台湾に置いた西郷従道の率いる兵はマラリヤ熱にかかりバタバタと斃れていく。その様子を心配しながらも、大久保はノラリクラリと交渉をはぐらかす清国に対して強硬な姿勢を全く崩さなかった。仕舞には琉球が日本に属していることを清国に認めさせた上で、日本は賠償金を得ることになる。ものすごい外交手腕だった。

入札を終えてバッグからホライズンを取り出す。今日は神田方向へ歩く。須田町から昌平橋。橋の上では写生する若い人が数人。秋葉へ入って店に入らず、街の様子をスナップしているうちにフィルムがなくなった。最後のカットを撮影した後に、ついいつもの調子でフィルムを巻きあげてしまったところ、「プツッ」と音がしてフィルムが切れてしまった(^^;。スプロケットをフリーにして巻き戻ししようとするもカラカラと空回りした。・・・やっちまった・・・。仕方ないのでYカメラのDPコーナーへ行き、事故フィルムとしてダークバックを使って取り出してもらった。もちろんそのまま現像をお願いする。手数料は315円也。ホライズンをお使いの方、撮影後のフィルム巻き上げには注意しましょう・・・。

地下鉄に乗って渋谷まで。Bカメラで現像済みのフィルムを受け取ってから店に戻る。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
明日、明後日と交換会があって、次の週は大市会だ・・・。ちょっと仕事に追われてきたなぁ。
12347歩 7.40km 106分 630.3kcal 17.7g

■2008/02/06 (水) 1日店

くもり空。寒い。

最近冬型の気圧配置が長続きしない。立春を過ぎていよいよ春が近づいてきたか。太平洋側で雪や雨が増えるということは冬が崩れた証拠。まだまだ気温は低いけど、息子の鼻もグズりだしたことだし、春は確実に近づいている。

朝飯を食べながら「あしたの、喜多善男」の3回目。喜多さんにとっての「楽しいこと」って何か、に注目している。お母さんに会いに行ったり、別れた奥さんに会いに行ったり、大好きなカレーを食べたり。いざ、となると案外やりたかったことなんてそれほどなくて、急には思いつかないのかもしれない。ヒマになったらやろう、とか思っていても仕事は忙しくなる一方だったりするので、ワタシもやりたいことはわざと時間を作って仕事の間にはさんでしまうことを覚えた(^^;。
女房と二人で、「今回の月9ってどうよ」と話している。誘惑して人生を破滅させろ、と語った人の動機がわかったところで、意外に話は浅いのかな、などと。続くかな・・・。

荷造り作業開始。いつもお買い上げありがとうございます。午前中からオークション出品作業も始める。

昼飯にカキフライカレーを食べる。「篤姫」を見る。それから仕事続行。最近はどうもペースを上げられないが、とにかく続けることを心がける。コンビニまで発送荷物を出しに行ったついでにおやつの肉まんを買って帰る。「ベルギーチョコマン」なんてのもあったので、おためしにひとつ。うん、なかなかおいしいじゃないの(^^)。ワタシの普段の楽しみなんてこの程度のものです・・・。

20時から夕食。食べ終わってオークション落札品のメール書き。外はみぞれまじりの雨。
1892歩 1.13km 18分 91.4kcal 2.1g

■2008/02/05 (火) 往復

快晴。

朝飯を食べてから神保町までクルマで往復する。朝のラッシュか、中原街道は丸子橋から平塚橋まで5km渋滞中。仕方なく環八から国道1号へ迂回する。まあそれなりにスムーズに走れた。五反田から内側はガラガラだった。
到着して荷物を積み込んで帰り道。やはり田園調布まで20分かかったことが響き、往復で3時間弱かかってしまった(^^;。

店に戻ってから荷造り作業とメールマガジン発行。昼飯を食べて荷造り作業の続き。オークション出品作業は16時過ぎから。最近はなかなか量を稼げない(^^;。

夕食はカレー。なんだか、朝カレーを食べるとアタマがよく働く、とネットのニュースにあった。油脂成分をあまり含まないカレーならいいかもしれないけど、イメージ的にはどうだろうねぇ。まあ、ワタシはカレー好きだから朝からいけるけどね。
夕食後も仕事。
2977歩 1.78km 27分 140.8kcal 3.3g

■2008/02/04 (月) 試写など

朝から快晴。

さあ、今日は昨日の分までホライズンで撮影しなければ。そんなことをひそかに考えながら月曜日の荷造り作業をひとわたり。いつもお買い上げありがとうございます。
12時過ぎに東横線に乗った。交換会へ出かける”口実”で(^^;。いや、本当に交換会へ行って入札もしたのだけど、今日の本当の目的はそのあとにあるのです・・・。

昼飯のカレーを食べ終わってやおらバッグからホライズンを取り出した。昨日の雪景色を写したフィルムが途中まで入っている。フルパノラマカメラで撮影すると、いままで見慣れていた風景が一変するような気がした。ここはこんなに広かったのか、とか、狭かった、など、普通に印象が変わる。実は人間の視野に近づくため、ファインダーを覗かなくてもいいような気持ちで撮影できるから面白い。シャッターを切るたびにスリットが切られたドラムが一回転。そのたびにパノラミックに風景が切り取られていると思うとかなり愉快だ(^^)。

フィルムは丸いシャッタードラムに沿って丸くカールさせてからスプロケットへと通している。つまり、このカメラで撮影する絵は現在の技術ではデジカメでは再現できない。24x72mmサイズの丸く反った受光素子がこの世にまだ存在しないからだ。デジカメの到達不可能な境地にこのカメラが存在すると思うと、ちょっと貴重でしょ?

錦華公園から女坂を昇り、アテネ・フランセの前から東京ドーム方面を臨む。お茶の水駅前から聖橋を撮影し、ニコライ堂まで行って今日はおしまい。千代田線に乗って帰ってくる。途中渋谷のBカメラで買った日に試写したフィルムを受け取る。おお。ちゃんと写っているじゃないの。グイっと地面が歪んでいてなかなか新鮮な印象だ。

店に戻ってからは荷造り作業。終わってからオークション出品作業開始。夕食後、オークション落札品のメール書きを終えてから雪谷往復。帰ってからスキャナーを引っ張り出してきて、早速パノラマ写真を取り出してみた。なるほど面白い。画質もなかなかいいし、こりゃしばらく楽しめそうだ。
13106歩 7.86km 110分 685.9kcal 19.5g

■2008/02/03 (日)

朝起きたら雪。

とてもじゃないけど、出かけられない。ネットを見ると電車が止まっていたり、高速道路が通行止めになっていたり。東京の都市機能は雪に十分対応できていない。要は出かけるな、ということだろう(^^;。

朝からTVを見て過ごす。録画しておいた番組はまだまだ積み上がっている。「あしたの、喜多善男」第2話を見た。11日後に死のうと決めた人の最後の日々を描く。登場人物の背景が少しずつ語られ始める。「薔薇のない・・・」もそうだったけど、出てくる美女の抱える苦悩がとても苦く描かれ、主人公と対峙するストーリーになっている。女性は疲れているのだろうか。
毎回描かれる”ネガティヴ”な喜多善男との”対決”がワタシとしては最大の見せ場に思える。同じ顔、同じ声、同じ服。小日向さんの演技によって真逆の人格が同時に表現される。演じ分けが出来ているからこそ成り立つシーンであり、演じ分けられていなければ見る者は話に入り込むことができなくなる。独り芝居を二人分演っているわけだから、相当な覚悟で演技してらっしゃるはずだ。実際に迫力がビンビン伝わってくる。

昼飯を食べてから多摩川まで雪景色を見に出かけた。ダウンジャケットに雨合羽を羽織ったが、手袋を忘れた(^^;。橋の上は横殴りの雪で、10分その場に居られなかった。寒かった。ホライズンを持って行ったのだが、ヌラヌラに濡れてしまった(^^;。水分の多い雪だった。中のゼンマイは大丈夫だろうか。持ち帰って水滴をふき取った。

お茶の時間に隣のたいやきを食べて、娘と女房とUNOを楽しんでから荷造り作業。甘露PHOTO日記に庭園美術館のことを書いてアップ。鍋の夕食後はたっぷり1時間半TVを見る(^^;。ダラダラとした休日だった。雪は今も降り続いている。
3990歩 2.39km 36分 192.7kcal 4.7g

■2008/02/02 (土) 1日店

朝は7時半過ぎに起こされる。

今日は女房と娘と二人で東京Dランドへ遊びに行ってくるという。もうワタシもそーいう場所へ行きたい歳じゃなくなってきたし、息子は家族と行くよりもお友達と行きたい年頃だろう。プリンセスなんとかが今年限りで、と話していたが、そーいうの見るんだっけ(^^;?

8時前に送り出し、ワタシは息子と二人でパンを焼いて朝飯にする。時間は早かったけど、そのまま仕事を始めた。息子は何となくPCに向かって絵を描いている。
最近になって思い出したが、ワタシがちょうど息子と同じころ、暇さえあれば好きなマンガの絵をペンで描いて遊んでいた。ラジカセを組み合わせて音楽をダビング録音して遊んでもいたし、当時はすでにゲームウォッチもあったはずだ。今の息子の興味は当時のワタシとほとんど変わっていないんじゃないか・・・。やっぱり親子なんだねぇ。ただ、当時と違うのは全部PCでデジタル化されている、ということか。
あの頃夢中になって遊んでいたことが現在のワタシにどんな形で役立っているかはわからないけど、きっと成長の一過程として必要なことだったんだろうねぇ(^^;。

昼飯は息子のリクエストで弁当。ほとんど会話もないまま食べ終わる。

午後もまるまる仕事に打ち込む。夕食は少し早目。これまた息子に買いに行ってもらった。ワタシは一歩も外に出なかった。普段なら女房が夕食を造り、娘がTVを見ていたりする部屋が真っ暗でガランとして冷えていた。カーテンを閉めてエアコンにスイッチを入れた。

カーテンのそばに娘が学校で書いてきたお習字の作品が吊るされている。なかなかしっかりした字だと思う。息子も意外に字がうまく、女房は習っていたことがあるらしい。ワタシの母親は書道七段の腕前で、オヤジは習ったことがないわりには楷書の字がめちゃくちゃうまい。・・・字がヘタクソなのはワタシだけか・・・(^^;。いったい誰に似たんだろうねぇ。

息子は塾へ出かけた。とっくに店を閉めてオヤジたちは帰ってしまったので、ワタシ一人仕事を再開した。夕食を食べて女房たちが帰ってきたのは20時半。二人ともにこにこして楽しかったらしい。そりゃよかったね。

オークション落札品のメール書き開始。いつもお買い上げありがとうございます。今夜もなかなか終わらず、途中で水を飲みに上がると、女房のお土産話が始まった。話す様子が楽しそうで・・・。やっぱり女子はああいう場所が好きなんだねぇ。
860歩 0.51km 9分 38.6kcal 0.0g

■2008/02/01 (金) 往復

快晴。

今日は思い切って交換会へ行くことにした。いつまでもウチの中だけでくすぶっていられない。それにもうひとつ、寄るところがあった。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。現時点で発送できるすべてを終わらせてから東横線に乗る。車内では今日も「翔ぶが如く」の続き。西郷従道が勅命を帯びて台湾へ向かっていくところまで。

入札を終えて昼飯を食べ、すぐに地下鉄に乗る。表参道で途中下車。青山通りを少しだけ赤坂方向へ歩いたところにあるビルの3F。ここに「lomography Japan」がある。いま大流行しているロシア製オモカメの総元締めだ。
ガラス戸の向こう側はライトが消してあって、あれ?入っていいのかな?という雰囲気だったが、今日はここへ来るのが目的だったので思い切って入った。こんにちはー、と声をかけると中から女性スタッフさんがいらして応対してくれた。ホライズンが欲しいんですけど、在庫はありますか?と尋ねる。「あ。ホライズンですね。えーと、あると思うんですけど、今ちょっと担当の者が食事に出ておりまして・・・。あと15分ほどで戻ると思うのですけど・・・。」ということだった。「デモ機がありますのでご覧になられますか?」とすかさずショーケースから出してくださった。

さて、このホライズン。実は異色のロシア製パノラマカメラだ。どこが異色か、といえば、レリーズした瞬間にレンズをスイングさせて画角120度の風景を135mmフィルム2コマ分に焼き付ける構造になっている。こういう構造をした135mmフィルムを使うパノラマカメラはドイツ製のノブレックスカメラと日本製のワイドラックスのわずか3機種しか存在しない。
レンズを左右に振る、という特殊な構造のため、撮影された絵には独特の樽型歪みが出る。水平線を中央に持ってこないと、世界はことごとく歪むのである(^^;。

いろいろと触っているうちにフィルム装填以外の操作方法はわかってしまった。ファインダーを覗きながらニヤニヤ(おそらく(^^;)していると、担当の方が戻っていらした。さっそく販売品の初期不良チェックをして、とても丁寧にフィルム装填方法を教えてくださった。なるほど、これは教えてもらってよかった。

支払を終えたらすぐに店を飛び出た。持っていたトライXを込める手ももどかしく、シャッターを切り始めた。これで少しは視野が広くなるだろうか・・・(^^;。
12928歩 7.75km 106分 685.4kcal 19.5g

2008年01月 < > 2008年03月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター