Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2007年11月

■甘露日記 2007年11月

■2007/11/30 (金) 1日店

朝から曇り空。寒い日だ。

朝飯を食べながら金八先生。たぶん先週の分。大衆演劇の舞台で女形でがんばる男の子が主役。オヤジさんの仕事について子供がどう思っているのか、が描かれる。やっぱり中学生にとって親の存在はいろいろな意味で大きいようだ。まあそりゃそうなんだろうけど。
中学生になると、そろそろ立場的に社会性を帯びてくるというか、今までは特に気にもしなかったようなことでもイチイチ気にしなければならなくなる。一番大きいのは中学卒業後の進路を決定することだろうか。中学はたった3年しかない。
ここで試されるのは主に学力なので、ワタシの場合、あまり考えずにこのポイントを通過してしまった気がする。二度と味わえない思春期特有のモヤモヤ。もうそんなものはほとんど覚えていないが、もったいないことをした、と思わないでもない(^^;。息子は今何を思っているだろうか。お気楽に過ごしたいだけなのかなぁ。

荷造り作業終了後はオークション出品のための写真撮り。今日は交換会をお休みして、月曜日買ってきた本に仕事をかけてやることにした。
昼飯をはさんで仕事を続けた。発送作業は午後も続いた。いつもお買い上げありがとうございます。

夕食後、女房は息子が通う塾で先生と面談。もう普通に考えても高校受験が見えてくる時期。親にできることといったら、見守ってやることくらいしかないんだよね、結局は・・・。
1467歩 0.87km 15分 73.9kcal 1.0g

■2007/11/29 (木) 1日店

曇り空。予報は雨だが曇り空。

寒いなぁ、とつぶやきながらカイロに火を入れる。すっかり日課だ(^^;。カイロはストラップで吊るして首から提げる。ちょうどヘソのあたりに来るので結構温まる。これね、思っていたよりもずっといいですよ。ワタシと同じサライ派な方はお試しあれ。ちょいワルな方にはお勧めしませんが(^^;。

朝飯を食べながらガリレオ先生。今回はさすがに物理とは関係なかったなぁ。あ。一周遅れなのでオブラートで文字の回ですが。

荷造り作業は午前中で終わったので、午後はずっとオークション出品作業。意外に進まなかったが、今日一日分のノルマはどうにか果たせたと思う。

学校から帰ってきた娘は雑誌の上にトレーシングペーパーを載せて鉛筆でなぞって絵を描いていた。ははあ、兄貴と似たような事するんだねぇ。息子も最初はそんな感じで始めて、今は横に置いた雑誌をちらちら見ながら鉛筆でアニメキャラクターの絵を写して描いている。最初は真似から。きっと誰でも最初はそうだ。真似を何度もしているうちに真似じゃあ満足できなくなる。続けよう、と思う魂を持っていれば、あとは自分なりのやり方や絵が少しづつだが自然に立ち上がってくるだろう。真似でもなんでもまず”自分でやること”を愛でてやりたい。やらなければ何も生まれては来ないのだから。

夕食にほうとう。かぼちゃや厚揚げがおいしい。こういうあったかいものがおいしい季節になりました。
オークション落札品のメール書きを終えてから走る。
6147歩 3.68km 54分 329.8kcal 9.8g

■2007/11/28 (水) 往復

曇り空。

昨日、光回線に切り替えたので、その後の手続きなど。現在契約している回線の廃止手続きを。別に光じゃなくてもいいレベルしかネットは使っていないので、料金の高さが負担に感じてきたら回線を元に戻すことも考えてはいる。とはいえ、早いものを遅いものに戻すことができるだろうか・・・(^^;。

朝飯を食べながら「SP」を見る。これはなかなか面白いねぇ。日本版のダイハードみたいになっていた。置かれた状況に絶望しない主人公の冷静さがすごい。どうやら特殊能力を持っているような様子なので、そういう点は割り引かないといけないようだけど、瞬時の判断力などが早くて的確。
迫力ある演出はアクションはもちろんだがカメラワークにも秘密がある。細かいカット割りはもとより、カメラを動かしながら被写体を追う撮り方は、見ている者の腰を浮かせる。視聴率も高いと新聞にあった。十分頷けます。
ただ”リアルさ”を積み上げていくと、ちょっとした不自然さや、ちょっとしたツメの甘さ、ちょっとした説明不足が違和感になってくることがある。あの浴槽に瓶からドボドボ入れていた液体はなんだったのか。女房は見終わってもずっと気にしていた(^^;。

昼飯を食べ終わってから月曜日の荷物を引き取りに神田まで出る。道中は比較的すいていた。カーゴ一杯強の荷物を積んで帰ってくる。いい本も買えました(^^)。

店に戻ってからは鋭意オークション出品作業。夕食後はラジオを聴きながら作業の続き。雑誌の話は面白かった。ワタシはずいぶん前からサライ派のようです(^^;。
3652歩 2.18km 34分 189.4kcal 4.0g

■2007/11/27 (火)

朝から曇り空。

店は定休日。今日は朝から光回線の引き込み工事があった。朝9時半ごろに工事の方が到着し、電話のモジュラージャックの蓋を外してオレンジ色したプラスチック製(と思われる)のラインをスイスイと通していく。これが外にある電話線引き込み口まで繋がっていくんだから不思議。どこをどう繋げてあるんだろうね。
はしごを伝って電話線口から顔を出したプラスチックラインに光ファイバー線を繋いで、中から引っ張るとあっという間に光ファイバーの屋内配線が完了ということになる。
後は外の電柱そばにぶら下がっている中継器と光ファイバー線を繋ぎ、室内は終端機を設置して作業終了。こう書くと簡単な作業のようだけど、光ファイバー線の取り扱いとかかなり面倒そうな感じがした。最後に終端機をノートPCで設定。無事開通となった。工事の方はそれでお帰りになった。お疲れ様でした。

で、あとはレンタルのルーターを終端機と繋ぎ、LANケーブルで各階へと持っていく。ルーターの設定作業をしたらプロバイダーとも繋がり、これで一件落着。早速速度を計測してみると、58Mbps出ていた。早いね(^^)。

昼飯をはさんで荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。女房に発送作業を頼んでワタシはオークション出品作業を始める。
夕食をはさんでオークション落札品のメール書き。終わってから雪谷ランニング。
帰ってから日記を書き始める。また速度を測ってみたら今度は6Mbps。やっぱり夜は遅いわ・・・。
5949歩 3.56km 44分 365.4kcal 10.8g

■2007/11/26 (月) 往復

朝から晴れ。

三連休明けの月曜日はやはり忙しい。荷造り作業を鋭意。現在できるすべての作業を終えてから古書会館へ。先週お休みだった交換会再開で大変な量が出品されているはずだった。こういうときに出かけない手はない。

車中では「竜馬がゆく」の最終巻の続き。大政奉還というウルトラCをお膳立てしようと奔走する竜馬の様子。この物語を読んできて思ったことのひとつに、日本の幕末の歴史を学校の授業で聞いたことがあっただろうか、という疑問がある。歴史の授業はたいてい古代から始まって江戸時代くらいで3学期が終わってしまうため、幕末についてはペリー来航の年や日米和親条約の年、日米修好通商条約の年、など、数字と事件を時系列で丸暗記させられたくらいしか記憶に無い。この激烈な時代に際し、人は何を考えてどのように行動したのか。そういう肝心なことは年号丸暗記の影に隠れてテストで聞かれたこともない。年号云々よりも、このころ外国人はどうして日本にやってきたのか、とか、それに対して幕府はどのような考えからどう対処したのか、とか、それに対して人々はどう思い、どんな行動したのか。もちろん、幕府瓦解のあとに誰が日本の舵取りを始めたのか、などについてちゃんと教えなければならないのではなかろうか。
年号を並べて書いて空欄を埋めよ、的なテストは、それさえ覚えれば勉強したことになると錯覚させるだけにいいとは思えないなぁ。事実、大政奉還という歴史用語は知っていても、その裏でどんな人がどうやってお膳立てしたのか、などは、一向に知らなかった。
かといって、詳細に述べようと思ったら、こうして文庫本8冊分にもなるから、そう簡単にはいかないとは思うのだけど・・・。

なんとかならないのかしらん。ほかでもない日本の歴史だゼ。

店に戻って荷造り作業の続き。いつもお買い上げありがとうございます。およそ50通を出せて一安心。

夕食後はオークション落札品のメール書き。終えて日記書き。
4507歩 2.7km 42分 231.7kcal 5.4g

■2007/11/25 (日) もんじゃ

今日も快晴。

出かけたい。特に出かけたい場所がない(^^;。そんな時はぶらり散歩が一番。息子は部活がないというので、半ば無理やり連れ出すことにした。とりあえず電車に乗って日比谷線から築地駅。本願寺を眺めつつ、晴海通りを東へ。勝鬨橋を渡った。およそ一年ぶりのもんじゃですよ。「この時期になると来るよね」と女房。まあ鉄板が熱いからね・・・。

西仲通商店街は既存の商店がどんどん無くなり、ほとんどもんじゃの店になってしまっていた。それはそれで怖い気がするね。去年入ったのと同じお店に。イタリアンもんじゃとめんたいチーズもんじゃを注文する。イタリアンはいわゆるナポリタン味。どうやって出してるのかわからない不思議な味だった。めんたい系は初めて注文したのだけど、かなりおいしくて、今度来たときにはめんたいもちもんじゃを頼もうか、とか、すでに来年の話を(^^;。去年はたしか「今度来たときはカレーもんじゃを頼もうか」と言っていた気がするが、いざ注文しようとしたら「えー?」と女性陣に反対された・・・。

久しぶりに飲む昼ビールのおいしいこと(^^)。おかわりしてやきそばを注文。気分良く酔っ払う。

店を出て月島駅。まわりはマンションだらけ。良く考えれば銀座まで徒歩圏内なこの界隈は住宅地としては一等地と言えるだろうね。開発が急だ。いつまでも木村伊兵衛さんの写真にある佃島をイメージしていると現況を見てそのギャップに驚くこととなる。

有楽町線で護国寺駅へ移動。護国寺本堂は元禄時代に建てられた姿をそのまま伝える。中に入ると架けられた絵には「元禄」の文字が至るところに。創建当時からあるのだろう。すごいね。

坂下通りをずっと歩いてサンシャインシティの横にあるアニメ関係専門店へ。ここは息子のリクエスト。今日の散歩も実はここが目当てだったらしい(^^;。9階建てビルまるごとこのお店で、5階のグッズ売り場へ直行。店内は若者でものすごい混雑だった。どれだけの人が買っているのかは知らないが、それはともかく、これだけたくさんの若者を引き付ける魅力がアニメにはある、ということがよくわかった。でもこのビル、避難経路が狭くて危険じゃないかなぁ・・・。
なかなか買うものを決めない息子。徐々に居たたまれなくなってきたオジサンは先に外にでて待つことにした。サンシャインが西日に照らされている。もうあたりは夕暮れになっていた。
17824歩 10.69km 168分 904.0kcal 26.3g

■2007/11/24 (土) 今日も1日店

朝から快晴。布団干し。

今朝は寒かった。今シーズン一番の冷え込みだったらしい。おかげで夜よく眠れる(^^)。

朝起きてまずカイロの火入れが日課になっている。なんだか年取った気分になるが、寒くて背中が丸くなるくらいなら、カイロで温まってシャンとしているほうがいい。暑いのはどーにか我慢できても寒いのは我慢できないのが人間です・・・。

世間様は三連休で、金融機関がストップしている。この月末の忙しい時期に・・・(^^;。困るなぁ。ご入金件数が少ないので、朝からオークション出品作業を鋭意。昨日入力しておいた分とあわせてドーンと積み上がった。気分的には「行けー」っつーかんじ。いよいよ12月が近づいた。年末まで一気に突っ走りますよー。

夕食はおでん。あったかいものがうれしいねぇ。「日本酒があればよかったね」と女房。ワンカップのお酒を買ってくると量的にもちょうどいいよ。
とはいえ、土曜日は飲んでいられるほどヒマじゃないのだった・・・。
夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。日付が変わるまで。
1088歩 0.65km 11分 52.7kcal 0.7g

■2007/11/23 (金) 1日店

今日も快晴の空。でも寒い。

突然冬になった。例年はまだまだゆるゆると暖かいのだが、今年はストンと気温が下がった感じ。朝からカイロのお世話になる。昨日Yカメラで買ってきたジッポー用のベンジンを入れたら燃焼中のにおいがほとんど無くなった(^^)。さすがは世界のジッポーだ。これからはこれでいきましょうか。

このあいだPCを買ったときに、抱き合わせ35000円値引きという条件に誘われて契約した光回線。開通したら無料期間が経過する前に解約するつもりでいた。ところが昨日になって、オヤジは「今使っているナントカよりもちゃんとしてるんでしょ?」と言い出し、ADSLの安定性の悪さを指摘。ついには、もっと安定するならそのまま光でいいんじゃない?と言い出した。え?ホントかよ。まだ開通していないが、そりゃ安定しているだろう。でも料金は倍くらいかかるよ。それでもいい、という。まあ、電話帳広告をやめればそれくらいは浮いてくるからいいかもね・・・。などと。
工事日はいよいよ来週に迫った。ひょうたんからコマ状態で驚いている。さて、どうなるか。

今日から世間様は三連休。ご入金も少なく、荷造り件数も少ない。交換会もお休みなので、午後からはずっとオークション出品作業を鋭意行う。息子は昼前には部活から帰ってきており、昼飯は4人で食べた。こういうところは祝日してる(^^;。

夕食は焼きサンマ。夕食後もしばらく仕事。日記書きをしてから本読みなど。
615歩 0.36km 6分 29.3kcal 0.0g

■2007/11/22 (木) 往復

朝から快晴。

オヤジたちは昨夜遅く関西旅行から帰ってきた。今日は朝からそのみやげ話を聴く。なんでも行きの新幹線はこだまだったらしく、名古屋まで3時間かかったのだとか。そりゃそうだ(^^;。いまどきこだまで関西旅行は無いでしょう。でも、富士山が長い時間見られたよ、と強がっていた。
で、初日は琵琶湖東岸のお寺を3つ廻ったらしい。長浜に宿泊して、二日目は比叡山から東山へ。清水寺やら高台寺をめぐって祇園あたりを散歩したそうな。おみやげをいっぱい買ってきたらしい。まあ、旅の楽しみだよね。

荷造り作業を現時点でできる分すべて終えてから交換会へ出かける。先週1週間休みだったことに加え、明日の交換会が休みときては今日のうちに行かなければならない。
車中は「竜馬がゆく」の続き。とうとう8巻に入る。薩長が連合し、それに土佐が加わっていく過程を描く。中岡慎太郎の活躍。ここで竜馬は、薩摩中心の勢力を使い武力だけで幕府を退けてしまってはその後がうまくない、と考える。薩長で新たな幕府組織を作られては、結局列強の思いどおりになってしまう、ということ。幕府のためでも薩長のためでも、外国人のためでもない。”日本人”に利があるような革命にしなければならない。それが竜馬にとっての維新だった。船中八策。京都に向かう船の中で、海援隊文官長岡謙吉が書き取った竜馬の考える「その後」には、すでに明治政府が目指すべき国家像がすべて示されていた、と司馬遼太郎は書く。高杉晋作の辞世「面白き、こともなき世を、おもしろく」に感動する。

入札を終えて昼飯を食べる。今日も讃岐うどん。ワタシの隣の人がうどん3玉分をすすっていた。そのドンブリの大きさ(!)。しばらくしてオーダーの声「釜たま4玉」。得意げに3玉分をすすっていたお隣さんはギョッとして振り返り、オーダーを入れた人を確認していた。そういうのって対抗意識で食べるものなの(^^;?

アキバのYカメラ。今日がGRの発売日だったが、今回は在庫があるそうです。カイロ用にジッポー用燃料を2つ買って地下鉄に乗る。

店に戻り、お茶受けに京都みやげの生八橋をいただいてから交換会落札品の回収に出る。たっぷりカーゴ1台分ありました。

夕食後、オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。雪谷ランニング。東の空にオリオンが舞う。
13618歩 8.17km 118分 747.9kcal 21.1g

■2007/11/21 (水) ハクキンカイロ

朝から快晴。布団を干す。

朝飯を食べながら、この間再放送していた「トリック」を見る。これは第何シリーズになるのだろうか。森本レオさんが出ていた。いつものように話はギャグ中心に回していくのだけど、シチュエーションとしてはやはり最初のシリーズが一番面白かったねぇ。ビッグマザーの菅井きんさんね。

午後、頼んでおいたハクキンカイロが届いた。一緒に専用ベンジンも買ったので、早速開梱してセットする。火口と呼ばれるこのカイロの心臓部に触媒・白金が敷いてある。これを外して、燃料であるベンジンをカップで計って注入する。再び火口を本体にセットして、ライターで5秒ほど暖めるとベンジンの酸化分解が始まり、少しずつ本体が温まり始める。孔雀の模様が刻印されている蓋をして、布袋に収めれば万事OK。シャツの胸ポケットに入れているうちにどんどんあったかくなってきた(^^)。こりゃすごいや。

温かさは使い捨てカイロの比ではなく、布袋から出して直接触れないくらい本体は熱くなる。およそ60度くらいあるらしい。持続時間は入れるベンジンの量で変わってくる。付属のカップ2杯分入れると24時間持続するとか。
実はジッポーライターの燃料も(ほぼ)公式に使えるようで、こちらのほうが燃焼時のにおいが少ないらしい。ちょうど石油ストーブが燃焼するようなにおいが出る。人によってはこのカイロの好き嫌いにつながりそうなだけに、試してみたい気もする。
日が落ちる時間まではストーブをつけずに仕事ができた。カイロのおかげだろうか。

息子の職業体験学習は今日まで。本のポップを作ったり、本の整理をしたり、レジに立って接客の助手をしたりしたのだとか。本屋、やるの(^^;?

PTAの会議があるので、夕食は少し早め。女房は食べ終わってあわてて出かけていった。
ラジオを聴きながらオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。ラジオではシャアの特集。なんと池田秀一さんがゲストでずっとしゃべっている(!)。こんな番組できるんだねぇ。名セリフの数々。感動ものだった。またガンダムが見たくなってしまった・・・。
1158歩 0.69km 12分 59.5kcal 0.0g

■2007/11/20 (火) 仕入れあり

曇り空。

今日から二日間、オヤジと母親は関西へ旅行に出かけた。そのため、店舗は臨時休業。とはいえ、ワタシまで仕事を休むわけではありません(^^;。朝飯を食べ終わってからクルマで仕入れに出かけた。

店に戻ってすぐに昼飯。食べながら金八先生を見る。んまあ、確かに物分りのよすぎる生徒たちってのもちょっと気持ち悪いかもな、なーんて。でも、自分にとって想像できる中学生はこれくらいじゃないのかな、と思っている。でかい問題ばかり起こっていた近作とは違うスタンスもありでしょう。

仕事開始。仕事といえば、息子は今日から中学校の職業体験学習ということで、街の書店で働いている。ごく短期だし、仕事といえるようなレベルまでできないだろうけど、いい経験をさせてもらっている。いくつも受け入れ先がある中で、息子は迷わず第一希望を書店にしたという。さて、将来のことを考えてのことだろうか・・・(^^;。

オークション出品作業を鋭意。今日は点数はできたけど、嵩は稼げず。いろいろな日があります。

夕方になって息子が帰宅。夕食のときに今日のことをいくつか聞いたが、特に不満はないような感じ。まあいきなりそんな大変な仕事はやらせてもらえないからねぇ。基本的に仕事ってのは自分で見つけてやっていくもの。誰かの指示を待っているだけじゃあ先がない。そういうことをやっているうちに感覚的にわかるかわからないかが大きいんだけど、最近はわからない人が増えてるっていうねぇ・・・。

オヤジから電話あり。長浜のいいホテルに泊まっているそうだ。「窓からライトアップされた長浜城が見えるよ」とのこと。写真撮ってきてよ。明日は比叡山から京都東山を巡るらしい。いいなぁー。

ラジオではKYについてやっている。”空気読めない”の略らしいけど、”空気読める”も略すとKYだよね(^^;。まあそんな程度のどーでもいい話をしていた。

昨日雨で中止の雪谷ランニング。走っていて手が冷たい。走り終わって自販機の前。飲み干して夜空を仰ぐ。息が白かった。
7057歩 4.22km 64分 366.5kcal 10.1g

■2007/11/19 (月) 1日店

朝から快晴。寒い。

毎週月曜日は仕事が詰まって忙しい。朝飯を食べ終わってからはずっと荷造り作業をする。いつもお買い上げありがとうございます。

昼飯はスーパーのパン。カップのスープが欲しい季節になったなぁ。
午後はオークション出品作業に切り替える。先週の月曜はPC買い替え騒動があり、荷造り作業の傍らでずっと立ち上げ作業をしていたが、結局出品の仕事は何もできなかった。今週はその分を挽回しようとがんばったが、思ったほど伸びなかった(^^;。

夕食後、ハクキンカイロが欲しくなり、近所を回ったが在庫している店がわからない。薬局、スーパーと回ったけどナシ。結局ネットに発注をかけた。残念ながら数少ない欲しいものは近所のリアル店舗には置いていないことが多い。先日も読みたい本が近所の本屋になくて、仕方なくアマゾンに発注した。小規模店舗の置かれた状況は厳しい。

さて、走りにいくか、と着替えて外に出るとなんと雨(!)。ランニングは中止して甘露PHOTO日記を久しぶりにアップする。
4050歩 2.43km 38分 206.7kcal 5.4g

■2007/11/18 (日) 散歩

朝から快晴。

ゆっくり寝たので寝起きもいい。朝飯を食べた後、出かけるまで仕事。10時半過ぎにいつものように娘と女房と3人で出かけた。久しぶりにのんびりと新宿御苑を散策しよう、ということになった。
途中渋谷で昼飯の弁当を買い、千駄ヶ谷門から入ったのは11時半ごろ。入口に「温室休館中」とある。建て替えで2年くらい入れないらしい。
あちこちで紅葉が始まっているようだったが、桜のように紅葉せずに葉が落ち始めている木もあるようだ。日向に敷物を敷いてしばらくボールで遊ぶ女房と娘。昼飯を食べ終わってから大きな木陰で娘とキャッチボール。意外に力強いボールを投げてくる。周りに人が居ないかどうか気にしながらしばらくやってやめた。

落羽松を見に行こうよ、という女房のリクエスト。日本庭園を通ると運よく菊花展を開催中だった。毎年この時期に開催される新宿御苑の菊花展は一見の価値あり。観賞用のきれいに咲き揃った菊が整然と並べられている様に言葉もない。はぁー、と感心して見つめた。七色(はちょっと大げさ(^^;)に咲いた花びらの変化に富んだ姿かたちは見事としか言いようがない。
落羽松は新宿御苑でもなかなか人が歩かない端の方に立っている。以前は無かった歩道が整備され、この松の特徴である「気根(きこん)」と呼ばれる根が保護されていた。ぶっとい幹の周りから気根がニョキニョキしている様子はかの荒木経惟氏の写真集にもたびたび登場する。見事に紅葉し、時折葉が落ちてくる。樹齢が100年を超える木は珍しいとか。

御苑を出て新宿駅に向かう。トンネル前の映画館が立て直されてシネコン化していた。競馬通りを通ってユニクロに寄る。そのまま甲州街道を進んで都庁へ。展望台に昇った。それほど混んでいなかった。日本語以外の言葉が飛び交っていた。築地・都庁・江戸博・皇居といえば、外国人観光にとっては外せない場所なのだろう。ここから見る西側の風景にはいつも戦慄する・・・。

16時過ぎだがもう薄暗い。娘のたっての希望でNSビル内にある電飾クリスマスツリーを見てから山手線に乗った。

夕食まで荷造りを鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。夕食後は今日届いた本を読み始める。至福の3時間(^^)。読書は最高の楽しみだなぁ・・・。読み終えた。
10551歩 6.33km 106分 508.3kcal 13.4g

■2007/11/17 (土) 今日も1日店

曇り空。寒い。今シーズン一番の寒さという。最低気温は7度を切った。

突然寒くなるものだから、身体が付いていけない(^^;。仕事をするにも手が冷たくなって効率が落ちる。ストーブはまだ使いたくない。何かいいものはないかしら。
とりあえずGパンの下にインナーを着込む。カタカナで書けばカッコいいが、要はモモヒキのようなもの。でも、バカにしちゃいけない。一気にあったかくなった。寄る年波ってヤツだ。抵抗しないほうがいい。勝てるわけがない。

手を温めるものはないものか。ネットでカイロと入れると、出てきた。最近風ならエネループカイロ。充電池式だ。3時間充電で7時間温かいらしい。500回充電できるとか。レビューを読むと、もう少し温かさがほしい、とか、使用済み充電池が取り替えられないなら使い捨てじゃないか、といった厳しい意見も(^^;。日本の消費者は要求が高いねぇ。
一方で老舗ががんばっていた。ハクキンカイロだ。これはたしかワタシのじいちゃんが使っていた。寒くなると、朝一番に店の番台の上に置いてあった。HPで使い方を読むと、温かくなる原理が書いてある。ベンジンを燃やしているのかと思っていたら違った。触媒としての白金に当たると、ベンジンは酸化分解を始め、二酸化炭素と水に分解されていくという。そのときに出る熱を拝借しているらしい。へぇー。燃やしてないのか。こりゃあいい。
ちょっと欲しくなっている(^^;。

夕食近くなったころ、母親が上がってきた。手には隣のたい焼きを持っている。「いただいたのよ。今日食べちゃわないとしょうがないから。」とのこと。出来立てのたい焼きが6枚入っていた。夕食前だというのに一人1個半も頂いた。おいしかったけどね。ご馳走様です(^^)。

日付が変わるころ、水を飲みに上がったら女房が洗い物を終えたところ。今日は学校から帰ってくるなり娘がワーワー泣き出したという。工作で竹とんぼをナイフで削って作ったらしいのだが、自分が作ったものはだれかが持って行ってわからなくなってしまったらしい。「あーくやしいー!こんな気持ちになるなら行かなきゃよかったー!」と叫びながらビービー泣いていたとか。しばらくしてそのままグーグー寝てしまった。(^^;。そりゃ生きてれば摩擦はあるものよ。でも自分がメーワクをかける方じゃなくてよかったじゃない。

今日もまた日付が変わっても仕事はぜんぜん終わらないのだった。
828歩 0.49km 8分 40.7kcal 0.0g

■2007/11/16 (金) 1日店

昨夜は仕事を終えてから「イノセンス」の後半部分を見た。ヴィリエ・ド・リラダン『未来のイヴ』の強い影響下にある、とウィキペディアにはある。

ストーリー自体はそれほど複雑なものではなく、暴走する愛玩用人形の製作場所まで行き着くことができたが、その場面に至るまでの表現方法が複雑極まりなくて、たびたび状況から置いていかれそうになった(^^;。ネタばれにならないように書くなら、人間の脳が「電脳」化されたことがカギになっている、とまでは言えるかな・・・。脳がハッキングされるわけね(^^;。

機械化された人間はどこまでが人間と言えるのだろうか。最後には身体を持たない「人間」が登場し、ネットから「容器」としての人形にデータの形で入り込んで戦闘活動をしていた。エヴァンゲリオンでも出てきた「魂の容れ物」・綾波レイのようだ。これも「人間」の姿なのか。
自分は何者なのか、を探る物語は、そのまま、人間とは一体何か、を描くことにもなる。作中で聖書などからの引用が多用されている。人間を探る旅は勢い宗教色を帯びる。

「人間はなぜ自分の似姿を、それもその理想型において創造しようとするのか」

作中、人形とは、人間である、とまで言っている。人間は本能として自身の分身である子供を作ろうとする。そしてその子供は人形を愛でる。人間は人間も人形も”作る”のだ。「作ろう」とする意思において、両者は同等である、ということだろうか。人間という存在のドロっとした意思をこの映画からは感じた。それはたぶん、身体を捨てた「人間」がサラッと風のように去っていった様子から思ったのだろう。

今週は交換会がお休み。PC再立ち上げ・買い替え騒動はあったものの、着々と仕事を進めてきたため、在庫品がどんどん減り続けている。来週からはとっておきのものも少し放出し始めなければならないかもしれない・・・。

22時すぎに雪谷ランニングに出る。急に寒くなった。駅前に動くサンタ人形。人はなぜ動く人形に魅かれるのだろうか。
7346歩 4.4km 59分 426.6kcal 14.6g

■2007/11/15 (木) 今日も1日店

先週がビデオ屋半額セールで、押井守監督「イノセンス」を借りてきていた。

ずっとPC騒動のため見られずに居た。昨夜仕事を終えてから前半部分を見た。微細な動きまで表現したグラフィックは言うに及ばず。驚くのはその設定だった。ブレードランナー世界をもう少しわかりやすくしたような内容に思えた。
時に西暦2032年。人間の身体は詳細に分析され、義体と呼ばれるパーツに取替え可能になった。また、脳は「電脳」化され、首の後ろに端子が付く。ここにソケットすると情報やイメージを瞬時に電脳化された脳へと移すことができる。脳だけを電脳化して済ます人も居れば、身体全体を義体と取り替えてしまう人も居る。
そうなると、「記憶」は自分が経験したものでなくとも、電脳に情報として入れてしまえば自分の記憶になってしまうため、自分と他人の境目があいまいになる。記憶こそが自分を自分として認識できる最後の砦だったのに、この世界ではそれが崩壊してしまった。まして、身体をほとんど機械化している人も居る。人間という定義までが実はあいまいになる。
そんな中、愛玩用に製作されたヒト型ロボットが突如狂いだし、人を殺すようになる。誰が人間で誰がロボットか。人の記憶と自分の記憶がごちゃ混ぜになった混沌世界の中、次の事件を防ぐために攻殻機動隊が出動する。

とまあ、前半はそんな内容。

夕食時、衛星「かぐや」が月の軌道からハイビジョン映像で月の表面を撮影したという動画をTVで見た。率直な感想。「CGみたいだ・・・」。実写といわれても、実物を見たことがない。実写により近い映像としてのハイビジョン映像は、現物を見ていない自分にとってはハイパーリアルでしかない。言ってみれば「CGみたい」なのだ。ふつうの人はこの映像が本物か偽物か判断することは不可能ということ。つまり、CG技術が発達したことにより、本物であるか偽物であるかの区別が付かなくなっている。本物のような偽物が出現したとき、本物の価値はゼロになる。偽札が厳重に取り締まられる理由がこれだ。

「イノセンス」の中で身体中を義体に取替えて自らをハイパーリアル化した警官は、自分が一体何者なのか悩んでいた。「銀河鉄道999」では哲郎が機械の身体を欲しがっていたが、結局機械化しない選択をした。
たぶんそういうことだろう。これから続きを見たい。
6972歩 4.17km 57分 404.0kcal 12.0g

■2007/11/14 (水) 1日店

朝起きて快晴。気温も暖かでいいけど、20年くらい前の11月ってもっと寒かったような。

朝飯のあと、3ヶ月ぶりの歯医者へ。ここ数日忙しくて糸楊枝で歯間を掃除していなかったためか、歯茎から血がでるところがある、と指摘される(^^;。まずいな。今日からちゃんとやらなきゃな・・・。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。午後も引き続きオークション出品作業。未だキーボードに慣れておらず、タイピングのスピードを確保できず。なあに、まだまだこれからよ。

夕食まで作業を続け、夕食後も続けて仕事。オークション落札品のメール書きは22時半には終わった。その後、また別の仕事をする。ある重大なことがわかってちょっと凹むものの、大市会の期間が明けてから連絡しよう、と。何のこと(^^;?
1800歩 1.07km 17分 95.1kcal 1.6g

■2007/11/13 (火) 往復

ここ数日バカバカしい時間をすごしてきた(^^;。

残った教訓は、といえば、PCはメーカー品を買いましょう、ということくらいか(^^;。昨夜は早速新しいPCでオークション落札品のメール書きからHPの更新まで行ったが、メモリ不足でたびたびADSLがつながらなくなるという現象が発生した。確かにこのPCには1GBのメモリしか載っていない。メーカー品特有のウィンドウズ立ち上げと同時にあれやこれやと常駐ソフトがバーに埋め込まれていく様子を見ていると、ウィルス対策ソフトを入れればもう何も動かないくらいメモリを消費してしまうようだった。

朝飯のあと、再び川崎駅へ向かう。何やってんだろう再び、である(^^;。ただ、今回はもう下手はできない。合計2GBを標準と考えて、1GBメモリを2個買って、もともと入っていた512MBのメモリとすべて差し替えた。とたんに立ち上げからソフトの動きから、ADSLの接続もすべてうまく動く様になった(^^)。XPのときも標準では256MBしか載っていなかったことを思い出す。少なくともメモリ容量は倍増させて標準と考えるべきだろう。ここでケチっても何の得もない。

この数日間、仕事は進まなかったが、本読みは進んだ。まあたまにはこういうこともある。あまり深刻に考えないほうがいいね。仕事はあとでいくらでも挽回できるから・・・。

それにしても、このVISTAはホーム・プレミアムなんだけど、ウィンドウが開くときにパネルが立体的に倒れ掛かってくるように表示されるのがウザイ。これをナシにできないもんだろか。良かれと思っているんだろうけど、物珍しいのは最初だけ。仕事で使う道具に余計な飾りは要らないよ。

夕食までに今日の仕事の目鼻がつく。夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。タイピングもこのPCにだいぶ慣れてきて普段に近づいてきた。

雪谷ランニングはこれまた久しぶり。UFOのラジオを聴きながら自由が丘を思う。自由が丘に宇宙人が居るらしいよ(^^;。
8361歩 5.01km 76分 433.0kcal 12.7g

■2007/11/12 (月) 結局

快晴の空。

さて、張り切って仕事をしようか、とPCの電源を入れる。昨日1日かけて再セットアップを終えたばかりだった。・・・ところが、・・・立ち上がらない・・・(^^;。

こりゃダメだ、と瞬間で見限った。もうこれ以上こんな問題であれこれとやってはいられない。ワタシは仕事がしたいのである。

セーフモードで重要ファイルをいくつかHDにバックアップを取る。その間もフリーズを繰り返したりしてどーしようもない。昨日の夜まで動いていたのがウソのようだ。

店でのんびり開店準備をしていたオヤジにPC買い替えの話をする。とたんに無表情になった。オヤジは結局パソコンのパの字もできない。それは別にいい。ただ、PCが動かないこと、イコール、仕事にならない、となっている現実は理解してほしい。
ワタシの話を不機嫌そうに聞くオヤジ。PCに対して(まるで)湯水のごとく金をつぎ込む息子の考えが理解できない、と顔に書いてある。まあ、オヤジの立場に立てば無理もないと思うが、ワタシはワタシで必死なのですよ。

不具合の原因がわからない。わからないまま、川崎駅前の雑踏に立っていた。Bカメラ内はガラガラだったので、店員さんをつかまえてここ数日来の経緯を話したが、ある程度予想していた答え「PCが悪いんじゃないスか?」ということらしい。店員さんに勧められたPCを他機種比較・実際に触ってみたりしたうえで買い、お試しの光回線で時間を取られながらも、どうにか店に帰ってきた。すぐに女房と二人で録画しておいたサザエさんを見ながら昼飯。ちょっとホッとする。でも大変なのはこれからだ。

昨日やった作業をもう一度始める。幸い必要なファイルはすべて保存できている。あせらなければやり遂げられるはずだ。じっと待つ時間も長い。その間「竜馬がゆく」を読み続けた。後藤象二郎が登場し、竜馬と面会するところまで。

多少使い勝手が違うのでどうしても慣れるまではしばらくかかるだろう。でも、久しぶりのノートPCでの仕事はちょっと前に戻ったようで、これはこれでいーかんじ。この一台でとりあえず完結している、というのもよく考えれば便利だ。

夕食後、新PCでオークションのメール書きをはじめる。いつもお買い上げありがとうございます。思わぬところで時間を取られ今日1日分の仕事が詰まっており、ランニングに行かずに仕事時間とした。雨が降ったりPCの不具合で最近なかなか走りに行けない。
3858歩 2.31km 35分 207.4kcal 3.9g

■2007/11/11 (日) 1日店

朝起きて曇り空。
今日はどうしようかなー、出かけようかな。と迷うような天気。とりあえず昨夜終了したオークションの落札品を荷造りする。いつもお買い上げありがとうございます。

さて、全部作り終えた。映画でも見に行くか、と、PCでブラウズをかけようとした瞬間、プッと音がしていきなり電源が落ちた。???なんだ???(^^;。アタマにはてなマークがいっぱい浮かんだ。セーフモードで再立ち上げしたものの、結局原因が分からない。最近調子が悪かったけど、これでいよいよダメか・・・。
ひとまずサポートに電話をかける。修理履歴などを確かめた上で、どうやら機材ではなくてソフトに問題があるようですね、とのこと。まあそーだろーね。
それにしても、9月の頭に一度立ち上げ直して以来、わずか数カ月しか経っていない。このOSの“安定性”は一体どうなっているんだろう(^^;。さすがに前回の反省から、写真や本のデータ、メールはこまめにバックアップを取るようにしていた。そのためにHDを1台買った。今日はちょうど日曜日。出かけるのさえ我慢すれば夜までには再立ち上げができそうだ。

ということで、天気も良くないし、1日店で仕事となった(^^;。まったくこのPCには手を焼かせられる。昼飯を買いにスーパーまで。

再立ち上げ作業をしながら「竜馬がゆく」の続きを読む。7巻目に入り、幕軍が長州との戦いに敗れ、時代は一気に幕府崩壊へと向かっていく。その時竜馬は何をやっていたか、といえば、長州に味方して馬関の海戦に臨み、大勝利に貢献したものの恩賞などはなく、金も船もなくなっていた。長崎に作った海運会社「亀山社中」を運営する金もない。さて、これから竜馬はどうするのだろう。

ほどなくしてVISTAの立ち上げが完了し、各種ソフトのインストールでCDをとっかえひっかえする。急いでやったからか、再立ち上げ前の通りになっていない点がある。IE上でなぜかIMEが働かず、かな文字しか入力できない(^^;。それと、レーザープリンターがうまく繋がらない。プリンターはいずれどうにでもなるはずだが、かな文字にはちょっと困っている・・・。

夕食後は愛書会展の荷造り作業。終わったのでさあランニングに出ようか、と意気込むと、雨が降り出した(^^;。出るな、ってことかい。
1358歩 0.8km 13分 68.1kcal 1.4g

■2007/11/10 (土) 二往復

朝から雨。愛書会二日目。

オヤジは「行かない」と言っていた五反田の入札会へ出かける。車中ではもちろん「竜馬がゆく」を読む。第二次長州征伐で幕府が大艦隊を率いて四方面攻撃をする場面。そこに立ちはだかる長州人・高杉晋作の活躍。素晴らしい。

雨の五反田駅。駅舎と連なっているスーパーは大改装中。1階はきれいになっていた。7階建という規模のスーパーは建てた当時にはいろいろと意味もあったろうが、これだけ世の中が進んでしまうとむしろ中途半端に大きすぎて使いにくそうだ。歩道橋を渡って有楽街方面。朝の歓楽街はまだねむそうだった。
入札を終えて帰路。旗の台駅も改装中。随分と形が変わった。今までは乗換えの時に昇って降りてまた昇って、と、ずいぶん歩かされたが一度で済むようになった。

店に戻り、オークションの出品作業開始。昼飯は近所のパン屋で買ってきたというセール品。全品105円とはお値打ち。うまかった。

16時過ぎにクルマで再び五反田へ向かう。道中は幸いにしてガラガラ。無事今日の落札品を載せて帰路につく。車中ラジオ。しょこたんの出る番組が最近のお気に入り。スカシカシパンね(^^)。
店に荷物を降ろしてひと段落。

夕食をはさんで出品作業を続行。21時半過ぎからオークション落札品のメール書き開始。いつもお買い上げありがとうございます。
今日もビジネスラジオ。その後、松下奈緒さんの番組が始まっても仕事は終わらず。けだるい感じのおしゃべりは深夜にピタリだな、などと。でも、この人たしかかなり若いんだよね・・・。

外は雨が降り続いている。
4525歩 2.71km 41分 237.5kcal 6.0g

■2007/11/09 (金) 往復

愛書会展初日。

オヤジは朝から古書会館へ出かけているはず。ワタシはいつものように朝飯を食べる。録画しておいた「SP」を見る。岡田准一主演。SPは捜査も逮捕もしちゃいけない、という”上からの命令”な構図は「踊る」を髣髴とさせるが、守る側の意識という視点が目新しいと思う。結構派手なアクションもあって魅せる。ずいぶんたくましい体つきになっていたけど、鍛えたのかな・・・。

荷造り作業を済ませて明古へ。来週・再来週と休会。電車に乗って「竜馬がゆく」の続き。現在6巻でこの物語最大の山場、薩長同盟の締結が描かれている。薩長が手を結べば幕府は倒せる、という考えは、実は当時だれもが思っていたことだ、と司馬遼太郎は書く。ただし、それは、アメリカと(当時の)ソ連が手を結べばすぐにでも世界平和が訪れる、というような考えに似てアタリマエのことだった、と続けた。当時犬猿の仲だった薩摩と長州が実際に同盟することなど、一流の諜報機能を持っていた当時の幕府でも想像の外だった、という。そんな「まさか」を実際にお膳立てした男が、かの坂本竜馬だったわけだ。

入札を終えて昼飯。いつものうどん屋さん。席について読み続けようと文庫本を片手に水を飲むと、今日はすぐにうどんが出てきた。読みたいと思ってると早いねぇ・・・。食べ終えて店を出て、散歩するのもなんなのですぐ地下鉄に乗ってまた本を広げた。

薩長同盟が成るには、まず竜馬のキャラクターが重要だった、と著者は力説する。そのためにこの長い物語を書いてきた、とも言っている。薩摩と長州は全く性格の違う藩で、特に薩摩は江戸時代中ずっと秘密主義を守り、幕府の干渉を極力退けてきた。薩摩に向かわせた幕府の隠密は一人も帰ってこなかったという。外交の駆け引きにおいて薩摩藩はまさにプロフェッショナルだった。その二つの藩、まして、幕末の風雲の中、すでに立場を大きく異にする両藩からの信頼を同時に得られる立場に立てる者は並大抵の人物では務まらない。もし竜馬がいなかったら、日本はどうなっていたんだろうなぁ・・・。などと思う。まあ、読めばわかりますよ(^^;。

店に戻り荷造り作業の続き。いつもお買い上げありがとうございます。一段落してからオークション出品作業を開始する。
22時過ぎにランニングに出るものの、雨のため途中で引き返す(^^;。
7169歩 4.29km 63分 383.7kcal 10.1g

■2007/11/08 (木) 1日店

朝から晴れ。

朝飯を食べながら「ガリレオ」を見る。すごいトリックだ、と感心することしきり。毎回大変だろうになぁ・・・。

荷造り作業を終えて店に降ろすと、オヤジはもう愛書会展の本の並べに出かけていた。なんだか張り切っている様子。

午後はオークション出品作業を中心に仕事。

今日は2か月に一度の夕食会なので、お店は早く閉めて隣へ。結構たくさん食べて飲んだけどお会計は安かった。少しセーブしたのが効いたかな。

店に戻ってラジオを聴きながらオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
まだ少しお酒が残っていたので、ランニングはお休みする。
2509歩 1.5km 23分 133.4kcal 2.9g

■2007/11/07 (水) 1日店

朝は曇り空。

朝飯を食べながら「武士の一分」を見終わる。んー、やっぱりそうか。という感じ。
荷造り作業は今日も少なめ。オークション出品作業を始める。

昼飯を食べながら録画しておいた「金八先生」を見る。今回のシリーズは結構好きだ。なんていうか、前期シリーズに比してまともなドラマに戻ってくれた。子供たちの抱える問題ってたしかにこういう感じなんだろうな、と思える。自分のやりたいことと親のやらせたいことが食い違っている、とか、自分はどんな時でも自由に振舞いたい、とか、ね。世間と交わるときにどうしても生じるそういう齟齬は、子供にとってとても厄介なことに思えるのだろう。でも、そういうことって学校だけじゃおわらない。むしろ、学校を卒業してからの方がさらにもっと大変になる。責任という言葉にも追いかけられる。一つ一つタフに自分で頑張って乗り越えていくことで次へ、次へと進める気がする。もちろん、それも際限がないんだけど、ね(^^;。
中学生の子を持つ親の立場から今後の展開に期待します。たしかにガリレオ先生に比べりゃ地味な話だけど、その地味さにこそ本質が隠されているものです。

夕方までオークション出品作業を続ける。お茶の時間に隣のたいやきを頂いた。うまい。
女房がPTAの仕事があるため、夕食は18時半と少し早目。夕食後もオークション出品作業を続ける。21時からメール書き開始。いつもお買い上げありがとうございます。
4145歩 2.48km 37分 222.5kcal 5.4g

■2007/11/06 (火) 今日も1日店

曇り空。

朝飯を食べながら女房と二人借りてきたDVD「武士の一分」を見始める。この映画を見てやっと気がついたが、やはり江戸時代の武士には独特の暗さがある。原作者の藤沢周平の武士観がそうだっただけかもしれないけど、出だしで少し描かれるキムタク扮する主人公の明るい性格部分にむしろ違和感を感じたりする。なぜ武士は暗くなければならなかったのか。
毒見役。調理された食事を食べた後、係の者が殿様の手前まで持って行く。そこからは殿様に拝謁できる身分の者が受けて殿様の前に差し出す。おそらくその身分の者が上士なのだろう。
毒見で赤つぶ貝の毒があたり、主人公は失明する。食事係の長は責任を取って切腹する。暗い。というか重苦しい。
長い映画だったのでまだ見終わっておらず。決闘の前まで。

荷造り作業は少なめだったので、午前中からオークション出品作業に取り掛かる。点数はあまり伸ばせなかったが、嵩は結構稼いだ。店に積み上がった本が少し減った。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。終わってから雪谷ランニング。
6477歩 3.88km 57分 350.2kcal 10.5g

■2007/11/05 (月) 1日店

朝から快晴。

朝飯を食べながら女房と二人「時をかける少女」を見る。1時間ほど見てから昼飯の時に続き。2回見てやっとわかったことなどもあり。今のアニメ技術ってすごいなぁ。でも、この作品のように絵とストーリーがビシっとはまっているオリジナルは貴重な存在かもね。

月曜日はとにかく荷造り作業で忙しい。いつもお買い上げありがとうございます。もう置ききれません、というほど積み上がっていた本は、おかげ様できれいに発送できました(^^)。発送荷物は60個を超えた。当然交換会には行けなかった。

オークション出品作業を夕食はさみながら。22時過ぎから借りてきたDVD「逆襲のシャア」を見始めた。実は初見です。ファーストガンダムの直接の続編のような気がしてかなり期待して見たが、見事に外されてしまった・・・(^^;。エンディングの小室サウンドが流れ始めたときには「え?」と思った。これで終わり?一体何を描きたかったのだろう。「めぐりあい宇宙」で描き切れなかったニュータイプとオールドタイプの決着はどうなったのか。ワタシはそれがきっちり描かれているものと思っていた。ガンダムはいろいろとシリーズがあってよくわからない。基本的にファーストガンダムしか見てないのだけど、これでもう他のシリーズはいいかな、という気分になってしまった。

外は雨が降っている。
1301歩 0.77km 12分 66.8kcal 1.0g

■2007/11/04 (日) 昭和記念公園

快晴。

早起きして立川にある昭和記念公園に出かけた。
10時過ぎには到着する。まだそれほど混んでおらず、レンタル自転車もまだかなり在庫があった。3時間410円。早速借りてコースへ出た。ここはコスモスが有名で、この時期に訪れることが多い。もう木々が色づき始めており、イチョウの木の下には銀杏が落ちて臭い。娘と女房と3人で自転車を飛ばしていると中央の広場に出た。子供用の遊具がある。自転車置き場に停めて早速遊具に飛びつく娘。

しばらくして広場にあるコスモス畑へ。先日の台風通過でなぎ倒されたと入口に書いてあったが、ちゃんと花は咲いていた。風でなぎ倒されながらも顔は皆太陽を向いている。えらいぞ。オレンジ、黄色、紅色のコントラスト。空の青さと芝生の緑。空高く凧が飛ぶ。

昼飯を売店そばのテーブルで食べる。ナンとカレーも買ってきて持参したおにぎりと一緒に。日向はまぶしいねぇ。油断していると日焼けしそうだ。

再び自転車に乗って子供広場へ。ここには大規模な遊具がいっぱいあるので、いつも子供たちが沢山居る。今日もいい天気だったから大変な人出。様子を見ていると、おおよそ娘よりも学年が下の子供たちが多い。こういう遊具を楽しく遊べるのは娘くらいがギリギリの年齢なのだろうか。いつまでも子供というのも気持ち悪いだろうが、こういう遊びを”卒業”してケータイやゲーム機に取り込まれるのはちょっと残念だ。
大きくネットを張り巡らしたもの、板張りしてある滑り台、白いすべすべのテント生地を空気で張って山のようにした遊具など。娘はゴロゴロと転がりながら楽しんでいた。

14時を過ぎたので残りのサイクリングコースを大回りしてから帰ることにした。自転車でもぐるっと園内を一周するのに40分はかかるだろうか。それくらいここの敷地は広い。14時半前には自転車を戻せた。もうすっかり西日になっていた。栗のソフトクリームを食べて一休み。電車に乗ればおよそ1時間で武蔵小杉まで来る。どこへ行くにもここは便利だ。

店に戻ってからはひたすら荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。夕食を挟んで仕事は続行。終わってから雪谷ランニング。
13321歩 7.98km 123分 699.8kcal 20.8g

■2007/11/03 (土) 1日店

ビデオ屋半額セール中。いくつか借りてきた。

昨夜は仕事を終えてから早速「時をかける少女」2006年バージョン(アニメ)を見た。当初は半分くらい見て寝ようかな、と思っていたが、結局最後まで見続けてしまった。
設定はオリジナルの20年後という。確かに芳山和子さんも出てますね。タイムリープの能力が機能化しているところが現代風だ。なぜか理科実験室が今回も舞台になるが、特に必然性があるようには思えなかった。原作へのオマージュであろうか。
そんな細かい設定をぶっ飛ばすくらい、ストーリーはモロさわやかな青春ものだ。主人公の真琴はタイムリープを使ってプリンを食べに行ったり、「付き合おうぜ」と言ってくる友人の千昭との関係を発展させないようにしたり、友人の功介と後輩の仲を取り持とうとしたり、忙しい(^^;。
ある時、真琴は自分の腕に数字のようなものが書いてあることに気がつく。それがあと何回タイムリープできるか、の回数であることを知る・・・。

時間は不可逆に進んでいく。だからこそ、人は時間を旅したいと思う。あの日、あの時のあの決断。もし違った答えを出していたらどうなっただろう。大人になってしまえば時間に追いかけられるから、そんなことを振り返っている余裕もなくなってしまう。大人になる直前に抱くあわい心の動きだろうか。

原作とは全く違うストーリーながらも、ヒロインの恋する気持ち、”本当のこと”を知った時の驚き、そして、未来の自分への約束、の表現は原作よりもむしろストレートに突き刺さってくる。夏空にもくもくと湧く入道雲が印象に残る。ワタシにもあんな夏があっただろうか・・・。確かめられるものなら確かめたい。無理だけど。

音楽は全体的に落ち着いている。キャラクターデザインをエヴァンゲリオンの貞本義行さんがやっているので、この点でもポイントが高い。公開時は都内1館という規模の上映だったが、1か月が過ぎても連日立ち見が出たため急きょ上映館が増やされたのだとか。若い人が見たのだろうか。とにかくいい映画でした。

発送荷物は少なめ。オークション出品作業を鋭意。女房と娘は午後から東京国際フォーラムへブラスバンドのコンサートに出かけた。息子は中学校の文化祭らしい。みんな楽しそうでいいねぇ。

夕食後はオークション落札品のメール書き。日付が変わっても終わらない。いつもお買い上げありがとうございます。
1917歩 1.14km 19分 98.6kcal 2.2g

■2007/11/02 (金) 二往復

今にも雨が降りそうな空。

朝飯を食べながら「ガリレオ」の2回目。なるほど蜃気楼。光が曲がるってこうも見事に曲がるものなのか、と思う。特に、どこまでもまっすぐに進むと思っていたレーザーまで曲がるのには驚いた。こりゃ毎回ネタを変えるの大変だろうなぁ。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。現時点でできる作業をすべて終えてから東横線に乗る。今日は自身久し振りの明古だ。
「竜馬がゆく」の5巻は池田屋事件、禁門の変と歴史上大きく取り扱われている出来事が描かれているが、竜馬はそのどちらにも絡んでいない。だから生き延びたとも言えるが、基本的に竜馬の”倒幕”には時機を見て行動を起こすという方針があったので、ここではまだ表に出てこないようだ。

月曜日の清算を済ませてから明古で入札。昼飯はいつものように讃岐うどん。雨がポチポチと降り出したのでそのまま大人しく地下鉄に乗って帰って来た。車内では竜馬の続き。西郷隆盛との会談。会わせるきっかけを作ったのは勝海舟。司馬遼太郎は勝海舟を「神がつかわした妖精のよう」と書く。当時の世界情勢に詳しく、当時日本がおかれていた立場を正確に把握した上で、立場(幕府軍艦奉行)を超えた認識を持ちえた。それは、倒幕を目標とする二人:卓抜した外交能力を持つ薩摩の西郷隆盛と坂本竜馬を会わせたことで証明される、という。彼ら幕末を生きた英雄に重大な示唆を与えた人物が勝海舟だった、というのだ。物語は佳境へとさしかかっている。面白い。

店に戻って荷造り作業の続きを少し。その後は神保町までクルマを転がす。都心に入ってから渋滞がひどくなった。ガソリンスタンドは軒並みレギュラー1リットル150円手前。史上最高値だそうだ。まいったね。原因は某国のサブプライムローン破たんと並行してカネ余りが根底にあり、その運用先として原油を投機筋が買い漁っているため、とか。いずれも某国の失政が原因。石油の埋蔵量は280年先まであるらしく、需給のひっ迫感は”つくられたもの”と新聞報道。ただ、世界的カネ余りの原因は日本の超低金利政策だ。

夕食後も荷造り作業と出品作業をしばし。
6074歩 3.64km 56分 310.8kcal 7.7g

■2007/11/01 (木) 1日店

朝は晴れていたので布団を干したが、すぐに曇り空。

今年もあと2か月となる。早いなぁ。郵便局が年賀状を持ってきた。また仕事が増えます(^^;。

朝飯を食べながら金八先生の続き。答えは自分で見つけよ、か。確かにそうだなぁ・・・。壁にぶつかり乗り越えの繰り返し。タフだね。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。やっと作業場にスペースができ始めた。先週が大量だった分だけ今週は荷造り作業が詰まって出品作業が少なめになってしまった。ここでイイ経営者なら仕事の分業をサッと実行するんだろうけど、なんせ人手不足でして・・・(^^;。

企業なら成長を第一に考えるはずだけど、自営業の場合はあまり成長を考えないほうが長く続くんじゃないか、と思う。規模が大きくなるということは経費も大きくなると同義。となればそれだけ売上のノルマも上がっていく。いったん規模を大きくし始めたら際限なく大きくせざるを得なくなる。そして、業界で一番大きくなったところで必ず梯子は外されるのだ。昨今のニュースからはそんなことが読み取れる。
そもそも人手が加わるんだから自然に売上も上がるはず、という常識が通用するのは仕事のユニット化を完成できた業種に限られる。古本屋の仕事はなかなかユニット化できないことが多く、人に任せられない仕事の割合が高い。旧態依然と言われれば反論しようもないが、ユニット化を完成させた古本屋の形が「ブ」だとすればその進むべき方向性がかならずしも正しくないとわかる。

皆さんが続けられる規模でたくさんの選択肢を用意できるのが理想。シェア合戦になるのが一番つまらない。ただのつぶし合いになるからね・・・。
6169歩 3.69km 49分 361.4kcal 10.8g

2007年10月 < > 2007年12月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター