Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2007年10月

■甘露日記 2007年10月

■2007/10/31 (水) 月末

朝から晴れ間。

朝飯を食べながら金八先生の第一回目をようやく見る(^^;。東京の公立中学校が置かれている現実を垣間見た気がする。学校選択制って実際にはどーなんだろうねぇ・・・。ストーリーに最近作と違って派手さがなく、落ち着いて見ることができる。
見ながら女房曰く「子供がドラマで描かれている歳に近づいてきて不思議なかんじ」。ワタシもそうだ。実際金八先生は「くさったみかん」がリアルタイムの頃には見ていなかった。結婚して子供ができてからふと見始めた。考えてみれば自分と子供は同じ家族ではあるが、世代がふたまわり違う。もちろん他人ではないけど、子供を個人と見ればその付き合い方にはある心構えが必要とも思う。
ずっと一貫しているこのドラマのスタンスの一つ、生徒の様子がおかしいときは必ずその子の親に何かしらの問題がある、という描き方。最近になってやっぱり意識しますよ、そーいうことに人の子の親としては(^^;。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。もう10月も終わりだというのに汗をかくほど暖かい。天気予報で「平年並み」と言っていたが、この「平年」の程度はたしか過去20年か30年の平均気温を指し、それ以上過去の気温は外されていたはず。そのため、もう温暖化が始まっていたとしても分かりにくくなる表現になるんじゃなかろうか、と思う。昔の11月はもっと寒かったよ、確かに。

午後、月曜日の荷物を引き取りに神保町を往復する。途中道はガラガラ。やはりガソリンが上がると渋滞距離は短くなる気がするね。

店に戻ると、娘がハロウィンということでカボチャのマフィンを焼いてくれていた。おやつ代わりに食べる。うん、なかなかうまいね。ちゃんとできてるじゃないの、と褒めるも、本人はTVに夢中で生返事(^^;。小さく切ったカボチャとアーモンドスライスが中に入っていて食感に変化がある。イイ出来だ。また頼みます。

さて、やっとオークション出品作業に取り掛かる。夕食後も続けたが量は少なめになってしまった。明日頑張ります。
2875歩 1.72km 27分 147.3kcal 3.4g

■2007/10/30 (火) 1日店

朝から快晴。布団を干す。

朝飯を食べながら「HERO」の最終回。主人公の検事さんがマスコミを騒がせたカドにより石垣支部へ転勤を命じられる場面あり。たしかこれは5年くらい前のドラマだが、妙にリアルタイムな気がするね・・・(^^;。気のせいか。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昨日に引き続いて多量だったため午前中いっぱいかかる。昼飯を食べながら「歌姫」を見始めた。土佐清水市が舞台。主人公は太郎役の長瀬くん。見るのはタイガー&ドラゴン以来です。演技があまり変わってない気もするが、土佐弁のセリフというところがワタシ的に新鮮だった。町ののど自慢大会に飛び入り参加した太郎はギター片手にプレスリーを歌いまくる。TOKIOのボーカル本領発揮といったところ。相手役の相武紗季さんとの関係はちょうど竜馬と千葉道場のさな子さんのような感じ。同じ土佐弁だし、太郎のキャラ設定に竜馬を意識しているような気もする。
映画やドラマの舞台をあえて首都圏から外している作品を最近よく見るようになった。非常にいいことだと思う。

午後も引き続き仕事。オークション出品作業など。
6592歩 3.95km 53分 382.9kcal 11.4g

■2007/10/29 (月) 往復

朝から晴れ。台風後の熱気が残っているのか、夏の陽気。気持ち悪い(^^;。

朝飯を食べながら「HERO」の続き。いよいよ最終話が近づいた感じ。冤罪の話だった。怖いねー。

月曜日なので荷造り作業が忙しい。いつもお買い上げありがとうございます。現時点で発送できる荷物をすべて作り終えてから昼過ぎの東横線に乗った。
「竜馬がゆく」は5巻目に突入。最初の2冊は「ブ」で買った。この2冊は実に腐るほど古本が出回っている。続きを買おうと思って新古書店を見たり、アマゾンを見ても、その後の古本はほとんど見当たらない。皆さん最初の2冊を読んであとが続かないのだろうね(^^;。3巻と4巻はアマゾンの中古が買えたのがせめてもの救いだった。で、読みたい本を我慢するなんてばかばかしいことはできないタチなので、ここは大人買いということで5-8巻をまとめてポチっとしておいた(^^;。母親に似て根が短気なんスよ。
とうとう竜馬の親友・武市半平太が切腹させられた。勤王党が崩されていく様子がこってりと描写されている。土佐藩には旧秩序を守ろうとする山内容堂が居て、土佐は上士(山内派)と郷士(旧長祖我部派)が思想的に分裂状態となっている複雑な状況だ。
幕末から維新までの情勢を動かした薩摩・長州・土佐の3藩は他藩といったい何が違ったのか。司馬遼太郎はその原因を関ヶ原の合戦まで遡って原因を述べる。実は各藩とも豊臣側に付いた負け組だった。特に長州藩・毛利氏は領地を1/3に減らされ、徳川幕府に恨みこそあれ御恩を感じていることはなかった、という。
竜馬は中古の軍艦を手に入れ、江戸から大坂までの航海に出た。勝海舟という実に不思議な人物とともに行動し、竜馬の世界観は広がるばかりの様子だ。面白い。電車の中で読みながら、掌の中で歴史が動いている感じがする。

神保町。ちょうど古本まつりが開催中でごった返していた。古書会館。会計を済ませてから入札して昼飯を食べる。それからお茶の水駅まわりで秋葉原まで散歩する。山の上から見る昌平橋の鉄橋は豪勢に見えるなぁ・・・。

店に戻ってからは夕食まで荷造り作業を鋭意。夕食後はオークション落札品のメール書き、とゆっくりする時間なし。

日記書きを終えた。さあ、竜馬の続きを読もうかな(^^)。
6777歩 4.06km 62分 349.0kcal 9.1g

■2007/10/28 (日) 1日店

朝から快晴。台風一過。

今日出かけたかったが、昨日は特殊事情があったので仕方なし。代わりに鋭意荷造り作業。気分よくはかどる。昨夜まで満杯だった作業場が一気に片付いた。いつもお買い上げありがとうございます。甘露書房はワタシがお出かけしない限りは日曜日も発送作業を休みません(^^)。

娘は商店街のイベントや町会子供会のイベントに出かけて忙しい様子。息子はほとんどPCの前に座ったままだ。うーん、不健康の極みだねぇ・・・。

おかげ様で作業は比較的はかどって、店の本もかなり嵩を減らすことができた。ん。充実日なり。

夕食を食べながら「平成教育予備校」を見る。今日は工場見学スペシャル。コンタクトレンズの製作工程を見た。すごい精密な作業だったが、形成も研磨もほとんど工作機械で作っていた。マス北野のコーナーはインド数学。計算問題をこんなふうに考えるのか・・・と感心する。数学の答えは一つだが、導き出すための方法はどうやらたくさんあるようで、アタマが固まってしまうとそーいう別の発想は出てこない。イカンな(^^;。どんなことでもそうだが、常に別の発想を持っている人は強い。こちらがダメならアチラで行け、とか、押してもダメなら引いてみな、みたいな。
でも、それって本当は方法論の話じゃないんだよね。世界観の違いなのです。
6447歩 3.86km 52分 373.1kcal 14.4g

■2007/10/27 (土) 自虐の詩

朝から雨。台風接近中。

今日はワケあって仕事ができないので、昨日あわてて前売券を買った堤幸彦監督「自虐の詩」を見に川崎まで朝一番で出かけた。

9時過ぎには到着。DICE7階にある映画館。中は暗くて淫靡な雰囲気でいかにも若向きな造り。あんまり好きじゃないが。時間が早かったためかガラガラで、ゆっくり見ることができた。

主人公の幸江さんに中谷美紀さん。中学生のころからツイてない。そのツイてなさ加減がハンパじゃない。中学を卒業して上京するも、苦労して苦労して・・・。
一緒に住むダンナのイサオ役に阿部寛さん。働かないでパチンコの日々。同居する幸江さんに生活の面倒を見てもらっている状態。ちょっとした不満があると無表情なまま卓袱台をひっくり返す。

あんまり書くとネタばれになるので注意しながら、以下感想。
あまり説明なく卓袱台をひっくり返す衝撃のスロー映像が何度か繰り返される。茶碗が、ご飯が、味噌汁が、漬物が、容赦なく、飛ぶ(!)。これは文句なくすげェ。
「幸せになれますように・・・」が幸江さんのささやかな願い。まわりの人は「あんなダンナさんでタイヘンだ」と気遣ってくれる。でも、それって”不幸”?なんだろうか。
ドラマが後半へと進行していくにつれ、幸江さんの気仙沼での生活。友情を誓った友。東京での生活。イサオさんとのなれそめが描かれる。幸江さんの辿ってきた道が徐々に明らかになっていく・・・。

脇を固める人が豪華で、特に幸江さんが働く中華料理屋の店主(遠藤憲一さん)がサイコー(^^)。お父さん役の西田敏行さんとユキエ違いで争う場面にはちょっと泣けた(^^;。まあ、見ればわかります。

中谷美紀さんの演技は「電車男」で見て以来。あの時と違い表情が豊かで驚いた。相手役の阿部寛さんが無表情な役どころなのでそういう演出なのかもしれないが。

幸せの形は人の数だけある。という結論には納得。二人はラブラブなのだ。ただ、ひとつ描かれなかったのは、冒頭であれだけ出た卓袱台ひっくり返しはどーいうきっかけで始まったのか、な?っちゅーこと。
気仙沼の広い風景と、通天閣のある大阪の空。どちらも透き通って見えた。

昼飯を銀柳街にある回転寿司で済ませてからラゾーナを逍遥。14時過ぎに帰ってくる。それから昼ビールを飲んで昼寝する。夕飯は今シーズン初のおでんだった(^^)。

今日は仕事がなかなか終わらず、25時過ぎから日記を書き始める。
7074歩 4.24km 70分 351.5kcal 8.6g

■2007/10/26 (金) 1日店

朝から雨。時折強く降る。

今日も特選市だというのに交換会は欠席し、店で1日仕事の予定。本というものはなかなか量を減らすのが大変です(^^;。

朝からいつものように「HERO」の続き。かつて見たはずのドラマだというのにストーリーは全く覚えていない。おぼろげに出演者と「あるよ」のおじさんは印象に残っていたのだが。毎日新鮮な思いで楽しんでいる。

今日交換会へ行けなかった理由のひとつに、明日ヤフーのシステムメンテナンスがあり、出品作業が全くできなくなる予定があった。ワタシはどちらかといえば宿題は先に片づけておきたいタイプの人間なので、土曜日分の仕事は今日のうちに目鼻付けてしまいたかった。明古へ行くとどうしても二往復することになるため、1日全く仕事ができなくなってしまうのだ。店に本が積み上がっている現状でそれはできなかった。

そんなわけで、明日はお休みを頂き、仕事は明後日の日曜日にすることとなった。ただ、明日も台風接近で雨らしい。こりゃ映画だな、とあきらめる。近所のコンビニに走り、明日から公開の「自虐の詩」の前売り券を買ってきた。1300円とは格安に感じる。ついでにパラパラと映画のページを見ていくと、森田芳光監督、織田裕二さん主演で椿三十郎をやるんだね。これも見に行きたいな、と思ったり。

午前中に荷造り作業を集中して行い、午後はオークション出品作業を鋭意。今日1日で結構積み上げました。

明日の映画が楽しみだなー。
1266歩 0.75km 12分 64.1kcal 1.1g

■2007/10/25 (木) 仕入あり

朝から快晴。予報ではこれから天気が悪くなる。

朝飯を食べながら「HERO」の続き。宇多田ヒカルさん友情出演。なんとメイド姿だ。女房曰く「なんか声の低いウエイトレスだな、と思った」とか。確かに地声は低いのね。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。いよいよ月末なので件数が多かった。おかげさまで作業場にスペースができました。

少し早昼を食べてから仕入れに出る。戻ってからもしばらく荷造り作業の続き。お茶を頂いてからオークション出品作業開始。昨日オヤジが仕入れてきた本を中心に。

娘が学校から帰ってしばらくして、娘のお友達が相次いで遊びにきた。そうか、ウチは「女の子の家」でもあるんだ・・・。娘の部屋はないし、そーいう雰囲気もない。いつまでもこのままじゃ居られないんだねぇ。

「竜馬がゆく」は4巻目に入り、勝海舟とともに神戸で海軍の準備をするところ。だんだん竜馬も歳をとり、徐々に世間に顔がきくようになってくる。竜馬は土佐藩の郷士出身。同時期の有名人近藤勇は農村の出身。二人とも身分制に泣かされた経験を持つ。それでもやはり、志あればそれを実現するために身体は動く。動かせば自然に自分をその場所へ連れて行く。
当時は先が見えない時代だった。現代は先が見えすぎてやる気が起きない時代なのかもしれない。それでも生きているかぎり永遠に明日は来る。常に動いていなければな、と思う。
7109歩 4.26km 58分 407.6kcal 11.2g

■2007/10/24 (水) 今日も1日店

朝から快晴。年に何度もないさわやかな空。

布団を干すのが精いっぱい(^^;。今日も1日店で仕事の予定のみ。
連日朝飯を食べながら見ている「HERO」。実は朝と昼見ていた。やっと追いついた。今朝見た回は昨日の夕方録画したもの。

で、いよいよ昼飯の時に話題の「ガリレオ」第一話を見る。脚本はHEROと同じ福田靖さん。なるほど天才物理学者ですか。やっぱり人の興味って普通の人がなれない職業に向かうようで。て考えると古本屋のドラマってできないものなのかしら。古本探偵的な推理小説はいくつかあるんだけど。神保町の本屋さんには作家が出入りしていたというから、ネタ的に足りないということはないなず。でも、ドキュメンタリー向きなのかな・・・。柴咲コウさんの不機嫌キャラは今回も炸裂。うーん、人って燃えるんだなー。唐沢さんの無表情は怖いな。レーザーにもいろいろあるんだぁ。「サマータイムマシンブルース」出演の皆さんが次々チョイ役で出てきてる。「沼ですよ!」

午前中は荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。午後はオークション出品作業をするものの量は少なめ。オヤジが仕入れに出かけて、17時前に帰ってくる。通路は再び本で埋まった。

夕食後、オークション落札品のメール書きをしながらラジオ。横隔膜をもっと鍛えましょうという話をしていた。この筋肉を鍛えられるかどうかで循環器系の丈夫さが決まるらしい。初耳だ。それと、夕食時の炭水化物は極力減らすこと。夜はほとんどエネルギーを消費しないので、食べた分はそのまま脂肪に変わるらしい。
1506歩 0.9km 15分 77.9kcal 1.5g

■2007/10/23 (火) 1日店

曇り空。

毎朝のお楽しみは朝飯を食べながら女房と一緒に「HERO」を見ること(^^;。あと3回くらいだけど。
見ててどのあたりが面白いのか、と思って考えてみると、実は本筋の事件解決へのプロセスではなくて、おまけ部分のディティールであることに気がついた。グリコはキャラメルじゃなくておまけが楽しみだったり、学研は付録しか遊ばなかったのと一緒(^^;。そういう本筋ではないおまけ部分を面白がって作ってる人はきっと子供心を忘れていないんだろうね。セリフだけで情景を想像させるお芝居が濃い。

だいぶ店に積み上がった本も減ってきた。縛ってある本の山を少しずつ剝すように取り除いていくと、出張で買ってきた本と交換会で買ってきた本が混ざっていたりする。あ、これは7月に、これは8月に買った本だ、なんてことも(^^;。とりあえずここに置いておこう、とやったらそれまで(^^;。その上にドカンと交換会で買ってきた本を載せてしまえばしばらく埋もれて長くそこで眠ることになる。なかなかこのサイクルから抜け出せない。出て行く量と入ってくる量のバランスが悪いためだが、買うのは一瞬でも売るには何倍も時間がかかるので、これは直しようもないんだよねぇ・・・。
結局はオヤジの言うように交換会へ行かせないことしか在庫を減らす手がない、ということになる。ワタシゃサル並みってことかい・・・。

まあ、死ぬまでやらせていただくつもりですけどね。
6462歩 3.87km 52分 371.8kcal 10.5g

■2007/10/22 (月) 今日も1日店

快晴。

今日も1日店で仕事の予定。布団を干す。
昨夜は早めにPCを畳んで「竜馬がゆく」を読み始めた。いったん本を開いてしまえば止めるものがないからどんどん読み進んでいった。普通こういう本とは10代や20代で出会うべきなのだろうが、ワタシは30代も終わりの今頃だ(^^;。遅い。だが遅くても読まないよりはいいだろう。とにかくおもしろい。

数年前の大河で描かれた「新選組」はDVDで見ているが、あそこにも竜馬が出てくる。「竜馬がゆく」の竜馬像と違うかどうか、と言われればよくわからない。主役ではないから出番が要所要所しかない。ただ、「竜馬がゆく」の新選組は佐幕の代表的存在で、勤王の志士たちをどんどん斬った、というニュアンスだけで描かれる。
開国派=佐幕 攘夷派=勤王 という両極端な派の激突する世論の中、竜馬だけがそれを超えた思想を持ち得た、と司馬遼太郎は言う。
氏は短い言葉でズバッと出てくる人物を評するが、実際には作者の想いが強く投影されていると思う。ズバッと書くのは物語を面白くするためのスパイスなのだけど、断定的かつ史料を引いて書いているというスタイルを見せることで読者を強く説得しようとする。

しかし、ドラマで描かれた”新選組寄りの立場”で見れば、回天を目論む長州人が京都を焼き払おうとする行動を新選組が未然に防いだ、と描いており、立場や見方によって歴史的解釈などどうにでも変化してしまうことがわかる。ちなみに、ドラマ新選組内での竜馬は薩長同盟を結ばせた以外はそれほどの活躍場面はない。

人の数だけ見方がある。「竜馬がゆく」で描かれる竜馬像は基本的に創作された物語である。・・・アタリマエのことなのだけど(^^;。

朝飯を食べながら「HERO」の続きを見る。時折ストーリーと直接関係ないところで小日向さんと八嶋くんが”仕掛けている”場面があって、女房と大笑いする(^^;。6年前のドラマって思った以上に忘れているもの。初めて見るくらい楽しんでいる。

午前中から荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。午後はずっとオークション出品作業。夕食後、メール書きの仕事をして、寝る前に「竜馬がゆく」の続きを読む。ああ、走りてえ。
895歩 0.53km 9分 42.1kcal 0.0g

■2007/10/21 (日) 1日店

朝から快晴。

今日は1日店で仕事の予定。昨日休みましたからな(^^;。結局仕事もやってしまったから今週は休んだ気がしないけど。

ご入金いただいた分の荷造り作業を午前中。いつもお買い上げありがとうございます。日曜もお出かけさえなければ発送は休みません。

少し遅めの朝飯を食べてから女房は娘を連れてこどもの国へ電車で出かけた。おとなのワタシとしては何度も行く場所ではないなぁ・・・。
で、昼飯は息子と二人でパンを食べる。コーヒー牛乳がうまい。
息子は午後からお友達と一緒に川崎へ映画を見に行くと出かけた。エヴァンゲリオンらしい。だれかさんにそっくりだな・・・(^^;。ワタシは午後いっぱいかけてオークション出品作業を鋭意。17時半過ぎに女房たち、18時半過ぎに息子が帰ってくる。
夕食を食べてからもしばし仕事の続き。いつもと違うのはBGMがラジオではないこと。今日は日曜日なのだ。

22時過ぎに雪谷までランニング。金曜日が雨天中止だったので中3日の休み。ちょっと開き過ぎだね。帰ってからの風呂が楽しみ。
6753歩 4.05km 59分 364.6kcal 10.8g

■2007/10/20 (土) 体育祭

息子の通う中学校の体育祭。ワタシが通った中学校でもある。

昨年は灼熱の9月第一週開催だったが、今年はいい時期だと思う。とはいえ、秋休み明けの1週間で準備を完了したというから大変だった模様。昨夜突然の雨で開催できるかどうか危ぶまれたが、朝起きたら快晴の秋空だった。

9時から開会式。ラジオ体操を使っての準備運動を終えて応援合戦からプログラム開始。各学年の1組、2組、3組が学年を超えてシスタークラスとしてチームを組む各組対抗戦。この形式は25年前と変わっていないが、当時は学年に7クラスあった。少子化なのか公立離れなのか。
応援合戦もシスター対抗。持ち時間3分間を使ってそれぞれが考えた応援を披露。簡単なマスゲームのようになっていて楽しい。

徒競走、リレー、二人三脚など、ある意味古典的な競技が続き、ちょっと安心する。ただ走るだけの方が変なごまかしが効かないので生徒は真面目に取り組むのではないかと思う。努力すればちゃんと見てくれている人がいる。そう信じられるからこそ、人は頑張ることができる。

昼食をはさんで午後は運動部員のパレード。行進曲をブラバンが演奏する。会場設営の準備も場内アナウンスも生徒たちが取り組んでいる。そういう目でグラウンド内を見渡すと、いろいろなところに生徒たちの手が入っていて頼もしくなる。所さんの番組で感動するのもいいけど、こうして生で中学生の活動を目の当たりにする方が断然いい。

プログラムは順調に進み、いよいよ今日のメインともいえる男子組体操へ。息子は大柄なので今年も土台役。3年生は各クラスごとに大技5段ピラミッドと4段タワーに挑戦する。これが出来なきゃ卒業できないくらいの勢いと気合。ピラミッド、タワーとも一度失敗するクラスあり。そのたびに再チャレンジする。場内からは盛んに応援の声。すでに演技を終えたクラスも座りながら気合の声を投げかける。・・・無事、完了。なんだか見ている方もホッとする。やり遂げた達成感でガッツポーズをする者、肩をたたきあう者。場内からは今日一番の拍手が沸く。あのタワーの頂上に立った彼には一体どんな景色が見えたのだろうか。

最後にリレー競技をいくつか消化し、体育祭は無事終了した模様。閉会式を見ずにワタシは25年前通ったきりの道をたどりながら店に戻った。もうあのころを思い出せなくなっていた。
5198歩 3.11km 49分 255.0kcal 6.6g

■2007/10/19 (金) 往復

朝起きて曇り空。午後から雨の予報も出ている。

朝飯を食べながら「HERO」の続き。見終わって荷造り作業を数件済ませてから神保町へ出る。先週出品した本の清算をするためだ。残念ながら入札はオヤジから止められている(^^;。

行き帰りの車中では「竜馬がゆく」の続き。2巻の終わりから3巻のはじめ。いよいよ竜馬は土佐藩を脱藩することになる。幕末維新の物語を読むと、よく「脱藩浪人」という言葉が出てくる。脱藩されたときの対応は各藩によって多少の違いはあれど、土佐藩の場合には脱藩者の親類縁者にまで閉門などの処分を課すという。家にとっては一大事なのだ。そんな時代にもかかわらず、姉の乙女は「私が男だったら脱藩しています」とまで言い、世の中へ出て天下のために大きな仕事がしたいと決心しながらも脱藩するかどうか悩む竜馬の背中を押す。乙女は嫁ぎ先と離縁する覚悟だった。
司馬遼太郎の語り口は簡潔明瞭。ほかの時代小説と少し違うのは、筆者から見た現代的視点が随所で差し挟まれること。登場人物たちをその時代に置いてセリフを語らせながら、作者は現代から見た歴史的(といっていいかどうか)評価を下している。この形式がいわゆる「司馬史観」と云われるものだと思うが、研究書と小説の境目をあいまいにすることになるだろうから歴史学者から見れば賛否両論あるだろうね。
ちゃんと言えば、基本的に創作であるこの小説で描かれた竜馬像があたかも正式な姿として世の中にイメージされているんじゃなかろうか、ということ。

清算を済ませてから讃岐うどんの昼飯。12時前に滑り込んだのですぐにありつけた。食べ終わって外に出ると、昼休みの混雑で界隈はごった返していた。
途中渋谷のBカメラに寄ってビデオカセットを買い、先週撮影したフィルムを現像に出す。すぐ東横線に乗って竜馬の続きをむさぼり読んだ。

店に戻ってから仕事開始。荷造り作業と出品作業を並行して行う。夕食をはさんで作業を続行する。
いつの間にか外は雨。ランニングは中止。
4134歩 2.47km 38分 212.9kcal 5.0g

■2007/10/18 (木) 1日店

ちょっと晴れ間。

朝飯を食べながら「踊る」のスペシャル。ようやく見終わった。年末編は情報量も多かったし、無駄に思えるシーンもほとんどなし。TVシリーズでは水川あさみさんが、スペシャルで仲間由紀恵さんがチョイ役で出ていたりして。SAT出動の空撮がカッコよかった。演出にエヴァンゲリオンの印象がダブるのは、音楽が似てるから?

昼飯を食べながら今度は再放送中の「HERO」を見始める。うあ。キムタクの顔が違っている・・・(^^;。皆さん若いね。このドラマは視聴率が最終回まで30%を超えていたほどの人気ドラマだったので、出演していた人は出演機会が増えて皆さん有名になったみたい。「踊る」もそうだったけど、今見るとかなりな豪華キャストだ。・・・にしても、TVばっかり見てるなぁ・・・(^^;。

昼飯をはさんで今日も荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
今在庫している本を全部通販で販売しようと決心したとき、1冊1冊をお一人お一人のお客様宛に発送する覚悟が要る。たとえば5000冊在庫があって1冊残らず販売すれば5000件の荷造り作業を覚悟しなければならない。毎日頑張って30個ほど荷造り・発送をしている感覚からすれば5000件は実際かなりな数である(^^;。
もちろん、販売するためには事前に仕事を掛ける必要もあるわけで、たとえばデジタルデータ化が5000件(デジカメ撮り5000件とデータ入力作業5000件)、メールのやりとりが5000件、ご入金確認が5000件、と来て、初めて荷造り作業5000件となる。ちなみに発送作業(発送完了のお知らせメール含む)も5000件となると実に大変な仕事量だ。
これを3か月でやるのか、4か月かけていいのか、を考える。ワタシの置かれた状況って、今はそんな感じです・・・。

夜、仕事をしながらラジオを聴いていると、「本の魅力を語ろう」という番組で「不忍ブックストリート」の話題。ゲストは業界でも超有名なお二人だった。早速ググると一箱古本市の楽しそうな様子が記録されたページが出てきた。いいなぁ。そういう楽しそうな催し。やっぱり主催される方が楽しめないとイベントって続きませんよねぇ・・・。
1167歩 0.69km 12分 57.6kcal 1.3g

■2007/10/17 (水) 今日もやっぱり1日店

朝から快晴。布団を干す。

今日も朝飯を食べながら「踊る」の続き。どうやら見る順番を間違えたようで、秋の特別編の後に年末編を見たら時系列が逆だった(^^;。ま。いいけど。

毎日規則正しく仕事をこなす。今日も荷造り作業から。いつもお買い上げありがとうございます。午前中で終わったので、昨日より少し早目にオークション出品作業に移行する。
ここ半年で店の本のうち1/4程度在庫を減らした。通路は本でふさがっている一方で文学書を中心に店の棚は今ガラガラになっている。ウチがそうする理由は以前ここに書いたので繰り返さないが、われわれ本屋を取り巻く環境はそうせざるを得ない状況へとどんどん進んでいる。つまり、1冊の本を販売するためにかける手間が販売側にかなりの比重がかかるようになった。ま。それは本来あるべき姿とも言えるのだけども(^^;。
んーと、わかりにくいかな。今までは、お客様が店舗へわざわざ足を運んで下さっていた。その時代(ある意味本屋にとって幸福な時代)はほんの5年くらい前まで長く続いた。それがネットの急速な普及によってお客様が店までわざわざ足を運ぶ必要がなくなった。本探しはネットでするのが当たり前になり、もし”店舗販売だけ”で営業を継続するのであれば、売り場面積と在庫商品を際限なく拡大していくくらいしか対策が浮かばない。でもウチはそれをやるつもりはないんです(^^;。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。その後、雪谷ランニング。終わった後の風呂が楽しみだ。
6719歩 4.02km 55分 387.1kcal 12.2g

■2007/10/16 (火) 今日も1日店

曇り空。

朝飯を食べながら「踊る」の続き。見なきゃならない番組がありすぎて・・・(^^;。最終回から秋のスペシャルへ。最終回は描きたいことがありすぎて時間が足りないような印象。犯人のキャラクターが実はおもしろそうでもっと深く描いて欲しかったし、和久さんとの関係性も初回からずっと引っ張ってきたテーマなのでじっくりやって欲しかった。いずれにしろ、話の情報量がかなり多い。そういう物語は決まってあとになり評判が拡大する。
スペシャル編はやはりスペシャル編だな、と言う印象かなぁ・・・(^^;。こちらはむしろ放送枠を埋めるのに苦労しているような感じに見える。千葉のドライブインで強盗に遭遇するなど、あとに続かないエピソードがちょっと多い。

荷造り作業から仕事開始。いつもお買い上げありがとうございます。午後になって雨も降り始める。10月も天気が悪いねぇ。

夕食後、オークション落札品のメールを書きながらラジオ。今日は宝塚のトップスターが電話でゲスト出演していた。張りのあるいい声で、舞台を見ているだけじゃわからない裏話などをいろいろと話していた。ワタシは宝塚の舞台を見たことはないが、こういう方が熱演しているならかなりいいものなんだろうな、と思う。見てみたい気もするが、劇場へは一人じゃとても無理だ(^^;。
1294歩 0.77km 13分 61.3kcal 0.9g

■2007/10/15 (月) 1日店

曇り空。

しばらくまた交換会へは行けない身(^^;。すべては売ってからだ、と心に決める。まあ、そんな決心は3日で忘れてしまうようなものなのだが。

朝飯を食べながら「踊る」の続き。いよいよ最終回の2話。真下刑事が撃たれて重体となり、拳銃携帯命令が出る回。被害者が刑事だったから重大なのか、人が撃たれたから重大なのか、そのあたりがちょっとグレーではあるが、病院の廊下を歩き現場に戻る故いかりや長介さんの「背中の演技」にはしびれた。

午前中から荷造り三昧。いつもお買い上げありがとうございます。なかなか切れ目がなく、午後のお茶の時間まで荷造りをして過ごした。16時過ぎから今日の仕事に取り掛かる。本を積み上げて写真を撮って。
ネット世界は覗きこまないと見えないから、外から眺めていたんではいつまでたっても何もわからない。ネット内でのみ通用する常識はいつのまにか世間の常識に近づいているように思う。世間の常識が歩み寄ったのか、ネットの常識が一線を乗り越えたのか。ひとつ確実に言えるのは、ネット世界はもう無くなることはない、ということ。

午後、女房お待ちかねのガス湯沸かし器取り付け工事。ほんの10分で取り換え完了。真新しい湯沸かし器のスイッチを入れると勢いよくお湯が流れだした。うん、よかった(^^)。

夕食後はオークション落札品のメール書き。終えてから雪谷ランニング。
6375歩 3.82km 52分 369.5kcal 11.2g

■2007/10/14 (日) 文豪・夏目漱石展

鼻水が出て目が覚める(^^;。

めっきり涼しくなってきた。女房は昨日からくしゃみ鼻水。気をつけてくださいよー。

天気が悪いので江戸東京博物館で開催中の「文豪・夏目漱石」展を見に行くことにした。今回は漱石山房に保管されていた蔵書や資料群が出陳されているという。
両国までは目黒から山手線で秋葉原乗り換え。意外に早く到着する。改札を出てからまず昼飯を食べた。国技館へ向かう道にお相撲さんの姿あり。行ってみよう、ということになる。本場所ではないが、最強力士決定戦なる興行だった。

で、江戸博。チケットを買って会場に入ると漱石に似せた人形が座っていて、漱石の声を再現したという音声が流れている。当時はまだレコード技術が普及していなかったから、漱石の肉声は残されていないのだろう。骨格の分析から声色を再現している、と解説。
漱石の生い立ちから小学校の出席簿などの展示から始まり、学生時代に使った教科書や文献・辞書。その落書き(かなりうまい絵)、教師として赴任した松山の様子、正岡子規との交流、鏡子夫人とのなれそめ、ロンドン留学の様子、ロンドンで買った蔵書の展示、吾輩は猫であるの執筆、朝日新聞社への入社、漱石山房での日々、そして晩年から死に至る経緯、デスマスク。

たっぷり1時間ほどかけて見終わった。作品については本を読めばいいことだが、その作品が書かれた背景についてはこういう展覧会を見て初めてわかるようなこともある。日露戦争後の不景気によって高学歴の若者の就職先がなかなか見つからない状況があったり、大企業による疑獄事件が起こったり、と、とにかくこのころの世の中が安定していない。三四郎、それから、心、で描かれた登場人物の立っていた時代がある程度わかった。
会場内は熱心に展示物を覗きこむ人で結構混雑していた。正直漱石が未だにこれほど人気のある作家とは思っていなかった(^^;。皆さんちゃんと読んでいらっしゃるんですね。

そのまま常設展示へ移動。ちょうど中央のステージで講談と落語のイベントあり。復元された日本橋の上から聴く。なかなかの名調子。それからゆっくりと江戸の展示と東京の展示を見ていく。じっくりと見始めればこれまたかなりの密度だ。団体と外人さんが目立った。やはり東京見物のコースなんだね。展示の最終コーナーに東京大空襲のVTRがあって、これはいつ見ても涙が出る。

夕食後、日付が変わっても荷造り作業は終わらず。いつもお買い上げありがとうございます。
4528歩 2.71km 46分 211.5kcal 5.5g

■2007/10/13 (土) 今日も往復

曇り空。

録画しておいた番組が溜まりすぎてHDD容量が足りなくなってきた(^^;。息子はTV録画行為から解脱しているが、それは動画サイトで番組を見ているからだ。女房は最近再放送中のラスカルを撮ったまま消せないでいるし、娘はきらりんレボリューションをはじめとした子供向けアニメを毎週大量に撮って見ている。結局ウチ中TVが大好きなのだ。
ただし、みんな本も読んでいる。要は物語に触れることが好きなのであって、単純にただTVを見てダラダラと楽な時間を過ごしたい、と思っているわけじゃない。
本も読むし、新聞も読むし、ネットも見るし、TVも見る。その配合バランスが大事なんじゃなかろうか。知ることにたいして「これだけでは満足できない」という欲求が重要で、本を読むという方法がすべて正しいわけじゃないと思う。
ネットもTVもケータイもある世界での本の位置。相対的に地位が低下している、と見る人がいるかもしれないが、それでも、やはり本というパッケージの持つポテンシャルはかなり高いと思う。それは、ネットもTVもケータイもバリバリに使った人が初めて気がつくことではないかしら。各メディアはそれぞれが完全無欠というわけにはいかない。それぞれが相互補完する存在になっている。
本が電子媒体に完全に置き換わることはこれからもないと思っている。パソコンが普及したときに紙の消費量が減ると言われたがむしろ増えているようだし、パソコン解説書の多さは本屋に行ってみればすぐにわかる。人間のアタマにUSB端子でも付かない限り、本の完全電子化は無理だし、する意味がない。本は本という形だからいいのです。

話が大きく反れちまった(^^;。その後も録画した「踊る」を見続けている。このドラマのすごいところは、事件は日常に潜んでいる、という一貫した視点だ。第一話で退屈な日常はない、と否定したものの、やっぱり日常といわれる普段の日々が続いて行く。毎回特別な悪人が出てくるわけでもなく、スーパーマンが出てくるわけでもない。そんな”日常”から出発してドラマチックな話へと組み上げていく。

16時過ぎに五反田へ。入札会の本を引き取りに。夕食までオークション出品作業。今日は大量の落札を頂き、メール書きは日付が変わっても終わらなかった。いつもお買い上げありがとうございます。
2519歩 1.51km 24分 127.4kcal 2.7g

■2007/10/12 (金) 往復

まあ、晴れ。

朝から荷造り作業に追われる。大口がいくつか入ったので、置場の本が少し減った。助かります(^^;。お買い上げありがとうございます。
オヤジは明古に出かけるという。ワタシはあえてパスして昨日できなかったオークション出品作業を続行する。ちょっとヤバいんだよね、今月も。
ワタシが出かけている間に荷造りも出品作業も片づけてくれる人がいるならいいんだけど、残念ながらそーいう人は居ないもんで(^^;。

朝日新聞社から郵便物有り。早速開封すると、「文豪・夏目漱石」展のご案内だった。割引券付きチラシも入っていた。11月18日まで両国の江戸東京博物館で開催中。早速今度の休みにでも出かけてみようかしら(^^)。明日からネットでお買い上げいただいた方にチラシを同封します。ぜひお出かけください。枚数に限りがありますので、あしからず。

16時過ぎにクルマに乗って出る。五反田の入札会に寄り、そのまま神保町へ。昨日と打って変って桜田門が大渋滞で動かず(^^;。大手門前が地下対策で2年間車線減少でこれまた渋滞原因になっている。あ、そうそう、何かと話題の築地→豊洲移転も実は地下対策なので、いくら有毒ベンゼンが検出されようが予定は覆らないと思う。

荷物を積み込む。来週の月曜はものすごい出品量のようだ。店に戻って一人夕食。もうみんなすっかり食べ終わっていた。冷えたシチューをすする。食後の甲斐路がせめてもの救いだった(^^;。

しばらく仕事をしてから雪谷ランニングに出る。週二日はたった1週間しか守れなかった。毎日は走らない、ってことで手を打ちたい。
8897歩 5.33km 72分 515.9kcal 15.1g

■2007/10/11 (木) 出品へ

いい天気。久し振りに布団干しなど。

台所で洗い物などに使っている湯沸かし器がいよいよ壊れたらしい。「とにかく押してみてよ」と女房。大きな丸いボタンを押しこむといつもならボっと音がしてノズルからお湯が出るようになっているのだが、ワタシが押してみたところガスは点火せず、水がちょろちょろと出るだけだった。ああこりゃだめだろう。風呂の湯沸かし器とも違い毎日何十回と使っているだけに、設置して12年は十分働いたとみてあげるべきだろう。そもそもガス機器だから不具合を見逃すと死に至る事故を起こす危険性もある。
女房が近所のガス会社に電話したところ、午後には係の人がカタログを持って早速やってきた。来週には新品に取り換えてくれることになった。寒くなる前で良かった。

荷造り作業をどんどんこなしていく。昼飯をはさんで作業続行。今日は大量でなかなか終わらなかった。いつもお買い上げありがとうございます。

町会で集金する「赤い羽根の募金」のため、近所を一回り。一家庭350円頂くことになっている。これってどうなんだろう?といつも思うけど、まあコメントしないでおきます(^^;。あと年内にもう一回「歳末助け合い」でも集金して回る予定。

お茶の時間に隣のたい焼きを頂いてから出品のため古書会館へ向かう。道中はびっくりするくらいガラガラ。いつも超混みの国会前もガラガラだった。ラジオを聴きながら快走する。
荷物を降ろしているときにある方と遭遇してしばし世間話。神保町が一気に変わっていく様子を教えてもらった。今度一回りしなきゃね。

店には19時前に戻ってきた。古書月報が届いていたので読む。感銘を受ける文章有り。世界観を広げなければいけませんよ、ね。
夕食を食べてからオークション落札品のメール書き。今日はランニング我慢日です(^^;。
2617歩 1.56km 25分 133.7kcal 3.1g

■2007/10/10 (水) 1日店

曇り空。

子どもたちは秋休み中。女房は今日が休み最終日の娘を連れて野毛山動物園に連れて行くという。息子は部活に出かけて行ったが、すぐに帰って来た。「なんか中止らしいよ」

お昼は息子と二人でスーパーのパック寿司を買ってきて食べる。ほんの8貫程度のボリュームではあっという間になくなった(^^;。にしてもサンマの寿司はうまいね。

荷造り作業は少し少なめ。オークション出品作業に取り掛かる。今日は山のように積み上がったが、厚めの本が多かったから、というオチ(^^;。どうも最近はかどらない。

子どもたちが秋休み中は意識して茶の間のTVを見ていない。娘は不満そうだが、息子は特別見たい番組があれば動画サイトで見られるので何とも思っていない様子。あっという間にTVはネットに置き換わってしまった。ワタシより若い世代は動画サイトでTVを見るスタイルが主流になるから、いずれTVCMもレンタルDVDも成り立たなくなるんだろうね・・・。

夕食後、オークション落札品のメール書き。今日も大量で書き終えるのにたっぷり2時間。いつもお買い上げありがとうございます。ラジオではブログについてやっていた。10月から始まった新番組は前作よりもグッと内容が濃いので初回から聴いている。

仕事を終えてから雪谷ランニング。もう我慢できません。
7069歩 4.24km 57分 409.4kcal 13.7g

■2007/10/09 (火) 引き取り

朝から雨。

どうも神奈川大市会は雨に当たる気がする(^^;。三連休明けで荷造り仕事がドーンと積み上がっていたのだが、ひとまずおいて落札品の引き取りに出かけた。オヤジは休み。

道中は意外にもガラガラ。綱島街道は大豆戸と浦島丘で1回信号で待たされたのみ。渋滞が少ないのはガソリンが高いからかねぇ。
古書会館に到着。皆さん発送荷物の荷造り中だった。邪魔してはいけないのだが、引き取るときに付け合わせしているとのことだったので、M堂さんにお手伝いいただいた。ちゃんと全部チェックできたので、クルマを寄せて素早く積み込み。お世話になりました。ありがとうございました。

帰り道は国道一号を使う。大口のあたりと遠藤町で混んだが、ほかは通常の混雑のみ。店を出てから2時間ですべて終わった。

早速荷造り作業開始。昼飯をはさんでお茶の時間まで。荷物は40個を超えた。いつもお買い上げありがとうございます。
女房が荷物発送をすべてやってくれたので、あとはオークション出品作業を夕食まで。仕事が重なったため昨日に続き量をこなせなかった。
よく「量より質」といわれるが、ワタシは「量が質」だと思っている。

オークション落札品のメール書きをしながらラジオ。電磁波の人体に与える影響について。まず電磁波とは例外なくすべての電化製品から出るものらしい。ペースメーカーなどの医療機器に影響を与えることはそれなりに知られているが、他にも人体に直接、たとえば目の角膜に影響を与えたり、人間の感情をコントロールするホルモンを激減させたりするらしい。そのため、電磁波について諸外国では厳しい規制が敷かれているようなのだが、驚くなかれ日本には規制が全くないという(!)。電化製品に囲まれた生活を送っている毎日。そういうニュースには敏感になる。

昨日ランニングに出たので今日は休養する。
2567歩 1.53km 24分 136.1kcal 3.2g

■2007/10/08 (月) 大市会へ

朝から雨。

今日は神奈川大市会。車中久し振りに「竜馬がゆく」の続き。最近交換会で出ることが無くなったからなぁ・・・(^^;。久し振りでもちゃんと頭の中で話が続いて行くから不思議なもの。土佐に帰る道すがら三条家宛の密書を携えて同行する播磨介が捕えられ、それをきっかけにいよいよ竜馬が歴史の表舞台に立つ決心をする、というあたり。
竜馬は幼少のころ近所では愚鈍な子として有名で、寺子屋の先生から愛想をつかされ、親からも心配されるような子だったと、司馬遼太郎は書く。幼少期に馬鹿だ馬鹿だと言われ続けた竜馬には長く自分は馬鹿だという劣等感があった。それがようやく晴れてくるのは、江戸で北辰一刀流の免許皆伝を受け、剣の道をひとつ極めてからだった。
馬鹿という言葉には確かに毒がある。言われればいい気にはなるまい。親や先生から馬鹿と言われ続けても竜馬はめげなかった。それこそすでに天賦の才を持っていたと言えるのだが、親であっても自分の子供である竜馬の才能を見抜けないものなのだ。
何かをきっかけとしてその人が開く瞬間というものがあるようだ。そのきっかけが小さい頃に来る人もいれば、竜馬のように24歳で訪れる人も居よう。もしかしたら一生来ない人もいるかもしれない。ただ、何か一つ決めてそれに打ち込んで自分を磨けば、訪れるチャンスはグンと多くなるのではあるまいか。もちろん遊びではなく真剣に。そうしているうちにある日突然何かが降りてくる。そういう瞬間がきっと来るハズ。
何もしない、何も考えない。指示されたことのみコナシていればいいや、では、そういう瞬間は来ないよね・・・(がんばろっと)。

入札を終えて、ちょうど帰りが一緒になったある方とファミレスでお茶。店に戻って仕事開始。今日は荷造りは少なかった。雨なので何となく仕事もはかどらず、先週よりもずっと少ない量しか出品できなかった。明日頑張ります、って、明日は大市の荷物を取りにいかなきゃね・・・。

夕食後、オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。大量で書き終えるまで2時間を要す。それから我慢できずに雪谷ランニングに出る。
8609歩 5.16km 72分 486.8kcal 14.3g

■2007/10/07 (日) アスレチック

快晴。湿度も低い。

今日は町田の方にあるフィールドアスレチックへ行くことになった。南武線で溝口乗換え、田園都市線に乗ってすずかけ台駅まで。途中通過する駅が「あざみ野」やら「つくし野」という名前が多くて今どこを走っているのか全然つかめず(^^;。そういえばこの電車に乗るのは小学生の時遠足で乗って以来かも。
「東京郊外」な風景を歩いて15分ほどで到着。かなり年季の入った施設。入場料は大人800円(!)。結構高いと思ったけど、中に入ると人がいっぱい居た。二度びっくり。当初は本格的な施設としてオープンしたようだが、現在は子供の遊び場と言った方がピッタリなのでは。実際、娘と一緒にワタシも最初いくつかやってみたが、まわりの大人がそれぞれのお子さんのサポート役に徹している様子を見てやめた(^^;。

子供の遊び場とは書いたものの、身長が足りないと難しいところも多くて、たびたび娘のサポートをする。中でも池(ドブくさい泥池)を綱渡りしたり、桶やいかだを伝って渡るコーナーは池ポチャしないかどうか冷や汗をかいた。中には勢いよく池に突っ込んで全身びしょぬれになる”大人”や、バランスを崩していかだから池に落ちる男の子を何人も見た。娘は辛抱強く冷静に無事渡りきり、やれやれと胸をなでおろした。

コースをすべて終えるころにはすっかり西日の空。掴まった綱で手のひらをスリがちだった娘は出る前の手洗いも億劫な様子。まあ良く頑張りました。

夕食は小杉駅から少し歩いたところにある中華。小杉駅で息子とも待ち合わせ。まだ時間が少し早かったのですぐに座れた。地味にご飯系を中心に食べて出る。

店に戻って少し仕事。よっぽどランニングに出てしまおうかと思ったが、週二回枠に触れるので我慢する。・・・いつまで続くのやら。
13698歩 5.36km 126分 404.2kcal 11.4g

■2007/10/06 (土) 今日も1日店

朝から快晴。湿度が低くて快適。

今日から世間は三連休。さぞや行楽地は混雑しているでありましょう。そういう時こそ仕事をするのがこの商売であります。

で、店を開けたものの、店頭での売り上げは実質ゼロ円也(^^;。まあもう驚かないけどね。大事なのは、これが普通になった状況を受けて、それなら何をすればいいかを考えること。世の中は変わったんだ、と認識することから始めたい。

夜、仕事をしながらビジネスラジオ。コーチングについてやっていた。今会社では大変なことが起きているらしい。バブルの崩壊を遠因とする世代間の認識のズレ、について。ここでクドクド書くのも何なので、詳しくはラジオ局のHPを見てください。短く書くと「仕事は教わるもので、教わってないことはできないでアタリマエ」と受け身に考えている人が増えているらしい。どうなるニッポン。

今日もたくさんの落札ありがとうございます。メールを書いているうちに23時半。しばらく雪谷ランニングは週2回と書いたけど、すでに身体がなまり気味(^^;。ああ走りてぇー。
766歩 0.45km 7分 38.2kcal 0.0g

■2007/10/05 (金) 1日店

朝から晴れる。

今日は交換会を欠席して1日仕事に打ち込むことになる。本を仕入れてばかりでなかなか減らすことができず、そんな状態で今日も交換会に行けば1日つぶれてしまう。来週には神奈川の大市会もあることだし、今日は涙を飲んだ。

朝、まず近所で散髪しに行った。かれこれ2か月ぶりだった。さすがに平日なので行ったらすぐに始めてもらい、40分ほど。店に流れるラジオをぼんやり聴きながら何も考えずにいていいこの時間は結構好きだ。

スーパーで野菜ジュースを買って飲み、仕事開始。荷造り作業を終えてからオークション出品作業へ移行。意外と調子よく作業が進んだ。明日もこの調子で。

昨日が息子の、今日が娘の終業式。二学期制なのでこの時期に秋休みがある。とはいえ、息子は毎日部活があるようだ。結構なことです。どうせウチに居たってPCにかじりついているだけなんだから、外で友達と運動している方がいい。娘は午後に帰って来た。通信簿を見る。

夕食はロールキャベツ。トマトソース煮込みでおいしい。子供たちは生のトマトは食べないが、火を通したトマト味は好きらしい。きっとあの青臭さがダメなんだろうね。子供は何かと好き嫌いをいうものだねぇ。

夕食後は仕事がなかったので、久し振りに甘露PHOTO日記を書く。と言っても9月は雨でどこにも出かけなかったから、8月の旅行についてです。あしからず(^^;。
829歩 0.49km 8分 43.2kcal 0.7g

■2007/10/04 (木) 出品へ

もうすぐ神奈川組合の大市会がある。

あれから2年。月日の経つのは早いものです。
朝飯を食べ終えてから出品しに出た。綱島街道を始点から終点までひたすら走る。途中綱島と菊名で渋滞あり。ほかはスムーズに走れた。それでも50分くらいかかるんだね。結構遠い。
到着すると皆さん会場設営の作業中。どうか頑張ってください。理事さんに荷受していただき、早々に引き揚げた。邪魔してはいけない。
帰りは綱島で渋滞があったほかはスムーズ。店に戻って早速荷造り作業開始。いつもお買い上げありがとうございます。

荷造り作業は午後までずれ込む。オークション出品作業開始。今日は欲張ってたくさんの本を用意したらとても全部できず(^^;。ひと山残ってしまった。明日やります。

夕食後、オークション落札品のメール書きを終えてから雪谷ランニング。実はランニングシューズをネットで買ったのだ。今日から使い始め。実際に履いて走ってみると今までの靴とかなり違っている。まず軽いこと。次にかかとのクッションが分厚いこと。そして、つま先部分を下げてあること。このつま先の感触はいままでなかった構造で、最初違和感があったもののすぐに走りやすいことに気がついた。背筋が伸びるようなのだ。これはびっくり。いい買い物だった。
7902歩 4.74km 68分 434.2kcal 13.1g

■2007/10/03 (水) 1日店

曇り空。

今日も1日店で仕事の予定。朝飯を食べながら「踊る」の第二話。テーマは復讐って怖い・・・(^^;。

店の荷物はまだ積み上がったままなので、今日も鋭意入力作業を続ける。日記に変化がないのは仕事が積み上がっている証拠です。で、最近オークションに文学関係の本が多いのは、文学書が店で売れてない証拠です(^^;。

午後一杯仕事を続ける。娘のリクエストで今日のお茶受けにはお隣で買ったたい焼きが出る。おいしいねぇ(^^)。一週間に一度くらいは食べたいものだ。

今日は学校の運営委員会があるので、少し早目の夕食を食べて仕事を続行する。ちょっとこれは無理かなぁ、という量を積み上げておいたのだけど、どうにかすべてやり終えた。ちょっと無理な量を最初に積み上げておくのは自らをやる気にさせる”手”です。

女房は21時少し前に帰宅。結構大変だったね。お疲れ様。今日は休養日なので雪谷ランニングはしなかった。
1225歩 0.73km 12分 59.7kcal 0.0g

■2007/10/02 (火) 今年もあとわずか

10月になっていた。

駅前で赤い羽根の共同募金を呼びかける女子高生の声で思い出した。そういえば今年度は町内会の班長なので、赤い羽根の集金に回らなければならなかったのでは。明日確認してみよう。

あっという間に今年も終わるんだなぁ・・・。この10年はほんとにあっという間だった気がする。そんな調子できっと今後10年もあっという間に過ぎていくのだろう。となればあっという間に50歳に手が届く。昔なら死ぬ年齢である。あと10年の命と思ったらワタシは何から手をつけていけばいいんだろうねぇ。そんなこと考えるつもりもないけどね(^^;。

ネットでもラジオでもエリカ様の話でモチキリなのがすごい。新内閣が発足しようが、郵政が民営化されようが、巨人が5年ぶりに優勝しようが、不機嫌なエリカ様にはかなわない・・・。主演映画の舞台挨拶で不機嫌キャラ爆発の彼女に賛否両論。どーでもいい話で盛り上がりたいのは現実があまりに過酷だからだろうか。
彼女が出た映画は「パッチギ」と「間宮兄弟」だけDVDで見たが、どちらもナチュラルメイクで出演していたから美人だけど普通のキャラに見えた。プロモーション関係でTVや舞台に出るときのメイクはいかにも”つくってる”感じだから、不機嫌キャラもつくってるものなんだと思っていた。今回の騒動を見てそういうシャレみたいな部分が通用する人と通用しない人がやっぱりいるんだな、なんて思う。

10周年記念と銘打って昨日から「踊る」の再放送が始まった。録画して見ている。2、3年に一度くらい通して見たくなるドラマだと思う。第一話のテーマは退屈な日常。

ご入金頂いた分の荷物を鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。郵便が民営化されてシステムに若干の変更有。
午後はオークション出品作業。火曜日は定休日だが何かと人の出入りがあったりして忙しい。

夕食後の仕事を終えてから中6日の休養で雪谷ランニング。余裕で往復して帰って来た。しばらくは週2回に回数を抑えて様子を見ます。
6129歩 3.67km 50分 343.8kcal 11.0g

■2007/10/01 (月) 仕入もあり

今日も天気が悪い。木曜日までこんな感じと予報。

朝飯を食べながら、女房のリクエストで「家族ゲーム」のDVDを見る。今日返す予定だったので。やっぱり不思議な映画だ。森田監督作品に共通することだが、どこか観客を突き放すようでいて、ちゃんとがっちりと離さない要素が入っている。かといって期待通りに話は進まず、え?という感じで突然終わる。”最後の晩餐”はノーカットの長回し。迫力があった。

ゆっくりのんびりと仕事開始。やるべき仕事は積み上がっていたが、郵政の民営化が今日からだから現場は混乱しているらしくご入金も少ない。発送するべき荷物をすべて終えてからオークション出品作業を開始する。今日もかなりの量が積み上がりそうだ。

夕方になって仕入れに出かける。戻ってからも仕事の続き。結局忙しかったりする(^^;。

夕食後のラジオ。番組改編期で微妙に変化していたりする。やはり変えることに意義があるのだろうか。まあ、ふつう新しいことなら歓迎する雰囲気があるからね。あとで「期待を裏切られた」とか話は変化するのだけど(^^;。

今日からランニングを再開しようと支度をして外にでたら霧雨(^^;。中止なり。秋の長雨は長すぎ。
2517歩 1.51km 23分 136kcal 3.2g

2007年09月 < > 2007年11月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター