Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2005年12月

■甘露日記 2005年12月

■2005/12/31 (土) 大晦日

いつのまにやら大晦日(^^;。

今日は特に予定もなく、緩やかに時間が過ぎていく。それでもとりあえず10時ごろから仕事を始めた。昨夜から荷造りしておいた荷物が積み上がっていたので、いつものように郵便局へ集荷の電話をすると「本日の受付は終了しました」とテープ音声。うそ・・・。マジであせる。「明日の8時以降に電話を」とテープで言っていたが、んなわけないだろ。明日も同じ音声が流れるに決まってる。
一計を案じ、タウンページを開けた。で、タウンページに載っている集配営業課の番号をまわすと繋がった。今日もやっているそうだ。ホッとした。

昼飯が終わってから女房は子供たちを連れて大晦日恒例の伊達巻作りに出かけていった。ワタシは一人で黙々とHP修正作業。さすがに長年コンテンツを積み上げていくとそこかしこに統一感のなさを感じてくるものなのですよ(^^;。内容を変えるわけではなくて、表示の仕方やナビゲーション系をいじる。閲覧者が今甘露書房のページのどこを見ているのかが感覚的にとらえられるようにするため。こんなことプロのWEBデザイナーにとっては基本中の基本なんだろうけど、ワタシはプロじゃないんでね(^^;。まあアマチュアはアマチュアらしくプロには絶対真似できないようなねちっこくて濃い仕事をしますよ。プロの仕事はカタチは整ってるけど薄いからねぇ・・・。

昼過ぎにオヤジが店に来る。仕事をしにきたのかと思ったら掃除の続きだったらしい。今年ワタシは一切大掃除関係をしなかった。・・・いいのかな。代わりに休まず売り上げに直結する仕事は続けたけどね。今月はおかげさまでネットでの売り上げが大幅増。ありがとうございました。

さて、夕食は手巻寿司。年末の夕食は超豪華だね。スーパーで3割引になった刺身(切り落としね)を巻いて食べる。昨日に引き続き八海山。ああ、すっきりしていてなんて美味いんだ・・・! ちょうどはじまった紅白を見る。最初に演歌を集めるなんて新機軸だね。でも良く考えたら夜遅くまで見てるのは若者だから演歌は早めにやったほうがいいのかも。いい気分で酔っ払いながらしばらくボーっとテレビを見続けた。倖田來未が歌い終わったあたりから仕事に戻る。オークション落札品のメール書き。仕事しながらラジオでも紅白を聴く。終わったのはサブちゃんが紙吹雪の中、風雪流れ旅を歌っている最中。女房は年越しそばの準備をしていた。

子供たちも起きていた。年越しそばを食べながら再び八海山。へべれけのまま新年を迎えた。

■2005/12/30 (金) 正月の準備

甘露書房は年内の店舗営業を終了。

店はお休みだけど仕事に休みはない(^^;。昨夜のオークションも大盛況で出品した本のほとんど全部売り切った。いつもお買い上げありがとうございます。もちろん売れたといっても荷造りが済んだわけじゃない。ゴミ捨てをしてからはずっと荷造り作業。お買い上げありがとうございます。ご入金いただいた分は年内発送できるようにしてます。到着がいつになるかは郵便事情によるのでわかりませんが・・・(^^;。

女房は朝から忙しい。近所のスーパーのチラシを調べて買出しするものをリストアップしている。この時期主婦の皆さんはタイヘンですよねぇ・・・。
で、今日はお肉3割引セールでカニも安く売り出されるというので朝から出かけていった。お疲れ様です。

発送荷物が一旦区切りがついたので、資料会大市で買ってきておいた本の整理。ずっとオークション出品していて後回しになっていた本だ。今日はオークション出品作業が出来ないのでこういうときが整理のチャンス。始めてみると結構汚れが多いなぁ・・・(^^;。まあ仕方なし。売り物にならない本を除けて積み上げる。8本のうち3本廃棄処分することに。明日が事業ゴミ最終日なので滑り込みセーフ。ゴミ袋に入れて紐で縛り上げる。

お茶の時間まで仕事をする。女房は台所の大掃除中だった。ガスレンジがいつも収まっている場所から外されて徹底的に磨いている様子。で、傍らには自然解凍中のタラバガニ(!)の足が転がっている。だんだん気分も盛り上がってくる。よし、それなら、とワタシも正月の準備と称してちょっと出かけてくるか。「ウチも行くー!」と娘。厚着して年末のデートだ。

歩きながら娘はいろいろと喋ること・・・。幼稚園への通園路だったこともあって、「このみちひさしぶりでなつかしい・・・」とか(^^;。商店街にも人が多くて正月用品を売るお店はかなり賑わっている。活気のある商店街風景なんて久しく見ていなかったな。いいもんだな。

小杉で一番にぎやかな通りを歩くといつもより人が多い。スーパーの食料品売り場に入ると人でいっぱいだった。こういう活気のある場所に身を置くとなんとなく元気が出ていい感じ。正月用品の特設コーナーもあり。焼き鳥のワゴンセールなんぞやっていたので、つい余計な買い物なども・・・(^^;。ええと、日本酒を買いに来たんだった。新潟の純米吟醸酒を買った。

さて、いっぱい買った買った。夕食のカニが楽しみだ(^^)。

■2005/12/29 (木) 1日店

今日が甘露書房年内最終営業日。店舗は、ネ。

今日も寒い。ストーブをつけっぱなし。ウチは電気ストーブなので暖まり方はゆっくりだし限定的だ。朝からいつもの店の風景。オヤジは店を出してゆっくりと掃除。子供たちがお駄賃ほしさに店の大掃除を手伝うと言い出したのだが、今回は恒例の床磨きがないこともあり、店の掃除はすでに済んでいるとの返事。がっかりする子供たち。あとからおばあちゃんが「お手伝いしてくれるっていう気持ちだけもらっておくね」と二人にお小遣いを上げたらしい。うーん、微妙な措置だね(^^;。現金より(ちょっといい)お菓子とかのほうが良かったかも。

今日から母親はお正月料理の仕込みのため、店に来たのは昼飯のときのみ。あとはウチで数の子や黒豆、ナマス、きんとんなどの仕込みなどしている様子。毎年楽しみですわい。

オヤジは来年の愛書会展の目録受注が始まり、電話に釘付けになっている。「もう13件も注文が入ったんだよ」とうれしそう(^^)。年内に発送させて正解だったね。と話をあわせると「それが良かったのかもね」と。

昼飯を食べながら昨夜録画した笑ってこらえてのスペシャル。村人グランプリが主な内容だった。ワタシとしては吹奏楽やラクロスなどの部活ものが好きだったのだが、田舎で暮らすお年寄りの元気っぷりを見てやっぱり面白かった。都会は田舎に憧れ、田舎は都会にあこがれる。

午後いっぱいワタシはオークション出品作業。夕方、オヤジは店を早々に閉めてさっさと帰っていった。夕食は自宅で食べることになっているという。
夕食は野菜炒め。明日から夕食が超豪華になるため(^^)。
食べながらTVで収納王を見る。

夕食後はオークション落札品のメール書き。皆さん年末で今日を最終とお考えになっていらっしゃる方が多く、メール書きは深夜に及んでしまった。途中女房が箪笥の中でうなっていた昔の服を整理しに降りてきた。どうやらさっきの収納王に影響を受けたらしい。
まだ結婚する前、ワタシがプレゼントした水玉模様のワンピースが出てきた。「とても着れないから捨てるね」と女房。

収納の極意はまず”捨てる”ことから始まる。「おカネを出せば買えるものはとりあえず捨てる」至言だな、と思った。

■2005/12/28 (水) ほぼ1日店

今日は10時から歯医者の予約。

毎月通うことになってもう随分になるなぁ。と思っていたら、歯科衛生士のお姉さんからご提案。「P.M.T.C.という処置がありますけど、いかがですか?」保険がきかない診療らしい。そろそろ保険での診療は満期ってことかなぁ。などと思ったり(^^;。毎月通っている成果か、ワタシの歯の状態はかなり良いらしい。それはそれでいいことなのであるが・・・。
次回は年が明けて2月に行く予定。

店に戻ってからはオークション出品作業をひたすら。もう今年も押し迫ってきているのだが、店に積み上がった本が目に見えて減る様子もない。オヤジは今年中に減らすことをもう放棄してしまった様子で、ひとり黙々と大掃除中だった。ま。それもまたよし。母親は正月のおせち料理の材料をそろえることで今日は頭いっぱいらしい。メモに買い物するものを書き出しては確かめたり。正月が終わると母親には店の決算作業が待っている(^^;。お疲れ様です。してみると、いつもの仕事をいつものペースでしているのはワタシだけか・・・。

昼飯を食べた後もずっとオークション出品作業。お茶の時間のあとはペースを上げた。

夕食をたべながら所さんのスペシャル番組を見る。面白いねぇ。で、夕食後にお正月のお酒を買いに近所まで。今回は「八海山」ですよ。楽しみだねぇ(^^)。

21時過ぎからオークション落札品のメール書き。今日もたくさんのお買い上げありがとうございます。おかげさまで連日大盛り上がり中です(^^)。

■2005/12/27 (火) 1日店

朝から快晴。最近は寒いねぇ・・・(^^;。

今年もあとわずかということになっているのに火曜定休日。オヤジたちは休みだ。まあきっと大掃除でもしているんだと思うけど、ネ。
この間の日曜日に大掃除したウチは今日も仕事です。店は休みだけど中でバリバリに仕事してます。
昨夜から今朝にかけてはあまりご入金もなかったのと、昨夜のうちにメルマガとオークションニュースを出してしまったので、早速オークション出品作業。今日1日でこのあいだの大市で買った古いカメラ雑誌を全部出してしまいたい。それが目標だ。

娘は朝から学校へ。今日は冬休みパソコン教室というのがあるらしい。「カレンダーつくってくるよ」と張り切って女房と出かけていった。息子は当たり前のようにクリスマスで手に入れたガンプラの製作に入る(^^;。女房曰く「超・インドア派だよねー」。当たってます(^^;。

いったんお昼に帰ってきた娘は再び学校へ出かけた。「こんどはわくわく」らしい。いわゆる学童ね。
午後になって女房もデータ入力作業。ワタシはひたすらオークション出品作業。ストア登録してからこの手のデータ入力は確かに楽になった。でも1ヶ月18900円はちょっと高いかも(^^;。現在無料で利用させてもらっているのだが、一旦退会して理事が終わってからまた加入することを考えている。このランニングコストをウチの大蔵もオヤジも黙って払えないと言う。確かにちょっと高いとは思うけど、ウチの現在の売り上げ比率を考えたら当然必要な経費だと思うけどね、ワタシは。
経費が出せないと言うのなら、他にもっと削れる経費がいくらでもあるはず。・・・なんだか国の予算編成みたいだネ。

夕方になって急ぎ発送の仕事がいくつかあり、郵便局へ走る。空は夕暮れ。少しもこもこした雲が夕日に照らされてオレンジ色に輝いていた。それにしても寒いねぇ。ついコンビニで肉まんを女房と息子の分も買って帰る。はふはふと温かい。うまいうまい。100円で得られるシアワセ。安いもんだ。

夕食はカレー。食べながら昨夜録画したSMAPの特別編を見る。4時間半もあるらしく、見ても見ても終わらない(^^;。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。

■2005/12/26 (月) 横浜へ

今日が本年最後の交換会開催日。組合の仕事納めだ。

普段よりもずっと少ない出品数。それでも優品的なガイモノが出たのでワタシも入札する。人気が集中する本も出たようだ。追加になった品物を電話で注文する。古本屋にも問屋があるんです。

午前中いっぱいで1月に出す(予定)の古書ニュース原稿を起こす。原稿用紙11枚にも及ぶ文章。A4の用紙だと2枚分だ。原稿が事業部長宛に届いていたので事業部長さんに校正をお願いした。そのうえで執筆者にFAXでお送りした。1月はすんなり古書ニュースを出せそうだ。あと2回で年間発行ノルマ達成。途中からはワタシも毎号書き下ろした。そうしないと紙面が埋まらなかったからだ。大変だったんですよ、正直(^^;。
5月の任期満了までにはほかに総会資料という大作も執筆しなければならない・・・。書いたからってどーにもならないところがツライね。

さて、落札品をどうするか。明日引き取りに来るかどうか。・・・やめた。今日は持って帰れるだけにしよう。初市会後には一度クルマで来なければならないだろうし。

今日が年内最終ということでやることがいろいろある。会計理事さんとワタシで何か忘れていませんでしたっけ、と確かめる。交換会の会計と事務局の会計を締めるにあたって厚志の方お一人にお手伝い頂いた。おかげさまで事故なく終わりました。ありがとうございました。
タイムカードは18時過ぎ。お疲れ様でした。外は真っ暗。今年も無事に暮れていく。

店に戻ってからは荷造り作業。夕食はきりたんぽ鍋。「このおダンゴ、ウチがつくったんだよ。モッチモチだよ。」と娘。ご飯をつぶしてから丸めてあった。箸のような棒に巻きつければきりたんぽの形になるが、家庭用なのでそこまで作らなかった。鶏肉、とうふ、ねぎ、こんにゃく、ごぼう、ほうれんそうなど。ウマイねぇ。

夕食後は荷造り作業をひたすら。三連休後はお仕事が一気に押し寄せるんです。いつもお買い上げありがとうございます。

■2005/12/25 (日) 忘年

昨夜はなんとなく遅くまで起きていた。朝起きたら10時だった。

子供たちは朝早く起きて枕元にあったプレゼントを早速開けていた。息子にはもうサンタは来ないのだが、代わりに我々がプレゼントを上げることになっている。娘はいいのもらったとうれしそうだった。

一週間が経つのは早いのだが、日曜日はなかなか回ってこない気がする(^^;。休みの日は出かけたいのだがなぁ・・・。「何言ってんの。大掃除はどーすんのよ。」と女房。ご尤も(^^;。オトナシク出かけないことにした。よし、それなら、とがんばることにした。朝飯を食べ終わってからいざ開始。女房と子供たちはガラス拭き、床拭きなど。ワタシは物置と化した階段に積み上がったものを要るもの要らないものに選別。すぐにゴミ袋を用意して捨てたり。分別が大変だな。
バス釣りのお道具類。それに付随する釣り道具に仕掛け。もうバス釣りではスピニング系しか使わないんだけど、多摩川でコイを釣りたくなったらベイトリールを使うので、このあたりは温存。お道具ってのは知らず知らずのうちにたまるものです(^^;。
よし、少しは片付いたかな、とゴミ袋を見ると大袋が4つ(!)。こんなに・・・。ゴミと暮らしていたんだなぁ。

昼飯は15時少し前。切り餅を食べる。軽い昼飯だったので夕食はちょっと豪華にしようか、と”隣”へ行くことに。夕食の前にDVDを返しに行く。途中、コンビニの前で売れ残ったクリスマスケーキを売っていた。もはや絶滅した光景と思っていたが、ちょっとやる気のなさげな女の子が声を張り上げている。いかにも寒そうだ。あれじゃ売れないよね・・・(^^;。
まだ早い時間だったので禁煙席が空いていた。ラッキーだった。クリスマスだということでグラスワインをサービスしてもらい、いい気分。ほかに日本酒を1合飲むだけにした。飲みすぎは胃に良くない。

店に戻るとまだ20時前。それから延々とホームページ更新作業。長らくほっておいた不具合部分を直し、気分が乗ったので荒木さんのページを全面改装。といってもメニュー画面の写真を張り替えただけなのだが・・・(^^;。
いかにもシロートが作ってます、というページだけど、プロの手を煩わせるような内容でもない。ナビゲーションに難有は昔から。すいませんねぇ。我慢してください(^^;。

3時間ほどで完成したので早速アップする。しばらく荷造り作業など仕事もあり。

■2005/12/24 (土) イブ

朝はどんよりと曇り。次第に晴れ間。

いよいよ今年もあと一週間。早かったなぁ。あっという間だった。毎年この時期は時間と仕事に追われている気がする。それがいいことなのか悪いことなのかはわからないが、この時期はとにかく忙しい。

昨日落札した本を引き取りに神保町を往復。今日もなぜか中原街道は南千束手前で渋滞。今回はガソリンスタンドではなくてケーサツの車が2車線つぶしていた。何かの調査だろうか。ところがクルマの周りには誰もおらず、ただ無駄に二車線がつぶされている。渋滞原因作ってへーきなんだろうか・・・。渋滞はそのあたりだけで三連休中日の今日はとにかく道はガラガラなのだった。

昨日買えたのはカーゴ半台のみ。これは、というものは足立源一郎の本1点のみ。あとはいつもの口。いい本ほど商売になる値段では買わせてくれません。まるで損をするために札を書いているんじゃないか、って感じ(^^;。ちょっと言いすぎか。

店に戻って荷造り作業。そのあと昼飯。食べ終わってもメール書きと荷造り作業など。オークション出品作業は少し遅めの18時ころから。今日出品するオークションが終了するのは31日になる。紅白の裏でワタシはメール書きをひたすらすることになった。働きますよ。年末も(たぶん)お正月も(^^;。

例の岡本太郎対談集の中に黒川紀章氏と話している章があって、とても興味深い話をしていた。近代は合理的な都市計画を提唱し、職場と住宅を分けてその間を交通機関で結ぶことが最良と考え、実際にそういう都市作りが行われてきたし、そういうライフスタイルも確立した。ところが、その合理性がここへ来て人間という非合理な存在に再び乗り越えられる事態に立ち至っているのではないか、と黒川氏は主張していた。もともと人間の中は合理的・機能的になど出来ていない。どろどろとした混沌がある。それを乗り越える作業がコルビュジェなどが実践した都市の合理化だった。

なんでこんな話をしてんのかな・・・(^^;。今のワタシにとっては職場と住宅が一緒になっている今のスタイルが最も働きやすい環境に思えるということ。離してしまっては成立しなくなることが多くなりすぎる。
職場と住宅を離して整理する近代的な合理主義が西洋だとすれば、職場と住宅を一緒にして自然発生的に密集して形成されていく都市が非合理な東洋的となるだろうか。そう考えていくと、東京という都市は東洋と西洋が渾然とミックスされた世界に類を見ないエネルギッシュな都市と云えるのではなかろうか。

■2005/12/23 (金) 明治古典会クリスマス特選市会

朝から快晴。

今日は明治古典会のクリスマス特選市会。ワタシはお手伝いに呼ばれていた。喜んで出席させていただく。とにかくこういう市場運営の仕事は大好きなのだ。

11時半過ぎに神保町着。まずはスタンドカレー屋でコロッケカレーを食べた。それから古書会館。早速入札を始めた。何点か”これは”という荷物も出ていたので入札する。しまった、昼飯はコロッケカレーだ・・・。カツカレーを食っておけばよかった(^^;。

開札は13時半から始まる。現役の経営員の皆さんに混じってお手伝いとして働くのはワタシも馴染みの深い明古経営員OBおよび神田若手の皆さん。ワタシはこの市場の雰囲気が大好きなのだ。まるで古巣へ帰ってきたような懐かしさを感じた。それもそのはず。確かに神奈川組合員ではあるが、ワタシの古本屋人生のほとんど大半は神田のこの場所で過ごした経験しかないのだ。この場所のこの雰囲気でなければワタシには馴染めない”何か”があることを否定しようがない。

開札作業は至極順調に進む。作業人員が多めということがあるかもしれないが、気心の知れたベテランたちで進めているため、とワタシは思う。ワタシが現役で働いていたころとは建物も配置も人員も違うため、システムそのものはまったく刷新されているのだけど、基本的な作業は変わっていなかった。これは別に悪いことではなくて、例えて言うなら取説がなくてもスイスイ直感的に操作できる新製品のようなもの。どんなに新しくても取説と首っ引きでなければその機能が発揮できないならそれは優れたシステムとは云えないわけです。古くから利用している人も新しく入ってきた人も、なんでも直感的に操作・判断できるのが真に良いシステムなのですよ。そーいった意味でも、ここはいつも古くて新しいと感激なわけで。

開札は順調だったが、ワタシの入札した荷物はことごとく落札かなわない(^^;。やはりこういう大きな市会では商売になる値段での落札は無理かな・・・。クラインのニューヨーク、東松の長崎、たしからしさの中平卓馬。どれも売値と考える値段以上の札が入っていた(^^;。まるでアイデンティティー・ウォーの様相。商売度外視。

作業は19時過ぎに終了し、打ち上げ会にご招待いただいた。どうもお世話になりました。二次会の途中で失礼し、終電1本前の電車で帰宅する。

まだ起きていた女房に今日の事を話した後、日記を書き終えれば26時だった。

■2005/12/22 (木) 出品など

朝から快晴。ワタシの布団を干す。

9時過ぎに朝飯。女房が継続して借りていたらしい「あらいぐまラスカル」の続きを見ながら。このカルピス子供劇場のシリーズは大抵最終回に近くなると冬の場面が多くなる。それはナチュラルに最終回に近づいていくことを暗示していたのだろうか。13巻あったDVDもいよいよ最終回が近づいている。フランダースの犬もアルプスの少女ハイジも最初は見ていたがなんとなく物語が暗くなっていく気がして最後は見なくなってしまった。女房はリアルタイムで最初から最後まで見続けたらしいが(^^;。なかなかの文学少女だったんだね。

店が身動き取れなくなっていたため、神奈川組合の初市会で出品する荷物を搬入してしまおうと思いついた。昨夜オヤジが荷物をいくつか作っていた。10時過ぎに出た。綱島街道も比較的すいていて、思ったよりも早く往復できた。帰ってからはまず荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

とにかく年末に向けて店に積みあがっている本を減らしたい。今はそれだけ考えたい。そう思いながら作業を続けた。女房は午後から娘のプールへ付き添い。今週は火・木とプールで仕事が出来なかったね。溜まってますゼ、本(^^;。
途中ポツポツとご入金いただき、荷造りと入力作業を交互に行う。明日から三連休ということもあるので出来るだけ発送するように心がける。まるでクリスマス休暇の様相だ。

子供たちはクリスマスを指折り数えて楽しみにしている。そりゃプレゼントをもらえるからだろう。楽しみに思える日があるってのはいいことだ。子供たちが寝た後、リアルサンタの女房は近所の文房具屋で買ってきたビニールバックに娘にあげるプレゼントを込めていた。なるほど細かい「かわいいもの」がいっぱいだ。ワタシに見せられてもさっぱりわからないが、娘とはその「かわいさ」を共有できているらしい。まあ、女房も”元”娘なわけだから。ラスカルといい、プレゼントといい、娘の成長とともに自分の娘時代の想いをなぞっているのだろうか。

深夜、オークションのメール書きがなかなか終わらずに苦戦していると、女房がココアを作って持ってきてくれた。ワタシが自分で作るときにはわざわざ温めないが、女房が作ってくれたココアはちゃんと温めてあった。ウマイねぇ。

さて、もうひとふんばりだ。

■2005/12/21 (水) 今日も1日店

どんよりと曇り空。次第に晴れ間が。

今日は出かける予定もない。朝からどんどんご入金をいただいていたので、ドシドシ荷造りする。組合に行かない日はほぼ毎日20通から30通ほど発送する。いつもお買い上げありがとうございます。

仕事の合間、オヤジと母親を交えて甘露書房の経営会議。実際には家族会議だが・・・。決算が近づき、昨年よりも大幅に売り上げが下がってしまったことについて話し合う。で、ワタシとしては仕事がワタシに集中するリスクを話した。売り上げ減をワタシのせいにされてはたまらなかった。やんわりとオヤジが絡んだ売り上げも上げて欲しいと言いたかったのだが、例によって話はナチュラルにずれていく。
ワタシの仕入れてきた本は仕事をかければほとんど残らず売り切れるが、オヤジの買ってきた荷物はなかなか捌けない。実際に9月の大市で買ってきた小説の口が現在も買ってきたそのままの姿で店の通路に放置されている(^^;。
オヤジは全盛期に古書展で売り上げを伸ばしていた。店は初代に任せていた。古書展で売れに売れていたから何も問題はなかった。古書展に出せばとにかく量が捌けたし金額もかなり出来た。
時代が変わった。古書展で思うように売れなくなってきた。量も捌けないし金額もなかなか上がらない。インターネットの影響だろうか。時代が変わってきたのだ。「最近オヤジさん元気がないよ」とある方から耳打ちされたことがある。それでもオヤジにしてみれば得意な売り方は古書展しかない。40年近くそうやって売ってきた方法はもう変えられない。

古書展の存在はウチにとって微妙なものになりつつある。古書展で売れなかった本をどうやって捌くかがオヤジの中で確立されていないのだ。古書展用の良い(値段)の本で売れなかった本をどうやって売りこなすのか。ワタシはそういう意味でどうしたいのかを問うた。すると、オヤジの口からは意外な言葉が出た。「もう歳なんだからそんなにいろいろ働けないよ。引退したってぜんぜんおかしくない歳なんだよ。」

ワタシにあれこれ言われること自体を嫌っている様子だった。二の句が継げなくなり、てきとーに話を切り上げて仕事に戻った。ひとまず売り上げ減の最大原因はワタシが組合に取られているから、ということで落ち着いた。

■2005/12/20 (火) 1日店

比較的ゆっくりとした気持ちで居られる火曜日。

事業ゴミを出す。この間オヤジが明古で買ってきたカーゴ1台分のうち必要のない本たちだ。本屋も本を捨てる。捨てることで生きる本もあるのです。

昨夜のうちにメルマガもオークションニュースも出して置いたので、朝はゆっくりと昨日録画したドラマを見た。「危険なアネキ」は最終回。ラストに近づくにつれてちっとも危険じゃなくなったネ(^^;。みんないい人になってしまうのは月9じゃまあしょうがないか。

仕入れ1件。近所の銀行までお代金を振込みに行く。ネットよりも50円安かった。ウチは50円の節約のために20分かけるのです・・・!って実は今日これがないと外に出なさそうだったので(^^;。朝の横殴りの太陽は少し弱めだったが、照り返しが結構あってまぶしいのだった。

店に戻って今日発送の本の整理。年末になって発送する量がグンと増えた。いつもお買い上げありがとうございます。店で本に囲まれ、仕事場でも本で囲いが出来ている。がんばって今年中に全部売り切ります。よろしくお願いします。

昼飯を食べながら「ごくせん」の続きを見る。午後、女房は1時間ほど入力仕事をしてから娘のプールの付き添いで出かけていった。先日息子の怪我がらみでお休みしたときの振り替えだそうな。音楽教室にはそんな制度なかったな。こうして当たり前に振り替えをしてくれると音楽教室の振り替えなしがとても理不尽に思えてくる。決して安くない授業料を取っておいて教えないわけだから。身体を動かすことが大好きな娘にはこういう習い事はぴったりのようだ。
息子は一人でおとなしくガンダムのCDを聴きながらワープロで歌詞カードを作っているらしい。なるほどね。折れた腕は少しずつだが回復しているようで、右手で字が書けるようになってきた。

夕食までラジオを聴きながらみっちりオークション出品作業。夕食はカレー。「ごくせん」の続きを見る。食後もラジオを聴きながらオークション落札品のメール書き。連日盛況です。いつもお買い上げありがとうございます。日付が変わるころにやっとメール書きを終えた。それから日記書き。

■2005/12/19 (月) 初市会目録完成

朝から快晴。今日も寒い。

朝飯を食べて東横線に乗る。今日は自前のパソコンとスキャナーを持参。10時少し前に古書会館到着。初市会目録原稿締切日。完成させなければ帰れない(^^;。
とまあそんな悲壮な覚悟で臨んだのだが、肝心の目録原稿はほとんど追加されず、目録もぺらぺらなものになることが確実に(^^;。当初冊子に仕上げようとB5で版を組み、コピー用紙も用意しておいたのだが、完成してみれば表紙含めて8ページ。急遽B4両面見開き2枚で印刷することに決めた。写真版5ページに本文2ページ弱。大市後だからこんなものなのかもしれないが。

今回の初市会では5点以上出品した方にはなんと現金1万円が当たるチャンス有。当日いらっしゃる方はもちろん出品していただけるはずだけど、まさか出品者少数になれば出した方の1万円当たる確率が上がる。

近所の蕎麦屋で鳥せいろの昼食を済ませて古書会館に戻ると事業部長さんがいらっしゃっていた。早速出来た目録をカラーレーザープリンターで打ち出して校正をお願いする。出来上がったので印刷に入った。ううむ、想像以上に仕上がりが映えるなぁ。あとはランニングコストとのにらめっこになるだろうが、少部数なら原稿の完成から印刷までタイムラグなしの一気に出来るから断然便利なのではあるまいか。

打ち出しに多少時間がかかる。その間にホームページに手を入れ、目録品を全点掲出する作業を完成した。いまいちレイアウトに乱れが出たがご容赦ください。17時を過ぎたのでワタシと事業部長の二人で居残って目録打ち出しを見守るもののタイムアップ。あとは金曜日に作業を続けてやってもらいましょう。ちなみにワタシは金曜日組合には出ませんのであしからず。

今日買った荷物を背負って、持参したPCとスキャナーを手提げに入れた。反町駅が遠く感じた。国道に出るとハンバーグの不味いファミレスがつぶれて建物ががらんと真っ暗になっていた。夜空には金星が冷たく輝いている。冬だねぇ・・・。

店に戻ってからは全開で店の仕事。メール書きに荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。夕食は湯豆腐。ご飯は知り合いの古本屋さんからいただいた新潟産のコシヒカリ。うまいっっ(^^)。同じ米とは思えないねぇ。

夕食後もひたすら荷造り作業を続ける。終わらない終わらない・・・。

■2005/12/18 (日) 浅草逍遥

寒波襲来。

朝起きて快晴。寒風が吹き荒んでいる。女房も子供たちも出かけたくないらしい(^^;。しょーがねえなぁ。ワタシ一人で出かけることにした。ええと、一人ならどこへ行こうかなぁ。そうだ、浅草に行こう。「タイガー&ドラゴン」を見て以来まだ行っていなかった。

12時過ぎに浅草駅到着。お色直しが済んだという吾妻橋向こう側の金色を撮影。それからはいつものコース。まずは雷門。門の前は人力車の起点になっているようで、カップルで歩いている人たちは盛んに声をかけられている。写真を撮っている人の数は相変わらず多い。そのまま仲見世を歩く。正月ではないからまだそれほどでもないが、逆流して歩いてくる人も多く、結構歩きにくい。人形焼やせんべい、あげ饅頭の店に行列ができていたりする。羽子板市でごった返す浅草寺境内を避けて伝法院通りから六区方面に抜けた。今日は「タイガー&ドラゴン」のロケ地訪問が目的なので、浅草寺はとりあえず後回し。
伝法院通りの商店が一斉にお色直ししており、なかなか江戸情緒な感じ。やはりカメラを持った人が多いね。

六区と通称”煮込み通り”の路地にドラマ中「よしこ」という喫茶店になっていた店を発見する。その路地をまっすぐ歩くと「そば辰」があって、さらに突っ切ると浅草演芸ホールのまん前に出た。なるほどドラマそのままだ。小細工がない。意外と普段から歩いている場所だったんだな、と。

六区から浅草寺西門。境内に入る。やはり羽子板市に来ている人が多いがお参りまではしないようだ。突っ切って屋台村へ。風がピューピューと吹き抜けて寒いので昼飯を食べることにした。屋台はテントで周りを囲ってあり、中にはストーブがついていて暖かそう。焼きそばを頼むと「中で食べますかー?」とお姉さん。じゃ中で食べます(^^;。「はい、ご案内ー。あ、お会計は座ってからでいいよ。」と。座るなりお姉さん「お兄さん、どう?あったかいお酒もビールもあるけど」あ。じゃあ温かいお酒お願いします。「はいはい、ちょっと待ってねー。」で、表の焼き鳥を焼いている後ろから熱燗のカップ酒が運ばれてきた。シパっと空けて飲む。鼻に抜ける感じがして一瞬ムセそうになったが、それも最初だけ。運ばれてきた焼きそばを食べながら飲んでいるとだんだん身体も暖かくなってきた。

食べ終わって外に出るといい気分(^^;。そのまましばらく一人浅草を気楽に逍遥し、帰りの銀座線に揺られた。

■2005/12/17 (土) 仕入れなどあり

昨日古書会館から駅まで歩いている途中にケータイが鳴った。

「あーもしもし。今明古でいろいろ買っちゃったんだけど、明日荷物取りに来てくれるかな」オヤジのケータイからだった。んなもん自分で取りに行きゃいいだろ、と思ったが飲み込んだ(^^;。
というわけで、今日は朝から神保町往復となった。荷物置き場を見るとゆうにカーゴ1台分あった(^^;。ずいぶん買ったなぁ。

ipod用のFMトランスミッターを取り付けてipodをクルマで聴けるようになった。行き帰りの車内で聴く。これは意外と便利。CDなら何枚も持っていかなければならないところがこれ一個で済む。シガーソケットから電気を取ってipodの充電もできる。ところがトランスミッターの出力がかなり微弱で電波の強い場所を通ると混信してipodの楽曲が何も聞こえなくなった(^^;。帰り道に飯倉(東京タワー直下ね)を通過しようとして起きた現象。ということはやはりあのあたりに住んでいる方々はかなり強い電波に曝されているということだな。

店に戻って本を搬入する。もはやこれ以上は店に入らないというほどになってしまった。「もう店じゃないね」とオヤジ。わかってんじゃん(^^;。お客の入るスペースがほとんどない。もう店じゃないね。本望だけど(^^;。

ワタシが留守中にお客様がご来店され、本のご処分を考えておられるということで昼飯後早速お客様と連絡を取る。すぐにクルマで引き取りに行く。ありがとうございました。午後はみっちりと本の入力作業。

今日の夕食は女房の希望で一週間早めのクリスマス。まあクリスマスといったってケーキを食べようってだけのことで(^^;。今年はスーパーで売っていたべノアのスポンジケーキ(ワゴンセールで236円)を買ってきて、そこに泡立てた生クリームを塗りたくるというシンプル且つ安上がりな一品。これならクリスマスに限定しなくても作れるよね・・・(^^;。
久しぶりにビールを飲む気になったのでよなよなエールを買ってきた。ビーフシチューを食べる。うまいねぇ(^^)。ケーキは娘がさっき一生懸命クリームを塗りたくっていたもの。あまったクリームがドスンと上に乗っかって、真っ赤なイチゴが散らしてあった。なんだか豪雪地帯の風景みたい・・・。半額セールで借りてきた「ごくせん」の続きを見ながら食後にケーキを食す。うん、イチゴの酸っぱさとクリームが絶妙だ。うまいうまいとあっという間に食べ終えた。

ウチは出されたものは残さないねぇ(^^)。

■2005/12/16 (金) 横浜へ

今日も快晴。ここのところずっと寒い。

朝から横浜へ。到着すると事務所前にでかいダンボール箱。カラーレーザープリンターだった。うあ。結構でっかいなぁ。
タイムレコーダーを押してから早速開梱。プリンター本体と両面印刷ユニットが別になっており、説明書を読むと取り付ける必要があった。首っ引きで作業開始。もちろんプリンター本体のほうも走らせるまでにあれこれと手続きがあるようだ。お昼前までにコンセントにつなげてサンプル印字が打ち出せるところまでこぎつけた。

昼飯を近所の蕎麦屋さんで食べた後に今度はパソコンとの接続作業。さて、どこに設置しましょうか。そこから始めた。いろいろと検討した結果、やはり作業をするパソコンのそばに置いたほうがいいということになり、いままで置いてあったものを片付けたり移動したり。
パソコンに接続してドライバCDをパソコンにセット。さて、つながるか・・・。うまくいかなかった。それなら、とできるかぎり(LAN、USB、シリアル)の接続方法で試し、最後のシリアルでどうにか動いた。冷や汗ものだった(^^;。いま製作中の初市会目録写真版を打ち出してみた。ものすごくきれいに印字された。こりゃきれいだ。ウチの業務にはカラープリンターは必要ないのだけど、機械としての魅力があるね。このプリンターには(^^)。

15時すぎにタイムレコーダー。少し早めにあがらせてもらった。店に戻って荷造り作業など。あまりたいした仕事はできなかったが、明日の仕事の準備など。

夕食時にはここ最近楽しみになっているサッカー。おもしろかったなぁ。

■2005/12/15 (木) 今日も1日店

朝起きて今日も快晴。昼から曇るという予報なので布団は干さず。

先週は息子の骨折事件、女房の寝込みなどがあり、思うように仕事が出来なかった。その影響が今週来ている(^^;。オークション出品点数が少ないことによる売り上げの低下だ。結局ワタシの仕事量が減ることは即売り上げの低下へと直結してしまう。ひどく危うい状態だとは思うのだが、だからといってその対策を打てるわけでも無い。ワタシは一人しか居ないのだ。それだけに仕事が出来る時間は出来るだけ仕事に打ち込みたい。胃を痛がっているヒマなど無いのだ。

昼飯の直前に今日もココアを飲む。「もう痛くないんでしょ?もったいないんじゃない?」と女房が言う。直裁には言わなかったが、ワタシは寝込むわけにはいかないのだ。まして今は1年で一番の書き入れ時。身体のコンディションを最良に保っておくのは店の仕事なのですよ。胃を痛めてたら仕事に響く。

午前中から積極的に入力作業をこなす。途中電話局から人が来てこの間の説明を繰り返す。とうとう有線の電話を入れることになった。とにかくこの建物はシールドがきつくて電波が全然回らないのだ。別にワタシがカネを出すわけじゃないんだから、導入するかどうかはオヤジと母親で考えてくれりゃいいんだけど、「わからない」の一点張りなので結局ワタシが応対することに。応対と決定はするんだけど、実際のカネを払うのはワタシじゃないという良くわからない状況(^^;。有線と無線を組み合わせたシステムを入れることになった。工事は来年。実は取り替えることが決まってからトラブル続きだった電話が完全復活していたりする(^^;。捨てられると決まる機械ってちゃんと動いたりするんだよね。もう遅いよ。

午後、女房は娘をスイミングに連れて行く。ついでに「多摩川で凧揚げするんだって」ということになっているらしい。娘が是非やりたいんだと。風邪ひかないでよね。

一人仕事場にこもって仕事を続けた。17時少し前にもう一度ココアを飲む。湯に溶けにくいなぁ。成分のほとんどが遊離脂肪酸や食物繊維ということかしら。飲むとココア特有の甘い香り。なかなかおいしくてよろしい(^^)。マグカップの底には必ず溶け残ったココアがダマになってへばりつく。コソゲ落として口に入れると結構ほろ苦い。

今日も夕食を食べながらトヨタカップサッカー。リバプールのジェラードが決めたボレーシュート! カッコよかったぁ(^^)。

■2005/12/14 (水) 1日店

今日も朝から快晴。

朝飯を食べながら昨夜録画しておいた江戸川乱歩のTVを視る。今回ですでに2回目。先週の第1回は「屋根裏の散歩者」の話。今回は「パノラマ島奇談」。なんとも不思議な情景の描写。映画化されたらしく、主人公の人見役は伊東四朗さん。パノラマ島のモデルはミキモト真珠島だったらしく、若き日の乱歩は近くの工場で働いていたという。へぇー。
パノラマ島では主人公人見が作り上げた”この世の楽園”が再現されているのだが、その楽園の描写がなんともおっかしくて(^^;。正直これが楽園なの?というかんじ。明らかによみうりランドの水中バレエ劇場を流用したシーンがあり、もしや水中バレエ劇場はパノラマ島奇談からヒントを得たのかしら、とか思ったり。んなわけないか・・・(^^;。ちなみに世界で唯一の存在だった水中バレエ劇場は1996年に廃止されている。その昔幼稚園の遠足で行ったとき見た覚えがあったが、なんだか怖ろしいという印象だけが残っている。申し訳ないことではあるが。

解説の大槻ケンヂさんはストーリーよりもこの世界観や描写に強い思い入れがあるようだった。この物語が描かれたのは大正時代。まだカメラなどの光学機器が珍しかった時代に乱歩はムービーでいろいろと撮影していた。かのミキモト真珠島近くの海に潜る海女の姿を執拗に撮影しているフィルムが残っている。
カメラ(レンズ)という装置を介して現実を非現実の世界に変えるという行為に乱歩はひどくこだわっていたようだ。写真家はカメラで、小説家はペンで現実を非現実に変える。面白いねぇ。

昨日ココアというピロリ菌対策の妙薬を”発見”してから胃が痛まなくなった。よしよし、その調子。ココアの飲みすぎで病気になったなんて聞いたことがないから今日も昼飯前と17時ごろの2回飲んだ。HPで見た解説には1日1回とあったが、ココアは食品であって薬品じゃないから大丈夫でしょう。良薬口に甘し。なんてことがあるなんて。

12月が終わるまでに店に積み上がった本を何とかしなければならない。もう買うことよりも売ることに専念しなければならないのだが、そううまくいくかなぁ・・・(^^;。今年は年末の床磨きをパスさせてもらえると助かるんだけど、オヤジが許すわけないよねぇ。

夕食時に見始めたトヨタカップサッカーがあまりに面白くて試合終了まで見続けてしまった。最初「えー?!サッカー?」とイヤそーにしていた娘も途中から引き込まれていた。いい試合だったなぁ。

■2005/12/13 (火) 胃痛その後

朝から快晴。寒いのなんの(^^;。

あっという間に冬が来ていた印象。今日も晴れているから、と娘の布団を干した。昨日からずっと胃が痛いまま。なんとなく気分も重い。機嫌も悪くなる。昨夜の日記にはそーいうところが如実に出てるね(^^;。
昨夜のうちにメルマガとオークションニュースレターを発行しておいたので、今朝は比較的ゆっくりした気分。PCを開けてもメールボックスはガラガラだ。

気になっていたので胃のことについてネットであれこれと調べた。すると内視鏡のページがあったりする。ううむ、ピロリ菌か。日本人に胃潰瘍やら胃癌が多いのはどうやらこのピロリ菌が深く関与しているようだ。胃酸過多と思っていたが、もしやこのピロリ菌の感染がワタシの胃痛を引き起こしているのではなかろうか。内視鏡で胃の中を覗いた写真を何枚も見る。キレイな胃の内壁と胃潰瘍を起こしている内壁。果ては胃癌が発生している内壁の写真まである。・・・ますます気持ちが滅入った。シュクシュクとした胃の痛みも治まらない。感染していない胃は陶器のようにつるんとした内壁だったが、それに比べてヒダヒダで腫れぼったい肥大化した内壁の写真が”ピロリ胃”だった。

落ち込んだ気持ちを抱えながら朝飯を食べるがあまり美味く感じない。食べ終わって胃がしんどい感じがしたのでごろんと横になったとき、女房がふっと思い出したように言った。「ウチのおとーさんが胃潰瘍だったんだけど、そのときココアが利くって聞いたんで飲ませてあげたことがあったんだよ。そうそう思い出した!」
溺れる者はワラをも掴む。よしそれなら、と早速スーパーに走った。「純ココア」を買った。買って帰ってから早速ネットで「ピロリ ココア」と入れて検索をかけた。
すごいことが書かれていた。「カカオに含まれる脂肪酸はこのピロリ菌に直接くっつき、細胞内に入って殺菌するそうです。試験管での実験によりますと1億個のピロリ菌に10%濃度のココアを加えると1時間後に8-9割減りました。通常飲む3.5%のココアでも半減し、24時間後には100個以下になりました。」そんじょそこらの薬よりも強力な効き目じゃないか・・・!

一筋の光明を見た気がした。このサイトには1日1回濃い目のココアを食間に飲むように勧めている。まるで薬並みの扱い。早速17時ころ女房に淹れて貰ったココアを飲む。徐々に痛みが引いた気がした。いや、気のせいでもなんでもいい。どーせ胃痛を抑える対処療法的薬を飲むしか出来なかったのだ。痛み無く仕事が出来ればこれ以上のことはない。

■2005/12/12 (月) 横浜へ

朝起きて快晴。息子の布団を干す。

今日も横浜へ。なかなかウチの仕事が出来ない(^^;。本は買ってきたまま店でウンウン唸っている状態だ。オークションで本がどんどん動いてくれる状況に後押ししてもらい、市場で思うように仕入れが出来るようになった。ありがとうございます。
代わりに組合の仕事が足かせとなり、思うように仕事をする時間が取れない。週2日も取られるのは本当に大変なのだ。まさに時間との戦い。結局は店も組合の仕事も手を抜けなくて睡眠時間だけが削れていく状況がずっと続いている(^^;。そーいうストレスが溜まりに溜まっているのか、胃酸過多は治らない。空腹時に胃がシュクシュクと痛む。仕方ないので胃酸を抑える薬を2日に1回程度の割合で飲み続けている。第四コーナーを回ってゴールが見えてきたところまで何とか耐えてきたものの、いよいよ身体が悲鳴を上げ始めたということだろうか。あと少し、もう少しでございます、って選挙演説か(^^;。息子も来年は中学生。いつまでも若くはないんだよなぁ。

いよいよ来週に迫った初市会目録の締切日。来年の1月に開催されるのだけど、企画は大市が終わってすぐに仕上げた。もうワタシの気持ち的には初市会は終わっていて、1月に出す古書ニュースの編集と3月の春の良書市と5月の総会をどうするかを考えている。昼飯のとき事業部長さんに3月の話をしたら「まだ早いよ」といわれてしまったが、仕事に早すぎるなんてことはないんですよ。
旅行がその途中の2月に入るのだけど、あれは理事長に任せたのでワタシはノータッチ。ケツも持ちませんからあしからず(^^;。

店に戻ったのは17時半。それから荷造り作業とご注文品のメール書き。甘露通信からのご注文も引き続きいただいている。いつもお買い上げありがとうございます。
店売りは惨憺たるもの(^^;。「入ってくる人入って来る人見るだけで全然買わないよ」とオヤジ。売上伝票を見ればそれくらいわかりますよ。

超急ぎの仕事が1件。来年早々開催の愛書会展。宛名ラベルを打ち出しなおす。印刷所のミスでメール便対応(クリア封筒)なのにを間違えて従来の紙封筒に貼り付けてしまったらしい。自分の仕事までの距離はこうして伸びていく(^^;。

夕食後も荷造り仕事。

■2005/12/11 (日) Yカメラ往復

朝からどんよりと曇り。

今日は娘も寝込んでいることだし、特に出かける予定もなかった。ゆっくりと朝寝坊。起きたのは8時過ぎ。
少し遅めの朝飯を食べてしまったらあとはやることも無かった。ゴロンと横になる。グータラな休日だ(^^;。ま。たまにはこういうものいいな。

昼飯まで昼寝。13時半ごろに昼飯のおにぎりを食べてから息子と二人で横浜まで往復することになった。オヤジと母親から子供たちに「クリスマスだから何か買ってあげるよ」ということだった。おじいちゃんおばあちゃんとしてはかわいい孫には何でも買ってあげたいところだろうけど、それをワタシが止めながら抑制を利かせている。好きなものがなんでも手に入るという状況は本人にとってはとても不幸なことだと思うから。
まあ、そんなことを今本人に言っても何のことかわからない。何でも手に入ったほうが良いに決まってるじゃん、と言うだろうから何も言わないが(^^;。大人になればわかるよ。わからなきゃそれまでだけど。

休日のYカメラはすごい混雑だ。ボーナス後だし、混んでいて当然か。先週も来たガンプラ売り場へ。今日はあれこれ見ずに欲しいのを選んだらすぐにレジへ。それから地下街にある本屋でZ会のテキストを探した。もうすぐ息子は中学生になるのでZ会の中学コースを受けるのかどうか実物のテキストを見て判断しようということ。ところがテキストが置いてなかった。東口のルミネ5階まで行ったが同じだった。
息子はテキストよりも児童書コーナーにあるファンタジー系の本を眺めていた。「これこの間発売したんだけど、定価が高くてさー」とか話している。300ページくらいある本だが好きなものなら一気に読んでしまうらしい。・・・これは女房の血だな(^^;。ワタシは小学生のころ活字本なんか全然読まずにマンガばっかり読んでいたもの。”ブ”に出たら買えば?とワタシ。

特急に乗って帰ってくる。お茶を飲んでから女房に付き合ってスーパーまで買い物。タイムサービスであきたこまちが安かった。5kgで1580円也。10kg買ってワタシだけウチに戻る。

オヤジたちに「年賀状どうするんだ?」とせっつかれ、インクジェットプリンターのご機嫌を伺う。やはりインク切れ。隣駅までインクを買いに行く。ついでに年賀状図案集を本屋で買って戻る。

夕飯はペンネのミネストローネ風スープ。食べながら「未来少年コナン」を見る。ジムシーいいねぇ(^^)。夕食後は年賀状印刷。

■2005/12/10 (土) 五反田へ

朝から快晴。少しだけ早起きして五反田へ向かう。

事前にFAXで出品抄のお知らせがあった。中には牛腸茂雄の「SELF & OTHERS」や「日々」の署名入り本が載っていた。こりゃ行かなきゃな、と(^^;。どーせ落札できやしないのだが見ておいて損はない。

朝飯を食べ終わってから出かける。五反田到着は10時過ぎ。入札開始。牛腸茂雄の写真集は当然のように最終台にあった。まだそれほど入札に来ている人は居なかったが、封筒は札でパンパンになっていた。献呈署名落款入りでお手紙まで添えてあった。なかなかキッチリとした几帳面な字だった。もちろん入札はしたが落札は出来ないだろう。だったら入れなくても一緒なんだけど、まあここで見ましたという記帳のようなものです(^^;。

いつもの100円自販機でコーヒーを飲んでから五反田駅へ。おとなしく店に戻って今日は仕事だ。ここ数日忙しくてサボっていたオークション出品作業をとにかく進めなければならない。大市で買った荷物がドサっと積み上がっていながら五反田へ出かけるにはとにかく仕事あるのみ。

昼飯を食べに上がると、女房「今度は○○(娘の名前)がやられたよ・・・」と。熱を出して寝ていた(^^;。なんとまあ順繰りに・・・。お忙しいことで。とはいえ、娘は食欲もあって意外に元気。ちゃんと食べて水分を摂って寝てなさい。そーすれば治るよ。ワタシが二日酔の朝に飲めるようにと買い置きしてあった栄養入りゼリー飲料を飲ませるとおいしそうに飲む。ま。心配なさそうだね。

食後はひたすらオークション出品作業。15時になったので五反田へ落札品を回収に向かう。道は中原街道が環七とぶつかる長原の交差点を先頭に大渋滞(^^;。雪谷から延々ノロノロ運転となる。どうやら交差点そばにある安いガソリンスタンドに入るクルマが行列で一車線つぶれているのが原因らしい。コラコラ、営業に天下の公道を使っちゃいけませんよ(^^;。

買った荷物は小山になっていた。ただし、やはり予想通り牛腸茂雄関係書は落札なし。いったいいくらになったんだろうか。まあ知ったところで商売にはならない金額だろうから仕方ないんだけども(^^;。

店に戻って荷物を降ろすともうこれ以上入りきらないというくらいの量(^^;。店は開けても閉めても売り上げ金額には大きな影響はないから倉庫化してしまってもいいんだけどねぇ。もうすでに開放倉庫化しているけども。

夕食はきしめん。右腕骨折の息子は左手で箸を持って器用に平らげた。

■2005/12/09 (金) 横浜から神保町へ

快晴。ワタシの布団を干す。

昨日ダウンした女房は1日寝ていた甲斐あってかなんとか大丈夫な様子。無事に子供たちを学校へ送り出した。朝飯は昨日女房が食べるだろうと思って買ったパン。女房はパンを食べずにおかゆで我慢していた。いや、もともとおかゆ好きだからちょうどいい機会なのかもしれないが。炒り玉子を挟んで食べた。うまかった。

9時過ぎに今日も電車に乗った。古書会館到着は10時前。いつものようにシャッターを開けて階段の鍵を開ける。タイムレコーダーを押してから窓をあけて空気を入れ替えた。今日はこれといって仕事もない。HPで訂正必要な箇所があったのでそれを直したり。

11時を過ぎてからお暇して一旦店に戻る。水曜日に買った荷物を回収しにクルマで神田へと向かった。ちょうど昼時だったので道はガラガラ。すいーっと溜池まで進んだ。ところが内堀通りが大渋滞。都心だけが混んでいるというのはよくあるなぁ。
ちょうど明古の開札時間直前というタイミングだったが、買った荷物がカーゴ1台半もあったので自重する(^^;。まずは買った荷物を片付けないと買えないよね。

店まではこれまたすいーっと帰ってくる。女房と一緒にお茶を飲む。息子の病院の話。近所の病院に転院することになった。もう6年生なんだから一人で行かせたらいいよ、とワタシ。「でも初めてだから付いて行った方がいいんじゃない?」と女房。いや、昨日の様子なら大丈夫。こういうときは自分で責任持たせないといつまでたっても一人で立ち上がれないから・・・。

お茶を飲み終わってから荷造り仕事。いつもお買い上げありがとうございます。いつものように女房には本のデータ入力を頼む。ワタシはさっき持ち帰った荷物の整理を始めた。始めないと終わらないから・・・ネ。

夕食はブリあら大根。「ブリの切り身をセールしていたからブリの照り焼きでも作るか、と思ってスーパーに行ったんだけど、そばにブリあらが売っててそのほうがおいしそうに思ったから」と女房。うん。確かにブリ照りは家庭で作るにはうまく出来ないかもね。あらのほうがウマイんじゃないかしら。子供たちも残さず食べていた。やっぱりおいしいんだよ。

夕食後も本の整理。少しでも減らさないとなぁ。明日も買ってくるんだし・・・(^^;。

■2005/12/08 (木) 今度は・・・

朝起きて快晴。娘の布団を干す。

昨日右腕を骨折した息子は普通に学校へ出かけていった。しばらく不自由だろうけどまあがんばってよ。
さて、ワタシはワタシで今日は大市会で買った荷物を回収しに行かなければならない。朝飯を食べながら少し気持ちが前につんのめっていたところで女房が言った。「なんだか気持ち悪い。」 どうやら風邪をひいたらしかった。朝飯で食べたものを全部もどしてしまったらしい。少し蒼い顔をしていた。さっき畳んだ布団を引っ張り出して寝かせた。とにかく寝てなさいよ。今日荷物を回収に行くことをあきらめた。午後、女房の代わりに息子を病院へ連れて行かなければならない。

昼飯を、と思いスーパーへ買出し。「お昼のタイムサービス開催中です。2割引です!」というアナウンスに引っかかり、ネギトロ巻を買う。女房が食べられそうなやわらかパンとトマトのカップスープを買う。
早速お湯を沸かしてカップスープを作る。女房を起こしたがまだ表情から血の気が引いた感じ。まだダメだね。寝てなさい。

荷造り作業を一通りしているうちに息子が帰ってきた。もうそんな時間か。お茶を飲んでから病院へ出かける。昨日は救急車で運ばれたのでとんでもなく遠い病院になってしまった。16時の電車に乗って駅を降りてから買い物客でごった返す商店街を延々と歩いた。
病院に到着して診察券を出してから30分ほどで呼ばれる。診察してもらうかと思いきや、先生は昨日撮ったレントゲン写真を見て特に処置する様子もなし。別に今日は来なくても良かったんじゃないの?ワタシもレントゲン写真を見たが、どこが折れているのかよくわからない。いわゆるわかりやすくポキンと真っ二つではなく、ヒビが入っている程度の骨折らしい。「この程度なら3、4週間で治りますよ」と。
近所へ転院したい旨を申し出るとあっさりOKをもらう。昨日女房が話した先生とは違う人らしい。紹介状のようなものも書いてもらった。
会計が終わるまで20分ほど待って外に出ると真っ暗だった。さっき来た道を通って駅から電車に乗った。店に戻ったのは18時ちょうど。

晩飯は女房が買っておいた惣菜に頂いた焼き鳥など。どうもペースに乗れない日だった。

■2005/12/07 (水) なんだかいろいろと

朝は7時半起き。子供たちはいつものように学校へ出かけていった。

空は快晴。息子の布団を干す。今日は資料会の大市があるので、仕事もそこそこに神保町まで出かけることにした。11時ごろに到着し、開札順に入札して回る。小一時間ほどしてから昼飯に出る。しまった、ちょうどお昼時真っ只中だ(^^;。どこも大行列だろうなぁ・・・。
ま。散歩がてらボチボチと歩いていきますか。M大の前を通り、山の上ホテル方面に折れた。シケインを曲がって錦華公園横からまっすぐ歩いて白山通り。天丼いもやに並んだ。食べ終わったのは13時。

店に戻ると母親が開口一番「あ。帰ってきた。あのね、○○(息子の名前)が学校で怪我したって」今女房が付き添いで病院に行っているらしかった。「なんだか連絡もないから心配で・・・」いやいや、連絡が無いってことはそんなたいした怪我じゃないんじゃない?
しばらくして娘が帰ってくる。「おにいちゃんだいじょうぶかなぁ・・・。」と少し青い顔をしながら母親に話したそうな。お茶の時間もずっと心配している。「なんかね、だいにのせられてはこばれてたよ。」担架かな。てことは救急車か。うーむ。

しばらくして息子が帰ってきた。右腕に包帯。吊ってある。「骨折」だそうな(^^;。原因を聞いてあきれた。「廊下を走っていてコケた。」らしい。痛い痛いと思っているうちに眠くなってきて寝ちゃったらしく、それを見た先生がアタマでもぶつけて意識が落ちたか、とあわてて救急車となったという。なんだか状況だけなら大事件、のような(^^;。

救急車で運ばれたため結構遠い病院になってしまい、明日もそこまで行かなければならないらしい。近所へ転院を申し出た女房を相手にしてくれなかったという病院の先生。仕方なく学校に間に入ってもらって近所へ転院させようと思い、ワタシが学校に電話するなど。こんな忙しいときに限って・・・(^^;。まあたいした怪我じゃなかったから文句のひとつも言えるんだろうけど。

それにしても、学校の皆さんにはお騒がせしました。すみません。

なんて書きながらも、骨折するくらい元気があってよろしい、とか思っていたりする(^^;。不謹慎だなぁ。

大市行ったり、発送作業をしたり、息子の怪我の対応をしていたら自分の仕事をする時間がなくなってしまった。オークション出品作業できず。これまたすみません。

■2005/12/06 (火) 1日店

ぐっすり寝て8時に起きる。寒くなってくると朝寝が気持ちいいねぇ(^^)。

昨夜は眠気に負けて仕事が全部終わらなかったので、朝からピッチを上げて片付けていこう、と思った矢先、電話が鳴った。「あのう、NTTですが、ご依頼のありました電話機がやっと揃いましたので、これから取り付けに参ります」今日ですか?「はい」これからすぐですか?「すぐ行けますが」聞いてないよ・・・(^^;。今日はオヤジたちが休みだ。こういう面倒なことはオヤジたちに任せてワタシは仕事に没頭しなければならないのだが。しぶしぶお付き合いすることになった。

電話は店を建て直したときに設置したアナログ式コードレス電話。だんだんモノや電子機器が増えるにつれて通話が繋がらないことがたびたび起きるようになってきた。電話局によると「ユニットの摩滅ではないか」ということだった。で、買い換えることになったのだった。
今回取り付けるのはデジタル式。もうアナログ式は作っていないという。ただし「デジタルは電波が直角にしか飛ばないので、こういう建物の場合には届きにくいんですよ」とのこと。アナログ式のほうが電波がニュルニュルと隙間を伝って届こうとするらしい。デジタルってのも不便なんだな。
電波中継器を設置することになったのだが、これが電波を拾える限界の位置に設置することを目標に、階段を登ったり降りたりする。「あ。この壁のこっち側とあっち側で通じたり通じなかったりしますよね。かなり不安定ですね。これじゃカバーしきれないなぁ。」これが1時間以上時間をかけて出た今日の結論(^^;。結局電話機は取り替えられず、後日電話線の工事をした上でホームテレホン(有線)にするか親機を2階に設置するかの選択を迫られることになった。「これだけシールドのきつい建物だと有線にしてもらったほうが安心なんですけどねぇ」とは正直なところだろう。ただし、機器の値段は倍に跳ね上がる。ここか思案のしどころだ。

ムダに時間を過ごしてしまったので、仕事はさらに積み上がっていた。昨日から紙目録の受注も始まっていたのだ。ご入金を知らせるメールの山・山・山。積みあがる要発送荷物。とにかく少しずつでも仕事を進めていかなければ。途中から女房が降りてきたので、紙目録受注品を店の棚から引っこ抜く作業をしてもらう。

メールマガジンも発行したりしてなかなか仕事に追いつかない。余裕が出てきたのは16時過ぎころだったかしら(^^;。いつもお買い上げありがとうございます。

■2005/12/05 (月) 横浜へ

朝から快晴。昨日の雨は何だったのか(^^;。

今日も横浜へ。午前中は午後にある理事会の準備やら雑事仕事を一通り。昼過ぎに理事長が出前を取ってくれる。どうもありがとうございます。今日もざるとろを頼んだ。これなかなかウマイんですワ。
食べ終わった頃から理事会を。来年の話です。初市会のことと旅行会のこと。どちらもワタシの担当ではないが、初市会ではやはり目録編集とネット掲載はワタシの仕事。旅行の幹事は理事長にお願いしたが、皆さんに配布するプリント作成はワタシの担当だ。

理事会が終わって雑事仕事をいくつか。仕事ってのはいつも降って湧いてくるもんです。

仕事が終わってからYさんとIさんを連れて横浜まで移動。今日はある方をお迎えしてカラオケ大会の予定。ええと、どうしてこういうことになったんだっけか・・・(^^;。まあいいや。約束のお時間までYカメラ地下にあるカフェで時間を潰す。到着のお電話があったので急いで待ち合わせの場所へ移動。あ、いらっしゃった。どうもどうもようこそ横浜へ(^^)。とりあえずお食事でも、と思いきや「混んでるようですから、このまま歌に行っちゃいますか」というある方のご希望もあり、そのままカラオケ屋さんへ移動。入るなり吉川の「モニカ」絶唱されるある方(って匿名にしているけどバレバレか)・・・。ううむ、今日は高音の伸びがいいですねぇ。バージョンアップしてますよ(^^)。

そんなこんなでカラオケを3時間以上。歌い過ぎで声がしわがれながら帰宅。それから仕事仕事で26時半(^^;。今日も眠いです。

■2005/12/04 (日) プレゼントを買いに

朝起きて8:40。日頃の寝不足を一気に解消・・・(^^;。

外は曇り空。今にも降りそうだ。今日は雨でもいい。横浜のYカメラまで息子のクリスマスプレゼントを買いに行く予定。女房から息子には数年前「もう今年からサンタさん来ないってさ」と通達済みなので、代わりに親が何か買ってあげるよ、と方向転換していた。いいトシしてサンタでもないだろうしね(^^;。
しばらく仕事をしてからお昼頃出掛けた。横浜駅は相変わらずの混雑。地下街を通ってYカメラへ。早速娘は店頭で配っている風船をもらう。B2にある食堂街へ。ここもかなり混雑していた。どの店も行列だったがオムライスのお店は比較的すいていた。子供たちも「たべたい」ということだったので入ることにした。なかなかボリュームのあるオムライスを食べ終えてから6階のおもちゃ売り場へ。女子組、男子組で分かれて行動することに。

ものすごい規模でプラモデルやフィギュアが揃っていた。「ガンプラ」と書かれた看板に吸い寄せられる息子。つい最近発売されたガンダムが欲しいらしかった。他に塗料に面相筆、薄刃ニッパーを物色している。じっくりとあれこれ見比べて選ぶのはワタシにそっくりだ(^^;。親子だねぇ。
やっと決まったらしいのでレジへ。約束でプレゼントは2000円以内。それ以上の分は「自分で払う」とのこと。子供に制約の中でどうするかの判断をさせるのは親の務め。無制限に与えることは絶対にしない。自分もそう育てられた。それでも普段よりもいい買い物が出来たと、息子は上機嫌だ。

Yカメラを出ると雨だった。散歩はあきらめて電車に乗った。店に戻ったのは16時。ビデオ屋で昨日に続き「ごくせん」を借りて見ることにした。雨じゃ仕方ない。仲間由紀恵サンの演技ってほとんど初めて見たのだけど、丁寧な発声に好感。ドラマもマンガチックな演出が大げさすぎずにいい感じ。あっという間に4話から6話まで見終わった。テレビの見すぎですっっ・・・(^^;。

夕食はタコ入りやきそば。ビールも飲む。気持ちよくひと寝入りしてから仕事。12月は書入れ時です。

■2005/12/03 (土) 授業参観

気が付けば12月だった・・・(^^;。

女房の話。「昨日○○(○○は娘の名前)がさぁ、一人で窓開けてサンタさんに小さい声でプレゼントのお願いしてんの。」あ、そうか。もうそーゆー時期だね。「なんてお願いしてたと思う?「サンタさん、かわいいシールがほしいですっ」だってサ」実のサンタさんはリサーチに余念がないな(^^;。

その娘が是非来てくれという今日は授業参観の日。朝から女房と二人で小学校まで出かけた。息子に見に行ったほうがいいかどうか聞いてみると「えー、来るの?」と言われた。この間の質問がそーとーイヤだったらしいな(^^;。そんなことじゃ就職面接受けられないゾって小学生に言う言葉じゃないか・・・。

9時半ごろに娘の教室へ。結構父兄が来ているな。国語の授業中だった。話の中の登場人物になった気持ちで主人公に手紙を書きましょう、という内容だった。残念ながら娘の発表は終わっていたが、他の生徒が黒板の前に立って自分の作文を読み上げていた。内容云々よりも書いたものを発表するということが大事だと思う。
1時間目終了のチャイムが鳴り、2時間目体育の着替え時間となったため、教室を出て息子の授業を見に行くことにした。ところが参観に来ている父兄はほとんど居ない。こういう雰囲気の中教室には入りづらいので廊下から中をうかがうだけにした。授業の邪魔になるのでは仕方ない。息子はなんだかつまんなそうにしていた(^^;。

娘の2時間目は外で体育の授業。案内のプリントにはボール遊びという内容が書いてある。体育倉庫からボールのほかに輪っかとかダンボールを積み上げたり、パイロンをたててボールを投げて遊んでいる。ボールに慣れるというのが趣旨だろうね。ドッジボールがうまくなるよ、きっと。
すぐ横には給食室。今日の献立のカレーシチューのいいにおいが漂ってくる。ワタシが居た頃は給食室のドアとか開いてて白い湯気がもあもあってそこから出てきていかにも給食室って感じだったけどなぁ・・・。今は閉め切っている。「いまいろんな事件とか起こるからじゃない?」と女房。イヤな世の中になったものだ。

子供たちは半そでの体操着で元気一杯動き回っていたが、か弱い(^^;大人はじっとしていて寒くなってきたから店に戻ることにした。
帰り道、ビデオ屋さんが半額だったことを思い出し、「ごくせん」を借りた。昼飯のときに早速見る。おもしれえじゃん(^^)。

■2005/12/02 (金) 横浜へ

朝は7時半に起こされた。

眠かったが意外と意識はハッキリしている。助かった(^^;。昨日の打ち上げで焼酎を中心に飲んだのが功を奏したか。それでもいつもならするPCの立ち上げをしないまま横浜へ出た。

今朝は新規組合加入の方がお二人いらっしゃり、納めていただくものを納めていただいた。これからどうかよろしくお願いします。これで晴れて神奈川古書組合員です。早速事業部長さん連れられて市場でご紹介。その後、市場利用に際しての注意事項や、組合加入に際してお伝えしておくべき事項をご説明申し上げる。現在神奈川古書組合に加入される場合、おおよそ30万円が必要。ただ、加入すれば東京の市場にも出入りできるようになるから、仕入れの面で非組合員で居るのとは比べ物にならないほど有利になる。サイト「日本の古本屋」データベースに参加できるのも大きなメリット。今日加入のお二人も「日本の古本屋」に参加されるとのことだったので、早速東京組合担当事務の方にご連絡申し上げた。どうかよろしくお願いします。

で、昼飯を近所の蕎麦屋まで。なんとなく胃が痛み始めていたのでざるとろを初めて食べる。なかなかウマイ。これならウチでも作れそうだな。

事務所に戻ってから初市会で写真版撮影した品物の画像加工作業。品物を撮影した写真はそのままじゃ使えない。余計な部分を切り取って画像サイズを適正な大きさまで縮小しないと編集時に具合が悪い。おおよそ1時間ほど。
今日やるべき仕事が一段落したので今日はお暇することにした。ちょうど16時頃にタイムカード。まあ3時間睡眠で眠かったことも早引けの理由だが(^^;。

店に戻って恐る恐るPCを開けるとメールの山・山・山。メールの数だけお仕事。眠いなんて言ってられない。早速荷造り作業を全開で。途端に発送荷物が積み上がった。いつもお買い上げありがとうございます。

夕食はほうとう。味噌仕込のスープに山梨名物のぶっとくて平たいうどん。かぼちゃを入れるのがイイね(^^)。かなりウマイ。パクパクっと食べきったら眠くなってきた。いよいよオネムかな。モー今日は仕事しないっ・・・(^^;。

■2005/12/01 (木) サザン

朝、TEL。Yカメラの配送係さんからだった。

「10時頃にお届けにあがります。」いよいよ注文しておいたGR DIGITALが届いた。早速開梱してカメラを取り出し、充電池をコンセントに突き刺した。仕事をしながら充電を待つ。小一時間ほどで満充電となったので早速起動。年月日を合わせるとレンズが繰り出してディスプレイに画像が表示された。準備完了だった。シャッターボタンを半押しするとピント合わせに鏡胴がキュルキュルと少し甲高い音を立てて繰り出される。少しストロークの深いシャッターボタンを押し切ると早速仕事場の映像がCCDからSDカードにメモリーされた。新品カメラを買うのは1年ぶりだ。

昨夜落札頂いたお客様から続々とご入金をいただき、次々に梱包作業。いつもお買い上げありがとうございます。

今日は夕方からサザンオールスターズの東京ドーム公演に出かけることとなっていた。17時にOさんと待ち合わせて水道橋駅に向かった。軽く夕食をとるために喫茶店でサンドイッチ。コーヒーを飲み終わって出ると水道橋駅からドームまでの道はものすごい人の波だった。
中へ入るまでに大行列。持ち物検査をしていた。1階席47列。一番奥だったが見やすい位置だった。人はまだまだどんどん入ってくる。外野は2階まで。グランドはアリーナとして座席が広げられている。ものすごい収容人数になる。・・・やはり満席になるのだろうか。桑田さんの姿が豆粒のよう(^^;。巨大スクリーンだけが頼りだ。
18時半過ぎにコンサートが始まった。ほどなくして席は埋まった。21時半ころまで約3時間。「キラーストリート」からもスタンダードからも随分たくさんの曲を聴いたなぁ。

バックスクリーン前にステージがあり、スクリーンに映し出される映像は新曲には歌詞が出る。スタンダードには出ない。みんな知っているんだもんねぇ。ワタシもスタンダードは全部歌えた。「Bye Bye My Love」は絶叫しましたワ(^^;。ふぅ、すっきりした。

コンサートがはねてから白山通り沿いにある飲み屋でOさんと打ち上げ会。終電で帰宅。それから延々と仕事仕事で28時まで(^^;。眠いヨー。

2005年11月 < > 2006年01月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター