Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2005年04月

■甘露日記 2005年04月

■2005/04/30 (土) 1日店

GWも二日目。ウチは至って平静に仕事の日。

何とか無事にサーバー移転が成功した。メールもネームサーバーを書き換えてもらったとたんにちゃんと移転し、その後特に障害もない。サーバーの容量は今までの5倍で料金は今までの2/3。サービスも充実していて言うことなし。成功と言うよりも大成功だった(^^)。

昨日オヤジに持ち帰って読んでもらうことにした総会資料の下書き。今朝早速聞いてみた。概ね「これでいいんじゃないの?」という答えだったが、それではせっかく頼んだ意味がないので、こんなこと書いていいの?とか思った箇所はないのかを問い質す。「あ。そういえばあったよ。ええとね、ここ。」ああここね。やっぱりそうかぁ。でもここはワタシが書いた部分じゃないんだよね(^^;。まあ言いたいことは言いたいこととして、主旨を変えないように言い回しを少し検討してみるべきかもしれないな・・・。もちろんどんなことが書いてあるのかは、ここには書きません(^^;。

おやつは近所のお菓子屋さんで買ってくれた柏餅。ワタシが子どもの頃から食べてきた柏餅で、そんじょそこらの柏餅では相手にならないくらいウマイ。ずっと食べ続けてきたから贔屓目で見ているからだろうか。子どもたちも「ウマイウマイ」と食べているからきっと本当にウマイに違いない。自由が丘に本店を持つチェーン店系お菓子屋の柏餅はここよりもずっと値段が高いのに小さくて美味くない(^^;。無くなっては困る5月の味。

明日がWEB目録更新日なのでその作業。そんなこんなしているうちに夕食。今日は筍ご飯とブリアラの煮付け。筍ってのはウマイねぇ(^^)。おかわりを息子と取り合いする。大人げない(^^;。

夕食後はオークションで落札していただいた方にメール書き。いつもお買い上げ有難うございます。

■2005/04/29 (金) 横浜へ

今日からGW。何も関係なく普段どおり横浜へ向かう。

朝の電車はさすがにすいている、と言いたいところだが、むしろ普段より乗車率は少し高め。通勤よりも遊びに行く場所としての横浜ということか。たしかにスーツ姿の人は少なくて、スーツケースを引いた女性が複数いらっしゃった。新幹線ですか?菊名で降りた。お気をつけて。

葉桜通りを歩いて古書会館。今日も総会に向けた仕事をする。パソコンの前で一人データと格闘。今日は理事長にも催事の数字を集計してもらう作業。事務の方が一人欠席だったのでパソコンから引き出せないデータがいくつかあったりして(^^;。そのデータ記入は今度の月曜日に回すことに。まあできるところをできるだけ片付けてしまおう。

総会の時に配る総会資料の作成は専務理事の仕事だ。15ページほどの冊子だが、ここに文字を埋めるのは結構大変だ。もちろん甘露日記を書いたって仕方ないので(^^;、すべてが書き下ろし。組合活動の1年間を振り返り、何をどう工夫してどんなところにお金を使ったか、そのお金でどんな効果を得たかなどを書いていく。書き始めて数週間経つが、決算が終了しないと書き込めない事項もあり、まだ完成にこぎつけることができない。あせらず、とは思うのだけど、早く完成させないと安心できない性格なのだ。夏休みの宿題は先に終わらせようとするタイプの人間だ(^^;。

昼飯は駅近くのM屋でカレーに生野菜。野菜は冷蔵庫なのでボソボソ系(^^;。仕方なし。帰り道は少し遠回りして反町公園を一回り。普段目の前に見ているので別段気にも留めなかったが、花壇はちゃんと整備されていたり、遊具もそれなりに設置してあって、連休初日の今日は親子連れでにぎわっていた。連休を安近で過ごす人には基本的にシンパシーを感じる(^^;ので、少し気持ちも晴れやかに。古書会館に戻って再びPCの前に座った。

タイムカードは17時頃。店に戻ってオヤジに書いた資料を一読してもらうことにした。自分では良しと思って書いていることだが、過去に同じ神奈川組合の専務理事を務めたオヤジの眼から見てワタシの見解はどう映るのかが知りたかった。書いてはいけないようなことをつい筆を滑らせていないかどうか、など、そういうニュアンス的なことも知りたかった。

夕食はそば。子どもたちは上半身ハダカで扇風機が回っていた。店は連休初日でむしろ大商い。いつも有難うございます(^^)。

■2005/04/28 (木) 完了

朝から快晴。カラスがうるさくて眼が覚める(^^;。

いよいよ明日からGW。ラジオではもう交通渋滞を伝えてる。特に成田空港へ向かう道がすごいらしい。今日からお休みってことかしら。

先日来の懸案となっているドメイン移転作業。いよいよ今日、山場を迎えた。彼の国にあるレジストラにあてて送る身分証明書類の用意。期限切れのパスポートと運転免許証。近所のスーパーで1枚にコピーして管理会社へFAXした。管理会社からかの国のレジストラに宛ててワタシの個人情報が飛んでいくことになる。その個人情報を確認ができると、レジストラの書き換えに応じてくれる仕組みになっている。まあ、これは重大な問題だから、実際には変更が簡単に出来てしまうと全くの第三者にHPの書き換えを許すことにもなり兼ねない。扱いは慎重であっていいんだけど、英語が出来ないからなぁ・・・(^^;。翻訳やら手続きやらを英語でやる必要が出るとなると、日本語で相手と話が出来て、日本語で手続きができる所を選ぶのは当然で、別に安きに流れたわけではない。
今回乗り換えた会社はレジストラを兼ね、日本語でドメイン更新を含めて各種手続きが可能だ♪

で、午前中にFAXで送ると、午後になって「作業が完了しました」とメールが入る。確かにkanroshobo.comを開くと新規会社にアップしたデータが閲覧できるようになっていた。デジタルはこういうところが早いなぁ・・・。メールも新規会社のメールサーバーから受信できている。反対に以前使っていたメールサーバーは「存在しません」とエラーが出るようになった。ネット全体に今回の変更が行き渡るまで「48時間ほどかかります」ということだったので、少し様子を見てから以前の会社は解約することとする。長い間お疲れ様でした。

5月の愛書会展ポスターと目録が届いたので、早速スキャナーで読み取ってページにアップ。本当はデータを印刷屋さんからもらってページとして割り付けるとカッコいいんだけど、なかなかねぇ(^^;。面倒で。

午後から女房は本のデータアップ。もうすぐ5月。女房がいつも座って作業するテーブルには兜が飾られている。ちょうど兜と対面しながら仕事をすることになっている。

今日は夏日。いよいよ夏がやってきた。春はたった1ヶ月で去っていく。女房も子どもたちも「暑い暑い」とTシャツ1枚だ。おいおい、風邪ひくなよー。

■2005/04/27 (水) 今日も1日店

朝から快晴。

まずは歯医者へ。予防の為の点検でも保険が効くというコース。代わりにこのメンテナンス中は医療保険を他で使えないとか。よく仕組みはわからなかったが、まあ虫歯にならないならそれでいい。
掃除の前にまずは歯に色素を付けて歯垢の残っている部分を特定。手鏡で見てみると、歯の裏側が磨けていない。あとは歯と歯の間。歯ブラシは毛先だけを歯に当てるのが正しい方法。力を入れてしまうとブラシの腹を押し付けるだけなので、なんとなく強く磨くとちゃんと磨けたような”錯覚”に陥るが、歯茎を傷めただけになるのだそうだ(^^;。今の歯ブラシは良く出来ているので、気をつけて弱く磨く必要があるらしい。
一部ブラシが当たっていない箇所が判明したが、概ね良く磨けているようだった。この調子。とにかく歯一本抜けるか残っているかで噛み合わせから何から変わってくるらしい。月一回の通院で歯が守れるのなら続けた方がいい。

店に戻っていつものように発送仕事をいくつか。その合間にドメイン関係の交渉をいくつか。なかなかこちらの思うように事態は進展していない。結局は彼の国にあるレジストラ宛ていろいろな変更作業をお願いしないといけないみたいだ。パスポートとか身分証明できる書類が必要らしい。気が重いな・・・(^^;。ブービートラップを踏んでしまった気分だ。

午後もオークション出品作業。店に積み上がっている本には面白い本がたくさん含まれているなぁ。出品しながら内容確認をかねて眺めたり。
ネット情報は揮発性が高い。やはり形に残るものとして本というパッケージはこれからもずっと必要とされるメディアになると思う。それは図書館や書店に行ってみればわかる。絵本コーナーには子どもたちが一杯なのだ。本は次世代にも本能的に支持されているのだから、ネ。

オヤジが急に「エアコンの掃除をした方がいいかな」と言い出した。ここ数年急にエアコンが動かなくなって修理をお願いすることが起こるようになってきた。買い換えれば数十万になるが、メンテナンスをすることで寿命が延びるならそれに越したことはない、ということらしい。早速ネットで検索をかける。「エアコン清掃」大手から聞いたことない業者まで。業務用だと安くて2万円台から、高いと7万円くらいまである。最大手Dはで無料で見積もりしますとしか書いてなかった。無料なら見積もってもらうか、と早速メールを打った。

これからはなんでもネットに窓口を作らないとダメだな(^^;。

■2005/04/26 (火) 1日店

朝から晴れたり曇ったり。

そんな不安定な天気を反映してか、気分もなんとなく上がったり下がったり(^^;。とはいえ、全古書連大市会からこっちは仕入れをしていないので、少しずつでも本を売っていれば徐々に店に積み上がっている本もその数を減らしている。それはそれでうれしい。ちょうど世間はGWに入り、市場も休会が多い。よし、皆さんが休んでいる間にどんどん仕事を進めよう。それがワタシのGWだ。

先日イキオイで申し込んだ新規サーバー会社へのホームページ移転作業は遅々として進んでいない。もう新たにサーバー会社と契約し、スペースは借りているのだが、肝心のドメインが移転できないのだ。移転元のサーバー会社のドメイン管理が通常とは違ったらしく、メールを出して変更作業をお願いしても「こちらでは管理していません」の一点張りで作業ができないのだった。
困った。

そんな状況を横目で見ながら、本の山を少しずつ崩していく。メールマガジンを発行してから昼過ぎに店をあけた。
仕事は徐々にだが確実に進捗してくれるので気分がいい。まあ目下の問題はドメイン移転作業だな・・・(^^;。総会前の変な時期に変な状況へはまってしまったなぁ。失敗だ。元はといえば管理の杜撰なサーバー会社のせいなんだけどね。

昼過ぎから雨。さっきまで晴れていた天気はなんだったのか。ラジオでは「雷雨」と言っている。東京の方がすごいらしい。

夕食時に新選組!の続きを見る。いよいよ山南さんが切腹になろうかという所に差し掛かった。人が大勢集まって何かをやるのは大変なことなんだと改めて知る。まあ、今それを身をもって体験しておりますけどね(^^;。

食べ終わってからオークション落札品にメール書き。いつもお買い上げ有難うございます。

■2005/04/25 (月) 横浜へ

今週末から世間はGW。なーんもかんけーないワタシ(^^;。

朝から雨。今日も横浜へ行く。交換会を覗く時間もなく、総会資料作りに入る。途中決算作業の件で会計理事さんと事務局の方3名で税理士さんとの面会に立ち会っているうちに、経営員の方が足りないということでお手伝いを頼まれていた市会の作業は「全部終わりました」と言われてしまった。時計を見れば12時半。どうもすみませんねぇ。ワタシは一人しか居ないもので・・・(^^;。理事仕事をほかの方にお願いするわけにはいかないのです。まして決算作業だし。
一身上のご都合で本日欠席されているある理事さんと、その状態を放置されている理事長さんにご意見お願いします(^^;。ワタシはもうそこまでケツを持ってられないッ。

総会の期日は決定していて、すでに発表済み。それまでに決算と総会資料を揃えて期日10日前までに全組合員様宛て資料が到着している必要がある。逆算していくともうほとんど時間が無いことに気が付く。昼休み返上で原稿書き。市会を覗いている時間は全くなかった。

タイムカードは18時半。結構グッタリするくらいだが、ちょっと気持ちが前向きになれることもあった。
ぶっちゃけ、どれだけ組合の仕事をしても、どれだけ組合の仕事をしなくても、ウチの商売にはほとんど関係がない。しかし、それでも精一杯の仕事をしておかなければ、と自分に仕事を課すわけは、まず引き受けた仕事を精一杯やらない自分を見たくないからだ。
引き受けておいてやらないとなれば、その仕事はいつか消え去ってしまう。いや、消え去るならまだいい。やらなければどうしようもない仕事を引き受けておいてやらなければ、自分以外の誰かが帳尻を合わせるために苦労することになる。そういう形で人に迷惑をかけ始めたらもう自分はオワリだと思った。ワタシはまだオワリたくない。だから精一杯の努力はする。それで出来ないということだったら、それはもう能力の問題だから、ガックリうなだれるしかないのだけど(^^;。

理事仕事は大変だし、やるとなったら自分の商売は確実に二の次になる。これだけ苦労して、時間を取られて大変な思いを当の本人はしたとしても、まあ任期が終わればお互い様ということで終わるのだと思う。公的な仕事は常に自分との闘いだ。そう思わなければ1日だってやってられない。

店に戻って今日の売り上げを見る。店売りはサイテーだった。店の売り上げだって作るために努力を続けなければならない。あと1年は辛くても辛抱するしかない。

■2005/04/24 (日) 砂浜を歩く

結局コンビニで何か買って食べようということになった。入場料で結構使っちゃったしね(^^;。

信号を渡って向こう側のコンビニはなんと大変な混雑。レジ前に大行列が出来ていた。かごを探して適当にパンやサンドイッチ、おにぎりを引っつかんで突っ込んだ。お会計は2000円ほど。「コンビニでこんなに買ったの初めてじゃない?」と女房。まあそういうこともあるよ。

当然海岸で食べることにする。砂浜が切れるところはコンクリートで護岸工事されており、段々になっている。皆そこに座って昼飯を食べていた。早起きしてお腹が減っていたので、早速食べ始めた。すると隣で座っていた人の後ろからトンビがサッと舞い降りて、手に持っていたフィレオフィッシュを叩き落した。一瞬の出来事だった。次の瞬間、周りに居たカラスが先を争うようにカーカーと飛び込んで、叩き落されたパンを我先にぱくついていた。・・・すごいな。野性なのか人馴れした結果なのかよくわからないが(^^;。
その様子を見て無防備で狙われやすい女房や子どもたちにパンを取られないように肩から上でパンを停めてはだめよ、と教えた。空を見上げてみればトンビがウヨウヨと旋回している。カラスは電線にとまってじっと機をうかがっているようだった。油断ならんなぁ。

食べ終わってから海岸へ。サーファーの皆さんは穏やかな波乗り。ジェットのバウンバウンという轟音が少し沖の方。子どもたちはビーチサンダル姿で波打ち際。「あんまりつめたくないよ」と娘。キャッキャ言いながら波打ちを楽しんでいた。
女房はビーチグラス探し。「なかなかないよ」とのこと。息子は波打ち際で「貝殻さがし」だそうな。結構シブ趣味だな。「手品で使うんだよ」ああそうですかい。貝殻探しに飽きたらしい息子が娘に合流して波打ち際で砂を掘り返し始めると、小さな貝が一杯いることに気が付いた。ほんの3cmの深さに大きさ1-2mmほどの二枚貝が無数に埋まっていて、掘り出されると砂に垂直に突き立ってすぐに砂に潜ろうとした。「おもしれえー」といいながら息子が何度も掘り起こしていると、ベロんと舌を出した5cmほどの巻貝を掘り出した。「うえー、これまだ生きてるじゃん。」そりゃ生きててよかったじゃない。砂の上に置くといつの間にか砂に潜ってしまった。海には発見が一杯ある。

15時頃に帰り道。行きと違って帰りは大渋滞。途中100円回転寿司屋に寄って帰る。

■2005/04/24 (日) 新江ノ島水族館 その2

なぎさの体験学習館という施設があり、ここは水族館とは別組織。中に入るときのために再入場券をもらう。

目の前の海岸に打ち上げられるモノが展示されていた。結構いろいろと流れてくるようで。ゴミはもちろんだけど、遠い島から木の実とかもやってくるらしい。世界は海で繋がっているんだなぁ。

水族館とショースタジアムは渡り廊下で繋がっていて、その渡り廊下の目の前は相模湾の大パノラマが広がる。左手に江ノ島。右手には烏帽子岩から双子山越しの富士山がうっすらと浮かんで見えた。いいねぇ。こんな絶景の水族館は他にないのでは。

ペンギン、オットセイを見た後、深海コーナーというちょっと変わった展示を見た。解説を読むととても興味深い事実が書いてある。深海には光が当たらないので、光合成による地上の生態系とは全く別の生態系が形成されているというのだ。曰く、深海の海底から湧き出る硫化水素やメタンからエネルギーを得るという方法なので、「酸素がなければ生きられない」という地上の常識が通用しない。彼らは生きる為に酸素を必要としていなかった。酸素のない世界で生きられるような身体を作っていた。地球上に棲む地球外生物と言っても言い過ぎではないのでは。
小さい頃聞いていた「火星には酸素がないから生物は居ません」という一見まことしやかな説明はウソだったことになる。酸素がなければ酸素なしで生きようとするのが生命なのだ。まさにジャミラだ。

クラゲの超癒し系展示を見た後、再びショースタジアムへ。11時半から先ほどとは別のショーがあるという。10分前に行くとすでに席は全くなく、立ち見となった。ちょうどいい時間だからだろうな。それでも観客はゾロゾロと増える一方であっという間に立見席も二重三重の人垣が出来た。
今回のショーは従来型のイルカショーで、飼育係のお兄さんとお姉さんがイルカ笛をピィーっと超音波系で鳴らすとサっと潜ってバっとジャンプするような感じ。先ほど同様、狭いプールで「頭ぶつけそう」とちょっと冷や冷やしながら見る。

ショーが終わってからミナミゾウアザラシのみなぞうくんを見る。デカイ。重さは2.5tあるらしいが、大きな身体をゆすって水のなかへドボン。それからは目をつぶったまま沈んだり浮かんだりしながらゆっくりと過ごしていた。水槽を横から覗ける場所があったが、見るとまるで潜水艦だね(^^;。

外へ出てから昼飯の心配。さて、何を食べますか?

■2005/04/24 (日) 新江ノ島水族館 その1

朝は7時過ぎに起きた。

今日は新装1周年の江ノ島水族館へ行くことにした。そういえば江ノ島自体1年以上訪れていなかった。朝飯はクルマの中で食べることにしてまずは出発。
第三京浜・横浜新道はガラガラ。原宿もスイーっと通過して江ノ島の袂の駐車場に停めたのは出発からわずか1時間足らず。ちょうど9時だったので水族館にはすぐに入ることが出来た。大人2000円、子ども1000円で、女房は「6000円もするの?!」と。まあしょうがないんじゃないの(^^;?

入ってすぐに相模湾大水槽。いきなり潮の香りがした。水槽が金魚鉢のように蓋をしていないので、水槽の中の海水の匂いがダイレクトに漂ってくる。ここがこの水族館のメインだ、とばかり、どーんと2フロア吹き抜けの水槽には相模湾で泳いでいる魚が一杯だった。鰯が銀色の雲のように水中でキラキラしながら群をなして移動していく様はなかなか感動的。あの鰯は8000匹もいるのだそうだ。
大水槽を取り巻くように順路がぐるりとめぐっていて、そこから覗き穴のようにいろいろなアングルで水槽を眺めることができる。大きなエイが頭上をヒラヒラと舞ったり、足元を巨大なサメがギョロリとした目をしてゆっくり通り過ぎたり。とにかく魚たちは一瞬たりとも同じ配置では居ないので飽きることがない。

娘は今日が三度目。息子も二度目。ワタシと女房は初めてということになる。やはり初めて来る水族館は何を見てもわくわくするものだ。

10時からイルカのショーが始まると聞いてショースタジアムへ急いだ。10分前だというのに席はかなり埋まっていた。端の方があいていたので滑り込む。「ドルフェリア」というショーは「人とイルカのコラボレーションショー」ということで、シンクロナイズトスイミングとイルカをうまく(?)合わせたような内容。女性4人の歌とダンス。プールに実際入ってイルカと一緒にシンクロしていた。なるほどねぇー。結構狭いプールを所狭しと泳ぎ回り、ジャンプを繰り返すイルカたち。スタジアムの向こう側には江ノ島と江ノ島タワーが見える。新江ノ島風景だな・・・。このショーは土日祝日限定とか。

ショーが終わるとイルカと握手の会が開かれるらしく、舞台に一般のお子さんがずらりと整列。その前をイルカが立ち泳ぎしてヒレ(前足?)で握手していた。娘はしきりに「あれやりたーい」を繰り返す。もうチケット売り切れちゃってるよー。

■2005/04/23 (土) 箸の持ち方

朝からいい天気。

これくらいいい天気だと皆さんお出かけするだろうなぁ。とラジオをつけてみると何処も大渋滞だ(^^;。ご苦労さまです。

土曜日は比較的のんびりとしたペース。まあ荷物が積み上がっている状態は相変わらずだけど、何処へ出かけるわけでもなく、落ち着いて仕事ができる日だ。先週の今頃は名古屋だったか。早いなぁ。もうあれから一週間か。桜が咲いたと思ったらあっという間に4月も終盤だ。

女房は午前中子どもたちを連れて図書館へ。息子はもう小6だが、こういうときなかなか一人で行動しようとしない。自分が小6の頃はもう一人で何処へでも行っていたし、行かせてもらえたはずだがな。ま、もっともその頃は今よりも世相が良かったのかもしれない。ここ10年で物騒な世の中になってしまったから・・・。

帰りにスーパーに寄ったら沖縄フェアを開催中で、沖縄弁当を買ってきてくれた。今日の昼飯だ。赤米のご飯やラフテー、ゴーヤチャンプルーまで入っている。へえ、うまいじゃないの。ちょっと沖縄へ行きたくなってしまった。
娘はこのあいだ小1に上がったが、箸の持ち方がまだ出来ていない。いわゆる握り箸になってしまい、中指で箸を押さえて使う。そんな持ち方をしていると笑われるから、と、飯のたびごとにあれこれ注意して直させようとする。「うまくもてないよー」とそのたびに涙をぽろぽろと流してすごく悔しそうな顔をする娘。箸なんていちど覚えてしまえばあとは何の苦もないのだろうけど、その覚えるまでが娘にとっては拷問のように感じるらしい。親指と人差し指と中指の3本で箸をつまませてその3本指だけ動かしてご覧、と言うと、やはり手全体を動かしていた。まだ指がちゃんと発達していないのか。いや、それじゃあピアノを習わせている意味が無いじゃないか、とあれこれ考える。・・・結局まだアタマで理解できていないのだろう・・・。アタマでイメージできないものを身体が先にできるわけがない(^^;。まあ、あまりあせらずに教えていきたい。
箸の持ち方が出来ていないということは、周りにそれを注意してくれる大人が居なかったことの証拠。箸の持ち方でその人の育ち方がわかってしまうのだ。

オオゲサ(^^;?そんなことはないと思うけどなぁ。

■2005/04/22 (金) なにやらいろいろと

朝起きて横浜へ行く準備。

いつもどおり9時半過ぎに反町駅。神奈川古書会館へ。反町公園の桜は葉桜と化し、代わりにチューリップが見ごろだ。葉桜通りを歩く。新緑のにおい。

古書会館のシャッターを上げてからタイムカード。早速仕事開始。総会資料作りの続き。月・金しか作業が出来ないことを考えると、総会までそれほど時間は残されていなかった。直前まで編集作業ができるとはいえ、規定により開催日の10日前には資料が先様へ到着していなければならない。さて、どうなるか。いや、どうなるものでもない。どうにかするのだ。

時間で仕事を区切る。今日は金曜日。明古とは別件で東京に用事があった。反町駅前のM屋でチキンカレーの大盛りを食べてから一旦店に戻った。クルマに乗って東京古書会館を目指す。外はいい天気。仕事をしているのがバカらしくなるくらいいい陽気だ。古書会館に到着してある用事を済ませてから帰路に着く。
全古書連大市会の荷物が7箱ドーンと店に到着したとき、さすがにオヤジの顔色が変わった。母親が言った。「もうしばらくは買わないこと」 とうとうウチの大蔵に買いを禁止されてしまった(^^;。別に資金が不足しているわけじゃない。「この山を売ってから買いなさい」ということだ。冷静に考えて店の通路が本で埋まっているこの状態は異常事態。要は邪魔なんだと(^^;。わ・か・り・ま・し・た・よっ・・・!

店に戻って荷造り作業など。その後はサーバー会社変更に伴う作業をしばし。結構引越しには時間と手間がかかりそうだ。

■2005/04/21 (木) 1日店

晴れているような、曇っているような。

今日は1日仕事をしなければ。とにかく少しでも店に積み上がっている荷物を片付けたかった。荷造り作業などこなす。
さすがに仕入れが続いているので、少し交換会に出品しようということになった。さて、いつ出そうか。明日の明古は特選市会か。そりゃ無理だろうな(^^;。

月曜日から始まったキムタクのドラマを録画しておいたものを見た。いよいよ方針転換か。最初は二枚目路線か、と思わせておいて、どうやら今回は三枚目でいくらしい。いいよね、この方が(^^)。

少し前に予約注文しておいた新選組!のDVDボックスが届き、ほぼ時を同じくして全古書連大市会の買い上げ品がダンボール7箱到着した(^^;。明細書を見てみると、出品したものはほとんど売れてくれていた。てことはほとんどが買い上げ品だ。オヤジ曰く「同じような本ばっかり買ってくるんだな。」人のこと言えるの?

昼ごろ雨が降ったり、途中から晴れたりと狐の嫁入り状態。今日もカラスがいつまでも近くに屯していてうるさく鳴く。「カラスってさ、会話してるよね」と女房。やっぱそう思う?カーカーだけじゃないよね。クゥー、とかクヮーとかクヮクヮクヮクヮ、とか鳴いてるもの。

夕食時に届いたばかりの新選組!を見始める。池田屋の回から始まった。我慢して1話分だけで停めて仕事に戻った。
オークション落札分にメールを書き終えてから特典映像の部分を見始める。本編でカットされたシーンに脚本を書いた三谷氏がコメントを付けていた。放送時間が決まっているため、状況によってはどうしても時間枠に収まらず泣く泣くカットされたものも多いんじゃないか、とコメントされていた。確かにこのシーンが入ればもっと明確に話が繋がっていったんじゃないの?と思えるカットも多かった。
そのまま特典映像2の三谷氏と音楽作曲の服部隆之氏の対談まで見た。音楽を付けるときの苦労や工夫などが良くわかった。にしても音楽制作って作業は別世界なんだなぁ。ここに鍵盤があったとしても、アタマにメロディーがパッと浮かんでくるわけでもないし、楽譜があったって弾くことも出来ない。やはり別世界。
紙と鉛筆を渡されたって何を書けるわけでもないことと似ているか。そう考えると無から生み出された著作物ってのは大きな価値があるよね。元々あるものを良いとか悪いとか言うことも大事かもしれないけど、やはり何かを生み出す人にはかなわない。そう思う。

■2005/04/20 (水)

朝からどんよりと曇り空。

最近どうもカラスがうるさい。ちょうど子育て期なのだろう。ここ数週間はゴミ漁りする頻度が高く、ウチのそばの集積所には何度も飛来する。窓を開けても逃げないくらい人馴れしたカラスだが、なぜかカメラのレンズを向けると一目散に逃げていく。前世でカメラに追っかけられるようなことをしたものはカラスに転生するのだろうか(^^;。と思ったら丸く見えるもの、たとえば円筒形なものを向けても逃げていく。一概にカメラを嫌っているわけでもないらしい。

朝から荷造り作業に忙しい。とはいえ、朝飯を食べながら今日もセカチューの再放送を見る。いよいよドラマは佳境に向かう。
世界は意識した分だけ広がるし、意識しない分だけ狭くなる。人の心にまで気持ちを向けようとすれば人の気持ちを理解だってできるようにもなるが、自分のことしか考えなければその人の世界はどこまでも小さく縮んでいく。単なるお涙頂戴ドラマと見てしまえば物語はそこで広がることを止める。昨今の虚無感漂う風潮を打ち消すように、トレンディードラマでさえ家族というものを描き始め、今回のセカチューのように人の気持ちを細かく描く作品が注目されている。世の中の規制緩和の流れとともに社会が悪い方向へ向かい始めたことをやっと実感できたのだろうか。
規制とは秩序だ。その規制を緩和するということを「自由化」とか「グローバル化」という口当たりのいい言葉で言ってのける人もいるが、実際には社会の進む方向を弱肉強食の無法地帯へと向けることだ。無論、そうなれば力のある者にはとても住み易い社会になることは間違いない。社会は持つ者と持たざる者へと確実に二極化する。

昼ごろから雨が降りだした。昼飯はソース焼きそば。最近食べてないな、食べたいな、と思っていたら偶然焼きそばだった。長年夫婦をやっていると思っていることが伝わるのかしら(^^)。ありがたい。ちょっとカレーの風味がするスパイシーな焼きそばだった。

午後一杯、本を店から作業場へ移動したり荷造りしたり。オークション出品作業が滞るくらい仕事したなぁ・・・。売れてくれている今の時期を大事にもっと仕事をしておきたいのだけど、手が足りないなぁ。時間も足りない(^^;。あ、そうそう。今日は「おー日本」が売れました。有難うございます。

夕食後は久しぶりに甘露PHOTO日記の更新。T3で撮った名古屋の風景。

■2005/04/19 (火) 1日店

朝起きて快晴。

仕事は積み上がっていた。やるべきことも溜まっていた。もしかしたら全古書連大市会の荷物がドカドカっと運ばれてくるかも知れなかった。そんな緩やかな恐怖を感じながらゆっくりと朝飯。食べながらセカチューの続きを見る。完全に退行現象が出てるな・・・(^^;。

まずはメールマガジンの発行。土日月の日記を掲載して、オークション情報と新入荷品をコピペした。メルマガは定期発行できるように日々の更新を怠らなければ発行が重荷にならないコンテンツ。それでも分量としては結構な量ではあるまいか。これで日記を全部載せたらもっと長くなるな・・・。やらないけど(^^;。

日曜日は事実上観光をしていたから休んだと言えなくもないけど、まあ実際の感覚としては今週は休み返上と思っている。そう思ってしまうとちょっと休んでもいいんじゃないか、と甘えの心が芽生えてしまう。根が怠け者だからなぁ。まあやれる範囲で仕事をボチボチ進めていきましょう。荷造り・メール書きほか、ご送金いただいた分の発送作業は怠りなく。

昼ごろ店を開けて女房と二人で昼飯にパンを食べる。ワタシはひさしぶりにオークション出品作業。17時過ぎに店を閉める。そのあともオークション作業を続ける。

晩飯はビーフシチュー。「昨日シチューのルゥが安くてさ、今日は牛肉が3割引だった」らしい。随分久しぶりだな。昨日録画したスマスマを見ながら食べた。添えられた水菜のサラダともどもうまかった。

夕食後はオークション落札品の取り揃えとメール書き。いつもお買い上げ有難うございます。

■2005/04/18 (月) 横浜へ

朝から横浜へ。

今日は午後から支部長会。先日今年度前期賦課金と一緒に引き落とされた支部費を各支部長にお渡しすることになっている。
午前中から支部長会でお配りするレジュメ制作。一昨日の全古書連総会で討議された重要事項の資料も一緒に配ることにした。
神奈川組合の総会日程も近づいてきた。総会資料を早急に完成させる必要があった。いろいろとやらなければならないことがここでも積み上がり始めた。

昼飯は蕎麦屋さんの出前。頼んだ時間が少し遅かったのが災いし、やっと来たのは支部長会開催時間のわずか5分前(^^;。すぐに清算を済ませてソッコで鳥南蛮そばをかっ込んだ。支部長2名欠席の中、会議は進んで1時間半ほどで終了した。前回はかなりエキサイトする議題だったが、今回はどちらかというと報告する形式のことが多かった。
その後は一人総会資料作りに着手する。書き進めているうちに時計は17時半。第一章はほぼ完成した。いいペースだ。この調子でどんどん書いてしまおうか。

店に戻って仕事仕事。夕食は筍づくしの膳。定番の筍ご飯にはアサリが入っていて、これまた春の香り(^^)。筍の味噌汁にはこれまた良く合う定番のわかめ入りだった。

春満開の夕食後は再び仕事に戻る。荷造り、メール書き、また荷造りしてメール書き。いつもお買い上げ有難うございます。

■2005/04/17 (日) 名古屋めぐり

パカ、と目が開いた。枕が違うと眠れないタイプ(^^;。時計を見たらまだ4時だった。もう眠れなくなった。

眠いのに眠れない。不眠症ってこういう辛さなのかしら。せめて横になり続けることにした。7時過ぎにノロノロと起き出してシャワーを浴びた。昨日のうちに入札は済ませたし、まだ店に入荷した本が山積みの状態でさらにその山を高くすることは出来ない。ただでさえ連日店をあけていて仕事が進んでいない状況では、本にあまり近寄らないのが最善かも・・・(^^;。

朝食を頂いた後、名古屋駅から地下鉄に乗って久屋大通駅まで。この駅のほぼ真上に建つ名古屋テレビ塔へ。750円支払って地上100mの展望台へ。ぐるりと名古屋の街が見渡せた。建造は昭和29年でかの東京タワーよりもずっと歴史は古い。
事前に何の下調べもしてこなかったので、名城の位置がどこだかもわかっていなかった。展望台から見て県庁のそばにお城があることを確認。早速降りて向かった。下から見上げると近くには八重桜。
それにしても名古屋の道はすごい。碁盤目状にきっちり整理されたところといい、その広さといい。まるで街中にハイウェイが縦横に張り巡らされていいるようだ。ま。信号はあるけれど。

久屋大通りは真ん中を公園としているだけでなく、歩道もとんでもなく広い。ゆったりと散歩しながら空中から確認した名城を目指す。途中県庁の建物。ここはかの九段会館とそっくりな帝冠式建築。このあたりは過去に名城の敷地だったからだろうが、官公庁の建物が密集している。

名古屋城に到着。青空に若葉の黄緑が目にしみる。ちょうどダブルユーをマスコットに「新世紀・名古屋城博」を開催中。かの金の鯱が城から降ろされて展示されているという。早速入場料を支払って天守閣を目印に歩き出した。
あ。ここか。金色の特設ドーム。「こちらはさわれます」と「こちらはみるだけです」と案内嬢。触れるほうには大行列。見るだけには特に行列もなかったので見るだけの方に入った。名古屋城の金の鯱に関する展示をいろいろと。一時欧州の万博に展示されて大人気だったことや、爆撃でお城もろとも炎上したとか。

天守閣付近はかなりの混雑。ちょうどお昼時だったので出店は大繁盛らしい。まずはエレベーターで登ってみる。高さとしてはテレビ塔に登ったあとなのでそれほどとも思えなかったが、人はこちらの方が数十倍多く、各フロアに展示されている展示物を見ながら降りた。

■2005/04/16 (土) 全古書連大市会

春は大市の季節。

今日から二日間の日程で全古書連大市会が名古屋にある中小企業センターで開催される。もちろん、この二日間のためにかかった準備期間たるや大変なものだと・・・。お疲れ様です。

朝は7時に起きて出発の準備。新幹線の指定席は予約してあった。新横浜までの時間をなかなか計れないので少し余裕を持って出発したが、思っていた以上に連絡が良くて30分以上早く新横浜に着いてしまった。ホームへ上がるとちょうどのぞみ号がプラットフォームに滑り込んでくる瞬間で、自由席に空きがあるようだったから思わず乗ってしまった。車内では昨日仮契約をした新サーバー会社からもらったメールを読む。思っていたより簡単そうだったが、こういうことは実際にやってみないことにはわからない。

名古屋到着後、早速中企センターへ。広い会場にまずびっくり。その量にまたびっくり。ずずいーっと広い会場には所狭しと品物が並んで入札を待っていた。東京以外の場所で開催の全古書連大市会に来たのは今回が初めて。少し気後れしながらも欲しい本に少しずつ入札をしていった。

昼飯を食べに近所まで出る。もちろん初めて歩く場所だ。方向感覚も掴めず軽く迷子になりながら結局適当なお店が見つからず名駅前にある百貨店の上の食堂街でみそかつ定食を食べた。

再び会場に戻るとそろそろ全古書連の総会開催時間が迫っていた。総会はこの中企センターではなく、近くにある大きなホテルに会場を移して開催される。
15時より会議開始。その内容はここには書けないが、秋季役員会の倍ほどの出席者があり、重要議題について審議を行った。

18時半から懇親会が始まり、次回秋季役員会を仰せつかった神奈川組合員として式次第などが気になった。うーん、どうしたものか・・・(^^;。
その後二次会まであったあと散会。部屋に戻った。

すぐ寝ようかと思ったもののなかなか寝付けず。部屋にはネットの端子が備え付けてあって、利用料は無料とあった。PCを持ってくれば日記書きやメールでの応答くらいは出来たなぁ、と言えなくもなかったが、それは後の祭り。

25時過ぎにライトを落とした。なんだか妙な疲れ方だ。

■2005/04/15 (金) なんだかなぁ(^^;

朝起きてPCを立ち上げた。なんだか様子がおかしい。

メールをなかなか受信しない。ネット画面もウチのHPをなかなか表示しなかった。まあここまでは結構良くあることで、ADSLモデムがたまにこういう悪さをすることがある。そんな時はモデムの電源コードを一度引っこ抜いて再起動させると症状が治まってちゃんと働き出すのだ。モデムを再起動させる。・・・だめだな。じゃあPCを再起動してみよう。・・・ありゃ、だめじゃん。と、ここでちょっと気が付き、IEで別の頁を表示させてみようとしたところ・・・あ。出た。・・・あれ?てことはウチのHPのサーバーが落ちてるんだな。しょーがないなぁ。と、サポートページにアクセスしてみた。
ところがサポートページが表示しなかった。むむむ。いままでこんなことはなかったぞ。背中に冷たいものを感じながらサポートページではなくてサーバー会社のHPにアクセスしてみた。・・・あ、消えてる・・・(^^;。
ここにきてあせった。会社が無くなってしまったのかな、と直感。HPはウチの生命線。WEB管理者として1日でも空白を作ってはいけない。このあいだサーバー乗り換えを検討していたときに調べた会社へすかさずアクセスをしてサーバー申し込みのフォームに記入した。時に8:20。

このあたりで時間切れ。そろそろ組合に行くことを考えなければならない。とりあえずkanroshobo.com宛てのメールアドレスで登録していた主な出先取引機関を全部別会社のアドレスに登録しなおす。努めて冷静に行動しようとしたものの、気持ちはあせっていた。時間に追われている感覚だった。時に8:45。

女房と朝飯を食べながらウチのHPが大変なことになっていると話した。なくなってみてわかるHPの重大さ。サーバー会社がなくなってしまったと仮定したとりあえずの善後策は打ってあったものの、気持ちは落ち着かなかった。時に9:05。

いつもどおりの電車に乗って反町へ。名古屋で開かれる明日の会議の準備をしながらも落ち着かない。明日から2日間居られないため、HPのことが心配だった。一通り組合で資料などに目を通したあと店に戻ることにした。時に13:05。

店に戻った。「なんだかホームページが大変なことになったんだって?聞いたわよ。」と母親。ワタシの尋常ならざる様子をみて女房が話したらしかった。
恐る恐るPCを開けた。

■2005/04/14 (木) 1日店

朝から快晴。8時にゴミ出し。カラスの襲来で集積所が荒れていた(^^;。

朝飯を食べながら昨夜録画した「吹奏楽の旅」。新シリーズが始まった。面白いなぁ(^^)。
すぐに仕事開始。オークション落札品の要発送荷物を荷造り。目録ご注文品の荷造りが続き、前金でご入金いただいた分の荷造りも入ったり。忙しいです。いつもお買い上げ有難うございます。
オヤジは朝から昨日運び込んだ荷物の評価を開始。ワタシも参加したいのは山々ながら、ワタシにしか出来ない仕事が片付かないうちは無理。明日が愛書会展の目録原稿締切日の為、発送用ラベルの打ち出しをして原稿を印刷所へ発送した。

昼飯を食べながらトリビア。一匹狼をバウリンガルで解析。こりゃなかなかドキュメンタリーしていたなぁ。結果は満開。なるほどね。

午後は荷造り作業と平行してオークション出品作業。本が増え続けている。売る作業になお一層の努力が必要だよなぁ・・・。

夕食はサバの一夜干しと春野菜のサラダに黒豆ご飯。食べ終わってからはオークション落札品のメール書き。沢山の落札有難うございます。すぐにご送金いただいた方の荷造り作業をしているうちに日付が変わった。

■2005/04/13 (水) 仕入れ有

今日も朝から天気が悪い。8時にゴミ出し。

今日も朝飯を食べながらセカチュー再放送の続きを見る。なんだかんだ言いながらはまってきたらしい。エンディングテーマの歌(柴咲コウさんが歌う)が映像とバッチリすぎていて、他のドラマだとすっ飛ばしてしまうところ、ドラマの余韻にひたりながらいつも全部見てしまう。ざらっとした感触の8mm的な断片が切り取られた風景。手が届きそうで届かない。切ないメロディー。いいね。

荷造り作業が続いている。天気が悪くて今日も店は期待できない。それなら最初から期待しないほうがいい。店売りをスッパリとあきらめたとしたらワタシは本屋として何をするべきか。ズバリ荷造りなのでR。しこしこと荷造り荷造り(^^)。

夕方、仕入れに出かけた。外はまだ雨が降っている。中原街道を北上し、途中左に折れた。環状道路を北上。途中青山付近で大渋滞。新宿を舐めて高田馬場を左手に見る。途中から渋滞もなくするすると走ることが出来た。
お客様宅に到着し、荷物を積み込む。それではお預かりします。今回は量が多かったのと、お伺いした時間が遅かったので、本をお預かりして持ち帰り、時間をかけて評価するという方法をとらせていただいた。お暇したのは20時少し前。確かに遅くなってしまった(^^;。
帰りはナビの指し示すとおり。環七をひたすら南下する。幸いにして道はガラガラ。腹が減りすぎて胃が空腹で痛くなってきた。どこかコンビニがあれば停めてサンドイッチでも買って食べようか、と思っていたがクルマを置けるスペースがあいておらず、走りが快調なこととあいまって結局何も食べずに店まで戻ってきてしまった。まあそれはそれで。

時計は20時半を指している。さて、店に本を降ろして飯にするか、と見てみるとシャッターがまだ開いていた。オヤジたちが残って待っていてくれたのだった。へぇー、そんなこともあるのか。「だって一人で仕事をさせちゃ悪いじゃん」と母親。いやあ助かった。荷降ろしの時間は1/3で済み、早速駐車場にクルマを置きに行った。夕食は煮込みハンバーグ。「合挽きにするつもりだったんだけど、牛挽き肉買ってくるの忘れた」と女房。100%ポークのハンバーグはたっぷりのソースで煮込まれていてうまかった。

すでに時計は21時過ぎ。ラジオを聴きながら再び仕事仕事仕事。

■2005/04/12 (火) 1日店

朝から曇。今日は天気が悪いと予報が言う。

そのわりに身体の調子がいい。雨で調子がいいなんて花粉と関係しているのだろうか。今年は量がハンパなく多いって言うからなぁ・・・。
まずはメールマガジンの発行。朝飯を食べながら先週録画しておいた「世界の中心で愛をさけぶ」の再放送を第一回から見る。このあいだ映画を見たのでどうしても印象を比べてしまう。かたや2時間、方や10時間。物語を描くのに与えられた時間がこれだけ違うと、どうしてもストーリー自体変えざるを得ないだろう。ワタシは原作を読んでいないのでなんともいえないが、きっと題名は同じで三通りの物語が現出していることになっているだろう。すくなくともドラマと映画は設定を含めて全然違った。似たエピソードはあるが全体では別の物語のようにも思える。原作を元にして読み方、解釈の仕方が変わるとこうまで話は変わるのか。
ただ、この”違い”を楽しめるような気持ちになれれば、ドラマもだんだん面白くなってくるのではあるまいか。サクちゃんの顔が濃いんだよねー。

店を開けずに仕事開始。昨日から目録関係のご注文が始まり、発送荷物が積み上がった。昼過ぎに店を開けてすぐに昼食。近所のパン屋で女房が買ってきていた。たこ焼きパンってのが変わっててなかなかウマイ。
午後は比較的気持ちを集中して仕事が出来た。オークション出品作業に時折入るご注文品への対応など。
途中から雨が降ってきた。店を17時過ぎに閉めて作業の続き。店の山が二つ片付いた。いいペース。

夕食はカレー。食べながら女房の希望で「王様のレストラン」のDVDを見る。一番有名な第6話。梶原さんの奥さんが来店して、見栄を張ってついたウソを隠そうとしてウソの上塗りをしてしまう話。もう放送されたときから何十回も見たドラマだが、見るたびに何かを発見できたような気持ちになる。脚本の妙か、出演者の演技の確かさか。DVDで買って繰り返し見たいと思わせるドラマって実はとても少ない。安くなったとはいえ、それなりの価格がするDVD。買うには何にせよ理由が要る。どんなDVDが棚に差さっているかでその人の好きな傾向が一発で出てしまうのだろうな。

それは本棚にも言えること。見る人が見れば店の棚に並んでいる本からその店主が考えていることなんてすぐにわかってしまうのかもしれない。

■2005/04/11 (月) 横浜へ

朝から雨。花散らしの雨。

先週の金曜日に満開だった反町公園の桜はあっという間に散り始めた。今年の桜は花冷えがなかったから寿命が短かったなぁ。パッと咲いてパッと散る。日本の美学を象徴している気がするなぁ。

タイムカードを押して、さて総会に向けた仕事でも始めるか、と思ったら重大事件が発生していたことを告げられる。こんなところには書けないくらいの重大事件。入札はおろか、総会に向けた仕事もほっぽり出す以外なかった。午前中ずっとそのことで拘束され、午後は組合決算のことで税理士の方のご訪問に対応する。そんなこんなしているうちに時計は15時少し前。そうだ、昼飯がまだだった。雨のそぼ降る中、近くにあるラーメン屋さんまで出かけた。ラーメンはうまかったが、気持ちは沈んだ。

組合に戻って午前中の続き。結局今日はそのことで1日が過ぎてしまった。総会もそうだけど、今週末には全古書連の総会にも出席しなければならないんだよねぇ・・・(^^;。その資料作りだってまだ何もしていない。今日1日をまるまる失ったことはデカい。

タイムカードは18時半。店に戻ったのは19時過ぎ。身体は疲れていないはずだが気持ちはクタクタだった。組合の仕事をする月曜日は自分の仕事をおっぽり投げているわけだが、今日はその組合の仕事もおっぽり投げなければならなかった。しかしやらなければならない仕事が自然に片付いてくれているわけもなく、自分で全部やらなければならない。
はあ、なんだかグチ大会だ(^^;。これ以上書いていくと書いちゃイケナいことまで書きそうなのでこの辺で止めときます。

夕食はうどん。子どもたちは今日から給食開始。一発目からカレー給食だったらしい。「1年生は給食の準備を11:45から始めたんだって。他の学年は12:15だから30分も余裕を持たせたんだけど、でも食べ終わったのは13:00になっちゃったんだって(^^;。」と女房。まあ最初はそんなもんでしょ。普段はなんとなく量が多くて食べきれない、と言い勝ちな娘も、今日は「おかわりしようとおもったらもうのこってなかった」んだそうだ。みんなも沢山食べたんだね。

夕食後は仕事仕事で日付が変わる。

■2005/04/10 (日) 記念日

朝は5時起き。今朝も王禅寺へ出かけた。

先週よりも来ている人が少ない。そのかわり、先週よりもアタリが少なかった(^^;。結局2匹釣れたところで納竿。なかなかうまくいかないものですなぁ。そろそろ亀山湖へ行きたくなってきた。途中雨がぱらつくこともあったが、徐々にいい天気になった。

帰りのクルマの中でおにぎりを二つ食べる。途中酒の量販店に寄ってひさしぶりにビールをケース買い。店に戻り、本の発送作業をいくつか。終わってから毎年この日に(忘れなければ)行っている家族での記念撮影。三脚を立てたまでは良かったが、使おうと思っていた*istDSが電池切れで動かず(^^;、急遽T3を引っ張り出した。ところが、普段このカメラではセルフタイマー撮影をしたことがないから取説を参照したりしてすったもんだ。いやあ、慣れないことをすると・・・(^^;。

昼飯まで昼寝。おにぎりの昼食。梅干しに鮭に海苔の佃煮。おかずは切り干し大根。ウマイねぇ。日本人だねぇ。

15時過ぎに出かける。娘の通う音楽教室の発表会。多摩川線(どうもなじまない なぜ目蒲線廃止の際、蒲田線にしなかったのか?)の蒲田駅。大田区民センターアプリコというデカいホールが会場。普段お稽古しているだけじゃなんだから、教室としてはこうして晴れ舞台を作って演出するわけだ。
会場に入りきるのだろうか、というくらいの人が来場。もちろん出演する人の家族だけどね。エレクトーン演奏をたっぷりと聞かせてもらった。今日出演の人たちは皆小学生だということだったが、中にはものすごく運指のウマい人も居た。ただねぇ、パーカッションの音を演奏するパートがあって、鍵盤を叩いて太鼓の音を出している姿を見ると、ちょっとな、と思ってしまった。太鼓には太鼓の音の出し方ってものがあって、叩き方一つで表情さえ変えることができるのだ。・・・電子楽器の一つの限界に気が付かされた気がした。
演奏会は無事終了。幼稚園生のクラスの子でステージに上がってから演奏が終わって退場するまでずっと泣き続けた子が居たのが印象的だった(^^;。まさに男泣きだったね、ありゃ。

「おなかぺっこぺこー!」と会場を出てから娘。そりゃがんばったものね。駅前の東急プラザの食堂街で食事。オムライス絶品。デザート取り合い(^^;。食後は軽く文房具屋さんや本屋をひやかして、帰宅は20時。

それから再び荷造りやメール書きのお仕事。いつもお買い上げ有難うございます。

■2005/04/09 (土) いろいろと

朝は8時過ぎに起きる。

今日は南部の市会へ。10時過ぎに店を出る。五反田までの電車内。なんとなく普段よりも混んでいる。沿線には満開の桜。春だなぁ。しぶとい花粉はヒノキに変わってきたらしい。マスクをしている方が目立つ。こんな気持ちのいい季節におかわいそうに。とにかく花粉症は人災ですからね(^^;。

オヤジがあきれるくらい店には本がある。それでも「まだ買うの?」と言われてしまった。その通りなんだけど、なんとなく買える本を買っておかないのは信義に反するような気がして・・・(^^;。オヤジに言わせれば”脅迫神経症(?)”に侵されていると思うらしい。まあ、オヤジにはオヤジの扱いたい本があって、ワタシにゃワタシの売れると思う本がある。まだまだ駆け出しの身分。買える本なら買えるうちに買っておかなきゃの気持ちは強い。問題は買ってきた本を売る時間が十分に取れないこと。人手不足。ワタシ買う人、ぼくは売る人。そんな風に甘露書房内で分業を確立できればもっと沢山の本を扱えるのにな・・・。増え続ける仕事量。仕事分担が目下の悲願だ。まあ不可能だと思うけど(^^;。

五反田で入札して店に戻る。荷造り・発送作業をしばし行った後、昼飯。食べ終わってしばらくしてから昨日の落札品とさっき入札した品物を引き取りにクルマで出かけた。
中原街道は思いもよらずガラガラ。ところが皇居周辺・内堀通りが大混雑だった。皇居外周道路には大変な数の観光でいらっしゃった人たちが歩いており、信号が変わるたびにクルマが閊える原因になっているようだった。お馴染みの黄色い大型観光バスが皇居の駐車場から鼻一つ道にはみ出して停めているものだからこれがまた大迷惑(^^;で・・・。とまあ、いろいろとありながらも、桜の花が目に入ってくると、まあどーでもいいか、とさっきまでトゲトゲしそうになっていた気持ちもほんわか丸くなるのだった。

店に戻って入力作業の続き。来週はいよいよ全古書連大市会で出張のため、作業ができなくなるので終了日時を調整しながらオークション出品作業。

夕食はアジの開きにほたるいかと新わかめの酢味噌和え。うーん、春を感じるアジだなぁ(^^;。

■2005/04/08 (金) 満開の桜

朝から快晴。気温も上がると天気予報。今日は仕事どころじゃないなぁ・・・(^^;。

いつものように横浜へ。反町公園の桜は満開。
今日はいよいよ来週に迫った名古屋の全古書連大市会への神奈川からの出品荷物を荷造り・発送作業をすることになっている。集まった荷物を総務理事さんが用意してくれたダンボール箱で梱包して次々に積み上げる。もちろんウチの出品物も梱包。所狭しとならんだ荷物は大きい箱で23。なんとか例年並みの量になってくれたようだ。ご協力感謝します。
午前中で作業が収まったのであわてて東横線に乗った。今からなら明古に間に合うはずだ。ってまあ、明古ってのは今日に限っては口実で(^^;、実は満開の桜を見に行きたかった。

入札を終えて、すずらん通りの洋食屋さんでカツカレーを食べ終わると、さくら通りをまっすぐ九段方面へ。九段下の交差点から九段上まではビッシリの人・人・人。まあここの桜は全国区だものね。お堀の斜面にへばりつくように枝を伸ばした桜の木からはゆっくりと花びらが舞う。もちろん満開だ。カメラを持った人が一杯。ケータイで撮影している人もかなり見た。皆さん笑顔。春の到来を実感できる場所として此処より他にふさわしい場所があるだろうか。
日本武道館ではわが母校が入学式をしているらしい。思えばこの場所で大学への入学式に出席したのだったなぁ。数えてみれば18年前だ。もうそんなに経っているのか・・・。

T3でパカパカ撮影しながら歩道橋を渡って靖国神社へ。参道にはずらりと屋台が並ぶ。もうまるで日本中の屋台が集結したのではないか、と思えるほどバラエティなお店の数々。でもねぇ。一人散歩の時には絶対と言っていいくらい買い食いしないのですわ、ワタシ。青シートが敷き詰められた参道向かって右側では、グループでお花見の宴を挙行する方々。うらやましいけどね・・・。

靖国神社の桜はしっかり手入れがされているのか、適度な大きさの桜が碁盤目状に植えられていて、あたかも”桜天井”のよう。境内ではお酒禁止なので純粋に桜が楽しめる。ワタシはどちらかというと飲みながらよりも”靖国スタイル”の花見が好きだ。遊就館で零戦を見る。

古書会館に戻って入札会の結果を見る。欲しかった本が2点落札できていた(^^)。

■2005/04/07 (木) 花見

朝から曇り空。風が強い。

せっかく桜が満開になったのだから花見がしたい。かといって日曜日では花粉症患者を抱えているので遠出は難しい。ちょうど新学期で子供達は朝8時に出払うから、花見をしながら朝飯を外で食べようよ、と女房と相談した。
8:20頃に店を出て、まずはコンビニで朝飯を買う。なんとなくおにぎりは敬遠してサンドイッチとメロンパンを買った。女房もサンドイッチにクリームコロネ(うまそー)。会計を済ませると通勤の方々でごった返すホームへ。ちょうど目黒線が入線してきた。女房はなんとなくはしゃいでいるのか、通勤電車で普通に会話する。他にしゃべっている人が居ないので結構目立つんだ(^^;。多摩川園で降りる。

もちろんこの時間は乗る人ばかりで他に改札を出る人なんて居ないし、花見に向かうような人も居ない。多摩川台公園は結構ひさしぶりだ。前は花見といえば家族でここに来た。あの頃よりも整備されて小奇麗になってはいるが、桜の植わっている位置などはあまり変わっていない。高台に登ると桜が目の前。南風が川から吹き上がってくる。じっとしていると結構寒いな。
買ってきたサンドイッチを食べてペット茶でお花見気分。南側だが川からの風の影響か、満開からは程遠い三分咲き程度。近くでみると丸くかわいい蕾が一杯だった。メロンパンにはホイップクリームが挟まっていた。ウマイね(^^)。
直接風の当たらない北側の桜はむしろ満開。こちらにはお花見の場所取り青シートが結構並んでいる。今夜は酒盛りかな。

松の木があちこちに植わっていて、「きれいな松ぼっくりがあるよ」と女房。三つくらい拾って「どれが一番きれいかな。これとこれは大きいんだけどコレの形がいいんだよね。」やっぱり一番形のいいのがいいんじゃない?

そのまま虹橋を渡って宝来公園方面へ。ここまで来るとほとんど田園調布だ。日本一の高級住宅街には高い建物はなく、代わりに広いお庭と低めの垣が街路と敷地を分けている。生垣のお宅はきっちり刈り込まれていて、あれはちゃんと庭師の仕事だよ。「ってことはここに住む人は庭師を雇える人じゃなきゃダメってことだよね。」そうだねぇ。と夫婦の会話。田園調布駅まで歩いて東横線に乗った。いい散歩コースだ。店に戻ったのは10時少し前。

あとはいつもの仕事の日。昼過ぎから快晴になりちょっと残念だった。ええい花散らしの無粋な風め。

■2005/04/06 (水) 1日店

朝からいい天気。暖かい。

子供たちは今日から二人連れ立って登校することになった。もともと1年生は近所の上級生と一緒に登校する決まりになっているのだが、それが兄貴なら娘もさぞ心強いだろう。まあ昨日の入学式から「もうおともだちできたんだよ」と言って帰ってきた娘の様子を見ていると心配は必要なさそうだけれども。

久しぶりに落ち着いて女房と二人で昨日録画したTVを見ながら朝飯を食べる。またGWや夏休みまではこういう日が多くなるのかな。だんだん子供たちに手がかからなくなってくるのは正直ありがたい。いつまでもあると思うな親とカネ(^^;。早く気持ちだけでも自立してくれよな。

今日は普通に店が開く。作業はなかなか進まないながらも着実に1点1点こなすことを心がける。火・水曜日ってなんとなく作業がはかどらないのはなぜだろう。
昼前になって集団下校で娘が帰ってきて、息子もしばらくして帰宅した。少し前に進級祝いで好きな本を買ってあげるよ、と息子と約束していたが、やっと欲しい本が出たらしかった。「デルトラクエスト」の最新刊。一緒に近所の本屋まで買いに行った。ポカポカと暖かい。花粉も多量に飛んでいるんだろうなぁ。で、そのデルトラだけど、アニメ化が決定したという。それも息子は楽しみになったと言っていた。

古書データを登録している「日本の古本屋」は朝から機器交換作業中でアクセスが出来なくなっていたが、夕方には復旧していた。いや、正確には処理速度に大幅な改善が見られた。少し前までは夜には検索など事実上出来ないに等しいようなスピードだったものが、ごく普通に検索できる。これはすごい。今後はこの「日本の古本屋」にデータ登録をしたくて古書組合に加入を考える人が出てくるのではないだろうか。これで整った良い決済システムが導入されれば十分A社にも対抗できるシステムになるんじゃないか、と思うのだが。
そう。すでにお手本は存在している。あとはそれを導入するかどうか、という決意にかかっている。

晩飯を食べながら男子新体操の旅を見る。息子はご飯が食べ終わると「手品やるから見てよ」と繰り返し言う。娘はTVを見ながら新体操の真似事に忙しい(^^;。なんだか有り余るエネルギーの行き場を探している感じだ。暖かくなってきたからねぇ。

夕食後はラジオを聴きながら仕事。ここ数日の暖かさで桜は一気に満開になったそうだ。今週末まで持つのかしら。なんだか気ぜわしくなってきた。こんな気持ちは春ならでは。

■2005/04/05 (火) 入学式

朝から快晴。暖かい。春だなぁ。

今日は娘の入学式。また一つ節目が来た。息子も進級して一緒の小学校へ通うことになった。ワタシも、そしてオヤジも通った小学校。三代続けてこの学校に通うこととなる。
始業式は入学式の前にあるらしく、息子は普段どおり8時過ぎに出た。入学式の集合は10時。娘はちょっといい服を着て、女房はこのあいだの卒園式にも着ていった一張羅を着て準備OK。ワタシは卒園式に続いて出席はしないが校門まで見送りに行くことにした。新しいピンクのランドセルを背負って娘はうれしそうだ。
学校へ向かう道。直前の信号にはちょうどウチと同じく入学するご家族が。おとーさんもスーツを着て一緒というケースをかなり見る。ウチのように母親だけの出席はむしろ少数派だ。
校門前に到着。「入学式」と書かれた立て看板の前に行列が出来ている。記念写真の撮影会になっていた。Dランドのミッキー様行列を思い出した(^^;。ウチは行列が嫌いなので、桜をバックに記念写真を撮った。じゃあね。行ってらっしゃい。

店に戻って仕事。火曜日は発送荷物が多い。銀行へのお振込みも頂き、昨日の分とあわせて発送荷物の山は増えた。いつもお買い上げ有難うございます。メールマガジンを出して、甘露通信紙版の原稿を打ち出して入稿作業。春は何かと忙しい。

原稿を郵便で発送しようとポストへ向かうと、始業式を終えた息子が帰ってくるところに出くわした。ちょうどいいや。ポストに出してきて。入学式は終わってもその後の配り物で時間がかかっているのだろう。

結局女房が娘を連れて帰ってきたのはお昼過ぎ。今日店は定休日なので安心して皆でパンを食べる。なんだかまだ春休みみたいだ(^^;。
しばらくしてから店を開けた。ワタシも仕事仕事。
17時に店を閉めて、18時過ぎに仕入れ一件。ご近所まで。評価の上買い取らせていただいた。ありがとうございました。

店に荷物を降ろしてクルマを置いて戻ると20時。今日の夕食は息子の進級と娘の入学祝でお赤飯に鳥の唐揚げ、お刺身のご馳走。娘以外は食べ終わっていた。ワタシもあわてて平らげる。もう新学期だから夜更かしはいけない。早く寝てもらわないとね。

なんとなく思い立って「となりのトトロ」のDVDを見始めた。メイちゃんは4歳の設定だが、性格も見た目もウチの娘そっくりだ(^^;。いや、今の娘じゃないかもな。やっぱりちょうど3年前くらいの娘の面影をこのDVDの中で投影して見た。

■2005/04/04 (月) 横浜へ

昨夜から今朝にかけてまとまった雨。

朝はかなり寒い。いつもの電車に乗った。反町公園の桜はいよいよほころび始め。だが、やっと”開花宣言”ができるかどうかといった状態。標準木をどれにするかによってはまだ咲いてないということになるくらい。金曜日には八分咲きくらいにはなっているかしらと期待しつつ。

今日も11時から交換会開札作業のお手伝い。札改め係。平たく言えば開札の終わった封筒を集めて開札作業に誤りが無かったかをチェックする係だ。札改めに限らず、開札作業も含めて作業が滞りなく進むと全体もスピードアップすることができる。全体が早く進めばそれだけ入札にいらした方々の都合もいい(はず)。パッパと封筒を集めてサッサと札改めをした。
雨は上がったらしいが空気はひんやり。こりゃ今日は桜もこれ以上咲かないな・・・。
終了後、買主ごとに封筒の山を作り、ヌキ書きする作業がある。ヌキ書きが終わると、今度は荷主ごとの山に並べなおし、まとめて売りの金額合計を出す。その間もお隣では赤本の振り市が開催されているというわけ。
今日ワタシは買主ごとの封筒の山を作る作業までのお手伝い。その後は事務局の仕事に戻った。いよいよ総会に関する作業に入る。やっぱり気持ちが急いていた。

月一恒例の理事会は今日は開催しなかったが、なんとなく理事の皆さんで集まって総会に向けての流れを話し合った。その詳しい話は守秘義務によりここには書けない。

タイムカードは17時半。外はいつの間にか晴れていた。夕空を見上げるようにして公園の桜にレンズを向ける。少し暗くなってしまったので絵にしてみるといまいちか(^^;。はたまた撮影のウデの問題か。桜に罪はない。

店に戻って仕事。今日は郵便配達が17時少し前となり、発送荷物をほとんど作れなかったと母親。月曜と金曜はワタシの代わりに母親が荷造りを担当している。やれやれ、民営化に進んでいくってことはこの場合サービスも低下するってこととイコールになりそうだな・・・。夕食を挟んで作った荷物は大山二つに積み上がった。いつもお買い上げありがとうございます。

ノーストレス生活を目指すため、仕事はほどほどに。あとはゆっくり休みます。

■2005/04/03 (日) 河原で自転車乗り

途中釣具屋さんに寄っていくつかルアーを買って帰る。

女房は娘を連れて音楽教室へ。今度発表会があるからその練習らしい。息子は一人でトランプ手品の練習中。眠かったのでひと寝入り。
しばらく寝ているとひときわにぎやかに。女房たちが帰ってきたようだ。昼飯にパンを食べて、外に出られない息子のリクエストで人生ゲームを1回やってから、今度は娘のリクエストで多摩川の河川敷まで自転車で出かけることにした。女房は息子と一緒にお留守番。

一人なら二子玉川でも川崎でも行けちゃうが、さすがに娘が一緒だとそれは出来ない。適当にあちこちをうろうろして帰るつもりだった。土手を跨いで坂を下る。そのまま下流の方向へ走り出した。この間よりも周りの自転車は少し少ないような気がする。桜が咲いて皆さん今日はお花見なのかしら。ウチは花粉症患者が一人居るので家族揃っての花見は出来ませんワ。

新幹線のガード下をくぐって少年野球場のあるあたりへ。サイクリングコースがもう一本川側に出来ており、その道脇にずっと雪柳が植えられている。どれも満開で今が見ごろになっていた。思わず自転車を停めた。
少年野球場では社会人と思われる人たちのチームが試合をしていた。

その様子を遠く眺めながら娘はデジカメを振り回して写真撮影に夢中だ。フィルムカメラと違って現像代がかからないので、撮れるだけ撮っていいよ、とワタシが言ったものだから、*istDSに43mmF1.9レンズの組み合わせで雪柳はもちろん、その辺に咲いている小さな花という花を撮りまくっている。子供には遠慮ってものが無いんだねぇ。いや、それがいいところなんだけど。野球場の向こう側には時折新幹線が通り抜ける。通り過ぎる瞬間を狙って記念撮影するグループも居た。

512MBカードが入っていたので150枚は撮れるはずだったが、しばらくしてカウンターを見てビックリ。残り12枚になっていた。そんなに撮ったの(^^;?撮りたいと思った風景がそれだけあったというだけで天晴れだ。ワタシには今そんな元気さはない。「あ、おとーさん、そのじてんしゃとじてんしゃのあいだにたってよ。そうそう、とるよー。パチ。はい、じゃこんどはじてんしゃのみぎがわにたってね。はい。パチ。」20m離れた土手の上から撮られた。どんな絵になってるんだろう?

たまらず、もう帰ろうよー、とワタシが言い出した。ペット茶を飲んで一段落。

■2005/04/03 (日) ストレス解消対策

昨夜は思い切って早く寝た。かなり思い切っても23時だが(^^;。

代わりに今朝は4時半に起きた。わりと前から早起きはあまり苦にしない。学生の頃のバイトは朝5時起きの仕事だった。
久しぶりに釣りに行こうと思い立ったのだ。思えば昨年の8月以来釣りに行っていない。こりゃストレスも溜まるわけだ(^^;。のんびり亀山湖で1日湖上の人になるのも魅力的だったが、それには準備が無さすぎた。今日はおとなしく王禅寺の釣堀へ出掛けることにした。
5時半に道具を詰め込んでクルマ。早朝の川崎は道がガラガラ。たった30分でFISH ON王禅寺という釣り場へ到着。さすがシーズンだからか、すでに駐車場はほとんど満車。池の周りはぐるりと釣り人が並んで釣り糸を垂れていた。
入漁券を買って釣り開始。いつもの亀山で使っているスプーンを投げ出す。ところが・・・釣れない(^^;。今までここには2回来て釣果はたった1匹。今日もボウズかな・・・。まあそれでもいいや。やるだけやって帰ろう、と釣りに来れただけでも満足としなきゃ、なんて来て早々弱気になっていた。

それにしたってアタリも全然ない(^^;。こりゃ色が悪いのかな。一旦クラブハウスに行って売店でスプーンを物色した。「おすすめ」と書いてあったスプーンを買って投げ出した。今まで投げていた色とは正反対のダーク系。すると早速かったくるようなアタリが・・・。底を引いたりしているととうとう引っかかった。小さかったが30cmほどのニジマスが釣れた。やっぱり色か・・・。それから3時間あまりで5匹ほど釣れた。なんとか前回以上の釣果を上げて一安心。ここでしか通用しないルアーってのがあるんだな。ちなみに、周りでは60cm級のものはもちろん、30cmクラスの魚はバンバン釣れていて、もっとアタリルアーを研究しなければならないな、と思った。本当はラインもトラウト用の軽くてしなやかで強いものの方が軽いスプーンを投げられるから都合がいい。基本的にバス用のルアーは使い方がヘタだからかもしれないが使えない。

5匹釣ったので1匹くらい持って帰ろうかと思ったけど、周りの人は誰一人として持ち帰ろうとする人は居なかった。釣った魚は食べちゃうという習慣にすると”害魚”たるバス対策にもなるんじゃなかろうかとも思うのだけど・・・。まあ、釣りをしていても魚を食べるのは好きじゃないという人も多いというから、なんとも言えないが(^^;。

■2005/04/02 (土) 1日店

朝からどんよりと曇り空。

朝から仕事。一旦治ったと思った背中の痛みは再発(^^;。じわじわとした鈍痛が背中にある。参ったなぁ。腰の痛みではない。腰よりも上が痛い。痛みってのはあれば気になってしまい、徐々に気持ちに侵食してくる。つまり不機嫌になる。笑いは血流量を増加させ、しまいには免疫力まで強化してくれるのに対して、痛みは心を不機嫌にさせ、人を笑いから遠ざけようとする。最近のTVはお笑い系の番組が殊のほか強いが、それは現代がストレス社会になっていることの反映のような気がする。笑いたい。・・・笑えない(^^;。参ったなぁ

思わずネットで「背中の痛み」と検索してみる。やはり結構悩んでいらっしゃる方は多いらしい。腎臓が悪くなっていると心配する方は尿管結石を疑うらしい。その場合、尿の色が黒っぽく変わるなど明らかな異常が目に見える形で出るという。ワタシはこれには該当しない。
とすると、これか。肋間神経痛。多くはストレスが原因と書いてある。そうじゃなきゃ背骨の曲がりとか椎間板ヘルニアなど激痛系になる。ストレスが原因の肋間神経痛ってのが一番近いのかもしれない。

夕食のあと、店で母親と話すと、「アラ、わたしもそういうふうになったことあるわよ」と。30代で自宅を建て直したあと、引越しも済んでやれ一段落、と思ったら来たらしい。ふうむ、説得力がある。
となると最良の治療方法はストレスの軽減を図ること。今背負ってるものが重いからなぁ・・・(^^;。

オークション出品作業も思ったより進まない。今日は朝から作業をしていたからドバーっと出してしまおうと張り切っていたのだけど・・・。これもストレスになるってか(^^;。一旦落ちだすと悪循環を起こしてますます落ちる。デフレスパイラル状態・・・。こういうときは思い切った気分転換をしたい。

明日、それを実行してみよう。明日だ。

■2005/04/01 (金) 新年度

今日から新年度。

朝から横浜へ。反町公園の桜はまだ1輪も咲いていない。東京よりも遅いのかしら。待ち遠しいな。

月曜日で春の良書市会が終わったので、すったもんだの末に決定した今年秋に開催される大市会の日程をワープロで書いて掲示板に張り出した。こういうことは早めに発表するに限る。
大市会の前にもう一つ超えなければならない行事がある。組合の総会だ。組合の会計関係資料を税理士さんに提出し、決算作業をお願いする。また、総会の議題の検討、総会資料の作成など。総会開催期日は協同組合法によって決算月から2ヶ月以内と定められている。新年度早々次から次へと仕事がある。タイヘンであります(^^;。総会開催日も掲示板に発表した。
で、総会前には全古書連の総会が再来週に開かれる(^^;。ここで発表するための資料も揃えておかなければならないな。

11時過ぎに東横線に乗った。二週間ぶりに神保町へ。晴れた靖国通りを古書会館へ歩いた。入札したあと昼飯を食べにお茶の水駅前方面へ。M大の新校舎が建つなどしてこの界隈の雰囲気も変わってきた。周辺のビルも建て替えが進んだりテナントが入れ替わったり。スタンドカレーを食べてから総武線に乗って秋葉原駅。新たに建てられたITビルがオープンを待つばかりの状態だった。ホームからその様子を眺めて山手線。日暮里駅。久しぶりの谷中散歩。晴れた日は歩きたい。
駅前の道を歩いていると商店街。夕焼けだんだんには猫がたくさん。そのまま谷中銀座を突っ切って歩く。この商店街は雰囲気があっていいなぁ(^^)。道の狭さと夕焼けだんだんで行き止まりになっているという地形的な要素で余計なクルマが通らないということでこの雰囲気が保存されているのだろうな。
谷中墓地の桜もまだ蕾。上野桜木を右折してUターンする形で大名時計博物館前の路地。そのまま坂を下りて根津・藍染へ。芋甚横の路地を不忍通りと平行してのんびり歩く。根津交差点から不忍通りへ戻り、池之端から湯島、御茶ノ水。ああ良く歩いた。

今日は写真関係でいい本が出ていたのだが、コレ!という品物は結局落札できず。最近ある特定の本がグーンと高くなる傾向が顕著。売値と考える金額の札を書かないと落札できないことが増えてきた。・・・皆さん、売れているんだなぁ・・・(^^;。ウチなんぞとてもかないませんワ。吹けば飛ぶよな。

ま。気を取り直して。とりあえず店に積み上がっている本を売りましょうよ。

2005年03月 < > 2005年05月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター