Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2004年09月

■甘露日記 2004年09月

■2004/09/30 (木) 1日店

昨夜は台風。

朝起きて快晴だった。まるで避けるように台風は北へ進路を変更したらしい。台風が接近したというのに雨・風ともにたいした事はなかった。ばあちゃんが生前言っていた言葉を思い出した。「ここは絶対洪水がないのよ。イイところよ。」

今日で9月が終わるというのに台風のおかげで真夏日(^^;。そのわりに風があって涼しい気もする。
娘は寝冷えをしたか、女房の風邪がうつったか、朝から咳をする。土曜日は待ちに待った運動会なのでそれまでに風邪を治さなきゃ、と幼稚園の前に小児科へ連れて行った。小児科は全国的に減少傾向と聞くが、このあたりは逆に増えている。イイところだ。

巻きダンボールを発注するタイミングが少し遅れてしまい、午前中一杯は荷造りをプチプチで行った。プチプチのほうが保護機能は高いのかもしれないが、仕上がりがぐにゃぐにゃする感じがしてワタシはあまり好きではない。そのため巻きダンボールを使う。おかげさまで最近は特に発送作業が忙しく、できるだけ節約しても1週間ほどで50mを使い切る。うかうかしていると切らしてしまう次第。

大市会は今日が開札日。さて、ワタシが入札した品物はどうなったかしらん。明日は横浜へ行かなければならないので回収に行けない。オヤジに行かせてもいいんだけど、本人はハナから行くつもりが無い(^^;。先に「土曜日、行ってよね」と言われてしまった。土曜日は運動会なんだけどなぁ・・・。「じゃあ終わってからでいいよ。」やっぱり行きたくないみたい(^^;。

オヤジとの会話。「別に本はいつでも買えるんだからそんな強迫観念みたいにガツガツ買ってこなくてもいいのに。」だっていい本はいつ買えるかわからないじゃないの。「だったらいい本だけ選んで買えばいいじゃない」選んでいるつもりだよ。ほとんど全部売り切ってるよ。「まあそりゃそうかもしれないけど、実際に本がこれだけ積み上がっているんだから・・・」

オヤジの言いたい事は良くわかっている。ただ、いい本は利幅が非常に小さく、なかなか売れてくれない。売れたとしてもその手間や売れるまでの期間を考えると儲かる本とは言えないのだ。実際に利益を出してくれる本は、他の方が「とてもこれを売る手間を考えると買えない」と思えるような口に含まれていることが多い。勢い落札品は大山が多くなってくる(^^;。

まあ、そんなジレンマはあるけれど。

■2004/09/29 (水) 一新会大市会

朝からどんより。今日は台風が接近しているらしい。

ラジオでは九州に上陸したとか報道していた。また来るのか・・・(^^;。9時過ぎにオヤジが一旦店に寄る。そのまま大市へ出かけていった。気合が入ってるなぁ。
朝から一ヶ月ぶりの歯医者。今日は結構良く磨けていると言われた。ただ、右奥下に溜まっていたとか。「ウィークポイントのようですから意識して磨いてみてください。」と。次回も1ヶ月後。

戻ってきてから荷造り作業。早く大市へ行きたい気持ちを抑えながら郵便振替で届けられた前金分の10件を荷造り。40分で終えて出かけた。もう雨が降り出している。東横線の車中、澁澤龍彦の文庫本を広げる。
神保町着。まずは腹ごしらえ。白山通りにある天丼屋さん。カウンターしかないお店だけどいつも満員。座って天丼が出てくるのを待つ。「ご馳走様」と丼をカウンターに載せる人もいれば、そのまま出て行く人もいる。丼にご飯粒が一杯付いたままの人も居れば、大盛りを食べたのに一粒も飯を残さない人もいる。人間模様。ワタシの中では飯粒を残すのは行儀が悪いと思うのだけど、違うかしらん?500円でシジミ汁付。満腹。

古書会館。大市会場。順に入札して回り、途中Mさんと裏のカフェでお茶休憩。全部入札し終えて古書会館を出たのは17時少し前。さて、明日はどうなるか。

店に戻って少し仕事をしているうちに夕食の時間。サンマの塩焼き。「安かったんだ。1尾98円だよ。」とか。安いのは需要と供給の関係からだろう。食べ比べても198円と98円のサンマの違いなんて判らないのではなかろーか。かぼすをかけて食べる。ビールにも絞ってかぼすビール。ウマイねぇ(^^)。ゼータクな気分になれるなぁ。息子もサンマは大好きだが皮が嫌いらしい。代わりに娘はサンマの身があまり好きではなく、血合い肉と皮がお気に入り。どちらにしてもサンマは嫌いじゃないらしい。まあ良かった。この味を食べられないなんて気の毒以外のナニモノでもない。息子のたっての希望か、今日も切り干し大根の煮付けが小皿に取り分けられてサンマの隣に座っていた。

夕食後もラジオを聴きながら仕事。明日の朝は台風がやってくるらしいゾ(^^;。

■2004/09/28 (火) 1日店

起きたのは8時。

息子は学校へ出かけるところだった。朝飯前に荷造り作業。とにかく仕事はどんどんできるところからやっておかないと。
ひとしきり仕事をしてなんとか追いつくと少し安心して朝飯。ちょうど女房が娘を幼稚園に送って帰ってきた。キムチ納豆ご飯。

朝飯を食べながら録画しておいたドラマを見る。本が大変高価に扱われていた。50両って今のお金で言えばいくらくらいなんだろう・・・。それにしてもおカネの貸し借りで首が飛ぶのだから、怖いよなぁ。

店を開けたのは昼すぎ。発送荷物はすっきりなっていたが、その後追加もあり、何度か郵便局を往復する。気がつくと1日店の中に居た、ということが意外に増えてきたので、意識して外に出るようにしたい。明古の経営員をやっていた頃が妙に懐かしく感じられる今日この頃(^^;。

オークション出品作業よりも、昨日買ってきた本の整理に1日当てる。やらなきゃやらなきゃと思いながら後回しにしている山がいくつかある。本屋は手間を売る商売。手間をかけて棚に並べることで本は本来持っていた輝きを再び取り戻す。

19時半には店を閉めて夕食。食後にちょっと寝っころがったら居眠りをしてしまった。目が覚めたら21時少し前。ラジオを聴きながらオークション落札品のお返事を書いているうちにトータス氏のラジオが終わった。今度の新曲が2回かかる。「バカサバイバー」とサビの部分だけ一緒になって唄う(^^;。いい曲だ。気持ちが前向きになれる。

メール書きをしているうちに頂いたご注文品を取り揃えているうちに時間はどんどん進む。日記を書き終われば今日も25時(^^;。

明日は1ヶ月ぶりの歯医者。そして大市会。

■2004/09/27 (月) 月曜日は横浜へ

朝から雨。

女房は今日も早起きして運動会が開かれるかどうかの電話を待つ。風邪と喘息の併発で疲れているところに連日の追い討ちだ。結局今日も7時に中止の連絡。こんな事毎日続ける気かね(^^;?週間予報をよくごらんよ。今週はずっと雨マークだよ。

とはいえ、今日のところは雨で喜ぶ。運動会が中止になり、とりあえず娘の運動会を見られる可能性が出てきたからだ。良かった。雨なのに機嫌よく出かける。

今日は良書市会の目録と古書ニュースの発行日。朝から手の開いた理事で印刷物を封筒に込める。今日の入札会は出品量も多くて質が高い。入札に来られる方も多く、大いに賑わっている。入札に来られた組合員の方々に次々封筒をお渡し。送料の節約も計る。今回は目録も古書ニュースもすべて事務局で印刷・制作いたしました(^^)。印刷屋さんには悪いのですが、お支払いするはずのかなりの金額をプール出来た事になります。

入札の結果は肝心な品物を買い逃した・・・。やっぱり今日もダメか。気合が足りないのかなぁ。ダンボール箱2個分を荷造りして発送手続き。

反町駅から東横線に乗ったのは19時過ぎ。今日も遅くなってしまった。夕食の前にメールチェック。月曜日を1日空けると後がタイヘン(^^;。今日もたくさんのご注文ありがとうございました。早速プリンターで打ち出してオヤジに品出しをお願いする。大急ぎで上階に上がって家族と晩飯。女房から「運動会は土曜日にやる事になったよ」と報告を受ける。あれ?聞こえたかしら・・・(^^;。父兄参加の綱引きも復活。出たかったんだよねー。
かっ込むように夕食を済ませてすぐに店に降りる。本は揃った?と聞くと、オヤジはのんびり「これから探すよ」と(^^;。ホント、B型なんだよなぁー。

ネットバンクを開くとさすがに月曜日でたくさんのご入金を頂いていた。対応が遅れてすみません。明日の朝には必ず発送しますので。ご注文品の山と発送待ちの山が二つ積み上がった。いつもお買い上げありがとうございます。こうして毎週組合の仕事に安心して当たれるのも、いつもご注文いただいているお客様のおかげと本当に感謝しています。

全部仕事を済ませて、日記を書いて時計を見たら25時。今日も1日が息つくヒマの無いうちに過ぎ去って行きました。

■2004/09/26 (日) 今日も運動会は順延

朝から雨。

女房は早起きしてお弁当の支度。7時ごろに電話があり、今日の運動会は開催するとのこと。外は雨。予定を1時間繰り下げて10時からとか。

8時過ぎに起きて少し仕事。今日は運動会があるということなので出かける準備。ところが外は相変わらず雨。9時ごろに再び電話。今日の運動会は中止とか(^^;。ま。天気を見れば誰だってそう思うけど、ネ。

うーむ、あくまでも結果論だから言いたくなかったが、昨日の土曜日に予定を1時間繰り下げて開催するという措置を取ってもらえれば充分に開催が可能だったはずだ。昨日は中止の連絡が入ってから雨が降るどころが晴れていい天気だった。天気だから仕方のないことだけど、今度の土曜日まで順延するなどの措置は取れないものなのか。基本的には天気が悪いせいだが、秋雨の最中に開催時期を決定したのは人間だし、昨日の中止を決定したのも人間だ。明日開催ではワタシはどうしても組合に行かなければならないので、娘の運動会を見ることができなくなってしまった。悪いけど、仕事と娘を天秤ならワタシは娘を取りたいと思う方だ(実際にはできないけれど・・・(^^;)。文句のひとつも言いたくなる。

がっかりしながら昼飯。女房が朝から作っていたお弁当を皆で食べた。ヤケ酒まじりの昼ビール。鳥のからあげとたまご焼き。食べ終わってからタップリ昼寝をした。外はずっと霧雨が降り続いていた。

夕食はたこ焼き大会。女房がスーパーで買ってきたタコ、イカ、エビ、ホタテ、ウィンナーを入れたたこ焼きを焼いて食べた。タコ焼き器は以前結婚式の引き出物で頂いたもの。随分良く使わせていただいている(^^)。
水の分量が少し多かったようで、あとから2度粉を足したが、それでも充分ではなかったようで、たこ焼きはもんじゃ風の食感に。味は充分おいしいのだけれど。

夕食後、昨日借りてきたDVDのうちの1枚、「嗤う伊右衛門」を見た。いやぁー、面白かったなぁ。原作が読みたくなってしまったが、ついこの間売ってしまったな・・・(^^;。

■2004/09/25 (土) 運動会は順延

今日は娘の運動会当日。

朝は早めに起きて待機した。外はどんよりと曇り空。しかも午後から雨の予報が出ていた。7時半に電話。今日の運動会は中止という連絡。
女房は早起きしてお弁当の支度をしていたが、中止と聞いてお弁当箱の用意はやめていた。そういえば昨夜遅くにワタシが寝ようと布団を敷いていたとき、女房が暑いのに毛布をかけて寝ていたことを思い出した。
からあげを揚げている女房は咳き込んでいる。「昨日喘息が出ちゃってさ」そりゃ大変じゃないの。おでこを触ると熱かった。体温計を出してきて熱がないか計ってみた。果たして7度5分。やっぱり熱があるじゃないの。風邪をひいて喘息も併発した様子だった。

息子は今日小学校で文化祭があるということで8時には出かけていたが、娘は運動会が中止になってウチに居る。朝飯を食べてから女房をかかりつけの病院までクルマで送ることにした。一人にはできないので娘も一緒。病院前の道で女房を降ろし、娘と二人で店まで戻ってきた。女房が帰ってくるまで娘は店を作業場を行ったりきたりして居場所確保に奔走(^^;。一人でジッとしていることはまだできない年頃だ。

女房が帰ってきたのは昼ごろ。点滴を打ってもらい、喘息は収まったようだ。ただし、喘息のクスリの副作用で心臓がどきどきするとのこと。今日は1日ゆっくり過ごしたほうがいいね。

昼飯は「安かったから」と女房が帰りがけに買ってきた冷凍グラタンにお弁当用として仕込んだお赤飯。トースターで20分くらい焼くとグツグツとおいしそうな匂いが漂ってくる。さっき帰ってきた息子はグラタンが大好きで娘の食べ残した分までペロリと平らげた。
ワタシも小さい頃はグラタンが好きで、よく渋谷まで出かけた時の百貨店食堂で一人グラタンを注文していた。オーブンで時間をかけて焼く料理だから必ず他の人よりも出てくるのが遅かったっけなぁ。

昼間はオークション出品作業など。夕食後はビデオ屋さんに行って2本借りてきた。今日は見ずに”甘露PHOTO日記”を追加する作業。

日記書きをしていたら25時を回ってしまった(^^;。明日は運動会。

■2004/09/24 (金) 金曜日は横浜へ

朝起きて曇空。予報によると今日は1日こんな調子とか。

週の初めと半ばにお休みのあった今週はいろいろな意味で変則的。どーしても普段どおりにはいかない。ご注文を頂いているのに、ご送金いただいているのに、肝心な決済が実行されない。そのため発送も遅れてしまう。昨日も書いたけど、これは本当に困る。そもそも週の半分以上を休もうとするこの恣意的なカレンダーが間違っていると思うのだが、こういうことに(必要以上休むことに)全くといっていいほど批判的な意見が聞こえてこない。カレンダーの土曜日が青く塗られているが、これは土曜日が半ドンだった頃のままの表記。ごまかしだ。完全週休二日制になっている現在の状況を考えるなら来年からは赤く塗りなおしてもらいたい。休日がどれだけ増えているのかがハッキリするから。

ちょっと言い過ぎたか(^^;。ただカレンダーどおり休んじゃいけない業種がある、と言いたかっただけなんだけど、ネ。

9:40過ぎに古書会館着。パソコンを開けて作業。メールボックスをひらくと組合加入を希望される方からメールが入っていた。紙に打ち出してお返事の検討。FAXを見ると「古書の日」の販売促進グッズ注文票。これも理事で発注数を検討しなければならない。全古書連秋の役員会の出席葉書の差出しもまだしていなかった(^^;。あとでやらなければ。理事長が役員会出席に必要な航空券を調達して下さった。ありがとうございます。福岡までの往復航空券。高額金券なのでなくしたら大変だ。
18日に開催される秋の良書市会目録の印刷作業を会計理事さんに仕上げていただいた。ありがとうございました。組合事務の方に古書ニュースの原稿を仕上げていただいた。印刷屋さんにお願いするのと同じかそれ以上の仕上がり(^^)。お疲れ様でした。再び会計理事さんには印刷をお願いする。どうかよろしくお願いします。
理事長は県の「青少年の健全育成会議」に出席するためスーツを着てお出かけになった。総務理事さんは先ほど印刷していただいた目録をホッチキス止め作業。午後からは事業部理事さんに月曜日発送するための封筒作成をお願いした。ありがとうございます。

今日致すべき仕事を何とか17時過ぎまでに終え、店に戻る。案の定、今日の郵便振替での前金は17件あり、母親は午後を丸ごとつぶして荷造り作業にあたったとか。

夕食後もひたすら荷造り。いつもありがとうございます。

■2004/09/23 (木) お彼岸

暑さ寒さも彼岸まで。

今朝は結構涼しかった。PCをONにしてメールボックスを開けるとダダダっとご注文メール。いつもありがとうございます。おかげで目が覚めました(^^;。

今日はお彼岸恒例のおはぎを作りに行く日。休みなのに朝からあわただしい。「9時には行くわよー」と女房。ウチの実家で母親と一緒におはぎ作り。ここに住み始めてからずっとの恒例行事。女の人は大変だ。オトコは食べるだけなんだからいいご身分だよねぇ・・・。
女房たちが出かける頃になってシャッターが開く音。あれ?まだ9時だよ。でもオヤジだった。開店の準備を始めていた。あ。そうか。おはぎを作っていると家に居場所がないんだ・・・(^^;。なるほど、オトコも気を使うとなると楽じゃないようで・・・。

トリビアを見ながらの朝飯を終えてワタシもつられて早めの仕事開始。まずはご注文メールに返信。ご入金いただいた分の荷造り作業。今週は郵便局の休みが多くて郵便振替のご入金が遅れている。変な休日法改正で月曜日が休みとなり、火曜日にご入金いただいた分が今日届くはずなのだけど祝日で配達が無い。休みになって何が一番良くないって決済機能が停止してしまう事だ。以前は祝日なら配達があった。民営化の流れのなかで明らかにサービスが低下している。流れに逆行しているよねぇ。郵便はお役所じゃなくなったんならまずは祝日の営業を再開するべきだろう。

お昼はおはぎ。つぶあんのおはぎにゴマ、きなこ。自家製のぬか漬けはきゅうりと大根、ミズナスと豪華なラインナップ。甘みを抑えたあんこは今年も出来がいい。ぬか漬けは子供たちも好きで取り合いになった。ご馳走様。
もち米だから腹持ちがいい。いや、7個も食べたからか・・・(^^;。

午後はオークションの出品作業など。サザンを聞いていたら桑田佳祐さんの曲が聞きたくなって、ベスト版を2枚聞いて、「ロックンロール・ヒーロー」を聞き始めたら「東京」にはまってしまった。

夕食はサンマの塩焼き。かぼすをかけて食べる。熱いうちに、美味いうちに
、と思って発泡酒ととっかえひっかえパクパク食べていると。あっという間に食べ尽くしてしまった・・・。ワタシだけ2本買ってきてくれないスか(^^;?

夕食後はラジオを聴きながらオークションの落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。今夜のクイズの商品はコーヒーメーカーだった。

■2004/09/22 (水) 仕入れ有

いい天気。天気予報では午後から雨とか。ホントかな?よく晴れて暑い。今日も真夏日。

午前中に仕入れの予定有。女房が娘を送りに行くころ朝飯を食べて、女房が幼稚園から帰ってくる頃に出かけた。すでにオヤジは店を開けに来ていた。

クルマで走る。いつも良く走る道。ラジオを聴きながら。ナビに番地を入力するとおおよその場所まで連れて行ってくれるが、最後の詰めの場所で「音声案内」を勝手に終了してしまう(^^;。機械の限界か。最後は地図が頼り。それでも判らなければクルマを降りて犬のようにクンクンとあたりをうろつくことになる(^^;。
それでも最近はケータイを持参していくので住宅地でも怖くない。最後には直接電話でお聞きしてしまえばいいのだから。

本を拝見させていただき、買い取らせていただいた。ありがとうございました。

帰り道。せっかくだからと駐車場のある安売り酒店へ寄る。ビールが切れかかっていた。ビールくらい向かいのスーパーでいくらでも売っているのだけど、どーせなら安く飲めたほうがいい。気分の問題だけど。デンマークのビールでライセンス生産されている銘柄が24本で3000円ポッキリ。それに決めた。発泡酒並みの価格だ。かいた汗の補充で安売り烏龍茶を買い、帰り道の道中で飲み干す。ウマイ。
店に荷物を降ろしてからGSでガスの補充。現金会員1リットル114円ナリ。
午後一杯オークションの出品作業に精を出す。

夕食はそうめん。そろそろスーパーの乾物売り場からそうめんが撤退を始めたらしい。いつも買ってくる緑とピンク色の麺がほんの少し混ざったものは撤去されていたらしい。娘は色つきの麺を選んで食べていた。

夕食後、仕事を終えてから「阿修羅のごとく」を借りて見た。2時間以上ある映画だったが、気が付けばエンドロール。男女の愛憎の物語。いくつになっても男と女ということか。

森田監督に演技派の豪華俳優陣。もっと突っ込んで描いて欲しいと思う場面も無くはなかったが、”行間”を読めということかしら。確かにあまり濃く描いてしまうと二度見る気にはならないだろう。見終わってしばらくしてから余韻が響いてくるタイプの映画だった。面白かった。

見終わって25時。日記書き。

■2004/09/21 (火) 1日店

朝からいい天気。

荷造りをしていると電話が鳴った。「○○株式会社と申しますが、投資のお話を・・・」いりません!必要ありません!ときっぱりお断りした。そもそも商売が一生をかけた投資行為のようなものなんだから、そんなところに投入する資金なんてあるわけないのにねぇ・・・。ウチはだまされません。

店を開けずに仕事の火曜日。まずは郵便局へ荷物を出しに行く。ついでに毎月の家賃(?)を振り込む。近くの薬屋に日曜日に撮ったフィルムを出す。モノクロフィルムは仕方なく渋谷でBカメラに出すけれど、普段のネガカラーは近所で済ませている。

女房の家事が一段落したのはお昼過ぎ。とりあえず店を開けた。昼飯を食べはじめたところで電話が鳴った。ハイ、甘露書房です。「あのう、こんどの26日の日曜日なんですけど・・・」ハイ、26日ですね(仕入れかしら?今度の日曜日は仕事を入れられるからちょうどいいな)。「10人で宴会をやりたいんですけど、大丈夫ですか?」・・・(^^;。
ウチはいつから居酒屋になったのかなぁ。
飲み放題を付けますか?と冗談で受けてもよかったが、それも迷惑だろうから止めた。番号をお間違えですよ、と申し上げてから電話を切った。古本屋をしていて宴会を申し込まれたのは初めてだった。

17時までオークション出品作業。今日は久しぶりに腰をすえて仕事に当たれた。店の売り上げはいつものように超低空飛行だったが、レジに登録された売り上げはそれなりの金額だった。いつもありがとうございます。

火曜日はもう定休日にしてしまっても大丈夫なほどになってきているが、無理をしない程度に営業時間を短くする対応でしばらくは年中無休を続けていくつもり。

夕方、息子が店に降りてきた。「ラジオ、できたよ!(^^)」え?すごいじゃんか。てっきり半田付けでICが死んで結局は完成しないんじゃないか、と思っていた。できるまでワタシは何も手伝わなかった。説明書を読んで自力で完成させていた。スイッチを入れると確かに聞こえた。へぇー、よく頑張ったね。ニコニコしてうれしそうな顔だったな。

夕食はタケノコカレー。ひき肉カレーにタケノコの角切り入り。食感が変わっていてなかなかおいしい。子供たちは普段よりも食欲が増すらしく、二人とも「おかわり!」と元気がいい。

夕食後はラジオを聴きながら荷造りと本の値付けなどして過ごす。

■2004/09/20 (月) 月曜日は横浜へ

祝日だが市場がある。

先週の金曜日に打ち込んだ秋の良書市会の校正をしていただいたので、その結果を持って組合のPCに向かう。目録に訂正を入れ、今日追加目録をお持ちいただいた方のデータを入力して完成ナリ。HPにも結果をアップして完了。良かった。

今日は理事が6名出席。事業部理事は市場の現場へ。広報理事は現場のお手伝いと落札表の原稿取り。総務理事は駐車場代金の回収。皆さんそれぞれにお仕事。昼飯は出前を取る。祝日のため普段食べに行くお店は軒並みお休みだ。中華ということだったのでワタシはネギソバ。ピリッと辛くてなかなか旨かった。

午後は今後の予定を理事で話し合った。良書市会の目録は原稿が出来上がり、あとはレーザープリンターで打ち出していただくのみ。古書ニュースの原稿も先日打ち込みが終了し、今日は事務局の方にPCで組んでいただく作業。なんとか金曜日までに仕上げていただければ予定通り来週の月曜日に同封して発送できるはず。どうかよろしくっ!

タイムレコーダーは17:00。うす雲のかかった空に下弦の月。柴咲コウの歌「月のしずく」の歌詞を思い出す。店に戻ったのは18時。
今日は三連休の最終日とあってメールも少ない。皆さんお疲れ休みということでしょうかね。

夕食はオムライス。チキンライスにふわふわ玉子焼きを載せるタイプ。がんばったねぇ。「別にそんなにたいへんじゃないよ」と女房。いえいえ、自信作でしょう。
チキンライスのケチャップ味。なんだか懐かしいな。子どもたちはこういう味が大好きのようでペロリと平らげていた。「おかわりー!(^^)」とリクエストしたのは娘。まだ食べるの(^^;?

ちょっと気力が充実し、夕食後にはオークション出品作業など。珍しい(^^;。

■2004/09/19 (日) 秋葉原

朝起きて快晴。ちょっと眠い。

少し荷造り仕事をしてから遅い朝飯。12時過ぎに出かけることにした。息子が先日届いた電子工作講座のDMを見て「やりたい」と言い出した。金額がバカに高かったのでその講座は諦めさせ、代わりに秋葉原で同等のものを買ってやるから、と約束していた。昨日一昨日からずっと「秋葉原連れてってね」と何度も言われた。余程楽しみにしているらしい。

銀座線神田駅を降りたのは13時を過ぎていた。「おなかがへった」と娘。いつものことだ。万世橋そばにある店で名物のカツサンドを食べる事にした。1階の喫茶店でアイスコーヒーとアイスティーにカツサンド。あっという間に食べつくした(^^;。

さて、肝心の電子工作キットか。ラジオ会館か高架下のラジオセンターかな、と何となくあては付けておいた。ラジオ会館に入る。よく秋葉原を徘徊していたが、あらためてラジオ会館に入った記憶を辿るとずっと昔高校生の頃以来かも。様変わりしていた。エスカレーターを上るとレコード屋にはDVD発売のプロモーションか、スターウォーズのキャラクターでストゥーム・トゥルーパーとボバ・フェットが居て、店員さんがしきりに「一緒に写真を撮りませんか、どうですかー」と声を張り上げている。すげえな。
お目当てのパーツ屋さんがあるフロアを降りると、間違えたかな?と思うほどアニメ・キャラクター街になっていた。ショーケースにはフィギュアがところ狭しと陳列され、たくさんの人でごった返している。その人ごみを掻き分けて進んだ先にひっそりとパーツ屋さんがあった。見事に人の流れは途切れ、別世界となっていた。

電気の街秋葉原というだけでは多分やっていけないだろうことは、ちょっと考えればすぐわかる。こうして電気からアニメ関係の街へシフトしてきている事は、必然とは言わないものの時代の流れとして仕方のないことかもしれない。
FMラジオキットと半田ごてセット。100円ショップで完成品が300円で売られている時代に道楽なこと(^^;。4000円也。息子はうれしそうな顔をした。

秋葉原に用はない、と散歩することにした。幽霊坂を登ってニコライ堂。そのまま大通りを通って神田橋を渡った。将門の首塚を見てから内堀通り。和田倉噴水公園でしばし休憩。西日に噴水がキラキラと輝いていた。

二重橋前から地下鉄に乗る。17時には帰着。お隣の飲み屋さんで夕食。

■2004/09/18 (土) ドラマの話

朝起きて二日酔い(^^;。

結構ひどくて起きてからもグラグラしていた。そんなに飲んだのかしら。それとも最後に声がかすれながら歌った「川の流れのように」が効いたのか(^^;。

昨夜断念したメール書きをトボトボとはじめる。お返事が遅くなって申し訳ないです。この日記を読んでメールが遅れた理由を知ったお客様はさぞやガッカリしたのでは、と心配になる。
まだ全て終わらないうちに神田までクルマで出かける。木曜日に買った荷物の回収。戻ってくる頃には時計は13時。
今日の夜に「僕と彼女と彼女の・・・」の総集編が放送されると聞き、まだ見ていなかった最終回までのDVDをビデオ屋さんで借りた。

戻ってきて昼飯。メール書きの続きを終えてから荷造り作業。結構な量になった。いつもお買い上げありがとうございます。ラジオを聴きながら作業。世間は今日から三連休。下りの高速は長大な駐車場と化していた。お疲れ様です。

夕食後の仕事を終えてからさっき借りてきたDVDを見始める。あらすじは何となく聞いていたが、やはり重い話だ。離婚したあとの子供の親権問題。調停の現場では男親と女親のエゴがむき出しになる。そこに子供の気持ちの入る余地はなかった。どちらの親がいいか、なんて、子供に選ばせるのも無理な話。子供にとってはどちらも大事。両親が離婚するという事態そのものが子供の理解の範囲を軽く超えている。
大好きなお父さんと離れて暮らさなければならない不条理。親の都合を無理やり押し付けられる子供の気持ち。最後の2話は涙なしには見られなかった。ハナミズと涙を拭きながら結局2時間以上一気に見てしまった。

主人公が最後につぶやく科白。「娘が笑っている。彼女が笑っている。ただそれだけで俺は幸せだ。」長い回り道をしたが、彼は自分の大切なことに気が付いた。人それぞれで大事に思うことは違う。退屈な日常。失ってみて初めてその大切さに気が付く。絶対的な価値観を持てる人なんてそうはいない。何事もなく家族で過ごせることのなんと稀有なことか。
見終わってエンドロールをボーっと見ながらそんなフレーズがアタマの中をぐるぐると回っていた。
仕事は大事だけど一番じゃない。でもそんなことを男が言うのはイケないんじゃないか、と思っていた。豊かさとはさまざまな”多様”を認めること。いいドラマを見せてもらった。

見終わってから子供たちの寝顔を見に上階に上がった。

■2004/09/17 (金) 生麦事件(?)

金曜日は横浜へ。

秋の良書市会目録原稿締切日。滑り込みセーフで原稿を入稿してくださった方数名。ありがとうございました。
朝から目録編集作業。経費節約→作業パソコン化→作業できる人が特定される の流れ。編集作業はほとんどワタシ一人の仕事となる。

全古書連から封書が一通。秋季役員会のお知らせだった。神奈川組合からは通常2名が参加することになっている。場所はなんと福岡! ワタシ的には初の出張という事になるかしら。公務を背負ってという事だから旅行気分にはならないでしょうが。

昼飯は近くにある神奈川区合同庁舎内にある食堂へ。日替わり丼としてメニューにあったえびカツ丼520円。なんだか学食を思い出す味だった(いい意味で)。今度来た時はワンプレートランチにしてみようかな。

午後もひとしきり編集作業。一段落してから目録のhtml化の作業をして組合ホームページに貼り付けた。外販事業部理事さんに校正をお願いするためFAXで出来上がった目録を送った。
平行して組合アルバイトの方に目録に同封してお送りする古書ニュースの編集をお願いした。

17時過ぎ、今日は経営員の方々の懇親会があるというので理事を代表してワタシもお邪魔させていただいた。京急に乗って生麦駅。そこから歩いて10分ほどの場所にあるKの生麦工場内のビヤホールへ。敷地のすぐ横には幕末に起こった生麦事件の現場を示す碑?があった。ははぁ、ここですか。

空が暗くなってきた頃にお店の中に入る。この工場で作った地ビールがおいしい。ソーセージ、ピザ、焼肉など、ビヤホール料理を堪能して21時頃に店を出た。その後生麦駅前にあるカラオケへ。
終電まで。京急川崎駅から南武線に乗り継いで帰る。帰宅は25時過ぎ。メールボックスを開けてのけぞった。100通近いメール。酔っ払ったこの状態ではとても仕事し切れない。

とりあえず寝ることにした。

■2004/09/16 (木) ”今日何回うっとりしましたか”

今日も快晴。息子の布団を干した。

朝から発送作業をいくつか。朝飯のたまごぶっ掛けご飯を食べながらトリビア。今日は女房が幼稚園に娘を送っていってそのまま用事があるとのこと。

店を開ける時間になった頃、オヤジからFAXを1枚手渡された。今日の一新会のご案内だった。特選市(!)。むずむずした。手渡してくれたってことは行って来いってこと?「それは(自分で状況を)考えなよ」とオヤジ。行く事に決めた。
行くと決まれば昼飯も食べずに飛び出た。神保町を降りて靖国通り。信号待ちをしながら見上げればビルの上から深津絵里がつぶやいていた。”今日何回うっとりしましたか”

古書会館には13時到着。早速入札。すごい量。たくさんの人。落札できるのは限られるだろうなー。
入札が終わってからすずらん通りでカツカレー。14時を過ぎているっていうのに満席。カレーにヒラメフライの単品という組み合わせで食べている隣の人。旨そうだな。今度来た時それにしてみよか。とはいうものの、いつも食べているとはいえ、ここのカツカレーはやっぱり旨い。噛み締めながらうっとり1回(?)。

帰り道、渋谷で降りてBカメラ。先週現像に出したフィルムを受け取る。写らないFORTE社製のモノクロフィルム。案の定1枚フィルターをかけて撮ったような渋谷の街が描かれていた。これはこれで貴重かな。バシっと写らない絵を撮りたいときには迷わずFORTEだ!

店に戻ってからは発送荷物を作ったり、お茶を飲んだり。女房は10月に息子が学校で連れて行ってもらう八ヶ岳キャンプの説明会に行っており、留守。入力作業を再開。

晩飯は待望の秋刀魚の塩焼き。今朝の新聞に入っていたチラシに「生サンマ1尾100円」とあったのでワタシがリクエストしたのだった。サンマにかぼすを絞って大根おろし。ビールに余ったかぼすを絞って入れる。くぅー、ウマイねぇ。うっとりというかんじではないけど、まあ、うっとり2回目(^^;。

なかなかうっとりすることってないもんだねぇ・・・。

■2004/09/15 (水) 快晴

朝起きて涼しい。しかも快晴。湿度の低い空。いい気分だ。

せっかくだから布団を干す。今日はちょうどワタシの布団の番だった。ありがたい。布団はさみで固定しながら夜寝るときのふっかふかの布団の感触を想像した。こらこら、まだ朝だぞー(^^;。

今日は水曜日。郵便局で郵便振替をしていただいた方の前金はだいたい今日届くことになっている。おおよそ2日から3日のタイムラグ。それでもご近所に郵便局があって便利ということもあるのか、前金は現在のところ圧倒的に郵便振替で送られてくることが多い。
最近台頭著しいのはネットバンク決済だ。送金料が郵便振替よりも安いということと、オークションで使われているからか、口座をお持ちの方が多いらしい。銀行(某都市銀行)振り込みも実は最近増える傾向にある。コンビニのATM、もしくはネットでの振り込み手続きが普及したためだろうか。銀行のATM行列がすさまじいことからウチは口座のネット化を進めてきた。口座照会はネットで日に何十回も行うが、ATMの前に立つ事は全くなくなった。最近はATMの行列も短くなる傾向にあるのだろうな、きっと。
どちらで決済を受けてもウチに知らせが届いた日に梱包・発送を済ませるのが、ネット販売を始めてから貫いているウチの方針。閉局時間後の発送は無理ですが(^^;。

今日も荷物が多いので何度かに分けて郵便局へ運ぶ。快晴の空に低い湿度。こういう日なら何度往復してもいいな(^^)。

息子宛にDM。”電子工作講座”というものだった。テキストと簡単な電子工作セットがいくつか付いて4万円とはかなりお高い(^^;。息子は「やりたいんだけどなー」と女房に言ってきたらしい。女房が「おとーさんに言ってごらん」と言うと「えー?じゃいらないよ」と答えたそうだ(^^;。ワタシに言うと何でも反対されると思っているのだろうか。
ワタシが中学の頃に入っていたのが弱電クラブ。半田ごてでトランジスタを基盤に貼り付けたりしていた。不思議と何を作ったか忘れてしまったが、わけもわからないくせにそういうコマコマしたことが好きだった。「親子してそっくりねー」と女房。4万円のセットは買わないけど、秋葉原を歩けばもっと安いセットがあるかもしれない。今度の日曜日に一緒に出かけることにした。親子してアキバ系?

そういえば今期は減水でもう釣りに行けないかなぁ・・・(^^;。

■2004/09/14 (火) 1日店

火曜日は店を開けずに仕事仕事。

昨夜はさすがに疲れ果てており、あの時間からでは請求書を打ち出すのがやっと(^^;。実際の荷造り作業は今朝起きてから始めた。PCをあけてメールボックスをひらくとその後ご入金いただいた分もかなりあり、荷造った荷物は小山になった。お買い上げありがとうございます。

やっぱり今日は良書市会の目録作業はできないな・・・(^^;。

荷造りはお昼ご飯、娘のお迎えを挟んでも続いた。愛書会の目録発送名簿の整理もやらなければならないし、やっぱり1日忙しいことになりそうだ。

娘の通う音楽教室は楽器メーカーの息がかかっており、いずれ上のグレードに進むとエレクトーンを買わなければならないことになっている(^^;。まあそれが商売なんだから良し悪しを言うつもりはない。ただ、10月で次のグレードにカリキュラムが上がり、今までは母親と一緒にレッスンを受けていたものが娘単独で授業を受ける体制に変わるのだという。娘は母親と一緒ではなくなることを聞くと「えー?じゃあもうやめるー」と言い出した(^^;。せっかく鍵盤を両手弾きできるようになりかけている娘には”できれば続けてもらいたい”と思っていた女房はここ数日悩んでいたらしい。昼飯を一緒に食べながらそんな話をした。じゃあ(娘に)聞いておくよ。と話を引き取った。

後で娘に聞いてみると「ぴあのやるよ」と二つ返事。(^^;あれッ?。・・・新しいテキストの見本を見せられて説得されたらしかった。随分簡単だなぁ。まあもともとキライじゃないのだろう。キライならとっくにやめているだろうし、このあいだの発表会にも出ないはず。続けることと母親と離れることを天秤にかけて続けることを選んだ娘。ひとつ甘える気持ちが消えた事になるのだろうか。

夕食時、デミグラスソースたっぷりのハンバーグ。息子はしきりにうまいうまいを繰り返す。ワタシも洋食って子供の頃の憧れだったものなぁ。
ワタシの誕生日を口実に買ってきたケーキを食べる。女房はチョコケーキ、娘はシュークリーム(生クリーム)、息子はレアチーズケーキ、ワタシはモンブラン。せっかくだから少しずつ味見。皆でケーキをまわしながらちょっとづつ食べる。モンブランは好評。今度は息子もモンブランを食べたいと言っていた。

夕食後は少し仕事をしてから日曜日に借りたDVD「ブラックジャックによろしく 涙のガン病棟編」を見る。

■2004/09/13 (月) 良書市会目録

月曜日は横浜へ。

いつも行きがけに買う缶お茶500mlは季節とともにラインナップから消えていた(^^;。やっぱりワタシのようなお客は少なかったとみえる。

今日は10月の良書市会目録締切日。ちょうど展覧会の目録締切日と重なって間が悪いようだった。ワタシは昨日の夜に書いた目録30数点を提出。お持ちいただいた皆さんの目録は徐々に増えたものの、まだまだボリューム的に足りなかった・・・。
今回は数が揃いそうになかったため、写真版の目録掲載は見送られることになった。代わりにホームページ掲載をするため、デジカメで撮影。
目録をデジ化する作業をしているうちに13時が近づいた。月に一度の支部長会。急遽レジュメを仕上げる。綱渡り(^^;。何でもワタシがやってしまうのが原因。もともと目録編集作業は事業部の仕事。支部長会の収集は理事長の仕事だ。

支部長会が終わってからしばらくして昼飯。食べる事を忘れそうだった。あ。今日の市会の入札を忘れてしまった・・・(^^;。

食事から戻って専務理事の仕事をいくつか。いつの間にか夕方。事業部長はお帰りになり、目録編集は結局ワタシの仕事と化す(^^;。今日提出していただいた原稿分はなんとか打ち込み終わってデジ化できたが、html化まではとても時間がない。宿題と化す。いや、ここはあえて金曜日までペンディングするべきかな・・・。そこまでやってしまっては今度は甘露書房の仕事が出来なくなってしまう(^^;。

店に戻ったのは19時。月曜日である。銀行振り込みしていただいた前金分がドカっとあったり、メールでのご注文がドサッとあったり・・・。いつもご利用頂きありがとうございます。やっぱりこういう仕事はやっていて気分がいいものです(^^)。夕食を挟んで前金でお送り頂いた分の荷造りを仕あげた。

さて、お次は土曜日に終わった愛書会展の発送分の荷造りを開始しなければ。ただいま時計は23:30ナリ(^^;。

■2004/09/12 (日) 誕生日

昨夜は遅くまで「僕と彼女と彼女・・・」のDVDを見てしまった。

”当日”だったので朝起きてまず返しに行く。快晴。今日は娘の通っている音楽教室で午後からテストがあるというので出かけられなくなった。まあおかげでのんびりできるのだけど。夏休み中は必死になって出かけてたから少しゆっくりしたい気分ではある。

昨夜見たDVDの続きが気になっていた。10時を過ぎたのでビデオ屋へ再び駆け込み続きを借りた。早速見始める。完全にハマっている(^^;。
前回の「僕の生きる道」もいいドラマだったが、こちらはさらにリアリティという面で一歩踏み込んでいる。秀作ドラマ。音楽教室で出かけることになるまで見続けた。

隣駅のビルの3階に娘が通う音楽教室がある。鍵盤を両手で弾くなんて、譜面を見る限りワタシにはできっこない。少しずつ練習すればできるようになると言われても譜面を見るたびにどこか他人事という気持ちになり、ウチの娘が続けていることを実は意外に思っている。とはいえ、何かを続ける事の意味は重視したい。こうしてたびたび発表会のような行事にも欠かさず出かけて見届けたいと思っている。
13時過ぎに教室に通され、7人ほどの生徒さんが次々歌と演奏を披露する。娘は一番最後。皆の見る前で一人歌を歌った。一人譜面も見ずに鍵盤に取り組んだ。普段の娘とは全然違ってカチカチに緊張していたことが痛々しいほど伝わってきた。たどたどしく間違いながらも途中で投げ出さなかった。それで充分だと思った。結果を求められる歳ではない。結果はどうでもいい。そういう機会に立ち向かった事が一番大事なのだ。
無駄な経験など何一つない。小さい頃に冷や汗をかくような思いをした経験は、後になってかく冷や汗の量を確実に減らしているはずだから。

商店街のお弁当やさんでおにぎりを買って多摩川河川敷へ。斜面の草っ原。日陰を選んで敷物を敷いた。15時過ぎの遅い昼飯。空は青空。風が涼しい。つい横になると昼寝をしてしまった。起きたのは1時間後。向こうで女房は子供と一緒に自転車や紙飛行機で遊んでいた。ワタシが起き上がった様子に気が付いて手を振っている。ワタシも小さく手を振った。

夏に買ったままやっていなかった花火をした。ものすごい量の煙。夏の名残。夕食は初めて入る焼肉屋。マッコリという韓国ドブロクがおいしかった。

店に戻ってから良書市会の目録書き。

■2004/09/11 (土) 入札会

9・11。

9月1日は防災の日。9月11日は公衆電話記念日(?)。3年前のこの日から世界は一変した。ウチの店売りもこの日を境に激減した。忘れられない日だ。この日が近づくと世界的に株価は下落するほどだという。9月1日に大地震が起こる確率はものすごく低いかもしれないが、9・11は天災ではなかった。心理的なプレッシャーはいつ起こるかわからない地震よりも計り知れないほど大きい。

今日は五反田の入札会。10時過ぎに五反田駅に降り立つ。いつものように盛り場を通って古書会館。一通り入札してからJRに乗る。渋谷で降りてカメラを片手に一回り。普段引きこもった生活をしているから、たまに出たこういう時には意識して歩き回りたい。カメラはT3。すべてノーファインダー撮り。デジカメ撮影のファインダーを覗かずに液晶画面で見ることが定着し、スナップ写真では銀塩カメラでもファインダーを覗くことは少なくなった。いいのかしら、こんな事で(^^;。いいんでしょう。そういうことでも。

店に戻ったのは12時半。昼飯を食べて荷造り作業。終えてからクルマで神田の古書会館へ向かうことになった。ビデオ屋さんの半額セールが明日までなので、駐車場へ行く途中に柴咲コウのアルバムと「僕と彼女と彼女・・・」の続きを借りる。昨日の明古でオヤジが落札した品物の回収に。古書展の撤収のとき一緒にオヤジが運送屋さんに頼んでくれれば手間なしなんだけど、そういう器用な事はできない人だ。一人で愛書会に参加するのが精一杯。それ以上の仕事はワタシがフォローするべきだろう。幸いにして神田までの道は空いていた。平日ではないのでトラックが圧倒的に少ない分、のろのろと走る自家用車と思われるクルマが普段より多い(^^;。それはそれで困ったもの。帰り途中に午前中入札した五反田の荷物も回収させていただいた。お世話になりました。
道中は「月のしずく」をエンドレスでかけた。あのドラムの乗っかり方。きっかけうまいなぁ・・・。

結局二人でカーゴ1台強の荷物を買ってしまったわけで、せっかく減り始めていた店に積み上がった荷物は再び元の黙阿弥状態。母親ため息(^^;お世話になります。今度の良書市会に出すからね。

今買ってきた本の整理を始める。ずっと前に買っておいた本の整理はいつも後回し。む。してみると本が欲しくなったら市場へ行けば調達できるんだから、在庫を抱えることもないんだなぁ。

■2004/09/10 (金) 金曜日は横浜へ

朝は涼しかった。外も晴れていた。秋の空気が広がってきた。

今日から愛書会展。ワタシが神奈川組合の理事になってからは初日金曜日に神田へ行けなくなったので、オヤジがオヤジ一人で対応できる出品量に絞って本を持ち出す体制になった。持ち出し量が減ればそれだけ当然のように売り上げも減る。理事をやっている間は仕方ないか、とオヤジとは話し合っている。

秋の良書市会の目録原稿締切日が今度の月曜日に迫った。先週でGケース企画も終了し、原稿がどのくらい集まるかしらといったところ。オヤジはこういう時でも自分の方針を曲げない男。目録を出すことはいいとしても「買い引きは許さん!」と堅く禁じられているので、店の方針としてウチは買い引き出来ません(^^;。
買い引きにも実はメリットがあって、過去に高く買いすぎてしまった品物の仕入れを新たに設定しなおすことが出来る。高い頃にキバって10万円で買ってしまった品物を市場に出して5万円で買い引けば、会計の数字上は5万円の売り上げと5万円の仕入れが出ることになる。他の品物とまとめて考える事が出来るなら、思ったよりも高くなった品物とあわせて損金分を圧縮”したように”考える事ができる。勿論デメリットとしては損が出る(^^;。その品物に対してどう考えるかによって、買い引きが有効になることもあるが、オヤジのようにアタマから「絶対ダメ」と言ってしまえばそれまでの話。どちらも正しい。

スケジュールが詰まっていて、いろいろな仕事を同時進行で考える必要有。10月の半ばに良書市会があり、組合報を良書市会の目録に同封して発送するのが目標。組合報の編集もしなければならない。今回から印刷代の節約をするため、原稿の打ち込みも仕事となった。打ち出しはレーザープリンター。広報理事さんから預かった原稿を朝からデジ化する作業。組合のアルバイトの方にも仕事を分けてお願いしているのだけど、やってみるとなかなかの量がある。事務所に詰めているだけでなんだかんだとやらなければならないことが湧いてくるかんじ(^^;。

午後、自然に集まった理事の皆さんでプチ理事会。早急に対応を迫られている問題がひとつあって、この問題がなかなか複雑(^^;。思わせぶりに言いながらもこんなところに詳細は書けない・・・(こればっか)。

帰る頃には雨。今日は何も買えなかったが、月曜日に買っておいた荷物でバッグは満杯になる。

■2004/09/09 (木) 1日店

朝から快晴。

今日はオヤジが神田に行って愛書会展の並べに行く。ワタシはそれと関係なく自分の仕事をする日。山積みになっている本の整理に当てるつもり。

いつものように息子は8時過ぎに学校へ出かけていった。娘は9時頃に女房と幼稚園へ。もうお弁当が始まっている。女房が娘を送って帰ってきてから二人でトリビアを見ながら朝飯。下ネタ系が多かった(^^;。布団を干した。
「今日午前中、髪切りに行こうかな」と女房。夏の間もずっと三つ編みにしていた髪。聞けば1年半も切っていないとか。そりゃ切ってきたらいい。

先週買ってきてそのままだった本に手を付ける。結構高い本もある。まあ、市場で買うまではできる。問題は売る事ですワ(^^;。

昼ごろに女房が戻ってきた。お。随分切ったねー。なんだか若返ったんじゃないスか?(^^)え?誉めてない?
昼飯を食べながら美容院の話。白髪が目立たなくなったけど?「少し切ってくれたんだ」そうな。白髪は基本的に縮毛なので、自然に浮いてきてしまうため目立つのだそうな。たしかに抜けた白髪を見るとナイロンみたいだもんねぇ。ワタシも最近急に白髪が浮いてくるようになった。

午後からオヤジは出かけていった。ワタシは普段のペースで作業場で仕事。次々に値段付けをして母親に本を渡す。本の掃除をしてもらい、次に女房のPC入力作業を経てから店頭に並べる。流れ作業。ワタシはワタシにしかできない仕事をなるべくする。勿論本屋だから値付け以外の掃除もPC入力もできるけど、今は分業することにしている。仕事が1箇所に集中するのを避けるため。

たびたび郵便局へ荷造りした本を出しに行く。昨日おとといとほとんど外に出なかった。ホントはもっと歩きたい気持ちを抑えて駅前をぐるりと一回り。全然歩いた気はしなかったけど。

仕事がはかどった。いくつか山が消えた。一人でやろうと思うとウンザリしてしまう量だって分業してやればたいした仕事量にはならない。たいそうに思うと手を付ける気になれなくなる。それが一番マズイ。

夕食はスパゲッティ。ひさしぶり。シーザーズ・サラダ・ドレッシングというのが美味くて、息子がサラダをペロリと平らげ、もっとないの?としつこい。好きとなると極端。この辺がまだまだ小学生。

夕食後もラジオを聴きながら仕事。女子高と男子校のメリット、デメリットねぇ・・・。ちなみにワタシはずっと共学。

■2004/09/08 (水) 風が強い

一晩中風が吹いていた。

夜が明けてからだと思うが外が騒がしい。なんとなく目が覚める。時計を見ると6時前。お隣からの大声だった。夜中も4時まで営業している関係で飲み終わって出てきたお客がかなり長い時間ゲラゲラやることもある。これは安眠妨害になるのでは?

まだ風が強い。今回の台風は雨はあまり降らず、各地で風の被害が報告されている。今年は”観測史上最高の”を何度も聞いた気がする。異常気象ってことになるのかしら。

昨夜降ろした愛書会の荷物が店の一角に積み上がっている。邪魔は邪魔。早く引き取りにこないかな、とオヤジ。毎回運送屋さんが荷物を引き取りに着てくれることになっていた。口に出すということはもうだいぶ焦れている。もうすぐ言うぞーと思っていたら「いつごろになるのか電話で聞いてみるか」と(^^;。ホントせっかちなんだよねー。

ご入金が相次ぎ、朝から荷造り三昧。いつもお買い上げありがとうございます。数回に分けて出しにいってもらう。ワタシはひたすら荷造り作業。一段落したところでオークション出品作業を開始する。荷物はいくらでもある。とにかく出品していかないと。

幼稚園から帰って娘は友達のところへ遊びに行った。息子はもう給食があるので帰りは15時過ぎ。やっと日常が戻ってきた感じ。女房も午後からみっちり入力仕事。

夕食はそうめんに天ぷら。今日も薬味にはしょうがを入れてつるるっと頂く。強風は収まっていた。

夕食後も仕事。昨日サービスパックを入れてPCの動作が少し遅くなったような気もするが・・・。

■2004/09/07 (火) 台風接近

ついこの間台風が通り過ぎたと思ったら、また台風。

でも朝起きると快晴だった。女房は布団を干した。ワタシは仕事場で仕事を始めていた。娘を幼稚園まで送って帰ってくるなり、ドタドタと階段を駆け上がっていく。干した布団ににわか雨。少し濡れてしまったらしい。「さっきまであんなに晴れていたのに・・・」と女房。台風が長崎まで来ているらしいよ。ネットで位置を確認する。

朝飯を食べてから再び仕事。荷造り作業。晴れたり雨が降ったり。時折強くなったりカラリと晴れたり(^^;。風も強い。たびたび揺れた。地震でもそうだけど、床が揺れるのはあまり気持ちのいいものではない。何となく不安になるものだ。

店を開けるころは晴れていた。どうせ強風と強めのにわか雨でお客様は少ないだろうし、均一台を外に出さなかった。それで正解。ザッとものすごいにわか雨。こういう日はしょうがないよね。

店を閉めてから荷造りを少々。
作業と平行してウィンドウズのサービスパックを導入した。何がどう強化されるのかはわからないが、市販のセキュリティソフトの簡易版のようなものが新たにインストールされている。どんな効果があるのかはまだ不明。開始から完了するまでADSLでも1時間ほどかかる。

明日ピックアップに来る愛書会展の荷物を下ろす作業。昨日見た借りてきたDVDドラマの続きを見る。日記書き。

■2004/09/06 (月) ドラマの話

ビデオ屋さんの半額セール。

実はナウシカのほかにもう1本借りていた。少し前のドラマだが「僕と彼女と彼女の生きる道」の1巻目。同じ主演で「僕の生きる道」を見てからずっと見たいと思っていた。どちらも本放送時には見ていなかった。

ドラマは奥さんが離婚話を旦那に切り出すことから始まる。娘は小学1年生。通勤前のあわただしい時間に離婚話を突きつけられた旦那は当然面食らう。半信半疑で遅く帰ると娘を置いて奥さんは家を出ていた。
昨日の夜にその第一話を見て、さっき第二話を見終わったところ。奥さんが離婚を希望した理由が明かされる。あの時妊娠して結婚していなければ、自分には別の人生が待っていたのかもしれない。結婚する前、奥さんの夢はアーティストになることだった。その夢を閉ざした要因になったと考えたか、奥さんは娘を愛していないと旦那に告げる・・・。
旦那は突然娘を置いて出て行った奥さんを心の中で責め続けた。仕事がうまく行かなくなり、残された娘の世話を疎ましく思った。旦那も娘を愛していなかった。
ものすごく内容がヘビィだ・・・。でも、不思議にリアリティがある。人の心はわがままだ。いつでも自分は正しいと思いたい。
日々の暮らしに何を求めるのか、は人によって違う。もっと言えばその時々でも違ってくる。あの時は必要ないと思ったことも今はとても必要だと思ったり、あんなに欲しかったことが今は全然大した事ないと思えたり。しかし、ふと、日々の暮らしの積み重ねがいつしか人生と名を変えることを意識したとき、このままでいいのだろうかと不安に駆られるのかもしれない。勿論、人によるのであろうが。
これからどんな風に話が展開していくのか、期待して見続けたい。

今日は月曜日で横浜へ。少し涼しくなったような、蒸し暑いような。午後からみっちり理事会。やっぱり17時までかかってしまう。今日も重要案件の真剣討議。会議内容はもちろんここには書けないが。

ウチに帰ってから夕食。揚げ出し豆腐にかぼちゃとタマネギのポタージュスープ。うーん、ウマイねぇ。昨日隣のお店で食べた焼き鳥もうまかったけど、やっぱりウチで食べる揚げ出しにはかなわない。って、これは正直な想い。

何で満足するかはやはり人それぞれということになるのでは。

■2004/09/05 (日) 曇空

昨夜寝たのは27時(^^;。

朝は眠かった。どうせパラパラと雨が降っている。構わず寝っ転がり続けた。起き上がって時計を見ると9時過ぎ(^^;。朝寝坊。

今日はPTAの資源回収見回りの日に当たっている。13時過ぎに女房は子供たちを連れて受け持ちのエリアを一回り。その間にワタシは出かける用意を整える。戻ってきたので小雨のぱらつく中を出かけることにした。別に目的地があるわけでもない。小杉駅から南武線に乗って川崎駅。渋谷へ行くよりも電車賃が安くて済んだ。
到着するなり娘が「おなかすいた」と言い出した。いつもの事(^^;。駅ビル内にあったフードコートでおにぎりを食べることにした。結構大きくて、食べはじめるとホロホロと崩れる。アチチ。こりゃウマイや(^^)。

食べ終わってから駅ビルの食料品売り場へ。金曜日にとうとう見つからなかった”ういろう”が無いかと探してみた。一渡り歩いたが見つからず。信号をわたって百貨店の地下へ。・・・結局見つからず(^^;。そんなに貴重品なのかなぁ。ういろう。これだけ一生懸命探している様子を見て子供たちは「いったいどんなおいしいおかしなんだろう」と想像を膨らませている様子(^^;。そりゃおいしいけど、ここに並んでいるとってもおいしそうなケーキよりいいかどうかは知らないよ。ういろうにこだわっているのが馬鹿みたいに思えてきた。

息子のたっての希望ですぐそばのYカメラが入っているビルへ。休日とあって人ごみでごった返している。女房は子供たちを連れておもちゃ売り場へ。ワタシはPC売り場やカメラ売り場を一人で逍遥。・・・にしても、見れば見るほど今のワタシには買うべき品物が無い事に気づかされる。つい3年前には見るのが楽しみだったソフトコーナーも買うべきものは無く、ゲームソフトもやるヒマがない。新しい周辺機器といってもデジカメは持っているし、HDも足りている。スキャナーもあるしで、もはや必要なハードは揃えてしまっていた(^^;。買うとしたらフィルムなどの消耗品か・・・。

何となく物足りない気持ちになって子供たちのいるフロアに戻る。娘が「ほんやさんいきたい!」というので9階まで上がることに。途中雑貨屋さんがあってワタシが引っかかる。あとで行くからねー(^^)。

夕食はウチの隣に出来た居酒屋さん。

■2004/09/04 (土) 風の谷のナウシカ

朝、昨日買った荷物を取りに行く。

帰り道、ビデオ屋さんで半額セール中なことを思い出し、ナウシカがまだ貸し出されていなかったので借りてしまった。CDは何がいいかな。松田聖子でも借りてみますか。勿論当日返却の設定。

店に戻ってからCDをダビング。子供たちがナウシカを見たいと言っていたので上のDVDで見せる。ワタシは楽しみを後に取っておいて仕事。夕食後に今日予定の仕事を終えてからナウシカを再生する。

TVでよく放映されるけど、そういう時は見ないからかなり久しぶりに見た。ワタシが高校生の頃の映画だ。原作は監督本人の手による漫画。かなりの長期連載を経てこちらは完結しているが、映画製作当時は未完だった。ストーリー的には単行本第3巻あたりの内容で終わるのだが、2時間という映画枠で話を終わらせるためか、実は設定からなにから全然違っている。
1回目はそんな違和感を持ちながら見る。とはいえ漫画は動かない。ストーリーを追っていくならアニメは原作にかないっこないが、アニメ表現の面白さを考えればそれはそれで楽しめる。そんな感想を持ちつつ見終える直前に、副音声の存在に気がついた。コメンタリーとして当時制作に関わったかのエヴァンゲリオン総監督A野氏が画面を見ながらここはこうしてああして、と話をしている。
面白そうだ、と音声をコメンタリーに切り替えてもう一度初めから見始めてしまった(^^;。

制作当時の現場の雰囲気、監督とのやり取りが語られる。A野氏は当時大学を出たばかりのかけ出しだった。ところが映画のクライマックスである巨神兵の描写を担当し、レーザーを吹く場面などの原画をかなりの時間をかけて作り上げたのだそうだ。裏話を聞きながらここはいい、ここはもう少し手をかけたかった、などの話をニヤニヤしながら見ていたら時間を過ごしてしまった。

宮崎アニメに共通するイメージがいくつかある。津波。火。過去の文明と強力な武器。超人的な運動能力。原作は必ずしもこれらがキーポイントになっていないが、2時間という枠と観客の存在を意識する表現を考えるとこれらは重要な要素になるのだろうか。過去に進んだ文明が存在したという設定は宮崎アニメに欠かせない。

A野氏によれば、監督は緻密に設定するところとそうでない部分がはっきりしていたとか。アニメの場合、画面にある全てを作り出す必要がある。作業のメリハリは必要だったのだろうなぁ。

■2004/09/03 (金) 金曜日だけど神田へ

朝は7時起き。出かける前の仕事を一渡り。終わってから今日も横浜へ。

組合でHPの更新作業をし、9月第2週に開かれる会議の連絡を済ませてから東京の古書会館へ向かうことになった。10月の良書市会開催に際して神田にある書店さんへご相談があったためだ。

反町公園を横切って東神奈川駅へ向かった。昼間この道を通る事はなかなかないのだが、車通りの少ないこともあって写真に撮りたいなんとも親しみのわいてくる道だった。
歩道橋を渡って東神奈川駅。お茶の水駅までは450円也。11:33発大宮行き快速電車。東京駅で中央線に乗り換え、お茶の水駅。12:16。
とりあえず古書会館へ。明古が開催中。2フロアに品物が並んでいた。早速入札。久しぶりだから相場感覚がしっかり残っているだろうか・・・(^^;。
一渡り入札を終えて昼飯を食べに出る。M大の横道を入って錦華公園。そのままS英社の角を曲がってカレー屋さんMへ。かれこれ8年ぶりだろうか。今日も変わらずカツカレーを頼む。普通盛りなのに大盛りのように多いご飯。サッとカレーをかけてカツを載せ、その上からソースでもかけるようにもう一渡りカレーをかけてくれるのがこのお店の流儀。あのときのままだ。お冷にデミタスカップに入ったコーヒー。カレーの上からソースをかけて食べ始めた。ひき肉入りカレー。何も変わっていない。懐かしい味だった。

お腹一杯になってお店を出る。近くにある書店さんで最初の用事を済ませる。その後再び歩いて古書会館傍の書店さんで再びご挨拶。組合のお仕事はここまで。

14時半を過ぎていた。一度古書会館に戻り開札の途中経過を見る。・・・むむむ、やっぱり感覚がズレているのかなぁ。あまり落札できてない。参った。後半の入札に際して改め札を書いたり。・・・無駄な抵抗か(^^;。

待ち時間、古書会館傍にオープンした本屋さんを見学させていただいた。Gケースには逸品がズラリ。ううむ、すばらしい。”古書密度”がものすごく高い。おいしいアイスコーヒーをご馳走していただいた上に本までお譲りいただいて・・・(^^;。ありがとうございました。

再び古書会館。開札は全部終了していた。それでも○○万円ほど買えたので取りまとめていただいた荷物を荷造り、しようとしてヤメタ(^^;。

帰り道、渋谷途中下車。女房が食べたいと言っていた”ういろう”をデパ地下で探すが無かった。仕方なし。

■2004/09/02 (木) 1日店

朝から荷造り作業の続き。

娘は起きて熱を出す(^^;。遅い夏風邪。幼稚園も休み。息子は元気よく学校へ出かけていった。

朝飯を食べながらトリビアを見る。コレラ菌を飲んだ学者が居たそうな・・・(^^;。知らないから出来ること?知ってて意地でやったらしい。すげえな。
結婚は金か愛か。アンケート結果に地域差が出ていたことにビックリした。現実派と浪漫派の対決というかんじかな。一緒に見ていた女房とはひとまず意見が一致した。どっちに?それは秘密です(^^;。

女房は近所の小児科へ娘を連れて行った。

目録の受注が続き、今日も午前中一杯は荷造り。午後になって追いついたのでオークション出品作業をする。昨日全く作業が出来ず、仕事は周回遅れの様相(^^;。月曜日に買ってきた荷物が手付かずになってしまった。いかんなぁ。

女房が帰ってきた。「普通の夏風邪だって。」とのこと。普通のってよくわからないけど、要は心配ないってことだろうな。

紙目録からご注文を頂いたので店の棚が少し入れ替わった。ネット目録も昨日更新したのでご注文を頂いている。某Aに出品している本もここのところ毎日注文が入る。いつもお買い上げありがとうございます。
残された課題は店売りなんだけど、ワタシはあきらめることにしました(^^;。意識からウィークポイントを切り離すことで道が拓けることもあるんだな、と。時代の流れ。個人で抗しきれるものじゃない。

お茶の時間にオヤジたちの東北旅行土産のずんだ羊羹を頂く。緑色。初めて食べる味。舌は似た味を記憶から探したらしい。「みつまめの味に似てない?」出てきた言葉はみつまめ(^^;。味覚の貧困さを露呈・・・。

ラジオをずっとつけっぱなし。CDだと繰り返し聞いているうちにいずれ飽きる。ラジオにはそれがない。いいね。しかも只だ。郵政民営化問題、プロ野球再編問題、髪型のお悩みなど、曲を挟みながら時間によって話題も違う。聞きながらずっと仕事を続けた。思ったよりもはかどった。

日付が変わったのでラジオを止め、宇多田ヒカルのCDに切り替えた。3枚目のアルバム。大道さんがジャケット写真を撮ったヤツだ。スルメじゃないけど、聴くほどにいい曲に聞こえてくるものが多い。「東京NIGHTS」が好きだ。

そろそろ寝ます。

■2004/09/01 (水) 月初

月初めはやる事がいっぱい(^^;。朝から台風一過の快晴。

まずネット目録の更新作業をしなければならないのだけど、その前に昨日紙目録からご注文頂いた本の荷造り作業。朝飯を食べて再び荷造り再開。そのうちにオヤジが店に来て今日受注分の本を上げてきた。なんとか追いついてさて更新作業、と思うと今度は郵便がご注文の葉書と前金のご入金票を盛ってきた。フタタビ荷造り作業(^^;。量も多くて結局はひたすら荷造りの1日となってしまった。オヤジが本を出してきてくれるため作業を平行して出来たから良かったものの、これが昨日だったら大変なことになってたな・・・。

今日から幼稚園も小学校も始まった。息子は8時には出かけていった。娘も9時には女房と一緒に出て行った。やっと日常が戻ってきたかんじ。別にじゃまだとかそういうことではなくて、子供は子供の世界を持っていて欲しいということ。学校スキスキになれ、とまでは言わないが、学校という社会の縮図空間でなんとか過ごせる自分を確立してほしいと思う。ここを自分なりに乗り切れるならきっと後も大丈夫。
小学校は防災訓練。女房は11時過ぎに小学校へ出かけた。娘の帰ってくる時間とちょうど重なるため、ワタシが迎えにいくことになっていた。おおよその時間を聞いていたのでジャストに行ってみると、行列はまだまだ全く見えない。ただ立っていても暑いので、
ゆっくりとコースづたいに歩いた。いつも機会があれば寄る100円自販機の場所まで来たのでここで生烏龍を買って飲む。そのうちに向こうからゆっくりゆっくりと先生が先導して園児たちの行列が歩いてきた。ほんの少し手前に途中解散場所があってご挨拶をして一部の園児たちがお母さんに連れられて帰っていった。その間も眉根にシワを寄せながらジッとこっちを見ているウチの娘。きっとあそこにいるのはおとーさんなんだろうか?と確かめながらなんだろう(^^;。目ざといなぁ。
しばらく歩いて一行がこちらに近づき、ほんの10mというところで確証を得たのか満面の笑顔で「おとーさんっ!」とでかい声。その声を聞いたか、引率の先生は途中なのにご挨拶して解放してくれた(^^;。行列の後についてゆっくり歩いていくつもりだったんだけど、ね。

荷造り三昧の午後。目録の更新作業は18時過ぎから。

夕食はギョーザとそうめん。そうめんには薬味に生しょうがが良く合う。夏の名残。

2004年08月 < > 2004年10月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター