Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2004年08月

■甘露日記 2004年08月

■2004/08/31 (火) 1日店

昨日から甘露通信紙版の受注が始まっている。

昨夜も遅くまで荷造り作業。台風の影響か、時折強い雨がアスファルトに当たる音がする。やっと眠ると今度は風が強くなり、寝ていてもグラグラ揺れて眠りも浅くなる。南風。空気は再び夏になっただろうな。
朝起きると風はだいぶ収まっていた。空も晴かけ。天気予報では台風一過の真夏日とか。湿気でベタベタする。いやーなかんじ。

店を開けるヒマなし。昼過ぎまでずっと作業場で受注品の伝票書きに荷造り作業。一段落するとFAXが鳴り、次のご注文。ありがとうございます。
合間にメールマガジンの発行。気がつけば12時半。女房の「店開けるよ」と声がする。店を開けて女房には本のデータ入力をお願いする。
「あれ?日記読めないけど」と女房。ああそうか。今度のPCはPCカードが1枚しか入らないのでデータを移すときにカードを使うとネットに接続できないのだ・・・。本の上げ下げの合間にカードを無線LANに差し替える。ちょうど一週間分の日記。まとめて読むと結構な分量なのでは・・・?
読むのも大変だと思うけど、書くのはもチっとタイヘンなのよ(^^;。

娘も息子も女房が店に居ると次々降りてきて机で何か書いている。娘は自由画帖に夏休みの思い出をクレヨンで絵にしている。息子は読書感想文。ローワンがどうのこうのと。ワタシはガッコの作文の時間がキライだったなぁ。あの原稿用紙の升目をみるとゾッとした(^^;。あの升目を全て埋めなければならないような脅迫観念を覚えたのだろう。今でも原稿用紙はキライだ。

ワープロが出てきてワタシの作文に対する気持ちは変わった。今はアタマに浮かんだことをワープロならぎりぎり思いつくのと同じくらいの速度で書き留めることが出来る。手書きでは書き終わる頃にさっき思いついたフレーズを忘れてしまうこともある(^^;。
あとから推敲するのもワープロなら楽だ。順番をぐるっと入れ替える作業だってコピペで済む。子供たちにも作文ならワープロと手書きと好きなほうを選ばせればいいとも思うが、それはちょっと急進的かもね。

ラジオはさっきから「夏の終わり」がテーマ。夏とは今日でスパっと終わるものらしい。うん。学校が始まるしね。気持ちはわかる。でも彼岸まではまだまだ暑いと思うけどな。

夕食後はオークション落札品のメール書き。終わってから目録受注品の伝票打ち出し。日記はそれから。

■2004/08/30 (月) 月曜日は横浜へ

台風は九州に上陸。

そのまま縦断し、山口県を通過したそうな。このあたりは生暖かい風は吹いたものの、肝心の雨はたいしたことない。今朝も出かける頃にはやんでいた。

昨日見たDVDは当日の期日。朝10時の開店時間までにポストに入れておける。うっかり忘れそうになり、女房があわてて手渡ししてくれた。助かった。何の意味もない延滞料金を払うほどばかばかしい事はない。

今日から東横線車内で読み始めたのは「写真から/写真へ」森山大道。最近大道さんの本ばかり読んでいる。この方は実は大変な読書家で、文章のあちこちにその片鱗がちりばめられている。その時々の流行の読み物よりも、古典だったり俳句だったりして、やはり自分の気持ち・心を表現する人は短詩系に興味がいくのだろうか、と思ったりする。
その中で、カメラ片手に写真を撮りに出かければ20本程度のフィルムを消費するのがアタリマエのような感覚で書いてある。昼間撮影して夜暗室にこもる。この繰り返しが大道さんの日常。
昼間組合で仕事をして、夜は店の仕事をする。これが月曜日と金曜日のワタシの目下日常ルーティンである。

仕事は、ない、と言い切ってしまえば特に何もなくなってしまうものだ。ところが、ない、と言って見ないことにした場所に見る人が見れば実は仕事が一杯溜まっているわけで、見なければ気が付かずに済んでしまうだけ。普段どこを見つめて過ごしているか、どこを見ずには居られないか、ということでその仕事の量も変わってしまう。気にしだしたら何でもかんでも仕事に見えてくる。意識を、ない、に切り替えてそこに居なければ見なくて済む。見ている時間が長ければイヤでも見えてきてしまう。仕事ってどうやらそういうもののようだ。

ダンボール箱を三つ荷造りして発送の手続き。今日も肝心な本は買えなかった。帰り道は少し晴れ間も覗くほど。台風はもう過ぎ去ったか、と思っていたが、帰ってから天気予報を見るとこれから関東に最接近するらしい。

日付が変わる頃、外は豪雨になった。やはり元モーレツな台風だけある。

■2004/08/29 (日) ビデオ鑑賞

朝から雨。

起きたのは遅めで朝飯も遅め。雨じゃあネ。そんなもんです。

食べ終わった後、近所のビデオ屋さんへ出かける。見よう見ようと思ってなかなか見られなかった作品を二つ借りた。「踊る大捜査線パート2」と「ウォーター・ボーイズ」どちらもかなり話題になりながら何となく機会を逸して見ていなかった。

「踊る」は勿論TVシリーズから全部見ている。和久さんが亡くなってしまったから、事実上シリーズ最後の作品になるはずの集大成。仕掛けは大きいし、細かいところで設定が考えてあってロケも大仕掛け。そのわりに最後尻すぼみの感想が湧くのは犯人のキャラが弱いためかしら。当初なかなか捕まえられないのは犯人が巧妙なのではなくて捜査する側の組織的な問題が大きいという描き方だった。真矢ミキを見せたかったのかなぁ・・・。警官側のキャラが強くて相対的に犯人の存在感が薄れてしまい、追い討ちをかけるように犯人の動機がしっかり描かれないままだった。そのためか最後の犯人を捕まえるまでがスルスルと行き過ぎた印象になり、強くて頼もしいリーダーが居れば組織はまとまる、と話を簡単に着地させてしまった。映画第一作目のような存在感の大きい犯人役(小泉今日子さんのような)が設定できなかったのが痛いか。
もうちょっと上映時間が長くなってもこってりと描いて欲しかったなぁ。

「ウォーター・ボーイズ」は妻夫木くんの出世作。相棒役で玉木宏くんも出ている。この手のポップな日本映画に欠かせないのは竹中直人氏。この人一人で当時無名だった男の子たちの存在感をガッチリとまとめていた。
話は単純な青春ものだけど、学校のクラブ活動、学園祭が舞台だから、誰もが見ていて懐かしいような気持ちになれるはず。見た後さわやかな印象だけがサラリと残る口当たりのいい映画。彼女役の平山あやもいい。

見終わった後すこし仕事をして、17時から近所のホテルで開催のバイキングの食事会へ出かける準備。40種類の料理とワインやソフトドリンク飲み放題で大人一人2700円。子供は半額で娘はまだ只だ。ファミレスよりは高いけど、料理のグレードが段違いだし、飲み放題というのがいい。遅い朝飯だったこともあり、昼飯を抜いていざ食べ始める。時間は1時間半だけど結局1時間を過ぎた頃にはお腹が張って何も食べられなくなる(^^;。

ああ。食いすぎた(^^;。雨の商店街を歩いて帰ってきた。

■2004/08/28 (土) 夏の終わり

朝起きてどんよりと曇。

南海上に台風が停滞しているらしい。台風に吹き込む北寄りの風が日本を通り抜け、気温は24度とか。9月下旬並みと極端。真夏日が連続新記録を更新した年の夏の終わりとはそうしたものか。
日本の季節は雨季によって区切られる。少し前までは梅雨も1ヶ月半くらいあったはずだが、今年は7月の初めに台風が来て梅雨明けは前倒しされた。季節が半月は早く進んでいる、という実感を持っていたが、案の定8月に入ると7月よりも少し気温が下がる日が増えた。そして今回の台風の到来で一気に秋が来た。台風と台風で季節が移るなんて、なんだか熱帯性気候の土地のようだ。夏の間に雨がほとんど降らなかったのも少し気になる。現に亀山湖は干上がっていたし。

先日買ってきた本のうち、市場に出すべき本を運び出す。道はガラガラ。気味の悪いほど。来月からガソリンは大幅値上げ。今のうちに給油をしておく必要有。
午後になって甘露通信の印刷が上がってくる。早速発送作業をしてもらう。ワタシは郵便が運んできた前金分の荷造り作業。

季節の変わり目。連日の寝不足。遊び疲れ(^^;。どうも仕事をする気持ちになれず。オークションもここのところ売れ行きが悪い。せっかく入力しても売れないのでは気持ちもしぼむ。山と積まれている出品予定品を横目に見ながら今日は作業を見合わせた。一度売れない本は引っ込める必要があるかもしれない。

息子は夏休みの宿題として、この間行ってきた彫刻の森のレポートを作成しているらしい。模造紙に案内図を書き写すまでは出来たらしいが、肝心の写真と感想を書く作業がまだ。ワタシにも覚えがあるけれど、小学生の頃は何かお手本があってそれに似せる作業はスイスイ出来たけど、作文など、考えて完成させる作業がなかなか出来なかった。
これでいいのかな、と考えてしまうのは自分というものが確立していない証左。でも、今思えば自分がそう思っているということは他の人も少なからず”これでいいのかな”と思っているわけで・・・。こんなアタリマエのことに気が付いたのは社会人になってからだった(^^;。
小さい頃はお手本の真似をするのが出来るならそれでいい。真似するうちに真似だけでは飽き足らなくなる瞬間がいつか訪れる。その気持ちの変化に気が付くならシメタもの。真似時代に確立した方法のアレンジが始まり、それが自分のやり方になる。

夏休みがやっと終わる。

■2004/08/27 (金) 金曜日は横浜へ

朝は目覚ましの鳴る前の7時に目が覚めた。

やはり仕事となると緊張するのかも(^^;。今日発送する荷物を一渡り確認と、足りない分を梱包して店に置く。開店と同時に母親が郵便局へ発送しに行ってくれるはずだ。
実はこういう作業をオヤジにやってもらおうものなら大変な事になる(^^;。古本屋を始めてからほとんどの期間(少なくとも37年間)は母親が傍に就いてくれていたため、例えば銀行や郵便局などへ行く用事は何もやったことがないのだ。郵便の発送作業は勿論、ATMの前に立ったことは一度もない。古本屋をやると決めてからどこへ修業に出るでもなく、ほとんど自己流で本を集めて売って相場を覚えてきた叩き上げ。帳面なども母親が全部書いてきたため、オヤジは本の事だけを考えていればいい状況にある。ま。もっとも、そうして明確な仕事分担をしてきたからこそうまくやってこれたとも言える。仕事の区分を曖昧にしてオヤジが母親の仕事にあれこれ口を出したとしたらうまく行かなかったのではないか、とワタシは見ている。
任せる仕事と自分でやる仕事。任せるとなったら全部を任せて自分は別の仕事に専念するのがオヤジのやり方だった。とはいえ、それは任せられる力量を持ったウチの母親という存在があったからこそ出来たことであるのだが。
オヤジは強運の持ち主だとも思う。
パソコンの操作をあまり厭わない女房を持てたワタシもそれなりに運が強いのではないか、と思うけど、それは今後の展開次第(^^;。

9時過ぎの東横線。少し通勤の方が増えてきたように思うものの、座ろうと思えば充分座れるほどの混み具合。学校が始まっていないからかしら。
反町駅前の自販機で生茶500ml。少し涼しかったので飲み切るまで時間がかかる。
今日は振り市会。市場開始までPCの前に座ってHPの更新作業。秋の良書市会のための資料の打ち出しなど。Gケース陳列品は写真に撮ってファイルすることになっている。この間の月曜日は理事会でそういう仕事をする時間が全く取れなかったため、ほとんどの作業を宿題としてウチの仕事が終わった後に仕上げている。
その後も仕事が次々入ってきてしまい、結局市会には参加できず(^^;。

昼飯はいつもの蕎麦屋さんでいつもの冷やしたぬきそば。事務所に戻ってからは再びHP更新作業。これだけあれこれと作業をして何にもならなかった、じゃマズイなぁ・・・。

帰って夕食。トリビア。

■2004/08/26 (木) 彫刻の森へ行ってきました

朝5時起き。1日曇の予報。確かに曇っていたが時折明るくなったりして。

先週に引き続き箱根詣出。夏休みの最後。途中の渋滞を怖れて6時過ぎには出発する。東名はすでに結構クルマが走っている。厚木から乗り換えて小田原厚木道路を快走。箱根の1号線も湯本からはすいていて8時には強羅に到着してしまった。彫刻の森の開館は9時。1時間も早い。
駐車場が2時間無料だった事を思い出して先週行ったユネッサンの駐車場に入れる。ベンチでゆっくりと。9時少し前になったので出て彫刻の森へ。

駐車場はまだガラガラ。息子はカメラ片手に展示されている彫刻を全て写真に撮って模造紙に貼り付け、夏休みの紀行文の宿題に当てるという。BMを貸した。当初は「デジカメで撮って紙にプリントアウトして」と頼まれたが、そんな時間はとても確保できない、と却下したのだった。

ヘンリー・ムーア展を開催中とか。常設展示。青々とした芝生と白い空の間に並ぶ彫刻群。なかなかいい。女房は息子と一緒に行動。息子が写真を撮って女房がその彫刻の題名を書き取っている。随分協力的だな。自分で書かせたらもっと良かったが。
子供たちが徐々に大きくなってきたので、こういう施設にも眼が行くようになってきた。とはいえ、家族連れが多くて子供が遊べるような施設もしっかり置いてあったりする。まあ、そりゃそうでしょう。

今日は早く起きたので食事時間がずれている。11時頃にはお腹が減ってしまい、絵画館という施設の中にあるサンドイッチを買って芝生の傍にあるベンチで食べた。ワタシと女房がチキンとアルファルファのサラダサンド。息子はパストラミハムのサンド。娘はデニッシュパンを使ったハムサラダサンド。どれもうまかった。ちょっと高かったけど(^^;。

絵画館の中にはジャコメッティの作品。ピカソ館にはピカソの絵画作品のほかに陶器に書き付けた作品が多数展示。皿に顔を書いたものが多くて目を引いた。

ネットの城が子供たちのお気に入り。ワタシと女房がベンチに腰掛けて居眠りする間、ずっとネットの隙間に出来たハンモックのようになった空間でゆらゆらしている様子。体重の関係からか大人の侵入は禁止されていた。

15時過ぎに山を降り始める。ふもとまで来ると空の雲は切れてきた。海老名では快晴に。雨が降らずに助かったなぁ。ウチには晴れ女が居るらしい。

帰りにファミレスで夕食を済ませる。帰ってからは仕事。

■2004/08/25 (水) 仕入れ有

たしか予報では快晴だった・・・。

未明のうちに雨の音を聞く。結構降っていた。涼しい。夏ははっきり退潮している。南海上に台風が控えているらしい。910ヘクトパスカル。現在のところモーレツらしい。

1ヶ月ぶりの歯医者。2年前に大虫歯をしてからずっとワタシの歯を診てくれていた衛生士のお姉さんはどうやら退職してしまったようだ。新しくワタシの担当になった方がカルテを開いている様子をみてわかった。引継ぎ事項をいろいろと事細かく書き込んであった。
12月以来していなかったという歯茎のポケットの検査。メモリの入った金属の棒を歯茎のポケットに差し込んでその深さがどうなっているか測るもの。2mmが理想。4mmだと歯周病初期とのこと。2mmの理想値をキープしていたのは前歯の部分だけで、あとは3mmだったらしい。微妙な値だ(^^;。「歯茎が少し腫れる傾向ですから、軽ーく丹念にブラッシングしてあげてください」との事。

店を開けてしばらくしてお電話を頂く。仕入れのお話だった。ご住所を控えて午後にお伺いすることになった。昼飯を食べてクルマで出た。
雨は上がっていたが、時折日が差したりまた曇ったりと安定しない。
お約束の時間に到着。早速拝見させていただいた。結構量があり、買い取れる本とそうでない本とに分ける。近くの枝にセミが飛んできてジジジ・・・と鳴き出す。かと思えばハチがブーンと飛んできて本の周りをうろうろしたり。雲が切れてあたりがパッと明るくなった頃、1時間ほどして仕分けと評価が終わった。
金額を申し上げて取引成立。お支払い。ありがとうございます。本を縛り終えて出していただいた冷たいお茶を頂く。どうもすみません。

本を運び出すときにちょっとビックリすることがあったが、それはやっぱりここには書けないかなぁ・・・(^^;。

店に持ち帰って早速仕分け作業。店に出す本と市場に出す本。その都度片付けていかないと黙っていても本は入ってくるものだから・・・。実は土曜日にも仕入れの予定が入っている。

オリンピックの盛り上がりも、昨日途切れたメダルラッシュをきっかけに退潮が始まっている。まるで夏の終わりとシンクロするように・・・。

そういえば子供たちの夏休みも”やっと”終わる。

■2004/08/24 (火) 1日店

昨夜は眠いのについオリンピック(^^;。

女子レスリング。ろくにルールも知らないが、柔道を見ていたからある程度類推しながらわかるようになる。前評判では4階級すべて金と言われているとか。選手も金を取りたいとTVのインタビューで喋る。前向きでいいなぁ。うらやましい。相手のある仕事だし、予測できない事故などもあるだろうに・・・。にもかかわらず、金を取りたいと言えるその強い気持ちがなければ、少なくともオリンピックの舞台には立てないのだろうな。
準決勝でひとり負け、決勝でひとり負けたところで意識が遠のく。寝ることにした。結果は今朝の新聞。寝てしまった後の二人とも金メダルだった。
有言実行。ワタシなどにはとても出来ることではない。今回のオリンピックは男子選手よりも女子選手の方が人数は多いという。女も戦う時代。いや、彼女たちは自ら勝ち取ってきたのだ。

眠い目をこすりながらメールマガジンの編集。お昼前に出す予定。発送荷物の整理。店を開ける前に出す予定。甘露通信紙版の打ち出し・発送。いろいろやっているうちに午後。女房の家事が終わって店を開けた。

店を閉めてから組合のホームページの作業。今日は早めに寝ようかな。

■2004/08/23 (月) 月曜日は横浜へ

今朝未明はついマラソンを見てしまう(^^;。日本選手の活躍に元気付けられる想い。

昨日は途中長めの昼寝をしたとはいえ、生活リズムを少し崩しての釣行の後だけに、今朝はモーレツに眠かった(^^;。今日は臨時理事会。寝ちゃいられない。

土曜日に用意しておいたGケース陳列品を抱えながら東横線に乗る。曇空。かなり涼しい。下りは相変わらずガラガラ。ゆっくり森山大道を読みふける。写真とは一体何かを考察し続ける氏の写真への姿勢に圧倒される。読みすすめ反町駅が近づくにつれだんだん目が覚めてきた気がした。

まずはGケース陳列。今日お持込いただいた品物にも能書きをつけて早速に陳列。ありがとうございます。理事会のレジュメを書く時間がなく、Iさんに作成していただいた。すみません。
陳列を終えて入札。今日は出品物が多くていい品物多数。張り切って札を書いたが、さて結果はいかが相成るか。

昼飯は出前をお願いし、13時過ぎに理事会開始。議題山積。今日も長丁場。終わったのは暗くなった頃。理事会終了後にGケース陳列品の整理(写真撮影など)をして、今日落札した品物をいじっていたら外はもう真っ暗に。窓の外からは虫の声。すっかり秋の様相。

落札品を目一杯抱えて東横線に乗る。ガラガラの電車。森山大道を読みふける。

店に戻ると女房が帰っていた。階段を登る音を聞きつけて娘が走って出迎えてくれる。まるでシッポをぶんぶんと振り回すイキオイ。うれしいけどね。
夕食はマーボー豆腐とナス焼き。ここ数日買ってきた弁当が多かったためか、いつにも増してメシがウマイ。

やっぱり女房の料理が一番だネェ(^^)。

■2004/08/22 (日) 亀山湖は大減水

朝は2時半起き。

月に一度の亀山詣出。前回は7月の初めだったから1ヶ月半ぶり。夏休みで遊んでばかりいたからなぁ・・・(^^;。ってこれも遊びだ。

いそいそと支度をして3時過ぎに目の前のスーパーへ。がらんとした店内。野菜・精肉などは並んでいたが、惣菜などの棚は空っぽ。オマケに店員さんも全然見当たらず、買い物かごを片手に清算待ち(^^;。おいおい。持ってっちゃうゾー。
スーパーが24時間営業中でウチの隣の飲み屋さんも朝4時までが営業時間。明るい看板に挟まれてウチの前あたりは不必要に明るい。便所の100ワット電球状態(^^;。スーパーではカップ麺くらいしか買えず、仕方なくコンビニでおにぎりとサンドイッチを買い足す。レジに人が居なかったり、こういう時間帯だからこそ買いたいものが売られていないなど、24時間化した意味は何処にあるのか良くわからず。電気代の無駄。環境にやさしくない。
クルマを店の前に乗り付けて釣り道具を乗せようと思ったが、ウチのシャッターの前には飲み屋に来たお客さんが停めた自転車がズラリと並んで駐車できず(^^;。25mほど手前に停めて2往復。繁盛してますねぇ。

いつものようにアクアラインから久留里街道。亀山湖到着は5時前。出船は5時半。目の前に巨大な壁が出現。いや、正確には水が6m以上減って水没していたいろいろな地形が姿を現したのだった。先月次々に釣り上げた場所は減水で地面になっていた(^^;。
大丈夫かなー、と不安になりながら桟橋傍で釣り始めると、立て続けに2匹釣れた。ただし30cm以下。こりゃ意外に大丈夫かも?と笹川方面まで流す。笹川でも1匹釣れた。誘われるように上流へ進むと、なんとここも減水で途中から川がチョロチョロと流れるだけになっている。釣り場が狭まり、釣りにくい。そう思ったからだろうか。気がつけばアタリがなくなった。午後になってギルが2匹かかっただけでバスの姿さえ見えなくなった。何処へ消えたのか。

日陰にボートを寄せればいい風が吹き抜ける。水を飲んで2時間もタップリ昼寝してから16時半に下船。ああ良く寝た。途中久しぶりに海ほたるに駐車してお土産を買った。道中はずっとオリンピック中継をラジオで聞く。

戻ったのは19時すぎ。スーパーでレトルトのカレーとライスを買って温めて食べる。スーパーは今朝未明3時に来たときとは全然別の顔をしていた。

■2004/08/21 (土) 1日店

さわやかに晴れた朝。

窓を開ければ乾いた風が吹き込んでくる。まるで高原の朝(^^;?いえいえ、気のせいです。ここは紛れもなく新丸子。関東平野のど真ん中。

今日から女房は実家へ行く事に。恒例の夏行事。子供たちを従えて10時半過ぎに出かけていった。ワタシはにわか独身。といっても実家に居る様なものだから、別段食事を作るわけでもないし。大きく生活が変わることもない。昼飯は近所の弁当屋までひとっ走り。しょうが焼き弁当を買って帰ってくる。

午後。ラジオを聴きながら月曜日のGケース商品について能書きを書こうと四苦八苦。結局何も書けず、時間だけを浪費した(^^;。もったいない。書名、題名を書いてプリントアウト。別にこれだけだっていいや。出すことに意味がある、と前向きに考える。それよりワタシの仕事をしたほうがいい。

ラジオをCDに変えて仕事のスイッチを入れる。こういうことは気分の問題だから、何を聞きながらというのが結構大きな要素になったりする。時計は15時過ぎ。CDに切り替えたのは眠くなりかかっていた事もあるかもね(^^;。

夕食前になってオリンピック中継は野球を伝えだした。台湾と行き詰る接戦。高橋由伸が同点ホームラン(!)。まるで高校生のように素直に大喜びしながらダイヤモンドを一周していた。見ていてなんだかとても楽しそうだった。オリンピックは普段プロとして毎日野球をやっている選手にも新鮮な感動を与えてくれるものらしい。いいなー。

夕食は母親に作ってもらった水菜のサラダとマグロのヅケ丼。いつも食べるよりちょっと量が多いかな。出てきたものは全部食べきる主義なので器をカラッポにする。お腹は一杯になった。うまかった。野球は延長10回で日本のサヨナラ勝ち。すばらしい。

今回のオリンピックは金メダルがたくさん出ているような気がする。相対的に価値が下がるかと思えばそんなことはなく、選手それぞれの思いの反映としての金メダルは絶対的な価値を持つ。表彰台の上で見せる選手のうれしそうな表情。試合のときには絶対に見られない笑顔。あやかりたいなぁ、とずーずーしくもTVの前で凡人のワタシは思う。あの笑顔を得るために選手は血の出るような努力をしているに違いない。そんな努力が出来るのか?>自分

晴れの天気は今日までという。明日からは気温もグッと下がるらしい。長かった夏も終りかな。

■2004/08/20 (金) 金曜日は横浜へ

朝は7時に目が覚めた。

今日は娘の登園日。女房は昨日の疲れを引きずりながら(^^;、娘を幼稚園に送る準備。その間にワタシは仕事。

多少寝不足気味ながらも元気。今日発送するべき荷物の用意を終えてから東横線に乗る。車内では今日も森山大道。写真に関わるご自分の気持ちや所作を事細かく描写されている文章。興味深い。氏の文章には生い立ちなどの記述が折りに触れて登場する。それはまるで生きることと写真を撮ることが同価値として氏の中に存在することをあらわしているかのようだ。決して気負わず、さりとて力強い文章に引き込まれた。

今日も朝から鋭い太陽光が降り注ぐ。反町駅で降りて生茶500ml。いつもの半分の距離で飲み切る。強い風に反町公園の木が揺れていた。今日は金曜日でフリ市会開催日。

月曜日にGケース陳列した品物をWEBページに仕立てておいたデータを早速アップ。こういう作業になれておらず、ちょっと重いページになってしまった気がする。まあ、最近はブロードバンドも普及しているはずなので閲覧にはそれほど問題ないとは思うのだけど。

いくつか検討するべき課題があった。夕方になって仕事を終えた理事さんが何となく集まり、プチ理事会有。来週の月曜日はみっちり本番です。

早めに上がり、夕焼けを見ながら反町駅。だいぶ日の入りが早くなった気がする。日中は暑かったが夕方には風の影響もあって涼しく感じた。湿気が落ちたのではないだろうか。

夕食はゴーヤチャンプルー。「今日はゴーヤを1本入れたわよ」と女房。この間の倍。ウマイウマイとパクパク食べる。娘はゴーヤが食べられないが、息子が食べられないピーマンが好きらしく、娘はゴーヤを息子に渡し、息子はピーマンを娘に渡している。何やってんのよ・・・(^^;。

食後も仕事。ラジオ(オリンピック)を聴きながら日記書き。柔道は最初から最後までいい成績だったようだ。すごいなぁ。

■2004/08/19 (木) ユネッサンに行ってきました その2

しばらくユネッサンの屋内施設めぐり。実際には温泉というよりも温水プールと言ったほうがイメージに近い。とにかくカルキ臭。皆あまり気にならないのだろうか・・・?

一通り見てから湯ーとぴあへ移動。こちらは屋内温水プールがあるので、いつものように入って息子には泳ぎの練習を。娘は浮輪をつけてお遊び。水深が1.2mもあるので目を離さないようにした。プールサイドにはテーブルと椅子がズラリ。

早い朝飯だったため、11時前に腹がへってきた。早速腕時計型のICチップで昼飯を買った。ピッと当てれば「はい、OKです。」と会計のお姉さんがニッコリ。不思議だねえ。食後の缶ビールもピッでOK。キンキンに冷えていた。

プールはたびたび休憩時間が挟まれる。その時間を利用して屋外にある温泉施設へ。コーヒー風呂や日本酒風呂、お茶の風呂があってこれはなかなか香りがいい。日本酒風呂は熱燗なのか、他のお風呂より温度が高くてあったまった。

台風の影響か、風が強くて湯上りは湯冷めしそうだ。元気な子供たちはまるで水のように冷たい岩風呂に浸かってはしゃぐこと(^^;。元気だねぇ。ワタシは付き合いきれないのでお茶風呂にゆっくり入ってあったまる。
しばらくして真っ白な表情で息子が温まりに来る。岩風呂では娘がゴーグルを付けて潜りながら手足をばたつかせていた。ピンク色のヒラヒラ付き水着。まるで池の金魚のようだ(^^;。

一渡り入り終えてもう一度ユネッサンへ行き、その後裸ゾーンの温泉に入る。どうやらこの順番で回るのが順路らしく、入っていると続々と人が温泉に流れ込んでくる。一足早く入ってよかった。息子と二人で湯船に浸かりながら窓から外の大文字焼きの山を眺めた。

風呂から上がって着替えをここに持ってこなかった事を後悔。もう一度水着を着てロッカーへ戻り、着替えて外に出た。時に14時すぎ。

そのまま帰り道。山下り。宮ノ下や塔ノ沢の温泉街をクルマで通過する。谷あいの狭い温泉地なので町並みはほとんど道沿いに限られる。箱根湯本まで降りればなんとか温泉町として散策もできるかな、という位の実はこじんまりした規模の宿が多い。

海老名までノンストップ。一旦休憩し、そのまま横浜青葉ICで降りる。いつも日曜日に行く100円回転寿司に入るが、平日ということもあってか、ガラガラ。いつも位食べて出る。

18時過ぎに帰着。勿論帰ってからは仕事仕事仕事。

■2004/08/19 (木) ユネッサンに行ってきました その1

なんと朝5時起き(^^;。

今週の日曜日を休まず仕事した代休をもらい、出かけることにした。起きてすぐに仕事を一渡り。窓を開けるといい天気。風が強い。まだ涼しい。
出たのは6時半。子供たちは早起きのわりに元気だ。クルマに乗ってからパンをかじる。東名を厚木。小田原厚木道を箱根口。東海道で山登り。クネクネと登るとしばらくしてユネッサンに到着。8時。早すぎた(^^;。小湧園横にあるコンビニの駐車場に停め、ティラミス味の”きのこの山”を買って皆で食べる。あっという間に消えた。温泉の香り(硫黄ネ)があたりを漂う(^^;。

そのコンビニの目と鼻の先にユネッサンの入り口。駐車場へは園内道路をグルリと回って入場券。まだガラガラの駐車場で、一番施設に近い場所へ停められた。
開場は9時と聞いていた。それまで近くを散策しますか。ユネッサン入り口付近には迎賓館・貴賓館という古い建物。迎賓館という櫓のある古式な建物は焼き鳥屋としてゲストに料理を出す店になっていた。

このユネッサンという施設は水着を着て入る水着ゾーンと、普通の温泉のお風呂に入れる裸ゾーンとに分かれてあるいわゆる”温泉テーマパーク”。「行こうよ!」という女房のたっての希望で計画が実現。当初は夏の旅行として1泊しよう、と言っていたが、どう考えても箱根は日帰り圏内なのでワタシが早起き朝駆けを提案した次第。

8時半を過ぎた頃には入場口に人がたむろするようになっていた。フロントに行ってみるともう開場しているという。早速入ることにした。
入場料を支払うと、腕時計型のベルトを人数分手渡される。これにはどうやらICチップが組み込まれているようで、園内の飲食や買物など、金銭の授受が必要なときに機械にかざすと清算できるとか。ロッカーの鍵もこの方式で開け閉めできた。へぇー。

着替えて早速ユネッサンへ。ツンと鼻を突くカルキ臭。温泉というよりも温水プールと言った感じかしらん(^^;。天井の高い屋内施設にジャグジーがブクブクと泡立っている。娘はこのジャグジーが苦手らしく、「はやくあがろうよー」と繰り返して落ち着かない(^^;。なーに言ってんの。これに入りに来たんでしょ?
屋外に出るとスライダープールや子供用の水遊び施設有。吹き抜ける風に寒気を感じる。随分涼しいなぁ。子供たちと一緒にスライダープールに挑戦。重くて滑らず(^^;。背中を滑面につけたら急に暴走した。

■2004/08/18 (水) 1日店

昨日の雨がウソのような快晴。

風が強い。ところが少しも涼しくない。台風が持ってきた赤道生まれの熱がフェーン気味に吹き付けている模様。気温はぐんぐんと上がり続けた。8月に入ってから初めて35度を越えたのだそうな。

昨日来た弟夫婦はこっちに泊まって今日も休みを取ったオヤジたちと出かける予定。ちょうどいいからウチの子供たちも連れて行ってもらうことにした。子供たちが居ると居ないとでは女房の仕事のペースが違う。
10時すぎに電話があり、「あと20分で迎えにいくからね」とのこと。10時半にはクルマ2台に分乗して店の前に到着。いってらっしゃい。行き先は新江ノ島水族館。いいなー。行きたいなー。

この間買ったBOSEのリモコン電池がなくなっていた。郵便局へ荷物を出しに行ったついでに近くのスーパーで見ると400円(!)もする。ちょっと納得がいかなかったのでそのまま小杉駅の安売り店へ。果たして103円。この価格差は一体・・・(?)。二つ買ってついでに500mlペット茶を買う。帰り道の炎天下を歩きながら飲み干した。ダラダラと噴出す汗。こういうときに飲むお茶はサイコーなのだ。

女房が甘露日記を読み終えてから昼飯を冷房の効いた店で二人食べる。世間話。また500mlのペット茶。

午後一杯発送作業と入力作業。17時過ぎに組合の仕事をこなしたり。18時頃に母親が子供たちを連れて帰ってきた。どうやら弟の家族は甥っ子が水族館に飽きてしまい、むずがりだしたので早々に帰ったとか。そうか。やっぱり1歳だもんねぇ。なかなか難しい年頃なのでしょう。
ウチの子達は道中クルマに酔っ払うことも無く、ニコニコ元気に帰ってきた。アンパンマンのCDを持っていってたから、車内はアンパンマンの合唱で満たされていたのだろう(^^;。オヤジたちもとうとうおこちゃま歌謡の洗礼を受けたか・・・。ま。良い曲多いけどね。

19時過ぎに店を閉めて仕事。店を開けていたら出来ない仕事ってのがあるわけで・・・。夕食はカレーうどん(冷やし)とサラダ。勿論夕食の後も仕事仕事。

■2004/08/17 (火) 甥っ子

おととい千葉へ行ってきたオヤジたちは今日も休み。朝から曇空。

実質甘露書房の夏休みと言ったところか。ちょうど弟が夏休みを取れたというので、今日は家族で帰ってくることになっていた。ワタシを名実ともに(^^;オジサンにした甥っ子は今日が1歳の誕生日。さて、どれくらい大きくなっているだろうか。

午前中に母親から電話があり、「午後また電話するからこっちへ来たら?」とのこと。果たして14時過ぎに電話があった。近所のお菓子屋でやわらかいケーキサンド(いわゆる○ボナ)を人数分買ってから家族で押しかけた。当然店のシャッターは閉めたまま。

こんちはー。お。大きくなったねぇ(^^)。この前会ったのはまだ生まれて3ヶ月だったからなぁ。ゴロゴロと寝ていただけだった様子しか見ていない記憶と、ハイハイもつかまり立ちも出来る今の様子には印象にかなりのギャップがある。自分の子供はなかなか大きくならないと思ったりもするが、離れている子の成長は早く感じる。

大勢のオトナたちが輪になって1歳の子を囲んだ格好(^^;。そりゃ緊張するよなぁ。順番に顔を眺めてからウェーンと泣き出したり。少しずつ慣れてきたのか、2時間ほどすると笑顔を振りまくようになった。よかったね。ナボ○もパクパクと良く食べていた。

ウチの息子はもう大きいのでそういうことは無いのだが、娘は昨日までハッキリと「あかちゃんきらい!」と言っていた。今まで家族で集まったとき自分が皆の視線を集めていたものが、その地位を取って代わられたという想いがあるらしかった。ある種のヤキモチだろう。下の子にはそういうことがあるのかな。
女房が「赤ちゃんにいろいろと教えてあげな。もうお姉さんなんだから」と説得。皆で気分を盛り上げてあげると気持ちも前向きになったようで、今日の朝には「はやくあかちゃんにあいたいな」と言うまでに(^^;。

緊張気味の甥っ子の相手をして積み木を積んだり集めたり。いろいろと世話を焼くのは娘だった。そうそうその調子。ライバル(^^;と仲良くするのは処世術の基本でありますヨ。

ワタシは一足先に店に戻り、その後のご入金分の発送作業を一渡り。開店は17時過ぎに。雨が降り出して店を開ける必要性は全然なくなってしまったけれど、”年中無休”の看板を下ろすわけには行かない。外は湿気で蒸し暑い。

19時半に閉店して夕食。勿論食後は仕事仕事。

■2004/08/16 (月) 月曜日は横浜へ

ちょうどいい陽気。暑くない。

今日もガラガラの東横線。車内で森山大道の「写真との対話」を読み始める。昨夜はオリンピック中継を見てしまい少し眠い。Gケース陳列用の品物を持参。

古書会館に着くやいなやすぐにGケースに品物を入れる。他に持参していただいた方もいらっしゃり、すぐに「能書き」を整えて陳列する。ありがとうございます。Gケース陳列初日はなんとか埋まった。良かった。

今日は経営員の方がお二人お休みと聞き、ワタシと理事長が急遽市会運営のお手伝いに参加。ワタシは開札作業。理事長は札改め。仕事は午後まで。

先日頂いた古書展のスケジュールに誤りがある、とお知らせいただいたのは開札作業の始まる少し前だった。Gケース陳列品の能書きを書くのとHPを訂正することが、開札作業の始まる11時までに終わらせる必要が出たので焦った。焦るといいことは無い。誤ってPCの電源を切ったり入れたりして・・・。あやまって稼働中のPCの元電源を切ってしまって大迷惑(^^;。申し訳ございません。間違っていたスケジュールのデータ。どうして?と思った。

昼飯は近くの蕎麦屋さんへ。いつもの蕎麦屋さんがお盆で休業。反町駅近くまで行く。このあたりには3箇所蕎麦屋さんがあったことを再発見。今日も飽きずに冷やしたぬきそば。ここは600円だったが、その分だけ”具”がいろいろ入っていた。

組合に戻ってから今日陳列した品物の写真撮り。早速編集してHPにアップ、と思いきや、デジカメとPCをつなぐケーブルを忘れたことに気がついた(^^;。まったく、何か必ず抜けているんだよね、ワタシって・・・。
写真は撮影してアップする解説文までを入力し、メモリに保存して持ち帰る事にした。宿題だ。来週の月曜日は臨時理事会。

古書会館を出て反町駅前の自販機で生烏龍。空にはウロコ雲。そういえば暑くないなぁ。駆け足で秋が近づいているように感じた。

店に戻ったのは18時少し過ぎ。要発送荷物の荷造りと決済作業。発送は明朝です。いつもありがとうございます。

■2004/08/15 (日) 1日店

未明に雨の音を聞く。朝から肌寒いほど。

ちょっとした都合があり、今日は仕事である。涼しくて仕事がはかどりそうではある。
開店時間が近づいたがオヤジたちはいつまでたっても店に来ない。あれ?今日休むって言ってたっけか?まあどうせ雨だしお店を開けても仕方ないという判断なのかもしれない。と思いながら仕事は続けた。数ヶ月ためてしまった落札品の整理。高校野球をラジオで聞きながら仕事をしているうちに12時。まだオヤジたちは来なかった。遅れるにしても程がある。電話を入れようかと思案しているうちに思いついた。ETCの明細を見てみよう。果たしてアクアラインを渡っていた。母親のお供で母親の実家へ行ったのだった。

昼過ぎになって女房の家事が一段落。店を開けることにした。「今日は4時から子供たち連れてお祭り行ってくるからね」と女房。はいはい、わかりましたよ。再び仕事場で仕事。仕事だけははかどる。
明日の月曜日に良書市会の企画としてGケース宣伝をすることになったので、出品する荷物の”能書き”を書く。
月曜日のGケースに陳列された品物はデジカメで写真を撮って組合のHPに掲載する予定。その段取りも考えなければならない。

時間になったので女房が子供たちを連れてお祭りに出かけていった。行ってらっしゃい。ワタシは店番をしながら仕事の続き。

19時半頃に店を閉めて夕食。ETCによればオヤジたちは18時過ぎに帰りのアクアラインに入ったようだ。まるで発信機を付けて追跡しているかのようだ。いつ何時何処を通過した、という情報が個人単位で押さえられている。これってCカードでも同じ事が言える。いつ何時何を何処で買った、という情報がCカード会社に蓄積されていく。この情報は出るところに出たりすればきっとかなりの売り物になるんだろうなぁ・・・などと思いつつ。

夕食後も仕事をしていると、町会の神輿がウチの前でワッショイワッショイやっている。お隣が飲み物を提供したのだろうな。ちょうどウチの真ん前に馬が置かれ、神輿がまさに目の前に。ああ、ありがたや。

明日からはまた暑いらしいけど。

■2004/08/14 (土) 南部入札会へ

今日は南部入札会がある。

9時過ぎに目黒線に乗った。大岡山から大井町線。旗の台から池上線。五反田駅はスーパーの4階にホームがある。ここから見る風景が好きだ。なかなかチャーミングな駅だと思う。
歩道橋を渡り、いつものように歓楽街のど真ん中を歩く。朝の日差しを浴びてまぶしそう。

一通り入札。帰り際に神奈川良書市会のポスターを貼らせていただいた。どうもありがとうございます。
そのまま山手線に乗って渋谷へ。たまには散歩したいしね。とはいえ、仕事も詰まっているし、ほどほどにしませんと(^^;。そんなことを思ってしまうと気持ちにブレーキがかかって急に行動範囲が狭まってしまう。融通の効かないこのセーカク。何とかならないものかしらん(^^;。
めずらしくセンター街。某レコード店の2階にあるスタジオを見学。普段平日の夕方から聞いているラジオはここから発信されているらしい。思ってたよりもずっと簡素な設備だった。ははぁ、これが皿回しか。へぇー。

浴衣姿の女の子がセンター街を歩いている。なんでかな?と思ったら今日は花火大会があるらしい。そうか、浴衣といってもちゃんと着付けをしないといけないのだろうなぁ。隣を歩いている彼氏は3/4のパンツにタンクトップ。せっかく彼女が頑張っているんだから合わせてあげれば?と思ったけど、楽しげに歩いていたからそれでいいんだろね。Bカメラに出していたモノクロ写真を受け取って帰ってくる。

昼飯を食べてひとしきり仕事。15時過ぎにさっき入札した荷物を引き取りにクルマで五反田まで。やっぱり売れ筋と思ったものは高いなぁ。ガラガラの中原街道を快走。店に戻って早速仕事をかける。
ラジオをつけるとオリンピック中継。ソフトボールと柔道。柔道は順当に勝ち上がっていたけど、ソフトボールはノーヒットに抑えられて完敗。水泳はオリンピックレコードで予選通過とか。本チャンも頑張ってください。

昨夜見た続きをどうしても見たくなり、ゴッドファーザーパート3をまた3時間かけて見てしまった。この壮大な三部作の底に流れるテーマは”ファミリー”。上映された当時一部評論家にかなり評判の悪かったラストだが、ワタシはアル・パシーノとダイアン・キートンの演技がとても他人事と思えない。もしや批判した評論家の方にはお子さんがいらっしゃらないのではなかったか。

見終わってからWEBで柔道の快挙を知る。素晴らしい。

■2004/08/13 (金) 金曜日は横浜へ

13日の金曜日。

東京組合発行の「古書月報」が届いたので行きの電車で読む。神田特集号。決して神田の宣伝というわけではなく、古本屋にとって神田という存在とは何か、という大変興味深い視点でいろいろなアンケートと取材をもとに構成されていた。読んでいたらあっというまに反町駅。なんとか読み切った。

今日は入札市会で、サブカル市会が併設されていた。普段見慣れないGIジョーのフィギュアがずらり。ううむ、これはすごいなぁ。ワタシのような様子のわからない者でも”すごい”というオーラを感じることができた。

ホームページ更新作業など。仕事をしているうちに次々と新たな課題を突きつけられる。戸惑いながらも対応を考えたり。ワタシはたしか古本屋を仕事にしていたはず・・・。アタマが混乱しそうだ。

帰りの東横線ではコヨーテの続きを読む。うーん、モノクロフィルムを詰めたT3を片手に知らない場所を思いっきり徘徊してみたいなぁ・・・。

店に戻って仕事。夕食は切り干し大根の煮付けと冷奴。噛めば噛むほど、の献立。ありがたい。

ちょっと気持ちが行き詰まった状態。ゴッドファーザーパート2を3時間かけて見てしまった。

■2004/08/12 (木) 今日もやっぱり1日店

今日から東京組合は夏休み。

モードはのんびり(^^;。昨夜オヤジたちは無事に東北から帰ってきた。朝、店を開けた頃に仕事を中断して店に下りると2人揃っていた。初日に蔵王に登り、二日目は安達太良山に登ったのだそうだ。

「宿はね、前日に電話で予約したんだけど取れたわよ。二人で○万円だったんだけど、夕食がおいしかったワー。」と昨晩の電話そのままに機嫌よく母親は話す。「天ぷらとかそういう手間のかからない料理が無くて、ゴマ豆腐とか、ずんだをつかった料理とか、とにかく肉とか魚主体じゃなくて野菜主体の料理だったから、手が込んでいると思うのよね。」さすが○○年ウチの台所を預かって来た主婦のご意見だネ。
肝心の登山はどうだったの?「二日間とも天気が良くてよかったわよー。蔵王よりも安達太良山のほうが良かったわね。」どうやら蔵王は観光地化されてしまい、より自然が残っている安達太良山に魅力を感じたらしかった。そりゃそうかもね。
それにしても片道5時間のドライブって疲れないのかしらん?まあドライブだけなら出来るとしても、そのあと登山ってなかなかタイヘンじゃないかって気もするけれど。・・・ま。そんな心配するほうが野暮か。2人の晴れやかな表情を見れば気にするワタシが年寄りになったような気分になるものね・・・。
お茶の時間にお土産の練りゴマもちを頂く。ずんだの羊羹もあるらしいから、また今度食べるのが楽しみだな。

今日も仕事の1日。発送仕事、組合仕事、出品作業。うまく混ぜながら緊張感を持続させるように。
途中昨日録画しておいた所さんの番組を見る。国立競技場の聖火台の物語。アレが鋳物だったとは・・・。いつも思うのだけど、日本人の技術は世界一なんだねぇ。

夕食はそうめんと天ぷら。そうめんを平たい皿に盛ってその上に天ぷらをのせてツユをぶっかける。シーフードかき揚げににんじんの天ぷら。おや、これは茗荷の天ぷらかぁ!
うーん、ウマイねぇ。茗荷なんて子供の頃は苦くて好きじゃなかったけど、今や夏には欠かせないよなぁ。

夕食後は少し仕事。

■2004/08/11 (水) 今日も1日店

朝起きて涼しかった。

空は曇。窓を開ける。風が吹けばいい感じ。うーん、確か去年の夏はこんな調子だったろうか。7月がとてつもなく暑かったためか、8月に入ってから随分と過ごしやすくなったような気がする。だんだん暑くなるんじゃなくて最初にカーッと暑くて徐々に引いていくっていうのも、よく考えればしのぎやすい形かもしれないな。

ゴミ捨てを終えてから早速仕事。発送用巻きダンボールが切れかけていたので昨日ネットで発注。今日の昼過ぎに到着することになっている。ところがどうやら足りそうもない(^^;。昨日分のオークション落札品を荷造りしているうちに終わってしまった。郵便振替分が到着したが、巻きダンボールがまだ届かず。仕方なし。一旦郵便局へ今までの山を娘と一緒に発送しに行った。娘は女房が今日も店番で外に出られないため、ちょっとでも外に出る用事があると付いて行きたくなるらしい。子供らしくアウトドア派。

午後一番でダンボール到着♪ 早速荷造り再開。一渡り終えて早速出しに行く。今日も一区切り。

お茶の時間になったので何処へも出かけられない子供たちのためにアイスクリームでもおごってやろうか、と思いついた。子供たちを2人連れて向かいのスーパーへ買出し。娘はうれしいらしくて手をつなぎながらスキップ(^^;。息子もなんだかんだと言葉数が多い。機嫌が良いときはよくしゃべる。
シューアイスとアイス最中があって、子供たちに選ばせるとアイス最中を選んだ。セール中6個入りで280円。安いなぁ。こんなんでいいの?
昼下がりのガラガラのスーパー。レジも並ばずに済んだ。早速買って4人でひとつづつ食べる。安いけどウマイ。皆もウマイウマイとあっという間に食べおわった。これで充分だねぇ。

17時過ぎに電話。母親からだった。「今宇都宮よ。今のところ無事ですからー」と声ははしゃいでいた。二日間ともいい天気で、きっといい登山が出来たのでありましょう。上りも渋滞あるってラジオが言ってたよ、と言いそびれた(^^;。

夕食はゴーヤチャンプルー。うーん、ビールに合うねぇ(こればっかし(^^;)。昨日残ったゴーヤカレーも添えられていた。ゴーヤ・デーだな。苦瓜という割にはあまり苦くなくて、もしやすでに食べやすく品種改良されているのかもしれないけど、こんなにうまいならもっと食べようよ、ゴーヤ。

夕食後は少し仕事をして。

■2004/08/10 (火) 1日店

今日も熱帯夜のまま夜が明けた。

昨夜は久しぶりに夜遅くまで仕事。その日にやるつもりの仕事が終わらなければ仕方なく続けるしかない。次の日には次の日の仕事があるものだから・・・(^^;。

オヤジたちは旅行中。今日の8時半に大井から入り、12:44に白石ICを降りたようだ。ETCの記録にそう残っている。無事に到着したかしらん。連絡はない。最近思いもよらないような事故が発生しているので何となく心配ではある。そう、いくら自分では事故を起こさなくても、反対車線からセンターラインを超えてきた暴走車を止めるのは無理だからねぇ・・・。

昨日のオークションで落札していただいた方から続々とご入金が相次ぎ、女房が家事を一渡り終えるまで店を閉めておいた。これからは火曜日は午後からの営業と正式に決めてしまおうかなぁ。もっと言えば平日は全日午後からの営業でもいいのだけれど・・・。ワタシの仕事が通販だけになっているからこういうことになる。時代の流れかしらねぇ。

昼飯は近所の持ち帰り専門寿司屋さんのパック寿司。8貫入って400円。安いわりにおいしい。

午後も女房に淹れてもらったポットの麦茶とたまに飲みながらクーラーのない部屋でオークション出品作業を続けた。ウチの麦茶は煮出しタイプ。一時は水出しでやっていたこともあるのだが、一度煮出しを飲んでしまうと水出しではまるで出がらしのように感じてしまう。それほど飲んだときの香りが違う。淹れてから荒熱が取れるまで時間がかかるので1日に何度も出来ないのが残念だ。
郵便局を何度か往復し、今日の荷物を全て出し終えると17時が近づいていた。女房は店番を上がりワタシが店に座る。店番をしながら仕事を続けた。

夕食はカレー。今日はゴーヤが入っていた。「これで半分なんだよ」と女房。結構タップリはいっているじゃないの。カレーで煮込んであるからか、ゴーヤ特有の苦味などは感じない。「明日ゴーヤチャンプルーにしてみようかな。」と女房が言うと、子供たちは「えーー?!」とブーイング(^^;。まあたしかに苦味ってのはオトナの味だからねぇ。おこちゃまの君たちに理解できないのもわかるんだけど・・・(^^;。

明日の夕食のゴーヤチャンプルーが楽しみになった。食後もラジオを聴きながら仕事仕事。

■2004/08/09 (月) 月曜日は横浜へ

朝から快晴。

今日から横浜は平常どおり。東横線車中では先日買った新編集雑誌を読んだ。森山大道特集也。いつにもまして車中はガラガラ。反町駅到着。いつものように駅前の自販機で生茶の500を買い、古書会館まで歩きながら飲み干す。休み期間中は水道工事があったが、全てキレイに終わっていた。よかった。

夏休みで一週間あいた市場は出品量も多くて入札される方も多い。入札するものの、今日は雰囲気が盛り上がっているからどこまで対抗できるかなぁ・・・(^^;。
すぐにホームページ更新作業。先週で催事も一区切りしていたので、そのまま放置しては情報が古くなってしまう。ちょうど今後の催事予定を事務局まであげていただいたのでそのデータをアップデートする。昼飯は今日も御蕎麦屋さんで冷やしたぬきそば500円也。TVでは甲子園中継。もうそんな時期か・・・。

古書会館に戻る。いよいよ秋の良書市会に向けての準備が始まった。市会会場の一角にGケースを設置させていただき、そこに週代わりで出品予定品を展示させていただく。品物には効能書きを添えてご入札にいらっしゃった方へアピール。写真を撮らせていただいて、組合ホームページにアップもしてみたい。ご利用をお待ちしています。
それに先駆けてまずは会場設営、ということで理事長ほか理事の方々が市会会場の一角の整理を断行。不要となった”備品”を処分してGケースを設置していただいた。まだ空っぽのGケースだが、来週からここに品物が入ってくるようになると思うと楽しみだ。

タイムカードは17時半。帰り道も車中はガラガラ。店に戻って仕事。夕食はうなぎ入り混ぜご飯。錦糸玉子にキザミのり。スーパーで買ううなぎはそのまま温めて食べるより、こうして食べたほうが数段ウマイ。
”見切り品”だったというだだちゃ豆の枝豆とビール(発泡酒ネ(^^;)がよく合う!夏はやっぱり蕎麦と枝豆とビール(発泡酒)でしょ。

夕食後は再び仕事。350mlの発泡酒では少しも酔っ払わず。それくらいがちょうどいい。

■2004/08/08 (日) はしご

夏休みの自由研究対策、でもないけど・・・(^^;。

近所の市民ミュージアムで開催されている「日本の幻獣」-未確認生物出現録-を見に行くことにした。市バスに乗るとちゃんと市民ミュージアム前というバス停がある。一緒に乗り合わせた人たちはほとんどここで降りた。

中に入ると結構人がいた。幻獣とは、たとえば河童、天狗、鬼、人魚、龍などが代表的で、人魚、河童のミイラが数体、カラス天狗、鬼、龍のミイラも展示してあった。多分造られたものだと思うのだが、このミイラを祀ってあるお寺や神社もあるほどなので何ともいえない。
ちょっと見世物的なニュアンスも見え隠れするミイラだが、幻獣ということで”件”というものが記録されており、これは少し目を引いた。”人”の顔をした”牛”で件。人語をしゃべる。出現したあと、「ここ6年ばかりは豊作が続くが、その後に凶作がくる。私の姿を写して広めなさい。毎日拝んでいれば凶作を免れることが出来る」などと予言をしてまもなく死ぬという。件の出現記録は各地であり、予言するのは凶作だったり疫病だったりさまざまだが、必ず”自分の姿を流布”させるように言うのが共通点。「件の如し」という古文書によく見られる最後のせりふはこの件から来ているらしい。へぇー。

昼飯、昼ビールを摂った後、再びバスに乗って高津駅。田園都市線で二子玉川高島屋へ。「おもしろ不思議古代生物展」を見る。こちらは只券をもらっていたため。生物の進化の解説。夏休みでたくさんの入場者。よく泳ぐカブトガニが印象的だった。

その後、息子のたっての希望で駅向こうのハンズへ。このあたりは再開発地区になっており、数年後にはガラリと様子を変えるらしい。規模があまり大きくなかった事にガッカリして再び高島屋へ戻る。子供たちはおもちゃ売り場へ。ワタシは店内を逍遥。カメラ店、CDショップ、書店、屋上を回って子供たちを迎えに行くと女房は立ちっぱなしで疲労の様子。屋上で休ませることにした。
日はだいぶ西に傾き、風が通れば気持ちいい。よくこの場所にこの規模のデパートが出来たな、といまさらながらに感心する。東横線でいえば多摩川駅に当たるが、こんなものどう考えてもできっこない。夕食をデパートの食堂で済ませて帰路に着く。

帰ってから冷えたスイカを食べた。眠くなりひと寝入りした後仕事をする。今日でいよいよ夏休みはおしまいだ。

■2004/08/07 (土) 寝坊と(^^;

朝8時に目覚まし。なかなか起きられず。起きて水をコップ2杯。寝汗をかいた。

まだ眠かったがゆっくりと昨日の日記を書き出す。書き終わって朝飯。食べたら子供たちは図書館へ出かけていった。ほぼ毎週土曜日に通っている。本が好きなんだねぇ。

ワタシは昨日の市場の報告をオヤジにしてからクルマに乗って神保町へ。道中はすいていて40分ほどで到着。昨日の荷物を載せて帰着は13時頃。すぐに昼飯(パンだけど)を頂き、仕事に戻る。

今日は商店街で提燈祭り開催中。夕方を待たずにウチの店の前に線路が引かれ、こども電車が走り出した。

子供たちは夕方になって小学校校庭で行われる花火大会(といっても手持ちが主らしい)に出かけていった。帰ってきたのは20時少し前。子供たちが帰ってきてからレトルトのカレーを食べた。スリランカカレーという。辛さも程よくてなかなかうまかった。最近カレーを食べることが多いなぁとワタシが言うと、「オレも最近カレーが多いね」と息子。そういえば今日の昼はカレーパン食べてたっけか。どうも最近好みが似てきたように感じる。・・・太るなよ(^^;。

夕食後はオークション落札品の整理とメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。

■2004/08/06 (金) 金曜、明古

久しぶりに明古へ行くことになった。

少し早起きして仕事を一渡り済ませる。11時過ぎには出かける準備。たまに行く東京古書会館。いろいろな用事をいっぺんに済ませようと忘れた事はないかあれこれと考える。

愛書会展の締切日なので原稿と名簿。記入欄の少なくなった銀行通帳。7月の初めころに出したDPの引換券(^^;。などなどをバッグに突っ込み、いざ東横線。
渋谷で写真を受け取り、半蔵門線を表参道で千代田線に乗り換えて新御茶ノ水から銀行へ寄って古書会館。まずは先週売った本の清算をして、愛書会の原稿を提出。交換会会場へ入ると本がズラッと並んでいた。入札開始。7月を過ぎて新体制となった明古。品物を見やすい机配置になっていた。
途中14時頃に昼飯に出る。ついでに書店へ。話題の新雑誌を買った。

古書会館に戻って開札状況を見ると、昨日出品したウチの本は軒並み売れてくれていた。ありがたい。代わりに入札した本がほとんど落札できず、結構高いなぁ、という印象。気持ち的には売値くらい入札しないと落札できない金額のような気がした・・・(^^;。実力の差ってことかしらん。

出品した本は2点ボーが出て、買えた品物はたった3点(^^;。欲しい品物は軒並みやられてしまった。大いに反省。しばらくして落ち着いたら金曜日は入札だけでも来たいと思った。

18時過ぎから飲み会。3人で終電まで。久しぶりで話は尽きず。
店に25時頃戻ってメールボックスを開けると大量のご注文を頂いていた。ありがとうございます。本棚を探してメール書きしているうちに26時を過ぎ、仕事途中ながら休ませてもらうことにした。

この日記は翌日朝に書いたもの。

■2004/08/05 (木) 出品

朝起きて曇空。見る見る晴れたり気がつけば曇ったり。

夏休みの週も半ば過ぎ。気持ちが少しゆったりしてしまい、急かされないと仕事が進まない精神状態になっている(^^;。まあ、夏休みだし、暑さも少し収まってきて、連続の真夏日を過ごしたここ1ヶ月間の(気持ち)疲れが出ているのかもしれない。本当に毎日毎日いろいろなことが起きるものだ。

発送荷物の荷造り仕事をしているうちに昼。火曜日夜の残りカレーを食べて仕事を再開しようと思うものの、思うところあってオークション出品作業をせず、買っておいた本の整理をすることにした。あれもこれも、と作業できるわけではない。あれかこれか、である。どちらをやるかは”カン”でしかないが、店の本が最近良く売れているから補充が必要なところだった事もある。

夕方になって明日の明古に出品する本を神田まで運ぶ。明日は久しぶりに明古で入札が出来る。先週売った荷物がいくらになっているかも楽しみだ。
1号線を北上し、溜池、国会前を通過して内堀通り。特に大きな渋滞もなく17時過ぎに古書会館到着。駐車場は一杯だったが出入りは少ない時間帯だったので、隅っこに停めてカーゴに荷物を載せ替えて控え室へ運び込んだ。ちょうど今日買った荷物を運び出すMさんに遭遇。明日市場が終わってから一杯ということになった(^^)。あんまり遅くならないうちに帰りますけど・・・。

帰り道。ずっと曇だった西の空が環七を通り過ぎる頃にパッとひらけた。丸子橋の坂を下りながら見事な夕焼けを遠目に眺める。これで富士山がシルエットで見えれば言うことなし。丸子橋のローゼ桁の間から沈みかけた夕日をちらちら見る。桁の間から真横に差し込んでくる太陽。いい景色だ。

店に戻ってご注文品のメール書き。いつもありがとうございます。明日が締め切りの愛書会展名簿を打ち出す。

夕食後はホームページの更新作業。

■2004/08/04 (水) 今日も1日店

朝は8時起き。夏休み中のゴミ出しはワタシの担当だ。

朝から少しあわただしい。今日は女房が子供たちを連れて川崎まで出る事になっていた。新聞の懸賞でアンパンマンの映画券が当たったのだった。ワタシはくじ運などからっきしだが、女房も息子もコツコツと雑誌の懸賞やスーパーの懸賞に応募してなにやら結構当てている様子。この間はスーパーの商品券を2000円分も当てた。じゃあ今度は宝くじでも当ててもらいますか・・・(^^;。

「いってきまーす」と元気良く10時すぎに皆出かけて行った。オヤジが店を開けに来たのは10時半。ワタシは発送に備えて荷造り三昧である。今日も1日店で仕事の予定だ。

何となくお腹はすいていなかったが、13時が近くなったので昼飯を買いに出る。お腹がすいていないと何を食べたいとハッキリした希望が出てこない。食欲がないのかなぁ・・・。コンビニに入って売り場を見るとカレーが目に入った。これでいいや、と即決。暖めてもらい、店を出た。
外は相変わらず良く晴れている。綿雲がポカリポカリと浮かんでいる。日向は暑いけど日陰に入れば風が通り抜けてそれほど暑いとは感じなかった。8月に入ってから明らかに気温は一段下がったと思う。

一渡り荷造りを終えて発送を済ませると郵便が振替分の前金を運んできた。今日は大量でしばらくの間再び荷造り三昧。いつもお買い上げありがとうございます。郵便局持込は母親に任せてワタシは今度の愛書会展に備えて名簿の作業をしばらく。9月展の原稿締め切りは今度の金曜日だ。

夕食前、娘が作業場に降りてきて言う。「おとーさん、えあこんからみずがもれているんだよ。ちょっとなおしてくれない?」そうそう、昨夜から女房に言われていたことだった。
水漏れの原因はわかっていた。排水口にホコリが詰まって水受けから溢れているのだ。早速カバーを外して懐中電灯で”患部”を照らし、竹串を排水口に差し込んでゴリゴリやった。うーん、詰まっている部分に届いていないらしい。針金はないのかな?息子にも聞いてみるがないらしい。ワタシも探してみるがそれに相当するものもない。どうしよーかな。

☆ひらめいた(^^)。カメラの清掃に使うエアダスターだ。スプレー式で噴出す力も強力だ。早速試してみると”ビュっ”と溜まっていた水が逆噴射したものの、溜まっていた水は見る見る流れていった。

夕食のビール(発泡酒)がうまかった(^^)。

■2004/08/03 (火) 1日店

おととい行ったプールの影響(^^;。

7月の酒々井で泳いだときにむけた皮の部分が今回のひやけで火ぶくれに(^^;。どおりでひりひりと痛むと思った。今朝子供たちに指摘された。自分では気がつかず。自分の身体のことなんて自分が一番知らないのかもしれないな・・・。クスリを塗るにも塗れず、そのままフクロが破れないように気をつける。イテテ。

昨日1日仕事が出来たおかげで今日は少し気持ちに余裕があった。仕事をスローペースながら続けた。

駅の売店スペースは週代わりで変わるのだが、今週はシューアイスで有名なお店のローテーション。郵便物を郵便局まで持っていくときに気がついた。お茶の時間になったので、子供たちを連れて一人ひとつずつご馳走することにした。娘は真っ先に「ちょこれーと!」とパッと選ぶ。息子は一度全部見てから選ぶという。期間限定のバナナ味を選んだ。女房からは「モカね」とリクエストをもらっている。ワタシは豆乳アイス入りを選んだ。豆乳アイスだけ他のものより20円高い。食べてみると確かに豆腐の味がした。

夕食は豆腐入りカレー。「この間冷奴にしようと思っててわすれちゃってサ(^^;」と女房。挽肉入りだったのでまるでマーボーカレーか?という見た目。食べてみるとなかなかさっぱりしておいしかった。添えられた塩漬けのラッキョウが良く合うんだなぁ。

夕食後も仕事。

■2004/08/02 (月) 開店

今日は月曜日だが横浜へは行かず。

今週は組合の夏休み。おかげさまでゆっくりと店の仕事に当たることが出来る。先週のオークションで大量に落札いただいた方から続々とご入金を頂き、順次郵便局から発送申し上げた。お買い上げありがとうございました。

荷造りの合間に出品作業。女房は本のデータの入力仕事。昨日は日曜日だったので、月初恒例の在庫カタログの更新を今日に延ばしていただいた。午前中のうちに作業するつもりが、ズルズルと昼ごろまで遅延(^^;。申し訳ございません。

ずっと工事中だったお隣のお店がいよいよ明日からオープンするという。今日の18時から開かれるレセプションに招待されていた。オヤジと一緒に行くことになっていたが、朝から何となくそわそわしているオヤジ。そんなに気張る事はないんですよ、とワタシ。
仕事に一区切り付けてちょうど18時5分前。オヤジはどうしても一封包んでいくという。ご辞退いたします、と招待状に書いてあったから必要ないんじゃない?とワタシ。「だっていいトシした大人が手ぶらでお食事に招待していただくなんて申し訳ないじゃない?」と母親。文字通りに解釈していいんじゃないの?と思ったワタシは服装もGパンにTシャツにサンダル履きといつもどおり。
中に入ると大きな声でご挨拶の歓待を受けた。一番奥に通していただいた。案の定一封はご辞退ということで戻された。

開店に当たってのご挨拶が30分ほど。地域の仕事を積極的にやらせていただきたいとご立派なお言葉。そのお言葉お忘れなく!
4人席に我々2人だけ座った関係で4人前の料理を食べ放題状態。前菜、刺身、宴会料理と次第は進む。料理が多いのでお酒をビールから焼酎に切り替える。お腹一杯になった頃お開きとなり、デニッシュ食パンをお土産に帰ってきた。飲んだ割に酔わない酒席だった。

元気がいい。挨拶の声は大きくて気持ちいい。その一方で今日が初日だからだろうが、ホール係の方々の役割分担が打ち合わせと実際で対応に開きが出たらしく、お願いしたお酒がオーダーどおり出てこないこともしばしば。まあ、それは次第に慣れてうまく回りだすことだと思うけども。
店長さんは入社2年足らずの女性。若い働く意欲のある人たちが元気良く働ける職場を作り出してくれているという事実は認めたい。どうか頑張ってください。

心配していた騒音だが「あら、全然聞こえなかったわよ」とは母親の証言。

■2004/08/01 (日) プール

昨夜は26時まで仕事。

今朝は7時起き(^^;。早起きしてどこへ行くかといえば、こどもの国のプールだ。シーズンは混むだろうと予測しての早出計画。眠い目をこすりながらハンドルを握った。

到着は9時半。開園前で入場口には行列。開門と同時にまるで甘いものでもその先にあるかのように人の波はプール口へと長々連なった。壮観な光景だ。
早速入場するとまだガラガラで(アタリマエ)ゆっくりと泳げた。風が結構ある。積雲が時折太陽を遮ってひゅっと風が抜ける度にブルっと震えたり。プールに浸かっている方が温かいこともしばしば。
とはいえ、8月の太陽をナメちゃいけません。カッと照りつけると肌はジリジリと焼けていく。今日1日で随分と焼けたんじゃなかろうか。

見る見るうちに人で一杯になっていく。息子のクロール習得のための練習に付き合う。娘は浮輪を付けてバチャバチャとお気楽なお遊びプール。周りも我々のような家族連れの人たちが多かった。

12時過ぎに娘が寒がりだしたので出る事にした。出てしばらくはなんとなく涼く過ごせるのがプールの効能。食堂で昼飯を摂ることにした。「冷やし牛乳ラーメン」というメニューが目に飛び込んだ。女房と2人で「食べてみようよ」と盛り上がり、二人前注文。子供たちはカレーにお子様ランチ。味噌で味付けしてあって、レタスがちらしてあってサラダラーメン風。いわゆる牛乳臭さは全然なくてスッキリとなかなかおいしかった。
扇風機は回っているもののクーラーのない食堂。それでも暑くなかった。あたりはセミの大合唱。お約束のヒグラシもカナカナと鳴き始めている。周りが山だからか、まるでどこかへ出かけて食事を摂っているような錯覚。気分がリラックスしたのか、プールで疲れたのか、昨夜の寝不足由来か、食べた後居眠りする。

いつもの自転車乗りを二つこなし、いつものソフトクリームを食べた。陽は少し西に傾いている。ベンチに腰掛けて食べるソフトクリーム。涼風。再び避暑地へ来たようなふわーっとした気分。居眠りその2(^^;。

クルマに乗って246を快走。途中Uに寄って娘の水着を一着買う。ついでにワタシはTシャツを1枚。息子も後になって選んだら全く同じデザインだった。なんと同じ趣味かいな・・・(^^;。

夕食は宮内のそばにあった初めて入るファミレス。ピザにスパゲッティ。味が少し濃くてお冷をお代わりした。

2004年07月 < > 2004年09月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター