Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2004年07月

■甘露日記 2004年07月

■2004/07/31 (土) 1日店

朝は少しさわやか。

天気予報ではぐずつき気味で蒸し暑いといっていたが、それほどとは思わず。風があったからだろうか。

落ち着いて仕事に当たる1日。本はほっておくとどんどん仲間を呼ぶ(^^;。昨日買ってきた本はほとんど手付かずのままだった。仕入れに出かける直前に積み上げていた本の整理を優先。それを終わらせなければ木曜日に追いつかない。1日分本の整理をせずに山のように本を買ってきているようでは、本は積みあがっていくのは誰の目にも明らか(^^;。本は買うよりも売るのが数倍大変なのは最近実感したこと。そう。買うことは誰にだって出来る。売ることを前提に考えないのなら・・・ネ。

少しすごしやすいからか、女房も子供たちも朝から機嫌がいい。ケラケラとよく笑っている。もともと夏ってのは子供たちにとってうれしい季節のはず。最近の夏が異常に暑いからあんまりいい表情になれないのかもしれない。夏の思い出は他の季節のものより思い入れが深い。

元気がいいのは食欲に出る。夏ばて防止には良く食べることが一番効く。もちろん暴飲暴食では逆効果だろうけど、ウチの場合は今のところ毎食終了後の食器には残飯は何も出ない。ワタシも女房もお茶碗にご飯粒をこびりつかせて残すのを行儀悪いと躾けられたため、子供たちにも小さいころからそれを押し付けた。少し前までは毎食時「もぐもぐしながらお茶碗のご飯をお箸でまとめておくのよ」と女房が娘に言っていた。
息子は学校給食のおかげで好き嫌いがほとんどなくなり、ウチのご飯も「あんまりおいしくなかったけど食べた」と言いながら残さなくなった。ちょっとお腹が出てきてワタシに似てきてしまったが(^^;、なんでも食べるという意味では調子がよさそうだ。

ずっと入力仕事。それでも全然追いつかない(^^;。今月も今日で終わってしまう。少し焦り気味。来週は組合が夏休みだからかなり仕事は進められる予定なのだが。

夕食は手巻きすし。用意した酢飯を海苔に薄く引いて、刺身、ウナギの蒲焼、玉子焼、ウインナー、ハンバーグ、マッシュポテト、レタスを巻いて食べる。お子様メニューだから酢飯に合いそうもないものも入っているが、例えばレタスにハンバーグ、マッシュポテトに玉子焼を巻けば洋風の巻物になり子供たちにも好評だ。

ワタシはウナギと玉子焼を酢飯で巻いてウ巻きで食べるのが一番好きかな。

■2004/07/30 (金) 金曜日は横浜へ

朝は少し眠かった。寝汗をかいた(^^;。

7時半に起きて仕事。寝汗と眠気を払うためシャワーを浴びる。朝飯を食べ終わるともう9時を過ぎていた。あわて気味に東横線に乗る。相変わらずガラガラ。眠かったので本も読まず居眠りの車中(^^;。イカンなぁ。

台風は通過したのだろうか。昨日の予報では降ったり止んだりになるらしいが、雨が降るような気配は感じなかった。雲は多いながらも日差しは強かった。生茶を飲み干して古書会館へ。

今日は振り市会なので少しにぎやかに。振りがすべて終わるまで市会会場に居た。明日から古書会館は夏休み。休みの間は水道工事が入るため古書会館の駐車場には入れないことになっている。
月曜日に落札した荷物を荷造りし、発送の手続きをする。クルマを出して往復するなら運送を頼んだほうが安いような気がするため。古書会館までは微妙な距離がある(^^;。道中が結構混んでいるという事情もあるのだけど。

昼飯は近所の蕎麦屋さんへ。夏はさっぱりと蕎麦が正しいよなぁ。冷やしキツネそば500円也。ツルツルっと食べやすいのがいい。

昼飯後はホームページ更新作業など。15時過ぎに明日から工事される業者さんがいらっしゃり、打ち合わせ。18時すぎにお暇する。駅前の自販機で生烏龍茶。飲んでいると自然に夕暮れの空が目に入る。台風は今頃どのあたりを迷走しているのだろうか。キレイな絹雲が空高く棚引き、遠く積乱雲がモコモコと盛り上がっている。夏の夕暮れって好きだ。
これでヒグラシでも鳴いていればサイコーなんだけど、近くのケヤキの木からはアブラゼミの大合唱が下りてきた(^^;。

店に戻って少し仕事をしてから夕食を頂く。今日はマーボ豆腐にナスの炒め物。夏メニューだな。ウマイ。

夕食後もノロノロと仕事仕事仕事(^^;。

■2004/07/29 (木) 仕入れあり

台風最接近。

ザーザー降りの雨になったり青空が出たり。複雑な雲とともに空気は熱帯の湿気を帯びたトロッとした感触に。実際の気温よりもずっと蒸し暑く感じる日だ。扇風機はあまり役に立たない。窓も開けられないからクーラーのない作業場は結構辛い。とにかく「強」で連続回し。本格的な雨は梅雨明けした先月終り以来か。

午前中から飛ばして仕事をしよう、と荷造り荷造り。雨は降ったり止んだり。一区切りしたので入力仕事を始めると内線電話が鳴った。「今日仕入れが入ったけどいいかな?」オヤジからだった。以前もお伺いしたお宅だった。聞いてきたということはワタシも同行するということだ。店でカンズメ仕事も3日続くと日記のネタが切れそうなので(^^;(冗談)、勿論OK。昼飯を食べてすぐに出かけることになった。

道は混んでいるようなすいているような。さすがに環七の内側に入ると混雑も激しくなる。時折雨も落ちてくる。雲の足が早い。
お客様のお宅に到着し、オートロックのドアにおびえながら(^^;仕事を続けた。評価を終えてお支払い。ありがとうございました。クルマ一杯の量。ちょうど市場が近かったので、一部を出品するために古書会館へ向かう。オヤジは大汗をかいて「お茶が飲みたいなぁ」と繰り返す。道がすいておらず、道端に停める事アタワズ。そのまま古書会館へ到着し、出品作業をしているうちに自販機で生茶500mlのボトルを買ってきていた。
「お腹すかない?」と畳み掛けられる。お隣でホットドックを二つ買ってクルマに乗った。普段走っている道を使って帰路についた。

内堀通り。皇居越しに大きな雲と夕景。雨はもう降りそうもなかった。店に戻ったのは18時過ぎ。店に本を降ろすと店はもはや開店休業のごとく通路人が通れない状況に(^^;。マズイなぁ。すぐに仕事を始める。

夕食はバンバンジー風サラダ。飯がウマイねぇ。昨日のうちに提燈吊りの作業が終わってくれていたおかげで仕事が出来る。なかなか追いつかないけれども・・・。

仕事って片付けると次が覆いかぶさるように押し寄せてくる気がする。なかなか一段落することがない。そういうものなのだろうか・・・。そういうものなんだろうなぁ、きっと。

■2004/07/28 (水) 提燈飾り

今日も1日店で仕事の予定。

朝から発送荷物の管理。今日入力する本の整理。やることは一杯ある。

ニュースでは台風接近を繰り返し伝えていた。なんでも東からやってくるという。太平洋高気圧の勢力が強いという事だろうか。西へ進むべき台風を東へ押すほどだから、今年の猛暑も説明が付く。地球温暖化と今年の猛暑は直接結びつかないというのが専門家が口を揃えて言う意見だ。たまたま・偶然の繰り返し。しかし、そのたまたまが30年続くとそれが常識(”平年並み”の平年といわれる)と呼び方が変化するのだから安心してしまうのはいかがなものか。小刻みに上がり下がりしながらも平均気温は上がり続けているのではないか。

昼前には配達されるはずの郵便が配達されない。今日入力する予定の本を一通り片付けてしまった後も来ない。お茶の時間を過ぎても来なかった。今日郵便振替で入金するはずの方は数人いらっしゃった。無いはずはなかった。配達が遅れているのだろう、と思った。17時を過ぎそうになり、集配営業課に問い合わせの電話を入れるが誰も出なかった。問答無用ということだろうか。
夏休みで人員の都合が付かないのかもしれない。でもそんな内部的な事情でウチの仕事に支障が出るのは納得がいかなかった。仕事を続けながらまだかまだかと待っているとオヤジから内線電話。「おまちかねのが来たよ」早速特急で荷造り作業。18時過ぎには終わらせて隣駅の郵便局まで差し出しに行った。台風接近のためか、夕暮れの雲は複雑な形をしていた。

夕食は特製かき揚げをのせたぶっかけうどん。暑い日はこういうメニューがいいね(^^)。うどんとそばでどっちが好きかを皆に聞いてみると好みが二分(^^;。娘は断然そばで、女房と息子はうどんとためらいなく答えた。少し前までワタシは断然そばだったが、最近になってうどんのうまさに気が付き始めた。聞いた自分が一番はっきりしなかったりして・・・。

夕食後、21時前から商店街の提燈飾りつけ作業。台風接近で途中霧雨に降られながらも、数年前よりも規模を縮小したので昨日今日の二日間で予定されていた作業はすべて終わったようだった。

22時半過ぎに店に戻り、それから仕事を再開した。

■2004/07/27 (火) 1日店

朝から晴れて暑い。

今日は1日本の整理をする予定。通路がふさがるほど本は在庫していた。いつ仕事をかけるかが問題だった。それでも市場で本が出ているとつい買ってしまう。勿論要らない本ではなく、品薄と感じる本だから入札するのだけれど、落札したら落札したで仕事をかけてあげなければ売り物にならない。その時間がない。在庫が豊富?トンでもありません(^^;。積み上げておいても場所を塞ぐだけで何にもならないんスから・・・。

そんなわけでいつもケツには火が点いている。どこかで強迫観念がある。何かしなければ、していなければと思っている。気があせると空回りする。途中から入ってきた仕事を優先してやっているうちにどうしてもやらなければならなかったことを忘れたり・・・。そんなことが最近多くなった。
それでも今日は少し気持ちが落ち着いていた。昨日組合の仕事が一段落したからかもしれない。来週は組合も夏休み。店が片付いたとは言えないが、久しぶりに東京の市場へ行ってみようと思う。

店は午後から開店。勿論仕事は朝起きてからずっとやっている。開店できないのは店番が居ないためだ。子供たちは夏休み。昼過ぎから女房は子守をしながら本の入力仕事をしてくれている。現在店で働いているのは4人。それぞれが専属といえるような仕事をいつも抱えているので誰かがのんびりするとその分だけ本は片付かない。月金はワタシが1日留守をするが、3人居るので店を開けることに支障はない。ところが今日は2人居ない日なので開店時間に支障が出る。日中は店を開けておいても仕方ない状況になってしまったので、無理して開けなくしたのがここ半年。先日はついに臨時休業したこともあった。

17時過ぎからワタシが店番をし、本の入力作業の続きをする。昼間ワタシが店に居ないのは随時振り込みなどでお代金が届くためだ。すぐに荷造りして発送するのがウチの方針。店では荷造り作業が出来ないため、郵便局の閉まる17時までワタシが店に居る理由がない。これからは火曜日を臨時休業にする日も増えるかもしれない。

19時過ぎには店を閉めて夕食。食後はオークションで落札していただいた方へメール書き。全て仕事を終えてから今日は特別にゆっくりとビールを飲ませてもらった(^^)。

グリーンのボトルが印象的なハートランドビール。飲むのはかなり久しぶり。冷えたグラスに注いだときの泡の出方がキレイだった。

■2004/07/26 (月) 月曜日は横浜へ

明け方大雨の音で目が覚める。

ドジャーっとものすごい勢いだった。娘はその音で飛び起きた。雷も鳴っていた。夕立ちじゃあるまいし、連日の熱帯夜で夜昼が逆転したかしら・・・。

月曜日は横浜へ。今日発送分の荷物を揃えてレジ横に置き、9時過ぎの東横線に乗った。今日は少し眠いなぁ。豪雨で途中起こされたのが大きいか。ボーっとしているうちに反町駅。降り損ねたりして(^^;。

今日は古書ニュースという組合機関紙を発行する日に当たっていた。先日作っておいた定款と総会議事録。そして先日県からお送りいただいた青少年健全育成のポスターを用意し、納品予定の古書ニュースが印刷屋さんから到着するのを待った。そういえば納期は今日となっていたけど、時間を指定しておいたかしら・・・?心配になって電話をしてみると、やはり伝わっていなかった(^^;。お電話をして良かった。なんとか午前中のうちに届けていただける事になった。

市場の入札。今日も何点かほしい品物が出品されている。さて、結果はどうなるか。

お昼少し前に発送するべきものが全てそろい、秋の良書市会開催のご案内も一緒に早速封入作業。今日市場にいらっしゃっている方にはすべて手渡ししてしまいたい。単純に郵送料の節約になる。お一人お渡しするごとに○○円浮くと思えば力も入る。さいか屋へ出張っていらっしゃる方の分はちょうど今日会場視察にお出かけになる理事長にお預けして配達していただいた。お渡しできなかった分はメール便で発送。これからも発行の際はこのペースで。

印刷屋さんにお渡しした印刷代金は○万円。この金額をどうにかマンパワーを使って浮かせられないか、と現在思案中。もっと考えを進めて郵送料をカットできるような妙案も検討中。出て行くお金を工夫ひとつで少なく出来るなら何でも試してみたい。

ホームページ更新作業を終えて戸締り終了は17時半過ぎ。今日の落札品を抱えて反町駅。東横線に乗ってボーっと西の空を眺める。いい雲が出てるなぁ・・・。車窓からデジカメで撮影したかったが果たせず、新丸子駅のホームから西の空を写す。

夕食はトリ手羽のお酢煮。サラダにはミックスナッツがちりばめてあった。「おつかれさん、ビール飲む?」と女房。冷やしておいてくれたのか。うれしいな。

安い食材とは思えないくらいウマイ夕食。気持ちが込められていた。

■2004/07/25 (日) 盆踊り

少し早めに戻るのは女房が町内会の盆踊り大会に参加するため。

ワタシが仕事場で仕事を少し始めると、浴衣の着付けを終えた女房が「じゃ行ってくるから」と出かけていった。ワタシもあとで子供たちを連れて会場へ行くことになっていた。

19時過ぎに出かけた。娘も浴衣を着てはしゃいでいる。こういう雰囲気が好きなのだろうな。ワタシも小学校の頃は盆踊りで夜外に出られるのがうれしかった。綱島街道を渡るころから大きな音が聞こえ出した。到着するといつもの櫓が組まれてそこから八方に提燈の列が手を伸ばし、あたりを照らしていた。櫓の周りを町会の婦人会の皆さんが幾重にも輪を作り、盆踊りを踊っている。
お約束の屋台もいくつか出ていたが、昨日も来た子供たちは大体の様子をつかんでいるので、「今日はここ」と決めているらしい。まだ来たばかりで踊りの輪を眺めていたワタシをつかまえて「はやくおとーさんあれかってよー。あのきらきらするやつだよー。」と娘が催促する。何のために盆踊りに来たのやら・・・(^^;。「オレはフランクフルトねっ!」と息子。ちょっと待ちなさいよ。

19:30になって休憩が入り、女房もフリーになった。それなら、と屋台街へ移動。娘のたっての希望のキラキラは各種並んでいて、いままでは化学反応で蛍光色に光るリングのようなものが中心だったのだが、だいぶレベルが向上し電気仕掛けでキラキラさせるものが増えていた。娘が迷わず決めたのもやはり電気仕掛けだった。やれやれ、女の子はヒカリモノが好きなんだねぇ・・・(^^;。500円也。
少し晩飯が早かったから小腹がすいていた。フランクフルトを3本買って皆で食べる。こういうところで食べるとなんでもウマイんだよなー。600円也。

場内アナウンス。阿波踊りが始まるらしい。20分ほど阿波踊りの列が続いた。あの独特のリズムは長く続けるほどのってくるものらしい。つられて踊りだした見物していた人が増え始めた頃、「お時間です。終了ですー。」となった。
再び盆踊り再開。女房も踊りの輪の中へ入っていった。

20時を過ぎていたので子供たちを連れて先に戻ることにした。さっき買ったキラキラをめぐって早速子供たちは小競り合い。つまんないことで張り合い召さるな。女房も21時前には帰ってきた。お疲れ様。

しばらく仕事をするものの、今日は早めに切り上げて休みたい。

■2004/07/25 (日) 横浜散歩

朝目が覚めたのは5時(^^;。

起き上がると少しよろけた。まだ完全に酔いが醒めていなかったらしい。水をがぶ飲みした。

とぼとぼと昨夜出来なかった仕事を始めた。調子が悪くてペースが上がらない。ゆっくりやっていたら7時を過ぎていた。ともあれ緊急にやっておくべき仕事は終わったので再び横になった。

子供たちが起き出していつもの日曜日のTVを見ている音が聞こえてくる。もう随分と時間が経っただろうな、と起き上がってみれば11時少し前だった。ブランチのような朝飯のあと、昨日書けなかった日記を書き、HPを更新してアップした。

今日もお休みなので横浜まで出かける事にした。出発したのは13時過ぎ。みなとみらいチケットを買って元町・中華街駅へ。山下公園を散策。女房が「カキ氷食べたくない?」と聞いたので、近くにあった屋台に行ってみる。値段が書いてあった。500円!?そりゃちょっと高いでしょ。急遽取りやめて駅から公園に来る間にあったM屋に向かう。高級食材を売るスーパー。アイスが収められた冷蔵庫にはガリガリ君はなく、某フランス系高級メーカー製のカップアイスがズラリ。それはそれで食指を動かされたが、カップのカキ氷(オレンジ味)とソフトクリーム型アイス(ミックス)を買って公園で食べた。これで充分でしょ。

意外に子供たちもこのあたりの散策は嫌いではないらしく、暑い、とかノドが渇いた、とは訴えるものの、早く帰りたい、などの不満は言わない。この間も通ったプロムナードを歩いてMM線日本大通駅へ。ここから乗ってみなとみらい駅まで。食堂街にあった蕎麦屋へ入って昼飯。天ざる。なかなかウマイ。

その後ワタシは一人で近辺を散策して、女房と子供たちはジャックモールにある大型電器店へ。お目当てはパソコンソフトらしい。勿論買い与えるわけではないが、そこであれこれといじるのが面白いようだ。そういうものを面白いと思う年代なのだろう。ワタシも中学生の頃に出始めだったパソコンにはまった覚えがある。
ワールドポーター前から100円バスに乗り、ジャックモール前まで移動。便利なようでいて意外に遠回りをしたり、あまり人が利用していない地域を走ったりするので思っていたよりも時間がかかった。車窓からは未だ空き地が幅をきかすMM地区の様子がよく見えた。

ジャックモール到着は17:20頃。合流してすぐに帰路についた。

■2004/07/24 (土) 仕入れあり

昨日組合で仕事をしていたときにケータイが鳴った。

オヤジからだった。「仕入れのことで電話をもらったよ」とのこと。今日の午前中にお伺いすることになっていた。
もらったメモを片手に地図を見る。なんと地番変更されており、この地図では辿り着けないことがわかった。出発間際になってお客様に電話を入れると、行き方からなにから丁寧に教えていただいた。ありがとうございました。

早速出発。とにかく急がなければ。第三京浜に乗ってひた走る。幸い降りた後もそれほどひどい渋滞もなく、約50分で到着。評価させていただき、買い取らせていただいた。ありがとうございました。強い日差し。作業をしていると滴り落ちる汗。頂いた冷たいお茶がありがたかった。

店に戻って荷物を下ろすとやっぱり通路はふさがってしまった(^^;。オヤジがこの間市場で買ってきた荷物の整理が進んでいないため。まあ、愛書会があったから仕方ないとも言えるんだけど・・・。
在庫豊富、という言い方も出来るが、売れ行きが遅いとも言いなおせる。ワタシの売り方と違うのでなんとも言えないが、本の回転を良くする事を意識しているワタシとは対極にある方法だ。

午後一杯かけて本の入力作業。今週は家族旅行で仕事をサボったからその分を取り返すつもりで。

夜になって訪問者有。近くの居酒屋で久しぶりにおしゃべりを楽しむ。気がつけば23:40(^^;。終電間に合いますか?駅までお見送りして店に戻る。
さて、これから仕事、と思ったら天井が回りだした(^^;。飲みすぎだった。このまま仕事をしてミスしては大変。仮眠を取る事にしてすぐに寝た。

■2004/07/23 (金) 金曜日は横浜へ

昨夜は26時まで仕事(^^;。

それでも終わらず、今朝に持ち越した。朝は7時に起きて仕事の続き。途中朝飯をはさんで続けるも、出発しなければならない時間が近づいた。なんとか一区切りつけると9時を過ぎる。
振込み予約をされていた方からのご入金有。ううう。もう作業する時間がありません・・・(^^;。後ろ髪惹かれつつ東横線に乗った。

旅行中に事業部理事の方から「古書の日記念・秋の良書市会」の開催要項についてFAXを頂いていた。検討する時間が全く取れなかったので、横浜へ向かう電車の中で詳細に検討。勿論こなしきれないうちに電車は反町へ到着した。

朝から暑い日ざし。昨日はプールに入っていながらもちょっと涼しいと感じていたが、東京でも気温は低めだったらしい。その分を取り返すような暑さ。生茶500mlがあっという間にのどを通り過ぎた。

今日は川崎さいかや展、新橋古書展がダブル開催の日にあたり、経営員の方も出席が少ないため、理事が市場の仕事に借り出されることとなった。ワタシは先日覚えたばかりのヌキ書きを担当する。
途中、電車の中で読んできたばかりの良書市会開催要項について事業部理事の方と協議が始まってしまい、急ぎの仕事ということもあってそのまま検討作業を続けてしまった。市会の運営に支障が出ている、と連絡が入り、ワタシの代わりに理事の方にお手伝いしていただいた。どうもすみません。

市会が終わった頃、皆さん上がっていらっしゃったので、検討作業も一時中断して昼飯へ。こういう暑い日は冷たい蕎麦がいい。
昼飯を食べ終わったのは15時。それからは先ほど検討した文章をPCに打ち込んでデータ化する。終わったのは17時。

帰り道、反町駅前交差点。どうもこの場所の夕景が気に入ってしまった。いつも仕事が終わってホッとした気分の時に眺める風景だからだろうか。今日もここで1枚シャッターを切った。

いやいや、仕事は終わったわけではなかった。店に戻ってからは今日受注分の本を取り揃えてメール書き。いつもご注文ありがとうございます。
本日9時以降にご入金を確認できた荷物を荷造りし、明日の発送に備えた。

長い1日のような、あっという間に過ぎ去っていく1日のような・・・。

■2004/07/22 (木) 家族旅行二日目

朝は7時過ぎに目が覚める。

外は曇り空。時折ジャンボが空港に降りていく様子を見る。
空調がちょうど良かったので良く眠れた、と思う。シャワーを浴びて朝飯を食べにレストランへ向かったのは8時半。少し腹の調子が良くない。昨夜の暴飲暴食のタタリか(^^;。

エントランスは昨夜とは全然違った雰囲気。出発を急ぐ家族連れ。
朝食はバイキング。取り放題となるとついついあれもこれもと(^^;。でも食べているうちに元気が出てくる。ホテルの朝食に欠かせないトマトジュース。クロワッサンに目玉焼き。ベーコンとポテト。味噌汁に白いご飯。ヨーグルトも取って、カフェオレまで飲んだ。立派に暴飲暴食だ(^^;。

ホテルをチェックアウトしたのは10時すぎ。駐車場からクルマを出し、空港方面へ。息子のたっての希望で航空博物館へ向かう。飛行機についての展示。寄贈された実物の飛行機も展示してあるが、一昔前のものが多く、展示の架け替えが課題であろうか。団体客が一組あって混雑はしていたが。
展望室から成田空港の様子が見えた。滑走路から飛び立ったばかりのジェット機が轟音を響かせながらまぶしい曇空を横切っていった。

二つ目の目的地は酒々井ちびっこ天国。いわゆる大型プールだ。クルマで30分ほどの距離。途中昼飯をはさんで到着は13時過ぎ。駐車して入場券を出して入ると、ロッカーが男女で全く区別されておらず、更衣室も特につい立などで見えないようになっていない(!)。随分おおらかだなぁ・・・。広い敷地に流れるプール、造波プール(人工波が起きる)、スライダープールと幼児プールがあり、適度な混み具合。流れるプールは泳がなくても身体が流れていくかららくちん。
造波プールが1時間に一度、大波を起こすので、そのたびに入りに行く。小さい頃に富津のプールに連れて行ってもらったことを思い出した。

16時少し前に出て帰路につく。帰りの東関東道はすいていて、大井南までスイスイ。一般道に下りて蒲田付近で少しだけ事故渋滞。
川を渡って川崎側のイタリアンファミレスで夕食。隣にあったUでGパンを買ってから店に戻る。

この二日間の間に頂いたメール、ご注文にお返事。いつもありがとうございます。今日の日記が短めなのはとても日記に時間を裂く余裕がなかったためです(^^;。

ありがとうございます。

■2004/07/21 (水) 家族旅行初日 その4

部屋へ入るなり、「プールへ行こうよー!」と息子の強力プッシュ(^^;。

学校のプールはそれほど好きではないようだが、こういう場所でのプールは大好きらしかった。さすが航空会社のホテルだけあって、プールはジムなどが併設されているヘルスクラブの一部になっていて、案内を見る限り大人は一人2100円もかかる。ウチは宿泊プランに含まれるため無料。

受付には”会員制”の文字。施設はロッカー有、個室シャワー有と充実していた。ドーム型の温室のようなガラス屋根からは西に傾いた太陽が覗く。
他に泳いでいるのは一組だけ。ほぼ貸しきり状態で泳ぎ始める。女房は高校以来プールに入るのは22年ぶり。少しはしゃいでいた。一人1本タオルが出て、プールサイドには冷たく冷やされた飲料水が飲み放題になっている。勿論プールサイドには寝っ転がれるいすも用意されていた。さすが会員制(^^)。
しばらく泳いで腕が痛くなってきた頃に上がる。そろそろ夕食の時間が迫っていた。

17階の展望レストラン、1階のカフェレストランのバイキング、特設ビヤガーデンでのバーベキュー+飲み放題、のいずれかを選ぶ事ができた。ビヤガーデンに行く事にした。

夕闇が迫ってくる頃、用意された取り放題のいろいろな食材を炭火で焼く。生ビールは専用のサーバーが設置されており、早速ジョッキをセットしてスイッチを入れると、金属の管がスッと下りてきてゆっくりとビールを注いて泡の量をうまく調節する。最後にあふれるくらい泡を出して一丁上がり。自動でこれだけの仕事をする様子にちょっと感動。思わず”おーっ!”と一人唸ってしまった。

豚トロ、骨付きウィンナー、焼きたらば、カルビスライス、帆立貝、合鴨つくね串などを焼きながら、目の前に飛来する着陸寸前のジャンボを眺めた。ビールがウマイ。あっという間に3杯飲みきってしまった(^^;。西の空には弓なりの月と木星が輝く。
風もからりとして思ったほど暑くなかった。ひぐらしの鳴き声を聞きながら夕涼みを楽しんだ。女房も機嫌よく酔っ払い、子供たちとしゃべっている。デザートまで10種類以上用意されていて、女房は子供たちととっかえひっかえ取りにいっていた。
「ああ、楽しいなー、幸せだなー」と女房。そのあと部屋に戻って娘と風呂に入ったら一気に酔いが回ったらしく、あとはトイレにこもりっきり・・・(^^;。

お酒はほどほどに・・・ネ。

■2004/07/21 (水) 家族旅行初日 その3

子供たちは我先にチェックポイントまで走り抜ける。

ワタシと女房は世間話をしながらひまわりを眺めてゆっくりと歩く。確かにひまわりにはエネルギーを感じる。それがこれだけたくさん咲いて太陽を向いているのだから、見ていて元気が出ないわけがない。

ひまわり前で記念写真を1枚取り、そのあとは息子のたっての希望で釣り堀へ向かう。娘に釣りは無理なので、女房がポニー乗馬へ連れて行った。

釣堀には誰も居なかった。つりえさ一皿800円。2人分買って日陰に陣取った。最初はなかなか反応がなかったが、何度も日陰と日向の境界あたりにえさを落としこんでいるうちに入れ食い状態になった。渡されたバケツに釣れたコイが入りきらない(^^;。うれしい悲鳴。息子も自分なりに工夫をしてワタシの力を全く借りずに大きめの2匹を釣り上げる。ワタシの釣果は8匹。満足して釣堀をあとにする。

お腹が減ったので昼飯。焼きたてパンのサンドイッチとここで絞られた牛乳。低音殺菌処理のノンホモ牛乳だったのでうまさ格別。200ml150円は「安いよね」と女房。確かにそう思った。サンドイッチもうまかった。

すこし軽めの昼飯後はアイスクリームショップでミルク、クリームチーズ、モカのアイスクリームとヨーグルトを買って食べる。よく攪拌されたと思われるアイスはなめらかで味がはっきりしており激ウマ(^^)。あっという間に三つを食べきった。ヨーグルトも寒天などで固めていない混ぜ物なしの純粋品だったため、昔懐かしいスッパ味が味わえた。やっぱり牧場で食べる乳製品は何を食べてもウマイんだねぇ・・・。

さすがにのどが渇き、自販機で200円の500mlペット茶を買う。奪い合い(^^;。あっという間に空っぽ。
あまりたいした事ないアスレチック施設を楽しんでから出口をくぐった。少し雲が出て午前中よりもすごしやすくなっていた。

今日泊まるホテルへ移動。いかにも千葉な田園風景の向こう側にジャンボジェットが横切る超現実的な風景。泊まるのは航空会社経営のホテル。繁忙期前の特別料金らしい。ツインをコネクトして4人部屋にしてもらう。子供たちはゼータクにもこういうホテルに泊まるのが好きらしく、牧場にいるころから「早くホテルにいこーよー」と急かしていた(^^;。
駐車場に停めてチェックイン。8階の客室に到着すると窓からは成田空港にいざ着陸寸前というジャンボが大きく見えた。

■2004/07/21 (水) 家族旅行初日 その2

駐車場のクルマが少なかったのである程度予想はしていたが、中に入るとほとんど誰も居なかった(^^;。

「なんかちょっとさびしいねー」と女房。Dランドでの行列はキライだけど、あんまりにもすぐ乗れてしまうと逆に楽しさが減ってしまうような気持ちに似ているだろうか。入った時間が早いからじゃないの?とワタシ。入場ゲートからしばらくレストランや売店が軒並み続く場所を過ぎても人が全然見当たらず。

炎天下ながらも木陰は風が吹き抜ける。東京ならば風もぬるくて暑さ倍増となるような状況だが、ここでは涼しく感じられる。うーむ、これって昔の夏の感じじゃなかろうか。確かに日中は暑かったけど、風があれば今日のように涼しく過ごせたような覚えがある。木陰の椅子に座り、子供たちがグラスそりに遊ぶ様子を見守る。

炎天下。日向は暑い。動物たちもやる気なさそうに木陰で休んでいる。娘の「えさやりたーい」というたっての頼みで、コップ1杯100円というちょいとお徳なヤギのえさを買った。干草を四角くブロック状に固めたもの。その様子を見て取った柵のすぐ脇に居たヤギがすかさず食いつかんばかりのイキオイで寄ってきた。思わず娘は後ずさり(^^;。「こわいよー」。「大丈夫だからあげてごらん」と女房。息子も手の上に乗せてあげている。その様子を見て木陰で休んでいたやる気のなさそうなヤギも”メー”と一声イナナイて全速力で駆け込んできた。
娘はたまらず「おとーさんやって!」とコップをワタシに手渡す。コップにはブロックが崩れて粉状になった干草しかなかった。まるでお茶っぱを手に乗せて差し出すと、さっきまでのやる気なさはどこへやらのヤギたちは鼻息も荒く我先の行動に出る。そんなにやる気だされてもえさがないよ・・・(^^;。

手を洗ってひまわり迷路へ。まだ六分咲きといったひまわりだったが、一面に植えられたひまわりで迷路が作られていて、4箇所に設置されたスタンプを押して戻ってくるというもの。迷路はどーでもよかったが、ひまわりの群生はいい。4人でひまわり畑の散策開始となる。
夏の一番暑い時期、大きな葉を広げて頭に黄色い花を頂くひまわりは夏の植物の代表だ。荒木陽子さんの「東京日和」に「ひまわりのぬくもり」という一文があったことを思い出した。病気で意気消沈していた陽子さんを励ましたのはまるで夏のひまわりのような荒木さんの快活さだったのだ。

■2004/07/21 (水) 家族旅行初日 その1

朝は7時前に目が覚める。

朝からいい天気。今日から1泊の予定で家族旅行。予約は5月の終りには済ませていた。安近の典型、というか、普通そんなところへわざわざ行くの?と言われそうな場所(^^;。

極簡単な朝食を済ませて8時過ぎに出発。さすがに旅行は年に一度だから皆楽しみにしている(^^)。通勤のために駅まで急いでいる方々にすれ違う場違いな4人組(^^;。
東京方面は通勤ラッシュの時間帯。丸子橋を渡るのに普段の10倍時間がかかる。その後も中原街道は南千束まで渋滞しているという表示があったので、環八を羽田方面にクルマを走らせる。それなりに混んでいたが、信号以外でクルマが停車することはなかった。羽田入口から首都高。湾岸線を快調に走りぬけ、途中幕張で休憩を入れる。朝が早くて朝飯をろくに食べていなかったから売店でサンドイッチを買う。こういうときに食べるものは何でもウマイね(^^)。

その後もETCで東関東道を快走。成田で降り、ナビの導くまま道を走る。とにかく初めて来る場所はナビどおり走るしかない。途中、高速から今日宿泊するホテルが見えた。
ナビの通りに走ると検問に引っかかる。これは大きなゲートだったので通常行われているものらしい。係員のお姉さんが聞いた。「ご出発ですかぁ?」いえ、成田ゆめ牧場へ行くんですけど・・・。「ああ↓(--;、それならここをすぐ右折して一般道へ出てください。」わからないとはいえ、空港入り口方面へ入ろうとしていたらしい。時期的なものかもしれないが、警備はかなり厳重だ。一般道へ出る道も大きな鉄の門をいちいち開閉して人の出入りを完璧に捕捉しようとしていた。ものものしい。”こーゆーやつらいなくならないよねー”という表情のお姉さん。印象に残ってしまった(^^;。

一般道へ出てクルマで走る走る。なんとなく遠くへ来たような気分だが、どこかで見たような風景でもある。そう。女房のご両親の隠居所の周りの道がちょうどこんな感じなのだ。そういえばここからあそこまではクルマなら1時間。似ているのも道理か。途中は特に何があるわけでもない。コンビニが点在している以外は延々と田舎道が続いた。

とうもろこしと落花生畑を抜けて走る事20分。最初の目的地、成田ゆめ牧場へ到着。広大な駐車場に停まっているクルマは10台強(^^;。外へでると灼熱の太陽が地面をジリジリと照らしていた。

■2004/07/20 (火) 暑いー

朝から灼熱。

今日は1ヶ月ぶりの歯医者。撮りためたドラマを見ていたら予約時間が迫っていた。あわてて歯磨きをして保険証を探した(^^;。外へ出るとはっきりした快晴。夏特有のかすみもない。まるで5月の晴れ間のようだ。空気が乾いていて体感温度はそれほどではないが、日向に出ると太陽が焼け付いてくる。やはり暑かった。

歯医者では今までワタシを担当してもらった歯科衛生士さんがいらっしゃらず、別の方。毎回本当に細かいところまで歯を清掃してもらったのだけど、今度の人は結構雑な印象(^^;。施術時間も短いので同じ金額を取られるのが少々納得いかなかった。

店に戻り、愛書会展の荷物を受ける。今回は箱数が少ないが、クーラーのない状況での一人荷上げ作業はコタエタ・・・(^^;。汗だく。こんな天気ではお客様もいらっしゃらないだろう、と勝手に判断し、「昼休み中」の張り紙をして店を閉める。昼飯をはさんで作業場で荷造り作業をひたすらに。

今日で子供たちは終業式。変な三連休を作るものだから夏休みが前に伸びた印象。長い休みが始まってしまった。
女房が家事を終えたので店を開ける。ワタシはさっき届いた市場落札品をオークションに出品する作業。気温は高いが湿気が低いせいで扇風機を回せばなんとか耐えられる。作業場でラジオの音量を上げ、気合いを入れた。結構多数の本に仕事を掛けられた。

途中、数回ご入金があり、荷造り作業を随時。発送はまとめて16時半。帰りに薬局で安売りの2リットルのペット烏龍茶を買って帰る。クーラーがなくてノドがどうしても渇くため。女房もゴクゴク、子供たちもゴクゴクと飲んだ。
ゴクゴク飲みたいときには飲み物は室温のままが原則だ。冷やした方がおいしいことはおいしいが、結局内臓に収まったときに身体は反射でわざわざ飲み物を体温と同じ温度に上げようとする。冷たいものを一気に飲むと急に汗が出るのは、身体が冷たい飲み物を無理して温めようとするためだ。

17時を過ぎて女房は再び家事で上がった。ワタシが店番。座りながら作業の続きをしていると買い入れが3件立て続けに。全てこなして今日の目標作業もすべてクリアした。よしよしいいペース(^^;。夕食のときに発泡酒を飲んだが、全然酔っ払わず。よほど汗をかいたらしい。

夕食後も勿論仕事。

■2004/07/19 (月) 臨時理事会

祝日だが市場がある。

今日も元気に横浜へ。今日は臨時理事会が予定されている。定期理事会は月一の予定なのだが、守られたのは最初の理事会のみ。あとは少しずつ前倒しで開かれている。それだけ議題が詰まっているという事なのだろうか。

市場で入札をしてからレジュメの編集作業。合間合間に市場の様子を見る。落札できたものと出来なかったもの。どこでその明暗が分かれるのか。結果を見ておくことも明日へとつなげる重要な仕事だ。

理事会のときには出前を取るのが慣習のようになっている。今日は祝日で軒並みお休み。中華のお店が開いていたので五目チャーハンをお願いした。今日は理事会の前にちゃんと届けられ、まるで大盛りのチャーハンをほおばった。

古書ニュースと一緒に同封してお送りするため、印刷してきていただいた定款と議事録を製本する作業を理事会開催に先立って行う。作業人員がたくさんだと楽しいと思っているうちに仕事は片付いてくれた。印刷を担当してくださった理事の方の段取りが非常に良かったため。ありがとうございました。

13:20から17:20までミッチリと理事会。その後、理事会で決定した事項を早速掲示する作業など。市場で落札した荷物が結構溜まってきてしまい、リュックに背負って少しずつ持って帰るにはとても追いつかない状況になり、荷造りして運送をお願いすることにした。わずかな送料で重い思いをしなくて済む。助かる。
退出のタイムカードは19:24(^^;。今日も1日良く働きましたワ(^^;。

反町駅前で生烏龍を飲み、戻ったのは20時過ぎ。この暑いのに店のドアが開いている(?)。帳場には「クーラー故障中」の張り紙(!)。なにぃー?!クーラー故障(^^;?聞けば業者の方に連絡がついたが、工事は金曜日になるのだそうだ。それまで真夏の暑いなかを仕事しなければならないとは・・・。まあ、ワタシは作業場のクーラーがないところで仕事だから変わらないのだけれども(^^;。

近所のビデオ屋さんの旧作半額セールは今日まで。そうか、世間は三連休だったんだな・・・。なーんも関係ないワタシは「鉄道員」を借りて見ることにした。んー。もちっと短く出来るかなぁ・・・。

■2004/07/18 (日) スワン2

ボートに乗って池に漕ぎ出した。

最初はあまり涼しくなかったが、池の真ん中あたりまで来ると風が吹き出した。ボートの向きを変えることでかなり涼しく感じられる。こりゃあいい。池の隅のほうまで漕ぎながら回る。樹木がせり出して岸だけの場所もあれば、遊歩道で水辺まで歩ける場所もある。ザリガニ取りをしている子供たちがいた。風景の向こう側にビルが顔を覗かせないから、なんだかワタシが子供の頃の風景を見ているような気持ちになる。都会の真ん中にこんな風景が残っている奇跡。いや、奇跡は守られているのだった。そう考えるとちょっと感動ものかもしれない。

1時間ほどボートの上で涼んで下船。すぐさま娘の「おなかすいたー」が始まる(^^;。道の向こう側にあるバーガー屋さんでテイクアウトして、コンビニでペット茶を買って池のほとりで遅い昼飯。お茶をゴクゴクと飲んで一気に空っぽとなった。よく飲むねー。気温が高いからしょうがない。

息子のたっての希望で中原街道沿い北千束の交差点にある大型スーパーへ。ここも普段はいつも通っているけど一度も入ったことがない店だ。1階は食料品店。2階にいろいろと生活雑貨が置いてあった。アウトドア関係が充実していて独自の品揃え。ネットで倍以上の値段になるものが平気で積み上がっていたりする。リアルも本当は強いんだけどな。そろそろネットの弱点が語られてもいい頃だと思ったり。

2階で安売りシーツを買ってから1階で再びペット茶を買って飲む。道を挟んで向こう側にあるBに入り何点か仕入れ。ワタシたちがいる間レジが回ることはなく、持込みする人だけが何人か。店内はマンガを立ち読みする人ばかりだった。最近マンガが売れなくなったと聞くが、その原因がわかった気がする。まるで無料マンガ図書館だ。こんなことされちゃあ立ち読みが習慣化してしまう。確かに売れなくなるわけだ。

商店街を歩いて駅。駅舎の3階に100円ショップ。息子のたっての希望で行ってみると、規模が大きい。あれもこれも100円?うーむ、これじゃあ既存の商店がダメになるわけだ。

世の中の現状を知ると結構コワイと思えるコトが多くなった。新しいビジネスの台頭で既存の価値観が更新されていく。その更新のされ方がいかにもPOS的というか、数字のいいものが残されて数字のダメなものはさっさと切り捨てられてる気がする。

そんなに簡単に割り切っていいのだろうかと思った。

■2004/07/18 (日) スワン

朝から暑いものの、湿度は低め。

そのためか、窓を開けて扇風機を回せばクーラーをかけるほどではないと思った。
「今日はどこへ出かけようか」と朝からあれこれと話をする。こう暑いとプールへ行きたいなぁ。昼下がりのビールも夏っぽくていい。と、楽しみは勝手に広がっていく。ところが息子の骨折が未だ治っていなかった。ギプスは包帯で巻きつけられたままだった(^^;。結局プールのあとの生ビール構想は破れたが(^^;、かといって何処にも出ないのでは運動不足も心配だ。近所の散策をしよう、ということになった。

息子の希望が「ボートに乗りたい」という事だったので、近場の洗足池に行ってみることに。普段、神保町へクルマで行くときには必ずその横を通っている。ところが、駐車スペースが狭いので途中寄ることはもとより、一度もゆっくりと見物したことがなかった。
散歩を兼ねていることもあり、一駅分歩く事も忘れずに、目黒線で1本の大岡山駅で降りた。駅の真ん前に大学があるので学生街と思いきや、周辺は田園調布や自由が丘の流れを汲んだ山の手の高級住宅街だった。駅前の商店街はすぐに途切れ、住宅街を歩いた。子供たちが飽き始めた頃ちょうど洗足池に到着。池のほとりに出るなりさあっと涼しい風が吹き抜ける。

段々橋を渡る。橋の周りには鯉が一杯。えさを求めて鴨やミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)も寄ってくる。丸々と太った鯉は人間に対する警戒心は全くなく、競って折り重なるようにしてえさをねだった。フライでもひょいと投げ入れればものすごいバトルがすぐに始まるはずだが、この池は釣り禁止だった。

池の周りにはあまり高い建物がなく、ぐるっとほとんど緑で囲まれている。奇跡的に?と思ったが、大田区の風致地区に指定されているためなのかもしれない。道の傍らに看板。「○○建設が計画していたマンション計画は皆様の反対意見のおかげで白紙撤回するとの報告をいただきました。今後は1戸建てを中心とした分譲を考えていくそうです」と書いてある。なるほど、計画は持ち上がっても住民の皆さんが建設反対運動をしてこの景観を守ってくれているのか・・・。そう、景観とは守らなければビジネスに食い尽くされる脆弱なものなのだ。

池の縁を歩いてボートハウスへ。ローボートは3人が定員で乗れず。仕方なくスワンの足漕ぎボートに乗る事となる。1時間1300円。それなりの値段。

■2004/07/17 (土) 看板

朝から晴れて暑い。

今年の夏はスタートダッシュがキツイ。このまま突っ走るのかなぁ。夏が夏らしい暑さだと景気が良くなるそうだけど、ビールが売れるとかクーラーが売れるとかそういうことでしょ(^^;?儲かっている人がお金を使ってくれればうまく回っていくのだろうけど・・・。

ABCが一斉に閉店したと新聞記事。結構な大ニュースだと思う。一度六本木店へ行ったことがある。よく編集された棚が印象的だったが、お客はガラガラだった。掘り出し物が結構平気で並んでいることもあった、とは聞いた話。とはいえ、新本だけでの棚作りは厳しかったのだろうか。本の世界の奥深さを表現するには新本だけではきっと足りない。現代人の目で名作にも触れるには古書の世界が必須なのだろう。

愛書会展の送り荷物の仕事を前倒しで始める。オヤジは朝から神田の古書会館へ。ワタシは朝から昨夜の続きでご注文品の荷造り作業である。請求書の打ち出しと振替用紙への金額記入。郵便が振替のご入金を運んできて仕事は追加される。いつもお買い上げありがとうございます。40通近い大量になったため、郵便局の集荷をお願いすることにした。火曜日まで郵便局の窓口は開かない。全く、カレンダーのおかげで冷や汗だ(^^;。ラジオでは行楽地へ向かう高速道路のすさまじい大渋滞を繰り返し伝えていた。少し溜飲が下がった。

16時ころ、階下の母親から呼び出し有。「ちょっと下に降りてきてよ。」降りてみるとお隣の工事発注元の会社の方がズラリ。この暑い中スーツでいらっしゃった。Tシャツに半ズボン姿のワタシがとてもみっともない(^^;。
現在改装中のお隣は8月3日にオープンするのだそうだ。今日はそのご挨拶。前日にご近所の方へのお披露目会を催されるという。外にはウチのデカイ看板に負けないくらいの大きな看板が上下から挟み込むように設置されていた。

夕食後、オヤジが神田から戻ってくる。運送の荷物が火曜日になるので、送り扱いになった荷物をリュックで背負って持ってきてくれた。早速荷造り仕事。今日は1日ずっと荷造りをしていた気がする・・・。

■2004/07/16 (金) 金曜日は横浜へ

第三金曜日は入札会。

さて、今日はどんな本が出品されるのだろうか。

いよいよ古書ニュースを発行しなければならない期日が近づいた。月曜日のうちに印刷屋さんへ入稿は済ませており、今日は校正が上がってくる日。古書ニュースに同封しなければならない議事録、定款の印刷をどうするか。
今日も朝から強い日差しが照りつける。反町駅前の例の自販機で生茶缶(500ml)を買い、古書会館までの道すがら飲み干した。

コピー機でコピーするか。それなら両面コピー?片面を倍の紙で2枚コピーしてページ折りするか。あれこれと考えていたが、高性能レーザープリンターをつい最近導入されたという理事の方が、「印刷してきます」と言ってくださった。ありがとうございます!
やはり公文書などを印刷するときにはレーザープリンターのほうが仕上がりがきれいだ。もし今後プリンター(もしくはコピー機)の買い替えが実行されるのであれば高性能レーザープリンターがあるといいかもしれない(希望)。

古書ニュースを発行するためには宛先が記された封筒が必要だ。現在名簿管理ソフトを変更する作業中のため、旧ソフトから新ソフトへデータの変換中。大切なデータだけに管理強化。改めて入力するデータもあり、事務の方にお願いする。

ふう。いろいろとやらなければならないことは切れ目がない。来週月曜日に臨時の理事会を開くこととなり、あわてて議題の取りまとめ。結局これは宿題と化す。

さて、今日も時間が来たので帰ろうか、と外を見ると突然の雷&豪雨(^^;。ドジャーっとものすごい勢い。とてもじゃないけど今出て行ったら荷物の本が全滅してしまう。そう思いながらしばらく様子を伺っているとケロリと上がってしまった。シャッターを閉めて外に出るとものすごい湿気。空気がトロっとしてTシャツにへばりついた。

重い荷物を抱えながら反町駅前。西の空は複雑な雲に彩られていた。妙に気持ちが和む。朝も買った100円自販機で生烏龍を買い、飲みながら夏の宵を少し楽しめた。汗はダラダラだったけども(^^;。

店に戻ると仕事が積み上がっていた。オヤジは一人で神田の愛書会展。もちろんまだ帰っていなかった。今回は月曜日が休日で運送が1日遅れるため、受注品の発送も遅れてしまうことが判明。急遽その対策を考える必要が出た。やれやれカレンダーにも嫌われたか(^^;。

すべて前倒しで仕事することとなった(^^;。

■2004/07/15 (木) 1日店

今日は愛書会展の陳列日。

午後は神保町へ、と思っていたところ、オヤジが言った。「オレ一人で行ってくるからいいよ。」へ?(^^;。じゃあ行かないけどいいの?
というわけで1日店に居ることが決まった。今回は場で売る分量をガタっと減らしたそうだ。量を持っていっても仕方なくなってきたのは最近の傾向なのだろうか。

今日も暑い。暑い暑いと言いながら仕事を続けた。朝からラジオをかける。いい音だ(^^)。息子は今日も38度の熱があり、学校を休んだ。娘は3日ぶりに幼稚園へ元気に登園。息子にはとにかく水を飲め、と言っておいた。

午後になり、娘が帰ってきた。もう普段と変わらない。暑かったが無事のようだった。昼もずっと荷造りやオークション出品作業を続行する。思ったほどは進まなかったが、先週よりはましかも。

夕方になって夕立。雷とともに大粒の雨が降ってきた。夏らしい天気だ。18時過ぎに黒いネクタイを締めてお寺まで。ちょうど雨が上がっていたので油断した。帰りにはキレイな夕焼けを見ながら雨に打たれた(^^;。
夏の夕暮れの雨。妙に懐かしい気分になる。

夕食は挽肉の炒め物。レタスに包んで食べる。うまいうまい。息子の熱はいつの間にか下がっていた。よかった。

夕食後はちょっと仕事に切れ目が出来たので、久しぶりに甘露PHOTO日記をアップする。こうしてクラシックレンズを使っていていつも思う事は、カメラの発達とは人間が決めていた部分を機械に任せる事であって、光学技術は結果(写真)を見る限りにおいてはそれほど大きな発達をしていないということ。とにかく昔のレンズだけどよく写る。
露出が自動化される、とか、AFでピントが合う、という発達で今まで撮れなかった写真が撮れるようになったことはあるのだろうけど、事写真の写りに関しては全く関係ないことのようだ。

ラジオのいいところは、TVと違って”ながら”が出来ること。TVは100%時間を取られるが、ラジオは”ながら”が許される。
今日も聞きながら仕事を続ける事が出来た。例のラジオ付きCDは思い切らなければ買えないくらいの値段なのだけど、仕事をしながらの唯一の楽しみになっているラジオをいい音で聞きたいと思っていたので、まあよし、と(^^;。

ちょっと無理してるけど。

■2004/07/14 (水) 今度は・・・

朝は涼しかった。

よく眠れそうだったのだけど、まだ夜が明けきらないうちに外で物音。どうやらお隣の工事をしているようだった。随分朝早くからやっているんですねぇ・・・(^^;。

朝は薄曇で気温もあまり上がらず。こりゃすごしやすいな。
実は今水曜日が一番気持ちが落ち着ける。”明日も1日ある”という意識が強いからだろうか。朝飯を食べる前から荷造り仕事に精を出す。いつもお買い上げありがとうございます。

朝飯を食べてからも仕事。溜まっている本の入力作業。今日から娘は元気に幼稚園へ。昨日も大事をとって休ませたが、昼過ぎから元気全開になり、「あついあつい」と言いながらパンツ一丁で走り回っていた・・・(^^;。これこれ、女の子がそんなはしたない。まあ、元気な姿を見て安心できた。良かった。

店を開けてすぐ、運送屋さんが愛書会展の荷物を回収に来てくれた。いつも店の前にある自販機の飲み物をサービスするんだけど、今日のリクエストは「じゃあC.C.レモンでお願いします」う。おいしそうだなぁ。

息子が学校から帰ってきた。すぐに女房が降りてきた。今度は息子に熱があった・・・。測ると38度以上あるらしい。「あとで医者に連れていくよ」と女房。やれやれ、あっちが治ったと思ったら今度はこっちか。で、次はワタシなの・・・?倒れるヒマなんかないんだけど。

医者から帰ってくるとやっぱり夏風邪らしかった。のどが腫れているそうだ。「アタシものどが痛いんだけど」と女房。勘弁してよー(^^;。

お茶の時間のあと、近所の床屋へ。約2ヶ月ぶりの散髪。襟足が伸びてきて首がこそばゆくなり始めるのが”行ってこい”の合図。平日ですぐにやってもらえると思いきや、4人も並んでいた。意外。
棚にあったマンガに目が止まり、待っている間「ストップ!ひばりくん」を読む。言わずと知れた江口寿史の傑作マンガ。というか、ちょうどワタシが中学生か高校生の頃にジャンプに休み休み掲載されていたっけか。あの頃も思ったけど、結構エッチだよなぁ。そう、エロじゃなくてエッチってニュアンス。懐かしく読みふけった。

夕食は冷うどんの天ぷら添え。夏はこういう献立が涼しくていい。付け合せの冷奴が冷たくてうまい。

夕食後はラジオをつけて仕事。音がいいので仕事するのが楽しくなった気がする。「秋桜」が流れてくる。

■2004/07/13 (火) キャンペーン

朝からいい天気。

娘の熱も下がってきたようだ。ただ、昨日からほとんど何も食べていないので体力が心配だった。ただでさえ暑い。病み上がりで体力が落ちているとしたら無理して登園させてまた倒れられても困る。今日一杯様子を見ることにした。

久しぶりに仕事が出来る、と朝から張り切って本に向かう。時折ご入金を知らせるメールが届き、合間合間に荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

たびたび荷造り仕事が入り、娘が幼稚園に行かないことと決まったので、親父たちが留守の今日は店番をする人がいない。やむを得ず臨時休業とした。まあ総本山が梅雨明けを宣言した今日はご来店されるお客様もいらっしゃるまい。外のシャッターに臨時休業の張り紙。

仕事は順調。夕方になってから県の社会環境健全化推進街頭キャンペーンに古書組合として参加しに出かけた。現場は溝ノ口駅前ペデストリアンデッキ上。要は駅前広場の歩道橋の上だ。
16:50の集合時間に到着すると、近くの高校からブラスバンド部が出張してくれている。黄色い幟もたくさん立って、腕章やたすきを掛けた今日のキャンペーンに参加される方々はかなりたくさんいらっしゃっていた。立派な規模だと思った。

17時を知らせる時報が鳴り、キャンペーン開始。ご挨拶のあと、ブラスバンドの演奏をバックにワタシは手渡されたチラシ(ウェットティシュ付き)を配る。関心が高いのか、ウエットティッシュが効いたのか、割り当てられた20組ほどのチラシはあっという間に配りきってしまった。あとはブラスバンドの演奏会をひたすら聞かせてもらった。うーん。いいねぇ。若いって・・・(^^;。予定の曲が終わった後、思いがけず会場からアンコールがかかり、急遽最初に演奏した曲を再演する場面もあり、大盛り上がりのなかキャンペーンはつつがなく終了した。お疲れ様でした。仕事のつもりが結局は楽しませて頂きました(^^;。いいなぁ、ブラスバンドは。

せっかく来たから、と近所の百貨店に入っているお店でお買い物。しばらく前からほしくて機会をうかがっていた”WAVE RADIO CD”を購入する。

帰ってきてから一通り仕事。夕食を食べた後は愛書会展の荷物を明日の搬出に備えて作業場から店におろす。
仕事を全て終わらせてからさっき買ってきたウェーブ・ラジオを開梱・設置。早速CDを走らせる。高音もそうなんだけど、低音の出方がいい。

■2004/07/12 (月) 月曜日は横浜へ

朝、幾分湿度は低めか。

今日はもう月曜日。今週はなんだかよくわからないうちに時間がどんどん経過していくような気がする。仕事は何を出来たか、と言われれば、何も出来ていないとアタマに浮かびそう。二兎を追うものは一兎を得ず。ワタシは今何を追っかければいいのか。

娘は熱を出して幼稚園を休んだ。入園以来皆勤を続けていたが、記録もここまで。まあもともと2年間皆勤なんて無理なんだから、妙なプレッシャーが生じる前に駄目になってちょっとほっとする。小児科へ連れて行く予定。

10時には横浜へ。駅前にある100円自販機で500ml入りの生茶缶を買う。歩きながら飲み干した。
今日は支部長会議の日。市場で入札を終えてから、会議でお配りするレジュメの確認、今日ご報告する事柄の確認。資料を揃えているうちにまとまりがなくなってくるような気がしたが、気のせいか(^^;。会議があるため早めに近所のそば屋さんに出前を頼んだ。

会議は13時から。結局時間前に出前は来なかった。混んでいたのだろうか。すきっ腹を抱えながら支部長会議は始まった。会議途中、出前到着。もちろん会議を中断して食べるわけにはいかない(^^;。
会議終了は14時少し前。すぐに冷めかけたカツ丼を頬張った。

仕事を終えて戸締りしてから古書会館を出る。再び反町駅前の100円自販機。虫歯になるから、と自らに課した禁を破って缶コーヒーを買ってしまう。グイっと飲む。うまいなぁ。そんな禁を破った後ろめたさがどーでもよく思えてくる。いやいや、ここが分かれ目だ。今度ここで買うときにはウーロン茶にしなければ。ポツポツとお湿り程度の雨が降る中、反町駅に滑り込む。

店に戻ってから夕食。娘の熱は下がらず。

■2004/07/11 (日) 明治古典会七夕大市会

東京古書会館では金曜日から七夕大市会が開催中。

今日はいよいよ入札日。ワタシはお手伝いに出る事になっていた。集合時間は9時。選挙との兼ね合いで6時半に起きた。7時半には家を出て投票所である小学校の体育館へ。快晴ですでにかなり暑い。投票を済ませてから東横線に乗った。休日の朝でガラガラの車内。到着は思いのほか早く8:40。

集合時間になり出席を取られ、今日1日の簡単な作業の流れの説明を受ける。その後40分ほどお茶を飲みながら第一回開札時間を待つ。
開札時間となり、作業開始。12時まで作業作業。ワタシは開札された荷物を設定された会場内に荷主別に振り分ける作業。よく歩いた(^^;。
昼飯のあと少し長い昼休みを経て午後の作業開始。途中お茶休憩も挟みながら作業はたっぷり18:30まで。いい運動になりました。

今日買った品物を早速回収して店に戻る。夕食はコンビニ弁当。その後はやっぱり仕事仕事なのであった。

■2004/07/10 (土) 横浜散歩

娘が出演した演目が終わったのでさっさと客席を立つ。

衣装のままで皆さんひとしきり記念写真大会。ワタシもデジカメとT3でとっかえひっかえ。着替えさせて会場を出た。

「おなかすいた」と娘。そりゃそうだろう。駅前で何か食べていこうか。と見渡してみるがバーガー屋くらいしかなかった。Mに入って並んで(!)単品バーガーを買って食べる。値段と味のバランスが悪かった。ナゲットはうまかったが。

MM線で馬車道駅下車。この間の横浜散歩の続きだ。合同庁舎の横を通って万国橋。赤レンガ倉庫のそばを通り過ぎ、税関(クィーン)の前からのプロムナードを歩く。大桟橋までお散歩。
大桟橋が新しくなってからは初めて来た。山下公園から遠目に見るとなんだかモコモコとぶっとい桟橋になっていたが、果たしてそのままだった。船底かクジラのお腹をイメージさせる形。流線型にラインが繋がり、歩くところといわず、至るところが板張りの打ちっぱなしになっている。随分贅沢な作り方。クジラのお腹を登りきると広いデッキのようになっていて、ホールやレストラン・カフェもある。さっきから雲が広がってきており、空は曇空。海風が結構強く、汗が出ない。快適だ。子供たちはデッキの芝生が張られたところで走り回って遊んでいる。ワタシは女房とベンチに座ってあれこれと世間話。空の雲はどんどん流れて表情を刻々と変えた。気がつくたびにシャッターを切った。時計を見るとこの場所で1時間たたずんでいた。眺めは最高。とても気持ちのいい場所だった。

来た道を引き返し、クィーンズモール。UでTシャツとGパンを買う。すそ上げの時間が1時間ほどかかると言われたので、正面にあった食堂で夕食を済ませた。

日の入りは19時だからまだ間がある。そのまま横浜駅まで歩いてしまおうという話になった。がらんとしたMM地区。道だけが荒野を縦横に仕切っている。柵の向こう側は夏草だけが高さを増している。誰もいない先にポツンと建築物。MM線の駅だった(^^;。こんな場所に出入り口を開けておいたってどーしよーもないだろーに・・・。こんないーかげんな事をヘーゼンと放置しているなんて、ひょっとしてMM線は大赤字経営なのでは(^^;?。

横浜駅まで徒歩は電車賃を浮かす意味もあった。歩いていると同じ事を考えていると思われる人が結構多い。土曜日だからか、横浜駅も心もちすいていた。

店に戻ってからは仕事仕事。

■2004/07/10 (土) 発表会

今日は娘が通っている楽器教室の発表会が予定されていた。

朝起きて意外に涼しい。温度計を見た。室温は34度でいつもの暑いときと同じだったが、湿度が落ちていた。65%。たったこれだけの事で体感温度は全然違うのか・・・。
まあ、”たったこれだけ”とは言葉のあやだが、多分湿度は快適さを測る重要な要素になるのだろう。

10時半頃にビデオとデジカメにT3を持って皆で出発。会場は東急多摩川線沿線の某光学メーカーの総本山がある駅。よく新丸子と間違われることでも有名だ。
そういえば目蒲線が多摩川線になってからは初めてか。4両編成が3両に変更され、ワンマン運転となってホームには事故防止の柵とセンサーが設置されている。べつにワンマン運転じゃなくてもホームの柵は事故防止という意味で必須だと思うのだけども。東横線にはどうして設置しないんだろうか・・・。

駅を降りてすぐの会場に入るとすでに出演を待つ家族たちで賑わっていた。まあいわゆる学芸会の番外編といえばわかりやすいか。某大手楽器メーカーが普及のためにコンテストという形でユーザーを鼓舞するひとつの企画。

幕が上がって司会者の紹介で次々に演奏者が壇上に上がり、あらかじめ設置された楽器に座って演奏する。エレクトーンの発表会だ。本格的なエレクトーンのアンサンブルは初めて聴いた。鍵盤の電子楽器だが、設定を変えることであらゆる楽器の音が出る。両手だけでなく、両足も駆使する。左足で足元にある鍵盤を押してベース音を奏でるのが一般的だ。ドラムの音は事前にプログラムされたものらしい。
2人、もしくは3、4人の編成なのに実に多彩な音が出てくる。ただ、電子楽器である性質上、演奏の上での差異・優劣を出しにくいのか、演奏される曲は一様にアップテンポなジャズ・フュージョンアレンジの曲ばかりで、譜面をみれば音符で真っ黒になるであろう旋律を、ものすごいスピードで鍵盤を叩いてこなしていく傾向が顕著だった。
その中で、たった2人でラヴェルのスペイン狂詩曲(祭り)をオーケストラ的アレンジで演奏しきったグループがあり、その表現力には驚いた。事前のプログラム、実際のパフォーマンス、そしてたった2人での演奏。これだけはいいと思った。

娘の出番。衣装に指定された浴衣を着て踊って歌う。演奏ではなくて歌と踊り。大きな声で歌っていた。客席まで声がちゃんと聞こえた(マイクか・・・)。

■2004/07/09 (金) 金曜日は横浜へ

朝から灼熱(^^;。

出かける前にシャワーを浴びたが、出て身体を拭いているうちにまた汗が・・・(^^;。いったい何のために状態。
新丸子駅のホームに駆け上がるとダイヤが乱れていた。駅の少し先で急行電車が立ち往生。汗かき損。まあこの暑さじゃ時計も狂うわな。遅れてもガラガラなのは下り電車の特権。今日も電車内で岡本太郎をしぶとく読む。この人の文章も温度が高い(^^;。座っている人は一様に居眠りしている。昨夜眠れなかったんだろうなぁ。

今日は第二金曜日。恒例の振り市会。買い上げ品に限りつぶし代無料ということが功を奏したか、金曜日の市場は最近買い手も多く、また出品量もじわじわと増えて賑わっている。
ワタシ向きの本が出品される。ハナ声から倍近くまで競ったものの、断念(^^;。うーん、ちょっとそれ以上だと商売になりません。
とにかく後で不要のものは処分できるということで皆さん買いに積極的。市場全体の雰囲気がいいのでボーになる品物がほとんど出なくなった。ありがとうございます(^^)。

ワタシは組合事務仕事が入ったので事務所へ上がってしまったが、あとで事業部長にお聞きしたところ、あのままのいいペースで品物が捌けて、つぶしの量もそれほど増えていないとか。出せば売れる横浜の金曜日。これからもよろしくお願いします。

事務所に上がって何をしていたか。クーラーに当たって涼んでいたわけではない(^^;。名簿データベースの整理と月曜日の支部長会議の資料作り、ホームページの保守作業とあれこれじっくり仕事をした。気がつけばいつもの時間(^^;。仕事には切れ目がない。
外は夕闇。駅に向かって歩いていくと風はずいぶんと涼しくなっていた。

店に戻ってまずは夕食。今日は寿司ネタヌキの手巻き寿司。ウィンナーと玉子焼、ウナギに納豆。海苔やレタスで酢飯を巻いて食べる。息子は「納豆巻がうまいね」と渋好み。娘は予想通りウィンナー狙い。冷蔵庫にちょびっと残っていたワインを出すとあっという間に飲み干してしまった。ぶどうジュースと間違えてないか<自分(^^;。

夕食後は積み上がった仕事に当たる。

■2004/07/08 (木) 神保町へ

朝は寝苦しくて起きる(^^;。寝ちゃいらんないかんじ。

昨夜も熱帯夜。すでに朝から暑い。梅雨明け10日とはよく言ったもので、総本山が梅雨明けを宣言しなくても台風が通過してからとっくに梅雨明けだから、7月10日までは天気がいいはず。そう。もう夏ですよ。

今日は午後から神保町へ行く用事有。それまでに出来る発送作業を一生懸命。昼飯を食べに上に上がると真夏の温室のような状況に。こう暑いとクーラーをかけても全然効かない。こんなに暑い夏も今までない。気温は35度とか。たまらんなぁ。

女房に扇風機を買ってくるよと言い残して東横線に乗る。途中百貨店で買い物をする。この暑いのに人は出ているなぁ。すぐにメトロに乗って神保町駅。白山通りを歩いてかつてワタシが働いていた本屋さんへ時節のご挨拶。お元気そうでなによりです。

そのあと靖国通りを歩く。もうすぐ古本長屋の一角は記憶の中の存在になるらしい。古書会館へ到着すると明日から開催の明治古典会七夕大市会の準備の真っ最中だった。お邪魔を感じながらも先週オヤジが買った荷物の清算。経営員の皆さんは滞りなくお仕事をこなしている様子。何よりです(^^)。日曜日の入札日にはワタシもお手伝いに呼ばれている。光栄です。

帰り道、渋谷の量販店で扇風機を物色。家電コーナーを逍遥すると、あ、見つけた。そんなに種類は置いていなかったが激安品を発見。なんと1170円(!)。ちゃんとした扇風機がこの値段とは信じられない。早速清算を済ませて店を出る。
東横線渋谷駅ホームへの階段(別名ナイアガラ)は上から熱気がどうどうと音を立てて流れてくる(^^;。いや、人が降りてくるだけなんだけどね・・・。皆さん一様に”あついー”という表情で歩いているのでそんな風に感じるのだろうな。確かに暑い。”暑い”と言ったって涼しくなってくれるわけじゃなし、言うだけ損なんだけど言わずにゃおれない暑さだ。

ウチに戻って早速扇風機の組み立て。出来上がってスイッチオン。ひゃあー涼しいなぁ。やっぱりクーラーだけだと今年の夏は乗り切れないよ。子供たちが扇風機の風が来るか来ないかでケンカしている様子を見てそう思った。
夕食はそばに天ぷら添え。ちょいとしょっぱいそばつゆも今日流した汗を補給するにはちょうどいいのかも。

夕食後もラジオを聴きながら仕事を頑張る。

■2004/07/07 (水) 今日も1日店

昨日も暑かったが、今日も暑い(^^;。

7月のはじめでこれじゃあ8月が思いやられる。こんな状態が9月終りまで続くのかと思うとゾッと・・・いや、ムッとするよね(^^;。
ウチの店はビルの谷間にある関係で風が通りにくく、外で結構風が吹いていても意外と入ってこないため、熱気が室内に残りやすい。建てるとき間取りをそんな風に考えていなかったためかもしれないし、エアコンがあるからあまり気にしていなかったのかもしれない。こういうところは後になって後悔することだけど、いまさら何を言っても、の世界。

朝飯を食べてから仕事を始める。すでに暑いので扇風機は全開だ。昨年の夏の終りにとうとう壊れたボロの扇風機に替わって買ったものだから快調に回る。これがたったの○千円だと思うと安い。

発送荷物を一通り発送にまわしてから本の入力開始。今日は作業場に積みあがっている本の一角を崩すべく動いた。ここがもう少し広く使えると作業はもっとやりやすくなる。そう思えれば暑くてもペースは下がらない。と行きたいところだが・・・。

夕方。今日は女房が町会の盆踊りの練習に行くというので早めの夕食を食べる。もうそういう季節ですな。今日は七夕だし。

日付が変わるころ、屋上から夜空を眺めた。快晴の空に星がうれしそうに瞬いていた。

■2004/07/06 (火) 1日店

朝からものすごく暑い。

週間天気予報から向こう1週間雨マークが消えたらしい。梅雨明けか?半月季節がずれているとすればもう夏が来ていると考えるのが順当だが。
気象庁の予報もこと梅雨に関しては全くあてにならないから、やっぱり当てにしないほうがいいのだろうな。もはや”夏”だと。梅雨明け宣言!

今日は事業ゴミの日。オヤジが先週の明古で買ってきた口から出てきた廃棄本を大量に出す。処分代としては非常に高くつくのだけど、玄関先に出しておけば持って行ってくれるという便利さに負けている(^^;。ほんの4、5本で800円の処分代とはいい商売だ・・・。

うーん、暑いなぁ。と朝飯を食べながら汗ダラダラ。できるだけ昼間は光熱費を抑えようと蛍光灯も消す。実は結構な発熱量で室温上昇に一役買っている。目が悪くならない程度に。

一通り荷造り作業が終り、郵便局に差出しに行く。暑い・・・。かなり蒸し暑いんだな。湿度をものすごく感じる。店を開けてからはずっと室内で仕事を続ける。女房はクーラーのある場所だからいいけど、ワタシは扇風機で頑張った。まあでも考えようによっては扇風機のほうが涼しいかもしれないな。

ウチの仕事も半分に組合のホームページの仕事をしばらく続ける。来週の支部長会議に間に合わせなければならない仕事。とはいえやっつけの感は強い(^^;。とりあえず眼に見える形で提出して、あとはそれに対する批評をお聞きして修正していきたい。最初から完成度を高くしてしまうとそれはそれで具合が悪い。

17時に女房と店番を交代し、店番をしながら仕事をもうひと頑張り。6月は前月比かなり売り上げが落ちてしまった。そりゃ店の仕事を減らしているんだからしょうがないんだけど、家族の生活がかかっているからなぁ・・・。休むわけには行かない。

夕食はカレー。夏にはカレーが良く合うね。
夕食後も仕事仕事。

■2004/07/05 (月) 月曜日は横浜へ

昨日は亀山湖の1日だったため、朝起きるのが少しつらい(^^;。

日曜の朝とは打って変わって寝苦しい夜だった。発送荷物の確認をしてから東横線に乗る。
そろそろ組合報を発行しなければならない時期にさしかかった。広報理事の方が原稿を集めてくださっており、順調にいけば夏休み前の今月終りには出せるはずとなってきた。理事を引継ぎ後最初の号だからお伝えしなければならないことが山ほど出来ている。何をどのようにして、というところを詳細に決めなければならず、実はかなり大変な作業。

市場は大量+良質の出品物で賑わっていた。会場から品物があふれんばかり(^^)。開札が始まっても入札される方は直前までいろいろと検討されていた。そのおかげもあってか、かなり高値をつけた品物が出た模様・・・(!)。やはり品物がよろしいとそれに相場はしっかりと応えるのですな。ワタシも入札させていただいたものの、落札できないものばかりで市場の盛り上がりを実感。これは出来高の集計が楽しみです。

昼飯の後、来週に迫った支部長会でのご報告箇所を確認し、来週に備える。その後はあれこれと事務作業。今日の市会の出来高を事業部長さんからご報告を受ける。なんと先週の倍近い金額になっていた・・・(!)。すばらしい。

帰りの電車に乗ったのは18:30頃。店に到着は19:00。今日は女房が誕生日なので、近所のケーキ屋さんで丸いのではなくてお徳セット(ノーチョイスで4つのケーキがセット販売されているもの)を購入する。子供たちもお待ちかねだった(^^;。
「おとーさん、ケーキかってきてくれた?きょうはおかーさんのたんじょうびなんだからねっ」と娘。誕生日の話よりケーキが先に来ているってことは、誕生日ってのはケーキを食べるための口実でしかないのかな(^^;。

4人でケーキを4つ。それぞれ違うタイプだがドレがいいかでケンカもなく、すんなり食べるケーキが決まる。でも、ケーキは一口づつ食べっこするのがウチの流儀。まあ行儀の悪いのは承知の上だけど、おいしさを共有できる感覚が子供たちにはあるらしくて定着している。でも他所ではやらないでよネ(^^;。

夕食後も仕事仕事。

■2004/07/04 (日) 亀山湖

朝2時起き。月に一度の亀山詣出。

3時にクルマで出発。南の空に満月。工場地帯の灯りと満月。なかなかいい。アクアラインの海底トンネルを抜けて地上橋に出ると月明かりが凪いだ東京湾に反射して幻想的な光景に。ハッとさせられた。今日はちょっと時間があったのでアクア連絡線を利用せず金田で降りて一般道。千葉県内は田んぼが多い。里山風景にも満月。どんな風景にも月は表情を変えながら付き添っていた。気分がホッとする。4時をすぎたころには久留里を疾走中。白々と夜が明けてきた。
4時半には亀山湖到着。クルマのドアを開けると冷気が・・・(^^;。正直寒かった。Tシャツ1枚ではとてもきつい。今日はトーナメント開催日なので続々と後続のクルマが到着し、あっというまに駐車場は一杯に。湖面を見に行くと1.5m減。案の定水面には湯気が立っている。相当寒いのだろう。

出船。すぐに桟橋正面のワンドへ。今日もスプーンを投げ出す。5月よりは反応が良くないが、6月よりはいい。5:09に25cmのバスがかかった。
トーナメントは5:30出船。出発の瞬間は初めて見た。結構殺気立った雰囲気になるんだなぁ。出発の合図とともに一斉にエレキのモーターが唸った。ばーっとクモの子を散らすがごとく各船13時の計量時間までどれだけ重いバスを釣ってくるのかを競う。

その後5:30に20cmのギル、5:55に32cm、6:00に27cmが連続で釣れる。場所を変えて笹川合流点横で27cmが釣れた後は沈黙。だんだん太陽が角度高くなるに連れてルアーへの反応が悪くなる。11:55に桟橋の下から34cmを引っ張り出す。コン、コンっという明確なアタリ。すばやく巻いてから合わせるとのった。本日最大魚を釣り上げてあとは流す(^^;。ギルや25cmくらいのバスが釣れたがそのまま逃がす。スプーンのいいところはワームと違って釣りが早いからバスにフックを飲み込まれるという事態に至らないこと。魚にやさしい釣り(?)だ。

13時に昼飯を食べて日陰にボートを係留する。涼しい風にあたりながら1時間昼寝をして帰ることにした。すでに腕はひやけで真っ赤だ(^^;。
普段よりも帰りが早いため道中は渋滞。特にアクアラインに乗る直前の道が敷地が広いクセに1車線しかなくて詰まっていた。

店に戻ったのは16:30。女房たちと近所まで夕飯を食べに出る。
帰ってからは仕事仕事。

■2004/07/03 (土) 保育参観

今日は娘が通う幼稚園の保育参観日。

普段どおりの時間までに登園。教室に入るとすでに結構な人の数。お父さんは勿論、おじいちゃんやおばあちゃんもいらっしゃっている方もちらほら。皆さんの関心高し。

特に写真やビデオの制限が無いため、皆さん必ずといっていいほどデジカメ、DVを持参していらっしゃる。本日最高の機材は某カメラメーカー製一眼レフ型デジタルカメラ(フラッグシップ機)にF2.8ズームを装着されていた方。勿論ワタシじゃないですよ(^^;。あれだと首から80万円って感じですか・・・(^^;。

教室に入ると園児は先生とのご挨拶から。大きな声で挨拶する子もいればはにかみ屋さんの子も居る。決して男の子だから大きな声というわけでもないし、女の子だからはにかみ屋さんというわけでもない。個性だなぁと思ったり。

先生と挨拶が終わるとスモックを着て自分の席に着く。さすがに今日は父兄がいらっしゃっているからか、興奮した雰囲気が教室に充満。勿論カメラを持った皆さんは興奮気味にレンズを園児に向けている。折りしも七夕の飾りつけがあり、園児それぞれが願い事を書き込んでいた。ちらっと見ただけだが、「ぷりきゅあになりたい」「かけっこがはやくなりますように」など散見。
お歌のあとは今日の課題。自分の顔を紙に書くのと平行して、先生が作ってきたおっきな魚に園児の手形でウロコを押すというもの。全員いっぺんには無理なので、4人ずつ順番に。とはいえ結構な人数がいるからどんどん押していってもなかなか進まない。その間にクレヨンで紙に顔を書く作業をしている園児たちも、それぞれ個人差があって、見ていると興味深い。パッと書き終えてしまう子も居れば、周りの様子を伺いながらなかなか書き出さない子もいる。書き終わってじっとしている子も居れば父兄の向けるカメラにニッコリの子もいたりして・・・(^^;。まあ、小学校じゃないんだからこんな感じでいいんだろうな。
園児全員が手形を押し終わってちょうど保育参観の時間終了。先生のご挨拶を合図に最強の(?)カメラマン部隊は退却となった。

店に戻る道すがら、女房といろいろしゃべる。そういえば来年は娘も小学生か。こうして幼稚園までの通い道を歩く事も無くなるんだなぁ。

店に一度戻ってから神田の市場へクルマを走らせる。昨日オヤジが買った品物がたっぷりカーゴ1台分あった・・・(^^;。

■2004/07/02 (金) 金曜日は横浜へ

昨日から正式に組合ご加入の方々が次々に古書会館にいらっしゃったので、11時の開札前に一通り市場での入札方法をご説明申し上げる。

開札時間の前に市会会場で新入会員の方をご紹介。どうかよろしくお願いします。

今日からいろいろと変化有。考えの至らない点等多々あり。形と気持ちのバランスが悪い。いろいろと反省することあり。

今日は夕食時に間に合い、家族と食べる事ができた。夕食後は荷造り仕事など。いつもお買い上げありがとうございます。

明日はオヤジが東京で入札して買った品物を引き取りにいく用事あり。

■2004/07/01 (木) 半期も終り

昨日でいつの間にか今年も半分終わっていた・・・(^^;。

早かったなぁ。特に春が来てからは早かった。時間が加速しているような感じがマジでした。桜は3月が花期になってしまったし、もうセミが鳴いているらしい。季節が半月くらいずれたのか。それとも夏が伸びたのか。温暖化ってこういうことなの?変にわかりやすいから違うような気もするんだけれども。
昨日は雷だったけど、ワタシが小さい頃はあの雷が鳴って雨が上がって梅雨があけたものだった。ちょうど半月季節がずれているとしたらもう夏ってことになるのだけど、南海上にある台風へ吹き込む北東風で今日は涼しかった。

月曜日に組合から持ち帰った宿題を二日かけてやっつける。5月に開かれた総会の議事録だ。何を今頃、と言われようが、なんせ全体で8時間もかかった総会の内容はテープに起こすだけでも大変な作業だ。理事ってのは本当にいろいろと仕事がある(^^;。
今日中に終わらせてしまおうと思い、昼前から打ち込み始める。午後のお茶を飲み終わった頃に打ち込みは終了。それから店の仕事に取り掛かる。まあ仕事半分になってしまったが仕方なし。今月中に神奈川古書ニュースを出さなければならないのだから。

子供たちは川崎市制記念日で二人そろってお休み。小学校はわかるとして幼稚園は私立だから関係ないんじゃないの(^^;?そもそも記念日を休みにするという趣旨がワタシにはいまひとつ理解できない。

夕食はおそば。夜になってちょっと涼しい感じは昔の夏の夜のようだ。「これが何のタレだか当ててみてよ」と女房。一見ゴマだれ風の色と香り。そばをつけてツるると食べると、あ。わかった!くるみでしょ。「あったりー!(^^)子供たちがくるみを擂ってくれたんだよ」とか。なるほどおいしいね。

うーん、夏の夜がこれくらいの気持ちよさなら長く続いてくれてもいいんだけどなぁ。

2004年6月 < > 2004年08月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター