Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2004年05月

■甘露日記 2004年05月

■2004/05/31 (月) 月曜日は横浜へ

朝起きて快晴。風が強い。

今日も元気に反町へ。少しずつだけど自分のペースを確保していきたい。そう願いながら行きの東横線に揺られる。

10時前に到着し、タイムレコーダーをがちゃん。早速書類仕事。これが結構大変なのです(^^;。もちろん引継ぎで頂いた仕事はまだ終わらない状況。ひとつづつつぶしていかないといけないことはわかっていながら、別の仕事が後から湧いてきてなかなか前に進まない。
そうこうしているうちに交換会は開札時間。あわてて2階の会場を逍遥し、入札を済ませる。いくつかいい品物が出ていたから、覗いておいてよかった(^^)。

3階であれこれと打ち合わせをしているうちに13時を軽く過ぎる。時間の経つのが早い。たしか今日は14時から水道管工事の業者さんとの打ち合わせがあったはず。お店での食事をあきらめ、近くのコンビニでおにぎりとサンドイッチを買って3階事務所で食べる。ふむ、こういう昼食もいいかもな。交換会での落札品が結構出てしまい、オヤジに電話をかけて引き取りに来てもらうよう依頼。

14時近くなり、なんとか時間に間に合った、と思っていると業者さんがいらっしゃらない。旧専務理事のNさんもいらっしゃった。あれれ?どうしたんだっけ?と思ったが、これ幸と仕事をいくつかこなす。もしや15時の間違いでは?と気がついたのは15時少し前(^^;。きっちりその頃にご到着。

16時前くらいから経営員の方々と顔合わせ会。組合の根幹事業である交換会業務について、新人理事が経営員の方々にいろいろと教わった。実際には現場を随分離れていて、理事側に至らない点が多々出るのではないか、というのが心配な点。

話し合いが終わってから東神奈川駅前のお店で懇親会が始まった。ワタシとNさんは経営員の方々が座っている席に着く。あれこれとお話しているうちにお酒の力を借りながらも場は徐々に盛り上がる。
21時過ぎにいったんお開きとなったものの、酔いつぶれてしまった方が出たりして、テンションの高い懇親会となった(^^;。
その後も駅前のドーナツ屋さんで経営員の方々と二次会。店に帰着は0時。

それから仕事をしていたら2:30となっていた(^^;。おやすみなさい。

■2004/05/30 (日) 等々力渓谷2

谷沢川は10m以上下を平たく流れていたが、歩いているうちに少しずつ深さが増し、足元近くの高さまで上がってきた。

立ち並んでいた住宅が切れ、川の両側が緑一色になった頃、右手に等々力不動と不動滝が見えてきた。この滝では修行者が滝当たりの修行をするらしいが、いかんせん水量がチョロチョロと落ちる程度。地名にもなった”等々力”はこの滝の轟くような音から名づけられたそうなのだが、今はその面影しか確認できなかった。それでも常時清水が湧いて落ちてくるというのは自然が残されている証拠だ。急な階段を登って不動尊本堂にお参り。再び渓谷の矢沢川を遡る。

結構人が歩いている。涼を求めて、という事だろうか。川は深さを増し、親水公園風に仕立てられた遊歩道のすぐ脇を軽快に流れる。時折鴨の姿も見える。ここに住み着いているらしい。あたりは公園として緑が保存されているため、緑のドーム屋根に囲われて太陽は木漏れ日程度しか差してこない。少し薄暗いので外界よりも温度は2度くらい低いのではないだろうか。

遊歩道の終点、ゴルフ橋が見えてきた。以前来たのはかれこれ10年ほど前。この時は狭い螺旋階段で登った覚えがあったが、人が増えたためかちゃんと広い階段に作り直されていた。

暑い外界に戻る。よく歩いたなぁ。お疲れ様。駅までは2分ほどの距離。コンビニでアイスを買って食べる。カキ氷タイプって汗が引くねぇ(^^)。
等々力駅から大井町線に乗る。この駅は駅舎が線路にはさまれるように建っていて、踏み切りを渡らないと改札口に入れないようになっている。かなり旧式の駅舎だ。こういう駅は少なくなったなぁ、と写真に撮っていると、地下化工事が進められているらしい。やっぱり消えるのか・・・。

17時から小杉駅そばのホテルでバイキングの夕べ。よく歩いたけど昼はしっかり食べたし、さっきアイスを食べたからちゃんと食べられるかしらん?
食べ始めてしまえばしっかりと全種類制覇(^^;。よく食べるよなぁ。ただ、最後にはおなかが苦しくて、お冷が一番おいしく感じられるという状況に(^^;。

食後は散歩がてら近所の大型スーパーへ。今年の夏は女房もプールに入る決心を固めた様子。タンキニの青い水着を買った。プールに入るのは高校生のとき以来というから、彼女にとってはかなりの決心だったのでは・・・?

今年の夏はプールに行きまくりますか(^^)。

■2004/05/30 (日) 等々力渓谷

朝起きて快晴。天気予報はずれ(^^)!

あまり急がずにゆっくり朝飯を食べた後、散歩装備で出かけた。今日の行き先は等々力渓谷。なんと都内でも珍しい渓谷がウチから歩いていける距離にある。

丸子橋を渡る。日曜日の河川敷を橋の上から見下ろすと、グラウンドではアメフト、フットサル、ラクロスの練習をする人たちが見える。駐車場は満杯。その向こう側と河原ではバーベキュー隊が今日も大挙繰り出し、肉を焼いている。テントやフライシートを張っているグループもあるので、まるでのろしのようにも見えたりする(^^;。多摩川はちょうど引き潮で水位が低く、ウェーダーを穿いて川に立ちこんで竿を振っている人が二人ほど。・・・このコンディションでは釣れるわけないけどね・・・(^^;。竿を振りやすい位置でいくらやっても魚が居なきゃ何にもならん。橋の真下あたりに鯉が大挙として群れていた。上からは何でも見える。
東横線がたびたび通過していった。

11時半を過ぎると猛暑の様相。多摩川に寄り添って流れる丸子川が住宅地の中へ入っていくあたりで多摩川の河川敷に出る。元巨人軍の多摩川グラウンドでは地元リトルリーグの試合が行われていた。軟式じゃないからスピード感がある。中学生ともなれば内野ゴロを処理する動作も手馴れたものだ。一見簡単そうに見えるあのプレーには何百倍もの”練習”という裏書がある。試合は晴れ舞台だが、それは彼らの野球のごく一部に過ぎないということ。ウチにも一人野球少年が居たが、高校では腰を痛めて歩けなくなるまで朝から晩まで練習をしていた。それでも甲子園の県大会予選であっけなく負けるんだから野球というのは厳しいスポーツだ。

途中、レストランで昼食を摂る。地元にも人気らしく、予約を入れたお客がどんどんわれわれを抜かして案内される。20分ほど待ってやっと料理にありつく。河原に面した一見何にもない場所だけど、これだけ人を集めるんだからすごい。焼きたてパンのお代わり自由の店。サンフラワーのパンがうまかった。

暑い(^^;。まるで真夏の炎天下を渓谷目指して歩く。武蔵工大を目印に右に折れ、さっき別れた丸子川にぶつかる。この川が等々力渓谷を流れる谷沢川と交わる場所が、等々力渓谷の入り口だ。1日で一番暑い時間に散歩してしまった(^^;。

谷沢川は護岸工事が施され、まるで都会の川になっている。このあたりは世田谷高級住宅街。

■2004/05/29 (土) 仕入れあり 2

店に戻って品物を下ろす。女房は子供を連れて息子の運動会へ出かけていた。

12時を過ぎたので一人お弁当のおかずの残りのから揚げとおにぎりを食べた。食べ終わると眠くなった。そういえば今日は早起きをしたんだっけか・・・。

午後は郵便振替での前金分の荷造り。いつもお買い上げありがとうございます。終わったらすぐにオークション出品作業を開始する。ヘンなものを出品してみた(^^;。売れてくれるかしらん?

14時過ぎに女房と娘が帰ってきた。日に焼けて顔が赤い。この日差しじゃそりゃそうだよなぁ。紫外線は死の光線らしいから本当はできるだけ浴びない方がいいらしいよ。気をつけてね。
お茶の時間に女房がさっきの運動会で撮って来たVTRを見た。今年の運動会はビデオ観戦となった。
徒競走では全力で走っていないように見えたウチの息子(^^;。んー、まあ身体が大きくなってきたからそんな風に見えるのかな・・・。今は男女混ぜて走らせるのが指導らしい。

そのあと、今日最大の競技イベントとして5、6年生で騎馬戦があったらしい。われわれが小学生の頃にもやった覚えがある。その頃は男子だけが参加していたのだけど、今や女子も立派に3人で組んだ馬に乗って颯爽と登場。勇敢にも男子の馬と戦っていた。そのためかルールが変更されていた。相手の帽子を取る、相手の馬を崩す、の従来ルールに、土俵が描かれてここから出たほうが負け、という決まりが追加されていた。少し円が小さいのか、ちょっと押されるとすぐに勝負がついてしまう。あまり激しく戦ってけが人が出てはいけないという事なのかなぁ・・・。迫力がいまいち。
ところが、団体戦と個人戦で結局両者勝負がつかず、大将同士の一騎打ちの決勝戦が行われることになったのだが、どちらの大将も女子だった・・・。時代は変わったのねぇ(^^;。もちろん試合は迫力満点だったけれども。
見ている途中で息子が学校から帰ってきた。顔も腕もひやけで真っ赤になっていた・・・。うあ、いたそー(^^;。あとでやけどの薬を塗ったほうがいいゾ。

夕食はぶっかけそうめん。量が多かったらしくて子供たちは少し残していた。

■2004/05/29 (土) 仕入れあり

朝は何故だか5時に目が覚める。おかしいな、今日は亀山の日じゃないゾ(^^;。

外ではカラスが騒いでいた。子育ても佳境に入った時期なのだろう。川崎市の措置により、4月1日から事業系ゴミが委託業者によって回収されることとなってからゴミ集積所のゴミがほとんど消えた。あれだけ積み上がっていたゴミのほとんどは事業系だったのだと思うと唖然とする。ついこの間まであのゴミは税金で回収されていたのだ。
ゴミが消え、都会のカラスはオマンマの食い上げになったのだろう。毎朝ありついていた朝飯が出なくなった。彼らとてそのままでは居られまい。エサにありつける場所へと移動を開始することになるだろう。これからは都会のカラスの居る地域はゴミ対策がとられていない場所であると見てほぼ間違いなくなるだろう。

起きてしまったので仕方ないから仕事を始める。昨日作ろうと思って出来なかった荷造りをいくつか。昨日の理事ミーティングで話したことを忘れないうちに思い出して手帳にメモ。この”書く”という動作が記憶に定着させるのに有効なんだよなぁ、とかつぶやいてみる。朝5時から机に向かうなんて受験期以来の事だ(^^;。

今日は息子の運動会の日。時計が7時を過ぎてそろそろ女房たちも起きだした様子。外は予報に反して快晴。抜けるような青い空。紫外線タップリなんだろうなぁ・・・。

「ねえ、おとうさん。おとうさんもおかあさんもじかんがたったらおじいちゃんとおばあちゃんになっちゃうんでしょ?」8時過ぎに階上に上がるやいなや娘がそんな事を言い出した(^^;。「あたしもおとなになったらすぐにおばあちゃんになっちゃうんだよね・・・」ヲイヲイどうした?熱でも出たか?悪い夢でも見たのかな(^^;?
なぁーんでそんな事を考えたのかね?そんなこと考える前にしっかりした大人にならなきゃね。と言うと、笑って「まだまだこどもだからおとなになるのはずっとずーっとさきだよね」と言った。親が居てその親が毎日近くで仕事をしていると、そういう”時間”というものを意識するのだろうか・・・。まだまだ子供と思っていると急に大人と同じ様な事を意識していたりするから驚かされる。あーびっくりした。

9:40過ぎに駐車場からクルマを出し、オヤジと二人で仕入れに出かけた。比較的ご近所ではあったが、初めての場所なのでオヤジのナビが助かる。10:20すぎに到着。買い取らせていただいた。

■2004/05/28 (金) 横浜へ

金曜日は横浜へ。

10時少し前に古書会館到着。今日からタイムカードを打つことになった。なんだか”出勤”ってかんじ(^^)。

神奈川組合の交換会は月曜日が置き入札で、金曜日が振り市となる。置き入札方式とは、紐でくくられた品物に封筒が添えられ、そこに自分が落札したい金額を入札する。入札された札のうち一番高い金額を書いた人が落札できるというもの。
振り市とは簡単に言えばよく青果市場や魚市場で行われているやり方で、振り手が本を出し、買い手の発声を誘う。「2000円!」「2500円!」「3000円!!」と人気のある品物ならどんどん競りあがっていくTVでもお馴染みの方法である。

今日はその振り市の日。実はワタシは振り市を間近で見るのは初めてだ(^^;。この業界に入って10年以上経つのに初めてとは不勉強極まれりだが、初めてなものは仕方ない。仕組みなどはある程度理解していたつもりだが結局発声には至らず、今日のところはその方法や買い手と振り手の呼吸をじっと見つめた。山のように積まれていた本がどんどん競りにかけられ、取引されていく。こういうプロの世界が好きな人にはたまらない光景だろう。もちろん、組合員であれば誰でも参加できる。次回はぜひ買ってみたい。

昼飯は近所のステーキ屋さんへ。ハンバーグを食べる。用意されたサラダとデザートが取り放題。食後のコーヒーが付いて1000円弱とはお値打ちか。ハンバーグは当然のように某ファミレスよりもうまかった。

午後は臨時の理事ミーティング。皆さん理事として少しずつ仕事を始められ、仕事を進めていくためには理事同士の連携が必要であることを実感されているご様子。大所帯ですからねぇ。高速で走る車にいきなり乗せられて「あとはよろしく」と言われたようなものですから・・・(^^;。不安といえば不安ですよ。そりゃ。不安にならないほうがたぶんおかしい。理事の責任の重さを感じれば感じるほど安閑としてはいられない、ハズ。

今日は18時過ぎにタイムカードを押し、”退社”。
店に戻って夕食を食べながらビールを飲んで寝てしまいたいところ。グッと我慢して食後も仕事仕事仕事ナリ(^^;。

明日は仕入れ。実は息子の運動会もあるんだ・・・。どうしよう。

■2004/05/27 (木) PC買い替え

もうそんな時間が経ったか、と思う。

昨夜はメインに使っていたPCからデータ抜き取り作業を延々行っていた。前回外付けHDを買ったので大方のデータはそこに保存してあるのだけど、たとえばメールのデータなどは積み上がったままになっている。約半年ちょっとの間にメールのデータは膨大なものになっており、通信速度の問題もあってHDに移す作業だけでも4、5時間かかる(^^;。結局その後参照することもほとんどないのだけど、いざPCを下取りに出すと思うとついついやってしまう。この部分がどうにかなると買い替えももっと気軽に出来るようになるんだけどな・・・。

PCは定期的に買い換えることにしている。仕事に使っており、大事なデータを預けている以上は壊れてから買いなおす、ということは絶対に出来ない。壊れたときには必ずデータが壊れるからだ。バックアップを、とおっしゃるかもしれないが、最新1週間のデータが消えただけで真っ青になるほどの損失になる現実から眼をそらすことは出来ない。いざ壊れてしまえばそれだけでPCとデータまるごとで20万とか30万円くらいの損が出たような気持ちになる。結局、まだ元気なうちにPCを買い換えるのが一番損失が少ないという結論に達した。

いったい今までで何台のノートPCを使ってきただろう。WinMeの時代にひどい目にあった記憶が抜けず、長年使っていたN社からS社に乗り換え、キーボードに慣れてしまったこともあって買い換える機種をずっとその系列に揃えている。約1年で買い換えるので代替わりは激しいが、同じマシンを4年使っている気分だ。

11:20頃にY楽町到着。Sに入ってすぐに下取り査定に出す。「1時にあがります」と言われ、そんなに時間がかかるのか、と思いながら今日買う予定のPCの在庫を確かめる。なんとか最後の1台を確保してもらった。
昼時。交通会館B1の食堂街へ。長崎ちゃんぽんの店に入る。さっぱりしたちゃんぽんで長年の研究の成果とか。800円で満足。

そのあとはBカメラ内を逍遥。お目当てのPCは在庫払拭。13時にSへ戻ると思いのほかいい査定を出してもらった。7万円ほどで新品PCを手に入れて帰着。

今日ご入金分の発送作業を黙々と。17時を過ぎてしまい、隣駅の郵便局まで出しにいく。帰り際旅行代理店で夏の予約を済ませた。

夕食はぶっかけそうめん。夏の味だ。ウマイ。

■2004/05/26 (水) 梅雨が近いらしい

天気予報ではこの五月晴れの寿命も今週末までとか(^^;。

昨日ほどではないけれど、今日もいい天気。朝の一仕事を終えてから区役所まで歩いた。神奈川組合役員交代の時に必要となる印鑑証明をもらいに行くためだ。言ってみれば公職に就くわけだから、実印のひとつも必要になってくるのだろう。はるか昔に住宅ローンを借りて以来の出番となる。

区役所は意外に混んでいた。登録証と一緒に用紙を出すと、ものの10分ほどで交付された。受け取りの判子などはもう要らなかった。登録証がその代わりになっているらしい。そう考えるとかなり重要なカードなのだな、これは(^^;。

帰り道、区役所の近くにある小さなパン屋さんに寄った。以前母親が「ここのパンはおいしいのよー♪」と言っていたから、食パンを買ってみた。スーパーのよりは高いけどその場で焼いているパンとしてはそれほど値段は高くない。女房もパン好きなのでちょうどいい。2斤買って帰ってきた。

1斤を母親に渡し、もう1斤(これはちょっと高級なホテルブレッドタイプ)を女房に渡すと、ついさっき幼稚園から帰ってきたばかりの娘とかわりばんこに匂いをかいで「ああー、いいにおいー」と言った。娘も真似して「ああー、いいにおいー」(^^;。
「すぐ食べたくなっちゃったー」と女房。今日の昼はカレーライスの予定だったが、急遽パンが添えられることに。
食べてみるとふかふかながらも弾力があってウマイウマイ。また何か届け出る予定があったら寄ってみよう(^^)。

午後は発送作業とオークション出品作業。先延ばししていた店に積み上がった荷物を少し整理して量を減らすことにする。なかなか減らないがやらないよりはまし。1日1本やればそれほど時間はかからない。

夕食は餃子にトマトスープ。「グラタンにしようかと思ったら時間がなくなっちゃってサ」てことは、この真っ赤なスープはグラタンくずれなのね・・・。子供たちはすっぱいすっぱいと敬遠していたが、もともとトマトジュース好きなワタシにはいい味。「オリーブオイルで炒めたナスも入っているんだよ」あ。ホントだ。
とはいえ、餃子にグラタンっていうのもなかなかの取り合わせだね。

夕食後は久しぶりにオークション落札品へのメール書き。あれやこれやと作業をしているうちに日付が変わった。

■2004/05/25 (火) 提出書類

組合の理事仕事の引継ぎの中で最初に大きな壁が立ち塞がっていた。

届出資料を揃える仕事である。昨日中央会で教えていただいた事を忘れないうちに打ち込んでしまおう、と思い立ち、持ち帰って昨夜一渡りPCに打ち込みを済ませた。資料が限られているので具体的な数字などすべて完成できるわけではなかったが、メモリに記録して組合のパソコンで紙に打ち出せるから気にせず作業が出来る。便利といえば便利だ。

指導していただいた中央会の方に出来上がった資料の原稿をメールでお送りし、添削してもらった。高校生の頃にやっていた通信添削講座よろしく、逐一訂正箇所を教えていただき、その都度直す作業。数回やり取りするうちにどうにか完成することが出来た(^^)。

組合が組合として活動する以上、監督官庁にその活動内容を報告する義務が生じる。ワタシが作成しているのはその報告書だ。役員の任期が終り、改選されればその旨を報告する。登記する、ということ。その際にどのようにして役員が改選されたのか、というプロセスを独特の言い回しで書き綴る。
とはいえ、正確にはワタシが作文したとは言えない。雛形のようなものがあらかじめあって、それに固有名詞や特別な事情に合わせて内容を追加して書くだけだから(^^;。

それならなぜ歴代の専務理事がこの手続きに四苦八苦するのか。引継ぎがうまく行っていなかったからではないか、と思われる。任期中は毎週日常業務に追われるためか、年に1度、任期中に1度しかない仕事のことを覚えていろ、と言われてもそれは難しいことになる。今回は2年前に提出した書類のコピーを保存して置いて頂いたことと、中央会さんの多大なご協力があって、まったく事情のわからないワタシでもどうにか仕事が出来た。ありがとうございました。ワタシも打ち込みした今年の書類はPCに残します。

店の仕事。快晴の青空に湿度の低い空気。高いところから差し込む太陽光。年に1、2度あるかないかの好天。普段の行いがよほどいいのか、オヤジたちはこの快晴の空、どこへ出かけたのだろうか。
ワタシは書類の仕事をしながら発送荷物の荷造りや本の整理をコツコツと。まとまった時間が取れなくなってきたから未整理本がたまったままになって久しい。

昼過ぎにメールマガジンを発行。女房と二人で店番をしながら昼食にパンを食べる。ウチの隣は内装工事中。たぶん飲食店が入るんだろうなぁ・・・。

■2004/05/24 (月) 引継ぎ

月曜日は神奈川組合へ。天気快晴なれど(心の)波高し(^^;。

9:50に到着する。今日も丸1日理事仕事の引継ぎ予定。とにかく理事交代時には提出書類作成の仕事に始まり、いろいろと決めなければならないことが山積していた(^^;。

市会の開札時間直前に、旧理事長から新理事の紹介を、といきなり振られ、まごつく(^^;。声を張り上げて新理事を紹介。うまく出来なかった。こういうとき乏しい実力が露呈する(^^;;;。

あわてて品物をろくすっぽ見られないまま入札を済ませ、すぐに警察署へとNさんと一緒に参上する。理事交代に際しての提出書類の確認をしてから古書会館へ戻る。JRのガードをくぐると東神奈川スケート場。はるか昔、ワタシが高校を卒業するころに一緒のサークルへ入っていた仲間と来たことがあった。Nさんはワタシよりもずっと年上だが、「僕が小学生の頃親父と来たことがありましてねぇ・・・」とのお話。「そのときのままなんですよ」いったい築何年の建物なのだろうか・・・。

古書会館帰着後は新理事での昼食会。いろいろと話しながらの食事は多少長引き古書会館帰着は14時を少し過ぎる。県庁へ提出しなければならない書類作成のご支援を仰いだ中央会との約束時間が過ぎそうになり、あわてて電話連絡を入れる。どうも申し訳ございません。
Nさんの車に乗せていただき、関内にある中央会へ向かう。到着後、懇切丁寧に必要書類作成のご指導を頂いた。助かりました。

Nさんにはその足で法務局の場所までご案内いただいた。どうもお世話になりました。

古書会館への帰り道。MM21地区を走り抜ける。普段は休日に散策していたこのあたりの風景をクルマドから見るのは初めてだった。確かに歩いているときと見方が変わる。乗り物に乗っているという身体の感覚は歩いているときとは違うらしい。デジカメで撮影しておきたかったが、さすがに運転していただいているNさんに悪い気がして止めておいた(当然でしょう(^^;)。

古書会館帰着。先ほど入札した品物の清算を終えてから事務局へ。教えていただいた書類の確認と、組合のPCから該当するデータをメモリに移して今日の宿題とする。いろいろと引継ぎに関して事務局のIさんとお話しているうちに時計は19時を過ぎた。

買った荷物を背負って抱えて東横線。この時間の上りはガラガラ。岡本太郎の続きを読む。

夕食後は仕事の続き。

■2004/05/23 (日) 池袋

そのまま帰ってはなんとなく電車賃をかけた分を回収できない気がしたので、池袋を途中下車。

随分久しぶりだ。都会の雑踏。渋谷並。女房はこういう混雑が嫌いなのだけど、まあ仕方ないと付き合ってくれた。子供たちはあまりの人の多さにびっくりしたのか、押し黙って歩いている。どうやらワタシだけ?この人の波に乗って喜んでいるのは・・・(^^;?
別に人ごみが好きで好きでしょうがない、とは思っていないけど、たまに人当たりするくらいの人波に埋没してみたい気持ちもどこかにある。

別に行きたいところもない。街の様子を観察したいだけだ。それでも4人で立ち止まると人波の邪魔になるのでお決まりのサンシャイン60通りへ向かって歩き始めた。改めてみてみるといろいろな人が歩いている。渋谷と違うのはあまり奇抜なカッコをしている人がいない点。それと、意外にご年配の方も歩いていたりする。誰でも入り込める街なのだろうか。

目抜き通りにはいろいろな店が並んでいるが、総じてモノを売る店には余り人が入っていない。かといって時間的にハザカイだからか、飲食店にもそれほどとは・・・。とにかく皆さん道を歩いている。道に人が多い(^^;。

結局サンシャインシティ手前にあるハンズに入ることになった。ここなら渋谷と変わらないじゃないか・・・(^^;。
とはいえ、たまに入ると楽しいもので、手品の実演をやっていたり、パズルが数種類置いてあって実際に触れたり、昔懐かしのボードゲームが並んでいたりして、”買わなくても楽しめる”。どれだけの人を集められるのかはわからない。確かに混雑している。でも、このディスプレイが売り上げにどれだけ貢献出来ているのか、と考えるとどうなのだろうなぁ・・・。遊園地では”せっかく来たんだから”と余計な乗り物に乗ってしまう心理が働くこともあるかもしれない。でも、こういう物販店でこうした展示をしてしまうと買わなくても満足できてしまうため、直接結果に結びつかない気がする。・・・うーむ、気のせいかなぁ・・・(^^;。

昼飯がやきそばだけしか食べていなかった事に気が付いたのは、女房が「疲れたよー」と言った為。時計は16時過ぎ。ハンズ2階にあった軽食店に入って夕食を済ませた。

店に戻ったのは18時過ぎ。それから仕事。21時過ぎからPC買い替えのための作業をひたすら。

メールデータの置き換えに大変な時間を取られる。

■2004/05/23 (日) ユネスコ村

朝は7時半起き。結構眠い(^^;。

ある方からユネスコ村と西武線の無料券を頂いたので、せっかくだからと出かけることにした。もちろん初めて行く場所だ。
軽く朝飯を摂って8時半過ぎに出発。外はどんよりと曇空。確か去年もこの時期から8月の終りまでずっと天気がさえなかったんだよなぁ・・・。

池袋から西武線。特急レッドアロー号を見送ってから急行「西武球場前駅」行に乗り込んだ。途中から各駅停車。西所沢駅から支線の狭山線という単線に入って7分ほど。すぐ隣は民家の軒先。まるで江ノ電を走っているような錯覚。緑が深くなってきたところで終点に到着。「西武ドームはどこ?」と息子。ほら目の前だよ。普段東京ドームは見慣れているワタシだが、あれは都会のど真ん中にあるからか、むしろ少しずつ風景に同化できるのに対して、西武ドームは緑の中にぽっかり浮かんでいるように見えるため妙な違和感がある(^^;。駅を降りると雨が降り出した。今日は試合があるため入場券売り場には行列が出来ていた。

球場とは反対側にユネスコ村はある。初めてだから様子がわからないが、園内は入場無料で、それぞれ施設を利用するときだけ料金がかかるらしい。とりあえず最大の売りらしい「恐竜館」に入ることにした。
入場すると最初にCGで描かれた恐竜を映画で見せられ、そのままライド(船)に乗って恐竜の動く実物大模型が展示されているジオラマを見学する。娘は照明が暗い事もあってか、少し怖がっている様子。息子は当然のように全然平気で、感想は「ふつう・・・」とカワイゲがない(^^;。今の子供たちは情報過多だからむしろこれくらいの仕掛けでは感動できないものらしい。

外に出ると雨はやんでいた。おなかが減ったから何か食べようか、と近くにあったたこ焼き(8個入を二つ)と焼きそば(パックを三つ)を買う。朝が少し早かったからか、あっという間に食べきった。
食べ終わってからUFOという地上45mまでクレーンで持ち上げられて回る遊覧施設に乗りこのあたりの風景を見た。すぐ裏は狭山湖が広がっていた。ドームの隣には人工スキー場。その山の向こう側には西武園遊園地。このあたりは西武系の一大レジャーランドになっているのだった。

お約束のメリーゴーラウンドに娘が乗って、頂いた施設利用券は品切れ。これ以上居る理由もないので電車に乗ることにした。時に13:20。

■2004/05/22 (土) 仕入れあり

昨日のいい天気がウソのように今日は朝からどんよりと曇り。

今日は仕入れがある。9時半に出て駐車場に向かう。お隣の内装工事のためか、どーんと車道に突き出す形で資材が積み上げられていた。あらあらこんな置き方していいのかな。トラックは通れなさそうだ。
信号を渡ると綱島街道は拡幅工事で歩道の外枠部分がほぼ出来上がっていた。なるほどここまで広がるわけか。
駐車場そばへ行くと路地の出口にトラックと起重機が数台停まり、棟上作業の真っ最中。路地から出る時少しトラックを動かしてもらい、なんとか車道へ出る。土曜日だからか、工事が集中している気がする。

今日もオヤジと出発。量はそれほど多くないとの事だったから二人で行かなくてもよかったのだが、やはり力仕事となると最近はいささか心配だ。会津まで山登りに行って日帰りは出来るけど、荷物を両手にぶら下げて階段の昇り降りは数倍つらいはず。

いざ走り出してしまえば街道はガラガラ。道中は当然のように組合の話になる(^^;。スイスイと走って30分ほどで到着。

早速拝見し、評価買取させていただいた。ありがとうございました。

帰り道も順調。12時前には帰着して荷物を店に降ろす。また本が通路に・・・(^^;。最近この繰り返し。放置しているわけじゃないけどなかなか減らない。

午後は荷造りと本のデータ入力作業。買ってきたままになっていた本の整理。ゆっくりでも前に進む。たまにしか仕事をしないからなんだか結局ペースをつかめないうちに夕食の時間になってしまった。しまった。今日はちょっと無駄に時間を過ごしてしまった・・・。

夕食後の仕事は少し抑え気味に。気持ちを休ませる。

■2004/05/21 (金) 初出勤

明け方に台風は通過。

朝9時過ぎに店を出る頃には台風一過の気持ちいい青空が広がっていた。プカプカと綿雲が浮かび、走るように流れている。5月特有の気持ちいい雨上がりの空。

今日から神奈川組合での仕事が始まる。新たな一歩。どんな仕事が出来るのだろうか。イキオイを付けるため、今日から読み始めた本は岡本太郎の「自分の中に毒を持て」 東横線車中で読みふける。

10時前に古書会館到着。事務局の方々はすでにいらしていた。しばらくして旧専務理事のNさんがいらっしゃり、早速仕事引継ぎの仕事に入る。棚に収められたいくつものファイル。それぞれに関係書類がギッシリ詰まっていた(^^;。こ・こ・これ、全部ですか・・・(^^;;;。

過去に専務理事を経験したことがあるオヤジからも言われていた仕事だが、神奈川県庁、法務局、警察などに役員変更を届けるのが専務理事最初の仕事となった。とにかく書類の作成をしなければならない。かなりの量だ。いったいいつまでかかるのだろうか・・・。

新理事長は午後からいらっしゃる予定。午前中一杯、棚のファイルが次から次へとワタシの目の前で展開される。途中、事務局のIさんから新理事の名刺を作るのでその名義とお名前の確認をお願いされるなど、まるで機関銃のように仕事が次から次へとダダダダっとワタシを狙って放たれる(^^;。いや、そんな気がしたのですワ。とにかく今日はお聞きするので精一杯。

昼飯は近所の寿司屋さんへ。ランチタイムは焼き魚や煮魚定食なども出すお店。ワタシは天丼をお願いした。大きめのどんぶりに海老2本とアナゴに白身魚。結構な量でお腹一杯。デザートにコーヒーゼリー。新旧理事の方々とご一緒する。
食事から戻ると理事長がいらしていた。午後も1対1で仕事引き継ぎが続く。近々古書会館にて水道工事が予定されており、その工事請負業者の方にご挨拶頂いた。まだ名刺がなくて失礼いたしました(^^;。

そういえば今日は市場の様子を見る時間がなかった。新旧理事長と一緒に話をしているうちに日は傾きいつの間にか19時。戸締りの仕方を教えていただき、帰路に付く。

帰り道、途中下車してPC用のメモリスティック(128MB)を購入。その足で文房具屋へ行き、手帳を買った。さっき引き継ぎの時に必死で取ったメモを写しておくため(^^;。

20時帰着。晩飯はマーボー豆腐。買ってきたメモリを使ってちょっと仕事。

■2004/05/20 (木) 今日も雨

朝からどんより。

朝飯を食べながらトリビアを見る。うーむ、モグラねぇ・・・。

店が開く音がする。昨日は休みを取ったオヤジが開店作業。ワタシはご注文メールをプリンターで打ち出してから店へ。おとといの総会の内容をひととおり説明する。オヤジはかつて神奈川古書会館が新築された当時専務理事をしていた。そのためか、あまり市場に顔を出さない割に組合の○○に関してはかなり詳しい。総会資料を見ながらワタシの説明に頷いたり。
しばらくして母親が店に来る。天気が悪いのに晴れ晴れとした顔。昨日は何処まで行ってきたの?「実はね、会津の方まで(^^)。よかったわよー、ミズバショウ」日帰りで会津ってのがすごい(^^;。行きは4時間、山歩き3時間半、帰りは都内の渋滞にはまって5時間の行程だったとか・・・。年寄りのクセにクルマの運転は平気なんだねぇ。
「はい、これお土産」と渡されたのは山菜だった。こしあぶら?「これこの間お客様から教えてもらった山菜なのよ。その人はこの天ぷらを食べにわざわざ奥多摩まで毎年足を運ぶんだって。」それくらいおいしいってことか。こりゃ貴重なものを頂いた。当然ながらこのあたりのスーパーはもちろん、八百屋にも置いていないらしい。

午後はいつものように荷造り仕事を進め、途中からオークション出品作業に切り替える。少しずつ店に積みあがっている本が減っていく。気分がいい。連続して約1週間も作業が出来なかったから明らかに滞っていたなぁ。これで少しイキオイに乗れるといいのだけど。

夕食はさっきもらったこしあぶらの天ぷらと、頂いたアジの開き。頂き物ばっかりだけど、これがどちらも逸品でおいしかった。子供たちもウマイウマイとあっという間に食べつくしてしまった(^^;。貴重なものなんだからもっと味わって食べてよ。

夕食後も仕事。明日は台風が来るらしい。

■2004/05/19 (水)

朝からどんよりと曇り。

昨夜やりきれなかった仕事を朝から。昨日の代休をオヤジたちが取る為、すこし急ぎ気味。結局終わらない(^^;。

家事が終わってから女房が店番。ワタシは作業の続き。11時半を過ぎて郵便が前金を運んできてくれた。仕事は追加される。女房は娘を迎えに行った。帰りに今日の昼飯のパンを買ってきていた。娘の着替え。階下へ娘と女房が降りてくる。入れ替わるようにして仕事場へ。食事も済ませる。

昨日総会を欠席された理事さんからお電話。それで気が付いた。もう今度の金曜日から仕事の引継ぎをしなければならないのだった・・・。組合理事になるとちゃんとお役所へ登記手続きを取らなければならない。その手続きは6月に入ってからでいいらしいのだけど、そのとき実印と印鑑証明を持参する事になっていて、その連絡が徹底されているだろうか、と少し不安になった。理事長さんから順に電話をしてみた。名簿に載っている番号で繋がる人と繋がらない人がいらっしゃる。今度お会いした時に連絡網のようなものを作れたらこういうときに便利だな・・・。

愛書会展の仕事があったりして先週来買ってある荷物の整理が出来ない状態が続いていた。今日はなんとしても少しでもいいから仕事をしておきたかった。毎日の仕事を途中で切られると連続性がなくなりあまりいいことではない。とはいえ、出来る時間は限られているからなぁ・・・(^^;。
女房のデータ入力仕事は順調に進んでいる。目下順調なのはそこだけ(^^;。ワタシは荷造り作業が主体になっており、いつも焦っている。よくないなぁ。

夕方までに荷物を出し終わり一安心。17時を過ぎて女房が家事に戻り、ワタシは店番をしながら本の整理を始めた。さっきからポツポツ降っていた雨は急に本降りに変わった。こりゃあ店はもうダメだな・・・。19時に閉店。さっさと夕食を食べる。今日はカレー。

食べ終わってから仕事再開。途中眠くなる。今日は少し早めに休もうかな。

■2004/05/18 (火) 総会

今日は年に一度の神奈川組合の総会が開催される日。

朝10時に古書会館へ到着。まだ半分ほどしか集合されていない様子。今日は重要議案が審議される大事な総会だ。

事業報告などが続いた後、本日最大の懸案たる議題の審議に移る。組合の将来に関わる重要案件。質疑応答では各論が噴出した。11時前にこの議題の審議が始まったのだが、途中休憩が昼食を含めて2回入ったりしながら出席組合員全員から意見が出されたあと、採決に移された。結果は出席組合員の2/3の賛成が得られて可決した。
一体何が審議されたか、についてはあえて具体的に書かないことにする。

どの業界もどの地域も苦しい台所事情を多かれ少なかれ抱えている昨今。右肩上がりは永遠に戻ってこないし、むしろそんな状況は冷静な状況判断を鈍らせるだけ好ましくないとワタシは考える。右肩上がりは終わりの始まり。低空飛行でも安定して飛べるならそのほうが数倍安心感がある。乱気流のように上がったり下がったり安定せず上下に激しく揺れるのはどうにもマズイのと同じこと。

今回の総会決議は、右肩上がり時代の体制が終わり超低成長の時代に突入した中で、これからも組合が組合として機能するために絶対必要だと思われる。減り続ける○○。これからも減り続ける○○。今日議決しなければ組合の○○は今年度も(たぶん)減り続ける。それを放置した時どんな事態に繋がっていくか。重大な局面にぶち当たってから対処しても出来ることなどたかが知れている。その時点でなんとかしろと言われてもそれは出来ない相談だ。
「1年なら持つかもしれない。」「いや、3年くらいなら大丈夫か。」そうした直近な事ではなく、理事会は20年、30年のスパンで先を見通した。もちろんこの議決は万能ではない。これだけでは残念ながら不十分だ。

組合は存続させることに意義があるわけではない。組合員それぞれが組合を必要とするからこそ成り立っている。まず需要がある。
組合は理事のもの?違う。組合は組合員のものだ。誰に強制されて加入したわけではない。2世3世でもない限り、自分で納得して組合に入りその事業内容を利用している。誰かの科白ではないが、組合が何をしてくれるか、ではなく、われわれが組合に何ができるか、とならなければおかしい。

向こう二年間、ワタシは神奈川組合の理事としてその責任を果たしたいと思う。

帰宅23時半。仕事2時まで。

■2004/05/17 (月) 1日店

朝起きて曇り空。

今日は娘の幼稚園が遠足へ行く事になっている。雨天決行は順延した時の費用を考えてのことらしい。確かに貸し切りバスの翌日振替は費用もばかにならないだろう。天気予報は1日雨。
ところが時間が経つにつれて熱風が吹き出し、空の雲を流し始めた。こりゃすごい。晴れ女だな、ウチの娘は(^^;。

朝10時に古書展の荷物が返ってくる。折からウチの目の前の電柱でケーブルを張る作業中。何も聞いてないゾ。トラックが到着すると他にクルマは1台も通れない。お構いなしにケーブルは作業を続行中(^^;。
荷物を降ろし始めて1分と経たないうちにクルマが入ってくる。「一回まわってきます」と運送屋さん。すいませんねぇ。

降ろし終えてからオヤジと二人でぼちぼちと作業開始。市場で落札した荷物もあったから、通路は塞がったままだ(^^;。今日はこれから1日荷造り。明日は組合の総会で1日留守。本の整理をする時間が全く取れない。目下最大の悩みだ。

昼飯は何にしようか、とスーパーを逍遥。ちょっと思い立ってコンビニ弁当にした。天丼弁当を買い、レンジで暖めてもらう。猛暑の熱風の中を店に戻り先週録画したままの月9を見ながら食べ始める。あんまり暑いから冷蔵庫に入れておいた飲み物も一緒に・・・(^^;。

16時前に女房と娘が帰宅。晴れ女二人。顔は日焼けしてうっすらと赤い。行き先は普段からよく行く動物園だったから帰りも早いネ。17時が近づき荷造りも一段落。一旦郵便局へ出しに行く。駅前の美容室の看板。店名なしで女性のモノクロ写真が大きく張り出してある。いつもこの眼に見詰められながら郵便局へ向かう。
量も嵩も多いので17時過ぎに出来上がった荷物は明日集荷で差し出す予定。

夕食はそうめん。今年初。梅干と青ジソ、ミョウガの薬味がいい。

■2004/05/16 (日) 上野界隈

スターウォーズ展を出ると丁度お昼時だった。雨はまだ降っていない。

もともとあんまり天気がよくないからここへ来たわけで、何処へ行くあてもない。とりあえず昼飯を食べなければ、ということで子供たちに何が食べたいか聞いてみた。二つ返事「このあいだ行ったところへ行こうよ。」 意外に渋好みだな・・・(^^;。

上野駅の2階。食堂街にある先々週入ったお店に向かう。この間はすぐに入れたのに今日はなぜか行列。すぐ向かいにタイ料理の店があって並んでいなかったので入りたかったが、子供たちが拒否(^^;。タン塩丼のセット、生湯葉そばセット、天ぷらセイロの3つを頼んで4人で食べた。娘が意外な食欲を見せる。そろそろ一人前を別に頼まないといけなくなるかもしれない。

食べ終わってからアメ横へ。そろそろポチポチと雨が降り出していた。アメ横はいつ来てもすごい場所だ。日本のようで日本ではないような。平成であって平成の時代でないような。ここはクレジットカードは似合わない。現金取引。1500円の値札が付いたマグロのサクの前に佇むお客に売り手の声が飛ぶ。「1000円にしちゃうよー!」その声を聞いたのかどうか、お客は売り手に背を向けて歩き出した。売り手のお兄ちゃん「500円でどうー?」 ワタシなら買うけどな・・・。

摩利支天の下にある有名なお菓子のお店。輸入食品から乾物・珍味まで扱う大きなお店になっていた。中に入って逍遥。こういういろいろなものが雑然と置いてあるお店は好きだ。何が出てくるかわからない楽しみがあるから。
イカやタラを使ったおつまみと子供のおやつ、なつかしのボンタンアメのデカイパッケージを買って出た。表は雨が本降り。広小路駅から地下鉄に乗った。

ウチに戻ってワタシは昼寝。その間も女房は子供たち相手に人生ゲームなど。17時過ぎに起きて仕事をしばし。夕食は定番のたこ焼き。発泡酒と焼酎を飲んで酔っ払うも、ビデオ屋で「ラスト・サムライ」を借りてきて見る。

見終わった頃に日付が変わった。映画の出来はもうひとつというところか。いくつか重大な事で違和感を感じたが、結局最後までその説明はなし。

■2004/05/16 (日) スターウォーズ展

小雨の降る中、遠出は出来ないので上野まで行くことにした。

GWの混雑で一度は断念したスターウォーズ展を見るためだ。果たして10時半頃到着すると、今日は特に混雑も見られずスムーズに入場することが出来た。
展示はエピソード4から順に。帝国のスター・デストロイヤー、ミレニアム・ファルコン号の巨大なミニチュア、X・ファイターと、よく見るとプラモデル。そりゃあそうだけど、これが映画では本物のように見えるんだから特殊効果ってすごいよなぁ。
ドロイド群の展示。R2は金属というよりパテで出来ているように見える。C3POを見て娘が「みぎあしがちがうね」と(^^;。現在の二足歩行ロボットを見ると、この構造では歩けないだろう、と思ったり。
ダースベイダーはさすがにマスク部分が造りこんである。ところが胸のあたりにある何かの装置は思っていたよりもかなりチャチい(^^;。観客の視線がマスクに集中していることを計算した上での省略であろう。マスク系のキャラはおおむねマスクに特徴を持たせ、それ以外の部分は効果的に省略してあった。それはたとえばマットペイントや、ポッドレーサー場の大観衆の描き方にも顕れている。いずれにしても観る者の視点まで良く考えられている。

エピソード1と2は設定上の模型の展示とアミダラ姫の衣装が展示の主体のようなかんじ。主要なクリーチャー系のキャラクターがすべてCG化されたため、実際の撮影に使われたものがそもそもほとんど存在しないからと思われる。

CGの登場はこの手のクリエーターの仕事を大きく変えたようだ。エピソード5の冒頭ウォーカーが氷の惑星ホスで攻め込む場面が大好きなのだけど、あのウォーカーはとてつもない時間をかけてストップモーションの方法で造られていた。そういう実物を実際に動かして手間をかけて造られた映像は見る者の心にしっかりとした印象を残す。
残念ながらCGだらけの最近作エピソード2はワタシの中に全然残っていないことに展示を見て気が付いた(^^;。ええと、どんなストーリーだったっけか?

会場は思ったよりも広くて見るのに1時間半ほどかかった。ストーリーをほとんど知らない娘は途中から「こわーい」と言い出したが、息子は一人でエピソード4、5、6をたびたび見るくらいだから興味深そうに最後まで見ていた。

物販コーナー、ダースモール用ライトセーバー”売り切れ”。どんな人が買ったのかな?

■2004/05/15 (土) 快晴

愛書会展二日目の朝。

快晴だ。カーテンを開けると朝のまぶしい光が目に付き刺さった(^^;。女房の作ってくれたトーストサンドを齧ってから東横線に乗る。今日はいよいよ半袖Tシャツ1枚。暑くなりそうだった。

土曜の朝の東横線は平日ラッシュほどではないもののかなり混んでいて、自由が丘から乗った特急は満員の状態。お出かけ日和なんだろうな・・・。

神保町駅から古書会館までの道を裏通りを歩いてゆく。二日目の古書展はスロースタート。皆さん送り荷物の金券切の仕事で忙しそう。前にも書いたかもしれないが、会場に来会されないお客様に品物をお売りする時、われわれは会に売り上げを前払いし、歩金を支払うルールになっている(いわゆる立替払い)。

少しはやめの昼飯。今日はインド風カレーのお店へ。食べ終わって散歩したい気持ちをグッと抑えてすぐに古書会館へ戻る。ちょっと疲れ気味。
午後は眠くなることが多くなった。思い切って昼寝でもしてしまえば楽になれるのだけど、そうも言ってられないのがつらいところ。お茶の時間に7階会議室のベランダに出て風に当たった。いい眺め、と言いたいところだけど、ビルの林ばかりで遠くを見渡すには高さが足りないらしかった。M大を見上げた。

15時過ぎから伝票計算に入る。これが結構な仕事で、売り上げた時に本から切った売り伝をそれぞれいくらになっているかを計算する。近年古書展の主力は1000円以下の本だから、売り上げの多い人はその分だけ伝票も多い。同じ金額の伝票を150枚数えるなんてこともある。眠気が増す(^^;。間違いがないかどうかニ算した上に他の人に検算してもらうという念の入れよう。ただし、その甲斐あって違算は今回も誤差程度に納めることが出来たらしい(^^)。よかった。

19時頃解散。寄り道もせずにまっすぐ店に戻り夕食。冷奴に納豆とアスパラベーコン巻き。たんぱく質タップリだね。夕食後はもちろん仕事だけど、今日は早めに切り上げるつもり。

早く寝るのじゃ。

■2004/05/14 (金) 愛書会初日

朝は7時起き。昨夜は雨だったが、すでに上がっていた。

発送荷物の整理をしばし。朝飯を食べてから古書会館へ出かけた。今日は愛書会展の初日。東横線は幾分すいているように感じた。

古書会館到着は9:40すぎ。すでにお客様の行列が形成されていた。早くからありがとうございます。早速ドアを開けて地下の会場まで誘導する。開場時間までまだしばらく時間があった。

天気は晴れ。10時開場。お客様が一斉に会場内へと展開。今日も1日よろしくお願いします。ワタシはいつものようにレジ前に座る。今回から消費税は内税表示。レジでのつり銭の受け渡しもスムーズで、なんでかな、と思えばやっぱり内税表示の効果だった。10円単位の価格が出なくなったので取り扱う硬貨が確実に減ったのがその要因。このペースならレジは必要ないかもしれない。

昼飯は近所にあるY家。月一セール実施中。豚丼を食べた。以前よりも肉が分厚いものに変更されていた。研究のあとが伺える。50円引きということだったから玉子もつけた。ゴボウの食感が妙な違和感を演出していた。あれはなくてもいいかもね。

会場へ戻ったのは11時半。それからしばらくレジに張り付き、13時前に明古会場へ。入札を済ませてまたレジ前へ。

お茶の時間のあとは札の計算。次々と追加される売り上げ札。今回はかなり冊数が出ているんじゃないですか?天気もまずまずなのでお客様も反応されたのだろうか。
18時に閉場。今日の売り上げが配られて解散。その後は会食の会場へ。近くにある洒落た名前のお店だった。

食後、お電話を頂き、終了近い会合に合流させていただくことに(^^;。どうもご馳走様でした。

店に帰りついたのが23時。それから仕事の開始なり。長い1日だなぁ・・・。

■2004/05/13 (木) 並べ

週の初めにちょっと無理をしたらそれから眠くて仕方がない(^^;。自業自得。

今週は売れてくれた品物を遅滞なく発送することにひたすら費やされる事となった。他にはたいした仕事もしていない。そうしているうちに愛書会の期間が近づき、明古大市の原稿締切日が近づいた。
愛書会の仕事はワタシはほとんどノータッチだ。目録書きも、受注品の振り分けもすべてオヤジがこなしている。目録点数は増やしても減らしても売り上げ金額がほとんど変わらないことに気が付き、ならば1ページ減らそう、と判断したのもオヤジだった。
仕事場に保管されている荷造りされた荷物を運送に備えて深夜一人で降ろす作業や、振り分けが終わった結果を記した一覧をコピーする仕事、当日二日間現場に張り付くこと、発送荷物の発送などがワタシの仕事。当然この仕事をする間ワタシはワタシの仕事が満足に出来なくなる。

数年前は何を抑えても愛書会の仕事を最優先するべきだという不文律のようなものをワタシは感じていた。だから愛書会の目録品になるようなものを市場で物色したりもした。ところがそういう品物に限って高値になってしまい、目録に取っても結局注文は入らなかった。ワタシは古書展に向いていない。無理して買うのはやめて自分の価値観を伸ばしてみよう、と思った。

それから数年経ちはっきり前提が変わっている。2ヶ月に1度の古書展よりもワタシの中では毎日の継続が鍵のネットこそが最優先の仕事になっている。その考えは日に日に大きなものとなりつつある。愛書会の期間中にあわせ、前もって仕事を減らさなければならないという事にストレスを感じなくもない。入荷のペースを落としたくないからなぁ。

一人で出来る仕事のキャパには限界がある。でも商売のチャンネルは多く持っている必要がある。一旦何かを止めてしまうと二度と出来なくなるから、ここが踏ん張りどころなのかもしれない。大いに迷うところだ。

そんなことがアタマの中をぐるぐる(^^;。明日の荷物を並べ終えて店に戻ると、娘が笑顔で出迎えてくれた。「おとーさん、おかえりー」と手渡してくれたのはワタシの似顔絵。ちょっと早い父の日のためのものらしい。

絵の中のワタシは笑っていた。とりあえず良かった。

■2004/05/12 (水) 今日も1日店

朝は晴れていたのにすぐ曇り始めた。

明日は雨らしい。愛書会展の荷物は今日運送屋さんが引取りにくる。とりあえず雨でなくて良かった。バシャバシャ降りだとオヤジが「ビニールで全部包め!」とか過敏に反応するからなぁ。

10時半から約ひと月ぶりの歯医者。数日前から右の奥歯のかみ合わせ部分が沁みるようになっていたので、歯科衛生士のお姉さんに「調子はどうですか?」と聞かれた時に一応伝えてみた。ひととおりいつものように歯垢取りからフッ素塗り付けまでやってもらったあと、衛生士さんに「確かに金属が少し薄くなっているかもしれませんね。」と言われる。そういえばこの部分の治療はいつやってもらったのかなぁ。「あと、あんまり力を入れてゴシゴシとやらないでくださいね。歯茎が痛みますから。」とアドバイス。つい力が入っちゃうんだなぁ・・・(^^;。次回の予約の時、先生が「ちょっと沁みるんですか?今度は少し私が診てみましょう」という事になった。久しぶりのキュイーンかな(^^;。

店に戻るとちょうど運送屋さんのトラックが到着していた。すぐに作業。三人がかりだから簡単に終わった。明日は並べの作業。

昨日の休みにオヤジたちは江ノ島水族館へ行ってきたらしい。「混んでたわよー」と母親。確かに昨日のラジオでは交通情報で江ノ島入り口が3km渋滞と繰り返していたなぁ。あれだけ晴れると平日でも混むんだね。すでにシーズンに入っている模様。ウチが江ノ島へ行くときはもっぱらシーズンオフを選ぶ。デカイ水槽がすごかったそうな。

昼下がり。息子が公園の砂場で砂鉄を取りたい、と言い出した。娘も付いて行く、と言う。大丈夫かなぁ、と女房。「早く帰ってくるのよ」という条件のもと、兄妹は歩いて10分ほどの公園まで二人だけでお散歩に出かけた。
普段ケンカばっかりしているわりにこういうときは協力するのね・・・(^^)。
無事に子供たちが帰ってきてからお茶の時間。江ノ島土産のイカ、タコ、海老せんべいを食べる。ふむ、なかなかウマイ。ついでにワタシが日曜日に海ほたるで買ってきたビワ羊羹も出た。甘みが強くて昔ながらの味(^^)。洒落た味ではないけどこの季節の香りの強い新茶によく合う。

夕食後も仕事。そういえば最近あんまりTVを見る時間が取れないなぁ・・・。

■2004/05/11 (火) 1日店

朝は9時まで寝る。

久しぶりにゆっくり寝た気がする。って、この忙しい時期釣りに行くのが悪いんだけどサ(^^;。

朝からご入金が断続的に入り、仕事仕事をしているうちに昼となる。荷物は分けてすこしずつ郵便局へ持っていくが、今日だけで○○通ほど差し出したことになるかしら。
これだけ毎日多量に売っているというのに店の通路は本で半分埋まっている状態が常態化(^^;。とりあえず棚が見られるようにしなければなぁ。

女房に店番をお願いしながら午後も荷造り仕事。外はいい天気。今年初の真夏日。湿度がまだ低い為さわやかな感じだ。そんなこととは関係なく店で仕事の1日。

17時過ぎにKさんがご来店。あれこれと組合のことでお話する。来週の火曜日はもう総会だったっけか。

店を閉めてから夕食。今日はカレーの日。食べ終わって愛書会展の荷物を店に降ろす。汗だく。オークション落札品のメール書き。23時を過ぎた頃からヤフーのサーバー落ち(^^;。仕事が滞る。

晴れの天気は明日までという。

■2004/05/10 (月) 次期神奈川組合理事

朝は7時起き。意外に眠くない。ちょっと頭痛(^^;。

昨夜中断した仕事を再開。仕事の優先順位を意識しながらとにかく没頭。土曜日に一山できたオークションでの落札品に、昨夜は雑誌の一山106点が奇跡の1点も売れ残らない事態となり、対応に追われた。連休が昨日で終わるというお客様もいらっしゃるのか、朝から銀行口座に入るお代金も普段の倍以上のペースで追加され続け、寝不足のアタマを抱えて唸ってしまった(^^;。・・・とても追いつけない・・・。

とにかくやれるだけのことはやろう、と呟いてみる。今日は午後から神奈川組合の次期理事による会合があり、リミットは厳然と区切られていた。
朝飯もそこそこに作業再開。12時に昼食を摂り東横線に乗り込んだ。

古書会館着は13時ぎりぎり。次期理事を務める方々と役割分担を話し合う。途中から近くのファミレスに場所を移しながらも、無事にどうにか各役職は内定した。もちろん、来週開かれる総会で承認されなければこの話はなかったことになるのだけど(^^;。

これからどうなるのか。それは誰にもわからない。明日は株が上がるのか、為替は下がるのか、を考えることと同じくらい、わからない。
わかる方が安心できるからか、人はこの先に何があるのか知りたいと思う。でも、本当に未来を正確に知ってしまうことは、おそらく人を幸せな気分に浸ることを許しはしないだろう。唯一確実なことが、いつか自分が消える日が来ることである限りは、明日何が起きるかわからないことを楽しんでみたい。「変化を楽しむ。」最近では一番共感したい言葉だ。
帰りの東横線に揺られながら車内吊り広告を見て、そんなことがアタマに浮かんだ。寝不足で回線がショートしたかしらん(^^;。

帰着してからオヤジとひとしきり話す。夕食を食べ終え、仕事に戻る。結局今夜も日付が変わっても仕事終わらず(^^;。

■2004/05/09 (日) 亀山湖

昨日は仕事を終えて23時に就寝。今日の起床は2時半(^^;。

ほとんど仮眠のような睡眠をとってから今日も亀山湖へ出発。天気予報では雨が降るということだったので雨具の用意も忘れずに。だんだんこの雨具も年季が入ってきたなぁ。ゴアテックス製のイイのと買い換えたいけどなぁ・・・。

深夜のコンビニで食料を調達してからクルマに乗り込んだ。朧月が鈍く光っている。うまくいけば天気は持つかもしれないな。出発は3時半。川崎浮島ICの手前の工場地帯を走っているとフロントガラスに水滴がたれる。見る見るうちに雨がザーッと降り出した。アクアラインは地下トンネル内10km前方も後方も一切他のクルマなし。まるで自分専用の地下通路を走っているような気分を味わう。トンネルを抜けると雨は上がっていた。再び南の空には朧月が鈍い光を放ちながら浮かんでいる。

木更津ICを一般道に出て、あとはひたすら深夜のドライブ。前方を速度のゆっくりなトラックが走る。一車線で抜けないのが痛いところ。いえいえ、夜は事故でも起こしたら大変。安全運転で。
亀山湖到着は4時半過ぎ。駐車場には10台くらいしかクルマが停まっていなかった。プレッシャー低そうだ。

おカネを払って早速ボートに乗って出発。もう春パターンは通用しないかな?と思いながらもシャローを中心に攻撃開始。トッププラグも動かし方を忘れないうちにといくつか投げてみる。シャローに見えバス多数発見。まあ、反応ナシ。いつものようにワームを織り交ぜて投げる。反応ナシ(^^;。

ボートはほとんど出ておらず貸切に近い状態。そんな絶好のシチュエーションの中、せっかく5時から出船しているというのにいつものパターンが通用しないアフタースポーンのこの時期(^^;。ええい、このまま終わらせてなるものか!と気合を入れなおした頃、ポツポツと雨が降り始めた。

雨具を用意しておいて良かった。雨は相性がいい。ここで気分転換にルアーをいつものからシークレットに変えたとたん、38cmのバスがヒットした(^^)。

シトシト雨。風がない。絶好、と言っていい。次々とそのシークレットなルアーで釣り続け、釣果は40cmをアタマに10本と大満足の結果に。17時過ぎに下船し、帰路についた。

海ほたるでお土産を買ってから帰着。メールボックスを開けてのけぞった(^^;。日付の変わった25時に仕事を一旦”中断し”、寝た。

■2004/05/08 (土) 1日店

仕事が詰まっていた。

それは連休があったせいかもしれないし、たまたま入荷する本が多かったからかもしれない。とにかく仕事はあとからあとから積み上がっていた。

今日も朝から荷造り作業。郵便振替のご入金分が5日ぶりに配達され、多量の前金分を運んできた。ワ。こんなにあるとは・・・。すぐに仕事開始。あわてず丁寧に荷造りをする。ここが肝心要。
昼過ぎにすべて出来上がり、一段落と思っていると銀行から追加のお知らせがメールで入ったりして、続きをしばし。結局今日発送の荷物は全部で○○個に。
ウチは荷造りの緩衝材に巻きダンボールを使う。プチプチ(エアーキャップ)を併用することもあるが、基本的には工作が容易で仕上がりのキレイな巻きダンボールのみ。100cmx50mのものをネットで頼むと送料込みで2400円。今までは三軒茶屋までいちいち買いに行っていたのだがネットで調達できることがわかってからは行っていない。買いに行く手間が省けただけでも大変ありがたい。
カッターで切り出し、本に巻きつけて裁鋏で加工する。鋏は小さい頃から使い慣れているのでチョンチョンと四隅を折りしろ加工するのは簡単な作業だ。初代の頃から使っている裁鋏だが全く壊れない。

好奇心ということもあるのか知れないが、お茶の時間に「教えてくれればパソコンできるかもしれないよ。もちろん手取り足取り教えてくれないとダメだろうけどね。」とオヤジが言った。確かにPCでメールのやり取りを出来るのは今のところワタシ一人。もうすぐ神奈川組合の総会が開催される。順調に承認していただければワタシは神奈川組合の理事となる。毎週2日は組合に詰めることとなり、店の仕事をする時間は確実に減る。ウチはネット古書店だからワタシのいない時間に何かと仕事上不都合が生じる惧れがある。どうやらPCをほとんど触ったことのない女房がデータ入力の仕事を完全に覚えた様子を見て、自分にも出来るかもしれない、と考えてくれたようだ。女房にメールのやり取りを覚えてもらって自分たちがデータ入力できれば、と考えたらしい。
もちろん必要とあれば教えますけどね。ただ、マスターできるかどうかは教える側よりも教えられる側の努力如何にかかっていることをお忘れなく(^^;。

連休明けだから量が増えたのだが、それでも発送荷物がどん、どん、と積み上がる様子を見てオヤジも仕事の詰まりを心配したらしかった。

■2004/05/07 (金) 市場へ

久しぶりの市場の日。

第一回開札の時間に間に合わせるには12時半の電車に乗る必要がある。
朝起きてから、朝飯を挟んで仕事仕事仕事。9時を過ぎてご入金の件数が追加される。一気に追い込まれた(^^;。間に合うのだろうか。

気持ちがテンパってきたとき女房が仕事場に来た。「こんなのもらったよ」と持ってきたのは小さい定規。色温度計を利用した「ストレス度チェック計」が付いていた。「手に10秒間当てて色が青に変わったら”にこにこ”で真っ黒だったら”イライラ”らしいよ。」だって。女房がやってみると青で”にこにこ”。ワタシがやってみると青にはならなかった(^^;。テンパっているのが出たな。結構正確じゃんか。

結局なんとか現時点でのご入金分は仕上げた。時計を見ると12時半。ああ。間に合わない・・・(^^;。ダーッシュで新丸子駅。階段を駆け上ると12:37発に乗れた。

果たして第一回開札に間に合った。一回り入札を終えて昼飯。錦華通りのラーメン屋さんへ。食べ終わってから今日は何処へも行かずに古書会館へ戻る。落札品の荷造りと先週買った品物の清算。あとは市場である方とずっとお話。最終開札まで。今日はあまり買えなかったけど、先々週買った大口をやっと売り終えたところだから一段落しましょう(^^;。GWも普段以上に仕事をしたからさすがに飛ばしすぎで疲れましたよ・・・。

南部の入札会は意識してパス。休みます。店に戻って荷造り作業の続き。明日の夜、もう一山越えたらオタノシミが待っている・・・(^^)。

夕食はうどんに天ぷら。いよいよ夏仕様。薬味はネギと青ジソにミョウガ。冷奴が添えてある。このあと仕事がなけりゃビール一杯という気分。

ああ。今日は仕事が終わってからビールでも飲もうかな。

■2004/05/06 (木) 今日も1日店

朝起きて今日も曇り。今日も1日店の予定。

やっとGW明け。金融機関が開いて決済機能が回復。オークションで落札していただいた品物、日本の古本屋からご注文頂いた分のお代金が一斉に届き始めた。ありがとうございます。せっせと荷造りをしては母親に郵便局まで往復してもらう。カートが大活躍だ。あんまり便利なのでそろそろ痛み始めていたりする。2台目購入も間近かもしれん。それにしてもこれほど実用的な古本屋向きグッズもないかもしれないな・・・。

今日からやっと学校・幼稚園が始まった。子供たちは休み中よりも少し早めに起きてさっさと学校へ行く。もっとも、女房が早起きして子供たちを世話しているからなのだが・・・。徐々に普段のペースに戻っていけるかな、と思いつつ明日は金曜日だ。すでに週末が近い。
朝飯を食べながら昨日録画したトリビアを見る。日本刀と拳銃の対決。どうやって対決するの?と見ていると、拳銃の弾を日本刀の刃に当てて刃が折れるか、弾が真っ二つになるか、という実験だった。「これって斬鉄剣・・・、五右衛門じゃん」と女房(^^;。見ていると司会の人も同じことをつぶやいている。同世代なんだなぁ・・・。結果は、ニッポンすごい!ということに・・・!

荷造りは16時頃までご入金と荷造り・発送作業の追いかけっこが続き、最後の荷物はワタシが郵便局まで持っていった。今日外に出たのはこのときだけ(^^;。不健康だなぁ。

夕食の時、TVでフードテーマパークのことをやっていた。横浜、自由が丘、池袋。横浜はラーメンとカレーと中華。自由が丘はデザート。池袋は餃子。「カレーうまそー」とワタシ。「餃子は行きたいよね」と女房。ラーメン博物館は出来て数年という頃に行った事がある。

ただし混雑がすごくて入れず、隣のバーガー屋で済ませたほろ苦い思い出だ(^^;。そろそろすいてないかなー。

■2004/05/05 (水) 1日店

朝から冷たい雨。

今日はこどもの日だというのにねぇ・・・。
店を開ける時間になってから近所の床屋へ行く。雨だからか、また時間的に早いからか、置いてある雑誌をぱらぱらと見ているうちに10分ほどで順番がまわってきた。いつも行く床屋さんは座席数も多く、人も良く入れ替わる。今日やってくれた人は初めてだった。ちょうどウチのオヤジと年齢が同じくらいか。立ちっぱなしの仕事は大変だろうに、と思いながら。
顔剃りも終わり、髪を乾かし始めた頃、オヤジさんは言った。「明日からお仕事ですか?」ええ、まあ。(今日も仕事なんだけど・・・) 「今日はこどもの日だってのに雨でねぇ、せっかく行事を予定していたんだろうにねぇ、残念ですよねぇ。」そうですね。「昔よく節句というと銭湯なんかでは菖蒲湯を入れてましたけど、今でもやってるんですかねぇ。」ああ、そうでしたね。(そういや銭湯で入ったことはないなぁ) 「節句というとチマキを思い出しますよ。」そうですか。(なるほどチマキねぇ・・・)
お会計を済ませると深々をお辞儀をして見送ってくれた。
銭湯・節句・チマキという言葉が少し懐かしかった。銭湯は内風呂が出来るまでは毎日のように通っていた。内風呂で母親が菖蒲湯やゆず湯をやってくれたのを思い出した。こどもの日というとほとんど柏餅だったから、そういえばチマキもあったけなぁ、と思った。

店に戻ってからオヤジたちと世間話。昨日は天気が悪かったので生田緑地の岡本太郎美術館へ行ってきたらしい。初めて行ったという母親は少し興奮気味に岡本太郎の良さを語る語る。ワタシが行ったのは確か去年の桜の季節。もう1年経ったのか。また行きたくなってきた。確かに岡本太郎作品は見たあと元気になるなぁ(^^)。

あとは地味に本の整理を着々と。全連大市以来市場で買い続けていた本の山がやっと崩れてきた。どうにか、なんとか。

お茶の時間。今年最後の柏餅。近所のお菓子屋さんと有名チェーン店系お菓子屋さんの柏餅を食べ比べ。近所のは130円で前から食べなれた味だった。チェーン店系はなんと1個170円(!)。柏の葉をはがすと大きさは近所のものの半分くらいだった(^^;。草餅になっていたけれど無難な味。これでこの値段は・・・どうなのよ。近所のお菓子屋さんの130円で倍の大きさも柏餅の方が、慣れもあるのかもしれないが、断然うまかった。

GWはやっと終わった。

■2004/05/04 (火) 1日店

風風風の朝。

時折雨も混じる。こりゃあ店を開けてもしょうがない日だなぁ・・・。
朝一番で郵便局の集荷に来てもらい、昨日ご入金頂いた本を発送。窓口は休みでも集配は営業中。GWでも営業しているお店ならこの制度を活用しない手はない。
以前はGWというと完全に3日間休業することが多かった金融機関だが、ネット営業するところを中心にシステムを休ませないところが出てきたのは評価できる。いまだ旧態依然でずっとシステムを休ませるところが大部分なのではあるが(^^;。
日本がこうして休んでいる間にも世界は刻々と動いているのですゾ!この重大事局に休んでいる場合じゃないだろうに・・・。
と思いながらラジオをつけるとハワイ特集を9時間ぶっ通し(^^;。ウクレレと波の音をBGMに今日も仕事の1日・・・。

18時を過ぎる頃、ハワイ特集が終わりいつもの番組が始まる。こうでなきゃなぁ。別に祝日だからって特番を放送する必要なんて感じないけど。
交通情報が高速道路の大渋滞を報じるたびに大喜びのナビゲーター。共感度100だ(^^;。結局はひがみ(^^;;;?

実は予定では女房たちが昨日今日で実家へ遊びに行く予定だった。先方の都合が付かずにキャンセルになったのだった。もし予定通りなら今日は亀山湖で釣りの予定だった。こんなメイ・ストームの日が釣りに当たらなくて助かった。とにかくこんな大風では釣りにならないし、転覆の危険だってある。

ワタシは仕事場でひたすら仕事。女房は店番をしながら整理済みの本の入力作業。子供たちは部屋でビデオ鑑賞のGW。まあ、自営業の連休なんてこんなものですわ。

■2004/05/03 (月) 上野

朝から曇り。よく見ると霧雨(^^;。

今日は休みを頂いた。天気も良くないし、上野のかはくでスターウォーズ展でも見に行こうかと言うことになった。女房たちは乗り気ではなかった。当然混雑を嫌ってのことだった。

10時半に出る。上野駅11時半。いきなり「おなかへった」と娘。ガレリアという新たに出来た食堂街に行く。「こんなところ来た事ないよ」と女房。そりゃあこのあいだ出来たんだもの。趣味性の高い料理屋が並ぶ。子供二人というのは大きなハンディで、食べたいものを出すお店に入れない。カレーうどん専門店やタイ料理店に心惹かれるものの、結局は無難な線に落ち着いた。夜は飲み屋になるチェーン店系の店。子供連れでは思ったとおりの店に入るのは無理。
陶板焼き定食、マグロの山かけセット、天せいろセットを4人で分けて食べる。陶板焼きは週変わりのメニューで、外の看板には鴨肉焼きの写真があったが、出てきたのはかつとじだった(^^;。何の断りもなく変更されている驚異。ちょうど食べたかったからよかったものの・・・。
駅の通路には下谷神社の大神輿がデンと展示されていた。

上野公園はものすごい混雑。かはくに到着するとチケット売り場はそれほどでもなかったものの、スターウォーズ展40分待ちとアナウンスが入るやいなや、待つのが大嫌いの女房からクレームあり。結局直前で見学中止となった。
噴水広場の周りでは児童書フェア開催中。全品卸値での販売ということでかなりの人が群がっていた。子供はもちろん、若いお母さんもテントを取り囲んでいる。児童書に対する潜在需要を目の当たりにした。ただし、定価では高すぎる、ということね。女房も2割引に釣られて子供たちの本を5冊も買っていた。

そのまま上野桜木から谷中、谷中霊園までお散歩。霊園の公園でしばらく子供たちを遊ばせる。雨が降り始めたので傘を差して日暮里駅を通りすぎて駄菓子屋横丁へ。連休ということで1店だけ営業中。あんこ玉を買って出る。あとからあとからワタシと同世代のおとうさん、おかあさんが狭い店内に入り込んでくる(^^;。そんないっぺんには入れないよー。まもなく再開発で消えるらしいからなぁ。

山手線を内回りで渋谷まで。電車に乗ったとたんに青空が広がってくる(^^;。新丸子駅につく頃には快晴だった。

夕食は定番になりつつある手巻き寿司。新ネタ:イクラの醤油漬けは好評のうちに品切れ。

■2004/05/02 (日) 仕入れあり

仮眠のような睡眠をとってから起床。

今日は仕入れがある。女房に作ってもらったトーストサンドを齧ってから出かけた。今日は量が多いということでオヤジも一緒。クルマはGW期間中ということでガラガラ。なぜか1度も迷うことなく、お約束の10分前には到着できた。

ウチのような狭小建物とは正反対の大変立派なお宅。早速本を拝見させていただいた。当初は査定に時間がかかるのでは?と予想していたが、思いのほか早く仕事が終わる。買い取らせていただいた。ありがとうございました。

査定の最中に「腰がピリっときた」というオヤジには休んでもらい、ワタシが荷物の積み込みをする。あれだけ山登りをしていても腰は鍛えられないんだねぇ。デスクワークが多いとどうしても腰を患うようだ。ワタシも気をつけなければ(^^;。

帰り道。「どこかで食べて帰るよ」とのオヤジの希望により、丸子橋の袂にある和食ファミレスに入った。禁煙席は満席で喫煙席はガラガラ。仕方なく喫煙席に座る。健康増進法。受動喫煙。いいかげんファミレス系の飲食店は全面禁煙にすればいいのに、ネ。
メニューを見るなり「これが食べたいなぁ」とオヤジが指したのはカツオのたたき。これにご飯(大盛り)とシジミの味噌汁を注文。ワタシは天丼を頼んだ。交代でトイレ。戻ってきてお茶をすするとなかなかおいしかった。
料理が運ばれてくる。オヤジはうまいうまいとたたきのツマも、シジミの身も残さず食べた。天丼にはハマグリのお吸い物が付いてきて、肝心の天麩羅も衣が薄くてえびがぷっちりとおいしかった。ファミレスにしてはグレードが高いのでは。オヤジはいたく気に入った様子で、今度は母親と一緒に来たいようなことを言っていた。

店には未だに荷物が山積していた。買ってきた荷台一杯の荷物がさらに追加され、通路は本の山で通りにくい(^^;。もはや倉庫状態。いかんなぁ。
母親は近づいた愛書会展に向けて筆書きの仕事。男二人は本の整理の方針を決めて早速動き始める。とりあえず売りやすい本から片付ける。難しい本は後回し。嵩を減らすこと。仕事を進めやすくすることが大事。進めばやる気も持続できる。イキナリ難しい本を真正面から取り組むと、仕事をすること自体がヤになってしまうからね。仕事には要領ってものがあるんです。

店はGWも無休営業。ワタシは明日、今日の分の代休を取ります。

■2004/05/01 (土) 飲み会

風薫る5月。今日の天気にぴったりの言葉だな・・・。

ラジオは朝から今日の陽気を褒めちぎっている。出かけたいよねぇ・・・。サービス業のウチとしてはここが我慢のしどころ。おとなしく店で仕事の1日(^^;。

とにかく品物はたくさんある。あとは仕事をかけるだけなのだけど、やはりその手間は1冊1冊のことなので意外に時間がかかる。値付けして店に出してハイ終わり、が、すでに仕事をしたことになっていない状況では、売るための手間を惜しめない。女房はデータ入力。ワタシはオークション出品。いまやこれが郊外本屋の主要な仕事になりつつある。古書展、という手も残されているが、ワタシの性に合わない。

昼過ぎにある方からTEL。夕方から飲み会の予定が入った。仕事のピッチを上げる。反応有(^^)。カメラレビュー誌にまとめてご注文を頂いた。どうもありがとうございます。GWも捨てたもんじゃない。

夕方の18時過ぎにある方ご来店。ウチの近所にあるジャズの流れる小洒落た居酒屋は満席で入れず、隣の焼き鳥屋さんに入った。純粋に焼き鳥屋さんなんて神保町錦華通りの”○○たつ”以来かしらん?日本酒を飲みながら東京の地下鉄の話。あれ?こんなことばっかり喋っていていいのかな(^^;。仕事の話もあれこれ。焼き鳥丼と特製スープで仕上げ。21時頃に店を出た。ご馳走様。

店に戻って再び仕事、と思ったが、思いのほか酔っ払っていた(^^;。これじゃミスするな、と思い布団を女房に敷いてもらい、1時間のつもりでごろん。ハッと目が醒めたのは日付の変わった1時。寝過ごした(^^;。
のろのろと起き出し、歯を磨いて水をシコタマ飲む。くしゃみ、鼻水。ヤバ・・・寝冷えしたかしらん。

仕事をしているうちに4時。早く寝ないと・・・(^^;。

2004年04月 < > 2004年06月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター