Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2003年06月

■甘露日記 2003年06月

■2003/06/30 (月) 1日店

朝も眠い。

月曜日。仕事仕事の日だ。先週来ご注文いただいている荷物の発送。ところが、明日から冊子小包が値下げされる。1日待つだけで20円下がる。それくらい待ってもいい、というお客様の分は明日の発送にまわる。
待っても料金が変わらないお客様の分を発送する。

息子は「気持ちが悪い」といって学校を休む。明日は市制記念日で休みだから、4連休ってことか・・・。夏休み以外にもこんなに休んでしまったら一体いつ勉強するのだ・・・?
昨日遊びに行っているだけに、元気よく遊んでいただけに、学校そのものへ行きたくないのか、とすこし心配になる。親の心子知らず。

代わりに娘は元気一杯。幼稚園から帰ってきてもお友達の家へ遊びに行った。その間、女房に仕事をしてもらう。ワタシはその傍らでデータの入力を。オヤジたちは今日が年度末で市場が休みなのをいいことに遊びに行ってしまった。明日の天気が悪いため。いいのかね、遊び中心にして・・・。子の心親知らず(なあんて)。

仕事をしながらも眠い。連続して4日間くらい全く自分のペースを保てなかった。仕事もたまっていた。立ち向かわなければならないのだけど、やっぱり少しスローペースにさせてもらった。

閉店して晩飯を食べ終わると眠くて横になってしまった。30分くらいひと寝入りしてから今度は夜の部の仕事である(^^;。

立ち止まってはならない。

■2003/06/29 (日) こどもの国

朝は9時に起こされた。

うーん、今日も眠いよぉ・・・。無情にも窓の外は晴れていた。出かけないわけにはいかなかった。

昨深夜はさすがにPCの前に座らなかったため、眠い眼をこすりながらメールボックスを確かめる。果たして山のように積み上がっていた(^^;。1件1件お返事を書いていくうちに電話が鳴る。「あ。おとうさん?」昨夜おばあちゃんちへお泊まりに行っていた娘からだった。「はやくおでかけしようよ。まだこないの?」仕事を急がないわけにはいかなくなった。
女房に聞くと「明日はこどもの国へ行きますから、8時には(娘を)起こしておいてください」っておばあちゃんにお願いしていたらしい・・・。時計を見たら9時半を過ぎていた。

二日酔いではなかったため、なんとか10時半過ぎには出発。おばあちゃんちで待っていた娘を回収。クルマでこどもの国へ向かった。
道中は空いており、40分ほどで到着。第一駐車場に停める。いつものすべり台、遊具で遊んだ後、コンビニで買ってきたおにぎりの昼食。よく晴れて暑かったが、日蔭に入ると吹き抜ける風はひんやりしていて、まだ夏に染まりきっていないいい陽気であることを主張していた。
娘はジャブジャブ池で泳ぎたい。息子はボートに乗りたいと思惑が分かれたので、ワタシは息子のボートに乗せてもらい、30分間ウトウトさせてもらった。娘はくちびるが真っ青になるほどブルブル震えながらも泳ぎとおしていた。なんていうか、やせ我慢するんだよなぁ・・・。

サイクリングで娘をかごに載せて一回り。女房と息子は二人乗り自転車でヨロヨロしながら後ろをついてくる。娘はかなりのスピード狂らしく、登り坂をフウフウ言いながら漕いでいると「おそいよ!」とクレームをつける。下り坂に差し掛かると「きゃー(^O^)!」と歓声。きっと将来遊園地のジェットコースターが大好きになるんだろうね。

牧場のソフトクリームを食べてから帰ることにした。駐車場にズラッと居並ぶクルマと夕焼け空。空はますます広く、自分の存在をいよいよ小さく感じる。
フッとしたときアタマの中を回っているのはやっぱり昨日の同窓会の情景。皆さんとも皆さんにしか歩けない道を堂々と歩いていらっしゃった。多分、きっと、自分も自分にしか出来ない事を身につけ、自分の道を歩いているはず。

振り返ってみたら道があった。そう感じられればそれでいいじゃないか、と自分を慰めた。

■2003/06/28 (土) 高校時代の同窓会

先月の終わりごろ、高校時代に所属していた同好会の同窓会が開かれるというお知らせを頂戴していた。
今日はその当日に当たっていた。もちろん参加の返事を出していた。

ところが、昨日はだいぶ飲んでいた(^^;。朝起きてひどい二日酔いだった。うつむきながら用意してもらったお茶漬けをゆっくり噛み締める。回復には飴を舐めるとよい、と聞き、黒飴をしこたま舐めた。

その効果があったのか、午後からは仕事を再開できた。とにかく今日は同窓会。きっと深夜まで帰れない。仕事は片付けて置きたかった。

18時。会場はなんと小杉駅前(^^;。普段娘が音楽教室に通うビルだった。会場に入ると知らない顔の方ばかり。あ、会場の隅に一人、ワタシの同期を発見。よかった・・とホッとしながら隣に座る。
実はワタシたちは長いこの同好会の最末期。ワタシたちの次の期で同好会は解散している。いや、正確にはイヤな教師によって解散させられたわけだが・・。配られた名簿にはワタシのはるか上の方から名前が連なっていた。こんな歴史ある同好会を潰されたとはいえ、何も出来なかった自分に責任を感じたり。とにかく今日集まった方だけでも50人を超えていた。

皆さん、それぞれの場所でご活躍中。どんな仕事をされているのかをあれこれお聞きするのも楽しい。ワタシが古本屋をしている、ということで喜んでくださった方も数名。まして、探していらっしゃる本が現在在庫していたりして、いきなり営業活動か(^^;、なんてこともあったり・・・。

二次会は普段日曜日に家族で行く居酒屋(^^;。入りきれないほど2次会に参加される方々が大勢。3次会で駅の向こう側へ移動して、終わったのは2時半過ぎ。帰ってきてシャッターの前で鍵を忘れてきたことを思い出した(^^;。女房に鍵を開けてもらうまで電話を鳴らし続ける。「間違い電話だと思って」出なかったため、10分以上かかってしまった。

「変わってないね」と皆さんに言われた。それは多分”見た目が老けてないね”というニュアンスで言って下さっているのかなと思う。そう言われるあなたも変わらないですよね、と言ったら失礼に当たるかしら、と変にそんなことが気になった。それくらいワタシにとってはあの頃から時間が経っていた。

ワタシにとって、時間は”過ぎた”のだろうか。”積み上がった”のだろうか。「変わらない」という言葉からだけでは判断出来なかった。

■2003/06/27 (金) 金曜、明古。

淡々とした気持ちで今日を迎えた。

明治古典会経営員主任も通常市は今日でおしまい。朝はいつものように6時起き。

いつものように朝飯を軽く摂り、店を出たのはいつもより少し早め。竹橋駅には集合時間の20分前に到着してしまった。

経営員1名遅刻(^^;。品物は立ち上がり少な目。それでも仕分けの荷が地方荷を含めて3口あり、時間が過ぎていくに連れ、徐々に作業の流れが滞り始める。ワタシは大判の洋書写真集の口を仕分け。遅刻した経営員の彼は遅刻こそすれ、作業は他会でも鍛えられており、早い。1名欠はやはり痛い。

展示台を徐々に拡張し、最終的にはエレベーター側を残置品置き場以外はすべて使用する状況になった。出品点数は936点。駆け込みでのご出品を荷受けしているうちに12時半をすぎた。昼飯にうなぎを頂き、入札。何点かワタシが仕分けした中にも逸品が入っていた。

開札を10分遅らせるほど入札の方が展示台前にあふれた。入札した写真集の口。5つのうち2つをなんとか上札で落札。首の皮1枚という感じ(^^;。
後半は最終台を待たずして高値落札の品物が続出。最終的には事業部長さんの予想をはるかに上回る出来高が弾き出されたとか。すごいですね。最終発声を聞きながら、ああ、これで終わったんだな、と。

大市会の作業。我々経営員のハイライトは下見が終了してから会場を入札会場に変更するどんでん返し作業の19日(土)と、お手伝いの方をお願いしての入札日20日(日)の2日間だ。やはり会場に入れないというハンデがあるため、運営の方々は”生みの苦しみ”をここ数週間味わっていらっしゃる(^^;。もうすぐですから、お早めに19日20日の会場設営を組んで下さいね(^^)。

HIDEさんに苦言を頂きながらも、今期で引退するワタシとRHくんの正・副主任が一言喋って、終礼も終わり。19時から神保町で来期運営に携わる方々の集会にワタシたちもご招待いただく。ビール、ライチ酒、紹興酒をシコタマ勧められ、つい、量を過ごしてしまったらしい(^^;。二次会でトイレへ行くときにふらつき、お開きになった後、同じ方面で3人乗ったタクシーでの状況が思い出せない(^^;。
それでもなんとか無事に帰ってきたのだから、帰巣本能だけは酔っても残っているらしいな・・・(^^;。

皆さん、こんないーかげんな主任に1年間お付き合い頂き、ありがとうございました。

■2003/06/26 (木) 今日も市場へ

曇り空。

ひとまず雨は降りそうもない。よかった・・・(^^;。

朝飯を食べ終わるや仕事開始。荷造りのしすぎで梱包材の巻ダンボールが無くなってしまった。ここのところものすごいペースで50mを消費してしまうようになった。ネットで注文するのが1日遅れ、今日荷造り分の15通はプチプチで梱包して発送した。

7月1日から冊子小包の料金が一部値下げされる。最大で70円。全く料金が変わらない重さもあるところがミソ。うまく設定するねぇ・・・。公社化してサービス拡充を考えるなら、是非土日も郵便窓口を開けてもらいたいと思う。土曜日は集荷してくれるのだけど、日曜日も是非!

午後、昼飯を食べずに市場へ向かう。今週はどの会も期末に当たる。今日開催の市会の方々も役員さんの任期が今日で終わるわけ。なんとなくあわただしい雰囲気の中、大市会にお手伝い頂ける方のリストを頂戴する。ありがとうございます。当日もどうかよろしくお願いします。

入札してから昼食。今日は白山通りのいもやで天丼を食べる。久しぶり。ウマイ。開札の様子を見に再び市場へ寄ると、山がいくつか落ちていた。急にあわてた(^^;。すぐに取って返し、一旦店に戻って、今日清算した南部大市会の伝票を母親に預け、発送できずに居た荷物を3通荷造り・発送。ネットで注文しておいた巻ダンボールが到着していた。すぐにクルマに乗って市場へ向かう。
到着は17時半。荷物を回収し、店に戻ったのは18時半過ぎ。

メールチェックしてから山のように積み上がった本の整理開始。途中荷造りを交えながら、本の整理・入力作業を続行。

スガシカオ氏のラジオは天狗の話。なかなか面白い。鞍馬天狗、鴉天狗、木端天狗と居て、鞍馬天狗が一番位が高いってのは初めて知ったなぁ。ホントかしら。

明日は明古。いよいよワタシが経営員主任の通常市会は最後になる。

■2003/06/25 (水) 市場へ

朝から雨。

郵便局へ荷物を出しに行くのも傘を差しながらだと大変(^^;。

今日は資料会さんに先週お願いした大市会にお手伝いとして出席していただけるメンバーをお聞きしに、少し早めに市場へ。無事、8名も出席していただけるお返事を頂戴した。ありがとうございます。昨日の東京古典会さんからは5名のご出席のご報告を頂いています。お休みの日だというのにすみません・・・(^^;ありがとうございます。

明日一新会さんにお聞きして、中央市会さんのご出席メンバーをお聞きできれば、大市での仕事の振り分けが出来る。まだ1ヶ月ある。落ち着いてメンバーを各所に配置させていただきます。

市場で会ったRTくんと昼食がてら近くのファミレスへ。昨日の夜はカレーだったのに、つい、カレーをオーダーしてしまう(^^;。食べ終わってから気が付いた。なぜかカレー好き。キレンジャー・・・か。RTくんといろいろとあれこれと1時間くらいお話。

ある方からあるものを頂戴し、その方のお店に寄ってご挨拶をしてから帰路につく。いつの間にか空は晴れていた。店に戻って荷造り作業を急いでしてから、発送。17時にまにあった。

その後は本のデータの入力作業。閉店後、平井堅のラジオを聴きながら、ご注文へのメール返信書きと荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

■2003/06/24 (火) 雨の火曜日

朝から全力で荷造り。

メールで大きなご注文を頂き、本の取り揃えに時間がかかる。伝票の打ち出し、荷造り、発送という一連の作業は結構時間がかかるものだ。昨日からご注文いただいていた分をご入金頂き、荷造り作業はさらに追加。
朝飯を10時半から食べることになり(^^;、午前中に店をあけることを断念。雨だし、開けていてもしょうがない。

その分、仕事に集中する。20通ほど仕上げ、郵便局へ運んだのが丁度正午(^^;。いつまでたっても仕事が遅いなぁ・・・→自分。

店を開けて一息つく。お客様がいらっしゃらないのをいいことに、整理した本を次々倉庫の棚へ移動する作業。雨は降ったり止んだりだったけど、いつの間にか本降りに。ますます店売りはダメだろうな(^^;。

ネットにデータを注入。なかなか反応はいただけないものの、今日のように大口でご注文をいただけるときに備え、品揃えには注意していかなければならない。

閉店後、ご注文を次々頂き、再びメール書きで忙しい。いつもありがとうございます(^^)。
晩飯を食べようと上がると、子供たちはルパン三世のビデオを見ていた。もう何回目だろうなぁ。でも、何回見ても面白いなぁ。結局ワタシもルパンを見て育ったのだ(^^;。
カリオストロの城、未来少年コナン、天空の城ラピュタ、何回も見られるものはすべて宮崎駿監督のものばかり。

ジブリは今度テーマパークを考えたらいかがかしら。

■2003/06/23 (月) 梅雨空に戻る

朝からどんより。

今日は1ヶ月ぶりに歯医者の予約が入っている。昨年の9月に治療が始まり、それ以来ずっと月一で通っている。最初は”結局歯を抜かれるんじゃないか?”と思えるほど強烈な治療が毎週続き、強烈な鬱にもなった。
その後は懲りて電動歯ブラシを買ったり、ハイドロキシアパタイト入り歯磨き粉を導入したりして、極力歯のケアを重視した。
それ以来治療はなくなり、点検・掃除のレベルで済んでいる。治療費も毎回1000円を下回る。これなら特に気にするほどにもならず、むしろ点検してもらって気が楽になった。

店に戻った頃には雨がぱらつき始める。週の初めから雨とは・・・ね(^^;。

1日店で本の整理をする。先週買ったから今週は整理だ。本の山を見てニンマリするわけにはいかない。入荷した本はすぐに店に出す。これが鉄則だ。

閉店してからご注文を頂き、お返事メールを書いたり、荷造り作業をする。

■2003/06/22 (日) 上野動物園へ その3

どういうこと?池のボートに乗っている人に売っているのかしら。
よく見ると柄の長い網が看板の横に置いてあった。やっぱりそうだ。様子が気になって見ていると、早速一組のカップルがボートを寄せている。味もいくつか選べるらしい。結構ちゃんとしたアイスキャンデーが長い柄の網に載せられ、代わりにお代金を網に載せて渡す取引き。へぇー。1本100円か。意外に良心的なんだな。

息子は不忍池の浄化装置が出す泡の場所を目印にボートを漕いで回る。隣に娘が居るから、うまく呼吸が合わずにあさっての方向へ向かってしまってなかなかうまくいかない。イライラしながらも、事故もなく最後の方まで何とか二人で協力してボートを進めていた。

ボートは1時間600円。終了時間が近づいたので急いで乗り場へ寄せる。降りてのどが渇いたので近くの茶屋にある自販機で麦茶。弁天横を通って上野駅。銀座線に乗って渋谷へ移動。

渋谷でもう一仕事。ハンズへ行って秤を買う用事があった。いつも発送用荷物を量るのに使っていた秤の荷台の柄がポキンと折れてしまったのだ。近所の荒物屋さんには1kgを量るキッチン用しか置いておらず、最低でも2kg量れるものが必要だった。
休日の夕方で大混雑の渋谷の雑踏。センター街を子連れでは歩く気がせず、本店通りを歩くが、似たようなもの。背の低い娘は疲れもあるのだろうけど、押し黙ってひたすら歩いている。
何とか到着して秤コーナーを見ると4kg量れる理想的なものはガラも大きく、値段も1万円と高かった(^^;。壊れたとはいえ、この間まで現役だったウチの秤はキッチン用のチャチなものだった。それでも14年もの長き労働に耐え、本体は壊れていなかった。
キッチン用で充分だ、と思いなおしてフロアを上がると1600円で同等品が見つかったので買った。

「おなかすいた」と子供たち。ハチ公前スクランブル交差点に面した場所にあるお好み焼き屋さんへ入る事にした。ミックスもんじゃ、牛スジねぎお好み焼きなど、結構頼んでもそれほどの金額にならない。ずいぶん良心的な値段。「これなら佃まで行かなくてもいいじゃん」と息子。わかった風な口をきく(^^;。
焼きうどんを食べて、ガーリックチキンもんじゃをおかわり。腹一杯で外に出ると、さすがに夏至でも夜になっていた。

帰宅は20時半。久しぶりに仕事のない休日の夜をだらっとして過ごす。

■2003/06/22 (日) 上野動物園へ その2

ゾウ舎が新築されていた。いままで小動物が込められていた舎があったあたり。なるほど。ゴリラの森のような演出が施されている。時間がなかったために横目で見ながら今日は素通り。

イソップ橋を渡って西園へ。果たして爬虫類館へ到着するとかなりの人だかり。今トカゲは人気があるからなぁ。それでも並んでいる間に「え?こんな大きなヘビなの?」と怖がって途中から並ぶのをやめた親子も居たりして。いよいよ順番が来て触ってみると、ツルツルとしてなんだか生き物ではないみたいな感覚。へび革のバックやら財布で実は感触の記憶は折込み済みなのかもしれない。
凛とした無表情。ベトベト・ベタベタしない。むしろこんな感じが受けているのかもなぁ。

そのまま西園に留まる事になり、オカピ、キリン、ダチョウと順に見て回る。一段と人だかりがしているのはカバのコーナー。でかいカバがプールから出たり入ったり。時折でかい口をあけて、がぁーとか雄叫びを上げたり。飽きないなぁ。こんな人気者が狭いプールに押し込められているのが気の毒になった。

ちょっと休憩とばかり、近くのレストハウスであれこれと買う。息子はカキ氷。娘はソフトクリーム。ワタシは生ビールと枝豆・ヤキトリのセット。カウンターの中を見ると生ビールマシンがコーヒーのサーバーよろしく、泡まできっちりと量ったように口切一杯注がれて出てきた。テラスに座って昼ビール。子供のための動物園。大人のひそかな楽しみ。うまいねぇ(^^)。

「ボート乗りたい」といきなり息子。もう動物はいいのか?さっきまでフクロウがどうのと言っていたじゃないの。一旦思うともう心はボートへ移ってしまったらしい。仕方ない。弁天口から出て弁天様裏にあるボート乗り場へ移動する。
乗り場のチケット売り場には他に人は居なかったけど、切符を持って乗り場へ行くと、丁度降りてくるカップルが居て、それに乗り込むことになった。ワタシがオールの位置に座り、息子が舳先へ。娘と女房は後ろに座った。しばらく漕いで真ん中あたりに来たところで漕ぎたがっていた息子と娘にバトンタッチ。ワタシは舳先に座って”あとは任せた”状態。時折乾いた風が吹き抜ける。さっきのビールの酔いが回ってきてかなり気持ちいい。

ボート乗り場と反対側でチリンチリンとアイスキャンデー売りのおじさんが鳴らす鐘の音。近くまで行ってみると「アイスキャンデー」の看板は池の方に向けてある。

■2003/06/22 (日) 上野動物園へ その1

朝は9時起き。

さて、今日は何処へ出掛けるのかな?外は昨日ほど晴れていず、湿度も低めで風もある。なかなか快適。夏至に雨が降らないなんて何年ぶりだろうか。

朝飯を食べながら何処へ行こうか、と話す。なかなかまとまらない。「多摩川がいい」という意見から「ズーラシアがいい」という意見まで。それなら井の頭公園でもいいじゃないか、とワタシ。すべて却下となり、(なぜか)上野動物園に行く事となった。

東横線で渋谷。銀座線で上野まで。「昼ごはんは何にしようか」と駅のトイレを探しながら女房。決まらないうちに娘をトイレに連れて行く。何にしようかねぇ。駅構内にあるパン屋さんにした。上野駅は少し前にリニューアルされ、古い概観はそのままに中身をキレイに入れ替えた。上野駅っぽくなくなったけど、通行する人は増えた気がする。成功ということになるのかな。
それでも、昭和7年に立ち上がった駅の改札口のあたりは、桑原甲子雄氏の写真で見ると当時とそれほど変わっていない。なんだか不思議な気がした。

映画館の目の前から出て細い坂を登って東京文化会館前へ出る。今日は大道芸の人は居なかった。売店前を突っ切って動物園の入り口へ。「あれ?大人600円だったっけ?高くなってない?」(^^;たしか数年前に100円上がったんですよ。
中に入って早速パンダ。パンダ舎の中でひっくり返って寝ていた。食って寝て。あてがわれた相手と交尾させられる。貴重動物な彼に生きる目標はあるのだろうか・・・。周りの人たちは盛んにフラッシュを焚いて撮影に夢中。ひっくり返って寝ていたからか、ワタシはちょっと撮る気になれなかった。

元パンダ屋外運動場にはタンチョウが入っていた。この間のTVで釧路湿原の主とされていたあの鳥。盛んに羽を広げ、鶴の舞を披露してくれている。右羽が半分しかなく、それを我々に訴えているようにも見えたけれども。

その後、近くのベンチでさっき買ってきたパンを食べる。カツサンドやらサンドイッチを中心に、デザート系の甘いものも少し。うまいねぇ。ちょっとお値段はかかったけど(^^;。食べ終わった頃、園内放送で「爬虫類館前でヘビ、トカゲのふれあい体験を行います」とお知らせがあった。あと15分ではないか。「ゾウを見たい」「フクロウとワシが見たい」なんてあれこれ計画を練っていたのがすべてチャラ(^^;。すぐに西園の一番奥にある爬虫類館へ急いだ。

■2003/06/21 (土) 快晴、夏。

朝起きて青空。

寝不足の眼にまぶしい夏の太陽。

昨深夜終わらなかった荷造りの続きと朝飯。昨日の明治古典会で落札した小山の回収に行かなければならない。刺すような紫外線が土砂降りの朝10時。クルマで竹橋へ向かう。晴れた週末は久しぶりなので、行楽地へ向かうクルマは渋滞していても一般道はガラガラ。40分ほどで到着。木曜日の市会で落札した品物と一緒に持ち帰る。
たった20分も当たっていないはずの紫外線。店に戻ると皮膚が少しヒリヒリしていた。そういえば明日は夏至だ。

店にはまた新入荷の品物が小山になる。午後、今日ご入金分の荷物を荷造りしてみると発送荷物もまた小山になった。とてもこの量を隣駅の郵便局までは抱えて持っていけない。集荷を頼むことにした。

女房は3階で本の入力。ワタシは2階でデータ入力。オヤジと母親は昨日落札したばかりの本を整理。時間はあっという間に過ぎ行く。早く過ぎるってことは多分楽しいんだろうな。”やらなければ”という強迫観念(^^;が半分あるのであまり意識できないけれども。

昼飯やお茶の時間を使って妻夫木くんドラマの最終回。第一回で手が震えて処置できなかったあの頃の彼からほとんど成長していない様子が描かれたあと、彼なりにその壁を乗り越えていく描写がされてドラマは終わった。
こちら側(患者)の視点に立ちすぎて”失敗するかもしれない”と落ち着きのない医者に患者は信頼を寄せることは出来ない。かといって、落ち着き払ってミスをし、平気な顔をしている医者も困る(^^;。両極端な例は例にもならないが、医者も患者も結局は喜んだり悩んだりする生身の人間なわけで、医者と患者の関係も常に相対的だ。どちらかが重くなるとどちらかに傾き、やっぱりうまくない。
”考え続けていくことが答えなんだと思う”とドラマの中で吉田栄作氏の言ったセリフの重みが堪えたこの3ヶ月間だった。
主題歌を歌う平井堅氏のキャラクターがラジオを聞いてワタシの中に出来上がっている。いい歌を歌うだけにそのギャップも楽しめたなぁ・・・。これは余談だけども(^^;。

どの世界も苦しい。しかし、どの世界にもきっと救いや楽しみがあるはず。ドラマでは学歴職の最高峰に医者があると思っていた主人公が居たけれど、価値観は皆がそれぞれ違うものを持ち、それぞれに最高と思うものを胸に秘めている。

それさえ手放さなければ生きていけるんだと思う。

■2003/06/20 (金) 金曜、明古。

朝6時起き。

金曜日に早起きするのもあとわずか。

昨日の市会の荷物が少なかったためか、残置品も少ない。今日出品の荷物も立ち上がりは少な目。気持ちに余裕を持って作業開始。
幹事さんが集合し始めた9時半ころに、近くのコーヒーショップからお茶を取るのが慣わしになっている。ワタシが過去に食事係をしていた頃は、朝の食事を済ませてくる人が多く、それでも食べてこれなかった人のために軽食としてホットドッグを2、3個買っていた。大抵は残っていたけど、今思えばウマくなかったからかもしれない(^^;。
現在は経営員の人数分だけ何とかサンドという豪華なコッペパンサンドを一人ひとつづつ。結構隔世の感を覚えていたりして・・・。で、朝のお茶代も当時より倍以上かかっていたりする(^^;。

品物の付け合せ・荷撒きをしていると、山岳書の一口が目に入った。良質かつ大量。これはオヤジの真向きじゃないか、と朝電話を一本。昼過ぎに来ることになった。
作業は仕分けの口が少なかったこともあって順調。徐々に増えるお持込の荷物に対応しているうち、エレベーター側にも品物を張り出すほどの量になっていた。
昼飯を頂き、入札しているとオヤジが来ていた。ワタシは本以外の体裁をしているものを中心に入札。山岳書以外にも詩書や句集に目が行く様子のオヤジ。それは開札・発声が始まると立て続けに落札している様子から伺うことができた(^^;。今日も飛ばしてるな・・・。
こういう時は何となく頭が冴えるのか、ワタシもたくさん落札できたりする。二人して落札を重ね、気がつけばまた山のように買ってしまった(^^;。このあいだ大量に買ったときのものがまだ全然売れていないっていうのに、ネ。

市会終了後、大市会の運営会議に経営員主任として出席。大市会準備の進捗状況を事細かに説明を受ける。もちろん、こんなところには会議内容を書けませんけれど(^^;。

会議終了は19時半。それから買った荷物の付け合せ。ヌキは1枚で足りず、2枚目までかかっていた。金額は○○万円也。質・量を考えると思ったより安かったな。

ほとんどは明日クルマで回収に来ることにして、経営員の待つ飲み屋へOさんと急ぐ。さっき会議で聞いていた運営上の重要方針を皆で検討。飲み屋が閉店するまで濃い議論が続いた。

23時にお開きして帰り道。0時前に帰着したものの、仕事をしてたら3時になってしまった(^^;。

■2003/06/19 (木) 今日も市場

雨は上がっていた。

晴れている?なんで?
いやいや。実に貴重な晴れ間ですよ(^^)。台風の影響らしくてムシムシと暑かったが、風が少しあるのでそれほどキツくない。なにより空が晴れて気分も晴れた。

先日録画したままになっていたTVを見ながら朝飯を食べていると、女房が娘を送って幼稚園から戻ってきた。なんでも「今日は幼稚園お休みするー」とか何とか言って女房にゴネたらしい。へぇー、五月病かな?、とワタシ。「でも、幼稚園まで行ったら元気よく先生に挨拶してたわよ」と女房。じゃあ大丈夫だね、とワタシ。
いつも様子を見ている女房によれば、4月頃は環境に慣れるのに必死で、少なからず緊張していたのではないか?とのこと。「6月に入ってだいぶ慣れてきたから、逆に甘えたことを言ってみたくなったんじゃないかしら」となかなか冷静な分析。
幼稚園ではいろんなお友達としゃべり、遊ぶお友達も多いとの事。子育ての本を読むと、大抵のことは「心配ありません」と結んである。不安に思い、誰かに相談しようにも誰にも出来ない親が不安な気持ち一杯で読む子育ての本。実は親が思うほど大抵のことは心配ないことなのかもしれない。
いや、そもそも心配事なんて誰かに話すことできっと霧散するものなのだ。子供の不安って実は親の不安だったりして・・・(^^;。

今日も昼過ぎに市場へ直行。入札前に経営員主任さんへ明古大市会へのお手伝いのお願い。来期はHIDEさんがこちらの市会に深くかかわられるらしいので、話はなんだか思わぬ方向へ・・・(^^;。いえ、助かりましたけど。

入札して昨日落札の品をバックに詰め、神田駅方面へ歩き出す。西口商店街の中にある地鶏親子丼のお店で元祖親子丼を食す。お吸い物付きで780円也。食べ終わって外に出ると青空。カメラを持たなかったことを後悔(^^;神田駅から銀座線で渋谷。昨日出しておいた日曜日撮影のフィルムを回収。うーん、なんだかあんまりちゃんと写っていないなぁ。最近ここのラボは眼に見えて腕が落ちた気がする・・・。安かろう○○かろうって感じだ(^^;。ま。そんなところに頼む方も悪いんだけども。

戻ってから荷造りと発送作業。買ってきた本の整理・データ入力。ここ数日で店の棚はだいぶ動きましたよー(^^)。

明日は明古。ワタシが主任なのもいよいよあと2回だ。

■2003/06/18 (水) 雨雨・・・

今日も1日雨かな?と朝、窓を開けたとき思う。

昨日からの続きで引き続き荷造り作業。今日は水曜日なので、子供たちは半ドン。雨を気にしながら娘を迎えにいく女房。丁度時間が合わず、昼飯を食べずに12時頃市場へ出かける。

大量の出品。入札前に資料会主任さんに7月に開かれる明古大市会のお手伝いをお願いしに上がる。明古の大市は数年前に期間短縮を実施した関係で、他会経営員の方々の応援を頂かない限り開催できなくなっている。
今回開札日は日曜日。早めにご都合をお伺いするのはお願いする側の義務だ。

ざっと入札してから昼飯を食べに靖国通り方面へ。何にしようかと迷っているうちに腹が減ってしまい、結局は最初に眼に入った牛丼屋へ入る。お手軽に並と玉。これがこの値段てのは今更ながらに安いなぁ。ほぼ単一メニューだけで押していく潔さ。ファストフード業界はメニュー再編で揺れているというのに・・・。
食事を食べ終わって通りを歩いていると、なんと讃岐うどんを前面に押し出すハンバーガー屋さんが眼に入った。なりふり構ってないなぁ。

ちょっと銀座に用事。カメラ屋さんでライカのシンクロソケットを買う。使っているといつの間にか飛んで無くなっているので、予備も買っておいた。ちょっと前なら”ついでに”とか言いながらレンズを物色するところ。今持っているズミクロン35mmを非常に気に入っているため、他に眼が行かなかった。良いような寂しいような(^^;。

渋谷でこの間の日曜日のフィルムを現像に出して店に戻る。荷造りと発送作業の続き。外はずっと雨。

明日は蒸し暑いらしい。

■2003/06/17 (火) 荷造り三昧

朝から雨。

ウチの両親は今日も葬儀出席で留守。朝から甘露通信でご注文を頂く。FAXにビッシリ書きこまれたご注文書。沢山のご注文ありがとうございます。店に受注品の本の山がいくつか出来、店にお客様が居ないのをいいことに整理しては作業場へ運ぶ。雨のため、午前中はお客様一人もいらっしゃらず。

午後になって女房が仕事をしに降りてきてくれる。娘は今日も”お預かり”。早速あれこれと仕事をしてもらう。仕事=PCになっている現実。あまり好ましくない状況とは思うけど、店に置いただけでは売れなくなっている以上、これも仕方ない。

断続的に受注品の荷造り作業。雨が上がったのを見計らって郵便局へ持ち込む。その後もFAXなどでご注文が追加され、仕事に切れ間がない。昨夜出そうと思いながら結局出せなかったメルマガを18時になってやっと発行。

娘がお預かりから帰ってくる。幼稚園の先生によれば、今日の娘は”ブルー”だったようで、ちょっとしたことでメソメソと泣いていたそうな。普段は人一倍元気なウチの娘。天気が悪くて気分もパッとしなかったのだろうか。お友達とゆっくり遊べるからいいだろう、と時間ギリギリに行った女房に「おそいよー」が開口一番だったらしい。そういう気分の日もあるんだろうな。

閉店後に夕食を食べてから再び仕事開始。受注作業・荷造り作業をしているうちにあっという間に日付が変わる(^^;。うーん。仕事の要領が悪いのだろうか・・・。なんて思いながら日記を書き終わったのは、18日1時過ぎ(^^;。

仕事はまだ終わっていない・・・。

■2003/06/16 (月) あれこれと仕事

朝は7時起き。

今日は土曜日の南部大市会の引き荷の日。昨日は夜遅くに帰ってきたため、朝食は間に合わせのもの。コーンフレークの牛乳なし(^^;。いやあ、改めて食べてみるとこりゃ味気ないもんだね。食べ物というより鳥のエサみたい(^^;。日本の米食の贅沢さを知る。

9時に幼稚園へ向かう女房と娘。一緒に出てワタシは五反田へクルマで向かう。通勤の渋滞があるかと思っていたが、中原街道はスイスイと通過。五反田まで30分ほど。平日朝とは思えない。古書会館に到着すると南部の方に荷物を引き渡していただいた。すでに荷分けは完了し、落札品のヌキと売り上げ明細もついていた。仕事が早いっすねー!

10時前に店に一旦戻って荷物を下ろした後、そのまま1件仕入れへ。ご近所だったからクルマで15分ほどの距離。到着。歩道に乗り上げて一時駐車。目のまえに「違法駐車一掃モデル地区」の立て看板(^^;。スイマセン。すぐに仕事を終わらせますから・・・。

二世帯住宅3階建ての2階部分の玄関。入って書庫は3階。拝見して評価。お支払いしてお暇する。「頂き物だからどうぞ持ってって」とジュースを1本ご馳走になる。ありがとうございました(^^)。

店に戻ってからは今日買ってきた本の整理。昼飯後、女房も仕事。途中からご近所の方の葬儀があるのでオヤジも母親も出て行った。今年は町会の理事だか班長を仰せつかっているとのこと。その大変さはワタシも一昨年に経験済み(^^;。

今日から甘露通信の受注が始まった。午後5時までに受注分はなんとか今日中に発送できた。その後受注分は明日朝一番に出せるよう、店閉め・夕食後も荷造り作業。

篠山紀信のオリジナルプリントが売れたりして、充実の1日。

■2003/06/15 (日) さくらんぼ狩り&そば打ち体験ツアー その3

カーナビって一人で走っているだけなら便利な機械だが、他の人を先導していたりするとむしろ緊張する。使い始めの頃、このナビが無意味な大回りルートを指し示し、地図を持っていなかったから無批判に走ってしまって大汗をかいたことを思い出した(^^;。

芦川村は甲府盆地から一つ峠を越えた向こう側の谷あいにあった。一目でそれとわかる茅葺き屋根の建物。駐車場に停め、早速中に入ると天井のない屋根がそのまま見えた。

手を洗って席につく。そば打ち道具が並んでいた。4人で一組。ウチは家族4人。それぞれ組になってそば打ち開始。地元の奥様が丁寧に説明してくれるのだけど、なかなかうまくできない。小麦粉とそば粉は2:8の割合。混ぜるお湯はビーカーでしっかり測って少しずつ入れ、粉になじませていく。なじんでから手で捏ね始める。結構力のいる作業。息子と娘は粘土遊びよろしく、楽しそうに、といっても少し真剣に捏ね続ける。丸くまとめて伸ばして、麺棒を使って四角く伸ばしていく。伸びていくようでいて意外に伸びない。そのうちに隅が乾いて切れ掛かってくる(^^;。大変だ、早く打ってあげないと・・・。

そば打ち用の妙な形をした包丁で切っていく。思ったよりも分厚く切れてしまうものだ。田舎そば風、といってごまかしたり(^^;。
茹で時間の目安はちゃんと切れているものなら2分弱らしい。分厚いものが多いからとても足りないかな?しっかり茹でたつもりだったけど、それでも足りない様子。お湯を吸って膨張したそばはうどんのように膨らんでいた。

お湯から引き上げて水にさらす。流水で洗ってからざるに盛る。うーん、やはり太いね(^^;。そばつゆに絡めて食べる。・・むむむ。そばの味はするけど太いから歯ごたえが強くてそばのような食感が全然しないゾ。やっぱり難しいんだなぁ。そば打ちって。最後に追加でお願いした地元の奥様の打ったそばは細くて柔らかだった。食べ終わるやいなや、子供たちはマロンちゃんにちょっかいを出しに駆けていった。

食後のまったりした時間に部長HIDEさんのマジックショーが始まる。初めて見る人が多数だったので、”寿司ネタ・マジック”で盛り上がった。

16時半に終了。その場で解散となった。朝の移動中に雨が降った以外は曇だったものの天気に恵まれた楽しいレクレーションだった。皆さんお疲れ様でした。

帰りの渋滞もあって21時帰宅。仕事と日記書き。

■2003/06/15 (日) さくらんぼ狩り&そば打ち体験ツアー その2

ご主人のお話は続く。「古いだけに高い木が多くて。ウチの方は観光農園としてやってます。」ははぁ、なるほど。よくはわからないけど、きっと甲府昭和のあたりでは出荷する規模で生産しているのだろうな、きっと。

しばらくしてIさんのクルマがやってきて、次々にメンバーが到着。部長の黒ボルボも到着して一安心。どうやらカーナビに教わった住所を登録したら農園を経営している方のご自宅へ行ってしまったらしい(^^;。ハイテクの思わぬ落とし穴。結局十数台のクルマが駐車場を埋め尽くすことに。
ウチの娘はRTくんが連れてきたマロンちゃん(ミニチュア・ダックス)にご執心で、いっぱしに首輪を引いて得意げだ。息子は大人だらけの空間に少し引きぎみ。丁度自分の居場所を考える年頃らしい。同年代の人が居ないので少し窮屈なのかも。

さっきの中央道で停まっていたバスの影響で渋滞が起こっているらしい。後続のメンバーが引っかかって遅れると連絡が入る。待っている間にメンバーそれぞれで自己紹介。ご夫婦で、ご家族で。総勢30名弱。たいしたもんだなぁ・・・(^^)。
少し開始時間を遅らせてもらっていたが、あとの予約も入っているとのことで、11時半前にさくらんぼの園に入った。

木は低めで、踏み台があちこちにあって自由に使ってよいとのこと。まだあまり狩られていないのか、低い場所で鈴なりになっているものもあり。まだ小さいものを避けて大きくなったものを取って食べれば、さくらんぼ特有の甘酸っぱい味。うまいねぇ。あれこれ食べていると、意外に色が赤くなっているものでもなっていないものでも甘みが変わらないことに気が付いた。要は熟しているかいないかということのよう。

ウチの息子は結構食べていたが、相変わらず娘は2個食べたっきり。前回も一口食べて「あといらない」と言ってたな。アーもったいない(^^;。
我々も娘の分まで食べてやる、とたくさん取ったが、さすがに食べ飽きてくる。制限時間は40分だったけど、30分を過ぎたあたりでおしまい。皆さんのスナップを撮ったりしながら食休み。

ウチへのお土産にさくらんぼとブドウを買い、10数台のクルマは一路そば打ち施設のある芦川村へと向かうことになった。
途中、石和温泉駅前を通過し、ナビの端っこに昨年泊まった旅館の名前が出たりして、去年旅行で来た場所にニアミス。河口湖へ抜ける御坂みちを途中まで走り、右に折れた。

■2003/06/15 (日) さくらんぼ狩り&そば打ち体験ツアー その1

朝6時半起き。どんよりと曇。

今日は楽しみにしていた明古レクリエーション部(部長:HIDEさん、ただし任意団体ネ(^^;)主催の山梨さくらんぼ狩り&そば打ち体験ツアー当日。現地集合・現地解散ながらも、ブー太郎副部長お手製の栞をたよりに朝8時出発!

長距離のクルマに乗ると最近すぐに吐いていたウチの息子。やはり心配だったので出発前にあれこれと対策を練っていた。朝食に固形物をやめることと、乗り物酔いの薬を飲むこと。あとは車中BGMを”歌えるもの”にすること(^^;。
具体的には、朝食に今はやりのゼリータイプの食事を摂り、BGMにはポケモン、アンパンマン、忍たま乱太郎のCDをかけることにした。

今回は丸子橋を渡り、玉堤通りをひたすら西に進む。途中から狛江通りに入って北上。甲州街道にぶつかったところが丁度調布ICという寸法。高速に入ると快適な走り。大事をとってすぐに石川PAで休憩を取る。どうやら今日は息子のクルマ酔いも大丈夫そうだ。峠に差し掛かるたびに霧雨が大粒の雨に変わったりしてこの先の天気は大丈夫か?と少し心配になる。霧が立ち込めたような山あいの風景。霧の濃さ・薄さで遠近感が強調されていた。

長いトンネルを二つ抜けると甲府盆地に出る。1台の観光バスが一車線塞いで停まっていたな。横をスルリとすり抜ける。勝沼ICで降り、盆地に広がるブドウ畑をひた走る。カーナビに入力していたのは笛吹川フルーツ公園。あれ?笛吹川ってたしか去年の夏に行った石和温泉の鵜飼を見た場所じゃないの・・・。山梨市駅を通り過ぎ、しばらく進んで盆地のかけ上がりにたどり着く。この斜面の中腹に今日お世話になる農園があった。到着は10時半。

まだ誰もレク部のメンバーは来ていなかった。農園のおじさんに丁寧に誘導され、一番奥に駐車すると恭しくお茶を出していただいた。そうかぁ、我々は歓迎されているんだなぁ・・・。座ってお茶を頂いていると、「これもどうぞ」と漬物が。もうしばらくしていると「お子さんにどうぞ」とお菓子の数々が・・・。まだ誰も来ていないのが心配になり、今日の場所がここで間違いないだろうか、と看板を確かめに行ってしまった(^^;。

こちらのご主人が気さくに話しかけてくれる。「さくらんぼ狩りは初めてですか?」いえ、2回目なんですけど、この間は甲府昭和ICを出て少し行った場所でした。「ああ、あそこは歴史が古いんですよ」

■2003/06/14 (土) 南部大市会

朝から晴れ。

いい天気だけど暑い(^^;。一気に梅雨を飛び越したか?なんて思ったり。

7時に起きるつもりが8時過ぎ起床。ゆっくり朝飯を食べてから五反田へ出発。今日は年に一度の南部大市会。ウチも出品していたけど、それよりなにより入札です。今日は買い気満点ですよぉー(^^)。

五反田までは東横線で自由が丘乗り換え大井町線。旗の台乗換え池上線で終点。乗り継ぎが悪いと40分くらいかかる計算。神保町よりも電車賃は半額で済むけど、乗り継ぎが多くて気持ち的に遠い(^^;?

入札は2階会場へ進む。冷房が効いていて涼しい。なかなかいい品物が出てますねぇ・・・。高そうだなぁ・・・。うーん、まだ封筒が膨らんでないな。でも、まだ札が入っていないからといって手を抜いた札を書いても絶対に落ちてこないのです。開札は12時から。勝負札を入れてくる方々は開札の直前に入札されるのが常だ。

とはいえ、ワタシは部外者なので開札が始まって会場にとどまっているわけにも行かない。昼飯はウチで食べる、と女房にも約束して来たし、入れるべき物に精一杯入札したら帰ってくることにした。

あ。そうそう。いつも不思議なんだけど、自分が欲しい品物には絶対札が一杯入ってくるのに、ウチが出した品物には札がさっぱりなんだよねぇ・・・(^^;。市場ジンクスの最たるもの。

外へ出ると夏の太陽。蒸し暑い空気に思わず声が出る。あちいー。
フィルム減らしに持ってきたローライで五反田の街をパチリ。東急線のホームはビルの4階相当の高さにある。なんでこんな高い場所に立ちあがることになったのかしら。そう思いながらパチリ。なんとかフィルムを使い切り、ホームで電車を待ちながらフィルムを巻き戻す。4階の高さから見る五反田の町並み。

店に帰ってからは開札結果を気にしながら1日本の整理。昨日買った「おー日本」をデータアップしたり。

昼飯・お茶、晩飯と、子供たちがしきりにまとわり付いてくる。一緒に居るようでいて、ワタシのPCの前で仕事をしている姿は子供に近寄らせないオーラでも発しているのだろう。食事をして寝っ転がると蒸し暑いのに離れようとしない。まあね、先週日曜日も亀山湖へ出かけてしまったし、父親不足に罹っているのかもしれない。

明日はいいところへ連れて行ってあげるからな。・・・雨らしいけど(^^;。

■2003/06/13 (金) 金曜、明古。

月半ばの明古。どんよりとした曇空。予報は雨。

事情により1名欠席。大口出品も一段落したようで、立ち上がりから荷物は少なめ。要仕分荷の一口は無かったものの、地方荷は30箱超。早速作業開始。付け合せの荷物はカーゴで4台ほど。チェックして荷撒き。11時過ぎからお持込みの荷物が増えだしたタイミングで、地方荷の本日配達分が到着。かなりの大口でしかも要仕分荷。待ってましたとばかり皆さん一斉に群がってあっという間に仕分けは終了。すぐに荷撒きされた。どうやら今日はエレベーター側に拡張する必要もなさそうだ。

昼過ぎには入札にいらっしゃる方が徐々に増えてくる。今日は南部大市会も重なったため、地方からご入札にいらっしゃる方が多かった。
写真関係も出てますねぇ。目録で明日の大市にかなり写真関係が出品されていることを知っているので、さて、どこまで突っ込むか、とここが思案のしどころ。・・・なあんて、書いても書いても落札札にはなかなか届かないものですよ(^^;。
空はいつしか晴れ間が広がっている。夏の日差しが眼にまぶしい。

開札の終了は16時過ぎとさすがに早め。片付け終了も17時前。今日はこれから今期事業部の打ち上げ会が開かれる。会場は神保町に立ち上がった再開発ビル中にあるすき焼きのお店。

コースで一人○○○○円とか。うーん、スゴイなぁ。前菜がひととおり出た後、いよいよ薄切りされたお肉の登場。最初だけお店の人が調理してくれる。うーん、ウマイねぇ。その後、お肉が追加され、食べきれないほどに。まあったく贅沢してますよ(^^;。
今期事業部長さんより経営員全員に記念品を頂いた。ありがとうございます。入札の折に使わせていただきます。
2次会は近所のカラオケへ。事業部長さんのお知り合いの方も飛び入り参加で盛り上がる。その後、シコツ湖ゲームへ。大勢でやるこういうゲームは最高だ(^^)。歌うよりも楽しい。ワハハハハハハ、と半年分くらい笑い転げて終了時間まで。

めでたくお開きは23時。帰り道が一緒の事業部長さんと東横線で帰る。
帰着は日付が変わる前。こんな早く帰るのはずいぶん久しぶり。駅を降りて店までの道を満月と対面して歩く。夏の夜って好きだ。

その後、仕事を2時まで。

■2003/06/12 (木) 1日店

朝から雨。いよいよ梅雨も本番。

ウチにブレードランナーのDVDがあるんだよ。と先日女房に言ったところ「あるんなら見せてよ」と言われていた。撮り溜めしておいたビデオが無かったので、朝飯を食べながらブレードランナーを見ることになった。すごいヘビーだなぁ(^^;。大画面じゃないからすこしせせこましいのだけど、映画自体がオールセットのツメツメ・カルトドラマだからちょうどいいのかもな。
ハリソン・フォードが若い。今度インディー・ジョーンズを撮るらしいけど、アクションはまだできるの・・・?ちなみに女房はハリソン・フォードの大ファン。
にしても、朝食の納豆と合わない映画だこと(^^;。

朝から荷造りをいくつか。そのうち昨日古書会館から送った荷物が2箱到着。早速開梱して整理を開始する。午後は女房がデータ入力の仕事をしてくれる。ワタシも負けじとデータ入力。

お茶の時間にもDVDの続き。ちょうど息子が帰ってくる。娘はお友達のお誕生日会にご招待されて留守。今頃ケーキを食べてるのかしら。

来週いよいよ大市会他会経営員の方々にお手伝いをお願いする時期になる。あわてて去年の資料を引っ張り出してきて復習。そうか。もう1年経つんだなぁ・・・。経営員としていろいろと用意しておかなければならない仕事があるんだけど、なかなか大市会の全体像が見えてきていない。もちろん我々に話が降りてきていないだけなのかもしれないけれど。ちょっと不安になってきた今日この頃・・・。

ワタシはこの大市会を最後に明古経営員を辞することになった。8年もの間、いろいろな方にお世話になりっぱなし。なんとかその恩返しとなれるような大市会に・・・なるといいんだけども(^^;。

夏の予約を昨夜入れた。今までは旅行代理店の店頭まで行ったのだけど、今年はネット予約。クレジットカード決済でクーポンは直前になってメールで送られてくるそうな。進んでいるような味気なくなったような。ちなみに、伊東へ1泊。スペシャルなオプションがあるらしい(^^)。梅雨明けが楽しみだ。
一応「安い」「近い」「プール」の条件はクリアしたけど、「混む」かもしれないよー(^^;。

明日は明古。

■2003/06/11 (水) 新古書会館

いよいよ落成まで1ヶ月を切った新東京古書会館。

落成を記念してのイベントが「古本拡張計画」としていろいろと計画されている。今日はその方々が会場の下見をされる日に当たっていた。我々明古も柿落としで計画されている大市会の運営に当たる。特別に下見のメンバーに加えて頂いた。

その前に仕事。今日発送分の荷物を荷造りし、郵便局へ持参する。なんだか空いていた。甘露通信の打ち出しをし、昼飯を食べずに12時ごろ出発。九段下で降りて印刷屋さんへ原稿を持ち込む。丁度13時。そのあとどこかで昼飯を、と思い、白山通りの方へ歩いた。いつもの天丼でもよかったのだけど、今日はラーメンを食べることにした。以前この近くの本屋さんに勤めていた頃洋品店だったお店は、改装されてラーメン屋さんになっていた。やたら元気な店員さん(女の子)の声。安くてそれなりにおいしかったが、ワタシは個人事業主の商売が表通りにもかかわらず成り立たなくなっている状況に寒さを感じてしまった。

14時に新古書会館前に集合し、まずは会期中乱歩展が開かれる地下会場へ。なんだかホテル並みのエントランス。会場の中はスポットライトで照らされ、やはり今までとは全く違う印象だ。床はフローリング張り。きれい。そりゃアタリマエかもしれないけど、なんだかもったいなくてちゃんと使えるんだろうか・・・(^^;。ここは普段古書展会場として今後運用される予定。

1階はエントランスと駐車場。2階は情報発信コーナーに交換会会場。
3階と4階がメインで使用される交換会会場となる。やはり現在広い会場で市会を運営しているため、どうしてもかなり狭く感じてしまう。でも面積的には旧会館とそれほど大きく違わないのではないだろうか。これから什器が入り、また印象も変わるのかもしれないけれど・・・。
うーむ、ここで大市会の運営か。どこに何を配置するなどの細かい決定責任から経営員は開放されているけれど、いざ「これで行きましょう!」と決める方には大きな責任がのしかかるはず(^^;。いよいよあと1ヶ月ですぞ。早くしないと遅くなります。

そのあとついでに8階まで見学させてもらったけれど、ここからは守秘義務ということで書かないことにします。でも8階からの眺めはなかなかよろしかったなぁ。

HIDEさんにお茶をご馳走になった後、市場で月曜日の落札品を荷造りして店に戻る。

夕食はチャーハン。

■2003/06/10 (火) 1日店

朝から曇がち。

息子は8時に学校へ。娘は9時に幼稚園へ。女房は川へ洗濯に・・・じゃなくて娘を送りに。その間、ワタシは荷造りを。女房が帰ってきてから朝飯の納豆丼を女房と二人でゆっくり食べる。先日から刻まれた茗荷が入り、いよいよ夏が近い。おかずは日曜日に海ほたるで買ってきたイカの塩辛。この塩辛がコリコリとしていてウマイんだ(^^)。

開店してラジオを聴いていると今日から入梅”したかもしれない”とのこと。あいかわらず予想が外れると困るのか、歯切れの悪い発表だ。ともあれ、あと1ヶ月強で夏だ。この間桜が咲いたと思ったのに。時間よりも速いものがこの世にあろうか。無いね。比べられるものが他に無いから普段は意識できないだけだ。

夏休みの予定を考えなければならないのだけど、行きたいところが底を突いてしまった(^^;。とにかく”近所”で”安い”場所じゃなければならず、増して”すいている”状態でないと我慢ならないらしい。そんな条件が揃う場所なんてどこにでも転がっているわけじゃない。今年は場所選びが難航してしまった。早く決めないといいところから予約が埋まるからなぁ。
那須は?「遠いんじゃない?」館山はどう?「海でしょ?混むよー」(^^;。子供たちの要求も厳しい。「プールがいいー!(^O^)」ますます決まらない(^^;。

今日も店で夫婦して本のデータ入力作業。息子は学校から帰ってくるなりサッカーしに出かけ、娘は仲のいいお友達に誘われてお預かり。17時少し前までまったりとした時間が過ぎる。と行くはずだったのだけど、火曜日にしては珍しく(^^;お客様が引きも切らさずいらっしゃる。お買い上げありがとうございました。

閉店後、ご注文いただいたお客様へメール書き。再び小山が形成される。大量ご注文はやはりうれしい。

お店もかなり健闘。荒木経惟「わが愛、陽子」売れる。お買い上げありがとうございました。

■2003/06/09 (月) 中央市会へ

昨夜は仕事を0時で切り上げた。

布団に寝っころがりながら金曜日に借りてきた「夏子の酒」の続きを読む。つい面白くて読み過ごし、気が付けば2時。あれ?確か昨夜はこの時間に起床したんじゃなかったっけ・・・(^^;?

案の定朝は9時に起きる(^^;。朝飯前に仕事をして、店を開けたあと一気に発送荷物を郵便局へ。週明けはいつも荷物が多い。お買い上げありがとうございます。

今日は思い立って中央市会へ。とにかく店の棚を入れ替えようという作戦なり。長く見慣れた本の背。いつまで見ても売れ筋に変わるわけではない。変えるにはどうするか。見ているだけではダメである。(アタリマエだけど・・・)

13時過ぎの電車に乗り、竹橋へ。そういえばもうすぐこの場所ともお別れだ。長いようで短い1年半(強)だった。この場所はかなり使いやすく、ここで仕事に慣れてしまったので早くも”新会館へ帰りたくない”という現場の人間がいる(^^;。お気持ちよーくわかります。今度の明古大市は新会館の柿落としになる。運営する立場の我々は不安で一杯だ。広さは?使い勝手は?
今週会場の下見会がある。とにかく、話は実際に見てからだ。

ちょっと歩きたかったので神田駅まで歩く。銀座線で渋谷。今月で閉館になる東急文化会館をデジカメで撮影する。この場所にはいろいろと思い出があるんだけど、いよいよ無くなるんだなぁ・・・。
壊した跡地を何に利用するのかは全く決まっていないという。

店に戻って仕事。女房に本のデータ入力を頼む。最近はこの仕事に関してはまかせっきり。一つ肩の荷がおりた感じ。ワタシよりも仕事が正確かもしれない・・・(^^;。

奈良原一高「ヨーロッパの静止した時間」売れる。

■2003/06/08 (日) 亀山湖

深夜1:50起き。目覚ましなしで目が醒める。

道具類を揃え、コンビニで食事を買い込んで3時に出発。クルマの中でサンドイッチ。いつもの通り。
市原を過ぎて、あたりは霧が一面立ち込めるようになった。インターを降りると急に濃度が深くなる。薄明とあいまってひどく幻想的な空間。一般道にもかかわらず○○km/hで突っ走る。亀山湖到着は4:30。5時前に出船。

霧雨とはよく言ったもので、霧も深くなると霧雨状になる。風が結構あり、横殴りの霧(雨)。用心に3枚着てきたがそれでも寒い。5時半に島裏でヒットがあったが、ウカウカしていたらはずされた(^^;。しまった・・・。

6:40島裏(インサイドベント)で3インチバレットにヒット。32cmが上がった。まずまず。しばらくしてフックの在庫が底を突き、船宿で買い求める。最近めっきり平日昼間の散歩をしなくなった。シーズンだというのに釣り道具を仕入れる時間が取れないためだ。変な形のフックだったからワームがまっすぐに付けられない(^^;。

寒かったからお湯を沸かし、カップラーメンを食べる。船上で暖かい食べ物は格別(^^)。満腹が災いしたか9時過ぎにどうしても眠くなり、島裏の岸際に寄せて昼寝をする。当初寒かったが、寝ている間に晴れていた。足に太陽の光が当たっているのを感じ、11時前に起き上がる。

11:40島裏(インサイドベント)で3インチセンコーにヒット。30cmが上がった。今日はラインを取り替えたばかりなので、ファイト途中に切れる心配が少ない。安心してバスが抵抗をやめるまで水揚げせず。いい天気。日向はさすがに暑いが吹き抜ける風はまだ涼しく、釣りをするには最高の季節だ。

その後、音なしが続く。バスの居そうな場所には今年生まれの子バスがスクールしており、それを度度30cmオーバーのバスがボイルしている。バスがバスを食っているわけだけど、とにかくエサが足りているのか、元気なバスほどワームを咥えてくれない(^^;。苦戦。

もうやめようかな、と思った直後、16:50に島裏(アウトサイドベント)で4インチセンコーにヒット。33cmが上がった。釣果は以上3匹。

帰りは広域農道を○○km/hでぶっ飛ばし、木更津ICまで30分。海ほたるでお土産を買い、近所の釣具屋でワームフックを30本買い込む。1割引きセール中。ラッキー(^^)。

帰ってからは仕事仕事仕事。

■2003/06/07 (土) 荷造り三昧

朝は9時起き。結構よく寝た。

昨深夜やりかけた荷造り仕事がたまっていた。朝飯を食べる前から少し始める。10時から朝飯。金曜夜に録画してもらった妻夫木くんのドラマを見始める。とても見切れない。10時半に開店。

息子は週末におばあちゃんの家へホームステイ。しばらくして帰ってきた。そういうお泊りが楽しい年頃なのと、そろそろ自分専用の空間を欲しがってきているような気がする。ワタシが学生時代使っていた机の引き出しを開けたり閉めたり、中に入っているノートを見たり。勉強したがっているのだろうか・・・?そういえばワタシも、かつて大学受験でガリ勉したり、卒論を書くためにかじりついていた自分の机に10年以上座っていないな。

店が開いたのでワタシは2階で荷造り三昧。入金票と本をあわせ、丁寧に荷造り。大変だけど結構好きな作業だ。15時過ぎに郵便局に集荷してもらう。今日は20通を軽く越え、30冊が旅立っていった。いつもありがとうございます。

昼飯を食べながら妻夫木くんのドラマの続き。親は子供を生んだから親になるのではなく、子供を育てて行く過程で親になっていくのだろうな、と思った。”考えて行くことが答えなんだと思う”という父親の言葉に今回のシリーズが集約されている。

17時過ぎから店番。

明日は亀山湖。

■2003/06/06 (金) 金曜、明古。

昨夜は仕事を早めに切り上げたおかげで寝起きがいい。

6時起きで7時まで仕事をし、あわててパンを1枚齧って駅の改札を通過する。あ。しまった。明古のエプロンを忘れた(^^;。駅員さんに言って一旦店に戻る。

今日は9時集合。要仕分け荷は3件でカーゴ5台。余裕のある運営ができる量だった。うちカーゴ2台分の荷主さんが経営員よりも早く朝からいらしてくださった。ありがとうございます(^^)。作業は順調に進む。

11時過ぎから持ち込みの荷物が増えだし、会場は残置品をおいてある場所以外はすべて使用するほどに。月初めで荷物が少ないといってもしっかり集まるなぁ・・・。

ワタシは寺山修司の写っている大きな額装された写真を落札。ラルティーグ展を開催している美術館前の階段で、氏が佇んでいる様子を少し引き気味に捉えている。美術館と思われる列柱をバックに、隣に恋人たちが仲よさそうに並んで座っている隣で一人寂しげな表情をしている。いい写真だ。

仕事が終わった後、明古アウトドア部で来週出かけるレクレーションの予定を急遽詰める。当初木更津で潮干狩りと思っていたのだけど、そのあとの枇杷狩りができないことがわかり、予定は変更になった。山梨方面に行く予定。

大きな額装写真。ダンボールを当てて十文字に縛る。飲み会はK会館屋上のビヤガーデン。こういう場所のおつまみはそれなり。でもビールはやっぱりうまいねぇ(^^)。湿度が低く、風が強くて少し寒い感じだったけど、次期経営員主任と次期事業部長さん(予定)が仲良くお隣同士で話していたりして。和み系。時折バニーさんがビールを注いでくれたり、トークをしたり(^^)。飲み放題時間はあっという間に過ぎた。ご馳走様でした。

九段から錦華通りまで徒歩。Yさん、Oさんと一緒にバーで泡盛。ご馳走様でした。

終電1本前の電車は渋谷に近づくと車内は満員になる。寺山修司の大きい写真の保持に苦心(^^;。帰ってから仕事を2時まで。

■2003/06/05 (木) ガスコンロ

今週はじめにガスコンロの片側が点火しなくなっていた。

早く買いに行かないと料理が出来ないんじゃないの?と聞くと「片側だけでも出来るよ」と女房。火曜はクルマがなく、水曜はワタシが1日留守ということでのびのびになっていたけど、やっと買いに行った。

郊外ロードサイド型大規模電器店は平日ということでガラガラ。店員さんの方がお客様よりも多いほど。ガスコンロのコーナーを見るとずいぶん値段によって機能に差があるようだった。なんと6000円からグリル付が置いてあった。安いんだなぁ。これにあと2000円足すと自動着火式になる。あと2000円足すと”省エネ”タイプに。と、お値段によってグレードがわかりやすい。これが5万円とか6万円になると完全に業務用と見てもいいくらい立派なものとなり、電気で加熱するIH型だと10万円を超える。こういう大きな買い物はあまりしないため、選ぶ主役の女房はあれこれと見ながら楽しそうだ。

店員さんがすすすっと寄ってきて、「コンロの置く場所で壁はどちら側ですか?」と聞く。それがわかるとどうなるの?と思いながら左側です、と答えると、「右と左で火力が違うんです。最近になって壁の内側がガスの炎で長期間のうちに炭化して、低温火災を起こす危険性が指摘されているんですよ」と言われた。なるほど値段表の横にはコンロの出力カロリーが書いてあり、右が4000なら左が2000というように明確な差がつけてあった。ウチは左側が壁なので右側の火力が強いものを選んだ。そういえば今回使えなくなったのは右側だった。知らず知らずのうちに右ばかり使っていたのだろうな。

このあいだTVを買ったときに引き取ってもらったのを覚えていたので、今日も壊れたコンロを持参していた。会計の時「1000円かかります」と言われ、スゴスゴと持って帰る(^^;。そうか、これはリユース出来ないものな・・・。

店に戻り、ご入金いただいた本の荷造り発送作業に追われる。女房は3階で本の入力作業。ワタシは終日2階で荷造りと入力作業をして過ごした。ご注文品が山のように積み上がっていてうれしい悲鳴(^^)ありがとうございます。閉店間際、「黒い太陽」をお求めのお客様。わざわざご来店頂き、ありがとうございました。

閉店してから今日がオヤジの誕生日だったことに気が付いた。おめでとう・・・ってもうめでたい歳でもないのかな(^^;?

■2003/06/05 (木) 目録編集日だけど・・・。

今日はいろいろとあって、書くと書かなくていいようなことまで書きばしってしまいそうだから、何も書かないことにします。

■2003/06/03 (火) 1日店

朝から昨日ご入金いただいた分の発送で忙しい。

昨日1日留守をするのはいいけど、ワタシしか把握していない仕事が山積みになる(^^;。うれしい悲鳴なんだけど大変は大変。
いつもご注文ありがとうございます。

今日も朝からいい天気。季節はすでに夏になっていた。暑くなりそうだ。

オヤジたちはどこぞの山へお出かけ中。店を開けてから昨日買ってきた本と昨日入荷した本を整理・入力作業。午後になって女房が入力作業を開始。最近面白くなってきた模様。もちろんバイト代は出してますよー。それでかな?

作業をしているとお客様が本をお持込み。大変すばらしい本だった。早速評価し、当店としてギリギリの価格を申し上げる。快諾頂いたのでお支払い。ありがとうございました。

初めて扱う本に興奮気味。早速に値付けをし、データベースに投入することにした。女房はその金額に目を丸くしている。
ほかの本の入力を続けていると、先ほどアップした本にご注文をいただけた。やはりいい本はお客様がほっておかないのですねぇ(^^)。ワタシが扱った中で一番高価な本だった。ありがとうございました。
代わりに店売りは超低空飛行が続く・・・(^^;。

閉店後、気分よく夕食。後、仕事を続ける。

明日は再び1日市場。目録の仕事でカンヅメ。

■2003/06/02 (月) 明治古典会大市会目録編集日

朝6時半起き。

メールボックスをあけようとすると開かなかった(^^;。またかいな。
ADSLモデム、ルーター、プロバイダー。このどれかが落ちているのが原因。ルーターとは調子よく繋がっているようだったけど、モデムはどうかな?と初期化する。やはりダメ。時間切れ。8時に東横線で市場へ向かう。

今日は大市目録編集初日。とはいえ、先週金曜日から経営員も作業をお手伝いしている。
全国から寄せられた逸品の目録。それがどのように編集されていくのか、興味を寄せる方は多いはず。今年からその方法が大きく変わり、経営員のお手伝い内容も大きく様変わりした。

ま。こんなところで多くを語ることは出来ないけど・・・(^^;。守秘義務守秘義務。

ちょっとだけ秘密を公開。一番大きく変わったのは写真版の扱い。いつもならトレペがけとトリミング指定して印刷屋さんに提出をする写真版原稿。これをまずすべてデータ化し、PC上でトリミング作業を済ませてしまう、というのが今年の方法だ。ただし、この作業にはある程度PCのスキルが要る。誰でもが簡単に出来る作業ではない、という点に注意が必要。

午前中一杯、経営員4人はPCの前でデータ作業をした。ワタシの前に座った方から「甘露さんスゴイ顔してましたよ。あんなに機嫌悪そうな甘露さんは初めて見ました。」と感想を頂く(^^;。スイマセン、怖がらせてしまって・・・。PCの前に座るとキャラが変わるみたいなんですよ、ワタシ(^^;;。
昼食を挟んで作業再開。その前に久しぶりに中央市会で入札する。いろんな方から「どうしたの?」と聞かれたのは日焼け(^^;。昨日運動会で1日外に居たらこうなったんですよ。確かに腕が真っ赤。Tシャツで境目が出来、まるで紅白饅頭のようにめでたい色合い。

午後はPCデータの加工を少しする者と、原稿の整理作業に分かれる。19時の作業終了時間までみっちりとデスクワーク。皆さんスタミナがありますね(^^;。

中央市では結構な量を買えていたが、肝心な一口をやられる。まあいつものこと。本気で買おうとしたら売値以上で買う羽目になるのが常だ(^^;。

戻ってきて夕食を食べる。そのあとネットに繋がらない不具合を調整し、今回はルーターの不調が原因だったとわかる。

山のように積み上がったメールを受信し、コツコツとお仕事。

■2003/06/01 (日) 運動会

朝、昨日に続き、早朝の電話。
外は霧雨。運動会決行のお知らせ。なんと!

女房はそのままお弁当の準備にかかる。ワタシはうとうとしながら8時ころまで惰眠をむさぼる(^^;。

9時半頃に小学校へ到着すると、開会式が終わって体操をしていた。ラジオ体操を廃止して、なんだかゆるい体操だなぁ。どこかキビキビした雰囲気が感じられない。雨はしょぼしょぼと降り続いていた。

ところが、競技が始まると、一転して皆生き生きと見えてくる。どうやら全体の中に埋没してしまうようなゆるいものには反応が悪いようで、リレーや徒競走など、自分ひとりで走っている時間が長いものほどやる気が出るらしい。確かにそうだろう。人は「見られている」と思えばしっかりするもんだ。
で、徒競走も我々の頃は男女別々がアタリマエだったけど、今は一緒が当たり前。男女の体力差(ハンデ)を考慮しないとそれはそれで不平等になるような気がしたけど、最近は発育がいいらしくて関係ないのかな(^^;?確かに男の子よりずっと体力がありそうな女の子が結構居た。
最近は走っても1等とかしっかり判定してくれない運動会もあるらしいけど、ここはちゃんと順位をつけてくれる。ウチの子はどういうわけか80m走で1等。「初めてだよ(^^)」と喜んでいた。その気持ちを忘れるなよー。

午後が近くなって雨は完全に上がり、日が差すほどに回復。小雨のぱらつく早朝に”決行”を決定した先生方の英断に感嘆。

12時からお弁当。午後のリレーを見たらそろそろ娘が限界。飽きてしまったらしい。帰ることにした。

ワタシはウチでゴロゴロしながら先週借りてきた「夏子の酒」をむさぼり読む。途中、電話が入ったのをきっかけに仕事をしていると息子が帰宅し、「人生ゲームをやりたい」と言い出した。買ってから約1ヶ月で初めて家族4人で人生ゲームをやる。途中どんなに貧乏をしても一応ゴールできておカネもそこそこ貯まるように出来ている。なんだかなー。ずいぶん簡単な”人生”だよな(^^;。

夕食は久しぶりに女房お気に入りの居酒屋へ。20時半に帰宅し、そのあとは仕事仕事仕事。

明日は明古大市目録編集で朝から晩まで市場でカンヅメ(^^;。

2003年05月 < > 2003年07月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター