Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2002年11月

■甘露日記 2002年11月

■2002/11/30 (土) フリマ

朝、普段よりも早く目覚ましが鳴る。

そうか、今日はフリマがあったんだった(^^;。
小学校主催でフリーマーケットが開かれる。子供たちのおもちゃの類が山のように積み上がっていて、たいして遊んでもいないのになぁ、と常々思っていたところ。女房がうまく「これを売れた分はお小遣いにしてもいいわよ」と誘いをかけると、息子はまんまとノってくれた(^^)。これで少し減るでしょ。

「じゃあ行ってきまーす。」と元気に出かけて行った。問題は値段のつけ方だけど、売れなきゃしょうがないから途中から値下げも考えるだろうし、問題ないでしょ。とにかく、商売の大変さを実感してもらえれば参加した意味も増える。
小学校主催なので参加費は無料。かわりに売り上げの半分(!)を上納することになっているらしい。

出掛けに「つり銭をほしいんだけど」と両替のため女房に起こされてから眠れないので、TVを見ながら用意してくれたお茶漬けをかっこんだ。10月から始まったドラマもいよいよ佳境に入っている。そうか、もう12月だものな・・・。
開店する時間が近づいてから眠くなる(^^;。

荷造り作業。発送は母親に隣駅の郵便局まで行ってもらう。ワタシはPCを使っていよいよ年賀状の印刷に入る。これを済ませておかないと12月を迎えられない。以前は近所の印刷屋に頼んでいたんだけど、1/3以下の金額で数倍キレイな効果が得られてしまうので、自前ですべてやることに。表書きが印刷だと味気なく見えるので、市販の年賀状ソフトは導入していない。

そうこうしているうちに女房が子供たちを連れて帰ってきた。
どうだった?「うん、結構売れたよ。」金額は?「○○○○円」えー?そんなに売れるものなの?持って行ったもののほとんどを売り切った様子。なかなか商売上手じゃないの(^^)。まあ、利益とかそういうことを考えずに売ることが出来ればなんとでもなるんだけどねー。

これで部屋が少しは広くなればいいんだけど・・・あんまり変わってないね(^^;。

■2002/11/29 (金) 特選市会

だいぶ寒くなってきた。

それは、朝6時に起きる時の抵抗感として実感できる。
とはいえ、ワタシは冬が嫌いじゃない。いや、むしろ夏よりも好きだ。気温と湿度の高い都市の夏は尋常の域を超えている。それに比べたら最近の高温傾向のぬるい冬は丁度いいというかんじ。
起きると耳の奥の方でごおーっと音がする。血液の循環がイッキに高まった音だ。よし、今日も一日頑張ろう!

朝7時半過ぎの新丸子駅ホーム。階段を上るといつも同じ場所に佇んでいる女子高生が一人。マフラーはしていたけど、女の子はスカートで寒そうだ(^^;。コートでも着ればいいのにな。お風邪を召されませぬように。

8時半に古書会館。あれ?みんな集合してる。Yくんが昨日の状況を見て気を利かせて集合時間を早めてくれたらしい。有難う!働かない主任で申し訳ない(^^;。
昨日も一新会は一口入って盛況だったらしい。その名残が会場一杯に広がっていた(^^;。今日から作業開始の資料会さんの大市との兼ね合いを考えながらの残置品片付け。不足するカーゴ。一部直置きしながらの作業。9時半くらいまで時間をとられる。ヤレヤレ。

地方荷が50箱に要仕分け荷が数口入っていて、会員さん総出で1件仕分けていただく。封筒付きながらカーゴ5台分ほどの荷物を下ろしながらチェックして撒くいつもの作業。作業は12時までたっぷりかかる。

気が付くと最終緋毛氈には今日も特選品の数々。目録でお知らせ頂いていたあの本は、原稿は一体いくらになるのだろうか・・・(^^;。それにしても毎回毎回次から次へといい本が出るものですなぁ。

最終台の開札が終わって、今度は今日発生した残置品の整理である。資料会さんの作業がそろそろ始まる。それまでに会場半分を整理。さらに半分の場所へ荷物をまとめる。明日は月末の土曜日で会館は閉鎖。ここに残置品が残っていてはならない状況なんだけど・・・やっぱりゼロにはなりませんね(^^;。

仕事がはねたあとは神保町交差点際の焼肉屋さんへ。お食事代は会にご負担いただきました。ご馳走様でした。
その後、Sさんに合流していただき、駿河台下のバーでご馳走になりました。ありがとうございました。

今日は終電で帰宅できた(^^;。帰ってから仕事をすこし。

■2002/11/28 (木) ADSL

朝から快晴。気分よろし。

毎日読んでいる朝刊の占いには「仕事に親しむべし」とある。大人しく昨日市場から持って帰ってきた本の整理を一日続けることにする。

昼前に郵便。前金を頂いたので、午後荷作りをして郵便局まで。

実はADSLの申し込みをした。昨今は価格競争が激化し、どこにしようかと選べる幸せな状況だ。でも、メールアドレスを変更するのが面倒で、結局現在契約しているプロバイダーから来たキャンペーンのお知らせであっさり決めてしまった(^^;。安易だなぁ・・・。
12月1日からNのフレッツADSLモアが月額2700円に値下げとなり、プロバイダーの月々も490円でいいと言う。もうそろそろ乗り換えてもいい価格になった。いや、現在契約中のフレッツISDNの料金よりもいつの間にかずっと安くなっていた。

ADSLではYがかなりシェアを伸ばしているようだけど、あちこちで世評を伺っていると必ずしも評判が良くない。料金的には魅力だし、IP電話という将来的に伸びそうなものも標準で付いてくるので迷ったけど、普及を待ってからにすることにした。仕事に使っている以上、安かろうでは困る。多少高くても安心を買うことにした。

12月に入ってすぐにNからコンサルティングの電話が入る事になっている。ISDN工事の時にも確かそういうものがあった。アナログ回線への切り替えとADSL開通が同時でないと困るんだけど、大丈夫だろうか。

とにかく、インターネット12M生活が目前に迫った(^^)。

■2002/11/27 (水) 今日も市場へ

快晴。

開店して荷造り発送。お買い上げありがとうございます。

市場へ行く。今日は開札時間に遅刻できない。クリスマス大市で資料会の経営員さんにお手伝いをお願いしており、今日はどなたにお手伝い頂けるのかお伺いしに行く日に当たっていた。

行きの電車はガラガラだったけど、中目黒から満員に(^^;。本も読めないとは、朝のラッシュ以上・・・。

市場で入札。資料会経営員の主任さんにメンバーをお知らせいただいた。ありがとうございます。当日もどうかよろしくお願いいたします。

月曜日に持ちきれなかった本を担いで帰路につく。途中Bカメラで先々週の写真を受け取る。ズーラシアに行ったとき、久しぶりにローライフレックスを持ち出した。ブローニーフィルムは近所で(安く)現像できないので、渋谷に出すことにしている。
渋谷から乗った特急に揺られながら写真を見る。撮影した日はどんより曇った寒い日だったが、カラリと晴れた今日の空に影響されてか、写っている子どもたちの表情がイイからか、プラナーの描写力か、とにかくいい写真に見えた。
最近はめっきりモノクロ写真を引伸ばすこともなくなって、同時プリントをお願いしてしまっている。もう少し頑張らないと、ね。

店に戻るとご入金とご注文を頂いていた。お茶を飲むのもソコソコに発送作業。郵便局が閉まる17時が迫っていた。なんとか仕上げて慌てて郵便局へ駆け込む。やあ、間に合った(^^;。
ホッとしてドアを開ける。空を仰ぐと夕焼けの見事なグラデーション。

明日も頑張ろう!

■2002/11/26 (火) 仕入れ有り

朝から少しづつ晴れ間が広がる。一週間ぶりくらいかしら。

今日は午後に仕入れがある。朝飯を食べていると電話が鳴った。今日お伺いする予定の方からだった。何時ごろになるかというお問い合わせ。ご都合のよろしい時間をお知らせいただけましたらその時間にお伺いします、とお伝えすると、午後に決まった。

朝からご入金をいただけたお客様が重なり、荷造り作業など。郵便局から発送して戻り、本の入力をしているうちに昼飯の時間が近づく。仕入れがあるから時間に対して少しタイトに。あまり腹が減ってなかったけど、済ませてから出掛ける準備。
オヤジと二人でクルマに乗り込み、実はワタシの通った母校近くのお宅まで。母校の様子は相変わらずのように見えたが、周りの様子がかなり変わっていた。うーむ、月日の流れか・・・。

本を見せていただき、お金をお支払いしてから本をクルマに詰め込む。失礼して帰ろうとすると、「お茶がはいりましたから」とお誘い。ありがとうございます。お茶を頂きながらいろいろとお話をしたり。

店に戻ってから本の仕分け。市場に出すものは無かったので、店に出すもの、店頭品にするもの、古書店用にするものと分ける。
延々その作業。飽きると本の入力作業。繰り返し。

気が付くと夕食の時間だった。チキンカレー。美味。

■2002/11/25 (月) ひさしぶり

朝から雨。

月曜日は午前中から何かと仕事が多い。連休中にご注文いただいた本の発送作業が立て込む。気が付けば時計はもうすぐ13時。時間の経つのが早いのか、仕事の要領が悪いのか・・・。

二週間ぶりの中央市会。立ち上がる本の山に沢山のご同業さんたち。スゴイ迫力に何となく気後れ(^^;。いえ、久しぶりですから・・・。
気を取り直して入札開始。気合を入れすぎたか、持ちきれないほどの”量”を落札。ディパックと手提げに目一杯入れたが半分しか入らない。丁度いい量を落とすのも難しい。

帰り道は雨。店に戻ってメールチェック。ご注文を多数いただく。いつも有難うございます。

■2002/11/24 (日) 打ち直し

未明には雨が降ったようだ。

朝起きてどんよりと曇り。路面は濡れていた。北風が強いが、季節外れの台風が影響しているとTVが言う。メーワクなヤツだな。
天気が悪くては出掛ける気がしない。お出かけすることなくゆっくりと過ごす事にした。

娘の布団が小さくなってきていた。4年と少し前、娘が生まれた時に息子が使っていた布団を打ち直しして拵えたものだった。いや、布団の大きさは変わらない。娘が大きくなったのだ。
今日、店の隣のふとん屋さんに打ち直しを依頼した。今息子が使っている布団を娘に使ってもらい、打ち直したふとんは息子用にする。年内に仕上がってくるらしいので、今から楽しみ。
ふとんの打ち直しという仕事もだんだん廃れているらしい。ウチがふとん屋さんにお願いできるのもこれが最後になってしまった。

その足で近所のビデオ屋さんへ。先週半額セールで借りたCDとDVDの返却期限。今日が半額セール最終日なので、入れ替えにまた借りる。オーシャンズ・イレブン。CDは平井堅氏のものをズラッと。

午後はゆっくりと家で家族4人してカルタとトランプをして過ごす。夕食を近所まで食べに行って、帰り道に新丸子西口の花水木に仕掛けられた電飾を見物。なかなかキレイ。部屋へ戻ると、子どもたちは眠くなったらしい。19時にはふとんに入る。すぐに寝入ったからDVDをスイッチオン。イッキに見終えた。にしても、軽い映画だったなぁ・・・(^^;。

北風が強い。明日もこんな天気とはガッカリ。

■2002/11/23 (土) 久しぶりに店

昨夜も帰ってから仕事。

朝起きてどんよりと曇っていた。連休だというのにいい天気じゃないなぁ。明日も今日のような天気が続くと予報。やれやれ。

店を開けると早速お客様。幸先良くお買い求めいただける。ありがたい。一日なんとかうまく過ごせればいいな。
2日間サボってしまった本の整理を再開。本も溜まってたが、それ以上に”やらなきゃ”という気持ちが溜まっていた。普段ならつっかえつっかえの仕事が、今日はスルスルと進む。気分が乗ると作業は思ったよりも早い。

お昼過ぎにご入金分の荷物を郵便局まで。あとは店番しながらの入力作業。これもまたスルスルと片付いていった。

天気は良くなかったがお客様に沢山ご来店頂いた。売り上げもすこし上向き。ありがとうございます。明日もこの調子で、どうか!

■2002/11/22 (金) 大市も二日目

昨日よりも少し早く会場入り。

明古経営員約一名、遅刻・・・(^^;。開札時間には何とか間に合う。仕事に間に合ったから良いんじゃなくて、決められた時間に来るのが当たり前。気をつけてね。

大市会は昨年まで開札作業をバイトさんが担当していた。それは開札の公平性を保つ為と理解していた。我々明古経営員は、当時何回か開札以外の仕事でこの大市会に関わらせていただいた事があった。大変な金額の取引が続行中の真剣勝負の場に、バイトさんの高笑いが会場内に響き渡ることが何度も繰り返された(^^;。
そばにいた我々は気が気じゃない。「ウルサイっ」と会場に訪れたご同業さんに一喝されることもしばしば。それでも騒ぐのをやめないバイトさんたち。ついにご同業さんの怒りは”たまたまそばにいる”我々に向かうことになる(^^;。

そんな光景は今年から過去のものとなった。静かで仕事が確実な我々の仕事は大変好印象だったと伺った。事故の発生も防げた。ホッとした。

最終発声終了後、会場の整理を経営員もお手伝い。予定時間より1時間も早く予定されていた作業は消化された。

御茶ノ水駅近くでの打ち上げ会にご招待いただき、明古の経営員は全員お邪魔することになった。二日間とはいえ、仕事をご一緒させていただいた方々とお酒の飲むのはとても楽しい。どうもご馳走様でした。

ビールがおいしくて何度もおかわりをしてしまった。飲みすぎ(^^;。

■2002/11/21 (木) 大市のお手伝い

今日は古典会大市会。

朝の東横線は結構なラッシュ状態。普段明古へ行く時はラッシュをはずした時間帯だったことに気が付いた。文庫本さえ読むのが辛い。たしか目黒線の開通で混雑は解消されるはずだったのになぁ・・・。

9時20分集合。大市のお手伝いは久しぶり。古典会さんの場合、1点単価が高いので品物の扱いには注意が必要だ。明古の経営員は開札作業を担当することになる。明古の大市会と少し開札方法が違うので、作業開始前に説明など。
出品点数約3000点のうち、今日開札するのは半分。余裕あるスケジュールで本が目の前を通り過ぎていく。最初からスゴイ値段の品物が出たりしてさすが古典籍の迫力を感じる。

作業は順調に進み、昼食の時間に壁際にかけられた幅物の入れ替えをこなしたり。午後に入り少し雰囲気に慣れ、品物を見て回ったりするが、札の入れ具合を見るととてもじゃない値段になりそう(^^;。手張りで買うには単価が高すぎるかなー。

おやつの時間に幅物を再び取り込んで開札。その後も順調に開札は進んで予定通りに作業終了(^^)。

明日も今日と同じ集合時間で2日目の日程が組まれている。

店に戻り夕食。息子の風邪は快方に。熱はおろかニコニコと笑っていた。明日は学校へ行けるね。様子を見ただけでワタシも元気が出た。

明日も頑張ろう!

■2002/11/20 (水) 本の整理

愛書会期間が終わったあとはすぐに荷造り作業があって、本の整理が全く出来なかった。

そのため、買ったままの本が放置される状態が続いてしまった。市場で買った本はちゃんと一週間のうちに検品しておかないとあとが大変だから(^^;、今日は少しあせりぎみに本の整理を開始。集中してやったけど、集中しすぎて疲れたのか実は思ったよりも進んでいない・・・。

今週は大市があるので通常市会は一切ない。おかげで追加される本はないけど、この期間中にやっておこうと思っていた仕事があまり進まず、状況は逆に悪くなってきた。

明日あさっては大市のお手伝いのお仕事が入る。もう少し全体的な仕事のピッチを上げていかないといけないんだけどなぁ・・・。

息子の熱は今日も良くならず、食欲もない様子。やっとヨーグルトやスナック菓子を食べる程度。午後になって少し状況がよくなったのか、近所の医者まで女房に連れられて行って来た。風邪、だそうだ。

明日も学校休むのかなァ。

■2002/11/19 (火) 一日店

朝起きて息子が高熱。

またか・・・(^^;。忘れた頃に寝込む風邪をひく。今年の夏は特別長かったから疲れも蓄積されていたのだろう。よく寝て休むように。

開店前に郵便局へ三往復。愛書会展でご注文いただいた本を発送する。寒空だけど汗だく(^^;。

医者にも行かずに一日寝込む息子を置いて、開店したあと女房に2時間ほど店番をしてもらい、昨日に引き続き荷造り作業。今日でなんとかすべて発送することが出来た。

久しぶりにカメラページを更新。

夕食は息子のリクエストでうどん。閉店後食べに上がると、当の本人は結局うどんを食べる元気がなかったようで、氷枕に臥せっていた。ワタシは寝込んでなんかいられないから、努めて免疫力を保てるようにカスピ海ヨーグルトを欠かさず食す。

■2002/11/18 (月) 一日荷造り

快晴。

昨日がこうだったらなぁ・・・(^^;。

開店と同時にS運送さんが店のそばに横付け。カーゴに載った荷物をカーゴごとリフトで降ろす。カッコいい。

店に運び入れる。オヤジが15分遅れで店に来たのを合図に、荷物を2階に上げる作業。ゆっくりやったけどやっぱり汗だく。そりゃそうか。
午後はずっと荷造り作業に費やす。ほかに何も出来ず。作った荷物は明日朝一番に発送する予定。沢山のご注文ありがとうございました。

明日は久しぶりにカメラコーナーを更新する予定。

■2002/11/17 (日) ズーラシア

朝は7時に目覚まし。

曇天ながらもズーラシアへ出かけることにした。メールチェックして一通り仕事をした後、軽くパン食をしてクルマで出る。中原街道をひたすら南下すること40分。よこはま動物園ズーラシアへ到着。

山をひとつ切り開いたような場所には1500台収容の広大な駐車場。入場ゲートには双眼鏡やベビーカーの貸し出しコーナーも設置されている。入場券を求め、中に入るとジュラシックパークのような密林の雰囲気が演出されている。案内図を見ると上野動物園や多摩動物園のような回遊できる構造ではなく、入口から出口まで一方通行で見てまわる形式で、もしもう一度見たい動物がでたら来た道を逆流する必要がある。

ゾウから始まって、オランウータンやライオン、トラなどが、趣向が凝らされた展示場で佇んでいる。鉄格子の檻ではなく、分厚いガラスで隔てられた展示場が多いのが特徴。これは上野動物園もゴリラの森で採用している。
ただ、今までの動物園の形式に慣れているワタシにとっては、どうも演出過剰のような気がしてしまった。肝心の動物がこの寒さでじっとしている様子を見ていたからかもしれないが・・・。

昼飯を園内のレストランで食べようと思っていたが、大変な行列で入る気にならない(^^;。最初からこういう事態を想定していたのか、レストラン前は芝生広場になっていて、皆さん敷物を敷いてお弁当を広げている。近くの売店で弁当を買って食べることにした。

上野動物園ではだれも見ていなかったオカピにものすごい人だかり(^^;。やはり実体よりも演出ひとつでこれだけ人は惹きつけられるものなのか。それとも、心地よい演出がなければ見る価値を見出せないほど現代人の眼が弱っているのか。当のオカピがどんな想いで我々を観察しているのかは知る由もないが。

全体を見た感想。やはり東京Dランド成功の影響は大きい、ということ。動物園も全体をテーマパーク風に仕立てなければ人を集められないという危機感を持っている。
”演出”に重きを置いた為か、今日記を書いている時にあれこれ珍しい動物のことを思い出そうとしても、印象が薄くなってしまっている。
動物の展示が終わった先に子供用の遊具広場があり、賑わっていた。当然ウチの子二人も小一時間遊びまわった。

帰りにショップでオカピの人形と動物人形焼をお土産に買って帰路につく。なんだか最後の遊具が一番リアルだった気がする。

■2002/11/16 (土) 当番

ほどなくして、近所まで昼飯を食べに出る。

なんだかちょっとした充実感。気分よく天ぷら定食を平らげる。こんな気持ちになれたのは数ヶ月ぶりではないだろうか。

食べ終わったらすぐ会場に戻り、自店の棚を整理。その後はお茶菓子を買いに出ることにした。当番には仕事が沢山あるのです。
昨日のお茶菓子代金が○千円あまり。結構な金額。今日はワタシが買いに行く以上、目標半額で考える。かといって皆さんが満足なさらなければ何にもならないので、御茶ノ水駅地下にある安い洋菓子屋さんでワッフルとシュークリームを買ってくることにした。さくら通りからすずらん通りを抜け、駿河台下交差点を渡って古書会館前を通過し、ニコライ堂前を通って到着。計25個で2625円。結構なボリューム。
帰り道は来たそのままを折り返し、教育会館そばのコンビニでペット茶3本と煎餅を少し多めに買う。合計は○千円あまり。経費4割節約に成功(^^)。

お茶のあとは普段なら売り上げ札の計算係りになるのだけど、そちらはオヤジに任せ、ワタシは終了の17時までずっとレジに座る。

17時閉場。皆さん一斉に片付け作業。無言のなか、作業音だけがゴーという音となって会場内に響く。オヤジはそのまま引き続き会計の作業を続行中。ワタシは展示本の片付けをひたすら続ける。
おおよそ1時間後にはほとんどの方が片付け終わる。展示台も会員さん皆で片付ければそれほどの時間もかからない。会計計算も順調に進み、違算というほどのでかい違いは出なかったようだ。

今回の当番でウチが気をつけたのは会計と言うことに尽きる。商店街の会計を長年やっていたオヤジは、どうして計算が違ってくるのかを数週間前からあれこれ考えていた。また、増え続ける経費の中で、何処と何処を削りやすいのかも検討していた。
その中のひとつが飲食費。これは削ろうと思えばかなり削れる部分だ。今回はオヤジが少し安い場所を会食会場に設定したことと、ワタシが御茶ノ水まで歩くことで稼ぎましたよ(^^;。

■2002/11/16 (土) 愛書会

今回当番の愛書会。

ついつい昨深夜は仕事をしてしまったため超眠い。起床は7時。起きてメールチェック。荷造り仕事3件。うーん、はっきり仕事病だね、これは(^^;。

8時半に東横線に乗る。辻邦生氏の時代小説を読んで感動で涙をにじませているうちに神保町駅。曇天に北風。あまりお出かけ日和でないところが”古書展日和”と前向きに考える。寒い日は古書展徘徊がいいですゼ。
9時半前に今回一緒に当番のO書林さんと会場入り。昨日の会計は如何でしたか?と立ち話。

10時開場。早速お客様多数。ワタシはレジに座り、金の出入りを厳しくチェックする。会計で違算が出ると皆さんの帰り時間が遅くなり迷惑がかかる。その予防の意味でも、努めてレジに座ることにした。時折襲いくる猛烈な睡魔(^^;。緊張感を保つことでなんとか追い払う。

すると、カウンターにご夫婦でお客様。ウチが目録に出したものにお問い合わせですよと、G林荘さん。なんと、数日前に夢二の絵葉書集のことでお電話を頂いたお客様だった。そのときに電話で応対させていただいたのもワタシ。ご注文はいただけなかったので、そのときはガッカリしていたのだった。その後いろいろあれこれ考えられて、やっぱり気になったからご来店いただけたとのこと。しかし残念なことに品物は店に置いてきてしまった(^^;。お客様の表情が曇る。
ここで”済みません”などとお断りしてしまっては名折れだ。すぐに店に連絡を入れる。昼飯を食べてから来ようなんて思っていたらしいオヤジに”すぐ夢二を持って来る様に!”と言い付ける。
お客様には12時頃には到着させるように致します、と申し上げる。傍らで奥様がニコニコしていらっしゃるのがとても印象に残る。

急になんだか気持ちが落ち着かなくなる。ちゃんと時間通りに持ってきてくれるのだろうか。そういえば昨深夜に作っておいた郵便物を出してもらう仕事も頼んでおいたし・・・。あれこれとアタマに浮かんでは消える。でも今日はなぜか気持ちが前向きだった。いつも最後には”ま。何とかなるでしょ。”と気持ちを切り替えることが出来た。
果たしてオヤジは12時少し前に到着。お客様は12時20分頃に再びご夫婦でご来店していただいた。ありがたい。
早速お見せすると一枚一枚検品されたうえで納得してお買い上げいただけた。

終始「あら、いいじゃない。ステキ。」と言ってくれた奥様が天使に見えた。

■2002/11/15 (金) 金曜、明古。

今日から東京古典会大市会の作業が明古通常市と平行して開始されると聞いていた。

朝8時半に会場入りし、古典会さんで運営を担当される方と入念に打ち合わせ。ここからここまでは古典会で、と申し合わせ。その後は昨日の大口出品で沸く一新会の残置品整理。作業場の確保を最優先にすべての仕事を組み立てる。
要仕分け荷多数有り。よし、やる気が出てきた。制約のある中での運営。これは新会館へ移ったときの予行演習のようなもの。これでうまく出来なければ新会館へも移れない。

普段なら先に赤毛氈を設営する作業メニューを変更させてもらい、仕分け荷を二口展開。順に作業が終わった口を撒いて、あけたその場所で要仕分け荷をもう二口展開。よしよし順調。場所が無いならすぐにあける。空いている会員さんには仕事をしていただく。これ鉄則。

フロアの半分では古典会さんが地方荷を開けて大勢で作業中。なんだか普段の倍もにぎやかでなかなか良い雰囲気(^^)。そうこうしているうちにお昼が近づき、持込荷もピークを迎える。総点数は1000点を超え、とうとう古典会さんが作業をしている場所へも進出させていただいた。どうもご迷惑をお掛けします(^^;。

10月から続いていた超大口は今日がいよいよ最終日。それに合わせたわけでもないと思うけど、マンガ雑誌のものすごいキレイな大口が出品され、開札してびっくりの高値で取引されていた。通常市会で何の予告もなくこういう口が出てくるのが明古なんだなぁ・・・。

終了後、近くの居酒屋さんで経営員大勢と、古典会さんの方々とでSさんにご馳走になった。ありがとうございました。その後二次会は駿河台下で終電後まで続く・・・(^^;。

タクシーで帰り着いたのは2時少し前。その後仕事で就寝は3時過ぎ。

■2002/11/14 (木) 並べの日

快晴。開店。

BGMは今日もラジオ。

今日は夕方から明日から始まる愛書会展の品物陳列の日。今回ウチは当番に当たっており、何かと気ぜわしい。ワタシは明日明古で出られないので、オヤジは朝から手順の復習に忙しそう。

16時少し前に店を出て、神保町へ向かう。日本教育会館には17時少し前に到着。あ。そうだ。入館に必要な書類を受け取ってくるのを忘れた・・・(^^;。夕暮れの神保町を急いで錦町へ向かって歩く。
会場へ戻って鍵を受け取り、愛書会会員さんの皆で展示台の並べから始める。台を並べ終わり次第展示作業開始。

20時に一応終了ということで、近所で天ぷら定食を食べて店に戻る。ふだんより少し時間が遅かったので、電車はラッシュ状態(^^;。

店に戻り、明日に向けての残務。

■2002/11/13 (水) 一日店

昨日店に下ろしておいた愛書会展の荷物。

最近はS運送さんが開店前にいらっしゃったりするので、朝から少し身構えたけど、到着を知らせる電話もない。

さて、今朝は息子の通う小学校で学習発表会があるというので、女房に連れられて娘とともに出掛ける。
9:30に体育館へ到着すると、息子たち3年生が舞台前に作られた雛壇に整列していた。リコーダーを中心に、ピアノ・太鼓などと合わせて合奏の披露。指揮も3年生がやったので、ちょっとバラバラ気味でハラハラしながら聞く。指揮というよりも合奏にあわせて手をふる感じ。実はワタシも中学生の時、学校の合唱で指揮をした事があり、そのときを思い出していた。ピアノに合わせて手を振っていたっけ。こういう演奏の時、指揮者がすべてを主導しなければならないことを知ったのは、中学を卒業してからだった・・・(^^;。

合奏が終わってからは、多摩川へ授業で観察に出かけたときの記録などを数人づつ発表していた。最近の小学校は進んでいて、なんとパソコンで作った絵をプロジェクターでスクリーンに映し出してのプレゼンテーションですよ。すごいなぁ。ワタシたちの頃ならきっとデカい模造紙を使ってただろうな。
なつかしの遊びを発表する、という企画もあって、お手玉で”あんたがたどこさ”を披露したり、ベーゴマ遊びを披露したり・・・。へぇー。TVゲーム世代の彼らにはこういうのが珍しいのかな?と感心した。でも、これって学習なのかな?
10時になったのを合図にワタシだけ店に戻ってきた。

今回の愛書会はいつも以上にご注文をいただけた。どうもありがとうございました。
店にかけておいた山高登氏の「本郷菊坂」の版画を下ろす。無事に嫁入り先が決まりました。
運送屋さんは午後に到着。その後は前金分を荷造り・発送作業。データの打ち込み作業。

今日はBGMをラジオにした。オヤジは気にならない様子。母親はちょっとアップテンポの曲がかかると気になるようだった。でも山下達郎氏の曲がかかると「あ。この人の声はいいねー」とのことだった。

結構好みが出るからBGMの選択も意外に難しいみたい。

■2002/11/12 (火) BGM

朝、店を開ける前に娘はオヤジたちに連れられて出掛ける。
来年から幼稚園に入るので、今のうちに一緒に思い出作り。

開店してから、使っていなかったコンポを店の一角に据え付ける。室内アンテナをセットして、コードを繋げてスピーカーを棚の上に載せ、スイッチオン。・・・あれ?全然ラジオが入らない・・・(^^;。どうやら電波が弱いらしい。それでもどこか入るかも知れない、と思ってチューナーと格闘。やっと入った!79.1Mhz。KFM。ニュース番組がだいぶローカルな話題ばかりで、好きな人にはたまらないと思うけど、もう一息・・・。

他の局は何度試してもザーっというノイズしか入らない。コンポの説明書を引っ張り出してきて読んでみると、電波が弱い場合には外部アンテナに接続するべし、とある。イッチョやってみますか。

何度か郵便局まで荷物を運びに行くついでに、近所の電器屋さんへ。TV用の同軸ケーブルのコネクターと短いケーブルを売っていた。店員さんに聞いてみる。TV用のアンテナをFMのアンテナ端子に繋げて有効ですか?曰く「TVとFMは周波数帯が近いから有効だと思いますよ。でもケースバイケースだから、ノイズが全部きれいサッパリ無くなるかといえば必ずそうなるとは言い切れませんけど。」そりゃそうでしょうな。
つなげても全く効果ないと言われなかったことに安心して、コネクターを購入して戻る。開店以来一度も使っていなかった1FのTVアンテナ。早速接続してみる。果たして劇的な改善がみられた。よかった!あの局もこの局も聞ける。

民放に合わせてBGMを聞きながら仕事。時間帯によって内容が随分変化することを知る。曲紹介くらいしかアナウンスがない番組がある一方で、ゲストを迎えてトーク中心の番組で音楽が全然流れなくなったり・・・。FMなら最新の流行ものからトラッドなものまで只で聞けるから、安直にBGMはお任せにするつもりだったのだけど、どうもそう単純にはいかないようだ(^^;。
なにかBGMに丁度いいイージーリスニング系のCDを借りてくるか・・・。

娘は日がとっぷり暮れた16時半過ぎにおばあちゃんに連れられてご帰還。大暴れだったそうで、帰りのクルマでは疲れておねんねしていたそうな。さもありなん。

閉店後、明日搬出の愛書会展荷物を店に下ろす作業。

■2002/11/11 (月) ひさしぶり

朝起きて快晴。未明に甘露旬報は更新済み。

布団を畳むついでに娘の布団を干す。晴れている時には一日一枚づつ交代で干すことにしている。布団もけっこう大きくて重いから一度に全部干そうと思うと億劫になるけど、一日一枚なら苦にならない。
生まれたばかりの時には娘の布団もでっかく見えたけど、今じゃそろそろ打ち直しを考えなければならなくなってきた。たった4年?いやいや、4年間というのはホントはそれくらい重い時間なんですよね。

久しぶりに中央市会へ行く。最近は月曜日になんらかの祝日があたってしまうことが多くて、先週休会だったためか、処狭しと本が立ち並んでいた。まるで本の森・・・。沢山の本は沢山の人を集める。ご入札にいらしているご同業の方々多数。いい本は封筒パンパンの入札札。さて、ワタシは何を買って帰りましょうか。

17時過ぎに開札が終了し、ワタシは今日もディパックと手提げ満載の荷物を買って帰ることが出来た。もう少し本の流れが良くなれば強気で買い集めることが出来るんだけど、しばらくは辛抱しながら気持ちをゆったりめに保って仕事をしていきたい。
買えても買えなくてもイライラしてては身が持たない(^^;。

秋が深くなり夜が来るのが早くなった。重い荷物を抱えながら、帰りに電器屋さんに寄ってクリップタイプの簡易照明を買う。店頭にワンポイントで照明を当てて、夜店の屋台じゃないけど(^^;少し明るくしてみた。

店内がシーンとしてて雰囲気が良くないので、明日からBGMを流す予定。

■2002/11/10 (日) バードウォッチング

朝起きたら9時半(^^;。寝すぎ。

朝飯を食べて出掛ける準備。今日は息子のたっての希望でバードウォッチングに行く事になっている。先週「鳥の図鑑が欲しい!」と言っていたので神保町でワタシが買って帰ってから、ずっと図鑑を見る日が続いていた。巻末にバードウォッチングのことが書いてあったから実行したくなったのかも。

快晴。12時に家を出て渋谷でお弁当を買う。半蔵門線で永田町。有楽町線で新木場。京葉線で葛西臨海公園駅。ここの敷地の約半分はバードウォッチングのために干潟が再現されているらしい。巨大な観覧車が京葉線の車窓から見えると、子どもたちは一斉に「のりたーい」の大合唱(^^;。問題は料金で、一人700円だから4人で2800円・・・。最近お小遣いをもらい始めた息子にはお金の価値がわかり始めているから、今読んでいる本が4冊買える金額だよ、と説明するとおとなしくなった。「のりたーい」とまだ元気な娘に「また今度にしようよ」と説得する側に回ってくれた(^^;。

水族館と観覧車側の賑わいとは対照的に人影もまばら。空いているからサイクリングに丁度良いみたい。何度もすれ違う。
少しひらけた場所で弁当を広げる。青空に水族館のドームが映えていた。そういえば随分入っていないな。栗おこわの入った弁当はうまくて、あっという間に食べ終えた。

肝心のウォッチングは塀に開けられた覗き窓から鳥の様子を観察する本式のもの。持っていた8倍の双眼鏡を家族4人で取り合いし、サギやチドリの様子を観察する。息子は持ってきたメモ用紙に色鉛筆でサッとスケッチする。なかなか特徴をとらえていてうまく書けている。その様子を真似して娘も負けじと鉛筆で鳥を書いていた。うん、なかなかウマイよ。

季節的にカモが淡水池に来ており、いわゆるサンニッパを付けた立派なカメラをご持参の方が結構いらしていた。あんまりファインダーを覗いている人がいなかったけど、もうシャッターを押す時間帯じゃないのかなぁ。
しばらくして海際に出る。遠くアクアラインの海ほたる。近くDランドのアトラクションやオフィシャルホテル群を対岸に臨む。人工なぎさのつくる入り江には屋形船の群。青く透通る空。広い風景を見るのは好きだ。

一回りして駅に戻ると夕景。観覧車の向こうには夕陽を背に富士山が浮かび上がっている。BMのフラッシュを光らせ記念撮影。

夕食は新丸子のファミレス。

■2002/11/09 (土) 一日店

朝は8時起き。

ご注文品・発送の品物を荷造り。発送は母親が隣駅の郵便局まで。
外は晴れたり曇ったり。北風が強く、寒気がかなり上空に入り込んでいるようだ。ラジオを聞きながら、来週に迫った愛書会展の会場展示品の荷造りをする。

今回の愛書会展は続々ご注文を頂いている。ありがとうございます。横尾忠則氏の色紙額、山高登氏の版画額。そして入沢康夫氏の原稿や吉増剛造氏の詩稿。ありがとうございます。

ネットからもいくつかご注文を頂き、お店も土曜日でちょっと忙しい。なんとか。どうにか。

■2002/11/08 (金) 金曜、明古。

大口が続く。

先週より予告先発の全集沢山の口はなんとカーゴ16台。スゴイ迫力で控え室に収まっていた。経営員は8時半集合で、まずは昨日400箱分の市会で出た残置品を片付ける作業。

その後は経営員を6人と幹事さん3人の体制でカーゴを空けていくが、思ったよりも作業がはかどらず。なんでかなぁ・・・(^^;。経営員主任として、ほとんど仕分けの場所に付きっきりになっては良くないので、時々仕分け場所からはなれて荷受したり、荷撒きをしたり。辛抱強く最初から全集の仕分けをしていた人が多くなってしまい、それは反省点。とはいえ、仕分けの場合、途中から人員を追加しても事情がわからなければむしろうまくない。そのあたりが難しいところ(^^;。

持ち込まれる荷物も順調に伸び、残置品の載っていた展示台を少し片付けて場所を確保しなければならなくなる。あれこれと動いているうちに結果として、今回も本来のリミットである12時を過ぎてしまった(^^;。別に手を抜いて仕事をしているわけじゃないんだけど・・・。

仕分けの精度をある程度確保することはやはり大事だ。出し方ひとつでこれくらいの大口ならかなりの違いに繋がることもありうる。精度とスピード。相反するこの二つの要素を両立させるには・・・。どうしたらいいのかナ。

開札は順調に進んだ。最終開札は17時。会場いっぱいに広がった荷物の片付け。S運送さんが次々運び出してくれるため、順調に片付いていく。

終わったあと、神保町再開発ビル1階のイタリアン。経営員数人でSさんにご馳走になりました。ありがとうございました。そのあとはすずらん通りにあるバーで終電まで。いろいろとお話を伺うことが出来た。

店に戻りついたのは1時少し前。メールチェック。やっぱり仕事を3時まで(^^;。

■2002/11/07 (木) 一日店

朝から曇り。

昨日飲み過ぎたか、少々寝不足のようなアタマを引きずる(^^;。

いつもの仕事をこなすのが精一杯。それでも、やっと本の山の一角を突き崩す。あと少し。あと少しでございます。

オヤツの時間に昨日お土産に頂いた有名なお菓子をいただく。そういえばその存在は前から知っていたけど、今回初めて食べました。少し甘みが強めで昔風に仕上げられていてお茶によく合う。ご馳走様でした。

気が付けばクリスマス特選市が迫ってきている。そろそろ細部を決めておかなければならない時期にさしかかってきた。さ来週一週間通常市会が休会になるので、来週中にお手伝いを各会にお願いしなければならない。

明日はまた大量の荷物が到着している模様。クリスマス特選市を横目で気にしながら(^^;。さて、明日はどんな市場になるのだろうか。

明日は明古経営員副主任の適切な判断とすばやい手配のおかげで、経営員は8時半集合に。頑張りましょう。

■2002/11/06 (水) 飲み会

午後から市場へ。

一通り見て、入札。結果はどうだったろうか。今日も2軒本屋さんに寄ってから店に戻る。

ある方が結構値の張る本にご注文くださり、夕方にも取りにいらっしゃるという。ありがたいお話(^^)。18時過ぎにお土産ご持参の上、ご来店され、店の本も追加でご購入いただいた。有難うございます。

久しぶりだったので、普段家族で飲みに行く近所の店まで二人で出かけた。ついつい日本酒を過ごし、気が付けば23時前(^^;。
いっぱいいろいろ話したけど、ここにはちょっと書けないか・・・。

大荷物を背負ってお帰りになった。ありがとうございました。お土産は明日のお茶の時間にいただきます。

その後仕事しているうちに日付が変わる。

■2002/11/05 (火) 連休明け

朝起きて、仕事。

今日は連休明けで発送の荷物が結構積み上げられていた。
開店後、郵便局へ持って行くと、ATMの行列と郵便差出しの行列が渾然一体となって入口を塞いでいた(^^;。やっぱりなぁ・・・。公共機関が週の半分休んでしまうとこんな感じです。
ワタシの差し出した荷物も大口だったから結構時間を食う。その間も行列は長く長く伸びていく。

昼飯を食べたらすぐに古書会館へ向かう。愛書会の目録が到着し、今回当番のOさんが荷分けをしてくれていた。遅くなりました。どうもすみません。
前回会員の皆さんに書いてもらった数通りにポスターと目録部数を分ける。余った分を箱のまま会長のお店に持っていって終了。
あとはちょっと2軒本屋さんを回って帰ってきた。

メールチェックするとご入金いただいている方がお二人。慌てて郵便局へ出しに行く。いつも有難うございます。

■2002/11/04 (月) 一日店

明日、愛書会の仕事で古書会館へ行かなければならない。

そのため、オヤジたちは今日がお休み。電車で行ける近い山まで出かけるとか。

連休最終日もきれいに晴れた。昨夜は鼻炎薬の影響で20時過ぎに就寝し、今朝は8時頃に起きた。なんと12時間(^^;。金曜夜の反動とはいえちょっと寝すぎ・・・。
夜中は鼻水が溢れてくること数回あり。気にせず眠り続けるということが出来ないので、そのたびに枕元に置いた箱ティッシュでチーン(^^;と鼻をかむ。なんだかなぁ・・・。

ワタシは昔から鼻風邪をよくひいた。代わりにお腹にくる風邪にはあまり縁がなく、耳鼻科へは行っても内科のお世話になることが少なかった。風邪で熱が出ない、腹痛を起こさない、というのは今考えれば良かったのだろう。軽く済んでいたわけだから。
「今年の風邪はお腹にくるらしいよ」というのはウチの母親が毎年言うことなんだけど(^^;、まあ気をつけますよ、と言っているうちに鼻風邪をひくのが毎年のワタシのパターン。症状は軽いけど鼻水って意外に厄介なもの。そろそろ渋谷の街頭でお姉さんが配っているティッシュを往復して倍もらう努力も必要だ(^^;。

話が妙な方向へ行ってしまった(^^;。

今朝は息子の友達の通っていた幼稚園でバザーがあるらしく、女房は子供と一緒に出かけていった。天気もいいし、近所とはいえお出かけ先があってよかった。
そんなわけで、ワタシは開店前に近所のスーパーで昼に食べるものを買っておくことになる。急いでいる時には考えるのが面倒になるので、パックの寿司とカップラーメンにしてしまう(^^;。一番安い握りと一番安いカップ麺。それに一番安い500mmペットボトルのウーロン茶。〆て600円と少し。
昼過ぎに湯沸しポットでお湯を注ぐ。もどす間に寿司を食べ終えてカップ麺を食べているうちに娘が帰ってきた。意外にお早いお帰りで(^^;。さっそくラーメンをおねだりされる。

午後いっぱいかけて本の整理とデータベース入力作業。なんとか山のひとつが消えた。よかった(^^)。お店の売り上げも良かった。11月に入り、すべてが少しづつ上向きになってきている実感。

■2002/11/03 (日) 出かけず

朝から快晴。

お出かけには絶好の日和。ところが、息子の足の怪我が回復せず今日は一日出かけられない事になってしまった(^^;。

朝起きてメールチェック。ご注文頂いた本にお返事を差し上げ、朝飯を食べたらやる事がない。一週間のうちに溜まった録画済みビデオを見ることにした。抜けるような青空を窓の外に見ながらのビデオはどこか空しい(^^;。

見終わってからひとしきり仕事。ほとんど仕事病(^^;。とはいえ、やるべき仕事があることにホッとしたり。

時計はそろそろ17時。あたりはすでに暗い。一日ほとんど家に居たので、夕食くらいは近所の居酒屋へ行こうか、ということになった。西の空のダークブルーからオレンジ色へのグラデーションを、娘がしきりにキレイだと言う。

このあいだ幼稚園の面接に行ってから、娘の気力はますます充実しているようで、「きょうからおべんとうもってようちえんいくー」と叫んだりしている(^^;。とにかく早く幼稚園に行きたいらしい。
面接してくれたのは、息子が幼稚園に行っていた時の担任をして頂いた先生で、娘をみて「お兄ちゃんとは反対の性格なのね」と感想を頂いたそうな(^^;。とにかく積極的。ま。下の子はそれくらいじゃないと、ネ。

居酒屋の席に着くと、日本酒リストが入れ替わっていた。3合を二人で飲んで結構酔っ払う。学生の頃は一人3合飲んでいたことを考えるとだいぶ大人しくなった(^^;。子どもを居酒屋へ連れて行くという是非はあるかもしれないけど、ファミレス行ってビール飲んだら結局一緒かな、と。それにファミレスじゃワハハと笑えないけど、居酒屋ならワハハハハと笑ったってイイし、どうせお金を払うなら楽しい方がいい。
三連休の中日のわりには店内は満席。商売繁盛は御同慶の至り(と、無理して言ってみる(^^;)。

19時過ぎに帰宅。女房が先週罹っていた鼻風邪がうつったらしく、水っ洟が止まらない。鼻炎の薬を飲んだところ、酔っ払ったことと相俟って睡魔に襲われる。おとなしく20時すぎに就寝。

■2002/11/02 (土) ご入金と発送と

朝から快晴。

実はかなり眠かったけど、昨夜仕事が片付かなかったから朝からドンドン仕事をする。開店時間になって店を開けると、なかなかオヤジがやってこない。11時を過ぎたあたりで電話すると、「今日は作業をこっちでやるから行かないよ」とのこと(^^;。ん、もう。母親が来たのを契機に作業再開。

途中昼飯を挟む。昨日は娘が来年から行く幼稚園の面接に行った日だった。無事入園が決まったことを女房から聞く。結構な額の入学金(^^;。最近では2年保育よりも3年保育の方が定員も多く、実際ウチよりも1年早く入園させるのが主流とか。女房は「お弁当を作るのが少しでも短くなった方がいい」と、2年保育派(^^;。
生まれた時自分で呼吸が出来ずに保育器に入れられたウチの娘。人一倍元気な幼稚園生に来年なれることを親として喜びたい。きっと誰かが守ってくれたんだろうな。感謝。

荷造りを終えて隣駅の郵便局まで持って行く。ありゃ?雲行きがあやしい。12通を差し出して外に出ると雨(^^;。でも雲間から太陽が顔を出している。狐が嫁入りしたかしら・・・。

店に戻る途中になんだか見たことのある人がワタシの前を歩いている。あれ?Iさんじゃないですか。どうしたんですか?と、びっくり。こうしてバッタリ会ってしまってはIさんもウチの店に寄っていかないわけにはいかなくなってしまったでしょう・・・(^^;。スイマセンです。
うちのお店で母親をまじえてしばし歓談。新装開店されたお店が大変評判とのこと。すばらしいですねっ!
お土産に本をお買い上げ頂いた。ありがとうございました。助かります。

その後、近所まで仕入れ。にしてもクルマが大渋滞で到着まで時間がかかってしまった。土曜の午後は渋滞が多くて困ります。

店に戻ってからしばしボーゼン。昨日から今日にかけていろいろなことがあったなぁ。古本屋って店にいるだけじゃないからいろんな場所でいろいろな経験が出来る。いろいろな人にお会いして、運がよければ普通じゃ絶対聞けないようなお話まで聞かせてもらえる。
明治古典会の経営員をやらせて頂いているこの7年あまりの期間。ワタシはきっと普通じゃ考えられないくらいものすごい経験をしているはずだ。

それがどうして揺るぎない自信の構築へと直結していかないのだろう・・・。どこかで自分の弱さをチクチク見つめてしまう。

■2002/11/01 (金) 金曜、明古。

朝からどんよりと曇り空。

8時半集合の時点で、昨日の市会残置品多数。捌きつつ、今日入荷の品物を控え室より引張り出す。カーゴ4台、カーゴ3台、カーゴ1台がふたつ、150本の本、とすべて要仕分け荷(^^;。なかなかスゴイ。神保町は古本まつりなので、出られない経営員・幹事さんの代わりに「お二人会員さんに来ていただきました」と事業部長。お手配感謝します。

9時過ぎより早速いたるところで仕分け作業開始。実は封筒付きながらカーゴ2台ほどの優品も入荷しており、その密度たるや特選市会並みだ。秋の明古は毎週が特選市。そう言っても言いすぎにはならないかもしれない。「久しぶりに汗を流しましたよ」と文学書の優品を手際よく仕分けられた会長さん。笑顔がステキです(^^)。

12時にはすべての仕分けと陳列を終え、会場を整える作業に入ることができた。丁度その頃から入札にいらっしゃるご同業の皆さんも増えてくる。あ。外はいつの間にか雨・・・。今日は青展中止かな(^^;?

午後からは雨のため、欠席していた経営員が一人加わっていつもどおりの開札風景。いつもどおりでないのは、今週も赤毛氈上の風景である。古い文学書がキレイな状態で出ることはなかなかない。これがいくら、あれがいくら。まるで世の中の不況なんて飛んでいってしまいそうな値段。いや、不況は意識するから不況になってしまうのだろう。そう思わなければこの良い数字を飲み込むことなんて出来ないよ。

市会終了後、Sさんに経営員まるごとお食事へ連れて行っていただいた。神保町にあるイタリアンのおいしいお店。どうもご馳走様でした。その後、二次会へも誘って頂き、23時過ぎにワタシとYくんの二人は神楽坂へお邪魔させて頂く。

帰ったのは日付の変わった1時半。それからメールチェック。沢山のご注文に感激して、ついつい仕事を続けてしまった。就寝は4時なり。

2002年10月 < > 2002年12月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター