Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2002年09月

■甘露日記 2002年09月

■2002/09/30 (月) 一日、店。

昨日の天気がウソのよう。

朝から雨。昨日来、沢山のご注文を頂き、土日明けの今日になってご入金が重なった。大量の荷造り品を発送した。いつもお買い上げありがとうございます。

それに毒気を抜けれたわけでもないけれど、雨の中古書会館へ行って本の森に突っ込んでいく気力が失せてしまい、今日は一日店で本の整理に当たる。

連休明けで期末の晦日。銀行のネット機能は終日マヒ状態。ご送金いただいているお客様がいらっしゃるはずなのに、ページを開けられない時間が長く続いた。

■2002/09/29 (日) 晴れた日曜日

ひさしぶりに晴れた日曜日。

しかし、疲れもあって寝坊(^^;。あまり遠出は望めなかったが、やはりこういう日は出かけるでしょう!なんとか昼前には出発し、家族を連れて一路日暮里を目指した。
渋谷から山手線外回り一本で行くことにした。駅を降りて東口。駄菓子屋横丁は営業中だった。懐かしいお菓子もあったけど、現代的にアレンジしている部分もある。そりゃキャラクターものは前のままでは無理だろうから。
あんこだま:小さい餡子にきな粉がまぶしてあって40個入っている(300円)。ベーゴマ:昔ながらのデザインで少々丸っこい(ご主人の名コーチ付きで80円)。いろいろあれこれ買っても1000円あれば随分楽しめる。
たくさんの人だかり。どうかご商売が長く続けられますように。

西口へ移動。谷中の街を歩くのは実は久しぶり。時計は12:30を過ぎていたので昼飯することにした。有名な煎餅屋さんそばの中華料理屋さん。チャーハン、焼きそば、大蒜の芽炒め定食。〆て1950円也。ボリューム満点でウマイ。何度も前を通った事はあるけど、中に入ったのは初めて。

夕焼けだんだんのそばには猫の棲家。みんなのんびりと暮らしている。カメラを持った若者が望遠レンズでシャッターを切っていた。
谷中銀座通りを抜け、よみせ通りから三崎坂へ。千代紙専門店の前を通り過ぎ、幼稚園の角を右に折れる。好きだった人形屋さんは更地になっていた。

ヒマラヤ杉のお店は定休日。そのまま道なりに坂を降りると猫グッズのお店があり、根津はもう目と鼻の先。自販機でお茶を飲み、根津の大好きな路地を通って根津交差点。そのまま交通の激しい不忍通りから1本裏道を歩いて不忍池に出た。

池のボートに乗る。4人乗って1時間600円は安いね。「漕ぎたい」と繰り返す息子に艪を渡し、池に浮かんでゆっくり空を見上げると鰯雲。蒸し暑いだけに時折吹き抜ける風を感じた。気持ちよく空が広い。

こうして家族で過ごす時間がとても大切に思えた。

ボートを降り、弁天様の横を通って池畔にある公園へ。ブランコに鉄棒。子供たちは今日一番のはしゃぎよう。傍らにある屋台のおでんやさんからは、BGMでなつかしの名曲が流れてくる。坂本九さんの「みあーげてーごらんー、よるのーほーしをー」がかかって反射的に涙が出そうになった。

あたりはセンチメンタルな秋の夕日に照らされていた。

■2002/09/28 (土) 反町古書展へ

朝から雨がバチャバチャ降っている。

今日は反町で古書展があるので、朝から東横線で出かけた。古書会館までの道は雨の休日ということもあって寂しかったが、いざ会場へ到着するとお客様で賑わっている。普段は駐車場として使われている場所に棚が並べられ、本の森が形成されていた。

事前に注文させていただいてたものと、場で見つけた本と一緒に清算。お取り置き感謝します。

駅までの帰り道。丁度雨は止んでいた。切符を買ってホームまで登ると再び雨。いいタイミングだった。反町駅は東横線がみなとみらい21線と繋がる予定のため、地下化工事中。そういえば横浜駅も長いこと工事していたっけ。きっと関連しているのだろうな。ホームに貼ってあった案内板によれば、工事は地下で随分と進捗しているらしい。
各駅停車に乗り込み、菊名で特急に乗り換え。武蔵小杉で南北線に乗り換えると、反町からわずか15分で帰り着いた。

女房はこの雨を押して、子供たちを連れて出掛けている。昼飯は近所に新しく出来たお弁当屋さんでデミグラスハンバーグ弁当を買ってくる。アツアツだった。
食べ終わって今度は近所まで再び仕入れ。クルマに乗って出かける。しかし、今回は買い取ることができなかった。どうもスイマセン(^^;。

帰ってからは落ち着いて、古書展で仕入れてきた本の整理など。

■2002/09/27 (金) 結果

朝から大市の荷物を引き取りに。

雨が落ちてくる。登りは渋滞。山手線圏内に入るまでが普段より時間がかかった。会場へ入ると、落札者ごとに大山が築かれている。いつもながら壮観な光景。みなさん仕事が早いなぁ。

ヌキをもらって付け合せ。おかげさまですぐに品物が揃い、クルマに載せて帰路につく。外はやはり雨。道中はベイFMを聴きながら。昼過ぎに帰り着いて昼飯。郵便局から前金が送られてきたので、早速荷造り・発送。いつもお買い上げありがとうございます。

午後は買ってきた品物の整理。このあいだから市会やお客様から買ってきた品物が傍らで整理されるのを待っている(^^;。随分と連続したからなァ。だいぶ嵩が増してきてしまった。・・・ケツを叩かれたような気分になり、そそくさとデータ入力。

■2002/09/26 (木) 仕入れ、有り。

あまりはっきりしない天気。

朝からご注文とご入金を断続的に頂き、荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

11時から歯医者の予約が入っている。いつもお世話になっている歯科衛生士のお姉さんに歯と歯茎の間(ポケット)の検査をしてもらう。ポケットが深いのは、一度ポケットに歯垢か歯石が入ってしまった証拠という。前歯は「2」で「まずまず健康」といわれたが、奥歯のほうはほとんど「4」で「歯周病初期」と言われてしまった(^^;。いやあ、まいったなぁ。よく磨いているつもりでも奥歯は全然磨けていないということらしい。「一生使うつもりの歯なら大事にしてあげてくださいね」ハイ、わかりました。
来週はいよいよ虫歯の治療の続きをするようだ。

戻ってくると、郵便の前金を頂く。ありがとうございます。早速荷造りをして食事。すぐに仕入れに出かける。

クルマで40分ほどの場所だったが、途中石油精製工場の煙突から火が吹き出ていたり、でかいタンクがニョキニョキ生えている場所を通過する。ナビの言うとおりに走ったが、結局場所がわからずに近くからお電話。こういうとき、ケータイのありがたみを実感する。
大きな建物だったが、地図にも載っていなかった。これじゃ普通はわからない(^^;。
評価させて頂き、お支払いしてクルマに載せる。ありがとうございました。

戻ってからは今日仕入れた荷物の整理をひたすら・・・。

夕食は揚げだし豆腐。ウマイ!

■2002/09/25 (水) 大市会

今日も快晴。

一新会の大市下見日。午前中の仕事を終えてから、昼飯を摂って出かける。

さすが大市会。普段なかなか見ることの出来ない本が沢山並んでいる。札を書く手も緊張する。この札で落ちなかったらどうしよう・・・。この値段で落ちたらどうしよう・・・。とか、いろいろ(^^;。

気のせいかもしれないけど、行き帰りの電車が妙に空いている。9月の終りはみなさんお忙しいのかしら。
このあいだの日曜日に撮影したフィルムを渋谷でDPEに出す。昨日優勝したジャイアンツ優勝セールと銘打っていたけど、デパートと違って一律割引とかしていないので、盛り上がりは今ひとつ。

戻ってからはひたすら本の整理。夕食はさんまの塩焼き。

■2002/09/24 (火) いい天気。一日店。

三連休が明けた。

空は快晴。ようやく日常が戻ってきた。休みが続くと不安になってくる。ワタシは忙しい日常が好きだ。

朝起きてメールチェックすると、沢山のご注文を頂いていた。いつもありがとうございます。早速品物をあわせ、メールを差し上げる。そうこうしているうちにネットバンクからご送金頂いた旨のメールが次々入ってくる。ううう。ありがとうございます。
朝飯前に鋭意荷造り作業。食べた後はすぐに着替えて荷造り作業の続きと、店を開ける前に郵便局へ発送しに行った。

開店後もご注文を断続的に頂き、ありがとうの気持ちを込めてメールを書いてお送りする。ネットバンクと郵便振替にもご送金が追加された。オヤジたちは今日出かけていて留守。で、女房も子供たちを連れて近所まで散歩に行って留守(^^;。女房たちが帰ってきてからすぐに荷造り作業。夕方までに仕上げて郵便局へ駆け込んだ。この忙しさに感謝。ありがとうございます。

昨日買ってきた2口の本の整理はいつものようになかなか進まない(^^;。それでも、できるところから順に手を付け、多少は減って見えるようになった。

まだまだ先は長いけど・・・(^^;。

■2002/09/23 (月) いろいろと仕事有

三連休も今日が最終日。

どんよりとした曇り空。朝から電車に乗り、反町の市会へ。先週に続き品物が一杯だった。すごい迫力。あれこれと入札させて頂いたけど、肝心なものから落札できない(^^;。いい本はやっぱりいいお値段する。外は天気が回復していた。

開札が半分ほど進んだところで一旦店に戻ると、1件仕入れのお話が入っていた。今日はお彼岸。恒例の女房と母親の手作りおはぎを食べた後、クルマで仕入れに出かける。山の中腹に建てられたマンションで、お部屋番号と実際の階数が一致せず、台車を抱えながら少しまごついた(^^;。お約束の時間に遅れそうで少し焦ったが、なんとかお部屋まで到着し、本を評価させて頂いた。ありがとうございました。

その足で反町の市会へ直行。落札品をクルマに載せ、今日のお代金をお支払いしてから店に戻る。
スタンドでガソリンを入れ、車庫へクルマを戻して時計を見ると17:20。その後はひたすら買ってきた荷物の整理をする。

■2002/09/22 (日) 雨の日曜日

3連休の中日。

今週は何の祝日でしたっけ(^^;?

昨日まで良く晴れていたのに、今日は台風の影響で朝からどんより。昼過ぎに横浜へ家族で出かけた。

石川町から歩いて中華街へ。行列のお店は避けて市場通りにあるお店で昼食。女房は五目焼きそば。息子が五目チャーハン。ワタシは酢豚のセット。それにシュウマイを取った。セットに付いてきたスープが大皿に一杯で、ほとんど4人分ある。豆腐と大根がやわらかく煮てあってこれがまたうまい。最初に出て来たせいもあるだろうけど、あっという間に皆で食べ尽くす。
その後にチャーハン、五目焼きそばと続いて出て来たけど、チャーハンは具沢山のわりにふっくら・パラリと仕上げてあり、焼きそばは少しこげて香ばしさが出してあってどちらも秀逸。ワタシの頼んだ酢豚もお酢がたっぷりかけてあってうまい。シュウマイが入るのか?とちょっと心配になるくらいおなか一杯でも、杏仁豆腐がツルリと収まった。仕上げにサービスで出て来たジャスミン茶を飲んで出ようとすると、外には行列が出来ていた。

関帝廟をお参りしたあと、山下公園へ。子供たちのたっての希望で氷川丸に入る。何度も来ているけど意外に飽きないのは、単なる観光施設に終わらない本物の迫力があるからだろう。甲板から何気に倉庫街へ目をやると、なにやらアクションシーンを撮影中だった。デカイ空気クッションが広げられ、3階から飛び降りるシーンを何度も繰り返している。
そろそろ出ようか、と出口へ向かうと雨が降ってきた。傘を差しながら中華街でデカイ肉まんを皆で食べ、JRで横浜駅へ。東口のデパートへ行くとライオンズの優勝セール中。ものすごい人でごった返していた。

食堂街にあるとんかつやさんで夕食。帰宅後、久しぶりに大河ドラマを見る。その後、仕事と日記書き。

■2002/09/21 (土) 品物の整理

月曜日の市会で買った荷物の整理がまだ終わらない(^^;。

あれこれとやることが次々に入ってくるのだけど、今日は何もない。前金ご送金分を荷造りした後は、ゆっくりと品物の整理に当たる。
断続的にご注文を頂き、メール書き。いつも有難うございます。

もうすぐ甘露通信紙版の発行予定。鋭意データ入力中です。

■2002/09/20 (金) 金曜、明古。特選市。

来週は大市の予定が入っており、今日が”月末”特選市。

なんだか大荷物を持ってきた経営員が一人。それなに?え?誕生日のプレゼントなんですか?大きさ50cmほどのコーラ缶をかたどった貯金箱。こんなにお金が貯められたらいいけどねぇ・・・(^^;。うあ、「千と千尋の神隠し」のDVDまで・・・!いやあ、持っているのに(^^;・・・ありがとうございました!

朝の時点では地方荷も少なめで、目録掲載の大物以外はそれほど量もなかったけれど、9時過ぎにカーゴ8台分の品物が搬入され、イッキに会場は品物で満ちた。

優品も多く、最終台を倍にして対応。エレベーター前に2列陳列台を増設し、断続的ながらも確実に増えてくる持込荷物に対応した。総点数は900点ほどだったが、数以上に品物が出ている気がした。後半に優品が満ちた。

午後からは経営員8人(2人欠席)で開札に当たる。こういう日は皆さんの札も盛り上がり、人気のある品物の封筒は一杯だ。開札ミスの無い様に正確且つ大胆に作業を進める。

いよいよ最終台。札を開けてビックリという品物多数。やはりいい品物はこれからどんどん値段が上がっていくのかもしれない。

明日から一新会は大市体制。すでに今日も別フロアでは作業がどんどん進行中だった。我々の仕事が終わっても一新会さんの仕事は終わらない。どうか頑張って下さい。

仕事が終わったあと、駿河台下そばの中華でお食事会。ご馳走になりました。経営員一同、ありがとうございました。
その後神楽坂へお邪魔し、元気をもらって帰路につかせて頂いた。

9月に入ってからずっと胸にあったモヤモヤした鬱がスッと晴れました。ありがとうございました。

■2002/09/19 (木) 歯石

昨夜の仕入れは昨夜のうちに仕分け完了。

道中は案内して頂いた方とあれこれ喋りながら。ワタシよりもふたまわりお歳が上なのだけど、ホント明るいなァ(^^;。毎日がとても充実していらっしゃるご様子。ワタシもあんなふうに歳を取れるといいのだけど。

朝、愛書会展でのご注文品の荷造りを仕上げる。今回は月曜日が祝日で一日ずれ込んでしまいました。遅くなってすいませんでした。

ほどなくして郵便が前金のお知らせを配達。そのまま荷造り作業を続行。いつもありがとうございます。

午後は市場へ行こうと思ったけど、月曜日に買ってきた本の整理の続きをすることにした。なんだかいろいろと仕事が入ってしまい中断しがち。まだまだ先は長い・・・。

17時から歯医者さんの予約が入っている。今日はキュィーンはナシで、歯科衛生士のお姉さんに歯石を取ってもらった。歯の表面は良く磨けているのだけど、どうしても歯間にブラシが届かず、歯石が付いてしまっているとのこと。歯石の付いたところから歯周病も始まるらしいから、自分の歯でいつまでも食べ物を食べていたい人は歯間の衛生に注意が必要のようだ。
口を目一杯開けているところで説明されると、なんだか気恥ずかしい(^^;。はい、はい。とちゃんと返事しているつもりなんだけど、口が全開だから”はえ、はえ。”になってしまっている(^^;。
「せっかく歯並びがキレイなんですから、フロス(歯間ブラシ)を使ってよく磨いてあげて下さいネ。」はえ、はえ(^^;。褒められちゃった・・・。

キュィーンのない回の歯医者さんはむしろいい感じ、だね。

帰り道、勧められたとおり近所の薬局で歯間ブラシを買って帰ってくる。

■2002/09/18 (水) 一日店

昨夜は愛書会展の伝票打ち出しで深夜まで(^^;。

今日は開店前から愛書会展の荷造りに取り掛かる。が、昨日の代休をオヤジたちが取るため、開店後は昼過ぎから母親に店番を特別お願いし、荷造りを続行する。鋭意努力するも16時がタイムリミット。夕食の仕度がある為。

今日出来た分を発送し、その後は月曜日の市会で買ってきた本の整理・入力に当てる。なんだか調子に乗って随分と買ってしまったような気がするなぁ(^^;。

店番をしていると、ひとりお客様がご来店され、仕入れのお話を持ってきて頂いた。閉店後クルマで一緒に現場へ向かう予定。一体どんな本かしら・・・?なんだかワクワクしてきた(^^)。

■2002/09/17 (火) 仕事

月曜日が祝日で、愛書会展の荷物の搬入は今日にずれ込んだ。

朝10時半に運送屋さん到着。雨はホロホロと落ちてくる程度だったので、問題なく受け渡しは終了。その後、ワタシ独りで荷物を2階へ上げる作業をしているうちに母親到着。2人がかりで残りの半分を上げる。大汗。

少し早めの食事をして、オヤジと二人で仕入れに出かける。雨はいつしか本降りに。お代金をお支払いして本を運び込む。再び大汗。ありがとうございました。

17時帰宅。いよいよこれから愛書会展の送り荷物を梱包する作業が始まる。

■2002/09/16 (月) 優良書市会

今にも雨が降りそうな肌寒い曇天。

今日は優良書市会。朝9時半に反町の神奈川古書会館へ到着。フロア一杯に品物が展開されていた。
ワタシは開札作業から作業のお手伝いを仰せつかっていた。一日どうかよろしくお願いします。

11時半過ぎに開札開始。途中細かい休憩を入れながら最終開札は15時頃。落札者ごとに荷物を整理する作業。

オヤジに電話。落札品が結構な量になってるよ。「わかった。これから取りに行く。」
小一時間ほどして、小雨の中オヤジがクルマで古書会館到着。発送荷物を梱包作業中の慌しい会場内。台車を縫う様に押して、ウチの落札品を持ち帰ってもらった。

作業が終わったのは18時過ぎ。今日の売り買いを清算して頂いた。お疲れ様でした。ありがとうございました。スイマセン。お先に失礼致します。東横線に揺られた。

店に戻り、夕食。そして、仕事。

■2002/09/15 (日) 休日

短かったような長かったような一週間。

昨深夜は眠れず、3時過ぎまで起きていた。そのせいもあり朝からウツラウツラ。曇り空。今日は一日静養することにした。

再び撮りたまったビデオのチェック。7月から始まった連ドラもそろそろ最終回ラッシュ。
午後、以前女房が買って何度も見たという「ハリーポッター」(吹き替え版)を見ることにした。一度数ヶ月前に、見始めたけど始まって10分で眠ってしまったことがあった。今日は見続けられるかな?
・・・あと30分で終わる、というところでやっぱり寝てしまった(^^;。

眼が醒めると17時少し前。一日家に居たから夕食くらいは外へ出ることにした。そういえば今年の誕生日は見事に愛書会の仕事で塗りつぶされてしまい、家族で食事さえもなかった。いつも行く近所の居酒屋で乾杯。子供たちと話すのもそういえば久しぶりだな。

19時過ぎに帰って仕事。

■2002/09/14 (土) 愛書会二日目

雨が降りそうな土曜日。

昨日の落札品を取りに行くため、朝からオヤジとクルマで一緒に中企センターへ。荷物を回収し、ワタシはそのまま愛書会会場へ。帰りついでにオヤジは南部入札会へお邪魔するという。

朝から会計場へ座り、金庫番。昼飯は近所の中華屋さんへ同人の方4人で行き、昼定食を4種類取り皆で分けて食べた。なかなかのアイデア。なかなかウマイ。

次回は当番。午後一杯かけて次回目録発行のための調整。そして次回台割表の作成。15時過ぎから売り上げの計算係。17時閉場。片付けと運送屋さんへの荷物引渡し。18時少し前から会場片付けと清掃開始。今日の清算と終礼が18:45過ぎ。

真っ直ぐ帰り、夕食。その後、仕事。急を要するお客様にポスト投函発送したりして。その後、仕事と日記書き。

メールボックスを開くとご注文を頂いていた。いつも有難うございます。

■2002/09/13 (金) 金曜、明古。

13日の金曜日。

地方荷少々なるも、要仕分け荷がカーゴ6台と1台。持ち込みも順調。総出品点数は1000点。エレベーター前に3列分追加し、ほぼ品物に埋め尽くされる。

今日出品の荷物をオヤジに知らせて置いたため、愛書会展の昼休みを利用して入札に来る。時間に余裕がない、とすぐに戻ってしまったが。
ワタシは横尾忠則全集などを落札。

開札終了は16時半。作業終了は17時半すぎ。

仕事が終わった後、会員さんにすずらん通りの中華屋さんでご馳走になりました。経営員一同、ごちそうさまでした。ありがとうございました。

外は雨。すぐに帰るつもりがOさんと話が尽きず、結局終電まで某所で飲む。

気が付いたら所持金は600円。中学生並み。

■2002/09/12 (木) 愛書会並べ

朝から荷造り多数。

いつもお買い上げ有難うございます。

発送を終えて食事をして市場へ行くと、すでに14時を回っていた。最終開札の品物に入札。1点かろうじて落札。

愛書会の搬入は17時からなので、それまで日本橋のデパートへ荒木さんの写真展を見に行く。錦町から日本橋まで歩いて20分ほど。

ヘレナ・クリステンセンさんがかっこいいなぁ。荒木さんもノリノリで撮影していた。屋上にも作品が展示されており、空に映えていた。

16時過ぎに日本橋を出て、大手町、竹橋、神保町を歩く。17時少し前に教育会館着。作業開始は17:30。

すべて終わったのが20時少し前。それからオヤジと二人で近くの居酒屋へ行く。なんと!ブー太郎さんご夫妻と出会ってしまった。
オヤジに誕生日を祝ってもらうのは何年ぶりだろう。これが最後かもしれないな・・・。あれこれとブー太郎さんを交えて話し、21時すぎにお開き。

帰宅22時。仕事少々。

■2002/09/11 (水) 歯科医へ

昨夜のうちに愛書会展の荷物を降ろしておく。

朝10時にドアホンが鳴る。ガスの3年に1度の無料検査。
お帰り後すぐに電話が鳴る。運送屋さんが荷物の引き取り。
店を開けずに運送屋さんへ愛書展の荷物を引き渡し、開店。

10:50すぎにオヤジが来る。11時予約の歯科医へ駆け込んだ。

実に6年ぶり。前回はどんな用事だったか。きっと虫歯だったろう。
レントゲン写真、医療用デジカメで患部がどうなっているかを説明される。
奥歯に大穴が開いていた。
患部の中心が薄いピンク色になっている状態をリアルタイムにディスプレイで見せられる。
「これが神経です。透けて見えています」ゾッとした。

患部を徹底的に消毒。「時間はかかりますが象牙質が再生するのを待ってからかぶせましょう」と言われた。痛み止めの処方箋をもらって出る。

憔悴。

■2002/09/10 (火) 「北の国から」

先週の金・土で放送されたドラマ「北の国から」。

ビデオに録画しておいた。5時間弱の放送時間はやはり半端ではなく、連続して長時間は見られない。細切れになってしまったものの、昨深夜までかけて何とか見終わった。

重いテーマだった。いいドラマだった。見ている自分がまるでダメな人間に思えた。どうしてあれだけ透明な心を持てるのだろう。
演出にリアリティがありすぎるからか、役者と物語の登場人物がほとんどダブって見えてくる。富良野に行けばいつでも彼らが居るんじゃないかという錯覚まで起こす。

ドラマは五郎さんが朗読する「遺言」で締めくくられていた。「カネを望むな」・・・それは今持っている価値観をすべて改めろ、という事だ。

それが出来るのだろうか。今のワタシに。

■2002/09/09 (月) 市場へ

朝起きて、雨の月曜日。

昨日帰りのアクアラインではすごくキレイな夕空だったのに・・・。

今日の朝も少し「北の国から」を見る。あまりに長いので一度に見られない。まだ2時間くらい残ってる。

ご注文品の梱包・発送を終えてから中央市会へ。あまり、というよりもほとんど買えず。欲しい本は高い・・・。

寄り道もせず、直帰。メルマガ発行手続きと本の整理。

■2002/09/08 (日) 亀山湖

鬱が直らないまま、亀山湖へ。

1ヶ月ぶりの深夜ドライブも心沈んだまま。・・・来なけりゃいいのに・・・。鬱で沈んだ心はもうひとつの人格のように、冷静にチクチクと責めてくる。年に何度かこういう精神状態になることがある。夜が明けたものの、どんよりとした曇り空。

朝一からすぐに小さいのが釣れたが、すぐに眠くなってしまった。7時から橋の下にボートを係留して寝転がる。眠りに落ちたものの、しばらくして顔に冷たい滴が落ちてきて眼が醒める。あたりは霧雨で真っ白になっていた。
寝ぼけ眼のまま朝飯。あまり食欲がない。無理して来なけりゃいいのに、と自分でも思った。

昼過ぎに立て続けで2本釣れる。その後ももう1匹追加して、時計を見たら15:30。ちょっと早いけど帰ることにした。ウチに帰り着いたのは17:30。少し仕事をしてからTVの前に座る。

「北の国から」前編をようやく見終わった。

■2002/09/07 (土) 一日、店。

朝からどんより曇り。昨日の酒が残っているのか、鬱だ。

朝飯が進まない。二日酔い・・・(^^;?。何か気の晴れるようなコトがないかしら。

来週は愛書会展。目録からご注文を頂いている。いつも有難うございます。午後、当日会場に並べる本を縛り上げる作業をする。今回は在庫品を半分以上入れ替えましたっ!

合間合間に「北の国から」のビデオを見る。なんだか描きたいことが詰まりすぎてしまったか、冒頭の部分は現在彼らが置かれている状況をダイジェスト風に描いてしまったように見える。5時間以上の時間枠でも足りないのかも・・・。きっとそうなんだろう。すごい創作意欲。
新登場の人たちが紹介され、TVシリーズでしか出てこなかった先生が二人の出会いを設定した場面まで見ることが出来た。
このまま今夜放送の後編を見てしまっては中途半端になってしまうので、結局、リアルタイムでの鑑賞は出来そうも無い。

どんよりと曇り。明日もこんな天気になるらしい。鬱なり。

■2002/09/06 (金) 金曜、明古。

朝から雨。

結構久しぶりかも。傘と文庫本を手に電車に乗る。
要仕分け荷がカーゴ6台半。11時過ぎに持ち込み荷はピークへ。雨でも地下駐車場にクルマを停めて荷物を搬入できますからね。その点はものすごく便利。
12時には撒き終える。今日も優品が最終台に並んだ。

開札が終わったのは15:30。片付けまで終わった16:30頃、外は大雨の土砂降り(^^;。17時を合図にすずらん通りの飲み屋さんへ。デイパックを抱えて強い雨の中を急いだ。

今日は「北の国から」があるから早めに切り上げて帰ろうかと思っていたけど、話は尽きず、結局お店の人に「ラストオーダーです」と言われるまで居続けてしまった(^^;。席を立つ時よろけた。日本酒が過ぎたようだった。
雨は小降りになっていたけど、しぶとく降り続いている。白山通りを足早に走り去るタクシーのヘッドライトが滲んだ。

帰り着いたのは23時過ぎ。ビデオに撮ってもらっているから、と、慌てて「北の国から」を見ることはせず、仕事をしてから就寝。

■2002/09/05 (木) 仕入れ、有り。

朝から本の整理の続き。

やっと終りが見えてきた。思えば仕事処理能力が低いなぁ(^^;。

今日午後一杯かければすべて終わるかな?とアクセル全開で走り出したところで電話が鳴った。仕入れである。昼飯を食べてからクルマで向かう。美術系の口。ありがとうございます。

せっかくクルマを動かしたんだから、と、そのまま梱包材料屋さんまで向かった。主要幹線道路は意外にも空いていて、お店の駐車場にクルマを停めて巻きダンボールを4つ購入。ワタシは1個しか持てなかったが、お店のお兄さんは、なんと1度に3つも担いで駐車場まで運んでくれた・・・!。一見華奢に見えるお兄さん。内に秘められたパワーの凄さ。
帰り道もガラガラ。店には16時前に帰りついた。

その後もひたすら本の整理。来週に迫った愛書会に並べる本に仕立てていく。さて、今回はいかが相成るでしょうか。

いよいよ一週間後だ。

■2002/09/04 (水) しこしこと

本の整理を続ける。

ご注文品の荷造り・発送をしていると、慣れているつもりなのに結構時間を食っていたりする。本屋に入ってからいままでどれくらい荷造りしただろう・・・?。修行時代を含めるとかなりな量になるだろうなぁ。よく商い(飽きない)もんだ。
買っておいた巻きダンボールが残り少なくなってきた。また時期を見て買ってこなければならない。今度大市があるのでその間になるかしら。

発送作業を終えてから市場へ。少し遅れたからすでに開札は始まっていた。帰りの途中、本屋でホームページ作成ソフト関係の本を買う。本屋が本と直接関係ない本を買うってのは問題かも・・・?(^^;。

戻ってから荷造りを3件。滑り込みで郵便局から発送。ふぅ、なんとか間に合った(^^)。その後は本の整理の続き。やはり遅々として進まず(^^;。
実は先月、奥歯の虫歯治療跡から歯が欠けてしまって、エナメル質はおろか、象牙質まで丸見えの状態になっており、とうとう食べ物で沁みるようになってしまった。こういう疼痛に弱いので、前から行っている近所の歯科医へ予約を入れた。

あーあ。ヤだな。またキュィーンか(^^;。

■2002/09/03 (火) 情報中毒通信「北の国から」特集

今日未明、メールマガジン発行。

朝メールチェックすると、早速ご注文を頂いていた。いつもありがとうございます。

朝から荷造りし、郵便局で発送作業。終えてから店を開ける。先日来の続きでカーゴ一台分の本の整理である。データベースに入力しては「日本の古本屋」へデータアップ。
しばらくそんな単調な作業を繰り返している時、ぶー太郎さんから「情報中毒通信」がメールボックスに届いた。

いよいよ今週の金曜日とせまった「北の国から」最終回。TVでは番宣としていくつか予定が組まれているという。昨夜はスマスマに五郎さんと純くんが出て、世界三大珍味を食べていた。

以下、情報中毒通信からの引用。
「昨日のスマスマは思いのほか良かった。「北の国から」ファンという木村くんがビストロのオーナーだったので、話も盛り上がっていた。
横山めぐみさんがスマスマの準レギュラーなので、彼女から聞いたというエピソードもおもしろかった。「初恋」の最後に、納屋にウォークマンと尾崎のテープを置いて去るレイちゃんの足跡だが、雪の上にそれをつけるために既に東京に帰った横山めぐみさん本人を呼んだ・・。足跡なんて誰でもいいじゃないですか、ねえ。という純くん。」(引用終り)
そうか、そんな撮影秘話があったとは・・・。たしかに足跡だけなら誰が付けたってわからないかもしれない。でもそれじゃあきっと、繰り返し見ているうちに何か割り切れない想いが出てきてしまうのだろう、杉田監督には。一つ一つリアリティーの積み重ねることが、大きな世界となっても破綻のない物語に結晶している秘密なのだろうな。普通のTVドラマじゃあ考えられないほどの手間暇をかけて作られている。

ビストロで試食する五郎さんは、よほどウマイのか、ガツガツと皿まで食べてしまいそうなイキオイ(^^;。純くんも控え目ながら「ウマイっす」とやっぱり完食。見てて、五郎さんはいい意味で”天然”なんだな、と思った。そういう人じゃないと22年も同じ役なんて出来ないよ。ま。とはいえ、純くんも寅さんシリーズで長いこと同じ役をやってたから、何気にすごい人なのかもしれない。どうも存在感のでっかい五郎さんの隣でおとなーしくしてるから線が細ーい感じに見えてしまうけど・・・。

平日の昼下がり。こんなメールが発端で、いい大人が北の国からのことでメールのやり取り(^^;。

株価はバブル後最安値に。

■2002/09/02 (月) 月曜日

昨日近所のビデオ屋さんが100円セールだったので、つい借りてしまう(^^;。

普段の値段なら見ないけど、100円なら借りてみようか、というちょっとおどろおどろしいものばかり。昨日見たのは「エイリアン4」と「ロボコップ2」。深夜一人で見る映画じゃないよなァ(^^;。ロボコップは劇場で見て以来だからほとんど内容を忘れていた。監督はスターウォーズでも2作目のアービン・カーシュナー。すごくドライに描いている気がする。1作目のポール・バーホーベン監督にあったウェットさはない。いい意味での割り切りが無いと人気シリーズの2作目は作れないということか。
「エイリアン4」は初めて見た。エイリアン女優・シガーニー・ウィーバーお姉さまは貫禄充分。とうとうプロデューサーにも名を連ねるくらいの入れ込みよう。話の成り行きとはいえ、エイリアンと同化してしまうとは・・・。どちらもシリーズものだねぇ。見た後キレイに忘れてしまうビタミンC映画なり。

今日から子供は学校がある(^^)。朝8時、元気に出かけて行った。
ただ、また給食がないのでお昼前には帰ってくる。防災訓練も兼ねてだが、帰りは女房が迎えに行ってた。なんでも31日には学校の備品が一部焼ける火事があったらしい。そういう内容のプリントをもらった。

月曜日は少し忙しい。荷造りが10件ほどあり、手間取っているうちに中央市会へ遅れた(^^;。なんだか今日は入札の方が大勢いらしていて、「これは」と思ったものには札が一杯入っている(^^;。こりゃあ無理して落札したら厳しいことになるな・・・。あまりヒートせず、普段どおりの札を書いて入れるにとどめる。今日はダメならダメでいいや。まだ未整理の本が店に山と積まれているのだし・・・(^^;。

帰り道、落札荷物が少なかったのをいいことに、かねてより懸案だったDVD問題をイッキに解決するべく、渋谷でDVDコンポなるものを購入した。ウチでメインに使っているCDプレーヤーが3年以上前から読み取り不可になって壊れていたので、さてどうしたものかと思っていたこともあった。まあ、よく3年も我慢したものだ(^^;。

店に戻ってから仕事しているうちに23時。子供たちも寝ただろうから、これからゆっくりDVDのセッティングでもしましょうかねー(^^)。

こーなるとTVもいいのが欲しくなるよなぁ・・・。

■2002/09/01 (日) お疲れ休み

朝は眼が醒めたものの、あまりの晴れ方で逆にグッタリ。

いまごろ夏バテか・・・(^^;?今日は一日ゆっくりすることにした。

撮りためてたビデオを消化。北野武、田村正和の「怪人20面相」を見た。出演者が豪華で、絵的にもなかなか良かったが、肝心のストーリーが・・・(^^;。これだけ美術にお金をかけたんだからもうちょっと頑張って欲しかったなァ。
「北の国から」総集編第二夜。子供たちが大人になるとき、世の中と摩擦をする。もちろんこの摩擦がないとちゃんと一人で立ち上がれる人間にはなれないのだけど、ドラマとはいえ、かなりキツーイ摩擦が描かれる。見ていてハラハラするのは、演じている二人がうまいからなのだろう。これまたたった2時間くらいでは描き足りない。来週の最終話の放送を控え、忘れていた骨子のストーリーを思い出してもらうための企画と割り切って見たほうがいいだろう。
ただやっぱり、正吉が蛍を嫁にもらう、とおやじさんに告げた場面には泣けた。登場している4人の心の底が見えるだけに、この場面を描ききった演出家の力量を思った。
見ていて、”うちの子たちはどんな大人になるのだろうか”、と真剣に考えている自分を発見したとき、このドラマの本当の凄さを知る。

夕方になってから多摩川へ。河川敷でキャッチボールするため。行ってみるとヘリがさっきから超低空飛行をしている。なんだタマちゃんが帰ってきたのかな?と思ってたら、消防車の大群が河川敷を占領している。どうやら誰か溺れたらしい。遠目に見ているうちにヘリが見る見る地上に近づき、凄まじい砂埃を巻上げながら着陸した。大変なことが起こっているらしい。大急ぎで河っぷちへ向かう。
そのワリにはいつものように若者がデカイ音でダンスミュージックに興じていたり、バーベキューしてたりする。河原へ出たらいつものようにバス釣りのお兄さんがスピナベを投げ込んでいたり。彼らにとって非日常はどうでもいいことらしかった。

暗くなっても決着がつかない様子。我々も持ってきた花火を始める。終わる頃、女子中学生と見られる6人が寄ってきて「すいません、火を貸してくれませんか?」え?花火やりに来て火を忘れたの?(^^;。でもなんだかほほえましい。だって彼女たちはタバコを吸ってないってことだもの。どうせ使わないから、チャッカマンを差し上げた。とても喜んでくれた。

夕食はファミレス。

2002年08月 < > 2002年10月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター