Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2002年06月

■甘露日記 2002年06月

■2002/06/30 (日) 亀山湖

朝、というか深夜1時に目が醒める。昨夜帰宅した時間に起床なわけで、何かがおかしいネ(^^;。

目覚ましナシで起きられるんだから不思議。雨がザーザー降っているので雨具の用意をし、クルマで出発は2:30。フロントガラスを叩く雨音は時折激しさを増す。大丈夫かしら、と思っていると、市原を過ぎたあたりで小降りになる。亀山へ到着した4:30には霧雨になっていた。

ボート桟橋を見てビックリ!桟橋が増水のため冠水していた。こんな事態は初めて見た。超満水である。ボーっと桟橋を設置しなおしているボート屋さんの作業を見ていると、背中から「甘露さん」と声を掛けられる。なんだ、KくんとNくんじゃないの。七夕大市の合間だってえのにこんなところに来てていいの?ってワタシもか・・・(^^;。こういうときはNくんも目覚ましナシで起きられるのかな?

桟橋の作業が長引き、ボート屋さんの開店は30分以上遅れた。水は増える一方。桟橋までジャバジャバと靴のまま渡る。うー、冷たい!

肝心のバスだけど、午前中に30cmくらいのを3回バラシ(^^;。二人は渋滞を嫌って11:30には引き上げていたけど、坊主とのこと。ワタシは午後になって20cmをしぶとく釣り上げる。その後にもう一回バラシがあって、なんとも悔やまれる一日だった。水が急な増水で濁りまくり。でも桟橋に帰ってきた他の人のライブウェルからは45cmクラスがゾロゾロとでてくるのだった・・・(^^;。結局3年やっても釣りは上達しないんだな。
いつしか湖水は少し少なくなっていた。慌てて放水したのだろうな。何はともあれ、2回連続の寂しい釣果にガッカリしながら帰路につく。空いているのをいいことに、広域農道を高速並みにぶっ飛ばした。

今日はWC決勝戦。なんとか帰宅が間に合う。いい試合だった。カーンは悔しそうだったなァ。ワールドカップを手にした時のカフー笑顔が良かった。ブラジル強し!

メールボックスを開けて受注メール(なんと20件!)にお返事を差し上げ、ご入金分を荷造り。もうすぐ昨日起きてから24時間が過ぎようとしている。一睡もしておらず、とうとう24時間営業人間になってしまった・・・(^^;。

森山大道氏のオリジナルプリントにご注文とお問い合わせが相次ぐ。あわてて在庫品をアップデート。あと2枚セットで売り切れです。迷っている方、どうかお早めに(^^)。

■2002/06/29 (土) 仕入れ、有り。

朝から仕入れ仕事。

眠い眠い(^^;。眠くても、納豆ご飯を食べて仕入れである。オヤジとクルマに乗って出発。時に9時過ぎ。
途中の道がものすごく混んでいる。よくラジオの渋滞情報で耳にする地名を次々舐めるような安易なルート取り。オヤジのナビゲートである(^^;。よくこんな混んでいる道で平気だね。とワタシが言うと、「普段もこれくらいだよ。」とへーきの平左。よく遊びに行く時にも使うらしい。ワタシなら高速に入ってしまうのになぁ・・・。「高速?もったいないよ。だってそれだけ払ったらどれくらい走れると思ってんの?」と逆に聞き返される(^^;。
ゆっくりと進んだルートも環状から放射へ移り、急に走り出した。住宅地の一角で一方通行のため全然思うようにお宅まで辿り着けず。空き地の横に駐車して場所を探しに行く。見つけた、とオヤジが戻ってきたので、クルマを回す。いやあ、こりゃあ知らないと行けないよ、絶対・・・!

お支払いしてからクルマに載せ、帰路につく。ありがとうございました。

帰り道。ファミレスで食事。ワタシたちが入ってちょうど満席。混んでいる。二人とも日替わりランチを大盛で。飲み放題のランチスープをお代わりして、ハンバーグと白身魚のフライあんかけを食べきる。にしてもこれが630円では、街の定食屋さんはやられるよなぁ。オヤジはこのファミレスで食事するのを密かな楽しみにしている様子。こういうとき寄ると喜んでいるみたい。

14時帰着。メールチェック。ご送金の有無を確認したり。珍しく前金のご入金は無く、ご注文のメールのみ入っていた。いつもご注文有難うございます。

その後、店で品物の整理を続ける。思うほどはかどらず。雨にも関わらずお客様が沢山いらっしゃってくれる。うれしい。

明日は亀山湖へ。大雨と脅かされる(^^;。

「旧約聖書神学」売れる。

■2002/06/28 (金) 顔合わせ会

顔合わせ会は、中企センターそばにあるビルの9階で19時から始まった。

今期経営員の主任だったOさんは新会員さんとなり、早速新幹事としててテーブルの向こう側に座られる。ワタシはいよいよ経営員の主任だ。いつの間にかこういう位置に立つこととなってしまった。自分の力で何処まで出来るのか。一生に一度。もしかしたらワタシにとって空前絶後の一番濃い一年間になるような気がする。

気持ちが引き締まるなァ。

その一方で、幹事さんと経営員の食事しながらの話は、新事業部長のチカラワザ的盛り上げもあって、各所で沸いている(^^)。今期一年、どうかよろしくお願いします。

で、二次会は神楽坂へと。経営員は一人一曲という感じ。みんな歌うまいなァ。ワタシはずっとヘタクソなまま。ま、こればっかりはしょーがない(^^;。

帰りは南北線に乗る。武蔵小杉直通最終前の白金高輪行き。もちろんガラガラだったので座る。電車が四ツ谷駅で停車した時、黒のキャミソールにヒールの高い靴を履いて、茶髪の女性が乗ってきた。傍らには小学生の男の子。ひえー、そうは見えないね、などと眠くて眼が半開きのまま呑気に彼を眺めていると、そうだよ、子供は寝る時間だぞー、と少し心配になる。いつも使っている路線なのか、「次は溜池山王ー」とか、ちょっと漢字っぽく路線図に書いてある駅名をワタシのすぐ横で読み上げる。キャミソのお母様は少し離れたところで「だめよー」とか小さくつぶやきながら様子を見ている。へぇー、漢字読めるみたいだね、と話かけようとしたら、次の六本木一丁目で親子で降りていった。これからお仕事なのだろうか・・・。大変だよなぁ。頑張ってネ。

ふらふらしながら白金高輪の終点で降り、すぐに接続の武蔵小杉行きに乗車。結構混んでいる。目黒駅で遅れているJR線との接続とかなんとかで余計に待たされ、新丸子到着は0:20頃。この接続は毎回遅れるみたい。何回も遅れを詫びるより、金曜日は特別ダイヤを組むべきでは?
ウチの店の前にある自販機でお茶を買って一気に飲み干し、さあ、仕事である(^^;。

前金分の荷造りとご注文品へのメールでのお返事。いつも有難うございます。寝たのはやっぱり2時過ぎとなる(^^;。

■2002/06/28 (金) 七夕大市初日

今日から大市の準備が始まる。

もちろん下見日は7月3日からであるが、もう今日から裏では全開で動いているのである。

朝9時から作業開始。昨日の市会の残置品を隅に寄せながら、落札者の名前を書き出す。あとで職員の方に電話を掛けて引き取りに来てもらうためである。
作業台がスッキリしたところで、荷受した地方荷ダンボール箱を個数チェックしながらエレベーター前に広げていく。普段の発声台を本部とし、ここで荷受作業全体を総括する。2階では舞台屋さんが資材を運び込み、設営作業中。エレベーターの取り合い状態がしばらくある。

10時から荷受作業開始。会員さん主導で持ち込み荷に対応する。あらかじめ10時から12時までに持ち込んでください、とアナウンスしていたので、次々に対応を迫られる大盛況。我々経営員は荷受した品物と封筒が泣き別れないように似姿を整えた上で、分野別に張り紙されたカーゴに収納していく。
午後に入り、持ち込み荷はほぼ受けきり、地方荷も開梱していく。少し遅れ気味かな?と思いつつ、手のあいた経営員も二人一組で開梱を手伝う。荷撒き作業員が少々減り、一人当たりの仕事量は少し増えたか。

「15時過ぎから3階でも会場設営が入りますので、荷受場所を半分あけてください」とアナウンスが入ったのは14時過ぎ(^^;。今初めて聞きましたよ、そんなこと・・・。1日に会場設営日が設けてあったからてっきり今日一日かけて荷受をゆっくりできるものと思っていた。突然ケツに火が点く(^^;。

グダグダ言っててもしょうがないので、収納したカーゴを移動。開梱したときに出る梱包材が足元に散乱しており、作業は難航。予定として聞いていなかったことを急に言われて面食らった状況。とはいえ、荷受作業のペースも中だるみする時間帯である。結果として良い刺激になったような気もする。とイイ方向に解釈することとした(^^;。

開梱・荷撒き・収納がほぼ片付いた頃、地下に資源回収業者さんがいらっしゃったと知らせ。今年は理事さんの姿はなく、設営担当の会員さんが作業に当たっておられた。

作業終了は18時ころ。3年連続でほぼ同じ時間。ただし、古書会館とちがって1フロアが広かったため、あれこれ場所を考える手間がかからなかったからではないか?と思う。

19時頃より新幹事さんと経営員の顔合わせ会。

■2002/06/27 (木) またまた雨

梅雨も本番。

今週はずっと天気が悪い。雨は3日連続降り続いている。ま。今の時期降ってくれないと夏の釣りに影響が出るから(^^;、大いに降っておいてくれ、と一応言っておこう。

そろそろ皆さん雨に慣れたのか、お買い上げいただけるお客様が増えてきた。ありがとうございます。

お店を開けるとFAXが。一新会には3トン車一口入っているというお知らせだった。よし!大市ですこし開いてしまうし、イッチョ買っちゃろーか!ってヤセガマン(^^;。
しばらくしてメールが。「≒森山大道」というサイトを運営している方からリンクのお申し出だった。

昼過ぎに市場。入札してから大市の地方荷到着状況を運営部長さんに聞く。あと数件を残してほとんど到着している模様。その残りの方に確認の電話を掛けていただく。経営員の備品係さんは明日に備えて16時集合で作業をしてくれるとのこと。どうかよろしく。
そんなこんなしているうちに開札が進んでいた。おお。10本くらい落ちている。大変だ。クルマで今日中に取りに来なければ。

そうと決めたら取って返す。店に戻って荷造り発送。これから荷物を取りに行くよ、とオヤジに言うと「買いすぎじゃないの?売れない本を抜いて整理もしてよ」と苦言を頂く。時間が無いよねー。来週はずっと明古で居ないし・・・。そのままクルマに乗って中企センターへ。雨で虎ノ門から先がずっと混雑。右折レーンが動かないー・・・(^^;。

で、到着は17:30頃。荷物を載せてると、地下では備品係りの二人が作業中。お疲れ様っ。

すぐに取って返し、店に戻ったのは19時少し前。「≒森山大道」サイトのバナーを送っていただいたので、リンクページに貼り付ける。なんだか森山大道氏とも少し繋がりが出来たようでうれしい(^^)。

明日から明古は大市っ。あさっては朝から仕入れっ(^^;。

■2002/06/26 (水) 今日も、雨でWC

雨である(^^;。肌寒い。梅雨だなァ。

それでも朝から忙しい。昨夜メールでご注文頂いた方から次々に代金が送られてきたからである。うーん、雨にも関わらず、本当にありがたいです。ありがとうございます。

JNBのほかにも○井○友銀行口座をネット口座化したため、すぐにご送金の確認が出来るようになった。お客様の口座もネット化が進めば、銀行ATMの行列も姿を消すはず。まだ並んでいらっしゃる方。早くネット化した方が便利ですよぉー。
荷造り発送作業。しばらくして郵便が振替口座入金のお知らせを配達してきた。朝の分とあわせて今日一日20件の発送作業である。やってみればわかるけど、結構大変ヨ(^^;。ただ、振替の方はすぐに荷造りできない事情があった。市場へ行かなければならなかったのである。慌てて食事して12時過ぎに出発。13時過ぎに市場到着。とりあえず資料会経営員の方に大市お手伝いの件で変更あった点をお知らせする。程なくして開札が始まる。
入札してから、運送屋さんが運んできた大市荷物の整理を大市運営部の方お二人とちょっと作業。午前中はもっと集中して荷物が届いていたそうで、お疲れ様です。
月曜日に売った荷物の清算。買った分と相殺すると払いの方が多くなってしまった。とほほー(^^;。

そのあと大市と来期の話をしにHくんの所まで行き、戻ってきて受付のNさんにその後荷物は来たかどうかを伺うと「来てませんよー」とのことだったので、運営のお二人に断ってから店に戻った。

時に16時。お茶を飲むのもソコソコに、郵便振替でご送金頂いた分の荷造り。窓口が閉まる17時ギリギリに間に合った。ホッとする。
今日買ってきた荷物の整理・打ち込み。どうかご注文が入りますように!

ブラジル対トルコ戦。前半途中までトルコが押す。MFでもトルコが積極的にブラジルをマークしてボールを支配する。それでも個人技で勝るブラジルが何度もシュート。徹底的に守るキーパー。スゴイ。
後半すぐにロナウドのゴール。それを最後まで守りきったブラジルが勝ったけど、トルコもよく頑張った。あのキーパーを崩すのは並大抵の仕事じゃない。

それだけに、さすがブラジルとも思う。決勝はドイツ対ブラジル。決まってみれば誰もが見たがる最良の組み合わせでの決勝戦だ。

■2002/06/25 (火) 雨でWC

朝からどんより。霧雨が降る。

しかも今日はサッカーがある。先週の再来だ。丁度荷造り発送作業が溜まっていたので、昼前まで店を閉めて作業に当たる。終わったので店を開ける。
それからはひたすら本の整理、と行きたいところだったが、大市のことで各方面からお電話を頂く。
あまり電話で仕事をするのは好きではないのだが、今日は一日店から出られないので不本意ながら電話を使わせてもらった。動いていただいた方、申し訳ないです(^^;。

仕事に戻ったのは昼過ぎ。それからひたすら本の整理。少しは片付いたかなァ。あまりそう見えないのが哀しーなぁ。来週はそれこそ大市で一日も店に居られないから、店の中に立ち上がっている買ったままの品物は一掃しておきたいんだけど、いろいろと仕事が重なっていてどうやら目標は達成できそうにない。大市が終われば今度は間髪入れずに愛書会が待っている。自分の時間なんてとても持てないネ・・・(^^;。

WCも夜の試合だけになったからか、夕方になって雨にも関わらずお客様がいらっしゃる。こんな天気の中、ありがとうございます。店を閉める頃にパタパタッとメールでご注文が入った。うーん、ありがたい!

夕食を摂ってからWC。韓国対ドイツ。いよいよ準決勝。いい試合だったが、後半に一瞬のスキを突いてドイツのゴール。それが決勝点となった。ドイツの底力か。でもいい試合だった。

明日もサッカーがある。店はどうかしら・・・?(^^;。

「ニコンFマニュアル」売れる。

■2002/06/24 (月) 結果

昨日動物園に持ち出したカメラはM6+ズミクロン35mm。

最近重宝しているのがローライ35のカールツァイス・テッサー40mmF3.5付き。ふと振り返ると実はワタシの写真って35mm近辺でほとんど撮影されている。ライカはM3が最高峰と思っていた6年前にはほとんど迷わずM3を購入したけど、実は35mmレンズが使いにくいカメラだった。M6と35mmズミクロンを購入してからはM3を使う機会がなくなってしまった。

T3がいいな、とか、ローライ35をもう一台、なんて考えていたけど、いざ購入するかどうか、と言う段になって結局踏ん切りがつかないのは、現在のラインナップ以上の必要性を感じていないせいかもしれない。35mmレンズはズミクロンだし、コンパクトカメラはローライ35で決まり、なのである。

先週日曜日のボーリング場で撮影したズミクロンの絵。低速シャッターを切ったから被写体ブレは起こしているものの、発色といい、シャープさといい、ボケのなだらかさといい、文句を付けようがない結果である。
ローライ35もブラックボディがあったらカッコいいな、なんて思っているが、いざ目の前に現れると「今持っているローライはどーすんだ?」となり、結局「愛着」に「買う気」が負ける。
クラシックなカメラが面白いと思い始めてかれこれ10年以上経つ。当時はカネもないのにホイホイと購入していたなぁ。そのイキオイもすでにない。

カメラを買うという行為そのものを楽しむ人もいらっしゃるだろうし、コレクションとして飾っておくことを主眼に置く人も居るだろう。それはそれで全然構わない。あくまでも趣味である。人それぞれに楽しみ方があるはずだ。ワタシの場合は買う楽しみが一回りし、写す楽しみに移行してしまったようである。ちょっと寂しい気もするなぁ(^^;。
ズミクロンとローライ35があれば撮りたい写真の7割以上はまかなえるのではないか?とさえ今は思っている。あれこれ使ってみて馴染めるカメラが絞られてきた結果だろう。それが喜ばしいのかどうかは全然別問題だけども。

黒のローライ35(ツァイステッサー付)が4万円そこそこ。カラースコパー21mmF4(逆輸入新品)が37500円。どちらもグラグラ来たけど結局買うこともない。今はそういう精神状態らしい。

土曜日に出品した荷物は2点ボーになる。利益は出ず、換金しただけの結果に終わる(^^;。

■2002/06/23 (日) 上野動物園

朝からどんより曇。それでも出掛けます、オトーさん(^^;。

さて、何処へ行こうか、と考える。動物園に行きますか。困った時の切り札だね、ここは。カメラはM6にズミクロン35mm。
朝、というか、昼前に出発。目黒からJRを乗り継いで上野駅。構内の食堂で昼食を済ませる。ワタシがネギ味噌ラーメン。女房がちくわ天うどん。息子はキツネうどん。みんなうどんが好きなんだね。娘は紅芋パン。足りるの(^^;?

結局動物園に入れたのは13:30過ぎ。前回はゴリラの森をじっくり見たので、パンダを見た後は順路を無視して西園へ直行することにした。オカピが居るという表示を女房が発見した為。モノレールに行列。乗りたいとせがむ子供たち。なだめすかしながらイソップ橋を渡る。ここから見る不忍池は最高だ。
オカピはキリンの隣に居た。ケツと足がシマウマ模様なのに、なんとキリンの仲間なんだそうだ。たしかに顔が似てる。思ったよりデカイ。
ここで娘が「おなかすいた」口撃開始(^^;。やっぱり足りなかったでしょ?近くの食堂へ行こうとしたが、サイが元気に暴れていたので見に行ってしまう。すると隣のコビトカバが小さくてかわいいので見てしまう。と、我々も小腹をすかせたところで休憩。娘はソフトクリーム。息子がホットケーキ。ワタシは一番絞り(生)。動物園で昼間っからビールを飲む。ん。ニッポンのオヤジだね。

いい気分になってから息子が見たがっていた両生ハ虫類館へ。VIVARIUMである。温室にジャングル風の味付けがされた展示スペース。10cm以上厚さがあるアクリル板の向こう側からは、ワニが眼を剥いてこちらをうかがっていた。スゴイ迫力(^^;。

池のほとりを散策しながら池之端出口から出る。弁天様の前にある遊び場でひとしきり子供たちは遊ぶ。こういうの好きだよねぇ。ワタシはブランコが子供の頃から嫌いだったが、娘は「きゃははははー、もっとおしてー」と大喜び(^^;。ゼッキョーマシン系が好きなタイプになりそうだネ。

広小路へ出て、ビヤホールで食事。ぱりぱりサラダに中華風豆腐。魚介トマトスパにカマンベールチーズ揚げ。ビールに合うようにちょいとピリ辛風味だったのだけど、意外に子供たち食べてるね。

銀座線で渋谷駅。降りる頃トイレに行きたくなって百貨店で入る。人影まばらな店内。婦人服売り場に場違いな親子連れ(^^;。

帰宅は20時。

■2002/06/22 (土) 出品

とにかく出品である。昨夜も遅かったので、朝眠い。気が付けばまたオヤジの書置きがあった(^^;。「クルマを動かすついでに、自宅にある本と倉庫の本を入れ替えよう」とのこと。やっと朝飯を食べるとTEL。オヤジからで、これから本を載せてそっちへ行くから準備しておくように、と。・・・ヤベ。早く本を店に降ろしておかなきゃ(^^;。

戸口にすべて置き終えたところでクルマが到着。間に合った。出品物と一緒に載せてまずは出品しに中企センターへ。昨日の荷を載せ、帰路につく。道がすいてるなぁ。途中久しぶりに高輪へ寄ってカメラを見る。T3シルバーが55000円。ローライ35ドイツブラックが52000円。やはり小さいカメラに目が行く。T3はビックミニが壊れたら買おうと心に決めている。ローライ35は黒できれいなのがあったらもう一台あってもいいかな?と思っているため。一眼はLXがあるから今はイイや(^^;。
もちろん何も買わずに店を出る。

店に戻って昼飯のあと本の整理。郵便がまだ来ていない。今日入金分の発送が出来なかった。うーん、困った。
夕方になって森山大道氏のプリントをご所望のお客様。じっくりとお考えののち、2枚ご購入頂いた。ありがとうございます。
今は本よりもこういうものの方が人気があって売れるみたい・・・(^^;。

WCで韓国がPK戦の末、4強となる。すごいなぁ。なぜ韓国が勝って日本が負けてしまったのか。韓国にあって日本に無いものが何かを考えれば答えが出る筈。

■2002/06/21 (金) 今期最終市

6時起床。何故かいい天気。予報では雨だったはず。

来週から大市のため、明古の今期通常市会は今日まで。

特選市会である。朝の段階で要仕分け荷がカーゴ8台3件。地方荷は少々多めで40箱ほど。本格的作業開始は9:30からだが、明古は朝8:30集合で前日までの残置品を整理する。

仕分け作業は3件が10:30過ぎにほぼ終了したが、その後にカーゴ1台分の要仕分け荷が持ち込まれる。地方荷も当日便が追加で運び込まれ、結構忙しい。一番忙しい時間帯に持ち込みの方が集中するものだから、11時から1時間は戦場のような状況に。地方荷も1件大口を開けるのに少々手間取っているようだったが、なんとか11:30過ぎには終わったようだ。
ん!順調じゃないですか。

お昼は寿司。うーん、うまいなァ。いつもより量が多めじゃない?食事後、入札。あれこれと入れたいものがあるけど、人気のある品物はすでに沢山入札されていて、封筒が膨らんでいる。一体いくら入れれば落札できるのだろう。売れる値段と買える値段がアタマの中で交錯する。買える値段の方が勝てば強気の札が書けるけど、売れる値段が勝つと、大抵は落札できない。

市会終了後、来週に迫った大市の件を経営員に伝える。実行委員会に少しだけ呼ばれ、会議室へ。当日の仕事の流れのことで質疑を受ける。その最中にケータイが鳴る。現場に呼ばれ、会議の話が少しスライドしたのを見計らって会議室を辞す。戻って経営員に封筒貼りをしてもらう。
毎年もめる版画台紙。昨年の在庫は使えない事になり、新たに製作しなければならないことになった(^^;。

時計を見るともう20時近い。中企センターを出て食事へ。今日で経営員を卒業されるOさんを囲んで中華。お疲れ様でした。

店に戻って仕事。就寝は日付が変わった2時。

■2002/06/20 (木) 梅雨空

朝からどんより曇り。

先日来の目録での受注品発送作業が一段落したので、売れなかった本の整理をすることにした。あまりいつまでも売れないとわかっている本を店晒しにしているわけにもいかない。

朝から荷造り。
昼過ぎに降り出した雨は強さを増している。こんな中、長男は学校の授業で街巡りをするのだそうで、女房はPTAとして付き添いに借り出された。娘も当然一緒に付いて出かけて行った。お茶の時間頃に帰ってくると、手にはCDを持っている。ゴミ捨て場の上からお飾りのようにプラプラいくつもぶら下がっていたものを管理するおじさんに分けてもらったらしい(^^;。カラスよけだろうな。ポスペの古いバージョンのCDROM。
女房に前回まわった時に児童が書いた感想文を読ませてもらった。いやあ。小学生の文章って面白いネ。感性をそのまま書き出そうとするから、一体この子は街を歩きながら何に注目しているのか、がすぐにわかる。
新丸子はここ数年のマンション化が急激で、その勢いは異常なほどだけど「マンションが少ない」と書く女の子も居る。「ホテルが少ない」って書いた子が居たけど、新丸子には元三業地の名残で○○ホテルが結構あるんだゼ(^^;。

明日の明古で今期通常市は終了。28日からはいよいよ大市体制だ。そういえば目録も到着しました!

祝!50万ヒット!

■2002/06/19 (水) 梅雨の晴れ間

朝から快晴。

昨夜は借りた「ゴッドファーザー」のDVDボックスを堪能した。これがまた長いんだ・・・(^^;。全編からファミリーというキーワードが浮かび上がってくる。3作目は少し趣向が変えられたが、1と2はストーリーもほぼ連動し、独自の世界が築き上げられている。
もう何度この映画を見ただろう。何度見ても飽きないね。ボーナストラックとして200分ほど未公開映像と製作者のメイキング番組が収録されていて、興味深く見た。飽きない理由がここからもわかる。非常に凝って作り込まれていたのだ。一人一人のキャラクターの立て方、時代背景をリアルにする為の工夫。どれを取ってもしっかり造ってある。もちろん、それだけが映画の面白さを決定付ける要素ではない。何より演出と出演者の演技だろう。アメリカ映画ではあるが、作ったコッポラ監督曰く、イタリア人の映画だというから、イタリア映画として見てもいいのかも知れない。そういう意味で言えば、3作目は少しアメリカ色が強く出てしまったのかも。印象が続かないのはそのためか。

そんなわけで、結局今朝も寝不足(^^;。今日は奈良から親戚がいらっしゃるというので少し慌しい。オヤジは南部まで大市の清算に行っており、留守。ワタシは郵便が来たので荷造り作業。母親はひたすら店番。
お店は天気が良かったからか、沢山お客様がいらっしゃり、売り上げもまずまず。どうも有難うございます。

昼食後、市場へ。月曜日出品の荷物の清算。7点中3点ボー。

店に戻って本の整理。これまたひたすらに本の整理である(^^;。これだけやっているのになかなか進まないなァ。要領が悪いんだろうか?(^^;。

■2002/06/18 (火) サッカー

朝からジャージャーと雨。そしてWCは日本戦。

本屋にとっては二重苦である。店を開けていても仕方ない日だ。シャッターを半開きにして中で仕事をすることにした。開けても一緒じゃないか、と言われそうだけど、買う気満々のお客様なら声をかけてくれるはず。とにかく山積みになっている仕事を少しでも進めたかった。

で、ご送金頂いた分の荷造り発送を終え、ひたすら本の整理に打ち込む。そうこうしているうちに15:30が近づく。日本戦である。店を閉めてTVの前に座った。こちらも大雨だが、TVの向こう側でも雨が降っていた。
開始早々から激しいボールの取り合い。日本は今回FWを一人にしてMFを増やした。普段と違う配置でどうなの?
トルコの激しいマーク。MF同士のボールの取り合い。雨で濡れたピッチはボールコントロールを乱す。不用意なパスが短くて取られ、そのミスがコーナーキックに繋がり、まさかの得点をトルコに許した。その後から後半まで終始日本のペースで進んだものの、最後は決定力不足が出てしまった。ノーゴール。負けた。完敗である。
立ち上がり。まだ雨に戸惑っている時間帯、不用意に出したたった一本のパスミスがゲームを決めてしまった。勝負はコワイ。実質ほとんど両チームに差がなかっただけに悔しい負け方だった。

17:30前に店を開ける。それでもいくらか買いに来てくれるお客様がいらした。ありがとうございました。

「エンペドクレス研究」売れる。

■2002/06/17 (月) 仕事仕事仕事

昨日はちゃんと23時前には帰宅したのだけど、仕事が待っていた(^^;。

メールボックスにご注文の山。有難うございます!メールでお返事を書いていたら、すでに時計は1時少し前。そのうちに早速ご送金いただける方がいらっしゃり、すぐに荷造り作業を始めてしまった。これが運の尽き(^^;。結局すべて仕事を終わらせないと気持ちが悪くなってしまい、寝たのは3時(^^;。日曜日だってぇのに、ネ。寝不足の日々。

朝は月曜日だから、ちゃんと8時には起こされる。メールチェック。ご送金いただいている。ご注文品にメールを差し上げ、愛書会名簿の打ち出し作業。そうこうしているうちに女房から「ご飯よ」と呼ばれる。寝る前に仕事。朝起きて飯の前に仕事である。ありがたくて涙が出そう・・・(^^;。

土曜日に持って帰ってきた落札品が全然整理できていないが、手をつける時間がない。開店作業はオヤジに任せ、ワタシは今日ご入金分の荷物を荷造りする。終わってから市場へ。打ち出した愛書会の名簿と原稿を古書会館へ持参しなければならない。

途中渋谷である写真を受け取る。携えて神保町すずらん通りのB房堂へ。額装をお願いすると「30分くらいで出来ますよ」と言われた。一旦辞し、中企センターへ。入札はせずに金曜日の売り上げを受け取る。再びB房堂へ行き、額装された写真を受け取る。なかなかイイね。HIDEさん写真ウマイなァ。

店に戻って荷造りと発送作業。そのあと、やっと本の整理である。でもなかなか進まないなぁ。それでも少しは進んだのでサーバーにアップした。今回の目録で売れてくれた本と相俟って、結構品物が入れ替わっている。甘露通信のデータをアップデートしなければ・・・。

明日は日本戦だ。また15:30からだなぁ。試合の最中は店閉めてしまおうかしら・・・(^^;。

「円形劇場から」売れる。

■2002/06/16 (日) ボーリング

今日は夜にある会合へ出席させていただく予定になっている。

連日の寝不足である。たまの休みくらいゆっくり寝かせてもらおう、と惰眠を貪っていると、9:30になっていた。昨日も荷造りをしているうちに2時半を過ぎていたのだ(^^;。ボーっとTVや映画を見ていて2時に寝るのと、仕事を終えて2時に寝るのでは、やはり寝起きに差が出る。

で、遅い朝食を摂ってシャワーを浴びれば時計は11時過ぎ。「明日はボーリングへ行こう」と息子が昨日からうるさく言ってきてた。今日も朝から「ボーリングへ行こうよ」とウルサイ(^^;。このオトーさんの眼のおちくぼみに気が付かないかなァ・・・。あー、このまま昼寝して過ごしたい・・・!

なんてワガママが通るはずもない。11:30すぎに東横線に乗って都立大学まで。前回は3月に来ているから、もうあれから3箇月経ったのか。月日の経つのは早い。
時に12:20。ボーリング場の2階受付へ行くと「1:30までに終わりますか?」と聞かれる。ははぁ、さては予約が入ってるんだな?大体2ゲームが限界なので、終わります、と答えると、3階に回された。階段を登り、果たして3階には誰も居ない(^^;。ガラガラの貸し切り状態でプレー開始である。
子供は22cmと17cmの貸し靴(無料)。我々は一人300円づつ。ワンプレー500円(税込)と、まあ解りやすい料金。息子はあれだけやりたいと言っていたにもかかわらず、日頃の運動不足か、筋肉不足がモロに出て6号のボールがうまく投げられない。
なんでもそうだけど、教える人がどんなにうまく教えても、教えられる側にヤル気がなければうまく伝わらない。思うように結果が出なくて途中から半ばふてくされたようにボールを投げ、溝掃除球が多い(^^;。うまくなりたきゃうまい人の真似をすること。それしかない。

13:30前には終り、近くのファミレスで食事。父の日メニューなどがあって、デザートに出たミニチーズケーキに子供たち群がる(^^;。もう一つくらい頼んでやるのは簡単だけど、教育的視点から控えた(^^;。少し足りないくらいが丁度イイのです。なんてね。

食後の散歩。自由が丘駅まで東横線線路際の道を歩く。踏み切りのカンカンという音。我々の世代にはもう懐かしいけど、子供たちにとってはちょっと危険な存在に思えるらしい。

帰って昼寝。それからスーツで会合へ。
帰宅は23時前。

■2002/06/15 (土) 仕入れ続き・仕事続き

昨夜はなんだかんだで寝たのは深夜3時(^^;。

寝る前は気が付かなかったが、朝起きたらオヤジの書置きがあった。「朝10時から仕入れ2件」うー、勝手に決めてきて(^^;。最初からワタシをあてにしてんだから、もう。
1件目は極近所。歩いて向かう。建て直しが決まった無人のアパートで、すでに電気は止められていた。木造の六畳一間。懐中電灯を灯して品物をまさぐる。前に住んでいた方が出る時に置いて行った本らしい。なんだか泥棒気分だ(^^;。これとこれとこれ。大きな全集物ばかり。縛り上げる。オヤジがその間にクルマを取りに行く。大通りの1本奥なだけでこの静けさ。積もった埃が年月の経過を教えてくる。腐りかかった階段を慎重に降りる。結構コワイ。まるでお化け屋敷(^^;。
もう一件が終わった後、オヤジを降ろしてワタシはそのまま中企センターへ。昨日落札の品物を引き取りに。落札品の小山が出来ていたのだ。混雑でクルマが進まず。到着は12:30ごろ。たまたま明古のお二人にお会いし、立ち話。店に戻ったのは14時すぎ(^^;。昼飯を慌ててかっ込み、すぐに荷造り作業。なんとか14:45に仕上げ、隣駅まで大荷物を抱えて走る走る・・・(^^;。汗だくだ。郵便局は15時で閉まる。ギリギリ間に合った。

店に戻るとお茶だといって鯛焼きが出る(^^;。さっき昼飯食べたばかりなのになぁ。こうして小山のようになった落札品はなかなか整理できない。20本くらいあるうちのやっと3本評価して入力を終えるともう19時。晩飯を食べたら今度は20時から商店街の仕事。うーん、今日はベッカムが出る試合なんだけどなぁ・・・。

商店街にある倉庫の備品を新倉庫に引越しするそうなのだ。召集された人たちは30人ほど。すごいなぁ。みなさん地元密着型商売をここ新丸子で展開されている方々だった。ウチは・・・密着しているのかしら?(^^;。
トラック2台に軽トラック1台がテントやお祭りの堤燈などを運ぶ運ぶ。若い方も結構いらして「今日はイングランド戦なんだけどなぁ」とか何とか。ワタシと同じだ(^^;。

21時過ぎ終了。飲み会をパスでTV。すでに3点差。うーん、ツマンナイー。

■2002/06/14 (金) パブリック・ビューイング

金曜、明古。

今日は日本戦がある。それも午後3時半からだ。どうする?朝から仕事をしながらもその話でもちきり(^^;。

「パブリック・ビューをやっちゃおうか」と、ある幹事さん。それはありがたいなァ。大型TVを持ち込んで下さるという。

カーゴ4台分の要仕分け荷が二口。地方荷も30箱。なかなかの口で仕分け作業していても楽しい。本は触ってみるとなんとなく値段が浮かんでくる。不思議なものだ。本の持つポテンシャルが語りかけてくるのだろうか。

総点数は1000点弱。嵩も結構多くなったのでエレベーター前まで展示台を展開する。昼飯を頂いてから入札。いい本がいっぱい出てる。本だけじゃない。版画のイイのもある。精一杯入札。どうかなぁ。落ちるかしら。

昨日ウチが出品した荷物はどうだろう。ん!結構札を入れてくださっている。時間になり、開札を始める。おお。あそこにあるのはTVではないですか。少し多めの荷物に会員さんも「早く終わらせよう!」と開札を手伝ってくれる。開札をゆっくりやってると「遅いぞ!」と声をかけられたり・・・(^^;。え?なにがなんでも3時半までに終わらせるんですか?

そうと決まれば話は進む。開札はすばやく進んでいく。途中の休憩も心なしか短めだ。ウチの出した荷物はかなりの人気を集めている。スゴイなぁ。
で、イイと思った本でも、やっぱり後半の荷物はなかなか落札できないのだった(^^;。あと一歩、という札ばかりナリ。そのあと一歩を無理できないのがワタシの弱点だ。少し無理してでも買ってしまえばいいのに、ネ。

開札終了はキックオフちょうどの時間。国歌斉唱あたりからみなさん大型TVに釘付けだ。あれ?ジャパンブルーのユニフォーム着てる人がいっぱいいらっしゃる。ううう、見たいなァ。でも我々は経営員である。落札後の会場整理の仕事が残っている。ここはストイックに仕事開始。見てる人が邪魔に思うくらい元気に声を出して仕事しましょうっ!(^^;。

結構量は多かったけど、ハーフタイムあたりで仕事は終了。後半はTV観戦の中に入れることになった。そんな我々のために見せ場を取っておいてくれたのか、後半に入っていきなり森島がゴール。続いて中田もゴール!夜の試合だと家族でひっそり観戦だったけど、こうして皆さんと見ることで盛り上がれたような気がする。よかったよかった(^^)。

WC後、大市の話。来期の話。

■2002/06/13 (木) 出品

朝から天気が悪い。

夕方になってからクルマ一台分を中企センターまで運ぶ。出品登録作業を終えて帰路に着く。内堀通りの向こう側にダークグレーの空にうっすらと幻のような東京タワーがライトで浮かび上がる。好きな風景だ。

戻って夕食。荷造り。

「広末涼子」再び売れる(^^)。

■2002/06/12 (水) クラフト紙とネット通販

関東地方は昨日入梅。

先日来の大量荷造りで、梱包用のクラフト紙が底をついてしまった。

月曜日に三軒茶屋の紙屋さんに発注し、今日の朝取りに行く。全紙だと大きすぎるので、半裁にしてもらう。全紙500枚の半裁で1000枚。普通はこれを1/4にして発送荷物の包装紙に使っている。大判の本には1/2。これで向こう1年は紙の心配をしなくて済む筈。いや、ネット通販が拡大すればもっと間隔が狭まる可能性だってある。

朝10時過ぎに出る。中原街道はまあまあ進んだが、環七が混んでいた。いや、それもスゴイ混みようだ。普段からこんな感じなの?お店に到着したのは11時少し前。だいぶかかったな。すずらんテープとビニールの手提げ袋を少しと、クラフト紙を買う。帰りにTVをつけると「太陽にほえろ!」をやっていた。石原裕次郎さんに松田優作さん。鬼籍に入ってしまったお二人の若いこと・・・。時間というものはホント無情にも淡々と過ぎていくものなのだなぁ。

店に戻って受注品の荷造りと前金分の荷造り。発送は母親に任せて市場へ向かう。入札するつもりはなかったけど、月曜日出品の荷物がどうなったかを確かめに。すべて売れてくれていた。ありがたい!

店に戻って再び荷造り。その後にご送金頂いた前金分の荷物を郵便局へ滑り込みで持ち込む。間に合った。

■2002/06/11 (火) 甘露通信

甘露通信でご注文を頂いている。

普段からインターネットにデータを出していても、店頭に出していてもなかなか売れなかった本にご注文が入る。買ってきた本に注文が入るのはやはりうれしい。売るために本を買っているわけですから、ネ。ありがとうございます。

ただ、ジャンルによっては目録で売れにくい本があるのも確か。ならインターネットで売れるのかといえばそうでもなく、目録でもネットでも売れない本がガラガラの店で売れるとも思えない。もちろん法外に安く値段を付ければ売れていくのは当たり前(^^;。目録、ネット、店。この枠から外れてしまっている本をどう売るか。これがワタシのこれからの課題となる。
え?古書展ですか?考えておきます(^^;。

朝から荷造り作業。発送を終えて店を開ける。断続的に目録からのご注文が入り、棚から本を揃える作業と補充作業。ご注文品は徐々に積みあがっていく。昼飯の後に女房に店番をしてもらって荷造り作業の続き。今日ご注文頂いた分は今日中に発送しちゃおう!という方針のため。おかげで女房は娘と一緒に小一時間店番してもらう事態に・・・。ワルイね。

両手いっぱいに郵便局へ持って行く。郵便局のおじさんは毎日沢山の小包を持ってくるワタシを覚えているようだ。窓口の台の上に荷物を載せるのを手伝ってくれる。「丁寧にね!」と郵便局の人に声までかけてくれる。うれしい。

店に戻り、売れて空いた棚に本を詰める。この瞬間がニンマリなのよね(^^;。巷はWCで本どころではないかもしれないけど、「棚の色がいつの間にか変わっている。」なんていう印象をWCが終わってお店に来た方に与えてみたいもの。・・・ま。ちょっと無理か(^^;。

前回王者だった仏が無得点のままWCから去ることが決まった。

「大村藩古切支丹研究資料」売れる。

■2002/06/10 (月) やることが次々

昨日は駅構内で気勢を上げる若者が深夜まで居た。まあ良しとしましょう。気持ちがわかるから。

朝の新聞を見て驚いた。一面すべてがサッカーの勝利でほとんど埋め尽くされている。
その記事を読んでいると、魯は今回のサッカーで4-0で日本が勝てば北方四島を一括返還してやると言っていたらしい。「そのかわり0-1で魯が勝ったら北海道を頂く」とまで言っていたというから、石原氏のサッカーで勝てば返還交渉が有利に動くというのはそれに応えて発言したもののようだ。先にあちらがけしかけてきたのである。

首都では暴動が起きていると新聞は報じていた。確かに世界ランクでは日本は魯よりずっと下だ。よほど悔しかったのだろう。たとえ日本が負けていたとしても日本では暴動は起こらない。クラブチーム世界一を決める試合も中立の日本で決勝を行うというから、サッカーはスポーツ以上の存在と認めるのが世界の常識ということになる。
朝の新聞を見て思ったこと。

忙しい月曜日。朝から大市会の品物を引き取りに行く。カーゴに載っていた品物にはヌキが付いていたので、付け合せしながらクルマに載せた。すぐに取って返し店を開けなければならない。あ。大市でお世話になった方へのご挨拶をし損ねてしまいました。申し訳ないです。
店を開いた後、ご送金頂いた分の荷造り。WC期間中とあって店の売り上げは激減(^^;。多分他の業種も厳しいはず、ウチだけじゃない。なんて思っていると、ウハウハのところもあるという。宅配ピザだった。なるほどねぇ。サッカーの前では主婦の皆様も家事どころではない、というわけね(^^;。そりゃあそうか。

夕刊には昨日のサッカーの視聴率が出ていた。66.1%。これだけ価値観が分散した世の中になったにもかかわらず、この数字を叩き出す番組というのはスゴイ。スポーツ中継歴代1位は東京五輪女子バレー決勝、日本対ソ連戦の66.8%というから、東京五輪以来の大イベントが現在日本で開催中だということ。にしても、やはり相手はあの国だったネ(^^;。

甘露通信からご注文を頂いていて、荷造り作業を断続的に。ご注文有難うございます。

■2002/06/09 (日) 亀山湖

早朝1:30起き。不思議と目覚ましなしで目が醒める。

クルマで出発は3時前。4時に市原SAで休憩。このあいだ来た時には巣の中でピーピー言ってたツバメのヒナが元気に飛び回っている。人間と違って成長が早いよね(^^;。「保護」の張り紙があちこちに。これまた早朝からギャーギャーとゴミをあさるウルサイ真っ黒なカラスとはえらい違い。ツバメはプロ野球のチーム名になるが、カラスはならない。

4時半過ぎに到着。ボートに乗って出発。いつものように島裏から。バレットで立ち木を狙っているうちにするするするっとラインが走り出した。ヒョイと合わせると魚体の重さをずしりと感じた。これは40オーバーかも!と気合を入れて巻き始めるとバレた。あわせたつもりが不十分だったか・・。時に5時キッカリ。
その後長い沈黙。船に乗ってから鼻炎の薬を飲んでいたので眠くなってきた。7時半過ぎから思い切って横になる。目覚ましは9時にセット。吹き抜ける風が涼しい。いい気持ちで寝ていると電話がなった。Mくんからだった。そうかそういえばこのあいだの金曜日に亀山へ行くって言ってたな。居眠りの途中だったので話し半分。彼らもまだ釣れていないようだった。

ムックリ起き出し、気分転換にプラグを投げる。何がいいか。長らく投げていないバイブにしよう。一投目。ブルブルブルっ。ひったくるようなアタリだった。合わせるタイミングもなく感触は離れた。ギルだったのだろうか?しかしその後、水からあげる寸前に30cmクラスのバスがバイト仕掛けてくる。やっぱりさっきのもバスだったのでは?惜しいことをした。
午後に入って強風が吹き荒れる。ボートが流され、思うような釣りが出来ず。その後MくんとKくんに会ったが、彼らは帰るそうな。30cm代をそれぞれ1匹づつ。うらやましい。

15時過ぎに風がピタリとやむ。釣りやすくなってそれこそマシンガンのようにポイントを攻め尽くすが不思議なことにアタリがない。おっかしいなぁ。釣れないわけがないのだけど・・・。前回釣ったバスを食ったからかな?坊主に終わった。

帰ってきてサッカー日本戦。前半から飛ばす稲本。すごい運動量だ。魯に攻撃をほとんどさせず。後半稲本ゴール。なんだか入ったのが信じられない気持ちだった。そのまま1点を守りきり、日本に勝ち点3。決勝トーナメントが見えたか?!
日本がワールドカップで初めて勝った。うれしい(^^)。

■2002/06/08 (土) 朝起きて

仕事有。

昨日は飲み会がなかったので、土曜の朝にも関わらず7時起床。珍しいことだ。
昨日の明古で細江英公氏のオリジナルプリントを落札したりして、とてもバックで持ち帰られなかったからクルマで取りに行く。昨日の留守中にオヤジがなんだかデカイ全集を仕入れて来ていたため、置いておくスペースがないから市場で出してしまうことにした。ああ。ありがたや、市場の存在(^^;。

道はガラガラで、8:30出発の9:10に中企センター到着。出品作業と引き取り作業。帰り途中に五反田で大市を覗かせて頂く。古書会館前に100円パーキングがあったので停める。1階と2階を見る。入札。一通り終えてから店に戻ることにした。パーキング代は200円。

11時頃に店を開ける。早速持ち帰った荷物の整理。段々置き場所がなくなってきた(^^;。本って気をつけていないとすぐに積みあがってしまう気がする。定期的に市場へ還流させたらいいんだけど、なかなかその時間も取れない。

甘露通信到着。早速発送作業。

「戦後日本カメラ発展史」売れる。

明日は亀山湖(^^)。

■2002/06/07 (金) で、いよいよ

大市の準備期間となる。

通常市会はやっているものの、すでに大市の運営のことでアタマは一杯だ。もちろん普段の市を手を抜くわけにいかないから、普段の倍アタマを使うことになる。ま。ワタシの要領が悪いからなんだけどネ(^^;。

今週一週間かけて各会経営員の方々に当日の開札その他のお仕事をお願いした。皆さんお忙しいにも関わらず、お手伝いして頂けることになった。ご無理を言って申し訳ない気持ちだった。
ようやく見通しが立ったので、昨日の夜にあれこれ仕事の分担や流れを考えてメンバーの配置を書き出す作業をした。

組織も方針も毎年変わる。特に今回は場所も変わったので、仕事の方法はかなり変更されている。言ってみれば、一部を前にやっていたやり方に戻す事になったのだが、すでに前提条件が当時と全く違っている為、前に戻しただけではすでに仕事として成り立たなくなっていた。
経営員は毎年運営に関わっている。基本的な”流れ”は我々も我々なりに把握できているつもりだ。年月が経ち、ワタシの立場も変わった。運営会議ではワタシの意見が経営員の意見となるだけに、いいかげんな意見は言えないのだ。緊張。

で、市会終了後には運営会議に出ながら経営員の皆で当日の役割分担。めでたく決定。今日はWCでイングランド対アルゼンチン戦があるからか、皆三々五々帰宅した模様。
会議で経営員が絡む議題が終わったので、ワタシも観戦しに帰ることにした。

いやあ、見て良かった(^^)。すごい試合だった。まさに肉弾戦。どちらも前の試合とは気合が全然違う。スポーツを超えているように見えたけど、どうかしら?単なるスポーツじゃないね。あのベッカムの喜び様は。
PKを決めた瞬間、彼は国を背負っていた。ワタシにはそう見えた。

すんげぇカッコ良かった。

■2002/06/06 (木) あれこれと

やることがあるなァ・・・。

今日は朝から前金のご入金を次々頂いた。ありがたいです。ありがとうございます。

今日は一新会経営員の方に七夕大市のお願いに上がる。どうかよろしくお願いします。明古経営員の主任と立ち話。入札。昨日出品分の清算。その後はまた東京アッジェ(^^;。

今日はローライ35にリバーサルを入れて、このあいだの道の反対側を歩く。よく晴れて暑い。まだ蒸し暑くはないので気持ちよい暑さだ。カメラ片手によく晴れた東京を歩くのは好きだ。神田、東京、有楽町まで。地下鉄に乗り込む少し前に○フマップに入る。広い店内だがお客さんはいつも少ない。どうやって売り上げを上げているのかいつもよくわからない店だ(^^;。さて、今シーズンのVAI○はどんな感じかな?ううむ、やはり少しお値段は高めか。名簿管理のためにもう一台ノートPCが欲しいのだけど、機種によってキーボードの配置が微妙に違うのでブラインドできなくなるのはイタイから、出来れば同じ機種で揃えたいのだ。FXの一番安いグレードにするかなぁ。などと思うけど、やはり買うには至らず。

渋谷でフィルムを現像に出し、東横線に乗る。今日の暑さでさすがに長袖の人は居なくなった。冷房が助かる。自由が丘で急行から各駅に乗り換え、空いているから座った。目の前には中学生と思われる女の子3人が楽しそうにはしゃいでいた。にぎやかだなァ、と思いながらボーっとしているうちに電車は多摩川駅を過ぎ多摩川にかかる鉄橋に差し掛かる。太陽が西に傾いた夕景が見事。ワタシの好きな風景なのである。すると、さっきまではしゃいでいたその女の子3人も車窓から静かに風景を眺めていた。ん?意外に趣味が合うのかしら?と、思いながら下車の準備すると、その3人も新丸子駅で下車した。
やっぱりここに住む人間にとって、多摩川の風景は原風景になっているのかもしれない。

電車を降りて再びキャッキャ騒ぎ出した彼女たちだったが、根っこの方で繋がっているような気がして、もう騒いでいるのも気にならなかった。

森山大道、売れる。

■2002/06/05 (水) なんやかやと

忙しい。

いよいよ甘露通信のインターネット版原稿を昨日深夜に打ち出しておいた。寝苦しい夜。熱帯夜も近い。

朝は早く起きて荷造り仕事など。大市会出品の荷物をクルマに載せて五反田へ走る。10:30すぎに古書会館へ到着すると、南部の皆さんがとても丁寧に荷受けして下さった。各支部へ回っている集荷トラックがこれからなのか、皆さん比較的余裕の表情(^^)。どうかよろしくお願いいたします。

戻ってから郵便が運んできた前金分を荷造りして、荷物を郵便局まで運ぶ。女房・子供はお友達のお家へ行っており、留守。そのまま飯も食わずに市場を目指す。その前に九段下で一旦降りて、印刷屋さんへ目録原稿入稿。出来次第送ってもらうことに。再び東西線に乗って竹橋へ。

昨日の古典会さんには主任が七夕大市お手伝いのお願いに上がってくれていた。今日はワタシである。先週のうちに資料会さんの主任さんにお話をしていたので、すでにメンバーを募って下さっていたようだ。ありがたいです(^^)。ご迷惑をお掛けしますが、どうかよろしくお願いします。

入札。金曜日の品物が一部到着していると、明古経営員のRTくんから報告を受ける。今週も少し量が多い市会になるようなので、気合を入れて。なあに、先週のようにうまく捌ければ大丈夫。慌てずに確実な仕事をすれば結果は自ずと出るようになります(^^)。

食事をしに小川町交差点まで。地下にあるカレー屋さんでビーフカレーを食べる。随分久しぶりだったが、美人の店員さんは今日もいらっしゃった。中企センターに戻り、月曜日の荷物の残りをまたメ一杯持ち帰る(^^;。よせばよかった・・・。先日来の背痛悪化。

店に戻ると雨が落ちてきた。間一髪だった。

「広末涼子」売れる。

■2002/06/04 (火) 日本戦

今日はWCで日本戦が予定されている。

普段ならガラガラの昼間時間帯からお客様がいらっしゃる。夕方に日本戦がある影響かもしれない。

昨日から肩痛に悩まされている(^^;。インドメタシン配合が売り物の塗り薬を使っているけど、鈍痛は収まらない。・・・仕事がやりにくいなァ。それでも、先日入荷した荒木さんの本のことを書きたかったので、荷造り発送・本の整理を終えてから書き始めた。この本の中で陽子さんも書いていたが、書き始めると今までボヤーッとしていた”印象”が「言葉」となって溢れ出して来るものだ。それだけ好きな本で繰り返して読んだことも背景にあったかもしれないけど、とにかく書こうと行動を起こさなければ形として姿を現さない。そうして1冊1冊書き留めてきた荒木さんの本に関する文章は67本にも積み上がっていた。

書き終えてアップ。しばらくして日本戦が始まった。埼玉スタジアムでベルギー戦だ。まだ店を開けている時間なので仕方なくラジオで聞いている。どうせお客さまが来るわけでもないから閉めてしまってもいいんだけどネ(^^;。ラジオを聞いて応援しますよ。
PCがノイズを発生させる(^^;。仕方ないのでコードを伸ばして番台の後から音声が聞こえるようにした。先制され、心ざわめく。途端に小野の絶妙のパスから鈴木が入れて同点!ううむ、小野ってこんなにスゴイのね。稲本のボールキープ力が発揮されて逆転。これで行けるかな?と思った頃に居ても立ってもいられなくなり、店を閉めてTVの前に座った。閉めている間にいつの間にか同点に追いつかれている・・・(^^;。なんだかヒヤヒヤするなぁ。

いいところで店の呼び鈴が鳴る。・・・お客様だった。スイマセン、変に早仕舞いしてしまって。

そのまま何とか同点で試合は終わった。日本に勝ち点1が付いた。決勝トーナメント進出へ繋いだけど、ちょっと難しいのかな、やっぱり・・・。

■2002/06/03 (月) 出品したけれど

朝起きて曇り。すでに蒸し暑い。

だんだん梅雨入りが近づいてくるようだ。

今日は土曜日に出品していた本が開札される。昼過ぎに出掛け、いよいよ1ヶ月を切った七夕大市お手伝いをお願いしに、経営員の方にご挨拶へ行く。ご迷惑をお掛けします。どうかよろしくお願い致します。

で、肝心のウチの出品物なのだが・・・。やはり少しボーが出てしまった。あまりにもウチで売りづらかった品物だったからだろうな、きっと(^^;。どうしても捌きづらい本もありますな、どうしても。

帰ってきて夕食のときにゆっくりワールドカップ観戦をしようとTVの前にどっかと座る。とたんに娘が膝の上に座ってくる。おいおい、飯が食べられないじゃないの(^^;。あーあ、伊のゴールシーンを見逃してしまったじゃないかぁ。
にしても伊の攻撃は早い。トッティの角度あるセンタリングには恐れ入った。

明日はいよいよ日本戦。待ってました!

■2002/06/02 (日) こどもの国

こどもの国へ。天気は快晴。二度目ということもあり、カメラは少し気合を抜いてIXYデジタルとローライ35のみ。いや、これでも充分気合が入っているかも・・・(^^;。

今日は開園の9:30には駐車場に到着。さすがにまだクルマはガラガラだった。
正面ゲートから入場し、入ってすぐの「落書き広場」でお絵かき大会。そこに置かれているのはT神白墨が提供したもの。なんだか学校生活を思い出す会社名。真新しい白や黄、ピンクに青の白墨がアスファルトに花開く。
しばらくしてから子供たちの好きな遊具巡りに出発。急勾配の高速二段滑り台ってのがあって、中学生の男の子と女の子が「チョーはええ、やべー、おもしれーよ、コレ」とかなんとか言いながら何度も滑っている。体重に比例してスピードも出るようだ。ウチの息子も面白がって何度も繰り返す。習慣性があるらしい?娘は本能的にまだ無理と思ったか、ゆるい滑り台へ傾倒。

ソーラーモーターで動くミニSLに乗り(一人200円)、110mある大ローラー滑り台へ。最初は危ないかと思ってワタシも同伴したが、乗ってみて大丈夫そうなので二回目からは子供たちだけで行かせた。ゆるいけどケツがこそばゆい(^^;。危うくサイフがずり落ちそうになっていた。そのあと日陰を選んで昼食を摂る。女房が朝早く起きて作った握り飯。

木陰と芝生が多いので気温の上がり方はゆるいはずだが、それでも段々暑くなってくる。時折吹き抜ける風の涼しさ。
坂を登る。山の上に人工的に作られた池があって、ローボートに乗ることにした。4人で30分400円と格安。子供たち二人が「漕がせろ漕がせろ」と魯の取り合い(^^;。息子はそれなりに漕げるのだが娘は出来ないくせに負けん気で兄貴に魯を渡さない。二人で片方づつ魯を離さず、それぞれが勝手に漕ぐものだから一箇所でグルグルと果てしなく回り続けることになる(^^;。まーいいや。時間が来るまでやってちょーだい。

ボートを降りて最中アイスの差し入れ。そろそろ女房はお疲れ気味。そういえば結構気温が高くてお茶を随分飲んでいるなぁ。
池の端では1m以上ある鯉がお客の投げるエサに群がっていた。ものすごい迫力。水面からオレンジ色をした口が先を争って浮かんでは消えを繰り返す。ああ。ここでフライでも一発投げ込めば大変なバトルが味わえるのに・・・。また多摩川へ釣りに行きたくなってきちゃった(^^;。前回来た時に味をシメたらしく、子供たちが「自転車に乗りたい」を繰り返し言う。

20分ほど歩いて自転車乗り場へ。女房は移動でヘトヘトらしい。娘の幼児自転車乗りの監督として日陰に居てもらう。ワタシは息子とサイクリングコースへ。お。自転車がおニューだ。漕ぎ易いのでスピードも出る。いい感じだ。下り坂道は涼しくて爽快っ。あー楽しかった、で、もう一回ということに・・・(^^;。おいおい、元気だなァ。今度は娘も後に乗せることになり、電動付き自転車があったのでそれに乗る。登り坂道が異常に楽だった。

そろそろ帰ろうということになり、出口を目指す。「また滑り台やりたい」と息子が言い出し、あとでグズグズ言われるのも気が重いので、気の済むまでやらせることにした。娘は様子を見て少しやりたくなったのか「うえまでのぼりたい」と言い出す。滑り台の横に平行して綱が下がっていて、伝って登りきった。そこまではよかったのだが、そのまま綱を伝って降りようとし始めたからトラぶった(^^;。登ろうとした幼稚園くらいの男の子とケンカになったのだ。すかさずワタシが駆け上がって娘をひっぺがす。とたんにワッと泣き出した。負けたと思ったのだろうか・・?(^^;。
ぐずるときは大抵疲れているものだ。近くの売店でオヤツを買って与えると、争うようにすべて食い尽くしてしまった。やはりネ。

娘のチャイルドシートもそろそろサイズオーバー。246を右折してカー用品店に寄り、ジュニアシートを買った。色は娘の大好きな「ピンク」(^^;。グレーにして欲しかった・・・。2980円也。

帰り道途中に夕食。入ったファミレスはまだガラガラだったが、隣が小学生5人組の集団だった。保護者はいない。お子様セットを食べながら大騒ぎしている。だいぶ食い散らかしている模様。で、驚いたことに、5人中3人はケータイを持っており「なんだ、おまえやっぱオンナのアドレスが知りたいンじゃんかよー」「オレ、○○のアドレス知ってるゼー」「絶対教えろよなー」「いくら出すんだよ」とかなんとか大声で喋りまくっている・・・(^^;。コレが小学生の会話なのかぁ・・?彼らは帰りのお会計のときに「何だお前、こんだけ食ってカネ払わねー気かよ!」「オレはラーメンとドリンクのセットだけだから580円だけー」とかなんとかヒトモメしてる(^^;。今の小学生はオヤジ化してンのね・・・。

新世紀ですなぁ。

■2002/06/01 (土) いろいろあるのね・・・。

昨日も帰宅するころには日付が変わっていた。

酒に酔ってグラグラする頭を抱えながらメールチェック。溢れ出るうれしい気持ちを書きとめて置きたくてそのまま日記まで書いてしまった(^^;。寝たのは3時頃だったのではないだろーか。
朝起きて寝不足と二日酔い。アタマがグラグラで何度かハきそうになる(^^;。ポン酒がキいたようだ。水をガブガブしてシャワー。

巷はサッカー一色のようである。多分それが当たり前だ。昨日は仏が負けたという予想外の結果で大盛り上がりだったのでは?今日の新聞には、これで仏の優勝もなくなった、なんていう記事まで踊っている。分析記事には、なるほどと納得させるだけのデータも書いてある。データに負けるのか?人間が。そんなことをはじき返すくらいの勢いを期待しながらこれからが楽しみになってみたり、と、どんな角度からでもやはりワールドカップは面白い。

市場へ月曜日の出品に。二日酔いでも寝ぼけていても。って誰かさんの歌のようだねぇ。仕事は仕事である。最近少々ナマイキな事を言うようになってきた娘にこんなことを言われた。「おとーさん、きょうどっかあそびにいこーよ。あ。そうかそうか。おとーさんはきょうもおシゴトか。じゃしょうがないね。おかーさんとおにーちゃんといっしょにあそびにいくから。おとーさんはいいよ。」だって(^^;。娘の中でオヤジのシゴトは一体どういう位置づけになっているのだろーか。

クルマで移動中、市場で出品作業中にある方から電話を頂く。続いて、買い上げ品の整理をしていたある方と長い立ち話。いつの間にか時計は13時少し前になっていた。あわてて店に戻り、前金をご送金頂いた方の荷造りをする。郵便局の窓口が15時で閉まってしまうからねぇ。

郵便を出して戻ってからは買い上げ品の整理である。来週には大市があるので、店頭在庫で眠そうにしているヤツをいくつか縛り上げる。市場に出すと本は目が醒めるらしい。急に買いに来た人に向かって光を放ち始める。不思議なものだ。

さて、サッカーの中継を見に行ってこようかなー(^^)。

2002年05月 < > 2002年07月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター