Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記

■甘露日記 2013年02月

月末

2月も終わる。

早かった。20日を過ぎたらあっという間だった。まだ大市会で買った本の整理が済んでいない(^^;。

朝飯を食べて荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてツイートとニュースの編集。もはや日課だ。

昼飯を食べながら怒り新党。藤子・F・不二雄さんのマンガが紹介されていた。こういうマンガも描いてらしたのね。「自分会議」が印象に残った。たしか初期のドラえもんの中でものび太が宿題をドラえもんに頼んでタイムマシンで連れてきた複数のドラえもんでモメた話もあったなぁ。あの時もケンカしてたところをみると、やはり自分に似た者同士が集まると良からぬことが起こると藤子先生は考えていたらしい。

午後は荷造り作業と平行して本の整理。

夕食後、オークション落札品のメール書き。終えてからウォーキングに出た。あきらかに気温が高い。空には雲間から月が覗いている。久しぶりの春の夜。

いい季節になってきた。
8776歩 5.26km 75分 469.1kcal 15.0g

雨雪

雨。

朝飯を食べて仕事開始。鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

今週は交換会へ行けそうもない。まずは本の整理を優先。本が減ってきたら行くことを考える。

荷造り作業一段落でニュースの編集とツイート。昼飯の時間。
交換会へ行けない時は書くことが代わり映えしないねぇ(^^;。

今日は仕事を終えてからふと思い立ってビデオ屋さんへ。ふと、じゃないな。ビデオ屋さんから半額券がメールされてきたから、だ。今日は借りたいタイトルがあった。細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」だ。去年の夏に家族4人で川崎の映画館まで見に行った。子どもたちは楽しめたかどうだかわからなかったが、ワタシは楽しめた。っていうか、この作品は”子育てしている親”目線で作られているから、子どもたちにはピンとこなかったかもしれない。
もちろん、フィクションだ。おおかみおとこが出てくる。途中、わかりやすく絵本に出てくるおおかみは皆に嫌われて殺されちゃう、ってセリフもある。自分がおおかみであることは”ひみつ”にしておかないといけない。これって誰もが持っているコンプレックスの隠喩だろう。
子どもたちは成長するにつれ、”人間”として生きるのか、”おおかみ”として生きるのか、の選択を迫られる。
ん。迫られるって言い方はちょっと違うか。成長するにつれて自分のやりたいこと、目指すこと、居場所が自然自然にわかってくるってこと。そして、その進むべき道をいつの間にか選んでいる。あくまで主体的に。

現在のアニメはものすごい表現力を持っていることがこの作品からよくわかる。冒頭に出てくるそよ風に揺れる花畑の描写。一瞬実写映像に見えた。流れる水の表現、小さい虫が飛んでいるところなどの田舎の空気感、描写は実写と見紛うほどすばらしい。
監督の中では”実写にも見えるほど精巧に作られた舞台”のなかで”アニメ顔”した登場人物たちがお芝居する演出をどこまで突き詰めるのだろう、って思うときがある。が、この点はおそらく絶妙のバランスですでに解決できている気もする。それは、観ていて物語を理解することの妨げになるほど”アニメ顔”が気になっていないってこと。それに、この作品中にある嵐の学校でカーテンがはためく場面はむしろアニメじゃなきゃ無理だろうなって思うので。
いや、”おおかみこども”というキャラもアニメでなければ描けないと思う。やはりファンタジーはアニメ表現が似合うよねぇ。なぜか説得力も出る。Dがよく制作する実写のガチなファンタジー映画は正直観る気がしないわけで(^^;。

親が子どもたちに望むこと。たしかに一言で集約したら、しっかり生きてほしい、ってなるのかもなぁ・・・。
ずっと自分の子どもたちの小さかった頃を思い出しながら観てた。過ぎてしまえばあっという間なんだよね。
864歩 0.51km 8分 43.2kcal 1.0g

定休

快晴。布団干し。もう花粉は飛んでいるんだろうか。

店舗は定休日だけど仕事を休むわけじゃない。朝飯を食べて荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。ツイートもこのタイミングで。

昼飯を挟んで続行。追いついてからニュースの編集とメルマガの編集。火曜日はけっこうやることがある。ま。メルマガはそろそろ・・・(^^;。

シャッターの隙間から春の日が入ってくるようになった。空気はまだ冷たいがもうすぐ3月になる。

昼飯を食べながらビブリア古書堂を見た。彼にとってどうして「晩年」だったのか、が描かれていなかった気がした。おじいさんが持っていたから、は理由にならない。処分した蔵書はほかにもあったわけだから。書いてある文言も理由としては弱い。人を階段から突き落としてでも手に入れたかったほど「晩年」に強くこだわったのはなんでだったんだろうなぁ。
足塚不二雄の「ユートピア」もそうだけど、稀覯本は人の感情を良からぬ方向へ動かす、って方向で物語が描かれている。こういう物語を見ながら”荒唐無稽”と思う方も多いと思うが、ワタシも実際過去にそういう経験をしているので、以後は気をつけてそういう本を扱わないようにしている。が、古本屋として損してるなぁって思う・・・(^^;。

仕事を終えてからウォーキング。空が曇ってそれほど寒くなかった。一雨くるらしい。
8097歩 4.85km 69分 430.4kcal 13.3g

蛍光

快晴。布団干し。

昨日、出かけて店に戻ったら、「蛍光灯が切れた」とオヤジ。確かにデスクを照らしているコンパクト蛍光灯が取り外されていた。ワタシのが切れたのかと思ったら、オヤジの席のが切れて、ワタシの席の玉を取ってオヤジの席のに付けたらしい(ヤヤコシイ(^^;)。インバータ式だし、ずっと使えるんじゃないか、ってなんとなく思っていたが、やっぱり切れるのね。
早速替え玉を発注。どうやら東芝独自規格の玉らしく、いずれは買えなくなるのかもしれない。まあ、そうなったらまた買い換えればいいか。
スイッチを入れると待ち時間ゼロですぐに点灯するから重宝している。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼前に追いつき、ツイートとニュースの編集。そのあと大市会の精算に動いた。いつも明細が届いたら銀行振込する。

ラジオではアカデミー賞の話。そういえば映画館で洋画は見なくなったなぁ。DVDでは観るんだけど。

昼飯後は本の整理。大市会で買ってきた本はまだまだ積み上がっているので、積極的に。これを片付けてしまわないと次の交換会に行けないわけだから。

それにしても、2月は足が早い上に低調。これだけ寒い日が続くと気分がノってこないのもわかるけど。

風邪ひくとヤなので、あまりに寒いこの1週間はランニングをしていない・・・。
889歩 0.52km 8分 44.7kcal 0.4g

川崎

快晴。風が強い。寒い。

朝飯の前に荷造り作業をしばし。朝飯を食べ終わってから本格的に作業。いつもお買い上げありがとうございます。

今日は娘が「川崎に行きたい」ということだったので、3人で川崎へ。南武線の快速電車で川崎駅。いつものフードコートでおにぎりの昼飯を食べ、東口の100円ショップ。娘の買いたい文房具選びにお付き合い。その後は「ブ」へ。ワタシはクラシック棚にあるCDをずっと眺めていたが、欲しいタイトルがなかった。

その後、別れてワタシは西口のラゾーナへ。別に欲しいものもなかったけど、たまにウロウロして「今」を吸収することにしている。リニューアルしたらしく、人でごった返していた。

Bカメラのデモで飾られていたDP3はすぐに電池切れしてしまい、何も試せず(^^;。フジの100Sをさわってみたが、これがすごかった。これ、持った感じとかバランスとかデザインまでライカM3に35mmズミクロンを付けたのと同じような感覚で使えそうだった。ファインダーもあれどういう構造になっているのか知らないが、普段は素通しでも覗くと急にEVFに切り替わる。ありゃスナップ写真にはドンピシャなカメラだ。よく出来てる。
そろそろスナップ写真を撮らなくなってきたワタシには、やはりSIGMAのDP1Mが合ってるんだろうね。まだ買わないけど。

本屋さんを覗くと、オールドレンズの本に目が行き、アダプター経由でライカレンズを付けての撮影が楽しそう、とか思いつつ、いやいや、費用対効果が望めないぞ、と正気にかえる。

ホームセンターで塗料のコーナーで足が止まる。そうそう。この間作ったスピーカーの表面塗装とかしてなかった。さっとヤスリをかけてからニスを重ねて塗るといい塩梅に仕上るらしい。いっちょ買ってやってみるか?とニスの色を検討までしたが、結局やめた。別に外に持ち出すわけでもないしなぁ・・・。

そんなわけで、あれこれと空気を吸収するだけで終えた1日だった。
6799歩 4.07km 64分 336.4kcal 8.5g

本山

快晴。布団干し。

まだ寒いけどそろそろ花粉も飛んでいるそうな。布団干しもそこら辺のことを考えないとイケナイみたいで。

朝飯を食べて仕事開始。鋭意荷造り作業。珍しく土曜日に発送荷物が積み上がる。ありがとうございます。

ニュースを編集してたらお昼。早いなぁ。土曜日の午前中はだいたいこんな感じで過ぎていく。

アフリカのリズム感が半端無くすごい。二拍子と三拍子が同居している。そして、和音の感覚も研ぎ澄まされている。それはアフリカの森の中に行くといろいろな生物の鳴き声がそれぞれ別個に響いてくるところから備わった(らしい)とのこと。ポリリズムの話はPerfumeで知って菊地成孔さんの解説でそういうことだったのか、と膝を打った口(^^;。今見てるTVは、そもそも論の部分。どうしてアフリカの人たちの音楽感覚がズバ抜けて優れているのか、ということについて。
西洋音楽はいわゆる平均律で和音中心に楽曲を作っていったが、アフリカにはまずリズムがあり、そして和音もド・ミ・ソなどの和音よりももっと幅が広い。西洋音楽では不協和音とされる和音さえも”表現”として積極的に取り入れている。
文化が違うから音楽の体系も変わってくるのはアタリマエ、なのかもしれないが、西洋音楽はその後アフリカ音楽の影響を受けて徐々に変質していくことになる。アメリカ大陸では西洋とアフリカの音楽が融合して全く新しい音楽も生れた。

午後はとにかく本の整理。なかなか進まない。大市会で買ってきた本の山は幾分低くなっただろうか。でも、まだまだ。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。やっぱり2月だなぁ。早く春にならないかしらん。
744歩 0.44km 7分 34.9kcal 0.8g

増加

快晴。布団干し。そういえば干すのひさしぶり。

今週はさすがに交換会へ行けない。本の山がほとんどそのままそびえ立っている。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。嵩が減ってくれないので明日の夜が心配だ。

一方、何気に好調なのが外の均一本。しばらくずっと動かなかったが、あることをきっかけに急に動き出した。それはオヤジのアイデア。「この台の本はすべて50円です」と書いて表示した。それだけ。それだけで、通りすがりの人の目を惹いたみたいだ。
全部50円にしただけではほとんど効果はなかった。それこそ、知る人ぞ知る程度の広がりにとどまっていた。ところが、50円の張り紙。今や日によって棚がガタガタになるほど売れる。
もちろん、金額は行かない。どれだけ量を売っても1冊50円なんだからそれはアタリマエ。でも、本が売れてくれるのが嬉しい。本屋の棚にある時、本はアイドリング状態だ。それが買って読んでもらうことで本は秘められた力を発揮する。たとえ50円でも買ってもらうことが大事。もらった本はふつう読まないからね。
基本的にネットで売れなかった本を店頭に並べるため、なかなか補充がきかないが、これがある程度軌道に乗るくらいになれば幅が広がって面白いな、と思う。ただし、これをメインにするつもりはない。なんでもかんでも50円にすることはできない。それは仕方ない。商売だから。

午後は本の整理。もうちょっと頑張れたかな、と思うくらいのところで夕食の時間。

店を閉めてから、ふと思い立って「桐島」公開時のラジオ・ウィークエンドシャッフルを動画サイトで聴き直した。聴いちゃったらもうDVDをスピンするしかない。もう何回見ただろう。見るたびに発見があるし、登場人物たちのすれ違いっぷりに相互理解の難しさを思う。彼らは学校という世界で生活しながら、それぞれが全く別の世界を見ながら生きていた。そりゃ、本当の意味で分かり合えるわけもないんだろう。哀しいけれど。

だって、自分のことさえまったくわからない自分なんだから。
952歩 0.57km 9分 47.0kcal 1.1g

平日

晴れ。寒い。

体調が今ひとつということもあって、ココ数日は早めに休むことにしている。睡眠時間も普段より多め。途中一度も目が醒めない。気温が低いからだろうねぇ。
それで体調は戻ったのか、といえば、いまひとつ(^^;。しばらくランニングにも行っていない。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昨日梱包材も届いて安心の作業。

荷造り作業が追いついたのは昼前。今日も少なめってかんじ。棚はいつも一杯になっている。こればっかりはワタシの努力ではいかんともしがたい。お客様のご協力がどうしても必要。
というわけで、お早めのご送金をおねがいしますね。お取り置きは最長1週間以内でお願いします。

ネット通販最大手A社の年間売上げが発表になったらしい。よくわからないが驚異的な数字だったようだ。ネット通販の定着と躍進という論調が目立つが、実際にはまだリアルの方が強い。もちろん、リアルの隙間産業的にネット通販が伸びていることは確かだけど、一長一短な部分が残っている。
こういう話って消費者の立場から論評されることが多いけど、業者側にだって実は言いたいことは一杯ある。システム的にはまだまだ不完全で、業者は圧倒的弱者の立場にある。・・・ま、そういう身も蓋もない話はこれ以上書かないけどね(^^;。

昼飯を食べ終わって本の整理開始。大市会で買ってきた本の山をすこしづつ崩していく。オヤジはヌキと首っ引きで検品作業。以前何度もこの検品を怠ったためにイタイメに遭っている。ま。都合の悪いことは綺麗サッパリ忘れてしまうようだけど。

お茶の時間。オヤジたちは殻付きアーモンドをお茶うけに。なかなかシャレたものを食べてるな、と思ったら昨年末に築地で買ってきたものらしい。珍しいものがあるねぇ。
夕食の時間まで本の整理を続けた。やってもやっても減らないような気がするのはなぜ?

夕食後はオークション落札品のメール書き。終えて日記書き。書きながらチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を聴く。JJ製の真空管はかなりイイ。さすがトライオードが採用するだけのことはあるなぁ。

寝よっと。
749歩 0.44km 7分 34.7kcal 0.2g

定休

外は快晴。店は定休日。

昨夜は早めに寝た。体調も少し戻りつつあるが、まだ本調子じゃないかも。やっぱり今年は寒いみたいだ。それとも寒さがこたえる年齢になったかな(^^;。

朝飯。今日は子どもたちふたりとも朝から出かけている。娘はいつもどおりの学校だけど、息子は教習所だ。いよいよ始まった。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯を挟んで午後には追いついた。それから慌ててニュースの編集。こちらも間に合った。

真空管アンプ。先日真空管をECC83に取り替えてからずっとつけっぱなしにしている。当初は音量が上がると音が飽和したようにボワンって響いたこともあったが、今日になってスッキリと澄んだ音が鳴るようになってきた。ただ、前の真空管(エレハモの12AX7)と違いがあるかと聞かれればわからないと答えるしかない(^^;。ワタシにはその程度の耳しか付いていないということね。
ただの憧れだったものを実際に使ってみることって、ある意味「夢の実現」だけど、「夢を現実に」してしまうことでもある。つまり、夢から醒めるってことね(^^;。
入門用と思って買ったエレキットの真空管アンプでワタシには充分なのかも、という諦めが生まれつつある。まあ、諦めといいつつ、かなり楽しんで聴いているのだけど。
今日も仕事をしながらカルロス・クライバーのベートーヴェン4番やらモーツァルトやら、ブラームスを聴きまくった。店が休みだと大音量にできる所がイイ。

ビブリア古書堂を見た。太宰治の晩年。識語署名入りの初版本。そりゃ存在してたらすごいよね。あのお話はどこまでがホントでどこからがフィクションだったんだろうか?
天下一本なんてオソロシくて扱えないなぁ・・・。

寝よ。
640歩 0.38km 6分 30.1kcal 0.0g

定休

雪。積もりそうにないが。

お店はお休みなのでゆったりいきたいところだが、そうもいかない。
在庫確認のお電話あり。荷造り作業をしていたら呼び鈴が鳴った。大市会の落札品が到着。ざっとカーゴ1台。ようやく運び入れると通路がふさがった(^^;。運送屋さんに缶コーヒーを渡していたら、宅急便のお兄さんが巻きダンボールを抱えて入ってきた。重なるもんだねぇ。

置き場がない(!)。買ってきた本と売れた本。これから仕事をかける本が一堂に。倉庫番というゲームを思い出す。

昼飯を食べてから荷造り作業の続き。ふと思い出してメルマガとニュースの編集。火曜日は結構忙しい。
しばらくして女房が集荷にそなえて伝票書きに来てくれた。発送作業は雪のちらつく中。お疲れ様でした。

やれやれ。ここんところの低温続きでちょっと体調が悪いや。もしかしたら日曜の雑踏で風邪をもらってきたのかもしれない。今日は少し早めに休もうと思う。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。

仕事をしながら録音しておいたラジオをひと通り。ロケショー、にち10、福山さんのラジオを2本。大童貞祭。

寝よ(^^;。
862歩 0.51km 9分 42.3kcal 0.2g

結果

朝から雨。

おとなしく店で1日仕事の予定。今日の大市会ではどれくらい落札できてるだろうか。事前にまったく予測がつかない。

午前中は荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてからニュースの編集とツイート。で、昼飯。息子は長い春休み中。先日教習所で申し込みを済ませたらしい。いつから始まるの?と聞くと「水曜から」なんだって。こっちはヒマなんだからすぐ教えてくれりゃいいのにね。

午後は本の整理を始める。こちらははかどらず(^^;。

雨はやんできた。大市会の状況はどうなってるだろう。ネットで見てみるとそれなりの量と金額になっていた。置ききれるかな・・・(^^;。

先日来、区役所へ何度も足を運んでいたのも、実は今日の為。いよいよ確定申告の受付が始まった。昨年中はいろいろと入払いがあったので確定申告の必要があった。そのため、期限切れになっていた住基カードを更新したり、○○費の手続きのために区役所へ行った。
すでに申告書は完成していたので、受付時間中に送信の手続きをしたのみ。とはいえ、最後にちょっとしたワナがあった・・・。本人確認の”厳格化”のために、使用ブラウザを「管理者として実行」しておかないと送信エラーが出る。これ、知らないと慌てることになるので書いておきますよ。
e−taxで申告完了。やるべきことを終えてスッキリした。

夕食後はオークション落札品のメール書き。今日はつべでカルロス・クライバーのブラームスを聴く。この人のブラームスといえば4番にトドメを刺す。そういえば1番と3番の録音は聞いたことがない。残していないのかもしれない。
ブラームスを嫌う指揮者も居るらしいが、1番だけは古典派を継承しているとしてベタ褒めされる。実際一番演奏される曲だろう。ところが、カルロス・クライバー指揮の1番はない。代わりにあるのが4番。他の人の演奏はあまり知らず、カラヤンのものくらいしか聴いていないが、聴けば間違いなく繰り返し聴きたくなる演奏になっている。正直、カラヤンの演奏ではこの曲の良さがワタシには伝わらなかった。
特に好みは第一楽章ね。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲のように第一楽章が終わったあと拍手をしたくなるような名曲だ。
531歩 0.31km 5分 23.7kcal 0.5g

大市

曇空。

今日は大市会がある。まだ未整理の本が積み上がっている中で大市会へ行くのもちょっと、って感じだったが、やはり行くことにした。

朝飯を食べて鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。終えてから電車で古書会館へ向かう。車中では「三四郎」の続き。地下鉄が妙にすいていると思ったら今日は日曜日だった(^^;。

時間が時間だったので入札前に昼飯。今日もうどんだ。店内はすいていた。

大市会会場。(!)。驚いた。本が満ち満ちていた。こんな古書会館を見たのはひさしぶりかもしれない。最低入札価格が今までの半分に設定されたことの効果が絶大だったのかしら。
それにしても、本はあるところにはあるんだなぁ・・・。

入札を終えてからせっかくだから散歩する。とはいえ、もう西日の時間だったのでアキバへ行くくらいでよしとしようかな。小川町公園で芸人さんが二人でネタの仕込みをしていた。がんばってね!

あまり考えずに歩いていたらほとんど靖国通りを歩くことになってしまった。旧交通博物館の場所にはドーンとJRの新ビルが立ち上がり、ほぼ完成状態。あとは引越しを待つばかりらしい。旧万世橋駅の遺構にはシートが掛けられて工事中。公園のようになるんだっけ?
万世橋を渡るとアキバエリア。中央通りはホコ天中。相変わらず人が多いねぇ。
アキバを歩く理由は随分変わったもんだと思う。一番最初はワタシが高校生になった頃、PCを買いにきた。ただのオモチャで終わらせてしまったが、今思えばオモチャくらいにしか使いようのないスペックだったと思う。その後はずっとご縁もなく、たまに石丸のレコードセンターにCDを探しに来る程度。再び通うようになったのは社会人になってから。仕事にPCが絡んできたからだ。もうあれから22年も経つのか・・・。
もっぱらPCの用事で来ていたが、最近になって真空管アンプ関係で通っている。街は旧石丸本店が3月末で閉店が決まるなど、一見電気の街ではなくなってしまったように見えるが、実はそんなこともないわけで。アキバを形造るレイヤーは分厚い。
そんなわけで、今日は真空管を買った。JJ製のECC83。12AX7と同じ型でヨーロッパではそういうらしい。JJ製はギター・アンプなどではおなじみらしく、オーディオと相性がイイ、と雑誌で読んだ。ネットでは結構高い値段で売っていて、エージングしてすぐにフルで使えるようにしてあるとかなんとか理由が書いてあったが、すくなくともワタシには必要ないかな。”定価”で手に入れた。領収書を書いてくれて、これが1年間の保証書になるらしい。親切だなぁ。
あと、六角ドライバーとかも見て回る。ガード下のお店を長年縁遠い存在として遠くから見ていた自分としては、実際に必要があって入れることが嬉しい。

店に戻って荷造り作業など。夕食後はまた「桐島」を見てしまった(^^;。まだ飽きない。こうなったら飽きるまで繰り返しみてやるか・・・(?)。
8884歩 5.32km 81分 456.4kcal 11.8g

会計

快晴。北風。強い。寒い。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業はほとんどなかったが、ツイートとニュースの編集をしているうちにお昼を過ぎた。

昼飯時にコーヒーを飲んで午後は少しスッキリしたアタマで本の整理に入る。ラジオで吉田大八監督が喋っていた。「桐島」のDVDが出たのでそのプロモーションだろうね。もはや監督の中では「桐島」は完全に完結しているはず。次回作はどんなんだろうなぁ。

ラジオを聴きながら仕事を続けていたら、いつの間にか夕方。もうすぐ学年末テストなので娘はお友達とテスト勉強(をしているはず)。
息子は明日から教習所へ通うつもりらしい。今が一番おカネがかかるねぇ(^^;。たまんないよぉ。

PCで会計しよう、ということになった。とはいえ、今まで会計さえやったことがない。今担当している母親と平行して1年間やってみて、それで慣らすつもり。だいたい通しで1年やれば仕訳も間違わずにできるようになるはず。PC会計のいいところは、データ入力が一度で済むということ。あとの集計は全部やってくれる。ワタシもわからないながらもいくつか入力してみたが、ちゃんと記帳されていた。これならつづけられそう。あ。ちなみにメインで担当するのは女房ってことで。

店を閉めてからはつべでカルロス・クライバーのニューイヤーコンサートを検索して聴いた。これがなかなかの高音質で、iTunesで聴いているのとほとんど違いがない。イイ時代になったねぇ。
先日TEDというサイトで指揮者のタイプから見るマネジメント学的な講義でこの動画から出典があった。コンサートのアンコールで演奏されるラデツキー行進曲。カルロス・クライバーはまるで踊っているような指揮を披露する。うまく行っている稀有な例として紹介されていた。
指揮者がノリノリ(のように見える)だと楽団もノってくるみたいだ。演奏もメリハリがあって素晴らしかった。
725歩 0.43km 7分 33.9kcal 0.0g

三昧

昨夜は遅くまで「桐島、部活やめるってよ」のDVD特典映像を見続けた。

出演者によるヴィジュアルコメンタリーから見始めて、メイキングやら舞台挨拶風景やら、短篇エチュードまで。気がついたら朝が近かった(^^;。

今日はずっと眠かったが、やらなきゃならない仕事はすでに山積なので気をしっかり持って仕事を続けた(^^;。いいのかな〜こんなことで。

今日も仕事を終えてから、今度は監督、プロデューサー、原作者、脚本の四氏によるオーディオ・コメンタリー付で最初から通しで観た。昨日から何回観てるんだ状態(^^;。でも、飽きない。何だろう。なんでだろう。
コメンタリーでは撮影の裏話をあれこれと聴けて楽しいが、これを観るとまたもう一度コメンタリーなしで観たくなる(^^;。きりがない。

ふと、思い返すと、繰り返し観てしまうドラマや映画って群像ものが多いことに気がついた。主人公はいるんだけど、監督が意識してサイドストーリーを描く重要な脇役が存在するお話ね。やはりお話を多面的に描けるから観ている方も視点を変えて何度も観られる話になるのかも。
本広克行監督の「サマータイムマシンブルース」は好きで何度も観てしまう。タイプは全然違うけど「ゴッドファーザー」もある意味群像ものだと思う。
特典映像まで観た感じで言うと、製作側は「ゴトーを待ちながら」とか、この作品自体が”青春映画の批評的作品”になっている、とか、そういう意識で作っていないことがよくわかった。それはつまり、製作側が意図していなかった部分に鑑賞者が物語を書き加える余地が(意識して?)あけてあったってことかもしれない。鑑賞者は自分の経験の抽斗の奥から”青春”の思い出を引っ張りだす楽しみや、自分の映画や演劇に関するウンチクを語る権利(?)を与えられた。

レビューのいくつかを読んでいたら「この映画は現役の高校生に見てもらいたい」という文言を散見したが、おそらく当の高校生にはこの作品を面白いと思えないんじゃないかしら。だって、それこそ目の前でこういう光景が学校に行っているあいだ毎日繰り広げられている(だろう)から。
とうの昔にそんな時期を通り過ぎた男子(オッサン)に”青春映画”は刺さる。もはや目の前では再現不可能な光景をスクリーンで観るところにオッサンの愉しみと哀しみが綯い交ぜになって転がっている。

あとからほのぼの思うもの、と森田公一先生も言ってることだし。
398歩 0.23km 4分 18.9kcal 0.0g

桐島

朝飯を食べて仕事開始。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
荷造りしていたら、郵便配達。その中に「桐島、部活やめるってよ」のDVDが入っていた。たしか去年のうちに予約を入れておいたはず。もうそんなに経ちましたか。あっという間だなぁ。

待ちきれず、昼飯を食べながら見始める(^^;。もちろん一気に全部観るわけにはいかない。結局、昼飯、お茶の時間、夕食時、と3回に分かれてしまった。ワタシは一度映画館で観てるからいいけど、一緒に観ていた女房はどうだったかなぁ。まあ、楽しんでいたようだけど。

去年の9月にレイトショーを観に行っていた。その時、よほど面白かったのか、比較的長い感想文を書いていた。気を付けて書いたけど一部ネタバレも入っていたかもしれない。今回2回目を観て、やっぱり面白かった。そして、一度観ただけじゃ見落としていた部分もあったことに気がついた。ラストの火曜日。暮れなずむ校舎の屋上。グランドフィナーレのきっかけとなる、桐島とおぼしき男子が屋上からひょいと降りる場面。その直前で桐島とおぼしき男子の目線でぐるっと校舎を見回している。
そして、その人物は撮影場所を移動してきた映画部の連中と階段ですれ違っていた(!)。ちゃんと映画部の前田くん(神木隆之介)がすれ違いざま振り返っているから、やはり彼が桐島だったんだろう。"君臨”していた学校の頂点から降りることにした桐島。

こういう分け方は何の意味もないんだろうが。・・・ちょっと不器用だけど好きで部活を頑張る人と、それなりになんでもこなせるけどやりたいことが見つからない人、の物語になっている。ラストの屋上で、この両者が8mmを挟んで直接向き合う。映画好きの前田くんにイケメンの彼が言う。「将来は映画監督ですか」。前田くんはちょっと残念そうに答える。「映画監督は無理」。
「!」じゃあなんで、こんなことやってんの?とイケメンくんは彼のことを理解できなくなった。前田くんは彼の理解できる範疇を超えた。前田くんは全くの打算抜きで好きだから8mm映画を撮っていた。そんなド直球な気持ちに彼は打ちのめされる。俺のやりたいことって何だろう。なんでもそれなりにできるけど、やりたくてやってることがひとつもないじゃないか(!)。
彼の中に「野球がんばってみようかな」という気持ちが芽生えたと思わせる場面で映画は終わる。

うん。青春映画だ。だって、若者しか出てこないし、青春な心の葛藤が見る者に迫ってくるじゃない。最初劇場で見た時なんとなく変化球っぽく感じていたのは、ワタシが青春をとうに過ぎて「大人」になっちまってたからだろうね(^^;。
まあ、しょうがないよ。だってウチの息子は神木隆之介くんと同い年なんだから。

傑作。
7873歩 4.71km 68分 413.4kcal 13.4g

荷造

快晴。雪はなかった。もう今年は大丈夫かしらん。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昨夜のうちに仕上げておいた分もあって、かなりの嵩になった。

あとは、いくつか支払いを。これを払っておかないと交換会で入札ができなくなってしまう(^^;。落札から1週間以内に支払いを済ませなければならない、という厳格な規定があるため。これを守らないと督促状が届くことになっている。
恥だ。

昼飯前にニュースの編集を済ませる。昼飯を食べてからは本の整理。ご入金がピタリと止まってしまった。こうしてたくさんの荷造り作業に対応できるときには件数が少なくて、昨日のように買取の仕事でリソースを割かれているときに件数が多かったり(^^;。なかなかうまくいきません。

昨夜実行したPCのメモリ換装作業。うまく行ったようで、ちゃんと実装されたメモリを全て認識している。それで肝心の処理スピードは向上したんだろうか・・・。「少しは早くなったかな?」と女房。劇的に変わった印象はないみたい。
まあ、いいドリンク剤と一緒で、飲んだら急にモリモリと力が湧いてきた、って自覚できたら効き目が強すぎて危ないってことと似てるだろう、と。

1年ぶりに雛人形が飾られている。これは娘が生れた時にお祝いで買ってもらったもの。あれから随分経つのに人形はかわらず微笑んでいる。
ところで、娘の成長を願って飾ることが建前の雛人形だけど、何歳くらいまで飾っておくものなんだろか。
当の娘はほとんど人形に興味を失っているようなんだけど・・・(^^;。
727歩 0.43km 7分 36.8kcal 0.7g

買取

曇空。夜には雨が降る予報。

三連休明け。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

昼飯を食べてから、先週お約束した買取の件で出かけた。ご近所。クルマで10分ほど。評価の上買い取らせていただいた。ありがとうございました。

店に戻って本を積み上げると、いやあ、もう置ききれないくらいパンパンに本があるって感じ。それなりに嵩のある今日の発送荷物の置所に困った(^^;。

早く売らないとイケナイ。とはいえ、よりによって2月なのよね・・・。

録音しておいたラジオを聴きながら仕事を続ける。とりあえずニュースとメルマガの編集。荷造り作業の続きと本の整理。なかなかはかどらないねぇ。

ロケショー、にち10、夜電波。ガチな特集をよろしく、というリクエストが多数入っているそうだ。そりゃそうでしょ。第一シーズンの充実っぷりを考えたら皆さん真剣にリクエストしますよ。ここに何度も書くようだけど、アメリカに一発デカイのが入った時にかかっていた曲の特集と、テキーラ特集、アナリーゼ系(それはK−POPでもヒップホップでも)はやはり最高。楽しい放送が続いたので、そろそろ菊地先生にはガチな音楽講義を希望。
で、福山雅治さんのラジオ2本。なぜか童貞で盛り上がってる(^^;。

夕食を食べながらビブリア古書堂。時計じかけのオレンジのお話。キューブリックの映画しか見たことないや(^^;。小説が原作だったとはねぇ。それはそうと、小説版ではどう描かれているのか詳しくは知らないが、ビブリア古書堂にお客が来て本を買っている場面が全く描かれていないのが気になるなぁ。図書館に納品してたけど「寄贈」とか言ってたし、読書会に本を「貸出し」てたし。本にまつわる仕事はしているけど、一向に”商売”している感じがしない。
まあ、一般の人が思い描く古本屋さんのイメージがなんとなく想像できて興味深いけどね。
8553歩 5.13km 72分 467.2kcal 16.3g

祝日

月曜日がおやすみになるケースが増えているが、今日は偶然。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業は休日らしくほとんどない。すぐに本の整理開始。

昨夜は借りてきたDVDで「岳」を観てしまい、遅くなったので眠かった(^^;。目をこすりながらの仕事はちょっとツライね。

昼飯を食べてコーヒー。これで眠気が醒めるといいんだが。午後は幾分楽になった。一度びっくりするくらい早寝して夜更かしサイクルから脱却したいんだけどなぁ。

祝日なのでラジオも特別編成。脳科学者の人が出てきて男性は年齢とともに脳の働き方が変わってくるって話。20代の脳はとにかく知識を取り込む能力が高いらしい。取り込みたがっているから興味のままに取り込んていったらいいそうだ。ただし、取り込んだはいいけどその活用法がまだ確立せず、思うようにその知識を生かせないこともおおい、とか。
30代40代であれこれと経験を積み、脳の中で回路がいろいろと形作られる。うまく行ったことはきっちりと覚える代わりに、うまく行かなかった方法は切り捨てるようにはたらく、んだって。
これって”物忘れ”という現象として自覚できる、とのこと。つまり、忘れてしまうようなことなんてわざわざ覚えておく必要もない、ってことらしい。
20代まではあれこれと選択肢が見えていろいろ試したくなるため、うまくいくこともあれば失敗することも多い。そんな経験を積みながら50代を迎えた時、人は迷うことなくいろいろある(ように見える)選択肢の中から直感的に最善の方法を選びとることができるようになる、という。
ピークは55歳なんだって。へー。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
444歩 0.26km 4分 19.6kcal 0.0g

会田

快晴。

遅く起きて遅い朝飯。食べ終えてから荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

今日は女性陣が出かけないというので、ワタシ一人出ることになった。六本木ヒルズの森美術館で開催中の会田誠展へ行くことにした。
とはいえ、このいい天気に地下鉄で直接六本木へ行ってしまうのもつまらない。中目黒駅で降りて六本木まで散歩しながら歩いていくことにした。

いつもの別所坂を登って恵比寿駅前。渋谷橋を直進して広尾小の角を左折・・・。ん?方向コレで合ってるかなぁ。広尾高校の交差点を右折してさっきの通りに戻り、そのまま直進。すると、”広尾山”にぶつかった。べつにそういう地名があるわけじゃないが、ちょうど日赤病院から清心女子大までの大きなブロックが壁のように立ちはだかって抜けられないため、この辺りを何度か散歩するうちに”山”と呼ぶようになった。その手前の高級住宅地街も抜けられない道が結構あって他とは違う異常な感じがする。たぶん、戦前のままの区画が残っているんだろう。
ぐるっと迂回して広尾駅前。有栖川公園へ向かう。ナショナルが再開していた。もうちょっと建物に高級感を出してもよかったのでは?
梅が咲きはじめた公園を散策しつつ、愛育病院の所から六本木ヒルズへ向かう。途中、某国大使館前を通過。警備の方、お疲れ様です。

ヒルズは混雑。東京シティビューに向かう入り口外にまで行列。こんなことは初めてだった。ワタシはさっきコンビニで前売り券を買っていたので、行列をスルーしてサっと入場できた。展望はもう何度も見ているのでかるく覗く程度。今日は会田誠展を観にきたわけで。
で、展覧会。かなり混雑している。作品によっては人だかりでほとんど見えないものもあった。昨日聴いていたご本人出演のラジオで、「コンセプチュアル・アート」作家と紹介されていたが、たしかにその通り。色んな意味で話題になっているあの絵以外にも大きな造作物がいくつもあったりして、なんだこれは?と思うわけわからないものがかなりあった。
漫画的・日本画的画力を持つ人なので、いろいろな人から反応を得やすい作品群だとは思う。人の感情を動かすことが作家の目指すところとすれば、制作の目的は達成されているんだろうと思う。作家にとって一番厳しいのは黙殺だろうから。
作品を観た人がガーンとショックを受けて何らか動き出す。それは作品の持つポテンシャルが高いことを意味する。「キレイね」だけで終わってなるものか、という気迫は感じた。
いくつも出てくる「美少女」「女子高生」のモチーフってあれは端的に「日本」を表しているように思えた。さて、美しくて傷つきやすい「彼女たち」を誰が守るのかねぇ。
あとはそうだなぁ。画集や図録で観ると大きさがわからないが、今回オリジナルを見てその大きさに驚いたってのはあったなぁ。キングギドラとか、オオサンショウウオとか、滝の絵が実際はあんなに大きい作品だったとは・・・。いったいどうやって保管してるんだろうなぁ。

帰りはすぐに地下鉄に乗った。近所で散髪を済ませた。2ヶ月ぶり。
12044歩 7.22km 111分 599.7kcal 17.3g

土曜

晴れ。寒い。

荷造り作業は多くなく、すぐに終わった。ラジオを聴きながらニュースの編集。終えて本の整理開始。

午後になって交換会で落札した本を運送屋さんが運んできてくれた。ざっとカーゴ1台半。今週は買取も多かったので、あっという間に棚が埋まった。さて、仕事しなきゃ。

大型本を中心に。これが結構手間がかかる。単行本の方が”定形”的に扱えるところがあるのだけど、大型本はサイズがまちまちだし、大型であることから重かったり、その重さを支えるために装幀が豪華になっていたりして、説明の記述も複雑になる。記述忘れの箇所はないか、とか、そんなことも気をつけないといけない。

昼飯を食べながらタモリ倶楽部。なんと、本の話題。といっても、明治時代に出版されたお遊びの本の紹介。その本に記述されているお遊びを実際にやってみよう、という企画。ん。たしかに文章だけでは伝わらない部分が再現されていて面白い。アンガールズの田中さんはいつの間にか大物になってるなぁ・・・。

決算の時期になるといつも話題になることがある。それは、PCを使って帳簿をつけないか、という話。いずれ導入するだろうとは思う。では”誰が”それを担当するのか。
できれば女性陣にやって欲しい。ワタシはこれ以上仕事を抱えることはできないし、やる気もあまりない。やってできないことはないと思うけど、それならワタシの仕事を分担してもらわないといけない。
で、母親が決算のことで会計事務所に相談に行った時、どのソフトを使えばいいかアドバイスをもらってきたが、実際には市販のソフトならどれでもいいらしい。まあ、たしかにそうだろうね。普段手書きで記入している帳簿の内容をPC上で構成できていれば別に問題もないだろう。長く使えるソフトを選択するのが賢明だろう、と判断。まずは体験版ソフトをDLして走らせてみた。
操作の方法を説明する動画も用意されていて、さすがに親切だ。・・・で、ひと通り見て、これはやはり帳簿を実際に付けている人が見て解る内容になっている、ってことがわかった。
帳簿を付けている人はPCの操作ができない(母親)。PCの操作ができる人は帳簿を付けていない(女房)。なかなかうまくいかない(^^;。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
1097歩 0.65km 11分 50.1kcal 1.3g

北風

曇っていたが、徐々に晴れてきた。

朝飯を食べて鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

今日も交換会へ向かう。車中では太宰治の続き。古文書(増鏡?)から書き起こした(読み下した)文章と、太宰調で口語に訳された文章が交互に出てくる。要は鎌倉幕府初期の様子が描かれている。天変地異(大地震、雷)が頻発し、世継問題で家臣団が分裂して諍いが勃発するなど、鎌倉幕府成立後30年くらいは大変だったらしい。そんな中、12歳で将軍になった実朝公は武士らしくなく、和歌を好み、宋へ留学することを夢見る少年だった。
読み終わった。物語の最後のほうで宋へ渡るために作られた船が遠浅の由比ヶ浜から沖へ出られなくなる風景が描かれ、座礁した形で放置された船の底にカニがたくさん寄ってくる、という設定で、そのカニを食べまくる人が出てくる。そのカニの人はおそらく太宰治の内面だ。太宰治の研究上、この作品がどういう位置付けなのかはまるでわからないが、戦中に書かれているところからして、太宰の居所の無い窮屈な感情がそのまま出ているような気がする。

入札を終えて、昨日と今日の分を運送屋さんにお願いする。で、昼飯は今日もうどん。ワタシの向かいに座った席の人が肉うどんを食べながらスマホでゲームをやっていた。そうまでしてやるかなぁ・・・(^^;?

せっかくだから食後にその辺りを散歩する。M大は入試期間中のようで人影まばら。警備員さんの姿ばかり。文化学院の前を通過してアテネ・フランセの直前にある女坂を下る。改修工事中だった。この坂は生活道路になっていて、崖の中腹に建つ家の玄関に直接繋がっている。男坂は女坂と対照的にまっすぐ伸びている。両側は学校なので玄関はない。
M大の漫画図書館は開館時間外で人影もない。御茶ノ水小学校の横・行列のできるうどん屋さんの角から曲がって定食屋街。いつもの道。裏通りで缶コーヒーを飲み干してから神保町駅。地下鉄に乗った。

渋谷駅。今日はヒカリエに続く渡り廊下の途中にある階段から銀座線と百貨店の姿を撮影した。北風が強く吹きつけていた。昨日と打って変わって寒い。でも、2月はこれくらい寒くていい。

店に戻って荷造り作業の続き。本の整理はあまりはかどらず(^^;。

夕食もうどんだった。
5565歩 3.33km 49分 288.3kcal 7.3g

申請

晴れ。

今日は交換会へ行こうと思う。鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
一段落したころに出かける時間。慌てて出かけた。車中では太宰治「右大臣実朝」を読む。ええ、キンドル版ですよ。この文体。ちょっと懐かしい感じ。読んでたなぁ。学生の頃。当時ここまで話し言葉で書く小説ってまだ珍しかったんじゃないかなぁ。扱っている題材は鎌倉時代だけど、ほぼ全編が話し言葉でつながっていく。おかげで字面は追っているがストーリーが入ってこない感じ(^^;。いいのかそれで。

外は春の陽気。交換会で入札を済ませて今日もうどんの昼食。男っていちどココと決めるとずっとそこでもいいんだよね。たまにはカレーでも、と思うんだけど、案外神保町って普通のカレー屋さんがないのよね。
帰りの地下鉄。車内がものすごく暑かった(^^;。厚着してる人もいるんだから車内の空調は外と同じ温度じゃないとキツイ。上着を脱いだがまだ暑い。

もうすぐ新ホームに移動となる東横線の渋谷駅。写真を撮影している人も増えてきた。負けじとワタシも何枚か撮る。閉鎖の日まで毎回通る度に撮影しておこうかな。

渋谷駅から急行に乗って武蔵小杉駅。先日勇み足したある申請書類が今日届き、早速申請するために区役所まで。普通に平日の午後だからすいてるだろう、と思ったら大間違い(^^;。番号札は2人待ち。しかし、今席に座っているお二人が込み入った相談らしくて全然終わらない。その後、奥から職員さんが2人出てきてワタシの直前まで受付をしていたが、そこでぴたっと15分(^^;。都合30分待ってようやく受付してもらう。
そこで、書類に記入間違いがあったようで「電卓叩いてきます」と言って職員さんが奥に引っ込み、そこで10分。結局1時間くらいかかったかなぁ(^^;。申請も楽じゃないね。

4月にオープンする武蔵小杉駅直結の再開発ビル。あらかた工事も終わっており、あとは道の整備と内装だけって感じ。とりあえず大型書店さんが入るのが楽しみだ。いよいよ駅前がエキナカ風に強化されるから、旧商店街・旧市街がどうなるだろうねぇ。
そんで、いずれ南武線もホームを地下化して駅前を改良したほうがいいと思うよ。とにかく駅周辺道路が貧弱。人が自由に行き来できるように。南武線の軌道が街を分断している。

店に戻って仕事を再開。荷造り作業を終えてニュースの編集。追いまくられた。1時間のロスはデカい。

今日は珍しくお店でドーンと本が売れた。ありがとうございます。

夕食後、オークション落札品のメール書き。ランニングに出る。寒さが戻ってきた。
14046歩 8.42km 113分 794.1kcal 24.8g

買取

雪の予報は一部当たったが、「積雪10cm」の部分がはずれた。積もらなかった。ありがたい。

ところが、交通機関は大混乱していたらしい。昨日のうちに70%の間引き運転することに決定していたため。まさか雪が降ってないのに本当に間引くとは思わなかったはず。当然、通勤の皆さんがホームにあふれた。危険だ。
用意してなくても、用意していても大混乱。対策立てようがないってことなのかしら。

今日は午後から買取の予定あり。外は雪だったが積もる様子もなく、昼飯を食べてから出かけた。クルマで20分ほどの距離。道中はガラガラ。ナビに住所を設定しようにも信号で止められなかったため、到着3km前でようやく「案内を開始します」とボカロ声。
評価のうえ買い取らせていただいた。ありがとうございました。

帰りの道もガラガラ。やっぱり先月の教訓でクルマを使わない会社が多かったんだろうね。ワタシにとっては今日の雨が全ていい方向に作用してくれた。

店に戻って荷造り作業の続きと本の整理。本が入ったからどしどし片付けていかないと。

先々週交換会で買ってきた閉店物件の整理を続けている。値札がそのまま付いているので見たくなくても見てしまうわけだが、そりゃこの値段で売れるなら苦労はしないヨ、という値段ばかりだった・・・。
よく、鑑定団の評価額や、昨日観たビブリア古書堂で示された『春と修羅』は100万円という金額は「売値」なのか「買取値段」なのか、という話題になる。当然、「売値」。間違いない。だから、持ち主が持っている間は少なくとも『春と修羅』は100万円の価値がある。
でも、売るときには変化する。当然その時の”相場”で取引される。その金額がその本の新しい売値の額だ。買った時より上がるのか下がるのか。売れてみないとわからない。
それは本に限らないあらゆるモノの値段の決まり方。株も時価だし金も時価。銀座のお寿司も時価だし、そもそも通貨(円)だって時価だもの。「10年前は○○○万円もしてたのに」と思ったら手放さないのが賢明だ。少なくとも持っている間は○○○万円で価値は動かないので。

ん?でも高額本って会計上減価償却するのかしら(^^;。それはワカンナイ。
2454歩 1.47km 22分 130.0kcal 3.2g

買取

火曜日は店舗定休日。仕事は休まない。ややこしい(^^;?

店を開ける≠仕事をする ってことになって随分経つ。本屋としての営業から店舗という形態が必然ではなくなって10年以上経った。もちろんワタシの感触にすぎない話だが。
それまでは年中無休で店舗を開けていた。今は開けない方が省エネにもなるしなぁ・・・(^^;。

店を閉めておくと気持ちが楽。仕事もスムーズに進む。荷造り作業を終えてからツイートとニュースの編集とメルマガ。終えてから昼飯。食べ終えてからご近所まで買取に出かけた。

評価のうえ、買い取らせていただいた。ありがとうございました。
それこそ10年前なら買い取れた本がたくさんあった。今は残念ながら難しい・・・。
ご近所だったし、二本口で収まったので両手でぶら下げて店まで。持っているうちに両手がだるくなった。指を圧迫して血流が滞っていたかららしい。そうか、軍手を使えばいいや。幾分やわらいだ。

発送荷物を送り出し、本の整理開始。仕事をしながら今日も録音しておいたラジオ番組を次々聴いていく。ロケショーは昨夜聴き終わっていたので、今日は福山雅治さんのラジオを二週間分。伊東のストリップ小屋の話がすごかった。木更津キャッツアイかと思った(^^;。ま。森下愛子さんなら何も問題ないけどね。
にち10聴いてから夜電波。テーブルにドンと置かれる波立つスープと土下座店長の話。シュールなカフェ風景。
エージングを兼ねて今日も大音量。よく鳴る。曲がかかるたびにイイ音でハッとする。

夕食を食べながらビブリア古書堂。宮沢賢治の『春と修羅』のお話。面白かった。古書会館で7月に開催される入札会でたまに出品されることがあり、今年はこうして話題になれば出てくるかも・・・?
1311歩 0.78km 11分 69.5kcal 1.4g

均一

晴れ。よく眠れた。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

昼過ぎに一段落。昨日あれだけ重かった腰が治っている。良かった。バシバシ仕事。次回愛書会展の原稿が上がったようなので、入稿作業。オヤジは44年古書展をやっているが、原稿の清書も入稿も自分でやったことがないツワモノだ(!)。

ニュースの編集とツイート。このあたりの仕事はルーチン化していて、人に任せられそうなんだけど、任せる人が居ないという悲劇が継続中。ワタシがやるしかないのさ。
外の均一台に入っている本は1冊50円。まとめて買ってくださるお客様も多い。入れ替わりが早くなり、今朝入れた本が昼までにごそっと売れたりすることも珍しくなくなった。いいことだ。本屋の棚におさまっているよりもお客様の棚に行った方が本にはいいと思う。

ラジオを聞きながら仕事。また雪が降るらしい。大雪は年に一度でいいんじゃない?二回目は歓迎されないよん。・・・あすの夜遅くに始まるんだって。

あすの夜から雪だというので、今日はどうしても走っておきたい。仕事を終えてから走りに出た。ひところよりは寒くなくなった。5度くらい気温が高くなっている。もう立春だし、徐々に暖かくなってくれないかなぁ。
久しぶりに走ったら汗かいた。
9349歩 5.60km 73分 533.1kcal 20.5g

氷上

快晴。思ったほど寒くない。

荷造り作業を終えてから3人で出かけた。今日は娘のたっての希望で新横浜へスケートしに。約半年ぶり。

新横浜駅の駅ビルで昼飯。以前も行ったお店のイートイン。ローストビーフがおいしいのよ。ワタシと娘はお気に入り。女房は「そんなに食べられない」からグリルチキンを選んでいた。どちらもおいしい。

スケート場まではあるいて5分ほど。新聞屋さんから割引券をもらっていたので、3人で2000円(貸靴料込)だった。日曜日はスケート教室の生徒さんたちもいっぱいいるので場内は混んでいた。スケート靴に履き替えて、バッグはコインロッカーに詰め込んで、いざ滑走開始。
「わすれるんだよね」と女房。そう。スケートの感覚をほとんど忘れている。結局最初は壁を伝いながらヨチヨチ歩き。で、次第次第に壁から離れて蹴りながら滑れるようになる。ワタシはどうもこれ以上の上達はできそうもない。スケートよりもスキーで慣れてしまったからだろうか。といってもスキーだってそんなに滑れないけど(^^;。
娘はさすがに上達が早くて、体重を左右に移動しながら滑っていく。女房もまるでからくり人形のように正確に左右に体重を振り分けながら滑っていく。ワタシは蹴ってしまう。蹴る分だけ足に負担がかかることになる。わかってはいるんだけど、身体が慣れていかないなぁ。肩幅より気持ち足をひらいて左右に体重を振るとグラっとくる。

そんなこんなで、休み休み滑ったものの、90分ほどで足が限界に。左の親指があたって豆ができたような痛み。ワタシだけ先に場外にでて見物態勢。娘と女房はそれから3周くらい周って上がり。お疲れ様。

外にでてコンビニでおやつ。食べ終わってから「ブ」へ移動。娘にとってはゴールデンなコースだったろうなぁ。

夕食の時間までUSB−DACを検索してあれやこれや見ていたんだけど、どーも「オカルト」っぽい匂いを感じる・・・。ちゃんと言い直すと(^^;、ワタシの耳では導入後の音の違いを聞き分けられそうもなく費用対効果が曖昧になりそうなのでひとまず購入は見送ることにした。
6270歩 3.76km 59分 308.9kcal 8.2g

土曜

今週も末となった。早い。そして、異常に暖かい。

首と肩の痛みはとれたが、移動して今は腰に集中している(^^;。おそらくは筋肉痛なはずなので、バンテリンを塗ってみる。ここを収めたら今回は終わる気がする・・・。

荷造り作業はほとんどなく、代わりに対応するべき事案がいくつか浮上。ひとつひとつ潰していく。そんなことをしているうちに正午を回った。慌ててニュースの編集とツイート。
昼飯を食べながらタモリ倶楽部。手芸かぁ。今のワタシならちょっと共感できるかも。ほとんど出来合いでもそれほど出来がよくなくても「作る」ってこと自体が楽しいんだよね。ましてうまくいっちゃえばなおさら。

息子はすでに春休みに突入している。どうせいずれ取るなら運転免許取りにいけば?と勧めるも腰が重い様子。なんでだろ?まあ、ワタシも取ったのは3年生になってからだったけどね。
ワタシが通った学校は今もちゃんと営業中。小杉駅までくる送迎バスもあるらしい。学生のうちに取ると学生料金にもなるから早めに取っちゃえばいいのに。

午後はずっと本の整理。大型本を中心に。今日は土曜日だからか、店に入ってくる人が多い気がする。ビブリア効果かしらん。でもねぇ。ビブリアをイメージして古本屋さんに行くのは・・・(^^;。ま。ああいう古本屋さんがあってほしいっていう気持ちはわかるんですが、ね。

夕食は海苔巻き。いわゆる恵方巻きってことになるかな。女房ががんばって作ってくれた。べつにどこを向いて食べるわけでもなかったけど、おいしかった。

オークション落札品のメール書きを鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてから荷造り作業など。
エージングも兼ねて、スピーカーを比較的大音量で鳴らし続けた。
658歩 0.39km 6分 31.4kcal 0.7g

2月

早いなぁ・・・。

もうあれから一ヶ月。あっという間に日常は過ぎていくから、やっぱりたまにお正月とか挟んで区切りを付けておかないとアタマでは理解してても感覚的になじまないかもしれない・・・。

荷造り作業がほとんどなかったので、午前中から本の整理を始める。先週、つい入札してしまった一口。80年代の雑誌なんだけど、これがまたパワフルだった・・・。まず、写真。篠山紀信、沢渡朔、平地勲とか、そうそうたるメンバーが連載している。一方で記事は結構硬派。世界各地で戦争が頻発していたそのレポ。写真入り。すごい。迫力ある。こんなの載せてよかったんだ・・・。
表紙に森下愛子さんや山口百恵さんが写っているのと同じ冊子に戦地の写真が同梱されている。
まあ、現在の週刊誌も基本的な構成は変わってない気もするけども。

午後も本の整理を続けた。昨日寝違えたと思った首の痛みは、今日になって肩から腰のあたりに移っている。やっぱり寝ちがえじゃなかった。筋肉痛だ。ランニングの影響かしら。冬はこういうことがあるからねぇ。早く暖かくならないかしらん。

あんまりにも母親が「使いにくい」というから、先日仕事専用に購入したコンデジを使ってみた。・・・別段なんてことはない。必要最小限の機能だけのデジカメで、むしろ余計な動作をしないからシンプルでいい。で、もう少し詳しくどこが不便なのか聞くと、「近くに寄って撮ろうとすると写らない」ってことだった。それってピントがハズレているからシャッターにロックがかかっているんじゃないのかな?むしろ前のカメラよりも写さないことで”進歩”しているんだってば(^^;!
最短撮影距離、とか、露出時間、とか、絞りとシャッタースピードの関係、とか。いざ何もわかってない人に説明しようとすると、メンドクサイことになるよねぇ。今のカメラがシャッターっきり押す場所がないから、覚えるべき話として意識しようがないから仕方ないけどね。
364歩 0.21km 3分 18.4kcal 0.0g

2013年01月 < > 2013年03月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター